2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

生命が誕生した原因

1 :同定不能さん:2005/07/09(土) 23:47:30
生命が誕生した原因

40億年前
リリスの卵が地球に激突、それによってガフの扉が開き、すべての生命が誕生した
これをファーストインパクトというらしい


2 :同定不能さん:2005/07/10(日) 00:09:26
ぬるぽ

3 :同定不能さん:2005/07/10(日) 00:21:51
>>1
次は、リリスの卵とガフの扉が出来た原因について書いてください。

4 :同定不能さん:2005/07/10(日) 00:52:11
偶然なのか?
必然なのか?
それがわからん

5 :同定不能さん:2005/07/12(火) 06:00:23
単に安定な化学反応系が残っただけ
何も特別なことはないです

6 :同定不能さん:2005/07/13(水) 07:13:17
>>2
ガッ

7 :スーパーグレードヒッキー ◆2nbUMmxYIQ :2005/07/14(木) 03:27:12
俺が生命を誕生させたのは意外と知られてない事実だが?

8 :同定不能さん:2005/07/14(木) 16:24:12
生命体なんて、恐らくどんな環境でも簡単に出来るんだよ。
でも殆どの環境ではすぐに死滅してしまい、子孫を残せないんだよ。
地球の場合は、たまたま死滅せずに進化していっただけ。

9 :同定不能さん:2005/07/14(木) 18:01:42
じゃあ単なる偶然か

10 :同定不能さん:2005/07/14(木) 22:32:23
太陽系が出来る過程で生命も出来ていると思う。生き残ったのが地球だけと。

11 :同定不能さん:2005/07/15(金) 00:14:22
このスレ見て疑問に思った。一番最初の生命体って何食ってたんだろ?
でもって、当然ながら食物連鎖のトップに君臨してる訳じゃんね。
そうするとさー 別に進化しなくても良い訳じゃん。食い放題なんだから。
やっぱりメスの取り合いとか、突然変異で凄い食いしん坊が生まれたのかなー
わかんなーい

12 :同定不能さん:2005/07/15(金) 02:19:01
>11 元々、数種類が存在してお互いに影響したり協力したり、対抗するとしたら?最初が一つと思い込むから矛盾が生じるのでは?

13 :同定不能さん :2005/07/15(金) 02:28:17
太陽にも生物がいて、半透明の魚(鮎みたいな大きさ)なんかいたらロマンですなぁ

14 :同定不能さん:2005/07/15(金) 02:35:11
>13 地球の生命体のみが、クオリアを持つのでなく、化学反応その物がクオリアがあるなら、太陽にも生命があると言えるかも。

15 :同定不能さん:2005/07/15(金) 11:37:50
ぶっちゃけ言うけど、月にも火星にも木星にも、今は生物が居るよ。

宇宙に行き、また地球に戻ってくるスペースシャトルや宇宙船。
機体表面には、地球を出るときに微生物がいろいろ付着するわけだが

宇宙から帰ってきた機体表面には、もちろん死んだ微生物の死骸もあるが
いろいろな放射線の作用を受けて、変質しながらも生きている微生物や
中には完全に生きている微生物も居る事は事実である

月とか火星とか木星に、探査機が着陸して映像送ってきたりするよな?
つまり言うならば、星を地球からの生物で汚染してる訳なんだ。

だから、この先、生物を発見したとしても、地球から送り出したものかもしれない。
完全に、その星の原住とは確定できない訳で。

16 :11です:2005/07/15(金) 11:41:46
>12
そうっか。数種類が同時期に誕生したと考えればいいのか。
そう考えると無からの生命体の誕生って、奇跡的な偶然だと思ってたけど
>8、>10も言ってる通り、そんなにたいした事では無いのかもね。
じゃなんで現代科学をもってしても一種類くらい作れ無いのかな?
あと、今生き残ってる生物の殆どは、何で劣勢遺伝なんだろう?
異種との切磋琢磨を誕生した時から宿命づけられてるとしたら
優勢遺伝になるよう進化すると思うんだけど?


17 :同定不能さん:2005/07/18(月) 01:15:25
古代の偉い生物学者が地球上の高分子をいじって生物を発生させたんだよ。

18 :同定不能さん:2005/07/18(月) 05:23:46
>>17そいつはどっからきたんだよ

19 :同定不能さん:2005/07/18(月) 09:27:26
>>1
それなんてエヴァンゲリオン?

20 :同定不能さん:2005/07/18(月) 14:13:19
神がお創りになられた。DNAの配列も神がデザインされている。

21 :同定不能さん:2005/07/18(月) 14:17:46
>>20神ってセンスねぇなぁ

22 :同定不能さん:2005/07/19(火) 09:55:10
>>11
最初の生命は、生命の体を作る「物質」をそのまま吸収していたと思う。
たとえば海底の温泉とかからそんな物質が出てきていて、生命はそこで
生活をしていたんじゃないか?
そして端っこにいる奴から順にその海域から波で流される。
流された先で養分が無くて困った生命が、共食いを始めた。
こうして最初の進化は、「食う奴」と「食われる奴」という単純なもの
分かれることから始まったのだと思う。俺はそれがそのまま動物と植物
に分かれたんだと思うけどね。

23 :あー:2005/07/21(木) 06:11:34
何言ってるかわかんないよ!!

24 :同定不能さん:2005/07/23(土) 20:17:11
           __,,,,_
            /´      ̄`ヽ,
            / 〃  _,ァ---‐一ヘヽ
         i  /´       リ}
          |   〉.   -‐   '''ー {!
          |   |   ‐ー  くー |
           ヤヽリ ´゚  ,r "_,,>、 ゚'}
         ヽ_」     ト‐=‐ァ' !      死ねばいいと思うぞよ
          ゝ i、   ` `二´' 丿
              r|、` '' ー--‐f´
         _/ | \    /|\_
       / ̄/  | /`又´\|  |  ̄\


25 :同定不能さん:2005/07/25(月) 22:19:21
これだけ、生命の起源について研究されつくしているのに
実際に生命を誕生させる実験は成功してないよね?

実は温泉とか雷とか全然関係なかったりして


26 :同定不能さん:2005/07/25(月) 22:37:25
されつくしてるのか?

27 :欠陥人間:2005/07/27(水) 20:10:55
人間は猿から進化したわけではありません。他の星の生物が試験的に作ったロボットが人間です。
他の星の彼らが戦争で失敗して理想的な美しく皆が共存できる世界を作ろうと、地球上にいる生物は全て彼らが地球に置きました。
しかし欲望の比率を間違えて人間にプログラムしたため共存もおろか、
地球までも破壊してしまいそうなので、
人間が人間や動物を作る技術を持って自分達が誰かに作られた物だと気付く前に
人間ロボットを作った生物が人間を除去しに来ます。

28 :同定不能さん:2005/07/27(水) 20:53:30
(?)は不要。

29 :同定不能さん:2005/07/28(木) 14:08:08
>>22の考えに同感

30 :同定不能さん:2005/07/28(木) 15:46:57 ?###
まずは宗教とかそういう非科学的な類のものを学問やら政治やらから排除するのが原因究明への糸口だと思われ。

31 :同定不能さん:2005/07/29(金) 09:59:38
なんでもいいけど>>24ワロスww

32 :同定不能さん:2005/07/29(金) 21:37:47
地球は生命が誕生するのにちょうど良い位置にいた。
太陽系→もっと近かったら水星・星のようになっていた。
銀河系→もっと中心に近いと隕石が衝突し過ぎて生命が進化しにくい逆に遠いと隕石が衝突し無くて(ry

(生命の進化に隕石の衝突は必要だった)

33 :同定不能さん:2005/07/30(土) 17:47:28
小さい頃から思ってたんだけど
原子ってどっから出てきたの??


34 :同定不能さん:2005/07/30(土) 18:22:16
いいか?これはストーリーなんだ!
だから人間というものが生まれたというより、人間というキャラをつくったんだ!
つまり俺らの生活はドラマかアニメなんだ!
おれたちはどっかの宇宙人監督が作り出したストーリーをそのまま実行してるんだ!
というとその宇宙人は何のために生まれたのか?ってなるんだな・・

35 :同定不能さん:2005/07/30(土) 20:00:58
そう!!そうのとうり!!
でもちょっとおしい!
「何のため?」ではなく
「どうやって?」って事。
地球が宇宙の爆発からできたなら
その元の固まりはどこからできたの?ってことです。
 
小さい頃は物体ってことで考えてたけど、
今は原子って言葉を覚えたから少しわかってもらえるようになった。
・・・・で、どうなの?



36 :同定不能さん:2005/07/31(日) 00:58:26
ウンコレス

37 :同定不能さん:2005/07/31(日) 03:49:17
今度は素粒子という言葉を覚えてみてください

38 :同定不能さん:2005/07/31(日) 11:38:25
それでは素粒子はどっから来て、どうつくられたの?
よくわからないけど、ラジカルとか、そういうのも含めて
今世の中に「あるものは」どうなってんの??


39 :同定不能さん:2005/07/31(日) 12:03:21
こういうハナシを掲示板でチャチャっと聞いて理解しようっての
はどういう感覚なんだろな。究極の謎みたいなモンなんだから、
そりゃ自分でホントにわかろうと思えば物理学者にでもなって研
究するしか無いだろうと思うんだが。

40 :同定不能さん:2005/07/31(日) 18:30:49
まだわかってないってこと?
みんなはどう考えてるんだろうと思って、書き込みしたのもある。
周囲の人に聞いても考えたこともないって人が多いし。
宗教系の人に聞くと、神様の話になるけど、それでは神様はどう生まれたの?
ってなる  

41 :同定不能さん:2005/07/31(日) 19:10:53
わかってるヒトもいるだろうけど何から何までわかってるって
コトはない。わかってるというヒトは長い時間かけて勉強し、自
身も最先端の研究に携わった結果、わかるようになったヒトで、
それにしたって結局は「ここまでわかった。ここからはわからない」という「境目」がわかっているというダケ。「全てわかって
ます」というヒトは、勘違いしてるか嘘ついてるヒト。

42 :同定不能さん:2005/07/31(日) 19:46:07
問いをつきつめていくと自分の存在自体はおろか、
この3次元世界そのものの存在も否定しかねなくなり
つまりは何がなんだかわけ分からなくなる事でしょう。
ですが、エジソンもこれ系だったとか・・w
1よ、発明家になれw

43 :33の素人ですが。:2005/07/31(日) 23:34:10
う〜ん41さんのいってることは
「無知の知」って奴で、わからない所もわからないってこと??
知識のない私にしたら、まったくもって42さんの言ってるとうり。
怖くなるくらい訳わからないです。でもそれが少しは解明されている
ってことでしょ?すごい!!
精神論抜きで説明できるなんて!!どうなってんだろ!!
それにしても、私は小学生の時からこのことを度々話してきたけど、
こんなつたない説明でわかってもらえるなんて、
このことは皆さんも不思議に思ってたんですね。
もっと、具体的に皆さんの推理(仮説?)を聞きたいです。
 
ちなみに、食物連鎖(連鎖以外でも呼吸等で)で体を
(もしくは体の一部を)地球でサイクルさせているってことは、
私は牛にも砂にも、頑張ればキムタクにもwなれると思う。
だから、私は地球生まれでも、地球育ちでもなく、
「私が地球なんだ」って言えるような気がします。
どうですか、これ。なし?
 




44 :同定不能さん:2005/08/01(月) 00:44:18
マサトが海にプレゼントしたからだよ!

45 :同定不能さん:2005/08/01(月) 10:20:49
科学の進歩とともに地球や人間が生まれたことが分かってきていますが、
仮説が年々かわってきているので、
今の情報だけでは地球や人間の誕生や恐竜絶滅の原因は、わかりませんね。
もしかしたら私達が想像できないくらいの原因かもしれません。

46 :同定不能さん:2005/08/01(月) 23:25:08
45さん=41さん??
え〜と。聞いてる身分でわがままなのですが、
私が聞きたいこととちょっと違うかも・・・。ごめんなさい。
仮に原因がわかったとして、
原因はどう作られたか、どっから来たかって事。
仮に神がその原因を作ったとして、神は誰がつくった?
神の神がいて作ったとしたら、神の神は誰がつくった・・・・・。
って追っていくと、最後は無になると思う。
まあ、最終的にはその無はどっからきたの?ってことだけど、
この考えを突き詰めていくと
42さんの言うとおり、自分の存在もあやふやになってくる。
これって結構感覚でわかるものかも。




47 :41:2005/08/01(月) 23:54:29
≠45なんだけど。
その無に「なると思う」ってトコに行き着くのに、その間のいろ
んな知識を得た結果、最終的に「無」というようなトコロにたど
り着くんなら、それが「無」だろうが「神」だろうがイイんだけ
ど。実際には、「今すでにわかっているコト」で「自分の知らな
い知識」だけでも、気が遠くなるくらい有るのが現実。その知ら
ない部分をすっとばして「神」とか「無」を持ち出すってのは、
どうも「知るための手続き」をメンド臭がってるように思える。
ある結論にたどりつくためには、それなりの手続きが必要だし、
ソレなしに「無」というようなトコまで行って、「無」はどこか
らってなコトを考えても、コトバ遊びにしかならんよ。

48 :同定不能さん:2005/08/02(火) 20:10:24
私の書き方がいけなかったかもしれないんですけど、
無って言うのは私の考えであって、他の人はどう考えているかを
聞きたかっただけです。
私はこれに気づいたときは、心底驚いて怖かったけど、41さんは?
なんともおもわない?
あと、人間違いしてごめんね。


49 :同定不能さん:2005/08/02(火) 23:52:44
たとえば、気安く「無」というコトバが出てくるんだけど、その
「無」という状態ってアタマで想像できる?なんにもない空間が
広がっているのは「空間」であって「無」ではない。じゃあ何か
がキッチリ詰まってて「空間」の無い状態が「無」かというと、
そこには「キッチリ詰まってる何か」が有るわけで「無」ではな
い。どういうモノかもわからない「無」という状態を想定して、
その「無」以前ってなコトを言っても、とうにコトバから意味が
はがれ落ちちゃってるんだから、まさに無意味。
気づいたときの驚きとか恐怖感ってのは、それはそれで忘れすに
持っておくことも大事だとは思うけど、実際にモノを考えるには
、わかっているところから手順を踏んでいかないと、コトバだけ
が無意味に空回りするだけ。

50 :同定不能さん:2005/08/03(水) 01:40:09
「無」を認識する事は不可能なんじゃないだろうか?

51 :同定不能さん:2005/08/03(水) 22:21:24
私の間違いを直すだけじゃなくて、あなたにも考えて欲しい。
本当に私の疑問の内容を理解してくれてる?
別に否定されてるからいってるんじゃないよ。
むしろ私の考えていることなんて、おっしゃるとおりの言葉遊びだから。
私は1じゃないから、私の疑問は生命ってところじゃないの。
この世に存在するすべてのものに対して、始りはどこなんだろうってこと。
わかってくれれば、42さんのように感じると思うんだけど。
あと無っていうのは私が想像すると黒になるんだけど、
色がある時点でやっぱり「何かがある」ってことになるから、それは違う。
だから本当に無なの。何もかもないの。想像を超えるものになるんだと思う。
認識はできないけど、でもそれは問題じゃないと思うのですが・・・。
あと前に私が書いた精神論って言葉、使い方まちがっとりますね、すいません
ぁ〜気づかないだけでこういうのたくさんあるんだろうなぁー重ね重ねすいません!


52 :同定不能さん:2005/08/17(水) 08:06:01
色即是空 空即是色

53 :同定不能さん:2005/08/17(水) 12:51:56
炭素=アダム
水素=イブ
あとはハァハァするだけ。

54 :同定不能さん:2005/08/18(木) 12:58:07
>3
何も無いところから何で何かがあるのかって何も無いと同時に何かあるかもしれないってことで2種類あるからその2つの0と1が真っ白い空間の中で長い時間をかけて組み合わされてアレして最近そんな感じになったんじゃないですか


嘘です

55 :同定不能さん:2005/08/19(金) 19:53:20
今、地球があるんならこんなこと考えなくてイインジャネーノ?

56 :同定不能さん:2005/08/19(金) 21:16:09
54のは途中まで真剣に考えてしまった だまされた。

55の言ってることは、今現在地球があるんならジュードロウの一物なんて
拝まなくてもよくね?ってのと同じこと。
確実に観れるチャンスがあるのにぃ

57 :55:2005/08/19(金) 23:04:55
なんだそれ?

58 :同定不能さん:2005/08/20(土) 12:10:34
ttp://abcdane.net/blog/archives/200508/jude_marudashi.html

おまえジュードロウ知らないのか??

59 ::2005/08/20(土) 12:39:10
・・・・・すげー>>58

60 :同定不能さん:2005/09/07(水) 01:22:16
あなたの吸っている酸素原子の原子核と電子の間の空間は「無」な訳ですよ

61 :同定不能さん:2005/09/07(水) 04:38:38
実は、宇宙空間にも菌類の胞子が飛んでるらしい。

62 :同定不能さん:2005/09/09(金) 06:16:45
マジで?

63 :同定不能さん:2005/09/20(火) 04:40:14
>>61
ソースは?


64 :同定不能さん:2005/09/22(木) 22:34:24
>>63
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BA%BB%E9%9B%80%E7%89%8C#.E7.B4.A2.E5.AD.90

65 :同定不能さん:2005/09/23(金) 04:41:38
地球に生命が生まれたのは奇跡で確率でゆうと宝くじ2回連続一等当てるのと同じくらいってなんかで読んだけどほんと?

66 :同定不能さん:2005/09/23(金) 09:40:32
地球が生まれるのは必然です。

67 :同定不能さん:2005/09/23(金) 17:10:04
>>65
すでに起こった事象はすべて必然。

68 :同定不能さん:2005/10/08(土) 21:40:20
自然の摂理からすると全ての事象は無秩序、すなわちランダムな方向に推移し
なくてはならない。
宇宙全体としてはランダムな方向に推移しているが、生命とそれを産んだ地球
には秩序の方向に推移しようとする力が働いているようにも見える。
広大な宇宙とその歴史から見れば、偶然がもたらした限局的な事象なのかも知
れない。

69 :同定不能さん:2005/10/09(日) 00:52:27
原始地球の海の中ではいろいろな分子が太陽からのエネルギーを
受けながら化学反応を繰り返していた。
海の中だから紫外線による破壊もない。
生命が生まれるまでの10億年の間に無数の化学反応が起き、
自分と同じ構造をコピーする分子構造が現れた。
それが生命の起源だとしたら、奇跡でも何でもない。
10億年宝くじを買い続ければ宝くじ2回連続一等当てるのも簡単だ。



70 :同定不能さん:2005/10/09(日) 01:46:14
>>68
> 自然の摂理からすると全ての事象は無秩序、すなわちランダムな方向に推移し
> なくてはならない。
そんなこたあない。膨張という方向に一様に推移している。

71 :同定不能さん:2005/10/09(日) 01:47:15
地球と生命がいかに尊くもはかないものであるか、多くの人に気付いてほしい。


と思った。

72 :同定不能さん:2005/10/11(火) 00:11:08
道路(公道・私道の別を問わず)を駐車場代わりに使うことについて、少し、思うことを述べさせて頂きます。

【きちんと駐車場を借りてらっしゃる方々へ】
皆さんは駐車場代として、幾らくらい払ってらっしゃいますか? 仮に毎月5千円としますと、年間6万円ですね。駅から近いところに住んでらっしゃる場合、地域にもよりますが、毎月1万円、年間12万円くらい払っている方もいらっしゃることと思います。

さて、道路に我が物顔で、車を毎日置いている方は、近所にいらっしゃいませんか? 彼らは、堂々と犯罪を犯し、年間6万円から12万円くらいのお金を浮かせているのです。
もしも、かれらの年収があなたと同じだと仮定すると毎年6万円から12万円くらい(もしかしたら、それ以上に)あなたより贅沢な暮らしをしているわけです。
あなたと同じ年収なのに、犯罪を犯すことによって、です。腹が立ちませんか? 当然、腹が立ちますね。
しかも、近所にそういう方々が大勢いらっしゃいますと、結構、通行の邪魔だったりもします。

そういった方々を懲らしめる唯一の方法、それは、地道な通報です。自分の家の近所で、そういう車両を見かけたら、出来る限り警察に通報し、彼らを懲らしめ、駆逐しましょう。皆さんの力で、日本の道路を綺麗にしましょう。

自動車の保管場所の確保等に関する法律 : ttp://law.e-gov.go.jp/htmldata/S37/S37HO145.html全国車庫証明ネットワーク : ttp://www.syako.car-u.co.jp/
全国車庫証明ネットワーク : ttp://www.syako.car-u.co.jp/



73 :同定不能さん:2005/10/11(火) 19:03:17
無の状態から、彗星が有機物を運んできたんじゃなかったっけ?
あと火星の隕石とか


74 :同定不能さん:2005/10/11(火) 20:55:02
>>73
アミノ酸までの有機化合物の合成は比較的容易で、宇宙空間にも存在が確認
されている。
その先のタンパク質の合成となると、設計図に相当するDNAをはじめ、工場に
相当する様々な細胞組織が合成されるまで、途方も無い試行錯誤が繰り返され
なければ成立されない。
多くの惑星では、その機会を待つことなく環境がが失われたか、存在すらしな
かった。

75 :同定不能さん:2005/10/12(水) 22:07:45
>>74
見てきたようなこというなよ。証拠見せろ証拠。

76 :同定不能さん:2005/10/12(水) 23:57:34
NASAがアポロ計画の継続を断念した背景には、経済的な理由の他に精神的な
理由があった。
地球から眺める月には神秘的な美しさがあるが、月面に降り立って見た世界は
そこから眺められる地球に対比し、余りにも荒涼とした死の世界であった。
国費を投入してまで出かける意義がすっかり失われてしまったと言える。

77 :同定不能さん:2005/10/13(木) 23:54:18
>>1


78 :同定不能さん:2005/10/14(金) 20:04:31
>>74
最初からDNA+転写酵素とかが有ったわけではなく、
非生物たるナノマシン自体が数億年から数十億年という時を掛けて進化したと思われる。
進化といっても意思があって進化したわけではなく
様々な特殊な環境化に置かれたアミノ酸が各進化のステージを経て
現在の形に至ったと言うのは
生物に於ける進化の有り方とマッチしているのは興味深い。

この、数億年とか数十億年とかいう時間の間に起こったことが
必然だとかありえない偶然だとか言うのは勝手だが、
3胚葉の多細胞生物が多数を占めるようになってから僅か6億年だ
(誕生自体は10億年以上前、場合に拠れば15億年以上前とのことだが)。

79 :同定不能さん:2005/10/14(金) 22:52:12
ウイルスなどはDNAまたはRNAの転写を他の生物の細胞の転写機能を借りてしか
増殖できない。
生物の細胞自体も複数の原始的生物が共生するかたちで成り立っているようだ。
特にミトコンドリアの場合独自のDNAを持ち、卵子のみから受け継がれるため
進化の起源を遡るのに都合が良いらしい。

自己複製の仕組みを最初に得た生物は恐らく爆発的に増殖したことだろう。
遺伝子の交配機能は、遺伝情報の誤り補完と同時に種の多様性を得る画期的な
仕組みとなった。

最近、葉緑素を持ち光合成を行う半草半獣の原生生物が発見されたようだ。

80 :同定不能さん:2005/10/14(金) 23:53:26
…で、地球最初のタンパク質はどうやって出来たのかね?

81 :同定不能さん:2005/10/15(土) 00:24:51
彗星が運んできた
その彗星の故郷はカイパーベルト
来年冥王星とカイパーベルト付近への探査機打ち上げ予定

82 :同定不能さん:2005/10/15(土) 00:41:13
mRNAの塩基配列をアミノ酸の結合に置き換え、タンパク質を合成するリボソーム
自体がタンパク質と塩基の複合体である。
最近になってリボソームの立体構造が明らかになり、アミノ酸の運搬役である
tRNAのL型形状と一致しているようなので、tRNAの塩基がアミノ酸に置き換わり
リボソームに変化する過程を経て、遺伝情報に依存しないタンパク質の合成が
最初に確立されたのではないかと思う。

83 :同定不能さん:2005/10/15(土) 11:42:41
生物由来のアミノ酸に一方の光学異性体しか存在しないことは興味深い。
一般的な化学合成により得られる化合物には同数の光学異性体が存在し、化学
的性質にも何の変わりは無いが、生物にとっては一方が栄養素でもう一方が毒
物であったり、一方が甘い味でもう一方は苦味をもったりする。
サリドマイドの催奇性も一方の光学異性体によるものだ。
工業的な選択を可能にした不斉触媒合成では野良教授がノーベル賞を受賞した。

アミノ酸の鎖が折り畳まりタンパク質の立体構造が形成される際に、異性体の
向きが重要な役割りを握ることは想像に足りるが、いつの時点で片方が選択さ
れ、もう片方が排除されるようになったのかが謎である。
宇宙空間でアミノ酸が合成される際に恒星の偏光を受けたと言う説もあるよう
だが、液晶の偏光体に生物由来の物質が使われるのも興味深い。

84 :同定不能さん:2005/10/20(木) 23:04:25
へーーーーーーーーーーーーー

85 :同定不能さん:2005/10/21(金) 00:16:46
すべては心

86 :同定不能さん:2005/10/22(土) 10:28:33
よく「○○から△△ができた」
てはその○○は何から?
「□□から○○はできた」てばその(ry
ってループの話になるけど、その一番最初のモノは永遠にあったんですよ。

「だからその前は?」とかじゃなくて、我々が想定できる【永遠】で。
その前がなく、ただずっと続いてただけなんだと思う。
それが何かの拍子に変わってしまった…とか。

これからも永遠。宇宙が終わってもまた何かあるから永遠。
それが前からあるだけ。今現在はその永遠の中の通過点。
終わりも始まりもない。
のかも。

まぁ地球学とかに全く無知で夢見がちな厨房が興味本位で
この板に紛れ込んで戯言を言ってるだけですが…。

ソースも何もないただの妄想を言ってみただけなんで、叩いちゃってください。
長文スマソ。

87 :同定不能さん:2005/10/22(土) 10:29:33
てばその ×
ではその 〇
連パピスマソ

88 :同定不能さん:2005/10/22(土) 18:41:38
>>86
真理だね。

89 :同定不能さん:2005/10/24(月) 00:35:06
罪を知る者に罪はない、では汝は罪びとなりや?

90 :同定不能さん:2005/10/24(月) 22:34:11
善意の第三者です!

91 :同定不能さん:2005/10/26(水) 12:30:54
>>86
今どきの厨房がこんなことを考えるだけでもかなり立派だ。
面白い考え方だしな

92 :同定不能さん:2005/10/26(水) 17:50:07
>>91
ほほう。どこがどう面白いのか具体的によろしく。

93 :同定不能さん:2005/10/26(水) 18:58:21
>>92
「歴史には始まりがある」という先入観に囚われず、ずっと続いてるだけという発想が理を逸している。
そこらへんの頭カチカチの学者は考えもしないだろうに。

まあ俺が言った面白いは
「理論に基づき盲点を突いた正確な意見」
ではなく「考え方が面白い揮発な意見」という意味なわけだが。

94 :同定不能さん:2005/10/26(水) 18:59:33
「囚われ」ではなく「捉われ」だった。

95 :同定不能さん:2005/10/26(水) 21:52:28
くだらん

96 :同定不能さん:2005/10/27(木) 16:10:07
隕石からできた説信じますよ

97 :同定不能さん:2005/10/27(木) 16:15:28
生命誕生のメカニズムをオジサンとシミュレーションしてみようか

98 :同定不能さん:2005/10/27(木) 17:50:40
>>93
生命の起源を考えるのに硫黄や窒素が生まれた原因まで遡る必要もないじゃん。

99 :同定不能さん:2005/10/28(金) 20:14:57
>>97
a1:膜ができる
a2:膜で小胞ができる
b1:アミノ酸ができました
b2:偶然自己複製きるタンパク質ができました
b3:自己複製タンパクが安定な形になりました
c1:塩基配列が膜の中に入りました
c2:いろいろなタイプの生物ができましたとさ。

100 :同定不能さん:2005/10/29(土) 01:46:38
>>97>>99
他のことを想像してもうたがな。

101 :同定不能さん:2005/10/29(土) 03:40:32
>>99
ヌクレオシド三リン酸と塩基が基本だろ。

102 :同定不能さん:2005/10/29(土) 08:38:59
生命の本質とは肉体(タンパク質)なのか、それとも情報(DNA)にある
のだろうか?
つまり肉体を引き継ぐためにDNAが存在するのか、DNAの情報を引き継ぐ
ために肉体が造られるのか、
ふと自分という存在がDNAの奴隷に思えてならない。

103 :ゴリラーマン:2005/10/29(土) 09:45:30
http://www.livly.com/mypage.php?uid=0EQA&s=3
こんな感じか?

104 :同定不能さん:2005/10/29(土) 12:28:08
 地球上の生命は、隕石により有機化合物が運ばれた結果である仮説を
前提にすれば、宇宙のどこかで既にあった生命の断片が地球に飛来した
ことになる。では、その生命はどの様に発生したのか、疑問が残りきり
が無い。
 色々な原子、いや素粒子、いやその超素粒子、いやその原初真空
(既知の物理原理は通用しない世界)が源生命ではないだろうか。
宇宙に物質が生じるまでには想像を絶する時間が経過し、更に、最終的に
個を持った生命が誕生する。その宇宙のありようを理解する生命が誕生
した時、その宇宙のありようが消滅し、原初宇宙(原初真空)にもどる、
その繰り返しが永遠に続く。

105 :同定不能さん:2005/10/29(土) 12:31:08
>>104 現代表現の般若心経なり。

106 :同定不能さん:2005/10/29(土) 13:26:26
生命が存在しなくても宇宙が存在することは可能である。

しかし宇宙の存在を認識できるのは生命でしかない。

つまり生命は宇宙を自己認識するために生まれたと言える。

107 :同定不能さん:2005/10/29(土) 15:44:37
>>106
生命が存在しなくても宇宙が存在することは可能である。

しかし宇宙の存在を認識できないくてもは生命は存在できる。

つまり生命は宇宙を自己認識するために生まれたと言えない。

108 :同定不能さん:2005/10/29(土) 17:55:27
>>107
宇宙=時空つまり物質、エネルギーを意味するのだが、
無の世界で生きる魂を信じろと?

109 :同定不能さん:2005/10/29(土) 18:23:31
>>108
高等生命以外にも魂はあると信じるタイプ?
それとも無機物にも魂はあると信じるタイプ?

110 :108:2005/10/29(土) 18:40:43
宇宙に存在する全てに魂が宿ると考える

111 :同定不能さん:2005/10/29(土) 18:54:36
魂なんてないし。
すべては関数近似に近い概念であり、
入力に対し統計的に決まった出力を出すシステムに過ぎない。
だから、無機物に魂なるものが宿る事は
十二分に考えられる。
生物とは大分違ったものになるだろうが…

112 :同定不能さん:2005/10/29(土) 22:35:51
>>102
生物学の世界ではDNAが本質であるのはとっくの昔に定説になっとります。

113 :同定不能さん:2005/10/29(土) 22:36:12
せっかく悟りを開いて宇宙法則を擬神化して崇めちゃいけないよと言っておいたのに
大日如来とか名付けて拝み出すような低脳な輩が多くて憐れだ。  ―ゴータマ・シッダールタ

114 :同定不能さん:2005/10/29(土) 22:45:44
>>112
DNAなんて本質でもなんでもない。まだRNA分子の方がマシ。

115 :同定不能さん:2005/10/30(日) 13:42:24
DNAが生命体の設計図を格納したファイルサーバーとすれば、mRNAはそこから
一部分の図面をダウンロードしたファイルのようなものと言える。
mRNAのファイルにはタンパク質を合成する手順が記されていて、リボソームは
ファイルを解読しながらtRNAが運んでくるアミノ酸を順番通りに組み立てる
ことによってタンパク質が合成される。
RNAにはタンパク質の機能を決める情報しか含まれておらず、生命体の構造を
決定する情報は、RNAが係わる情報以外に、DNA上或いは他の細胞組織に存在す
るのだろう。

116 :同定不能さん:2005/10/30(日) 14:30:24
ヒント:逆転写酵素

117 :同定不能さん:2005/10/30(日) 15:11:52
>>112
異常プリオンはタンパク質でありながらタンパク質を大量に変質させ、
その振る舞いはタンパク質がタンパク質を生成する
あるいはRNA自体を生成するのではないかとも言われた事もある。
逆転写酵素もあるし、現在においてセントラルドグマは絶対じゃない。

118 :同定不能さん:2005/10/30(日) 19:08:14
創造主が創りました。

119 :同定不能さん:2005/10/30(日) 19:54:27
発生進化はDNAワールドの前にRNAワールドから始まったと言われてるね

120 :同定不能さん:2005/10/30(日) 20:40:02
酵素自体もRNAの塩基配列に基づいて合成された機能性タンパク質である。
レトロウイルスはRNAを遺伝情報として保持し、他の細胞の中で増殖する。
このとき逆転写酵素を生成することにより、RNAの塩基配列をDNAに転写し、
さらにDNAポリメラーゼによってDNAの複製を行うあたりが生命の進化の
過程の中で重要な出来事であったと言える。

121 :同定不能さん:2005/10/31(月) 01:27:22
つ【リボザイム】

122 :同定不能さん:2005/10/31(月) 03:32:39
>>121
セルフ・スプライシングか

123 :同定不能さん:2005/10/31(月) 04:18:23
釈尊は、世界の第一原因とか窮極終点は説いてはいません。
ですから、始めもなければ終わりもなし。
もしもそれらを説けば、断見になってしまいます。

124 :同定不能さん:2005/11/02(水) 22:34:56
現代の科学で、仮説の通りの原子を混ぜて生命を作り出す事って可能ですか?

125 :同定不能さん:2005/11/02(水) 23:53:46
機械的に1台で1日あたり数個のスピードで繋げて30億塩基対を目指すよりは
もう少し短い数万分子の酵素を作って化学的にやるほうが効率的かも?

126 :同定不能さん:2005/11/03(木) 00:37:40
ここのスレすごっい〜ハイレベル!かな

127 :同定不能さん:2005/11/03(木) 09:18:09
>>123
要するに宇宙の歴史も無限の世界の中の一通過点に過ぎないと?
無から生じるビッグバンを超越する世界観は在り得るのだろうか。

128 :同定不能さん:2005/11/03(木) 10:18:25
般若心経は量子力学に相通ずるところあり。
空の認識、生まれたことも死したこともなし。
生物は皆ことごとく、個を我と認識す、その認識は自ずと範囲を個に
限定す。生物の体は物質、その物質はいずれブラックホールで消滅す。
しかし、空は陰陽の中和にて無なるが、不確定性原理にて陰陽の
極微の乖離あり、その乖離の陰は巨大なブラックホールを消し行く、
かくして残された陽は次の無垢の物質となりぬ。さて、空はそこにあり
普遍なり、全一な命なり、さー個を新たに楽しもう。

129 :同定不能さん:2005/11/03(木) 10:57:13
>>128
空を般若心経に反する無自在として扱うなら、科学的には正しいこと書きなよ。

130 :同定不能さん:2005/11/03(木) 11:57:21
摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄
舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 受想行識 亦復如是
舎利子 是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減是故 空中無色
無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色聲香味觸法 無眼界 乃至無意識界
無無明 亦無無明盡 乃至無老死 亦無老死盡 無苦集滅道 無智亦無得
以無所得故 菩提薩 依般若波羅蜜多故 心無礙 無礙故 無有恐怖
遠離一切 倒夢想 究竟涅槃 三世諸佛依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提
故知 般若波羅蜜多 是大神咒 是大明咒 是無上咒 是無等等咒
能除一切苦 眞實不虚故 説般若波羅蜜多咒 即説咒日
掲諦 掲諦 波羅掲諦 波羅僧掲諦 菩提娑婆訶
般若心経


131 :同定不能さん:2005/11/03(木) 18:38:48
 もともとこの世界を人間の頭で理論構成できるものではない。
F.カプラ(量子力学者)のタオ自然学が参考になると思うが、所詮、
人間の頭の表現であり、限界がある。もともと語りえない次元であり、
般若心経を本当に現代語に翻訳できる者はいないだろう、存在したと
しても、書いた本人は不完全さに諦観するだろう。
 生命の起源を物質のみの観点から解き明かせるのもではない、無は全て
の原点である、この意味は生物の頭脳で計り知れない。
 >>130 書き写すだけでなく、是非誰でも分かる日常表現表現を試みられ
たい、しかし、書き終えたときには、それは既に人間の頭脳による表現に
なり、あなた自身が表現し得ないことに呆然とするだろう。

132 :同定不能さん:2005/11/03(木) 18:57:45
万物は流転す、物質も消滅す、ホーキン博士は正しい。宇宙を飲み込む
ブラックホールも、悠久の時間(ブラックホールには時間が定義できな
いが)により、反素粒子(仮称)引き込み、その片割れなる正素粒子は
後に残る。最先端の認識では真空の定義は旧科学のそれではない、量子
力学の世界では正・反素粒子は常に離合を繰り返している。当にその動
きは命そのものであり、霊眼を開いた者(覚者)にはそれが見えるといわ
れる。しかし、その覚者はもはや道に乗った人であり、ただ空に在る。

133 :同定不能さん:2005/11/03(木) 18:59:19
智慧で彼岸に渡る大いなる教え

観音さまが修行によって深い智慧を完成した時、物体や精神には実体がなく
空であると悟り、すべての苦悩や災厄から抜け出すことができた。

シャーリプトラ(仏の弟子の一人)よ、物体は実体のないものであり、実体がないのが物体なのだ。
つまり、物体に宿る本質も実体がないということであり、実体のないものこそが物体なのだ。
これは、感覚や意識といった精神的なことも同じである。

シャーリプトラよ、すべての現象には実体がないのだから、生じることも滅することもない。
汚いとかきれいということもない。増えたり減ったりすることもない。物体もなく、精神や感覚もない、
目に映る世界もなければ、意識に映る世界もない。悟りを妨害するものもなく、悟りを促すものもない。
老いも死もないし、老いや死がなくなることもない。苦しみの原因もなければ、苦しみを解決する方法もない。
悟れないし、悟りもない。何もないのだから。

菩薩さまは、こうした深い智慧によって、すべてにこだわりがない。こだわりがないから恐怖もない。
すべての誤った妄想からはなれて、究極の静寂の境地となる。過去・現在・未来の仏さまも、この
深い智慧の完成によってこのうえなく優れた境地となった。

この深い智慧こそが、比類なく最上の、すべてを明らかにする真理の呪文である。
これは偽りなく、本当にすべての苦を除く。ここに、この深い智慧の呪文を示そう。

行ける者よ。行ける者よ。(悟りによって)彼岸に行ける者よ。彼岸に共に行ける者よ。悟りよ幸いあれ。

これが智慧の教えなのだ。

134 :同定不能さん:2005/11/03(木) 19:33:02
>>132
>ブラックホールには時間が定義できない

プランクスケールより小さい量子世界を考慮できない奴が空を騙るなや!

135 :同定不能さん:2005/11/04(金) 11:21:33
今の世に、原人が生きていても不思議ではない。
淘汰されたとしても、チンパンジーとかは生きている。
また、原人と新人のDNAは、一致しないだろうから
全部、進化したとは考えにくい。
歴史のダウト。作られていることを自覚したまえ。

136 :同定不能さん:2005/11/04(金) 18:10:06
じゅうぶん不思議。
滅びた類人猿も結構あるよね。
外敵から身を守る能力が低い種は外敵のいない
特殊な地域以外で滅びている。

137 :同定不能さん:2005/11/04(金) 23:23:07
人類の敵と言えば、貧困や共産主義などは外敵ではないから
1:疫性病原菌
2:同ウイルス
3:ネズミなどげっし類
4:穀物畑を荒らす昆虫類
5:トラなどネコ科
こんなもんか?
どれも種としての人類には
大した問題にはなっていないような気がするな。

138 :同定不能さん:2005/11/05(土) 00:09:12
仏教では煩悩から解脱することを悟りと説いているが、煩悩の根源こそDNAで
はなかろうか?
DNAの束縛から解放されて尚、生命であることは可能だろうか。

139 :同定不能さん:2005/11/05(土) 00:15:10
6.オオカミ、ジャッカル、リカオン、ハイエナなどの食肉目
7.気候の変化
8.旧人、新人

140 :同定不能さん:2005/11/05(土) 00:59:02
>>137
外敵の存在は時として人類の進化に寄与したと言える。
同じ種である人類同士が殺し合う戦争は人類以外の生物には見られない。

野生動物にはオス同士で争い、メスを奪い合うことによって種の優性を保つ
行動は見られるが、メス同士が争ってオスを奪い合うのは人類だけかも知れ
ない。

141 :同定不能さん:2005/11/05(土) 04:39:05
>>140
たしか女王がいるげっ歯類か何かで
群れのサボりが女王に発覚すると虐殺される奴がいたと思う。
あとたしかプレーリードッグも仲間内で虐殺する事があったと思うし
ヒヒの一種には群れの間での本格的なコロシ愛つまり戦争があった筈。
あとご存知のように縄張り争いなら殺しあう動物は下等高等を問わず結構いるので
仲間内で殺しあうのは人類だけ(だから戦争イクナイ)という論調はおかしいと思われ。
人間の戦争も結局のところは政治的or経済的利益の独占が目的であり
生物の営みの本懐であるこれら行為の拡大発展版でしかないのかもしれない。

142 :同定不能さん:2005/11/05(土) 04:41:24
オス同士の争い
・ライオン
 群れのリーダーを追い出し、子ライオンを全て殺して群れのリーダーになる。

メス同士の争い
・クロホシイシモチ(テンジクダイ科の魚)。
 オスを巡ってメスが争い、勝ち取ったメスは交尾後オスの口に卵を産みつける。

・皇帝ペンギン
 オスを巡ってメスが争う。オスは卵を温め続けヒナが成長するまで何も食べない。

143 :同定不能さん:2005/11/13(日) 10:12:21
>>138自己レス
修行を積んだ僧侶でもDNAの束縛から解放されることは困難らしい。

シャワー室のぞき僧侶を逮捕…埼玉「ときめき元気館」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051110-00000506-yom-soci

 埼玉県警越谷署は9日、同県松伏町上赤岩、「無量寿院」副住職
宮本大慶容疑者(34)を建造物侵入の現行犯で逮捕した。
 宮本容疑者は「女性がシャワーを浴びている姿をのぞきたかった」
と供述しているという。

144 :同定不能さん:2005/11/20(日) 13:52:51
っていうかめの前にあるのは実際はないんだよ。色とか物は人間の脳で作りだした幻想。すべて幻だからあなたも私も幻な人

145 :同定不能さん:2005/11/20(日) 15:50:39
生命は神経が及ぶ情報範囲を自己として認識するのだが、人類は情報網を体外
に広げたことにより、自己認識の範囲が広がるのと同時に薄れているのではな
かろうか?
自分や他人の命を粗末にする風潮もネット社会が生んだ自己に対する感覚麻痺
のようにも思える。
一方、惑星探査機のボイジャーに携わった多くの科学者は、ボイジャーが自分
の分身のような感覚に囚われたという。

146 :同定不能さん:2005/11/20(日) 17:19:16
>>144-145
ソレハ「錯覚」デアルト推測シマス。

147 :同定不能さん:2005/11/20(日) 17:42:00
こいつら全員冗談抜きでチョンってのが笑えるって言うか恐ろしいと言うか
麻原影晃・・父が朝鮮国籍。
林ますみ・・(和歌山毒入りカレー犯人)在日帰化。
宅間 守・・(大阪池田小学校大量殺人犯)朝鮮部落出身。DT松本と同じ高校出身。密港在。
織原誠二・・(英国人ルーシーブラックマンさん殺害犯)親が韓国。
李 昇一・・朝鮮人の強姦魔。「ガキの使い」語り140人以上の女性をレイプ。
金 保・・(少女強姦魔の牧師)在日
酒鬼薔薇聖斗・・(東慎一郎・神戸の首切り猟奇小僧)両親とも在日
関根 元・・(埼玉愛犬家殺人犯)在日
郭 明折・・韓国キリスト教の宣教師。連続強姦魔。被害者100人以上
金 大根・・連続自動虐待の強姦犯。女児6名が死亡。
金 弁植・・韓国の強姦犯。日本で主婦を100名以上レイプ

148 :同定不能さん:2005/11/20(日) 18:32:50
錯覚か。
すべては錯覚なんだろうな。

今キーボードを打ってるけどこれも本当は実在しない。
実在するのは魂だけ。

149 :同定不能さん:2005/11/20(日) 19:36:17
>>144
今すぐお近くの繁華街を全裸で練り歩き
「ま○こー!ま○こー!ま○こー!」
と絶叫してみてください。意外とリアルであることがわかると思います。

150 :同定不能さん:2005/11/21(月) 00:31:46
空気よめ

151 :同定不能さん:2005/11/21(月) 23:00:42
庭に出て空気を流れを読んだところ23時現在は南南西の風であります。

152 :同定不能さん:2005/11/23(水) 10:57:05
>>151
全裸で?

153 :同定不能さん:2005/11/25(金) 08:48:01
ゴキブリってあいつらいつから地球にいるんすか?
結構長いって聞きますけど

154 :同定不能さん:2005/11/25(金) 13:50:37
>>153
チャバネゴキブリなら、せいぜい初春から。
ワモンゴキブリの中には、数年生きるものもいる。

155 :同定不能さん:2005/11/25(金) 15:32:09
神の精神に近づく為です

156 :同定不能さん:2005/11/25(金) 18:47:55
>>154
セアカゴケグモが越冬するこの時代に季節など!

157 :同定不能さん:2006/05/18(木) 02:29:33
<生命>星の材料からアミノ酸のもと
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060517-00000011-mai-soci

 星の材料を再現した氷状の混合物に宇宙を飛び交うのと同じ高エネルギーの放射線を当て、アミノ酸のもとにな
る複雑な有機物を作り出すことに小林憲正・横浜国立大教授(分析化学)らの研究グループが成功した。アミノ酸
は生命活動を支えるたんぱく質を構成する物質で、生命の素材が宇宙で作られたとするシナリオを裏付ける成果
だ。千葉市で開催中の日本地球惑星科学連合大会で17日に発表する。
 研究グループは、宇宙で星が形成される場となる暗黒星雲を構成するメタノール、アンモニア、水の混合物を液
体窒素で氷点下約200度に凍らせた。暗黒星雲は同約260度と極低温のため、その状態に近づけた。
 放射線医学総合研究所(千葉市)で、この氷状物質に高エネルギーの放射線を照射すると、数時間で有機物が
生じた。有機物の分子はアミノ酸の約20倍の重さがあり、水に溶かすと数種類のアミノ酸ができた。この有機物
は熱や放射線に強く、アミノ酸が単独で存在するより壊れにくいことも分かった。
 地球の生命は約38億年前に海で誕生した。従来は、紫外線や雷などの作用で大気から生じたアミノ酸などが生
命の素材になったとされていたが、最近は、原始大気はアミノ酸が生じにくい組成だったとする研究も多い。
 研究グループは、宇宙空間で生成された有機物がいん石やすい星に取り込まれて地球に運ばれ、海で進化して
生命が誕生したというシナリオを提案している。
 実際に、いん石やすい星からは複雑な有機物が見つかっており、小林教授は「宇宙で生成される有機物の具体
的なイメージが初めてつかめ、地球外で生命の素材が作られたことを示すことができた」と話している。【須田桃子】
(毎日新聞)

158 :同定不能さん:2006/05/18(木) 03:22:41
地球46億年の物語 Meteorite Collision
http://www.youtube.com/watch?v=3JHdYBet_4Q

159 :同定不能さん:2006/05/18(木) 06:11:47
ゴメン。 俺が過去にタイムマシーンで行ったとき、うっかり細菌を残してきてしまったらしい・・・

160 :同定不能さん:2006/05/18(木) 17:10:15
科学的研究に役立てるから、タイムマシーンの提供よろ

161 :同定不能さん:2006/07/17(月) 01:20:10
歴代の万馬券情報集めとかないと

162 :同定不能さん:2006/10/30(月) 17:08:07
勘違いをしてはいけないのは、
生命体は生まれたのではなく地球から発生してきたこと。

言ってみれば、地球を一つの生命と考えたときに、生命体は自然に地球から発生してきたものだ。


我々は地球さんの爪の垢、耳糞、鼻糞、ふけのようなものだ

163 :同定不能さん:2006/10/30(月) 19:46:19
その地球は広大なる宇宙の目糞鼻糞だけどな

164 :同定不能さん:2006/10/30(月) 21:32:40
そしてこれは糞スレ

165 :同定不能さん:2006/10/31(火) 07:49:20
月がなければ女性は妊娠できないと思います。だからです

166 :同定不能さん:2006/11/02(木) 23:41:16
月はオスということですか?

167 :同定不能さん:2006/11/03(金) 22:03:59
南の方に、地面に穴ほって地球とファックする部族がいるだろ。
たぶん、そんな原因。

168 :同定不能さん:2006/11/27(月) 01:25:32
つーか全ての存在・事象はコンピュータの数字の羅列みたいなもんだろ。

169 :同定不能さん:2007/12/28(金) 03:13:29
算盤が進化してインターネットを構築したようなもんか。

170 :同定不能さん:2008/12/08(月) 17:09:51
<生命>隕石の衝突が起源 物材研と東北大、実験に成功
12月8日7時45分配信 毎日新聞

 隕石(いんせき)が海に衝突した瞬間を実験で再現し、アミノ
酸など生命のもとになる生物有機分子を作り出すことに物質・
材料研究機構(茨城県つくば市)の中沢弘基(ひろもと)名誉
フェローと東北大の研究チームが成功した。
地球上の生命の起源を解明するうえで新たな材料を示すとして
8日、英科学誌「ネイチャー・ジオサイエンス」電子版に掲載
された。

 実験は隕石に含まれる炭素、鉄、ニッケル、初期地球の大気に
あった窒素、水をカプセルに詰め秒速1キロの高速で衝突させた。
その結果、アミノ酸、カルボン酸、アミンの3種類の生物有機分子が
生成した。

 有機分子の起源については諸説ある。中沢名誉フェローは40億〜
38億年前、初期の地球の海に隕石が衝突し、衝撃で有機分子が生成
したと提唱しており「仮説が実証された。生命を作る部品がどうやって
できたか分かった」としている。【石塚孝志】

171 :同定不能さん:2008/12/09(火) 14:35:35
せせせ生命の素はこうして作られたのかな。
か、科学は日々進歩してるんだな。

172 :同定不能さん:2008/12/09(火) 15:55:59
隕石の他にも生命の発生プロセスにおいて海底や地下の鉱物が、
フィルターや触媒あるいはエネルギー代謝機能として、重要な
役割を担っていたようだ。

173 :同定不能さん:2008/12/11(木) 01:53:15
何億年もの間、単純な恒常性保つだけのカタマリのまんまだったんだろ?


174 :同定不能さん:2009/04/15(水) 23:43:53
>>162-163

175 :同定不能さん:2009/04/15(水) 23:45:01
>>163

176 :同定不能さん:2009/04/16(木) 02:16:15
それはさておきセックスしようぜ

177 :同定不能さん:2009/04/17(金) 10:40:57
なにもへんじがない・・・
ただのにんぎょうのようだ

178 :同定不能さん:2009/04/18(土) 12:40:58
思うんだけどマリグラヌートみたなのは酵素ないと働かないよね。もしかしたら海底の金属が触媒作用で酵素の代わりしてたのかな。

179 :同定不能さん:2009/04/19(日) 03:38:44
全ては矛盾で出来ている

180 :同定不能さん:2009/05/03(日) 22:43:23
シアノバクテチアと今の生物のdnaは似ているのですか。

181 :同定不能さん:2009/05/13(水) 10:21:44
>>49
無とは原子と電子の隙間


182 :同定不能さん:2009/05/16(土) 00:12:58
無と無限なんてものは存在しない

183 :同定不能さん:2009/05/16(土) 05:24:39
>>182
科学では無限大はあってもエンドレス(輪や渦のような)
無限のループは存在として許さない。

それは意味として捉える次元の在り方がそもそも違うのだから
無や無限は本来、宗教の類が生み出した同じようなことが無限に
相似して繰り返し続くという観念であり、ビックバン宇宙論のように
始まりと終わりが1つのシナリオで直線的に存在するもの
線形的なものとして表す世界でしかない。

非線形でいうカオスやフラクタルのように、実態ではなく存在が
写像された形のほうに意味があるように捉える高次元の観念では
その科学の領域の概念では説明できないということ。
客観性がないのに、飛躍したところに客観性のような事実が現れる
そういう考えなのだから。君にはそれを理解することは永久に無理。

184 :同定不能さん:2009/05/18(月) 00:40:35
無からはなにも生まれない

185 :同定不能さん:2009/05/18(月) 11:11:56
と思うのが素人の浅はかさ

186 :同定不能さん:2009/05/18(月) 14:45:01
円周率のランダム数列は知的生命に無限を教えるために存在しているのではないだろうか

187 :同定不能さん:2009/05/19(火) 15:00:50
エッ!
生命が出来た原因って、解明済みでしょ?
参照
スラムダンク第8巻

188 :同定不能さん:2009/05/19(火) 16:59:25
俺のオナニーで宇宙が妊娠。そして最初の生命が誕生したっていう説

189 :同定不能さん:2009/05/22(金) 13:03:39
逆もあるな、宇宙の精子で私が妊娠。そして・・。

190 :同定不能さん:2009/05/22(金) 20:30:42
無なんて存在しない

191 :同定不能さん:2009/05/23(土) 22:48:37
意思がなければ必然はない

192 :同定不能さん:2009/07/22(水) 19:36:46
答えは

「不明」



193 :同定不能さん:2009/09/28(月) 19:18:20
NASAのカール・ピルチャー博士は「今回の発見は、生命の基本的な構成要素は宇宙に広く存在するという
考えを支持し、『宇宙で生命は一般的なものかもしれない』とする見方を補強するものだ」とのコメントを発表した。
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1250579375/

194 :同定不能さん:2009/09/28(月) 19:31:28
>>191
意思って何だ?w
>>192
正解だな

195 :同定不能さん:2009/09/28(月) 20:03:41
記憶があいまいだけど、原始のスープと呼ばれる状態から生命のハシリのようなものが産まれたとかなんとか

アミノ酸やタンパク質が多く存在してた領域だったかな?
違ってたら悪いけど

196 :同定不能さん:2009/10/20(火) 14:47:39
国家創造においてのあらゆる結果は新たなシステムを必要としていた。
この新たなシステムこそは生命保険のことであった。
物質において個々に管理が出来ないほど歪が蓄積されようとするとき
保険による自主管理をおもいつかれました。
要するに意思の分散である。
この世はコントロールされるべきであり、これがないと物理的に崩壊
するのみだったのだろう
ということは、崩壊する原因は我々が握っていることになる
生命は保険と一体のものであり、この生命維持こそが保険を支えていることになる
だからもう既に国家創造の時期は終わっていて国家維持の時期に入っているのである。
そして国家崩壊時期には生命保険も崩壊してるはずである。

197 :同定不能さん:2009/10/22(木) 02:24:41
この宇宙は、なんらかの必然性で存在しているのである。
そして生命もこれに基づいて保険をえているのである。
意思とは、コントロールされているという証であり生命維持の基でもある。
この世は偶然で成り立っているが大きい目で見れば、一つもそのような
ことはない。
生命の役割はネットワークを確立させることにある。
電気も水も食料も物質もすべてそろっていたのであるから
偶然に発生したのではないことは、ここからでもわかるはずです。

198 :同定不能さん:2009/10/23(金) 19:28:42
精神論はいいんだよ
そういうのは掲示板の外でやるから

199 :同定不能さん:2009/10/23(金) 22:27:20
>>199はハゲ

200 :同定不能さん:2009/10/23(金) 23:27:02
気のせいだ!お前はまだいけてる

201 :同定不能さん:2009/10/27(火) 02:14:38
マンコ

202 :同定不能さん:2009/10/27(火) 21:10:42
生命が意識を持った理由は地球のパワーである
娘が色づいてこの世はバラ色 とうっとりするのもパワー
花が咲くのもパワー

203 :同定不能さん:2009/11/02(月) 16:47:38
コンドームのつけ忘れ

204 :同定不能さん:2009/11/15(日) 08:31:45
この新聞がていねいに解説してくれています。

http://002.shanbara.jp/giron/html/hentai_091103/

205 :同定不能さん:2009/11/15(日) 08:55:03
保存した

206 :同定不能さん:2009/11/15(日) 19:37:42
妄想と言われたらそれまでだが、既に遥か昔にクローン技術があって全員クローンなんじゃないか?とふと思った

207 :同定不能さん:2009/12/18(金) 15:01:40
>>206
それは妄想ではない、事実である
ここまではっきり言うとは思わなかった・・・wwww
  ばれてしまってはいたしかたない

208 :同定不能さん:2010/01/01(金) 14:00:19
今となっては昔のことだが、近くの池の工事があった。水がすべて出されて、
工事が終わった後、水が元に戻されたが、いつの間にか魚も戻っていた。
つまり、池があれば魚は自然に発生するということが分かった。
これこそ生命の始まりだと納得した。

209 :同定不能さん:2010/01/05(火) 23:40:36
>>208
いやいや、なんか違うと思うんだが。。

210 :同定不能さん:2010/01/06(水) 00:21:23
世の中には、池を見つけると魚を放流して回る奇特な人がどこにも必ず居てな

211 :同定不能さん:2010/01/06(水) 00:51:07
俺が卵と精子撒いた

212 :同定不能さん:2010/01/11(月) 00:11:37
生命とは何だろうか?

213 :同定不能さん:2010/01/11(月) 00:22:49
死ぬ前

214 :同定不能さん:2010/01/31(日) 10:11:46
死んだら治せないもの

215 :同定不能さん:2010/02/03(水) 23:14:03
人類が生まれるタメにこの宇宙にはこの物理法則があると考えていい
他の宇宙のことなんてしらねーし考えても無駄
ビバ人間原理

でも喜んでいるのも束の間なんだろうな

216 :同定不能さん:2010/02/13(土) 21:45:46
のちのサードインパクトである

217 :同定不能さん:2010/03/04(木) 02:02:10
生命とは、ストレンジアトラクタの一種。

218 :同定不能さん:2010/03/06(土) 06:07:40
命を守りたいと思うのです

219 :同定不能さん:2010/05/04(火) 08:08:52
生命の起源に関与? オリオン大星雲の円偏光
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100503-00000514-san-soci

タンパク質をつくるアミノ酸には、右手と左手のように構造が同じなのに
重ね合わせることができない「鏡像(光学)異性体」がある。普通の化学合成
では左型と右型が半々に生成されるが、地球上の生物を構成するタンパク質は、
ほとんど左型のアミノ酸から成る。ホモキラリティーと呼ばれるアミノ酸の偏りは、
生命の起源にもかかわる大きな謎だ。

国立天文台ハワイ観測所の福江翼研究員は「オリオン大星雲で観測された
円偏光領域の広さを考えると、原始太陽系が近くの大質量星形成域から広がった
円偏光にさらされたことが示唆される。
天文学と生命の起源が、円偏光という特殊な光の探査で結びついた」と話す。

5月3日11時23分配信 産経新聞

220 :同定不能さん:2010/06/02(水) 03:37:47
>>74 :同定不能さん:2005/10/11(火) 20:55:02
>>73
アミノ酸までの有機化合物の合成は比較的容易で、宇宙空間にも存在が確認
されている。
その先のタンパク質の合成となると、設計図に相当するDNAをはじめ、工場に
相当する様々な細胞組織が合成されるまで、途方も無い試行錯誤が繰り返され
なければ成立されない。
多くの惑星では、その機会を待つことなく環境がが失われたか、存在すらしな
かった。


もし、これが本当なら、宇宙空間はウイルスがいっぱい居る?って事?
バクテリアが地底の中で生活して来た経緯があるんでしょ?
地底の中で栄養を取ってエネルギーに変えてたんでしょ?
ここが分からないのがどうやってエネルギーを吸収変換してるのか

221 :同定不能さん:2010/06/19(土) 16:07:39
つ ミトコンドリア

222 :同定不能さん:2010/06/19(土) 16:48:51
宇宙における物理はどうしても損傷、錯覚、遅れが発生するので
これの修復に生命というもので調整しなければならない

223 :同定不能さん:2010/06/19(土) 20:25:04
>>220

>アミノ酸までの有機化合物の合成は比較的容易で、宇宙空間にも存在が確認
>されている。

というだけで、

>もし、これが本当なら、宇宙空間はウイルスがいっぱい居る?って事?

ということにはならない、ただの事実 星間物質とかでググレばいい

224 :同定不能さん:2010/06/19(土) 22:09:55
原因って、突き詰めたらビッグバン以外にないだろうよ。

225 :同定不能さん:2010/06/20(日) 14:29:43
ビッグバンは結果だろー?
前後を逆にすんな

226 :同定不能さん:2010/06/21(月) 01:30:52
>>220
生命の起源は、特定の場所で連鎖的に進行したものではなく、様々な場所や
時期に作られた材料が、何らかのきっかけで寄せ集められた結果と理解すべきだろう。
地球のほど良い地殻変動や環境変動が、生命を育む条件に適していたのだろう。

>>222
混沌に対する反動とも。

>>225
時空の開闢以前に因果律は成立するのだろうか?

227 :同定不能さん:2010/06/21(月) 02:50:21
>>226
他の場所でアミノ酸が出来てそれが地球という窒素と酸素に包まれ海もあって塩もあった
太陽光は一番気温が適していてたんぱく質が崩れない環境だったということですね
でも不思議
ここまで似通った環境の星が見つからずイトまで衛星飛ばしてるのに
他の生命体はなんにも連絡が無いという
他の星で生命体が存在するのだろうか

228 :同定不能さん:2010/06/21(月) 17:03:10
生物とは、物理とか化学反応における隙間産業かもしれない
きっと物理でも化学でも手の出せない部分があるのだろう?

あぁーやっちまったよ、欠陥品作っちゃよ どうする?
簡単だワー、そんなのクズ屋に言えば良いよ

229 :同定不能さん:2010/06/25(金) 19:55:57
ビッグバンの後の初期の宇宙は水素原子しかなくて、水素と水素が核融合しヘリウムになって、ヘリウムが核融合し炭素になって、炭素とヘリウムが核融合して酸素原子を作りと言うように、星が原始を作り出していく。

出来た原子は、核融合じゃなくても、例えていうなら手の数によって他の原始と結びつき分子を作る。
酸素の手の数は二個で水素は一個。
結びついて作るのがH2O。 つまり水素が二個で酸素が一個。

物質は結びついて様々なものを作っていく。
物質が究極の形を作り出したのが生命なのかもしれない。
でも物質が作り出す究極が生命じゃなければ、まだ物質は次の進化を遂げるのかもしれない。


230 :同定不能さん:2010/06/25(金) 20:00:17
たぶんこの世界に生命が誕生しなかったら
地球は油まみれになり腐ってしまうかもしれない

どんどん石油を使って化学変化を促進してください
人口もどんどんふやしてみんな車をつかってください
とにかく地球は生ものであるからどんどん処理してください

231 :同定不能さん:2010/06/26(土) 16:52:22
全球凍結したから今の繁栄があるんでしょ?
生命体がどの様に出来上がったのかが物凄く不思議でならない
自然界に生きている動植物は環境を壊してしまうと絶滅するのもあるくらい
それだけ不思議な世界
どうして人間が出来上がったんだろう…

232 :同定不能さん:2010/06/26(土) 18:09:01
>>232は蛆虫

233 :同定不能さん:2010/06/26(土) 19:34:49
何故、石油が多く存在して且つ酸素も多く存在しているのか?
どうしてバランスしているんだろうか?
 不思議でたまらない
こうなったら石油をがぶがぶ使って地球に貢献しなければならない

234 :同定不能さん:2010/06/26(土) 20:51:18
石油をがぶがぶ使うのがナゼ地球に貢献ってなるんだ?
まあ油田の原油流出事故は全世界の経済を叩きつぶすくらい酷い状況になれと思ってるよ
でなきゃいつまでたっても自然の大切さに目を向けんだろ
気付いた頃にはもう遅いんだけどな
常に経済最優先で人間ご都合主義なんてもう真っ平さ

235 :同定不能さん:2010/06/27(日) 00:36:32
生物の発生の時点で生きていない物質に対して
生きている方が有利だったんだよ
例えば生命を持っている物質より持っていない物質が
圧倒的に多いのは生きていないほうが有利だからだよ

236 :同定不能さん:2010/06/27(日) 08:55:55
>>236はこえだめの底でうごめく蛆虫

237 :同定不能さん:2010/06/27(日) 10:08:11
それは言いすぎだろ
>>236は訴えていいレベル

238 :同定不能さん:2010/06/27(日) 16:35:28
この世界が混沌の泥水の世界にならないのは
生物のおかげである。
人間を含む微生物の超活発な働きで清んでいるのです
人間も生物も もともと綺麗好き なんだよ

239 :同定不能さん:2010/06/27(日) 20:43:12
http://abcdefg.toypark.in/get.php?u=art5.photozou.jp/pub/747/175747/photo/17612731.jpg
http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/l/le-soleil/20090222/20090222104926.jpg
http://art6.photozou.jp/pub/929/100929/photo/6665801.jpg


240 :同定不能さん:2010/06/28(月) 03:25:24
 初めに、無が会った。全てが闇で沈黙が支配していた。
<精霊>、すなわち大いなる<知性体>が世界を想像する事を決定し、
彼は四つの高次の力に命令した……。
 たとえ高度に進歩した人でも、人間の頭ではそのようなことを
理解するのは非常に難しいことです。
事実、ある意味では不可能です。ただ、一方であなたの<アストラル・スピリット>が
肉体から解放される時にそれを理解出来るようになります。
話が進みすぎたので一番始めに戻りましょう。
 最初、闇と霊、すなわち精霊以外の何者も存在しませんでした。
 精霊は昔も今も、人間の理解をはるかに超えた無限の力強い存在です。
精霊はあまりにも強力で、自らの意思によって、想像もできないほどの力の
連鎖反応を伴う核爆発を引き起こす事が出来ます。
事実、精霊は世界を想像しました。最も巨大な物から最も微小な物までを
どのように想像するかを想像しました。精霊は原子を想像しました。
精霊はそれらを想像した時、その想像によって動く物全てを想像しました。
命あるものばかりか動きのない物まで全てを……。

241 :同定不能さん:2010/06/28(月) 03:26:16
 しかし、それはただ精霊の想像の中においてのみ存在しました。
すべてはまだ闇のままでした。ひとたび精霊が自ら想像しようとしたものを
一望のもとに眺めるや、精霊はその例外的な霊力によって、
瞬時に宇宙の四つの力を想像する事ができました。
 同時に、精霊は最初の、最も巨大な核爆発
(地球のある人々はこれを<ビッグ・バン>と呼びます)を命じました。
精霊はその中心を占めてそれを引き起こしました。
精霊の意思によって闇は消え、宇宙はその姿を現しました。
 このように、精霊はいまだにそして常に宇宙の中心に存在します。
なぜなら、精霊は宇宙の主人公であり創造主であるからです。

ミシェル「それはキリスト教が教える神の話のようですが、
私はこれまで彼らのナンセンスを決して信じてきませんでした……」
タオ「ミシェル、私は地球に存在するキリスト教のような、宗教の話を
しているのではありません。想像やその結果として起こることを
宗教と混同してはなりません。宗教の非論理的こじつけと論理的なものとを
混同してもなりません。あとで私たちはこのテーマについて話す機会があるでしょう。
あなたは本当に驚いているようですね。」

242 :同定不能さん:2010/06/28(月) 03:27:10
 これからしばらく、想像について説明しましょう。数十億年の間に
(もちろん創造主にとってはそれは永遠に”現在”で、数十億年として
数えるだけの我々の理解をはるかに超えています)、
全ての世界、太陽、原子が形成され、あなた方が学校で学んだように、
惑星は太陽の周りを周回してしばしば自らの衛星を持ちました。
ある太陽系においてはある時期に、いくつかの惑星が寒冷化して
土壌が形成され、岩が固まり、海洋が形成されて、陸の部分が大陸となりました。
 ついにこれらの惑星は生命体が住めるような環境となりました。
これらのすべては、初めに精霊の想像の中にありました。
私たちには精霊の最初の力のことを”原子の力”と呼ぶことができます。
 この段階で精霊は第二の力によって、のちに副次的な種を生み出すことになる
原始的な生物や植物の多くを思い描きました。この二番目の力を
<オヴォコズミック・フォース(卵状宇宙力)>と呼びましょう。
というのは、これらの生物や植物は単純な宇宙線によって想像され、
最後は宇宙卵となったからです。
 まさに当初から、精霊は特別な生物を通し感覚を経験することを想像しました。
そして<オヴォアストロミック・フォース(卵状星力)>と呼ばれる
三番目の力によって、精霊は人間を想像しました。
このようにして人間は想像されたのです。

243 :同定不能さん:2010/06/28(月) 03:28:02
 ミシェル、あなたは今まで、人間や動物を想像するのに
どんな知性が用いられたかを考えてみたことがありますか?
独立した意思で限りなく鼓動を繰り返す心臓によって血液は循環し、
肺は複雑なシステムで血液を純化します。
そして五感によって支えられている脳は命令を与え、非常に敏感な脊髄によって
熱いストーブに手を触れればコンマ一秒で脳からの指令が伝わり、
火傷をしないよう手を引っ込ませることができるのです。
今まで”なぜか”と疑問に感じたことはありませんか?
地球上には何十億もの人間がいながら、一人として同じ指紋を持つ人が
いないのです。なぜ、いわゆる血液の<結晶構造>は指紋のように
その人だけのものなのでしょう?
地球や他の惑星の科学者たちは人間の想像を試みています。
彼らは成功しましたか?彼らが作ったロボットは、最も高度なものでも
人間のメカニズムと比較したら粗野なものに過ぎません。

244 :同定不能さん:2010/06/28(月) 03:28:53
 結晶構造の話に戻れば、それは各人の血液は特定のバイブレーションを
持つということで最もうまく説明されます。
それは血液グループとは関係ありません。地球上の様々な宗派は輸血を拒む
<正当性>を絶対的に信じています。その理由は、その宗派の教えと、
彼ら自身の解釈に関係しています。しかし、互いに異なるバイブレーションを
持っているという現実的な理由に対して、彼らは目を向けるべきなのです。
 もし輸血量が多ければ患者の受ける影響はかなりのものとなり、
量に応じてそれは長く続きます。しかし、もちろんこの影響は
決して危険なものではありません。
 その影響は一ヶ月以上続くことは決してなく、その後、ドナーの血液による
バイブレーションの跡は消えていき、患者の血液のバイブレーションが
引き継がれます。忘れてはならないのは、そのバイブレーションは生理体や、
流体の特徴とはまるで違ってるということです。

245 :同定不能さん:2010/06/28(月) 09:31:01
それはいつ生まれたのか誰も知らない。

暗い音の無い世界で、ひとつの細胞が分かれ増えていき、三つの生き物が生まれた。

彼らはもちろん人間ではない。 また、動物でもない。

だが、その醜い身体の中には正義の血が隠されているのだ。


その生き物、 それは人間になれなかった 妖怪人間 である。

246 :同定不能さん:2010/06/28(月) 22:03:44
闇に隠れて生きる 俺たちゃ妖怪人間なのさ
人に姿を見せられぬ 獣のようなその体
早く人間になりたい
暗い定めを吹き飛ばせ ベム ベラ ベロ
妖怪人間

247 :同定不能さん:2010/06/28(月) 22:07:10
闇に隠れて生きる 俺たちゃ妖怪人間なのさ
人に姿を見せられぬ 獣のようなその体
早く人間になりたい
暗い定めを吹き飛ばせ ベム ベラ ベロ
妖怪人間

248 :同定不能さん:2010/06/28(月) 22:07:38
さっきTV見てて、1億年後には生命の奇跡すら残らないといってました。

地球が誕生して46億年

一回くらいは過去に今の地球のような文明があって、絶滅したことがあるっていう可能性は無いんでしょうか?


249 :同定不能さん:2010/06/28(月) 22:14:15
何にも無い なんにも無い 全くなんにも無い
生まれた 生まれた 何が生まれた
広い宇宙に星がひとつ生まれた
星には朝があり そして夜が訪れた
なんにも無い大地に また風が吹いてた
吹いてた 吹いていた

250 :同定不能さん:2010/06/28(月) 22:20:07
なんにも無い なんにも無い 全くなんにも無い
生まれた 生まれた 何が生まれた
広い宇宙に星がひとつ生まれた
星には朝があり そして夜が訪れた
なんにも無い大地にまた風が吹いてた
吹いてた 吹いていた

251 :同定不能さん:2010/06/29(火) 15:14:44
>>248
このままの環境というより遺伝子の問題が出てきて途絶える可能性がある
男性の精子が弱ってきていてy染色体の数が73個、x染色体が1039個と
圧倒的に男性の染色体の数が減ってきている
なので文明とかそういうのより、次の世代が生まれてこないか、脳の衰退が起こって
過去の記憶とか感情とかそういうものすら無くなってしまうのかもしれない
そうなると一億年より早い段階で文明が無くなっているのかもしれない
その世界で大きくなって生物の頂点に付くのは蜘蛛と言われている
ねずみを自分の巣で飼って、ある程度の数が増えたら吸い尽くす
たこが一本足になってぴょんぴょんと高原を跳ねているという
哺乳類で生き残れるのは又してもねずみのみ

252 :同定不能さん:2010/07/04(日) 13:09:24
    ____
   /__.))ノヽ
   .|ミ.l _  ._ i.)
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ
  .しi   r、_) |  人類はわしが育てた
    |  `ニニ' /
   ノ `ー―i´


253 :同定不能さん:2010/07/09(金) 04:40:14
そういうことかリリン

254 :同定不能さん:2010/07/12(月) 00:29:51
DNAやタンパク質は、それ単体ではただの物質である。が、それらが組み合わさって、特定の条件が
満たされた瞬間に、あくまで分子の集合でしかなかったはずの細胞に生命が宿ると思われる。

糖類が組み合わさりアミノ酸ができる

一方RNAの構成要素であるアデニン、シトシン、グアニン、ウラシルができる

偶然としか言いようのない確率で、生命の誕生する条件の一つ、左巻きのRNAができる
(殆どは生命の生まれない右巻きのRNAとなる)

アミノ酸がこれまた偶然としか言いようのない確率で簡単なタンパク質を構成する

偶然にもRNAがDNAに構造変化する

奇跡としか言いようのない確率で、生命が誕生する条件の一つ、DNAとタンパク質について特定の構造に変化する

絶妙な割合で、生物が誕生する条件に合致する環境が構成される

アミノ酸間又はアミノ酸とタンパク質間で、特定の化学変化が発生する

化学変化が絶えず起こり、その特定の化学変化のうち、いくつかの化学変化の組み合わせが起こり始める

その化学変化が何回か起こり、それがタンパク質が自我を持った化学変化に変わる

分子の構成物でしかなかったタンパク質に生命が誕生

255 :同定不能さん:2010/07/15(木) 01:34:43
奇跡なんだろうね
人間みたいな知能を持つ動物が出来上がったのは
面白い事にDNAが少しずつ何かの拍子に繋がっていって今がある
たんぱく質のアミノ酸塩基配列なんて決まっててこれもどこかで決まりがある出来事があった
脳になる神経組織が塊として出来上がって、記憶としての入れ物が出来た
にわとりの首の辺りにも脳があるから他の動物もそうなっていた可能性はある
哺乳類と爬虫類とで別れた部分はこういう所にも出てるからどちらが生き残ってもおかしくない環境だった
長い年月でのDNAの書き換えが綺麗に行われた上、環境もそのDNAが対応してきた経緯
こういうのを考えていると寂しくなる

256 :同定不能さん:2010/07/26(月) 23:40:35
200年前に海王星に、300年前に土星にも隕石が落下してるんだって
シューメーカーレビー彗星も木星に落下してる所を考えると
地球は月も含めて隕石が落下しずらい環境が今の人類の反映につながってるという
物凄い運が良い環境だったんだね
江戸時代に落下してたら人類は滅亡してて他の鳥類が知能と言語を獲得して
滅亡した人類を掘り出していたかも知れないんだよね
人間が恐竜を掘り出すように鳥類が哺乳類を掘り出していたのかも

257 :同定不能さん:2010/07/27(火) 01:07:11
地球の環境は様々な外的要因によっても変化してきたし、
人間に限らず生物自身によっても過去に環境破壊を繰り返している。
危機的状況の中で環境に順応してきた生命の多様性そのものが、今の地球の姿でもある。

71 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)