2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

獣脚類について語るスレ

1 :同定不能さん:2009/02/13(金) 09:11:32
獣脚類について真面目に論じるスレッドです。


過去の参考スレ
ティラノサウルス鈍足説に突っ込む
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/earth/1165929613/
ティラノサウルス
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/earth/1030344467/
ティラノサウルスについて語ろうぜ3
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/earth/1189748645/

2 :同定不能さん:2009/02/13(金) 11:12:51
前スレ999
今の所北米の竜脚類は時代を通じて、
カナダだけには居ない、
角竜やカモノハシ竜のボーンベッドが見つかるようなカナダの地層でも未だ発見されないところから、
ティラノサウルスの餌になるだけの生息数はおそらく居ない。
ティラノサウルスよりも発見数が少なくて、
小型のトロオドンやテスケロサウルスが化石になる地層も有ったのに、
あれ程大きくても骨格が見つかりにくい地形に居た恐竜を餌にした証拠が無い、
白亜期後期のティラノサウルス類はジュラ紀のアロサウルスと違って5種類以上の竜脚類が居たわけでもないし、
ティラノサウルス類が餌にするほど竜脚類に遭遇しない。
北米の竜脚類は角竜よりも足が遅くて、
アロサウルスよりも強い顎で駆逐されたかもしれんしw

3 :同定不能さん:2009/02/13(金) 21:09:13
こんな地味なスレタイじゃ誰も寄ってこないぞバカ!
今までだってティラノサウルスだからレスが付いたようなもんだろ。

4 :同定不能さん:2009/02/14(土) 02:55:30
前スレみたいな議論は格闘技板か格付け板で勝手にやってればいいんだよw

5 :同定不能さん:2009/02/14(土) 09:31:15
晒しage
此処は別スレだから誰かがティラノスレ立て直すの待つ

6 :同定不能さん:2009/02/15(日) 12:34:13
スピノサウルスはガビアルに似た歯、ガビアルに似た顎を持っていて、
足回りはティラノサウルスよりも細身。

どんな暮らしをしていたのだろうか?

水鳥みたいに浅瀬にじっと立ちんぼして魚が通るのを待っていたのだろうか?

7 :同定不能さん:2009/02/15(日) 12:35:32
>>6
そうだね。その通りだね。

8 :同定不能さん:2009/02/16(月) 15:52:19
あれだけワニにそっくりの顔をしてるのだから、当然
帆と目だけ出して水中に潜んでいたよ。
陸上性二足歩行の恐竜は足をかまれたら最後、水中に引き込まれて
溺死だったろう。

9 :同定不能さん:2009/02/16(月) 16:35:23
そうだね。その通りだね。

10 :同定不能さん:2009/02/16(月) 17:04:43
鼻も出していた。で、あの帆は獲物に水中から襲い掛かる時の
垂直安定ひれになっている。


11 :同定不能さん:2009/02/16(月) 21:40:25
そうだね。その通りだね。

12 :同定不能さん:2009/02/17(火) 12:53:46
>>8
ワニに似ているとは言っても、ガビアルと似ているのであって
クロコダイルやアリゲーターとは似てないからなあ。

13 :同定不能さん:2009/02/17(火) 13:46:40
こんな所にラーメンスレ立てんなよw
あっさりより、こってりの方が美味しい

14 :同定不能さん:2009/02/17(火) 14:22:06
ttp://f35.aaa.livedoor.jp/~gotozoo/rep_amphi/indogavial.jpg

ここまで細くないでしょ。

15 :同定不能さん:2009/02/17(火) 16:58:13
>>12
一応バリオニクスの胃からはイグアノドンの骨が出ていた筈。

以前にスコミムスの頭骨を見たけど、>>14程細くはなかった。
厳密には、横はガビアルに匹敵する薄さ(化石化で変形の可能性あり)
だったけど、高さが結構あるので、ガビアルよりもガッチリしている。

16 :同定不能さん:2009/02/17(火) 21:16:24
魚が主食なだけであって草食恐竜を食わないわけじゃないからな
たまにはオウラノサウルスを襲って食っていたんだろう

17 :同定不能さん:2009/02/19(木) 14:35:34
>>14-16
レス感謝。
ガビアルほど極端じゃあないんだね。>スピノとその近縁種

前スレで話題に出たギガノトサウルスやカルカロドントサウルスは何食ってたんだろう?


18 :同定不能さん:2009/02/19(木) 19:05:57
インドガビアルも場合によっては小動物を獲るらしい。

19 :同定不能さん:2009/02/19(木) 20:54:42
ギガノトもカルカロドントも大物食いだったらしく、大型竜脚類が獲物だったと
考えられているそうだ。
歯が薄くてナイフの切れ味で生肉好きだったのだろう。
ティラノは歯が太く咬む力が強大だったので、骨まで食べる掃除屋的傾向が
強いのかもしれない。
スピノは獲物を挟み水中に引きずり込むワニ型の歯。

20 :同定不能さん:2009/02/19(木) 21:17:31
>骨まで食べる掃除屋的傾向

骨まで食べる=スカベンジャーというのが古い思考。

21 :同定不能さん:2009/02/19(木) 21:18:51
>スピノは獲物を挟み水中に引きずり込む

スピノの体型は水中適応じゃない。

22 :同定不能さん:2009/02/19(木) 22:03:26
スピノは陸生恐竜が半水生に戻った可能性はないのかな?
首が真っ直ぐだったり、足が細かったり、ワニ似の頭部等。

23 :同定不能さん:2009/02/21(土) 00:10:53
誰も食べずに残っている骨を食べるのです。
骨まで食べられるように顎に大きな筋肉を付けて頭部が重くなるのは
明らかに狩猟活動にはマイナスですが、そこまでしないと充分な食料が
得られなかったと考えられます。

24 :同定不能さん:2009/02/21(土) 00:24:53

装甲恐竜を獲物にしていた場合はスピードより力が優先されるな。

25 :同定不能さん:2009/02/22(日) 11:12:31
背びれというのはやはり「水」を連想させる。
ホカケトカゲやグリーンバジリスクなども非常に水と関わっている。
ゾウの場合、耳はバタバタさせ冷却用に利用できるけれど、固定型の
背びれでは、特にスピノのように大型であれば、晴れの日など体温が上昇し過ぎるのは
明らかで、対処としては水中しかない。
彼らは水中にいる傾向が非常に強かっただろう。


26 :同定不能さん:2009/02/22(日) 15:59:27
そうだね。その通りだね。

27 :同定不能さん:2009/02/22(日) 19:04:23
ディロフォサウルスが水底を鉤爪の先で蹴って泳いだ足跡は
食性や身体の特徴から判断して、それが彼らの日常的な行動であった事を
示している。
ディロフォと似た特徴を持つスピノ系もその傾向を持っていたと考えるべきだろう。

28 :同定不能さん:2009/02/23(月) 11:18:03
完全敗北したティラ脳がスレタイを変えたw

29 :同定不能さん:2009/02/24(火) 10:57:29
イグアノドンなどはほぼ4足歩行がデフォルトの姿勢に修正せれたわけですが
なぜか獣脚類は未だに背骨を水平にした、いわば立っているだけで苦行を
強いられるような姿勢に復元されています。
前足が地面に着くか着かないかの姿勢にすべきではないでしょうか?
あの水平姿勢に根拠はあるのでしょうか?

30 :同定不能さん:2009/02/24(火) 13:51:18
>>29
イグアノドンの前脚には地面に荷重を伝えるのに対応したと思える構造があるが、
獣脚類の前脚にはそのような構造が見当たらない。


31 :同定不能さん:2009/02/24(火) 17:07:51
獣脚類が二足歩行であったのは承知していますが、

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/7c/Sauriersenck.JPG

これを見ると無理やり上半身を上げている気がするんですよね。
狩でも低い位置で相手の足を狙った方が効果的じゃないでしょうか。

32 :名無し:2009/02/24(火) 19:20:42
>>29
>前足が地面に着くか着かないかの姿勢にすべきではないでしょうか?
ティラノサウルスはどうするのかと。

>>31
尾がカウンターウェイトとして働くから、丁度骨盤の当たりに重心が来るんじゃね?

33 :同定不能さん:2009/02/24(火) 22:41:01
何か思いつきだけ語るバカがいついてるな。

34 :同定不能さん:2009/02/25(水) 11:11:51
恐竜の化石は30分の1が本来の大きさ

35 :同定不能さん:2009/02/25(水) 11:41:56
>>31
上半身の中には肺その他空洞が多数あるが、尻尾はどうかな?
そして上半身よりも尻尾の方が長い。

バランスは成立してると思うのだが、どうか。

36 :同定不能さん:2009/02/25(水) 11:45:33
いやいや、よく考えてみてください。
腰の支点から5,6mの距離に大きい頭を水平に維持する困難さを。
仮に脊椎がカチカチの棒状だったとしても、尻尾の先に錘がついているわけじゃないのです。
てこと考えても31の復元で釣りあうはずがないような。
常に強力な筋肉を総動員して必死で立っていた?そんなアホな。

37 :同定不能さん:2009/02/25(水) 19:01:14
何か思いつきだけ語るバカがいついてるな。

38 :名無し:2009/02/25(水) 23:21:56
>>36
つ「気嚢」

39 :同定不能さん:2009/02/26(木) 00:10:08
>>38
見かけだけの思いつきで語るバカが、
そんなもの考慮するわけがありませんw

40 :同定不能さん:2009/02/26(木) 11:30:24
>>31が30分の1のサイズなら姿勢に違和感はない
恐竜は本来犬と同程度の大きさしかない

41 :名無し:2009/02/26(木) 11:38:21
>>40
>恐竜は本来犬と同程度の大きさしかない
根拠は?

42 :同定不能さん:2009/02/26(木) 13:46:38
>>41
>>40の脳は犬のそれと同じ程度しかないこと、これが根拠だよ。

43 :同定不能さん:2009/02/26(木) 14:09:55
地殻変動による伸び縮みが生じる化石は骨じゃない
タンパク質に砂が付着し固まった物が形を留めてるだけ。
何億年も経てば化石の大きさも変わる、恐竜は大きい方が商売になるしスポンサーが付く
金が入らないと砂弄りに没頭できない。

44 :名無し:2009/02/26(木) 15:25:32
>>43
何故恐竜以外の化石の大きさが変わらなかったのかとw

45 :同定不能さん:2009/02/26(木) 16:30:01
諸君はあの大きな頭が一番先っちょについていることが
てこの原理的にどれだけ大変か理解しちょるのかね?
気嚢にヘリウムでも入っていれば別だけどさ。

46 :名無し:2009/02/26(木) 16:46:04
>>45
てこの原理も何も、恐竜の胴体って腹肋やら脊柱の靭帯やらで可動性は乏しいんじゃなかったか?
だから余計な筋力を使わずともT字のバランスを保てる、と。
実際に筋力を使って頭を支えていたのは首から先じゃないか?
それにあの頭蓋骨だって穴だらけで軽量化されてる。

47 :同定不能さん:2009/02/27(金) 00:54:44
>>44
数年じゃ変わらねーよw

48 :名無し:2009/02/27(金) 01:13:25
>>47
恐竜と同時代の生物の化石の事だが……

49 :同定不能さん:2009/02/27(金) 01:48:57
上に吊り上げる筋肉だけで支えるのではなく、

一般には下に曲げるために使うとされる筋肉を
上に吊り上げる筋肉と同時に使うと
関節同士がしっかりとはまり込み、固定して動かなくなる
これは鉄骨周りに鉄筋が多数入っている構造に例えられ、
座屈防止の構造と同じである

50 :同定不能さん:2009/02/27(金) 11:30:07
>>48
地殻変動による伸縮だから必ず伸びるとは限らない
大型恐竜が見つかった化石の大きさで臓器、筋肉、脂肪等支えるのは無理がある。
翼竜は飛ぶ事も出来ないと考えられているのにあれだけ大きな翼を持つ意味は?
コウモリをみれば分かるがあの大きさなら飛行が可能になる。

51 :名無し:2009/02/27(金) 11:48:45
>>50
地殻変動による伸縮ならば、歪みが出てとてもじゃないがまともな形にならないんじゃね?
それに、何故恐竜など特定の化石だけ大きさが変わる?
足跡や糞化石も。
哺乳類でも相当数化石が出てるが、大半がネコ以下のサイズなのは?

52 :名無し:2009/02/27(金) 11:52:51
>>50
> 翼竜は飛ぶ事も出来ないと考えられているのにあれだけ大きな翼を持つ意味は?
実は新生代からアルゲンタウィスやオステオドントルニスなど大型翼竜サイズの鳥類の化石が出ている。当然こいつらも飛翔可能だったと考えられている。

53 :同定不能さん:2009/02/27(金) 12:55:42
>>51
恐竜だけがって事はないだろうし恐竜の化石が歪んでないとは言えない
伸縮の過程で微妙に化石がズレて今の形になったのかもしれない。
>>52
翼竜と鳥類では構造が全く違う

54 :名無し:2009/02/27(金) 17:08:40
>>53
> 恐竜だけがって事はないだろうし恐竜の化石が歪んでないとは言えない
> 伸縮の過程で微妙に化石がズレて今の形になったのかもしれない。
それだと同種であっても箇々の化石で形が違ってしまい、属や種の同定が不可能にならないか?
足跡化石の場合、小型から大型まで複数の種が入り交じって発見されてるものもあるんだが……
まさか特定の種類のものだけが大型化したって事はあり得んだろうw

> 翼竜と鳥類では構造が全く違う
構造が違っても、飛べないって訳じゃなかろうに。

55 :同定不能さん:2009/02/27(金) 19:21:17
>翼竜は飛ぶ事も出来ないと考えられているのにあれだけ大きな翼を持つ意味は?

初耳だな。
科学的に「翼竜は飛ぶ事も出来ないと考えられている」と言っている
ソースを出してくれ。

少なくとも古生物学でそう考えている奴はいない。
空力物理に関与した分野ですら飛行を否定したという話も無い。

むしろ最近の研究では、翼竜は大型鳥類に勝るとも劣らない程の
飛翔力を持っているという考えが主流。
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200901082027

飛べないと言っているのは、一部の非科学なオカルトだけ。

56 :同定不能さん:2009/02/28(土) 16:15:39
ソースソースうるさいトンカツぶつけるぞ

57 :同定不能さん:2009/02/28(土) 16:50:49
ソースも出せんなら語るな。

58 :同定不能さん:2009/02/28(土) 21:17:59
飛翔力を持っているという考えが主流
考えるだけなら誰でも出来る糞の役にも立たないソースに何の意味がある?
他人の知識で偉そうに語る事は出来ても翼竜が飛翔した証拠にならない。

59 :名無し:2009/02/28(土) 22:34:19
>>58
>考えるだけなら誰でも出来る糞の役にも立たないソースに何の意味がある?
↓これのこと?
「翼竜は飛ぶ事も出来ないと考えられている」

60 :同定不能さん:2009/02/28(土) 23:11:10
>>58
とりあえずここは科学系の板だから。

他の専門家のソースや根拠のある意見>>>(∞)>>>根拠も無い自分の意見

という事になっています。とにかく根拠出せやと。
それが嫌と言うならここへどうぞ。

http://anchorage.2ch.net/occult/

61 :同定不能さん:2009/03/01(日) 02:17:28
翼竜が飛んだ根拠を先に出せよwティラノが走った根拠も出せよw
全て想像と予想に過ぎないんだろ、原形が解明されていない化石を幾ら研究したって答は出ない。

62 :同定不能さん:2009/03/01(日) 02:58:55
>>61
そういうものは先に言った方が出すもの。

その上であえて翼竜が飛んだ根拠を示すとするなら、
一例として>>55にもうある。リンク先。
これだけじゃ不満なら、ジョンポプキンス大に問い合わせてね。

他にも、お好きなのどうぞ。
Respiratory Evolution Facilitated the Origin of Pterosaur Flight and Aerial Gigantism
Leon P. A. M. Claessens1, Patrick M. O'Connor, David M. Unwin
http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0004497

A Reappraisal of Azhdarchid Pterosaur Functional Morphology and Paleoecology.
Witton MP, Naish D
http://www.plosone.org/article/info:doi/10.1371/journal.pone.0002271

High lift function of the pteroid bone and forewing of pterosaurs
Matthew T. Wilkinson , David M. Unwin , Charles P. Ellington
http://www.zoo.cam.ac.uk/zoostaff/ellington/pterosaur.html

63 :同定不能さん:2009/03/01(日) 03:01:31
>>61
>全て想像と予想に過ぎないんだろ、原形が解明されていない
>化石を幾ら研究したって答は出ない

それは要するに「地球科学の放棄」だから、この板ではスレ違い。
こっちに行ってね。

http://anchorage.2ch.net/occult/

64 :同定不能さん:2009/03/01(日) 12:46:37
猫科の猛獣なんかは獲物に前足で押さえて噛み付く。
イヌ科は噛み付いて4本足でグイグイひっぱる。
ところがティラノの場合、噛み付くのはいいのだがエモノが
抵抗した場合、頚椎が捻られ非常な危険にさらされることになる。
自分の体重が凶器になってしまうのだ。とくに2足であることが
致命的だ。

65 :同定不能さん:2009/03/01(日) 12:58:19
可能性を放棄した学者が間違ってるかもしれない研究を遠泳するのが地球科学w
原形の分からないパズルを想像で完成させて似て非なる物を研究するのが地球科学w

66 :同定不能さん:2009/03/01(日) 13:46:22
>>61
幾ら研究しても翼竜は飛べたし、
お前には絶対に入れない大学の研究者がティラノサウルスはトリケラトプスよりも速く走れたとの研究結果を出しているw

67 :同定不能さん:2009/03/01(日) 17:39:27
>>66
妄想乙w大学に入っても賢くないなら入る必要が無い翼竜は飛べないティラノは走れない

68 :同定不能さん:2009/03/01(日) 19:20:07
>>65>>67
地球科学を否定するならこのスレに来なくてもいいだろう。
つまり君は「荒らしである」と公言したわけですな。

69 :同定不能さん:2009/03/01(日) 19:21:53
「翼竜は飛ぶ事も出来ないと考えられている」
そう考えている人のソースまだ〜?

70 :同定不能さん:2009/03/01(日) 19:53:34
>>67
お前は誰にも認められない妄想しかしてないじゃんw
ニュートンで認められた説を否定している奴はもはや現在人ですらないw

71 :同定不能さん:2009/03/01(日) 20:27:43
日本人なら東大を信じろ

72 :同定不能さん:2009/03/01(日) 20:58:05
東大は世界の馬鹿大学の一つだろうw

73 :同定不能さん:2009/03/01(日) 23:20:39
もはや荒らしなのが暴露してるんだからほっとけ。

74 :同定不能さん:2009/03/02(月) 01:40:22
東大の説は、皮膜の素材がこれこれだったら、という仮定を含んでいたり
骨の強度と重さがこれだけだったら、という仮定を含んでいたりする

そして東大でその研究を発表したら
あんたらの用いた値は何十年前の説に基づいてるんだ、と叩かれた訳だ
そして数値を変えたら、あっさり飛べたw

75 :同定不能さん:2009/03/02(月) 08:04:38
>>74
なんという梯子外しw

76 :同定不能さん:2009/03/02(月) 12:41:37
翼竜の骨は軽くスカスカで脂肪はなく必要最低限の筋肉と臓器等でも飛べないw
仮に飛んでも風力で骨が折れ墜落して死ぬ。

77 :同定不能さん:2009/03/02(月) 12:49:37
何事もなかったかのように次レスどうぞ↓

78 :同定不能さん:2009/03/02(月) 14:02:54
恐竜オタ涙目w

79 :同定不能さん:2009/03/02(月) 19:39:20
ではなぜ狩での格闘において前足の存在が不可欠なのか、考えてみたい。
ライオンがエモノを前足で抱えた時、両前足と肩でエモノに固定された枠が
できる。その枠の中で噛み付くので、エモノが激しく抵抗した場合でも
頚部に伝わる衝撃は枠内で解消される。
ところが、前足がないとこの枠ができないので、エモノの動きによって発生する衝撃を
首だけで耐えねばならない。
だから頚椎が重大な損傷を受けてしまう可能性が高いのだ。

80 :同定不能さん:2009/03/02(月) 20:00:27
>>79
つ「猛禽類」

81 :同定不能さん:2009/03/03(火) 13:07:12
ティラノは狩りをすると頚椎が折れて死ぬ

82 :同定不能さん:2009/03/03(火) 17:11:03
>>81
10m以上に育った時点で有り得ないw

83 :同定不能さん:2009/03/03(火) 18:04:20
>>81
で、結論は?

84 :同定不能さん:2009/03/03(火) 21:44:33
リスクを考慮すると、ティラノが常食としていた動物は、
現生の水牛やサイ等よりもかなり動きの鈍い動物だったと考えられる。

85 :同定不能さん:2009/03/05(木) 11:15:34
ティラノは走れない

86 :同定不能さん:2009/03/05(木) 23:31:21
>>85
ティラノサウルスは時速30kmぐらいで、
トリケラトプスとトロサウルス、アンキロサウルスはそれ未満w

87 :同定不能さん:2009/03/06(金) 00:11:16
>>86
四足歩行の恐竜の大半は、前後の脚の長さが違いすぎるからな。

88 :同定不能さん:2009/03/06(金) 12:57:36
無い無いwティラノは30Kmも出ないwww

89 :同定不能さん:2009/03/06(金) 15:09:32
>>88
その根拠は?

90 :同定不能さん:2009/03/06(金) 15:10:10
相手にするな。

91 :同定不能さん:2009/03/06(金) 18:03:28
ティラノが走った証拠が無いからだよ整体系が解明されてないのに走った走ったうるさい

92 :同定不能さん:2009/03/13(金) 15:59:15

同時代の草食恐竜は走ったのかな?

93 :同定不能さん:2009/03/13(金) 22:58:02
>>92
ttp://sankei.jp.msn.com/culture/academic/071204/acd0712041009005-n1.htm

94 :同定不能さん:2009/03/26(木) 19:05:42
田代ホイホイスレ

95 :同定不能さん:2009/08/04(火) 01:45:31
走るとコケて死ぬ

96 :同定不能さん:2009/08/04(火) 15:21:39
それで滅んだのですか?

97 :同定不能さん:2009/08/04(火) 22:42:23
だから走らなかった

98 :同定不能さん:2009/08/13(木) 19:58:11
自足30kmで歩けたのですか?

99 :同定不能さん:2009/08/14(金) 07:33:44
はやあし

100 :同定不能さん:2010/04/07(水) 22:35:48
ゾウもあれは走ってるんじゃなくて早歩きだからな。

※「走る」の厳密な定義は全ての足が地上から離れる状態がある事で
 それが出来るのはサイまでで、ゾウが30〜40km/h位で移動できるのは
 長い足による歩幅で速度を稼いでるそうだ。


101 :同定不能さん:2010/04/08(木) 03:39:37
ウンコマン!

102 :同定不能さん:2010/06/12(土) 14:09:11
なんで狩りの時の動作を現生鳥類じゃなくライオンと比較してるのか理解できないんだが

103 :同定不能さん:2010/06/12(土) 14:51:27
ウンコマン!

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)