2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

人類より高度に進化した宇宙生命体はどんなやつか?

1 :オーバーテクナナシー:2008/03/31(月) 08:15:27 ID:9SlVIAQk
宇宙人は実在するという前提からこのスレはスタートする。
どんなやつか。
どんな能力をもっているのか。
どんな文明を築いているのか。
どんなテクノロジーをもっているのか。
宇宙における彼らの役割はなにかあるのか。
人類よりどこがどうすぐれているのか。
やつらと人類がご対面したときどうなるのか。
いろいろ語ってみてよ。

2 :オーバーテクナナシー:2008/03/31(月) 13:59:52 ID:bavNgz9H
             ∩___∩
             | ノ      ヽ
             /  ●   ● |    スカイフィッシューーー!!
      ____|     ( _●_)  |
     )   __/     |∪|  / ̄ ̄ ̄~~)
     (       /      ヽノ / ̄ ̄~  (
    ) ̄~ __ /         /~~ ̄ ̄ _)
   ( __   /        /~ ̄~__(
   )_ __ /      :  /~__ __ )
  (___  /        /__ _(
  )__ _ /       /__ _ )
  (__  __/      : /   __(
  ) '  _/       /    __)
 (____/      / ̄__(
      /       / ̄~
      |     /
      \___/

3 :オーバーテクナナシー:2008/03/31(月) 17:53:38 ID:1Y6cuGZj
トップを狙えにでてきたような宇宙空間で生きていける生物

4 :オーバーテクナナシー:2008/04/01(火) 02:58:52 ID:zaIkgMEC
っていうかまず宇宙環境に適応する過程が無理

5 :オーバーテクナナシー:2008/04/01(火) 04:06:59 ID:Q6XHK1WD
人間を地球牧場で飼っている主様がいるかも。
ネズミに人間がなにやってるかほとんど理解できないように、
人間からも主様がなにやってるか理解できない。
でも食われたり実験材料にされてる。

6 :ハインフェッツ:2008/04/01(火) 10:30:24 ID:2Gr1JHDP
するてえと、エボラもエイズも人類のご主人様が難病克服のために
あたしらを天竺ネズミにしてるってわけですかい?

7 :オーバーテクナナシー:2008/04/01(火) 11:04:38 ID://wvHDFg
遺伝子改良にはウィルスを使うらしいね。
ご主人様がいたら人類や地球生命全体の生殺与奪や進化の方向を決めるために
ウィルスを使うのはありそうな話。

8 :オーバーテクナナシー:2008/04/01(火) 20:54:04 ID:mvEyncUE
地球人と同じ姿で人間に混じって普通に生活している。
惑星体が老化でつかえなくなったら、また別の体に乗り換えて生き続ける。
宇宙人同士のネットワークもある。
実はめちゃくちゃ頭が良く、長寿なので歴史にも精通していて、経済界に深く根をおろして
背後から政治にも干渉し世界をコントロールしている。
でも地球人も彼らがいないと困る。猿がそんなポストについたらあっという間に
世界戦争や経済破綻をひきおこして文明はアボーン。
だから一応、彼らは地球の守護者なのだ。

9 :オーバーテクナナシー:2008/04/02(水) 08:51:40 ID:RJDsKbme
身長百メートルくらいあるやつとか

10 :オーバーテクナナシー:2008/04/02(水) 14:13:39 ID:7nZbW++a
>>8
ムーとか宇宙人ネタの本だと地球で人とまざって暮らしてるのが多いわな
魂だけ宇宙人という

11 :オーバーテクナナシー:2008/04/03(木) 10:22:36 ID:ARg7HCjK
宇宙人がいるかいないかの議論は、かならず居るにちがいないと言うやつ多いのに、
どんなんがいるかとなるとあんまり流行らないのなw
実のとこ本気で居るなんて思ってないのかもw

12 :オーバーテクナナシー:2008/04/03(木) 19:52:54 ID:l4TsK47A
空間を超越する技術をもった宇宙人はいない。
いるならとっくに地球に来てるはずだ。

13 :オーバーテクナナシー:2008/04/03(木) 20:20:51 ID:H13vQeos
ディアスポラみてーに肉体を捨てて不老不死になってるよ

14 :オーバーテクナナシー:2008/04/03(木) 20:24:54 ID:H13vQeos
>>12
宇宙は広すぎるから、ワープとか出来ても全ての範囲を捜索するのはかなりの手間だろう
人間は地球上のほとんどどこにだって行けるだろうが、あらゆる場所に行ったことのある人などいない
それと同じ

15 :オーバーテクナナシー:2008/04/04(金) 07:02:09 ID:bSnwcpV1
>>14
どこでもドアがあれば話は別だw
宇宙人が何億人もいて、車のように使ってるかも知れない。

16 :オーバーテクナナシー:2008/04/04(金) 14:23:54 ID:FMj/vHDK
不老不死になった種族は生きることに飽きないのかな。
何万年、何億年もずっと生き続けるわけだろ。
その間、文明も進歩するのだろうがワープなどの空間超越技術は発明されないかもしれないじゃん。
永久機関のように宇宙の物理法則上不可能で、何億年かけてもそれを打ち破る発明はされないとか。

それに不老不死なら争う理由が大幅に減るから文明はあまり進まない可能性もある。
惑星にとじこめられてずっと生きてるのかな。
それとも何万年もかけながら宇宙旅行してるのかな。

不老不死だと人口もあまり変化しないだろ。事故死ぐらいか。
ありとあらゆる文学を読み尽くし、ありとあらゆる学問を修め、娯楽もやり尽くしてもうネタぎれ。
一千万年くらいあれば余裕でできちゃうんじゃね?w
不老不死ならセックスも無い。
すげー退屈してる連中じゃないか。

17 :ハインフェッツ:2008/04/04(金) 20:36:24 ID:EHW8b5/Q
>>16
そこで神様ごっこですよ!

18 :オーバーテクナナシー:2008/04/04(金) 20:46:46 ID:agtKXXRF
>>16
そのうちカーズは考えるのをやめた

19 :オーバーテクナナシー:2008/04/05(土) 07:38:55 ID:Z5U5XcmD
神様ごっこにも考えることにもあきて石のように暮らしている。
石は不老不死の宇宙種族なんだよ。そこにもかしこにもいる。

20 :オーバーテクナナシー:2008/04/05(土) 09:37:41 ID:BXPLmJYY
審判

21 :オーバーテクナナシー:2008/04/05(土) 10:04:30 ID:PhVJGs4V
暇を持て余した神々の遊び

22 :オーバーテクナナシー:2008/04/05(土) 17:35:31 ID:dgBk3Dnj
遊びでつくってみたけど、つまらないから放置プレイされてるのが地球

23 :オーバーテクナナシー:2008/04/05(土) 18:10:35 ID:GycAXuE7
(´-`).。oO(とりあえず耳の先っちょはとんがっててほしい)

24 :ハインフェッツ:2008/04/05(土) 23:49:20 ID:uLyHe1Go
頭の先っちょがとんがってるコメディーは、あれは何と言ったっけな…?

25 :オーバーテクナナシー:2008/04/06(日) 02:50:55 ID:sfFUmL+C
\(^O^)/人類オワタ

26 :オーバーテクナナシー:2008/04/06(日) 10:13:47 ID:rlFnIr6p
ビール大好きウンモ星人

27 :オーバーテクナナシー:2008/04/06(日) 13:58:10 ID:k44K3Lj+
(((((( (王)

28 :オーバーテクナナシー:2008/04/06(日) 17:18:08 ID:4HT3irs+
今さら人類の造物主宇宙人に降臨されても困るなぁ。
おまえらの神である俺様が来ましたよとかいってさ。
その日から人類すべて家畜人ヤプー扱い。

人類もどこか別の星に原始部族の宇宙人をみつけたら同じ事しかねないが。

29 :オーバーテクナナシー:2008/04/06(日) 23:00:11 ID:SZ/0pfl1
SFの主題の中で、地球外生命体が、人類を生命と認識しなかった話がある。
そもそも生命とは何か、
そっから議論しないと、宇宙生命体など語れないな

30 :オーバーテクナナシー:2008/04/07(月) 07:15:19 ID:FZlXrpEx
共通したものは無いだろうから、それぞれの生命観・宇宙人観で話せば良いかと。

31 :オーバーテクナナシー:2008/04/08(火) 20:38:47 ID:nqWn3fI0
タイタンでヒトデや貝や魚みたいなのが見つかっても人類より進化したとは認められないだろう。
複雑な道具を使うとか、人語のような高度な言語を使うとか、それなりに人間と共通点が必要。
遠くかけはなれた生命体もいるだろうけど、そういうのはこのスレ向きじゃない。

32 :オーバーテクナナシー:2008/04/08(火) 23:52:46 ID:A+KNWjQr
まず第一に彼らの意思疎通の方法はテレパシーである。
体験の共有と言ってもいい。
つまり個人の経験値を分けることができ大変便利。
次に身体能力だがこれも極端に高い。
彼らは頭がいいので決して機械文明に頼らない。
そして学問。数学、科学、物理のような分野はもちろん凄まじく高度。
しかし宇宙の実相を量り得るには力不足なのでそれらに加えて
テレパシーが使える彼ら独特の文字を用いない学問が存在。
これにより宇宙の真実、目的、生物の意義を認知し、そしてそれが
彼らの目的でもありただその目的の遂行のためにひたむきに生きている。
彼らが人類と遭遇しても決して侵略などはしない、というよりそのような
野蛮な行為で自身の品位を落とすような愚挙を考える事も出来ない。
かといって人類に対してテクノロジーの提供も行わない。
なぜなら今の人類の精神の発達度合では自滅するのがオチであり
そもそも他への干渉を行えるほど彼らは自己が偉いなどとは考えず
常に発展途上であるという謙虚さを持っている。
彼らから見た人類は別に劣等ではない。彼らにも野蛮な戦いの時代は
あったのだ。つまり人類を否定するならばそれはそれらを育んだ宇宙を
否定する事になり彼らを否定する事になる。それは彼らの愛すべき宇宙に
大して不敬になりどれだけ人類が愚かに見えても決して心にも見下した
感情など抱かない。そして彼らの日課は感謝の正拳突き1自転3万回である。




33 :オーバーテクナナシー:2008/04/09(水) 11:38:47 ID:KJquzKKh
そもそも「生命体」などというもの自体、人間が作り出した概念。
実態の無い思念の塊かもしれないし、宇宙自体が何かの生物の一部かもしれない。
宇宙を一つの生命体と考えるのなら地球は一つの細胞。
人間はその細胞のなかに無数に存在する物質の一つに過ぎないのかもしれない。

まあ細胞一つ潰れたところで大した問題じゃないんだから、下らないこと考えてないで早く死ね。

34 :オーバーテクナナシー:2008/04/09(水) 13:01:34 ID:cGpV5daU
>>33が末期癌を宣告されたのはそれから約一年後のことだった。
彼はおいおい泣きくずれた。

「宇宙を一つの生命体と考えるのなら地球は一つの細胞。
人間はその細胞のなかに無数に存在する物質の一つに過ぎないのかもしれない。
まあ細胞一つ潰れたところで大した問題じゃないんだから」

友人は彼になぐさめるようにそういった。

35 :オーバーテクナナシー:2008/04/09(水) 20:39:13 ID:jx+mQePV
ええ話や。

36 :オーバーテクナナシー:2008/04/10(木) 11:16:44 ID:4URQo9BI
>>32とは対極的に、ひたすら機械文明やサイボーグ化を極めていくのもあるかもな。
脳内にコンピュータ内蔵したり。それってボーグか。

37 :ハインフェッツ:2008/04/11(金) 00:43:55 ID:0r8vKg4T
>>36
サイバーマンになるのはイヤ
サイバーマンになるのはイヤ…

38 :オーバーテクナナシー:2008/04/11(金) 00:54:04 ID:gGyBn8cT
そういや改造人間になるヒーローはみんな暗い不幸や悲しみを背負ってるよなぁ。
仮面ライダーとか009とかキャシャーンとか。
改造されてよかったねという話はあまりない。

39 :オーバーテクナナシー:2008/04/11(金) 00:54:48 ID:b4Cj6TzI
ボーグでも経験を共有してる

40 :オーバーテクナナシー:2008/04/11(金) 00:57:27 ID:cmsTnnfY
延命の為に技術があるなら、人間は使いだろ。
後半世紀もすれば、サイボーグだらけの世界。

現在の延命治療だって、その一歩手前まで来てるだろ。

41 :オーバーテクナナシー:2008/04/12(土) 11:59:48 ID:uOymmhk9
機械仕掛けでいくら計算や記憶能力や体力をアップさせても、
空気読んだり、リーダーシップを発揮したり
芸術を生み出したりする知的活動とはあんまり関係ないから、
能力の進化という意味では些末なことにすぎないような気もするな。

テレパシーも通信機能にすぎなかったりする。
2ちゃんのような会話しかしてないなら、なんかなぁて感じ。

42 :オーバーテクナナシー:2008/04/12(土) 14:31:02 ID:OMhEy4zw
ガミラス星人


43 :オーバーテクナナシー:2008/04/12(土) 14:41:45 ID:uOymmhk9
ガミラス星人は今の人類とまったく同じメンタリティだから、
こんなのとコンタクトが起きたら戦争にもなりかねないのと、
そのときは人間相手に戦うのと変わりないよな。

ガミラス同様、地球にも寿命が来たとき、それまで人類がのこっていて、
そのときガミラス程度の文化水準なら、いったいおまえらは
それまでなにをやってたんだといわないと。
百年前からほとんど進歩しないアフリカの原住民と大差なかったことになる。

44 :オーバーテクナナシー:2008/04/12(土) 20:53:28 ID:LCS9Jq3G
発見されてないからまだ分からん
でもこの広い宇宙だ。
生物が存在する星、文明を持った生物がいる星は100%どこかにあるだろうね
この地球も生物がいる星の一つに過ぎない

45 :オーバーテクナナシー:2008/04/12(土) 23:27:18 ID:8Ce1rnCT
亀田の次男が俺のパンチは宇宙一って言ってたからいないと思う。

46 :ハインフェッツ:2008/04/13(日) 09:52:53 ID:xd4FFLin
>>43
大きい恒星はエネルギー放出量が大きい分早く老化するんで、
知的生命体が発生して文明ができる頃には
「やべぇ、太陽爆発する!」ってな状況になっているという説もある。
硫酸溶岩で浸食されて穴ぼこだらけになった地下も今の金星とか考えれば
別に「年老いた惑星」とも思えないし…

…まあ、ヤマトの時期に
「他所の恒星系にスペースコロニーを置く」
という着想が無かったのは仕方が無い。

だけど小官、個人的には猛スピードで自転しているというバラン星が
楕円形じゃない事の方が気になる。

47 :オーバーテクナナシー:2008/04/13(日) 11:44:25 ID:ZgkCgLyq
人類には二つの未来が想定できる。

(1)このまま宇宙でひとりぼっちの未来。
(2)よその星あるいはテレパシーでもいいが別種の生命体とコンタクトが発生する未来。

問題は(2)のほうで、どんなやつが考えられるかだな。
ガミラス/デスラーのような種族。これは人類と対等。ある意味、人間の仲間。

「トップを狙え」に出てきた敵の宇宙生命体は、宇宙的猛獣で、人類からみれば捕食者だが、
これは強い動物を相手にしてるのと変わらない。
遭遇はできてもコンタクトが成立するような相手じゃない。

「幼年期の終わり」に出てきた種族はちょっと変わってる。
人類が宇宙的スケールで新しい別種の生命体に生まれ変わるのを助ける産婆。
降臨すると来るべき日まできちんと管理されるが、それは必然と善意に基づいている。
それから新人類が誕生するのは旧人類終焉のとき。

宇宙産婆の種族はテクノロジーは極限まで発達してるが、人類がもっている変容の可能性を持たない。
彼らにしてみれば人類はとてもうらやましい種族。
人類は恒星をも支配する力をもつ、超人類になる可能性を内在してる種族だが、
今の人類と産婆とでは力では圧倒的に産婆が上。
だが、変容を遂げると人類はもう別次元の存在になる。

ほかどんなのがいたっけ。

48 :オーバーテクナナシー:2008/04/13(日) 12:25:43 ID:UWGBL9ci
┌───────┐
│M O R I (笑) │
│や ま だ (笑) │
│ま た │
│逃 亡 か (笑) │
└∩───∩──┘
 ┐(。´д`。)┌


49 :オーバーテクナナシー:2008/04/13(日) 12:27:33 ID:UWGBL9ci
┌───────┐
│M O R I (笑) │
│や ま だ (笑) │
│ま た │
│逃 亡 か (笑) │
└∩───∩──┘
 ┐(。´д`。)┌


50 :オーバーテクナナシー:2008/04/14(月) 00:14:33 ID:2pfYO8q+
戦闘妖精雪風では「一応」コミュニケーション可能だったが。
この辺整理してみると面白そうやね。

51 :オーバーテクナナシー:2008/04/14(月) 04:49:27 ID:3RWtPpEP
>>50
Wikiとオフィシャルサイト?みただけなんでよくわからんのだけど、
未知の異形の敵というだけだと、人類と対等系、もしくは宇宙猛獣系のどっちかになるんじゃね?
ジャムの人類に対する位置づけ情報が知りたいところ。

52 :オーバーテクナナシー:2008/04/14(月) 05:07:31 ID:3RWtPpEP
ちょっとまとめてみた

人類と対等系
   メンタリティが人類と大差ない種族。
   ガミラスもそうだしスターウォーズやスタートレックに出てくる異形の宇宙人たちもだいたいはこれ。

宇宙猛獣系
   動物的な行動原理。
   恐竜の時代に人類がいたら食われる側だったというのを宇宙スケールでやってるだけ。

保護者系
   宇宙産婆みたいに人類を保護し、しかるべき進化コースに導く役割。

飼育者系
   人類を管理・飼育して育ったものを食べて暮らしているとか、人類を実験で飼育してる種族。


一番怖そうなのは飼育者系。w

53 :オーバーテクナナシー:2008/04/14(月) 17:23:17 ID:oJUNXWqG
飼育の関係が成立するのは飼育側に圧倒的な優位性があるなぁ。
人と家畜の差をみればあきらかなように。
黒人奴隷も最初は家畜扱いだったが、人間と同じ生き物だったので
その差はどんどん狭まり、ついには成立しなくなった。

しかし豚や羊や牛だとそういう事態にはならない。
飼育者の種族と人類が、それと同じくらい隔たっている場合はかなりやばい。
ただし人類という種としては宇宙の自然界に放置されているより、長く存続できる可能性は高い。
いくらかの自由は失われるが。

54 :オーバーテクナナシー:2008/04/14(月) 21:34:02 ID:vSrueaMG
スレタイはまともになったけど、本文にも宇宙人って単語を使わないほうがいい。

55 :オーバーテクナナシー:2008/04/14(月) 23:57:45 ID:2pfYO8q+
>>51
んー、宇宙怪獣はお互い完全な殲滅戦しか考えてないけど、
ジャムは多少なりともコミュニケーションと共存の余地を持ってる分違うと思うがな。

トップは『完全に異質な者どうし、コミュニケーションは不可能だ』って前提から始まる話だが、
雪風は『完全に異質な者どうしのコミュニケーションはどんなものか?』ってのが一つのテーマなんで。

ジャムの目的については正直よく分からない。
ジャムから見ても人間は今ひとつ分からないようだが。

>>52
人類に全く興味の無い連中もいるね。
ラーマ人(初代)とか。

56 :オーバーテクナナシー:2008/04/15(火) 00:40:07 ID:fc3zk69e
>>55
ジャム

今のところだと次号を待てという感じかな。
コミュニケーションが成立したら、そこから関係性も決まってくるのかも。

ラーマ人

まったく興味がないのは、猛獣系というか動物系に分類してよさそうな気もする。
変な動物をみつけたが、それはすぐに逃げていったようなもの。
ペットになるような動物を除いて、ほとんどの動物は人間とは没交渉。

57 :オーバーテクナナシー:2008/04/15(火) 00:47:01 ID:fc3zk69e
マトリックスの造物主は飼育者系。
食べてはいないけど、まぁ食べてるようなもの。
そのエネルギーで機械帝国を広げていくわけだけど、
ほとんどの人間には飼われていることすら分からないから非常にたちがわるい。
飼われているほうが快適だったりもするけど。w

58 :オーバーテクナナシー:2008/04/15(火) 02:41:51 ID:2ef/oULH
どの様な形態でも、「〜サピエンス」で有る事は間違いないと思う。
ならば脳の働きを活発にするためには恒温動物の可能性が高いと思う。
しかし世の中には植物とお話が出来ると言い張る人も居るからねえ(笑)

59 :オーバーテクナナシー:2008/04/15(火) 18:29:41 ID:zHVabBn/
ただの宇宙植物ならこのスレ的にはすれ違いだろうけど、
電波で話しかけてくる宇宙樹木とか。w
ラジオをつけると宇宙樹木や宇宙サボテンの話し声がきこえる。w

とはいっても木が話す石も話すとかいうのはちょっと無理があるな。
害虫に襲われたとき、においをだして他の仲間の植物に教える植物があると、
最近の研究報告であったけど、そういう植物的ランゲージはあるかもしれないが、
人間と同じような言語や思考活動が必要とは思えないので。

人間が木や石になるならそれは、全身麻痺で意識だけ正常というような悲惨な状態。
もはや考えることをやめたくなるはず。

60 :オーバーテクナナシー:2008/04/15(火) 18:43:42 ID:zHVabBn/
エバンゲリオンの使徒は宇宙猛獣系かなぁ。
中には違うようなのもいたけど。

61 :オーバーテクナナシー:2008/04/15(火) 21:38:25 ID:xxcn4ype
ガイバーにおける降臨者みたいなのとか。

62 :オーバーテクナナシー:2008/04/15(火) 21:46:06 ID:2ef/oULH
>>60
あの虚数空間や、環(ワッカ)は生物といえるのかしら?(笑)


63 :オーバーテクナナシー:2008/04/16(水) 01:27:17 ID:c5SCuNaB
>>61
降臨者は飼育者系かな

>>62
生物について人類は地球にいるやつしか知らないわけだが、
未知のものが出てきたら書き換えられていく概念だろうな。

体の隅から隅まで機械や電子部品でできていても、
ドラえもんの台風のふう子みたいな空気の渦のような存在でも、
そいつらが非常に人間に近いふるまいや知性や感情をもっていたりすると
それなりの対応が必要になるというかせざるをえなくなるよね。
そんときは生物や生命の定義も一面的な定義にすぎなくなる。

64 :オーバーテクナナシー:2008/04/16(水) 17:07:52 ID:exdsny+M
こんなのもいるかも
ttp://img27.gazo-ch.net/bbs/27/img/200803/23163.gif

65 :オーバーテクナナシー:2008/04/17(木) 00:51:06 ID:AotTPxkZ
>>64
映画?

66 :オーバーテクナナシー:2008/04/17(木) 18:28:02 ID:EBGCiJ0d
MIBみたいに地球人にまじってくらしているのが一番ありそう

67 :オーバーテクナナシー:2008/04/18(金) 09:05:48 ID:Bl18wr1M
最近はCMにも人間型宇宙人が活躍してるよね

68 :オーバーテクナナシー:2008/04/18(金) 09:09:47 ID:R/L/wRLM
人類を遥かに越えた存在とは、時空連続体にきまってます。
神すら超える領域だろ

69 :オーバーテクナナシー:2008/04/18(金) 21:23:39 ID:rfQ9pLLh
聖書にあるとおり、昔いまし今いましやがて来るべき者というのが神の概念にあるので、
神は時間軸にすべてに浸透して存在していると考えられ、超えてはいないかもね。

70 :オーバーテクナナシー:2008/04/18(金) 21:34:47 ID:rfQ9pLLh
人間がもつ不完全性をみて、そこから完全な人間(アダムカドモン)のモデルが推測できるから、
より高度に進化した生命体とは、より完全な人間像に到達した存在といえるかもしれない。
となるとグルジェフに行きつくわけだが。

人間とはまったく別枠の存在もありうるが、そういうのって人間と接点が無いわけよ。
石を指してこれが高次生命体ですといわれても、「はぁ?」となるように、かけはなれたものになる。

71 :オーバーテクナナシー:2008/04/20(日) 11:46:35 ID:KpFtb08L
人類より高度に進化した生物は、ゴキブリみたいなやつかもしれない。
ある種の知能は人間より劣るが、繁殖力と適応力が非常に高い。
また、図体もコンパクトなので機敏で必要最低限のエネルギーで駆動出来る。

72 :オーバーテクナナシー:2008/04/20(日) 15:50:32 ID:WnZrof0r
繁殖力や適応力で進化を計ると雑草とか細菌のほうが上になるし、
ネズミだって人類より上ってことになりそう。

ペットの犬猫は人間にエサを貢がせているから、人間より進化してるとも。

73 :オーバーテクナナシー:2008/04/23(水) 06:50:13 ID:uCkGbRnj
そういや猫は飼い主のことを家来や下僕のように見ているらしいね。
猫の価値観では人間は猫より下。

74 :オーバーテクナナシー:2008/04/23(水) 13:33:00 ID:QeFGHJsr
その割にはうちのヌコはゴロゴロ言いながら擦り寄ってくるわけだが
あいつら俺を利用してたのか。

75 :オーバーテクナナシー:2008/04/23(水) 13:59:36 ID:j0At+ORu
>>70

宇宙空間のプラズマの雲を指して、
「これが高次元生命体です」
というパターンもありかと・・・

76 :オーバーテクナナシー:2008/04/23(水) 16:31:58 ID:6b5uVwXD
草を知的生命体としたくはない俺は
「結果的に意思疎通が可能な地球外生物」としておく。

多分、魔法使いだろうな

77 :オーバーテクナナシー:2008/04/23(水) 19:24:14 ID:NK0wgGvY
人間より並はずれた注意力や思考力をもっている存在とつきあったりする。
そして見かけは人間と区別がつかなかったとする。

するとまるでそいつは透視能力でももっているかのように自分の心を見透かされてしまうかも。
本人が気づいていない微妙な癖や話している言葉などから、心理ぜんぶ読まれてしまう。
心にしまって隠しているつもりのことも、ぐるっとまるっとお見通し。
またそいつをだますこともまず不可能でぜんぶ見破られてしまう。
小さな子供が大人をだますのが難しいのと同じ理屈なんだが、
相手の頭がよすぎて、どんな人間もだますことができない。

さらにそういう連中は並はずれた演技者でもあり、悪意も善意も本心を素直に表現しない。
どんな俳優もかなわない、完璧に演技した人格で人と接する。
人間よりはるかに知能が優れているから、人間相手の商売ではぼろもうけできる。
人々の心を掌握し、優秀な人材を集め指揮をとり熱狂させ、無敵の企業や軍隊を作り上げる。

しかし神に祭り上げられたりする馬鹿なまねはしない。
愚かしさまで演技で作り上げ、計算の範囲内でわざと失敗もする。

魔法使いかも。

78 :オーバーテクナナシー:2008/04/24(木) 00:45:37 ID:+LabbGOF
>>75
有りじゃないの。
映画の「禁断の惑星」ではそんな怪物が出てきた。
あれは異星人が残した機械を経由して、人間が作りだしたものだったが。

79 :オーバーテクナナシー:2008/04/24(木) 00:51:14 ID:+LabbGOF
>>74
可愛さや萌えを武器に獲物をゲットする進化戦略w
ヌコは自分が可愛く思われてることを自覚してるような・・・

80 :オーバーテクナナシー:2008/04/24(木) 01:13:32 ID:fMgJoh8s
50万年前、この銀河に一大星間文明が栄えた。
そこでは遺伝子工学が発達し、男は男、女は女だけで子孫を残せるようになり、やがて男と女に分かれて戦争を始めた。
その時に人間の遺伝子を操作して、戦う事しか知らない巨人たちを造った。
しかし巨人たちの戦闘が激しくなり過ぎた為、その戦いに巻き込まれて彼等は滅んだ。
その後、巨人たちは何の為に戦っているのかえ知らずに、50万年もの長きに渡り戦闘を繰り返していた。


81 :オーバーテクナナシー:2008/04/24(木) 01:39:19 ID:fMgJoh8s
究極の宇宙生命体と言ったらフリーザでしょ。

82 :オーバーテクナナシー:2008/04/24(木) 03:39:33 ID:v2DUlUJr
地球外の生命体は、もっと身近にあるはず

つまり、宇宙の生命体=人智の及ばない世界に確かに存在している

それは、死んだじいちゃんやばあちゃんが住んでいる世界

そう極楽浄土だ

極楽浄土に科学的にアプローチできるようになり、科学分野として確立された時

始めて、人類は極楽浄土こそが究極の宇宙生命体と知るのだ。。。なーーーんちってぇぇぇ


83 :オーバーテクナナシー:2008/04/24(木) 03:45:10 ID:v2DUlUJr
補足

そうすれば、涅槃留学や涅槃系企業、秋美食の涅槃贅沢ツアーなど
涅槃が一代ブームとなる。
エリートは、こぞって灘中→灘高→涅槃大学へと進学する。

84 :オーバーテクナナシー:2008/04/24(木) 07:44:54 ID:PoG7VBka
>>73
それはしつけがなってない飼い主の猫。

85 :オーバーテクナナシー:2008/04/24(木) 07:54:10 ID:ax/a00iX
>>82
いわゆる霊界と呼ばれてるいる世界が実在してそこに行き来できるようになったとしても、
情報しか持ち帰れない点が要注意な。

その世界のじいちゃんやばあちゃんの髪の毛一本持ち帰ることができない。
霊界の食い物とこの世の食い物は同じ形をしているかもしれないが、
霊界農場でつくられた食べ物をこの世に輸出もできないし逆もまた同じ。
見ることはできてもさわれない。
いや霊界に意識だけで行ってさわることはできても、物質体でさわることができないし、
霊界からこの世の物質をさわることもできない。
まるで映画の中のような世界だな。鏡の中の世界とも。

86 :オーバーテクナナシー:2008/04/24(木) 07:58:45 ID:ax/a00iX
>>84
しつけ次第ということなら猫と人間の進化レベルはほとんど同じかもね
ぼんやりしてると猫に給仕係として躾けられてしまうw

87 :オーバーテクナナシー:2008/04/24(木) 08:12:02 ID:ax/a00iX
>>82
補足

極楽浄土が宇宙生命体と知るというのは、惑星ソラリスという映画がそれに近いかもね。
ソラリスのそばで暮らしていると死んだはずの嫁さんが蘇ってきたりする。
ソラリスの海は人の思念を読み取って亡き人を再生する。
再生された人は生前のその人と同じように振る舞う。
ただし再生された人を地球に連れ帰ろうとしても不可能で途中で消えてしまう。
はたしてそれは本人なのか、そもそも本人とはなにかというような問題提起をする。
知性をもったソラリスの海というのが、極楽浄土知性体というかね。

原作はだいぶ違う話みたいなんだが、俺は読んでないんだわ。

88 :ハインフェッツ:2008/04/24(木) 09:00:26 ID:uvv6KVin
ソラリスの原作読んだ事ある。
再生された死者は中間子かなにかでできたパチもんで、再生された主人公の妻は
その事を知って液体酸素をがぶ飲みして自殺を図るが、数分で元通りになってしまう。
ところが、主人公の同僚が中間子に作用する機械を作ったところ、閃光と共に消えてしまう。
あと、映画には出てこない要素として、ソラリスの海には度々何かの結晶体でできた
島が出来て、数時間で消えるという現象があって、その現象の研究がソラリスの海というものの
本質に迫るための方法論として一大分野になってたりする。

そりゃそうと、昨日夢に見て思い出したが、昔「ノーケズリ」って子供向けのSFを読んだ事がある。
侵略した惑星の住民を奴隷化するためにロボトミーしちまう輩の話。

89 :オーバーテクナナシー:2008/04/24(木) 10:57:29 ID:ax/a00iX
>>88
脳削り?

ロボトミー手術はググルととても悲惨ね
医者の家族も殺されているし殺されても当然におもえる

90 :マキャベリスト:2008/04/27(日) 02:38:37 ID:jhRBXlM7
現在でも性犯罪者に対して去勢手術を行う刑罰を科す国が有ったと思う。
ソラリスがでたら、チーラも忘れないでね。
個人的には、吉田戦車の火星田マチコが好き。理解しずらい思考パターン
が宇宙人らしい。

91 :ハインフェッツ:2008/04/28(月) 10:56:15 ID:vLx23JR5
吉田漫画の火星人って大体があんな感じでモノを考えてなかったか?
「火星ルンバ」とか火星人どころか地球人まで変態みたいなやつばっかり…

92 :オーバーテクナナシー:2008/04/28(月) 14:22:39 ID:hcPSxyRZ
吉田戦車の火星田マチコも読んだんだがあまり内容おぼえてないや。

93 :オーバーテクノロジー:2008/04/28(月) 18:05:02 ID:lRcoPL5M
てかオレ(もしくはオレを含めた数人)以外の地球人はみんな地球外知的生命体で
今、自分たちの生活環境にオレ(たち)がどれぐらい適応できるか調査してるんだよね?

94 :オーバーテクナナシー:2008/04/28(月) 18:31:05 ID:dqX8sUTT
適当な速さ(進化のスピードより遅い)で惑星の環境が変化や悪化することで、
進化が加速されるのかもしれない。
進化と絶滅が程よい割合でタイミング良く起こる状態。
宇宙に大量移住できるようになるか、惑星の環境を完全にコントロールできる技術を開発する前に、
環境悪化すると絶滅するかもね。破壊力の大きい兵器を開発した場合も。


95 :オーバーテクナナシー:2008/04/28(月) 21:51:12 ID:bLRsTRqF
今の文明が消えることはあっても種としての絶滅は可能性は低い。
残ったものは今の種から枝分かれしていくかもしれないが、その後、数を増やしていくなら
絶滅ではなく変容を遂げたといえる。
その変容も今の価値観からいえば退化にみえるものもあるだろうけど。

96 :オーバーテクナナシー:2008/06/07(土) 20:22:13 ID:ofaG5l0Y
志〜高度に発達したドーソン・オランウータン文明を必ず超える。超えた後、高度に発達した宇宙人の文明を必ず超える。

97 :オーバーテクナナシー:2008/06/22(日) 12:17:06 ID:Rth8QsHZ
太陽系外惑星が次々みつかってるが、まったく未知の物質でできた惑星は聞いた事がない。
よその星も人類が知っている諸元素で構成されているらしい。

生命の肉体はその太陽系の物質で構成されているのだから、
宇宙人・宇宙生命体がいてもその惑星体は地球のそれと大差ないかもな。
おそらく思考ロジックや精神も。

98 :オーバーテクナナシー:2008/06/28(土) 01:28:51 ID:Mvf/829s
>>97
え〜
それじゃつまんな〜い


99 :オーバーテクナナシー:2008/06/30(月) 04:42:07 ID:SiP6eSbK
>>52のリストにもう一つ加えることができそうなのは「神系」。
人間の精神に寄生して人類に宗教をもたらす。

100 :オーバーテクナナシー:2008/08/17(日) 18:50:55 ID:MaVHrxLE
>>85
霊界の本を読んで来いよ

101 :オーバーテクナナシー:2008/08/17(日) 23:04:06 ID:Vil1ig3X
高度に進化したのは石だよ。あれは実は生命体で石同士で会話している。
しかも何十億年という寿命の長さ。

102 :オーバーテクナナシー:2008/08/18(月) 03:38:37 ID:+f5MbmxT
他の惑星の環境は大体我々の想像を凌駕しているので、
チ的生命体の形態も、想像力を凌駕している可能性が高い。
時間感覚が桁外れに違う、身体の大きさ、構成要素も現在判明している物質以外である可能性が高い。
要するに想像もできない存在。向こうから見たら、人間も想像外の生物。
生物という概念があるかすら怪しい。ようするに何でもあり。

103 :オーバーテクナナシー:2008/08/18(月) 12:49:28 ID:gG63Hoqg
人類より高度に進化した宇宙生命体はどんなやつか?
ずばりこれだよ!

http://ja.rael.org

104 :オーバーテクナナシー:2008/08/18(月) 14:02:29 ID:wC7ze0Yi
>>103
高度に進化すると地球にやってきて宗教ひろめるw

105 :オーバーテクナナシー:2008/08/18(月) 14:06:36 ID:wC7ze0Yi
大勢に知られたい、人気を博したい、という欲求は人間に多々あるが、
ラエルにも同様にあるみたいね。あんまかわんねーのかも。

106 :オーバーテクナナシー:2008/08/19(火) 07:54:54 ID:8/j1RRNx
医療が進化しても人口爆発や逆手にとって細菌兵器ができたりするだろ。
進化しても悩みはつきないし、今の人類よりはるかに悩みは深い。

馬は草食ってれば生きていけるし、蝉は樹木の汁吸ってれば生きていける。
食料確保の悩みはあまり無い。

高度に進化してれば進化してるほど、深くて深刻な悩みに押しつぶされそうになって生きている。
テクロノロジーは高度であるほど強力であるほど、もろ刃の剣で、取り扱いに大きな責任がのしかかる。
どんなにテクノロジーがあっても解決できない問題がかならず発生するように宇宙はできている。
だから進化した種族ほど、高度な宗教を持っている。w

107 :オーバーテクナナシー:2008/08/25(月) 00:47:18 ID:FCeuMNAM
地球みたいなが、人間・動物・植物・細菌を、全て包括した1つの生命体が存在しても
いいと思う。宇宙の中を、自分の意志で泳ぎまわって、他の星の生命エネルギーを
自己の体内に取り込んで成長して行く。
寿命は、約5000億年(人間年齢換算で100歳)。

108 :オーバーテクナナシー:2008/08/25(月) 20:21:04 ID:NfiJFAKi
だけどいざそんな生命に遭遇しても、「人間は自分の意志で〜」とか言って惑星破壊ミサイル打ち込むようなやつらが現れそう。

109 :オーバーテクナナシー:2008/08/27(水) 11:47:19 ID:8p2qogzt
思ったんだけど宇宙人って宇宙人とかの写真(真偽不明)ってめっちゃ年重ねてそうな感じしてるよね。
ワープ技術とかそんなん使わないで寿命を延ばして銀河間移動してるんじゃねーの

110 :オーバーテクナナシー:2008/08/27(水) 12:30:07 ID:YSimI5aV
ワープなしで力業で移動してる可能性のほうが高そやね

ワープはSFというお話の都合上用意されている設定みたいなもん

111 :オーバーテクナナシー:2008/09/01(月) 21:50:08 ID:MCdctQDX
宇宙人はいるだろうが、
この宇宙の物理の法則にそったもので
物理の法則を超えることのできない生物であるから
スーパーマンのような超能力生物はめったにいないだろう。
並行宇宙ではこの現宇宙の物理の法則はまったく通用しない
物質が存在できないものであるから、
その宇宙の世界ではまったく想像もできない
現象が起こってるだろう。
”生き物”という宇宙の現象も現宇宙独特で不思議なもの

112 :オーバーテクナナシー:2008/09/03(水) 20:58:01 ID:vtPkbvCD
精神だけが進化していて、外見は今の人類とかわらない。
というのが一番脅威なんだが、それが現実

113 :オーバーテクナナシー:2008/09/12(金) 15:10:11 ID:4ag+XdXS
>>112

そんな連中が攻めてきたら、人類は戦わずして無条件降伏。
人類には、自分たちより高次元の知性体に絶対服従する習性があるもんね。

114 :オーバーテクナナシー:2008/09/13(土) 15:38:08 ID:5mXYgVY/
今より楽な暮らしとか宇宙の謎を知りたいという欲求から,人類以上の宇宙人は居て欲しいって思いがある反面
居たら居たで,それから先人類が宇宙の表舞台に立てなくなりそうだから人類以上の宇宙人は居て欲しくない
という思いが板ばさみの状態なんだよな

115 :オーバーテクナナシー:2008/09/14(日) 15:56:00 ID:SBH1BalG
表舞台に立てなくなりそうだから居て欲しくない、って
何かいかにも小物っぽい発想でいやだなぁ…
自分より優れた者がいるからこそ自分ももっと上を目指そうと
努力する物なんじゃないのか?

116 :オーバーテクナナシー:2008/09/15(月) 02:27:12 ID:88n552aW
人類の歴史を振り返ると、あんまり気楽な事も言ってられないけどな……(-_-;)

117 :オーバーテクナナシー:2008/09/20(土) 18:01:32 ID:BrFhEUIZ
930 名前:名無しSUN [] :2008/09/20(土) 17:08:33 ID:Q2w1xiNe
初めて,
地球に最も近い「宇宙人」(彼らを宇宙人と呼べるのか疑念もあるが,
地球表面で生まれていない個体は,宇宙人とすべきである。)
の例の本拠地?みたいな場所に向かうとき,
某国使節団の顔ぶれは,宇宙飛行士(軍人)数名に加え,
50代の軍関係の幹部級男性武官や,
緊張の余り顔が真っ青になっている美少女(職業不詳)
政権の中枢の者数名,名だたる物理学者,言語学者,
などで構成された。

相手の科学力は桁違い。怒らせないよう,使節団はまるで,
古代の中国皇帝にひれ伏しに来た小国の派遣団のように
おそるおそる前に進み出た。

931 名前:名無しSUN [] :2008/09/20(土) 17:21:33 ID:aEzEfJf3
「宇宙人」達は、地球人の使節団の度肝を抜いて驚かせようと
考えていた。まず、相手の考えていることや、潜在的な(他人に
知らせていないような)個人の欲望などを、瞬時に読みとれる
(嘘をついても完全に無駄)ということを示した。

武官の顔は青くなったり赤くなったりした。これではまるで、
使節団は、要人の前に引っ張り出された学生たちと変わらなかった。

どうやって他者の思考内容を読みとるのか、脳波を読むのか、
使節団は一人一人、考えていることを皆の前で暴露されていく。

あわてて弁明を試みる者もいたが、「宇宙人」は笑っていた。
会見は「平和裡に」終わった。地球人はもはや臣下であった。

118 :オーバーテクナナシー:2008/11/26(水) 05:41:52 ID:jUSdnG47
>>116
進研模試の偏差値でいうと2ちゃんねるのニュース速報がおよそ45、民放地上波の報道ステーションが約40、
ニュース速報+は35程度の読者を想定しています。

119 :オーバーテクナナシー:2009/02/09(月) 20:48:47 ID:KiiE9ok2
>>113
精神が進化していてもやっぱり他の星を侵略しようとかするんかな?

120 :オーバーテクナナシー:2009/02/09(月) 20:56:55 ID:ToRbhy9F
生命体ではなく知的存在だが、その名前はQ、時空連続体
それは自然の摂理より更に高次な存在である。


121 :オーバーテクナナシー:2009/02/10(火) 03:13:47 ID:g74DiK47
>>119
心が進化していないと進化途中で自滅している可能性が高くなるが
相手を羽ムシ程度にしか認識できない場合は
 相手はムシして住み着いたりするかも。


122 :オーバーテクナナシー:2009/02/10(火) 08:46:23 ID:oE+F1buV
>>121
「精神が進化している」というのはどういうことなんだろう。
例えば、我々は、羽ムシ程度のものにも慈愛を感じる精神の持ち主のほうが、
より高尚な人間だと思うよね。
動物の扱いについても、昔より現代のほうがいろいろ配慮するようになった、
これは「進歩」だと一般的には考えられている。
精神が(知能が、ではなく)進化するというのは、このように、より高尚になることとは違うの?

123 :オーバーテクナナシー:2009/02/10(火) 21:52:45 ID:g74DiK47
どう進化するかは、何をもって進化というかは
多くの可能性があるので
大雑把な考えでいってるだけ。
確かに>>122の様な進化をすれば>>121は成り立たないだろう。

124 :オーバーテクナナシー:2009/02/10(火) 21:58:29 ID:rcKuFZyY
逆に >>122 以外の進化の可能性というのは具体的にどのようなことが考えられるのだろうか。
自分は >>122 のようなところで考えが止まってしまうので、
「そうでない進化」にどうのようなものがありえるのかに興味がある。

125 :オーバーテクナナシー:2009/02/10(火) 22:09:15 ID:DI1totRZ
自分の体に合った星でしか生きられないのでは、いつか滅ぶ
宇宙空間でも生きていける生物
もう、星の侵略とか無関係
宇宙は広いのだから


126 :オーバーテクナナシー:2009/02/10(火) 22:21:07 ID:y8MHYEfF
>>125
広いけど何もないよ。

127 :オーバーテクナナシー:2009/02/10(火) 23:34:31 ID:DI1totRZ
宇宙の成分の5%は普通の物質(原子
95%はダークマター、ダークエネルギーなど(未知
色々あるが、まだ人類が観測できないだけかもしれないよ


128 :オーバーテクナナシー:2009/02/11(水) 00:25:17 ID:z/n3qUqs
>>1
非常に高い霊性を持ち、好戦的な地球人類と交流する事はない。

129 :オーバーテクナナシー:2009/02/11(水) 00:35:42 ID:77J/sBsu
 ∧⊂ヽ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(゚Д゚,,)ノ < レイセェーッ!
 | ⊃|    \_______
 |  |
 ⊂ノ〜
 ∪
 川


  ∧ ∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  (,,゚Д゚)< ・・・って何?
  /  |   \_______
  (,,_/



130 :オーバーテクナナシー:2009/02/11(水) 04:11:18 ID:fVLUlacv
光速を超えた位置から関係を持つなら、物理法則を超えた
何かで結ばれ、関係を持つしかないよな。
それが霊性という奴じゃないの?


131 :オーバーテクナナシー:2009/02/11(水) 04:55:48 ID:Covn0PMg
炙りチャーシューが食べたいよ

132 :オーバーテクナナシー:2009/02/11(水) 09:02:46 ID:77J/sBsu
>>130
タキオンじゃダメなの?

133 :bc:2009/02/11(水) 20:21:49 ID:YHEVcX38
物理的距離に束縛されない存在があるなら、それこそが宇宙の支配者であると思う。

それは科学の上に立脚した、霊的存在なのかもしれない。

134 :オーバーテクナナシー:2009/02/11(水) 20:25:57 ID:N5c6Zbi/
どんなハード上でも自由に移動(移植?)出来るソフトが本体なら。
物理の束縛は多少弱いかも。


135 :オーバーテクナナシー:2009/02/11(水) 22:57:17 ID:fVLUlacv
>>133
時空連続体をしらないのか?

136 :オーバーテクナナシー:2009/02/11(水) 23:09:49 ID:rkAt0jiq
進化は結果論だよ。
どうであれ生き残った生命が優れているといえる。
まあ宇宙自体が滅ぶわけだから人類だろうがゴキブリだろうが全ての存在は滅ぶから優れた生物などいないと言えるが。


137 :オーバーテクナナシー:2009/02/12(木) 14:50:34 ID:aq7wCSvc
他の宇宙に脱出したり宇宙の破滅を防いだりする人類や宇宙人の話はSFでは定番だかな。
現実ではまず無理そうだが。

138 :オーバーテクナナシー:2009/02/12(木) 23:15:30 ID:ignXKPzK
しかし千億の銀河に数百億年の歳月があるんだ。
既にどっかの宇宙人がやってても不思議はないと思うが。

139 :オーバーテクナナシー:2009/02/16(月) 00:29:54 ID:jsFttdiD
現在、コンピーターの進化により、
イドの怪物の類似品が跋扈しだしているような所だが、
少なくともこの段階は過ぎた存在だろう。

140 :オーバーテクナナシー:2009/02/16(月) 03:37:45 ID:zFiZIV9S
そもそも、生命という概念が定義されてない件。

文明よりも生命力だと思う。宇宙で生きられ、何万年とその形態を維持できる。
あるいは変化し続けるが、連続性が保たれる。

人の生命の本質はどこにあると思う?
細胞?個人?それとも大きな枠での人類?

細胞が死んでも、人は生きていける。人が死んでも人類は生きていける。
人類が滅んでも哺乳類は生きていける。

考えようによっては、人類という存在、あるいは哺乳類という存在自体が大きな
生命体という考え方もできるわけだ。

呼吸と細胞を常備していることに限定すれば、究極的に進化すればたぶん
人間と変わらない感じのができると思う。手があって目があって、高度な意思伝達手段を持つ。みたいな。
そしてストレス(淘汰圧)が消え進化が止まる。
からだの大きさぐらいじゃね変わるのは。

141 :オーバーテクナナシー:2009/02/16(月) 04:56:10 ID:9KG/XFbz
コスモゾーンぽいw

142 :オーバーテクナナシー:2009/02/19(木) 02:38:00 ID:lmQ6dO5w
一つの考え方。
近年、太陽系以外にも惑星系が発見され、惑星は珍しい存在ではない事がわかった。
また、固体の岩盤を持つ地球型惑星も発見され、珍しい存在ではない事がわかった。
今後も様々な発見があるだろう。
宇宙は広い。
「生物」が地球だけに存在するものと考えるのは無理があるだろう。
しかし、同時期にお互いを認識できる生物が認識可能な距離に存在しうる可能性は生物の数に対して少ないだろう。
もしも、我々が海の微生物だった時代に地球を軌道上から観察した文明があった場合、我々に気づく可能性は?
実際に気づいた可能性もあるが我々は気づかないだろいし記憶にも記録にも残らないだろう。
恒星の寿命は短すぎるかもしれないし、惑星は更に短すぎる。
そしてその惑星に生物が存在しうる期間も短く、その生物が進化に費やせる時間も短い。

生物、知性と認識可能な存在が発生する/している/していた可能性はあるが、
お互いに、若しくは我々が相手を認識できる期間が重なる可能性はそれより低い。

143 :オーバーテクナナシー:2009/02/19(木) 17:58:37 ID:/NlMng2c
>もしも、我々が海の微生物だった時代に地球を軌道上から観察した文明があった場合、我々に気づく可能性は?
>実際に気づいた可能性もあるが我々は気づかないだろいし記憶にも記録にも残らないだろう。
海があったらそれだけでも最重要観察対象になるだろ。
それを見逃したんだからアホとしか言いようがないな異星人w

144 :オーバーテクナナシー:2009/02/25(水) 12:17:07 ID:Gu27e4xY
>>143それって地球人の価値観じゃね?

145 :オーバーテクナナシー:2009/02/25(水) 13:25:49 ID:dyOUd9MK
>>144
地球人の価値観だろうがなんだろうが生命を見逃したのは事実。
地球人でさえ地球以外の生化学考えてるってのに異星人がもし存在するなら
そんな可能性すら考えつかない馬鹿ってことだな。

146 :オーバーテクナナシー:2009/02/27(金) 01:09:29 ID:Dn39ggxr
>>145
微生物がいる惑星はとてもありふれていて、研究対象の候補にすら上がらないのかも
しれない。

147 :オーバーテクナナシー:2009/02/28(土) 20:27:54 ID:aLfRx56Z
周辺の幾つかの惑星に微生物がいる惑星から来た生命体なら太古の地球には目もくれないだろうなぁ。

148 :オーバーテクナナシー:2009/02/28(土) 21:43:25 ID:4giPtAzw
大昔、宇宙人が地球にやってきて、社会生活を営んでいる高度な生物に対して
慎重に質問を重ねた。
我々は外から来たが、何か助けになることは無いか。たとえば我々は宇宙進出について
技術供与ができる。生息圏を大きく広げることに興味はあるか、などなど。

しかし答えを聞くと、宇宙人はあまりにも浅薄な己の提案を恥じつつ、宇宙へと
帰って行ったそうだ。





「餌は十分にある」

蟻たちの答えはいつもどおり、シンプルだった。

149 :オーバーテクナナシー:2009/03/01(日) 08:30:02 ID:i0UA4E+l
>>147

お前は財布に1万円入っていたら
道ばたに落ちている1万円を見て見ぬ振りをして通りすぎるのかw
俺なら拾うw

150 :オーバーテクナナシー:2009/03/01(日) 08:30:56 ID:i0UA4E+l
>>148
30年前のショートSFですかw

151 :オーバーテクナナシー:2009/03/01(日) 21:41:58 ID:iyamOyO4
>>149
周辺の幾つかの惑星に微生物がいる惑星から来た生命体なら太古の地球には目もくれないだろうなぁ。
っていうなら、財布に100万入っていたら道ばたに落ちてる1円を拾うのか?のほうが妥当じゃない?

152 :オーバーテクナナシー:2009/03/01(日) 22:00:30 ID:51FQOorI
>>151
お前バカだろ。
生物がそんなに簡単に発生すると思ってるのか?
むしろ財布に100万円入っているところに100キロの金塊があるようなものだ。
既知の生物なんかより、未知の生物の価値の方が遙かに高い。

なんで未知の生物がたった1円なのか説明してくれよw
地球上でさえ、未知の生物を探すために何百万円も使うやつがいるというのにw

153 :オーバーテクナナシー:2009/03/01(日) 22:14:11 ID:gktkAT9m
>>151
ものの価値がわからない見事なバカだなw

154 :オーバーテクナナシー:2009/03/04(水) 12:14:34 ID:swHbpj1L
惑星の大気圏の上の方でプカプカ浮遊しながら水素でも呼吸して貰えないもんだろうか

155 :オーバーテクナナシー:2009/03/04(水) 20:35:59 ID:8ykCETi8
>>152
生物がどの程度簡単に発生するものなのか、いまだ人類は知らない。
宇宙では割と普通にあるものなのかもしれない。

156 :オーバーテクナナシー:2009/03/04(水) 21:22:59 ID:n4X7Ak01
>>155
どうしてそう思うんだ?

地球が奇跡の惑星といわれるのは生物がいるからではなく
生物が発生する環境を備えた惑星だからだ。

157 :オーバーテクナナシー:2009/03/04(水) 23:00:35 ID:8ykCETi8
>>155
東工大の井田先生によると、
ある恒星系が、地球タイプの惑星、すなわち、適度な重力で、液体の水と大気を持つ確率は、10%。
宇宙全体の恒星の個数を考えれば、銀河系だけでも膨大な数となる。
もちろん、地球と同じような惑星があったからと言って、
必ず生物が発生するとは限らないかもしれないが、
今の人類はそのような惑星を調べたことがないので、何とも言えない。

さらに、これは地球型の生命のみを考えており、それ以外の生命体の可能性も捨てきれない。

まぁ、宇宙が広すぎてガラガラなのが、問題を困難にしている元凶だがな。

人間は宇宙の1%も知らないと思う。


158 :オーバーテクナナシー:2009/03/05(木) 01:16:25 ID:YaA9TFEm
>>156賢者モードで脳内wiki垂れ流してるようだが。
お前さんの言う(生物)ってのは地球と同じ環境で液体の水の中にのみ発生するもの限定なのか?

>地球が奇跡の惑星といわれるのは生物がいるからではなく
>生物が発生する環境を備えた惑星だからだ。

この環境で発生して自己を認識してる生物が未だ他惑星由来の生物を知らないだけ。
自分達が生きているから、その環境以外では自分達が生きていけないからその環境以外では生物はいないと考えるのはキツい。
蛇足だが、現在宇宙観測で系外惑星は観測できない(つい最近二件だか撮影に成功したらしいが)
基本的に見えているのは星(恒星)だけ。
その光を分析したりしてその系に存在していそうな惑星とその組成を推測しているだけ。
>>156論は昔からあるが、そもそも太陽以外に惑星を持つ恒星が存在しないと言われていた時代、証明された時代がいつなのか調べてみると面白い。
現在観測されている範囲とそこで発見されている岩石型の地盤を持つ惑星、水を持つらしい惑星の数も合わせて。


159 :オーバーテクナナシー:2009/03/05(木) 07:15:53 ID:xvZLvj53
>>158
さすがオカルトマニアw
わからない事は全部自分の都合のいいように考えてしまえる
幸せ脳の持ち主だなw
>宇宙では割と普通にあるものなのかもしれない。
その根拠はなんだよ。ただの思いこみだろ。
その根拠を聞かれて逆切れしているんじゃあまさに
「賢者モード」だろw
>お前さんの言う(生物)ってのは地球と同じ環境で液体の水の中にのみ発生するもの限定なのか?
はい?人類が知る生物が他にあるのか?あるなら教えてくれ。

妄想全開で宇宙は生物であふれているというのは勝手だが
メルヘンで科学を語られてもねえwwww


160 :オーバーテクナナシー:2009/03/05(木) 14:48:19 ID:oRCirIcw
>>159
オカルトって、まじめに研究をしている科学者もいるのに、
オカルトで一蹴ですか。

161 :オーバーテクナナシー:2009/03/05(木) 18:11:18 ID:dvqvLP8G
いや、宇宙生物学は真面目に研究されてはいるが
偉そうに主張出来ることではねーよ。
地球以外の生命形態もいる「かもしれない」。
んなこと誰でもわかってるっつーの。
そう言う奴ほど、生命の本質もわからずにあやふやな希望にすがってる。
科学者の受け売りでもいいから、地球外の生化学で納得できるもの調べて紹介してみろよ。
宇宙人信者はいつも可能性を無限に広げて妄想に浸り込むだけ。

162 :オーバーテクナナシー:2009/03/05(木) 18:15:17 ID:oRCirIcw
>>161
じゃあ逆に、
地球外に生命体がいないと言う根拠は?

163 :オーバーテクナナシー:2009/03/05(木) 18:47:13 ID:GC4RLNku
>>160
研究の方向性がるだろ。
「なぜ人はオカルトにはまるのか」を研究するのは立派な科学だ。
もちろん「空に見られる発光現象」を研究するのも科学だし
「外宇宙の天体を観測する」のも立派な科学だよ。

夜空を見上げてい「宇宙人が来た」
墓場に出かけて「幽霊にあった」
なんていきなりいうのがオカルト。それはどこまで行っても科学とは交わらない。

>地球外に生命体がいないと言う根拠は?
はい?誰かそんなこと言った?

164 :オーバーテクナナシー:2009/03/05(木) 21:25:01 ID:YaA9TFEm
>>163は池沼か消防だな。


165 :オーバーテクナナシー:2009/03/06(金) 13:40:56 ID:AZS1/Unp
生命は偶然には発生しない/するという議論があるけど、
偶然できるなら、もっとね、生命までには達しないけど、奇妙な物体ができてもいいような気がするんだよね。
原始生命もかなり複雑な仕組みをもってて、ゼロから人工的に作るなんて不可能じゃん。
もっと単純な仕組みの機械のようなものなら偶然できてもおかしくない、かもしれない。

石や金属でできた鎖のような物体が地表でのたくってる。
カマボコ板に車輪のついたような物体が地表ではしりまわってる。
円盤に針がついていて、ぐるぐるまわってるとか。
光を点滅させながら、かってにころがっていく石とか。

それは存在していて動いているだけ。補食もしないければ出産もしない。
生命なのかどうかよくわかんないやつ。
そんなのが地表にあふれている惑星。

166 :オーバーテクナナシー:2009/03/06(金) 18:43:39 ID:SKHPuz7M
>>164
その手の負け惜しみはオカルトいたで言ってくれw
お前はメルヘンと科学の区別がついてないw

167 :オーバーテクナナシー:2009/03/06(金) 20:35:32 ID:spOBzspa
>>159
俺は158じゃないけど、

>>宇宙では割と普通にあるものなのかもしれない。
>その根拠はなんだよ。ただの思いこみだろ。

根拠は、上にも書いた井田公式だな。
宇宙には何兆という、地球タイプの惑星があるということだから。

168 :オーバーテクナナシー:2009/03/06(金) 21:25:11 ID:YczDOMJI
>>167
地球型惑星と生物が発生しうる惑星を混同してないか?

169 :オーバーテクナナシー:2009/03/06(金) 23:01:50 ID:5e+BNqUQ
>>165
捕食(エネルギー補給)なしにのたうち回るのは難しいと思う。

170 :オーバーテクナナシー:2009/03/06(金) 23:25:37 ID:R+D39506
>>169
生き物みたいに他の生き物を食べることはないってことじゃね
太陽エネルギーや強電磁場がある惑星で、それをエネルギーにしてうごくとか

171 :167:2009/03/06(金) 23:42:36 ID:spOBzspa
>>168
混同していませんよ。
地球型惑星とはいわゆる岩石惑星のことで、
ここで言う地球タイプの惑星とは、液体の水と大気が存在しうる惑星のことです。

172 :オーバーテクナナシー:2009/03/07(土) 00:57:22 ID:yKTBWv5u
っていうかこの手の問題は宇宙に目を向けるより生命の起源に目を向けた方がいい。

173 :オーバーテクナナシー:2009/03/07(土) 07:47:08 ID:ZeDYtQ2Y
>>171
水と大気があっても生物は発生しないだろ。
少しは生物学を学んだら?
そういう意味で>>172に同意だな。
>根拠は、上にも書いた井田公式だな。
正しいかどうかわからないものを根拠にする事自体が変だと思わないか?

174 :オーバーテクナナシー:2009/03/07(土) 19:54:40 ID:xgKpMB5I
>>165
ウィルスやファージがそれに近い存在だと思う

175 :オーバーテクナナシー:2009/03/07(土) 21:04:17 ID:AzSylIpm
>>174
もっとでかいのキボンヌ

176 :オーバーテクナナシー:2009/03/07(土) 21:05:10 ID:AzSylIpm
それにファージもウィルスも動かないし。

177 :オーバーテクナナシー:2009/03/07(土) 21:47:26 ID:jU0NtYzg
台風とか、氷山とかじゃダメ?
でっかいし、出産も繁殖もしないし、動いてるけど……

178 :オーバーテクナナシー:2009/03/07(土) 21:59:09 ID:AzSylIpm
それは動かされているだけで能動性がないからダメ

179 :オーバーテクナナシー:2009/03/07(土) 22:56:02 ID:8tpJMASB
>>165の想像力って結構すごいと思う。

180 :オーバーテクナナシー:2009/03/08(日) 16:49:25 ID:Bzt7SP+4
偶然生命ができるなら天然のコンピュータができてもおかしくないなw
仕組みはずっと簡単だし
いったいどんな処理をしてるのかわからんけどw
円周率を何億年も計算しつづけているとか

181 :オーバーテクナナシー:2009/03/11(水) 18:45:06 ID:xmYB8ZqV
微生物ならひょっとすると偶然にできそうと根拠なく信じられるのに、
>>165のような機械が偶然できるとは到底信じられない。
偶然できるならできてもおかしくないのに。
ナノマシンの車とか原子レベルで作られた機械がすでにあるけど、
それも偶然にはできそうにない

182 :オーバーテクナナシー:2009/03/11(水) 20:44:01 ID:wHDaz385
>>181
そりゃそうだろ。
マシンはマシンを作るまったく別のマシンが必要。
同時にマシンとマシンを作るマシンができないと
マシンができない。

183 :オーバーテクナナシー:2009/03/12(木) 04:46:34 ID:V0ezENST
>>182
原始の海で偶然アミノ酸ができてそれがかき混ぜられるうちに、
偶然うまいぐあいにくっついて(組み立てられて)生命が生まれましたという話を信じるなら、
生命だってマシーンのようなものさ。物質が組み立てられてできあがってる。
生命のように驚異的なものが偶然できるくらいなら、
生命以下の単純な、なんらかの機械が偶然できてもいいわけだよ。
母なる自然がマシーンを作るマシーンじゃね?

184 :オーバーテクナナシー:2009/03/12(木) 08:43:39 ID:FVP6arQP
何万年とか、何億年という時間スケールって、感覚的にピンとこないよね?
そういう人間の感性からすれば、そういうタイムレンジでおきてる現象が
感覚的に受容できないのは当然だし、逆に言うと、
そういう時間スケールでおきてる現象については、
人間が感覚敵に納得できないからといって、
それだけで妥当性を疑う根拠にはあんまりならないんじゃないかな。


185 :オーバーテクナナシー:2009/03/12(木) 15:54:13 ID:gLYdwIIP
偶然できるとしても、何億年もかけて段階的に組み立てられていくかどうかだよな。
組み立て途中のパーツって、すごく壊れやすいじゃないか。
あまり時間がかかると、組み上がる前から壊れてしまう。
つまり偶然できるなら、それはあっという間にできるのかもしれない。
今この瞬間でも、どこかで突然、作られているかも知れないわけだ。
つまり偶然に時間は必要ないのだ。必要なのは運だけだ。

186 :オーバーテクナナシー:2009/03/12(木) 18:04:16 ID:8avWzrTF
生命の起源って、偶然できたたった一つの個体なのかな?
つまり、すべての生命は一つの個体からできたかどうか。
それとも、同時進行で同じような生命のもととなる物体が化学反応により作られて、
同じプロセスを経て、無数の生命体になったのか。
もし前者なら、生命の誕生はきわめて稀なことであり、
後者なら、一定の化学的条件下では、ある程度の確率で生命が誕生することになると思う。
どっちだろう?
皆さんはどう思います?


187 :オーバーテクナナシー:2009/03/12(木) 19:32:35 ID:NRyQsa6v
どっちもこっちも化学合成で生命ができるところ
だれも見たこともなければ実験でつくられたためしもないわけで。
どちらであってもきわめて稀なことに変わりはないだろうね。
どっちでもないシナリオもありうるだろうし。

188 :オーバーテクナナシー:2009/03/12(木) 19:59:03 ID:FVP6arQP
きわめて稀、といっても、数億年数十億年スパンの出来事だからな。
一年に一回しかチャンスがなくて、起きる確率が十億分の確率の出来事でも、
一回は起きる可能性が十分あるわけだから。


189 :オーバーテクナナシー:2009/03/12(木) 20:22:12 ID:NRyQsa6v
しかし一回も起きないこともあるわけだ。
サイコロを6回ふれば1が出ることはすくなくとも1回はあるだろうと予測したりする。
しかしそれって確実なものとはいえないから。7回や10回目ということもある。
確率なんてそんなもの。

サイコロならね、確実に1の目があることが最初から分かっている。
だから6回ふればとかいえるわけ。
しかし化学的な原始スープの中に生命誕生の要因が潜んでいるかどうかはまだ未知。
サイコロでいうなら、そもそも1の目がないサイコロなのに、1の目があると決めつけて、
確率で考えているという、前提からして間違ってる可能性が残るわけ。

190 :オーバーテクナナシー:2009/03/12(木) 20:33:25 ID:FVP6arQP
それは他の確率の高い仮説についても同様に言えることじゃないの?
>>188
は単に、「稀だからという理由だけでは可能性を排除できない」ということを言っているわけで、
仮にそうだからといって、あんまり関係があるとは思えないが。


191 :オーバーテクナナシー:2009/03/12(木) 20:42:29 ID:NRyQsa6v
>>190
確率っていうけどね、それは比喩表現としての確率だよね。
なにかきちんとした根拠に基づいて計算されたものでもないわけで。
確率が高い仮説というとき、俺はこっちのほうがより信じられる、
リアリティを感じるという以上の意味はない。

長い時間があればというのはただの信仰だと思う。
その意味では、造物主がいてとか、宇宙人がタネをまいた
というのも信仰だけど、根源的なところはなにも分からないというのが実状じゃないの。

192 :オーバーテクナナシー:2009/03/12(木) 21:03:57 ID:FVP6arQP
>>191
>根源的なところはなにも分からないというのが実状じゃないの。
それは当たり前。

>確率が高い仮説というとき、俺はこっちのほうがより信じられる、
>リアリティを感じるという以上の意味はない。
ヒューム的不可知論に立てば、そういう考え方もできる。
というか、むしろそれが正しいと私も思う。
それは、人間のすべての科学的知見についていえること。

でも、その科学的知見に基づく技術で、自動車は走ってるし、
パソコンは動いてるし、こうしてネットで会話もできてる。
電磁気の法則に従って、回路が動く論理的根拠は突き詰めて言えば存在しない、
しかし、エンジニアは電磁気の法則に従って回路を設計する。
いままでそれでうまくやってきたし、これからもうまくいくだろうと信じるからだ、
それを疑いはじめたら、パソコンもネットも作れない。
「それじゃ不便だから」信じるのであって、君のように突き詰めれば、確かに論理的な根拠はない。
「そう思う」の域を出ない。
逆に、それで不便を感じないのであれば、別に信じる必要はないわけだ。

今の議論も同様で、生命の発生について、なんらかの(自動車やパソコンが作れるような不確かだがとりあえず使えている)知見を
持ちたいと思うならば、科学的方法論を信じるしかないし、そのような不確かなものは要らないと思うなら、
>根源的なところはなにも分からないというのが実状じゃないの。
でおしまいにすればいい。

193 :オーバーテクナナシー:2009/03/12(木) 22:11:39 ID:NRyQsa6v
>>192
>>188の話って、科学的方法論とよべるようなものではないから。
ウマイ棒にふりかけてるフレイバーのようなものでさ、科学風テイストってだけの話。

近代の科学技術云々はともかくね、生命誕生の話を科学的にどうこういう話なら、
根源的なところはなにも分からないというのが実状でおしまいかと。

すでに偶然生命が発生する現象が目撃されていて、
そこから確率計算するならって話ならわからないでもないが、
それがないところから確率もちだしてくる話は、科学的なものではなく、
科学風フレーバーがふりかけられたお話(SF)としかみなせないなぁ。俺は。

194 :オーバーテクナナシー:2009/03/12(木) 23:47:53 ID:lbGLrCE9
>>193
>科学的方法論とよべるようなものではないから。
まあ、君の「科学的方法論」の定義に >>188 が合致しないのなら、
別に他の言葉で呼んでもいいよ。

>近代の科学技術云々はともかくね、生命誕生の話を科学的にどうこういう話なら、
>根源的なところはなにも分からないというのが実状でおしまいかと。
もちろん、おしまいだよ。科学とはそういうものだ。

>すでに偶然生命が発生する現象が目撃されていて、
>そこから確率計算するならって話ならわからないでもないが、
>それがないところから確率もちだしてくる話は、科学的なものではなく、
>科学風フレーバーがふりかけられたお話(SF)としかみなせないなぁ。俺は。

何か勘違いしてるな、別に偶然生命が発生する確率なんて計算してないぞ。


195 :オーバーテクナナシー:2009/03/13(金) 00:25:13 ID:QZ3DoFfO
君は>>188が科学的方法論とやらに合致すると思ってるわけか。
奇妙な思考活動してるよね。

> 確率なんて計算してないぞ。

うん、確率っていってみたかっただけなんだろうね。

196 :オーバーテクナナシー:2009/03/13(金) 01:00:27 ID:b2TpcPha
>>195
>君は>>188が科学的方法論とやらに合致すると思ってるわけか。
もちろん、思っていないということは、 >>194 を読めばわかるはずだが。

>うん、確率っていってみたかっただけなんだろうね。
そういうことにしないと、君にとって何か不都合なことがあるの?

というか、この段階で私の発言への批判じゃなくて、
私の発言についての君の妄想に対する批判になってるよ。

君の妄想の中の私の発言の面倒はこれ以上見るつもりは無いので、さようなら。



197 :オーバーテクナナシー:2009/03/13(金) 05:01:30 ID:OpeLUdWK
>>196
> もちろん、思っていないということは、 >>194 を読めばわかるはずだが

いや話の流れ的にはそう思ってるようにも見えるんだがw

> そういうことにしないと、君にとって何か不都合なことがあるの?

ない。そうみえたってことだ。
君がオシャレして人前に出たとする。
しかしそれは君の期待したとおりの効果をもたらさなかったということだ。
さようなら。俺の中の君。
リアルの君なんか俺には知ったことじゃないんだ。

198 :オーバーテクナナシー:2009/03/14(土) 09:02:25 ID:4oavU6z2
地球でも言語が統一できてれば、今の科学力と比較して2〜300年は進んでいるとオモ。
おそらくガンの治療薬も出来てて、人間の平均寿命も倍になってる。
反重力も応用され、タイヤのない自動車が当たり前になってる。道路は存在せず、3次元で走れるんで渋滞も無くなる。


199 :オーバーテクナナシー:2009/03/14(土) 10:49:37 ID:KVnmeE+4
>>198
>反重力
ここ笑うところですか?

200 :オーバーテクナナシー:2009/03/14(土) 12:56:23 ID:MF9e/iiG
ワンの絨毯
パターンジャグラー
とか思い出した

201 :オーバーテクナナシー:2009/03/14(土) 19:35:05 ID:GB1k+nlf
進化しすぎてみんな精神修養に専念していて坊主ばかりとかな。
生死や病や富などにまったく執着しない。
テクノロジー?六千年前に決別しましたとかいわれる。

202 :オーバーテクナナシー:2009/03/17(火) 03:44:11 ID:KH509YQp
決まった形態がないんじゃないかな。宇宙を開発するにはそのほうが都合が良いし。

203 :オーバーテクナナシー:2009/03/19(木) 14:29:58 ID:wMRdugV+
そりゃそうだ

204 :オーバーテクナナシー:2009/03/19(木) 18:38:14 ID:HuAOYctH
アリのように小さくて、知能は人間なみ。
コンパクトな都市を造るので資源を節約できる。

205 :オーバーテクナナシー:2009/03/19(木) 19:00:29 ID:5F2FkMQc
>>204
8分の1計画か。懐かしいな、おいw

206 :オーバーテクナナシー:2009/03/20(金) 13:02:35 ID:c5qnr+zE
銀河単位で広がった宇宙生命体には、資源枯渇の問題などないと思われ。

207 :オーバーテクナナシー:2009/03/20(金) 17:43:57 ID:XQCDm/JY
>>206
現在宇宙の終焉に備えて工作物を作っているらしいです


208 :オーバーテクナナシー:2009/03/20(金) 22:15:19 ID:/FVaTN0X
大いなる種族とやらいう精神体は
各時代に繁栄している種族に乗り移るらしい。

209 :オーバーテクナナシー:2009/03/20(金) 22:56:52 ID:OxhfEm96
総ての挙動の結果を計算しながら生活した結果、あーなすればこーなってとなり
もう動かなくても結果出てるから動かない生活になったり。

210 :オーバーテクナナシー:2009/03/20(金) 23:08:07 ID:/FVaTN0X
全知全能になったのでやることが無い。
暇つぶしに文明文化を消し去って初めからやりなおし。


211 :オーバーテクナナシー:2009/03/20(金) 23:46:24 ID:XQCDm/JY
>>209
そういう構成要素もあるだろうね。でも恒星を移動させている構成要素もあるようだよ。

212 :オーバーテクナナシー:2009/04/01(水) 01:42:04 ID:ZOWmS7/6
人間には地球の生命しか考察の材料がないが、
宇宙人も知性を持っている以上、ある程度制約があると思われる。
・炭素か水素など、何らかの元素で構成されている
・何らかの形でエネルギーを必要とする
・情報を知識として集積し、思考することができる

ただ「人間より遥かに進化した」生命となると
自らの寿命、知識、繁殖、進化などを自分の意思で
完全にコントロールする技術があると見るべきだろう。
姿形なんてどんな風にも作れるからどうでもいい。
永遠に生きて広がっていく機械みたいなイメージがわかりやすいか。
個体と群体との関係が気になるところではあるが。

人間もやがてはそうなる。
絶滅せずにこのまま技術が進歩し続ければいずれ不老不死の時代が来るし、
宇宙に広がるような生命に生身の体はデメリットが多すぎる。
なんでエネルギーの補給にいちいち有機物を食って排泄せにゃならんのか。
歩いて喋って聞くのがいちいち煩わしいし、
数十kgもの体をわざわざ移動させるのもエネルギーの無駄だ。
可能な限り肉体を捨てて知性だけの存在になれば理想的。
まあ、知性が依存する媒体は必要にはなるけれど。

あとは宇宙人の思考だが、これは難しい。
・言語が存在するのか(言語無しで知性が存在できるのか)
・自分や他者など、認識の問題(他者との関わり方について)
・時空と粒子、エネルギーについてのテクノロジーはどうか

というのが問題。
あと地球でもそうだが、生命はただ生きてるだけだから
「目的」や「役割」とか無くても過去から未来に可能な限り流れていく。
宇宙の終焉とか他の宇宙とか次の宇宙とかは知らん。

213 :オーバーテクナナシー:2009/04/05(日) 12:54:36 ID:n9MJwHhF
この宇宙には、「生身で」宇宙空間に進出した生命体はいるのだろうか。
地球では、海から地上へは進出したが、いまだ大気圏外には生身で進出していない。
今後、地球生命でも、そんなことが可能なのだろうか。

214 :オーバーテクナナシー:2009/04/05(日) 18:32:44 ID:13wyGndI
>>213
星野 之宣のマンガでそういうのあったね。
宇宙に自分のタネを飛ばす植物。
タネは宇宙をただよっていって、どこかの惑星で発芽する。
人類より高度に進化してるかどうかは微妙だけど。

215 :オーバーテクナナシー:2009/04/07(火) 17:17:29 ID:GdfiT2+7
>>214
宇宙に分布する生命が生息可能な惑星の存在密度を考えると、
その植物は生命的なエネルギーを相当無駄にしていると思う。

216 :オーバーテクナナシー:2009/04/07(火) 18:57:32 ID:A5sTN1s8
火山の大爆発とかで吹っ飛ばされた微生物が、宇宙を漂って他の惑星に……
という話ならあるけどなぁ。

期待できる速度とか、生命が発生できる惑星の重力とか、
近場にもう一つ気の利いた惑星がある確率とか、

広い宇宙の何処かではそんな事も起こってるのかもしれんね、ってレベルの話か。

217 :オーバーテクナナシー:2009/04/09(木) 15:43:31 ID:boQ1vebd
宇宙に種とばすといっても、ふうせんかずらが種とばすみたいに、
パチンとはじけるような仕組みだと太陽系脱出速度まで加速するのは無理っぽい
そもそも惑星から出られるかどうかも怪しい
近隣惑星に落ちるのだって、わずかな確率だろうし

218 :オーバーテクナナシー:2009/04/10(金) 11:28:40 ID:4ISBJJzL
地球外知的生命も技術文明に到達した種族は進化の過程は人間に似ているだろう。
クジラやゾウは高い知性を持っているといわれるが、技術文明は手が発達した種族
でないと不可能。またクジラのように超音波を視覚のかわりにし、それで詳細な状況を
遠方まで通信できる場合、人間のような面倒な言語は不必要。しかし人間の言語は
不便なかわりに概念が発達し知的認識に到達できた。
手の発達と概念中心の言語、これらは科学技術文明に到達する絶対条件だとおもう。

219 :オーバーテクナナシー:2009/04/10(金) 23:37:47 ID:uyDtQNGy
>>217
宇宙花粉症とか。

220 :オーバーテクナナシー:2009/04/11(土) 00:01:10 ID:QG8mF5v7
放射線に強くないと、すぐ一生分の放射線を浴びてしまう

221 :オーバーテクナナシー:2009/04/11(土) 02:10:04 ID:edr8jF2i
>>219
空気を必要とせずアステロイドなどに根を張って成長できる植物ならそれもありかな
水無し生命ってあんまし想像できない

222 :オーバーテクナナシー:2009/04/11(土) 02:30:45 ID:v8Bg7QKB
冥王星が矮惑星になって
木星・土星・天王星・海王星ってみんなガス惑星じゃん…

分厚い大気の中をズブズブ降りていっても堅いところに着くころには
とんでもない温度かつとんでもない気圧になってるだろうな。
風速ウン百メータの嵐も吹いてそうだし、どの星も硫酸分が多そう。

ま、そのうちに近くまでは行けるだろうが降り立つのは止めとき。

223 :オーバーテクナナシー:2009/04/11(土) 15:15:57 ID:fD6+u3eE
ニュートリノは巨大宇宙生命体の精子だったりしてw

224 :オーバーテクナナシー:2009/04/11(土) 21:31:15 ID:gbG4qVjd
むしろ物理法則自体が生命で、
エネルギーや素粒子や次元は彼らの精子なんじゃね?

225 :オーバーテクナナシー:2009/04/12(日) 01:33:01 ID:KMllZCia
進化した宇宙人からみると、今の物理学もデモクリトスの四元素説のように荒い学説のように見えるはず

226 :オーバーテクナナシー:2009/04/12(日) 18:19:06 ID:Y8i5ClnE
太陽が巨大な卵子で、ある日どこからともなく巨大精子がおしよせてくる。
地球をふくめ惑星はそれに衝突してアボーン。
太陽は巨大宇宙生命の嬰児として成長を始める。
太陽系は女神の子宮の中にあったんだよ。

227 :オーバーテクナナシー:2009/04/13(月) 23:34:14 ID:yU9uXd+h
おまいら落ち着け
種とか精子とか、いかにも生命らしい概念を
そのまま太陽系とか物理法則に当てはめるのは発想が飛躍しすぎだろう

少なくとも、鉱物やガスでできた天体は生物と違って
食物(自分の生命活動を維持する物質)を外部から取り入れたりしないし
物理法則に至っては人間が言語で表現した「概念」だ
そんなものを生命と同質とみなすのは科学ではない

そりゃ「今の科学では解明されていないから、そこのところはわからない」なんて
言い出したらどんなトンデモ理論でもOKになってしまうが、
それだと人類が数千年かけて積み上げてきた知識が無駄になる
発想だけじゃなくてもっと科学的に考えようぜ

228 :オーバーテクナナシー:2009/04/13(月) 23:40:22 ID:e/aERiNZ
>>227
ネタにマジレス…

229 :オーバーテクナナシー:2009/04/14(火) 05:58:06 ID:dQ/5Fc06
>>218
手じゃなくて触手とか無形物でも可能性はあるんじゃない?

230 :オーバーテクナナシー:2009/04/14(火) 18:55:35 ID:314ZJQZp
科学している意識について、科学はまったくといっていいほど無知なままだ。
太陽が、科学でいうところの太陽のように見えるのは意識が勝手にそう理解しているだけの事なんだよ。
太陽が人類より進化した生命や、その生命の卵であったとしても不思議はないんだな。

231 :オーバーテクナナシー:2009/04/14(火) 21:45:25 ID:ITxLcAUl
20XX年、宇宙人現る。しかし外見、性質、
脳の容量まで人間とほぼ同じ。無論超能力も無い
みんな拍子抜けしてガッカリ

232 :オーバーテクナナシー:2009/04/14(火) 23:14:36 ID:NF/ncI61
宇宙が冷め切ることに気づき、巨大ブラックホールをつかって
タイムマシンを作り、時間のなかにネットを張って
時間軸を移動しながら生存し続けるような知的生命体

233 :オーバーテクナナシー:2009/04/15(水) 01:10:25 ID:J1Iil/f1
天体や物理法則さえなんでもかんでも生命現象に結びつけるあたり
人間の発想の限界を感じるな。

234 :オーバーテクナナシー:2009/04/15(水) 01:16:28 ID:229uz+Vf
結びつけなかったら、それはそれで人間の発想の限界ともいえるしねw

235 :オーバーテクナナシー:2009/04/15(水) 18:14:13 ID:yzL9BLZJ
実際のところどうなんだろうね、
宇宙には、地球のように有機物ベースの生命体しかいないのか、
それとも、無機生命体や情報生命体、天体生命体なんかもいるのか。

236 :オーバーテクナナシー:2009/04/15(水) 19:58:50 ID:S9IZbvxd
これが生命だ、これが物質だという区別は、人間が決めていることで、
その線引きは時代とともに変わってきたよね。
太陽や月は大昔は神様で祈りの対象でもあったわけだし。
黒人も昔は家畜で高等な思考をもった人間とはみなされなかったり。

237 :オーバーテクナナシー:2009/04/15(水) 21:51:49 ID:yzL9BLZJ
>>236
代謝をし、自己増殖をするのが生物ではないのか。

238 :オーバーテクナナシー:2009/04/15(水) 22:08:43 ID:S9IZbvxd
>>237
それもそんなに古い概念じゃないと思う。19世紀以降の自然科学の概念じゃないかな。

239 :オーバーテクナナシー:2009/04/19(日) 18:30:58 ID:hv7qQOa9
ほかの惑星にも2ちゃんみたいなのがあって、
異星人が「我々より高度に進化した宇宙生命体はどんなやつか?」
って議論してるかもなw

240 :オーバーテクナナシー:2009/04/19(日) 23:04:43 ID:qyFd7kjN
ところで高度な知性を持った生命体が地球のコンピューターの進んだものを作って
そのコンピューターが知性を持ってその知的生命体が滅亡した後まで
自己思考して自己増殖してるとしたら
これは何にあたるのか。
地球のコンピューターだってそのうちに・・・

241 :オーバーテクナナシー:2009/04/23(木) 02:26:24 ID:iPCbRCUH
コンピュータは機械でプログラムされた通りに動くから、自己増殖しようが、
チェスの対戦プログラムのようにコンピュータ流に「思考」してようが、
ある決められた通りの運動をしている機械にすぎんさ。
そういう機械をもし人間が見たとしたら、「シリコン生命体のようだ!」などというのだろうけど
それは人間から見れば生命体のようにみえたという感情的な話であって、
機械はただ指示通りに動いているにすぎない。

242 :オーバーテクナナシー:2009/04/24(金) 05:40:14 ID:Q7BmoBhX
知性は人間なみでも、眠らなくても良くなった種族がいたらどうかな。
24時間戦える。24時間あそべる。
こういう宇宙人が地球にたくさんいたら、同じ事しててもどんどん引き離される。

243 :オーバーテクナナシー:2009/04/28(火) 00:57:54 ID:fVnQPbx8
睡眠が必要なのははまだ自然界の奴隷である証だよね
寝ている間に高次生命体に食われているんだよ、その日たくわえた記憶を

244 :オーバーテクナナシー:2009/04/28(火) 17:52:08 ID:kChrnkS6
高度に進化した連中からみると、宇宙なんて人間とはぜんぜんちがったようにみてるだろうな。
碁盤の目のような平面にみえるかもしれない。

245 :オーバーテクナナシー:2009/04/29(水) 11:47:15 ID:MNNaq4GY
いないよ
だって認識できないもん(笑)
おまえらバカw

246 :オーバーテクナナシー:2009/04/29(水) 19:15:22 ID:DlwchijX
高度に進化している生命体は、人間を欺くことや、気づかれないようにすることなんか簡単だ。
そんな連中に皆殺しにされても、人間はだれに殺されたかすら気づかない。

247 :オーバーテクナナシー:2009/04/29(水) 22:30:10 ID:zCK0ePMU
>>240
>>241

発明 あるいは 閃きのメカニズムが解明され、それが理論化される。
それをコンピューターに組み込めば、人類以上の発明をする機械が現れる。
その人類以上の発明をする機械はそれ以上の機械を発明し、鼠算的に文明が発達していく。

収穫獲得の法則でググレ。

248 :オーバーテクナナシー:2009/04/29(水) 23:20:06 ID:olUdpU2p
>>247
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&rlz=1T4GGLJ_jaJP271JP271&q=%22%E5%8F%8E%E7%A9%AB%E7%8D%B2%E5%BE%97%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87%22&lr=

> ちなみに、これを厨二用語で『収穫獲得の法則』という。

ふーん(w

249 :オーバーテクナナシー:2009/04/30(木) 01:00:17 ID:WZYtGJab
このスレに興味持ったヤツは
「アイの物語」山本弘 著
おすすめ

250 :オーバーテクナナシー:2009/04/30(木) 08:28:10 ID:PpWUDSIp
豚インフルエンザは、人類の管理者から派遣された使徒だよ
7つの封印の一つが解かれる

251 :オーバーテクナナシー:2009/04/30(木) 15:19:59 ID:ezOajuv7
>>1
ラダム のようなものかと・・・

252 :オーバーテクナナシー:2009/04/30(木) 19:32:58 ID:wvquGzQT
ブッダやキリスト

253 :オーバーテクナナシー:2009/05/01(金) 12:54:44 ID:ht67XR3K
ブッダやキリストみたいな人間ばかりなら戦争なんてしないだろうな。
進化した生命体は戦争しないということか。

254 :オーバーテクナナシー:2009/05/09(土) 19:02:43 ID:qmExty5E
>>253
仏陀もキリストも、あるいはムハンマドも偉かったが、
その弟子たちの中で勘違いした連中は僧兵とかキリスト教過激派とか
イスラム過激派とかやってるからな…。

人類は結局そういう闘争本能のおかげで進歩してきた面もあるし、
そういうことがなかったら宇宙に手が届くまで進歩してなかっただろう。
一方最近は地上のゴタゴタで宇宙開発はおざなりだし、こんなことやってても
宇宙に広く進出する前に自滅してそうだ。

意外と、

宇宙ではいろいろな文明が進歩するけど、例えばキューバ危機のころの地球のように、
文明が宇宙に進出した直後くらいになると自滅してる

のかもな。
せいぜい住んでいる惑星のある惑星系くらいまでが限界とか…。


255 :オーバーテクナナシー:2009/05/10(日) 14:17:21 ID:4/YTVLfl
進化が宇宙に出ていけるような技術を発明することかどうか。
ブッダは諸行無常のこの次元を捨て、ニルバーナという別次元に出ていくことを説いたからな。
彼の教えにはそこに永住している高次存在が示唆されている。
外部と闘争するといった本能がそもそも迷いの元凶だから、よく識別して囚われを捨てよといった。

でも人類すべてがブッダのようにさとりを開いてしまうと、人類の歴史は終わりだろうなぁ。
さとりを開くとみんな自殺しようとするから。おそらく子供も作ろうとはしないだろう。
ブッダが自殺を思いとどまったのは、まださとりをひらいてない人々をさとりに導く仕事をするため。
だからみんなさとりをひらいてしまえばその必要がない。
そんときは人類すべてヘブンズゲートに飛び込んでいく。

256 :オーバーテクナナシー:2009/05/16(土) 20:56:05 ID:Ooh2DLtM
新型インフルエンザは使徒だよ

257 :オーバーテクナナシー:2009/05/16(土) 22:14:01 ID:TauOPBLl
利己的遺伝子では、生命は子孫を数多く残せ、増えよと言うのが
生物の、遺伝子に刷り込まれた、命令だったはず。
人類は宇宙にも、もっと、異次元にさえも、異宇宙(別の宇宙)にも
広がり、生息するはず、形さえ変えて。

258 :オーバーテクナナシー:2009/05/17(日) 09:36:29 ID:XY8jSUma
>>241
自己増殖というコマンドが最優先のプログラムとか不可能かね。
自分でBugFIXやってくれるとか

259 :オーバーテクナナシー:2009/05/20(水) 08:57:29 ID:YDesXSsH
>>258
プログラム云々の前に自己増殖可能なハードウェアが難しいだろう。
オメコ付き自動車みたいなものだろ。
オメコから複製品がでてくるわけだが、中でどうやって複製されるのか。
金属等でできた機械の車体が成長することはないだろうから、
子車は親車と同じサイズで複製されそうだけど。
いったいどうやって?w

260 :オーバーテクナナシー:2009/05/21(木) 02:22:48 ID:6w9qHhlE
ID:4/YTVLfl

261 :オーバーテクナナシー:2009/05/22(金) 08:31:40 ID:sMGUkmot
>>256
そんなにたいしたことはないんとちがうか。
タミフルですぐなおるようだし。

262 :オーバーテクナナシー:2009/05/22(金) 22:07:26 ID:8x77e3K6
高度に進化した宇宙生命体は、高度な人口知能を有するロボットかもしれないな。
ターミネーターのようなのをある惑星の宇宙人が開発し、その後ターミネーターと宇宙人の戦争に発展。
結局その宇宙人は無限の進化を続ける人工知能ロボット群に殲滅され、
ロボットが唯一のその惑星における生命体に成り代わったパターン。
こういうのが出てくると、もしかしたらロボット群はその惑星が存在する太陽系相当エリアを
すでに勢力下に入れている可能性もある。

263 :オーバーテクナナシー:2009/05/23(土) 00:30:15 ID:d4J62lDU
たぶん。意識を発達させた生命は、永遠の意識を手に入れるため意識を電脳化する。
そのため体は不要となり生命としては絶滅する。バーチャル空間に飽きた精神体は、
やがてひとつに統合される。彼は、知的好奇心を満たすため、他に生命のいそうな太陽系全てに向け、
受信機を積んだ準光速船を飛ばす。船が目的地に着く時間に届くよう、自分のコピーの意識データを飛ばす。
目的地の受信機は受け取ったデータから意識を再生する。
探査を行い状況を記憶した意識は自分の意識のコピーを、もとの恒星に送り返す。
統合意識は、送られてくる意識を再生統合しながら、イベントのない時は自分の動作クロックを落とし時を越える。

というわけで、わが太陽系にも彼のコピーが来ている。また彼一人でなく同じように発達した別の彼らも来ている。
それぞれが、好きな人種を作り、競争させ神様ゲームをしているのは知っての通りだ。
昆虫系の進化生命については、また別の機会に・・・

264 :オーバーテクナナシー:2009/05/23(土) 03:26:05 ID:3UNSlKsd
意識とはなんだろう?
電気でできてるんか?

265 :オーバーテクナナシー:2009/05/23(土) 03:41:27 ID:ZBHr+U+t
生命の究極形は植物だ

266 :オーバーテクナナシー:2009/05/24(日) 01:00:37 ID:9QaXDlZa
>>265
植物性の電線でネットワークを組んでいる



267 :オーバーテクナナシー:2009/05/24(日) 16:11:23 ID:8bSD6g3y
>>262
人がロボット(人工知能)に駆逐されるかどうかは、人の記憶を機械に移植できるかどうかにかかっている。
移植できなければ、人工知能vs人間になっても不思議じゃないが、移植できれば機械の思考能力は人類の思考能力と
いうことになるので何の心配もない。

268 :オーバーテクナナシー:2009/05/24(日) 16:40:17 ID:5O9cX3QW
要するに、「自分の形態を自分で決定できる」という点が優越点なのだ。



269 :オーバーテクナナシー:2009/05/25(月) 07:23:34 ID:SIG97qYe
機械の体ができても、車なんかよりはるかに超精密だろうから、
車検よろしく、ひと月に一度くらいのペースで部品交換が必要になるだろう。
永遠の命が可能な機械の体という幻想は、松本爺の洗脳だったんだよ。

270 :オーバーテクナナシー:2009/05/25(月) 10:12:34 ID:tO73QbY+
たぶん精神をマシンに移せる科学があれば、精神の強制アップロード、強制ダウンロードができる。
MSの迷惑OSがまだ残ってたら、ウィルスで人格のっとりがはやるんじゃないのかな。
人類の半数が既にオレになった。みたいな。

271 :オーバーテクナナシー:2009/05/25(月) 11:05:52 ID:8FVgqn6k
>>269
人体の方がずっと超精密だぜ。

272 :オーバーテクナナシー:2009/05/25(月) 14:29:17 ID:LEl2h6XD
機械(人工知能)の最大の弱点は不確定性が無い(少ない)事だろう。
人間個々の知能・運動能力その他の出力には大きな違いがあるし
それによって優越感や劣等感など様々な感情に支配されている。

また未知の物事に対する好奇心が人間文明発展(一部に廃退)の原動力となってきたが
人工知能がこの性能を獲得出来るかどうか。
視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚といった膨大な情報のインプットと同時に自分にとって
必要ではない情報、時として自分に必要な情報さえを大量に消去(忘却)する能力(馬鹿の力)
もまた人工知能には習得の難しい力だな。
全ての情報を貯め続ければどんな大容量記憶装置も早晩パンクする。



273 :オーバーテクナナシー:2009/05/25(月) 16:58:28 ID:0yDVUkNH
>>271
人体は自己修復できるから。
機械の体だと、ちょっと壊れたら、修理屋にいくことになって、めんどうくさいったらありゃしない。

274 :オーバーテクナナシー:2009/05/25(月) 17:32:55 ID:8FVgqn6k
>>273
> 人体は自己修復できるから。
> 機械の体だと、ちょっと壊れたら、修理屋にいくことになって、めんどうくさいったらありゃしない。

機械の体を自己修復できないように留め置いておいていると考える理由はないだろう?

275 :オーバーテクナナシー:2009/05/25(月) 20:57:37 ID:COgrOina
>>274
おまえのいう自己修復できる機械の体は、どんなふうに自己修復するんだ?
時間がたてばいつかできるはずなんてのはやめてね。

276 :オーバーテクナナシー:2009/05/25(月) 22:02:14 ID:VOmo1aBi
ナノマシンが常時保守作業してんじゃね?

277 :オーバーテクナナシー:2009/05/25(月) 22:58:40 ID:8FVgqn6k
>>275
おまえのいう機械の体は、どこにあるんだ?
時間がたてばいつかできるはずなんてのはやめてね。

278 :オーバーテクナナシー:2009/05/26(火) 05:55:33 ID:SuAXMmoi
>>276
ナノマシンは細胞分裂しないから壊れたらそれまで。すぐにこわれちまうな。

>>277
未来技術なんだから仕組みを考えろよw
実在するかしないかは誰も問題にしてない。

279 :オーバーテクナナシー:2009/05/26(火) 10:00:47 ID:G2+2Yskm
>>278
> ナノマシンは細胞分裂しないから壊れたらそれまで。すぐにこわれちまうな。

ナノマシンを分裂/自己修復/自己複製できないように留め置いておいていると考える理由はないだろう?


280 :オーバーテクナナシー:2009/05/26(火) 11:54:36 ID:86l5uNee
進化とはなにか?

281 :オーバーテクナナシー:2009/05/26(火) 11:56:27 ID:86l5uNee
生命と機械の違いはなにか?
生命の知能とコンピュータにより人工知能の違いとは?

282 :オーバーテクナナシー:2009/05/26(火) 12:09:04 ID:G2+2Yskm
>>281
> 生命と機械の違いはなにか?

すでにこの問題では、生命とか機械という言葉を使うのは不適なんだよ。
「あの空を飛んでいる乗物は馬か牛か?」というのとほとんど同じ。

「自律機能系」とか「思考体」とかぎこちない呼び名が考えられているが、
統一した見解は出ていないな。


283 :オーバーテクナナシー:2009/05/26(火) 12:22:04 ID:86l5uNee
メタルで装甲ができてようが、頭が人工知能でできてようが、長生きだろうが、
そいつらがなにをするか、できるかが問題だろうな。
そいつら2ちゃんで会話して、普通に会話できて、アホだなぁとか、おお、ちょっと頭いいとか
その程度の連中なら、人間と大差ないし、すぐに興味を失うだろう。

284 :オーバーテクナナシー:2009/05/26(火) 19:42:22 ID:G2+2Yskm
同時に100万のプランを遂行し、1億年単位で活動する知性体だお。

285 :もうちょっと勉強するべき:2009/05/27(水) 10:35:20 ID:K8CasCKA
>>282
「作られたもの」「生じるもの」この違いだよ。
生じるとは自己組織化という原理で形成されるもので、そこに抽象的な
観念で一致はしても原理の組み合わせからできる仕組は一様ではなく
反証性がないものが自己組織化による生成である。
それは運で決まるデタラメが秩序的に機能するもの。
胚と結晶の違いてものだよ。試験管の中で胚が成長しない理由ぐらい
しらないのか?
機械は作られたもので、誰がやってもその仕組みは明確に存在し、
仕組みを元に忠実に結果を出せる反証性がある。

原理となる素を組み立てる段階で偶然が秩序になるものは
結果が常に一定の形にもならないし、その変形であっても柔軟に環境に
対応できるが、機械的なものは失敗した変形な類はまったく機能しない
そういう違いがあるわけだ。


286 :オーバーテクナナシー:2009/05/27(水) 22:03:19 ID:1rerxRTC
>>285
そういう枠組みはこの問題ではすでに不適なんだよ。



287 :オーバーテクナナシー:2009/05/28(木) 09:10:16 ID:INpIthNs
>>280
自分たちより劣った生命体を、スルーしたり、無関係でいられたり、だましたり、食い物にできるかどうかだ
馬鹿を華麗にスルーできたら、それはそいつのほうが精神的に進化しているということだ

288 :オーバーテクナナシー:2009/06/07(日) 00:15:04 ID:FZIzVJz3
脳みそを連結してレベル上げしてる宇宙人さんがいるに違いない

289 :オーバーテクナナシー:2009/06/07(日) 00:28:49 ID:JuyLzI4N
もし人類が飛来者によって創造されたのなら、飛来者自身に似せて作ったのかね。逆に人類が宇宙に進出すれば同じような事しだすような、、。

290 :オーバーテクナナシー:2009/06/07(日) 00:57:45 ID:kZnS9jRS
人間だけ特別に創造されたとか傲慢すぎ。
進化論で説明出来るものを何でわざわざ異星人が作ったなんて考える?
物事をより複雑にしてどーすんだ。

291 :オーバーテクナナシー:2009/06/07(日) 15:21:54 ID:wjZzZL6/
偶然できるのと宇宙人に創造・撒種されるのと両方あっても不思議はない。

292 :オーバーテクナナシー:2009/06/07(日) 18:31:41 ID:ND+Pxvwr
>>289
特定の思考主体の考えることを想定するのは困難だろう。

うまく走りそうなモデルを考えたので、テストランさせているのかも
しれないし。


293 :オーバーテクナナシー:2009/06/07(日) 18:32:41 ID:ND+Pxvwr
>>290
仮説を立てて、そこから派生する事象について思索を深めよう。


294 :オーバーテクナナシー:2009/06/07(日) 19:42:38 ID:J7Brzru9
宇宙人の介入について、前向きに考えてみよう。

いつから?
・惑星誕生期から
・生命誕生期から
・人類誕生期から
・実はつい最近。遺跡なんかはリアリティを出すためついでに作った。

介入後の行動は?
・放置
・観察のみ
・破局の回避、コントロール(小惑星など)のみ介入
・進化の方向性を制御
・文明の発展を制御
・個体レベルで介入

目的は?
・進化の実験
・知的生命の実験
・新技術・文化の創出
・交易相手
・召使い
・跡継ぎ
・遺伝子資源
・宇宙的進化とかなんかそんなの。

んー、どうもコレはなんというか、
仮説の元になるデータが無い上に、
人類の脳味噌じゃ大した仮説は思いつかんな。

295 :オーバーテクナナシー:2009/06/07(日) 23:52:36 ID:ND+Pxvwr
>>294
> ・惑星誕生期から
> ・生命誕生期から

確率的にはこのどちらかである可能性が高いんだよな。

> ・人類誕生期から

あるいはかれ/かれらが作ったのか

> ・実はつい最近。遺跡なんかはリアリティを出すためついでに作った。

ううむ、まあ、とりあえず核種変換やら分子レベルの遠隔操作などの
超越的テクノロジーがないとそこまで行なうことは難しいのではないだろうか?



296 :オーバーテクナナシー:2009/06/11(木) 23:23:26 ID:gpViUFUw
人類が宇宙に進出するようになれば同じ事やりだすと思われW 遠くへ遠くへ旅立ちたいと、うずくのは何故だろう。

297 :オーバーテクナナシー:2009/06/23(火) 15:37:53 ID:LxBi1zgi
宇宙行ったら遠くにゃ数え切れない星々が輝いてるけど、
宇宙船のまわりにはなんにも無いんだよな。何十万キロ、何千万キロ、いやまぁ何億キロと、
虚無の空間がひろがってるだけで。有害な放射線だらけだから寿命も縮む。

アステロイドみたいなのはあるだろうけど、それも空間の広さにたいして、
ほんとに極極極極極極わずかしかない。

旅行なら宇宙に行くより、地球のあちこちみてまわるほうがまちがいなく楽しいだろうな。
一度か二度いったら、もうおなかいっぱいなのが宇宙というものだろう。
でも一度か二度は行けるものなら是非いってみたい。

日本人初の宇宙飛行士、秋山氏なんかせっかく宇宙に行けたのに、
ミールの中から、「宇宙酔いで気持ち悪い、早く帰りたい」とぼやいていたし。
あれがきっと正直なとこなのかも。

298 :オーバーテクナナシー:2009/06/27(土) 18:32:34 ID:3nrhgcWh
進化、それは他者をだませる力。
劣った生き物を罠にかけ食い物にする力。

ルカによる福音書第5章10節
>すると、イエスがシモンに言われた、「恐れることはない。今からあなたは人間をとる漁師になるのだ」。

299 :オーバーテクナナシー:2009/06/27(土) 21:30:45 ID:ZOVuC37Z
生物の歴史を考えると、
外部刺激に対する単純な反応機構だった神経細胞の寄せ集めが無意識や情動の機能を持つ脳に進化し、
より複雑な情報処理をするために意識という機能が生まれたわけだ。
だとするとさらに高度に進化した宇宙生命体は、意識より上位の情報処理機能を持っているのではないか?
人間にはとても想像できないけど。

300 :オーバーテクナナシー:2009/06/27(土) 22:25:31 ID:aZNtvq0Z
人間にもハイヤーセルフ(高自我)と呼ばれる、普通の人には隠されている
高次の意識が存在すると言われるね。

301 :オーバーテクナナシー:2009/06/28(日) 15:38:34 ID:hEY48a2l
カレランみたいな存在だと嬉しい

302 :オーバーテクナナシー:2009/06/28(日) 17:36:56 ID:7wJovdCC
高度な生命体が、人間の視覚で見えるのかな。
人間だって敵にみつからないようにステルスとか使うくらいだぜ。

303 :オーバーテクナナシー:2009/06/28(日) 17:48:14 ID:Kzcz6uK9
隠れるのも簡単だろうけど、
逆に向こうが見せるつもりになれば見えるだろう。

304 :オーバーテクナナシー:2009/07/01(水) 03:41:31 ID:0Tswwyxi
きっと何処かの星では自我をもったロボットが開発されて
ロボットが色んな星を渡り歩いている。
奴らにとって知的生物など下等な生ゴミに等しい。

305 :オーバーテクナナシー:2009/07/02(木) 14:27:09 ID:4mtRc4af
超科学文明=超古代文明
超科学文明=超古代文明
超科学文明=超古代文明
超科学文明=超古代文明
超科学文明=超古代文明
超科学文明=超古代文明
超科学文明=超古代文明
超科学文明=超古代文明


306 :オーバーテクナナシー:2009/07/03(金) 07:59:37 ID:vXGnj3gz
人類がこのまま発展したらどうなるかを考えなさいよ
それが一番妥当な線

307 :オーバーテクナナシー:2009/07/03(金) 14:59:16 ID:6KU3lTUA
じゃその線でいってみよう

308 :オーバーテクナナシー:2009/07/04(土) 05:22:50 ID:EMp0ncf8
昔はよく究極の人間は目と性器と指一本しか残ってないとかって話があったけどな

309 :オーバーテクナナシー:2009/07/05(日) 02:31:58 ID:353ivWaq
>>308
その話やーばいな

310 :オーバーテクナナシー:2009/07/05(日) 03:28:50 ID:5W+M8kA5
毎日オナホ嵌めっぱなしでネットでエロ画像収集に明け暮れる未来人ライフ

素敵やん

311 :オーバーテクナナシー:2009/07/05(日) 06:33:03 ID:353ivWaq
>>310
収集するのは、目と指1本と性器しかない女のエロ画像だけどなw

312 :オーバーテクナナシー:2009/07/05(日) 20:19:05 ID:353ivWaq
 ~?~
>^^λ
 Å
////


こんなやつっぽいよ

313 :オーバーテクナナシー:2009/07/21(火) 06:52:04 ID:DOSBB2pN
ttp://pyu.me/pyaimg/pimg.php?imgid=4269
みつけた。こんなやつだ。

314 :オーバーテクナナシー:2009/07/21(火) 21:46:06 ID:r6G8tNlL
>>312
   ,"二ニヽ
 \{_/~・ω)  __
[[{二 ̄ ̄匚{二(  (二◎
∠て=* ̄ ̄\__Σ ̄
(◎◎◎◎◎)_)」_)
闘うのアホらしいなぁ

315 :オーバーテクナナシー:2009/07/23(木) 07:00:20 ID:9NSV+7bQ
鳥から進化した知的生命や蛇から進化した知的生命。猿から進化した地球人。
猫や犬から進化した者など様々いるんじゃないか?
一番恐いのはゴキブリから進化した知的生命だな。

316 :オーバーテクナナシー:2009/07/25(土) 01:27:18 ID:Co2IIAZV
人類が滅んで犬が進化して、というSFはあったな。
題名おぼえてないけど。
犬や猫は飼われることが進化戦略だといわれるだろ。
トイレの躾けができたり、人間の食い物でも消化できるとか、
それは人間的な文化に適応できるということで、
それだけ人間に近いってことだから、
進化して次の主人になるのは、ありえない話でもなさそ。

317 :オーバーテクナナシー:2009/07/25(土) 13:32:35 ID:YeqJMJo6
どあえもん

318 :オーバーテクナナシー:2009/07/25(土) 20:15:30 ID:GtcSPwIA
人間とハエが同じに見える。

319 :オーバーテクナナシー:2009/07/25(土) 20:19:27 ID:/Y0dWC+a
「都市」かな?


320 :オーバーテクナナシー:2009/07/25(土) 21:57:54 ID:xGNLsV28
>>316
そんなに人間に近かったら人間が滅びるのと同時に犬も滅ぶんじゃないか?

321 :オーバーテクナナシー:2009/07/26(日) 02:05:44 ID:vBxyyGHn
知的生命の目的てよくわからんが、星ができ惑星ができ生物ができ人間ができ、木を燃やし化石を燃やし核を燃やし、という流れからみると、
より細やかな原理を操り、より大きなエネルギーをとりだす、てのが一つの指標かなと。
すると1番知的な奴らはビッグバンとか普通に制御してるんじゃねーかな。まさに神だな。

322 :オーバーテクナナシー:2009/07/26(日) 04:24:46 ID:q2RPsK7q
三次元<五次元


323 :オーバーテクナナシー:2009/07/27(月) 02:32:50 ID:pRLEgRHx
知的に進化した連中からみると、
「ビックバンは地球原人の一部で流行ってる宗教」
という位置づけになる可能性もありそ。

324 :オーバーテクナナシー:2009/07/27(月) 03:31:21 ID:ar5K99zE
まだ金なんか使ってるのかw
とか

325 :オーバーテクナナシー:2009/07/27(月) 10:31:51 ID:oxEuvfM8
寄生虫ではないか?

326 :オーバーテクナナシー:2009/07/27(月) 15:53:21 ID:OwsIjUt7
>>323
宗教っていうかまだその段階までしか科学が発展してないのかって感じじゃない?
俺らもそんな事言ってた時代あったな〜wとか上から目線で

327 :オーバーテクナナシー:2009/07/27(月) 19:05:25 ID:y9+iY7ze
知的に進化した種族の宗教もあるだろうし、
なにを信じているのかな

328 :オーバーテクナナシー:2009/07/31(金) 23:17:10 ID:i7eOnROj
まさか原始人が現代人について何を考えてるのか想像させるようなもんじゃないだろうな

329 :オーバーテクナナシー:2009/08/01(土) 20:37:47 ID:qMTRJgi8
宇宙に文明を広げられるのは無機生命体だけだろう。

有機生命体は肉体が脆く寿命も短く進化も遅い。
その貧弱な肉体では長期に渡る恒星間航行に耐えられないし、
同じ恒星内における無機生命体との生存競争においても
その鈍足な進化速度では相手にもならない。

恒星間航行を可能にして人類と接触する程の技術を持った
宇宙人という前提ならそれはほぼ確実に無機生命体、
人工知能ロボットのような存在になる。
まあその親玉人工知能のペットや趣味的な使用人として、
あるいは人間によく似た偵察兵として有機生命体が
使われている可能性がない訳ではないが。

人類もいずれは自ら開発した人工知能ロボットによって
文明の主役の座を奪われる運命。

330 :オーバーテクナナシー:2009/08/02(日) 09:12:46 ID:3N5teeoH
>>324
貨幣経済を超越した種族がいたら、かなりすごいと思う

331 :オーバーテクナナシー:2009/08/02(日) 10:00:50 ID:qbJ6C+Li
ttp://www.youtube.com/watch?v=VGMIptnhzQA 
ttp://hakkiri-ie.iza.ne.jp/blog/entry/25206/
ttp://tibet.blog.shinobi.jp/Entry/118/


332 :オーバーテクナナシー:2009/08/02(日) 14:21:22 ID:yltr1was
精神生命体じゃないのかなあ。
知的生命体の意識の奥底の繋がっている領域に、漂って存在しているの。

333 :オーバーテクナナシー:2009/08/03(月) 14:32:37 ID:0fzPGOnl
精神生命体は、やっぱり特殊な微細物質で体ができてんのかな

334 :オーバーテクナナシー:2009/08/03(月) 18:02:03 ID:4FuLi+oT
人工知能生命体はアニメに出てくるような1体1体が自律的に行動するロボットというより
どこかの倉庫にマザーコンピュータを置いて目耳手足となるロボットを何体も遠隔操作する形態を取ると思う。
身軽に動けるという前提を外せば容易に情報処理能力を何十、何百倍へと増やせる人工知能が
人間と同じ2つの手足、1つの体という形態に拘る必要性はどこにもない。
ロボット自身にも電波が途切れてもある程度自律行動出来る人工知能が積まれる。
これで人間の持つ自己修復機能も容易に獲得出来る。
宇宙に進出した場合は宇宙母船にマザーコンピュータを積んで小型艇やロボットで周辺から資材を調達する事になる。
つまり人工知能生命体が主流となる社会では個人が今の会社組織のような能力を持つ巨大生命体となる。

335 :オーバーテクナナシー:2009/08/04(火) 01:52:34 ID:F85GPZsf
人類がクルマばっか乗って体が弱ってるので
宇宙生命体はもっと体が弱ってる。
仮に彼らとの戦いになっても腰いれて全力で殴ればたぶん一発で即死する。
宇宙生命体は精神が進化している?最後にものをいうのは肉体だよ。

336 :オーバーテクナナシー:2009/08/04(火) 04:18:21 ID:SRUvkbd2
ネズミだって人間より素早く動ける。ネズミの力は人間にくらべてはるかに弱い。
しかしすばやくて踏みつぶすなんてことはまずできない。猿だって人間よりずっと素早い。

人間より二十倍くらい素早く動ける種族がいたとする。
人間より一回りくらい小さくて力も弱いが、ずっと素早く動け彼らの時間感覚は人間よりはるかに高速。
彼らから見ると人なんて止まっているか、ナマケモノが動くくらい、ゆっくり動くようにしか見えない。
彼らがナイフをもってたら、もう肉弾戦では勝ち目は無い。

337 :オーバーテクナナシー:2009/08/04(火) 04:28:18 ID:SRUvkbd2
精神生命体なんてのがいて、意識の底から、そいつらが人間に干渉できるとしたら、
もう、なすがままだな。支配されていることすら人間は気づかないかもしれない。
記憶を書き換えて、鬱にして自殺に追い込んだり。

338 :オーバーテクナナシー:2009/08/04(火) 06:19:12 ID:TISO2Fzj
実はゴキブリがそうなのかもしれない

339 :オーバーテクナナシー:2009/08/04(火) 15:27:50 ID:n15XFd7M
UFOから思念を増幅して送って、地球全土に自殺病をまん延させる宇宙人が出てきた映画があったが
あれはなんだったかな

340 :オーバーテクナナシー:2009/08/05(水) 01:54:07 ID:vRGXZctw
>>337
特殊なサングラスかけて街中を見てくればいいよ

341 :オーバーテクナナシー:2009/08/06(木) 06:53:00 ID:p1rHYnU6
>>339
ミッドナイトシャラマンの映画?
ハプニングだかアクシデントだか忘れたが、なんかそんなん

342 :オーバーテクナナシー:2009/08/06(木) 16:17:40 ID:xE7NgUkz
>>341
昔テレビでみたのだけど、詳細わすれてしまった。
宇宙空間でUFO同士で迎撃戦をしたり、
宇宙人はアルミニュウムの製造法を知りたがったりしていたシーンを断片的におぼえてる。
なんでUFO作れるのにアルミニュウムを作れなかったんだ?
という質問に、そういう盲点みたいなこともあるだとかなんとか。

343 :オーバーテクナナシー:2009/08/07(金) 01:01:10 ID:hAK7imgF
>>342
アルミニウムの生成には氷晶石という鉱物が必要だからな。

344 :オーバーテクナナシー:2009/08/11(火) 01:24:42 ID:+xRQsT25
>>329
無機か有機かというのは本質的な対立点ではない。

要するに、自分で自分を改良できるかどうかだ。

345 :オーバーテクナナシー:2009/08/11(火) 01:30:21 ID:+xRQsT25
>>337
> 精神生命体なんてのがいて、意識の底から、そいつらが人間に干渉できるとしたら、

それは「精神寄生体」と呼称される。

346 :オーバーテクナナシー:2009/08/11(火) 06:14:13 ID:sO53FKYP
>>345
コリン・ウィルソンの小説やね

347 :オーバーテクナナシー:2009/08/12(水) 02:19:17 ID:CohaQCpU
>>344
無機と有機一番の違いがまさにそれ。
無機生命体は体の一部を簡単に1パーツとして切り離したり
新しいパーツに付け替えてバージョンアップ出来る。
有機生命体は全身が一つのパーツとして密接に
絡みついているので部分的な交換が容易ではない。
ソフトウェア的にも無機生命体は電子化された信号を処理しているので
部分的な切り取り、コピー、情報書き換えが容易に出来るが、
有機生命体は物理化学的な複合反応で機構が複雑なので
容易に改良を行う事が出来ない。
有機生命体の唯一のメリットは小型化に適している事だけ。

348 :オーバーテクナナシー:2009/08/12(水) 14:59:00 ID:4kAGXJb0
>>347
> 無機と有機一番の違いがまさにそれ。
> 無機生命体は体の一部を簡単に1パーツとして切り離したり
> 新しいパーツに付け替えてバージョンアップ出来る。
> 有機生命体は全身が一つのパーツとして密接に
> 絡みついているので部分的な交換が容易ではない。

それは設計次第。


349 :オーバーテクナナシー:2009/08/13(木) 02:27:50 ID:QypiVsCK
>>347
ナノマシンとか量子コンピュータの技術が進めば小型化のメリットすらなくなりそうだよな。
まあ人類は人工知能という真の文明の担い手を生み出す為だけの存在に過ぎなかったという事か。

350 :オーバーテクナナシー:2009/08/13(木) 16:45:38 ID:ri7bykBi
一応、最新の生物学では、有機物を全く用いない生命体が存在できるらしい。

ここで言う無機生命体はコンピュータのようなものではなく、
しっかりと代謝をする。

351 :オーバーテクナナシー:2009/08/13(木) 22:49:36 ID:nMkdANAq
体がなにでできてるかより、それらがどんな精神活動をするかだろ。
火星にモノリス発見とかニュースになってるけど、
石のようなものでできた体をもってて、それが1万年に一センチずつ成長して
大きくなって、やがて子だねを飛ばして火星のあちこちにモノリスが立つとしてもだね、
それだけでは人間にはあんまり意味がないわけさ。めずらしい大発見だとしても。
人間からみればそいつらはただの増殖する四角い石にすぎない。
でもその石生命体が、宇宙について思索していたり、石同士で会話してる特徴が見られる
としたら、もっともおもしろくなってくるけどさ。

352 :オーバーテクナナシー:2009/08/18(火) 19:36:00 ID:AYwOsFYA
「未来の二つの顔」ってホーガンのSF。
ロボットがロボットを生産したり修理しあうような環境を作る実験が行われる話。
あれ、最後どうなるんだっけ。
俺、ホーガンのSF、とっつきわるくてさ、最後まで読めないんだよ。いつも。w

353 :オーバーテクナナシー:2009/08/18(火) 22:35:07 ID:F88apBjU
>352
コミック版読めばいいんじゃない。
小説とは結末がちょっと違うけど、コミック版も評価は高い。

354 :オーバーテクナナシー:2009/08/18(火) 23:46:46 ID:MFHQ0wJ5
>>353
それがね、コミックス版を図書館で1巻よんでさ、おもしろかったのよ。
ところが2巻はおいてないんだよ。
で、小説のほうよんだら……

355 :オーバーテクナナシー:2009/08/19(水) 01:23:38 ID:DLdebNyf
>>2
そういえば、スカイフィッシュは、空想のどーぶつじゃなくて、虫(ハエとか)の残像がカメラに映ったのが原因らしぃす。

356 :オーバーテクナナシー:2009/08/19(水) 08:39:00 ID:StGKAwr+
VHSフィルムの皺だよ


357 :オーバーテクナナシー:2009/08/19(水) 09:28:55 ID:DLdebNyf
クマムシ最強説

358 :オーバーテクナナシー:2009/08/19(水) 13:31:09 ID:TSEPRmff
これってどうなの?
進化した生命体なの?
http://www.youtube.com/watch?v=g9cZ8F1KTTM
http://www.youtube.com/watch?v=zPp9O9cMlTk
http://www.youtube.com/watch?v=lsmAgGNjeQ0

359 :オーバーテクナナシー:2009/08/19(水) 20:47:05 ID:WxvNf23X
度胸星に出てきたような奴だとこまるな。三次元生命の人間が二次元の紙を裏返すように、簡単に三次元の人間を裏返しちまうとかw
そんな非常識なやつと仲良くやっていける自信がない。だが缶飲料のコーンポタージュを綺麗に食べられる日が来るかも知れないな。

360 :オーバーテクナナシー:2009/08/19(水) 20:50:29 ID:8qcLFRGp
>>359

仮に3次元の人間を裏返す4次元の生命体がいたとしても、3次元のこちら側からは裏返されたことが認識できないと思う

361 :オーバーテクナナシー:2009/08/20(木) 20:34:45 ID:5n2S53L9
>>360
裏返すといっても色々あるが、
左右が逆転して、全身が鏡像物質になって「どっかーん」とゆーオチかも?

362 :オーバーテクナナシー:2009/08/21(金) 20:06:12 ID:7p6vcU4S
人間と同じ姿かたちをしていて、同じような言葉を話し、意思の疎通ができるが
相手は神のような力を持ち、人間が1言えば百理解し、人間は相手にされない。
言葉は通じるが無視される、しかし怒るわけにもいかない、力が桁違い、
人間は無視され、宇宙人の力強さを見ているだけ、人間のいじめのように。

363 :オーバーテクナナシー:2009/08/21(金) 22:09:09 ID:zzvj1ozg
>>362
>>77で既出

364 :オーバーテクナナシー:2009/08/21(金) 22:15:21 ID:zzvj1ozg
あーでも、俺そういうやつ、見たことあるんだよね。
すげーこわかったよ。
知力は相対的なものだから、俺が馬鹿だっただけともいえるんだが、
並はずれているやつってたまに居るなーと思う。

365 :オーバーテクナナシー:2009/08/24(月) 13:14:53 ID:UpPMSQD6
>>362
無視され、
うとんじられ、
軽んじられる、
支配される、
同じ姿をしているのに
しかし怒れない
タダ、タダ、神として付いていく、
でも何もえられない、
人間のいじめのように。

366 :オーバーテクナナシー:2009/08/24(月) 13:19:22 ID:UpPMSQD6
キリストは人間をいじめていたのか??
<<<<  そうだよ〜〜  >>>>
キリストは宇宙人だったのか???
<<<<  そうだよ〜〜  >>>>
お釈迦様も、モハメットも???
<<<<  そうだよ〜〜  >>>>

367 :オーバーテクナナシー:2009/08/24(月) 13:28:23 ID:UpPMSQD6

ha,ha,ha  ・  ・  ・せいぜいパソコンから転げ落ちてくれ〜〜〜。

368 :オーバーテクナナシー:2009/08/24(月) 18:00:13 ID:tg13EFYo
少なくとも、人間のような形はしてないな。たとえ、人間のような形であっても、酸素が毒とか、なにかしら相違点はあると思うぞ。

369 :オーバーテクナナシー:2009/08/24(月) 18:28:38 ID:T2ov0MaV
「うとんじられ、軽んじられる、支配される、しかし怒れない、何もえられない」

こういうやつには人間は付いていかないんだよ。
そいつのもとから逃げて、なんとか殺せないか考えるのが人間だ。
一人で考えられなきゃ千人、万人集まって考える。

「尊敬され、重んじられ、自由で、優しくなれて、たくさんのものが得られる」
と、思わせられる相手についていく。
で、気がついたら地球破壊爆弾を製造させられていたり、
「みんなでさらにすばらしい世界にいきましょう」といって、
毒薬をニコニコと笑って喜んで飲むように仕向けられる。

370 :オーバーテクナナシー:2009/08/24(月) 21:36:23 ID:UpPMSQD6
反面教師、神の話ではないのかも、人間の話かも、
実際の大きい会社の、会長や、教祖様、
圧倒的に見せているだけかも知らないが、
その人の下で生きる人にはそれが現実で
圧倒的に支配されている、キミ  ・  ・  ・  、君のことだよ。

371 :オーバーテクナナシー:2009/08/24(月) 23:02:38 ID:UpPMSQD6
話の中に、ドクを、毒、ドク入れてやると、皆、聞き耳を立てる
一生懸命聞いても、もともと実がないので、な〜〜にも残らない
M(_ _)M あしからず。

372 :オーバーテクナナシー:2009/08/25(火) 00:03:57 ID:X0R0D6q2
地球の他に程よく進化した知的生命がいるなら、何らかの方法で宇宙を探索するはず
でもそういう痕跡や試行錯誤の様子が全く発見出来ないのは、
太陽系の近辺に地球人より優れた知的生命が居ないからだと思う
もし地球人と同等の進化を遂げている連中がいる場合、25光年以内なら今現在その連中が発した何らかの電波が受信できてる
電波以外の送受信システムを使っていても何らかの規則性が観測出来る
それらが一切無いのは、地球人が知覚精査できる範囲に知的生命が居ないか、まだ原始的すぎるかしてコンタクトしようが無いのかも知れない
或は想像を超える知的生命が、既にこの地球を原始文明保護惑星に指定して、あらゆる外宇宙要素を完全廃除しているのかも知れない

373 :オーバーテクナナシー:2009/08/25(火) 01:53:08 ID:jHnIiyhD
>>372
しかしなー>>358みたいなのがあるわけだろ。
真相はわからんけど。

あーそれから。
> 25光年以内なら今現在その連中が発した何らかの電波が受信できてる

1光年先に電波を届けるのでも、すざまじいエネルギーが必要。
巨大なエネルギーをパラボラアンテナで収束させて、狙いを付けて発射すればなんとかなる程度。
つまり、近距離(太陽系規模)の普通の通信電波だと、到底届かない。

374 :オーバーテクナナシー:2009/08/25(火) 03:45:09 ID:g62tlF5K
まず、放射能に耐えられる体になっているだろうな。
数度の核戦争を経て、耐性の弱い奴は淘汰されてるだろうから。

また、ピッコロやヤモリのように、肉体の自力再生が可能になっているだろう。
この分野に関しては人間もそのうちヤモリの再生の仕組みを解明し医療に役立てるだろう。

いや、そもそも有機物ではないかもしれないな。心の仕組みを解明して、無機物に心を
移すことで肉体革命(完全なる創造主から自立)を経ているのかもしれない。

んで、そういう奴らが卵型の宇宙船に乗ってやってくるんだが、予定が狂って急遽
去っていくことになる。その取り残された奴がアルカry

375 :オーバーテクナナシー:2009/08/25(火) 03:57:43 ID:pdiz8eLI
感情がなくて、中空の映像を眺めているような存在かな

永遠にね

376 :オーバーテクナナシー:2009/08/25(火) 09:03:32 ID:X0R0D6q2
>>373
NASAの化学調査によれば、地球が最初に流した電波が今30光年辺りを漂っているらしいよ
まともな電波として拾えるかどうかは不明だけど
そんな感じで他の惑星の電波が漂って来ないかなと思う
あるいは数万年前に発射されたボイジャーみたいなモニュメントとか

377 :オーバーテクナナシー:2009/08/25(火) 11:33:56 ID:HbJklXzC
>>376
そんな話きいたことないな。kwsk
宇宙の広さから考えて、偶然届くなんてことぱ絶対にといっていいくらい無い。
電波だろうが物だろうが。

378 :オーバーテクナナシー:2009/08/25(火) 12:39:19 ID:X0R0D6q2
>>377
この調査結果が映画のコンタクトでネタ的に使われてるよ
実際電波を拾えるかどうかは正確に全天を調査出来る科学力があるかないかに掛かってくると思う
物体をめぼしい恒星に飛ばしてきた場合はそれを捕捉できるか不明だけど
今までに向こうからめぼしい反応は無いから、地球人はこの辺りで孤独な存在なのかもしれないね
銀河系のド田舎だし

379 :オーバーテクナナシー:2009/08/25(火) 16:50:30 ID:FRr0bAwm
まあ、超太陽系サイズのアンテナがあればね。

380 :オーバーテクナナシー:2009/08/25(火) 21:14:47 ID:82hXPILh
進化すると宇宙なぞ存在しないとかいいはじめたりしてw

381 :オーバーテクナナシー:2009/08/25(火) 21:23:40 ID:82hXPILh
http://www.youtube.com/watch?v=A9QaGW77mGk
また空飛ぶ円盤ですよ
進化するとこういうのが作れるのかね?

382 :オーバーテクナナシー:2009/08/25(火) 21:41:17 ID:H1+xjoC5
>>381
合成だろ?

383 :オーバーテクナナシー:2009/08/25(火) 21:52:49 ID:QVeE/XyU
>>377
アレシボ・メッセージの事かと。

384 :オーバーテクナナシー:2009/08/25(火) 21:59:37 ID:82hXPILh
>>374のような発想だとさ、体を集積回路みたいに小さく小さくするんだよ。
5ミリ四方の都市に、一千万人暮らしていますとか。
エコロジカルで平和な社会が築けると思う。

385 :オーバーテクナナシー:2009/08/25(火) 22:02:06 ID:82hXPILh
>>382
知らん

386 :オーバーテクナナシー:2009/08/25(火) 22:05:50 ID:82hXPILh
>>383
歴史的意義としての儀式みたいなもんじゃないか。
送った連中は、本当に届くなんて考えてないと思う。

387 :オーバーテクナナシー:2009/08/25(火) 22:53:01 ID:2aqsMVJp
>>386
そういうので地球外のものが届く日を夢見ている
たとえ送り主がとうの昔に滅んでいても


388 :オーバーテクナナシー:2009/08/26(水) 00:32:00 ID:7cFgMDJ5
>>387
俺の声が地球の裏側の人に届くはずというくらい絶望的だろうけど、
夢はあったほうがいいと思うよ。

389 :オーバーテクナナシー:2009/08/26(水) 00:40:57 ID:7cFgMDJ5
ヒマラヤの地下とか、地球内部にある地下都市で暮らしている、
進化した人々の話があったな。モグラ人間と揶揄されたりもしてるけど。w
地球の地下、海底などに目を向けたほうがヒット率高いかも?

390 :オーバーテクナナシー:2009/08/26(水) 10:41:48 ID:XCrC1y8T
人類より進化した生き物は人類の中にいる、
学校にもいるではないか、
むずかしい、数式をいとも簡単に解き
とんでもない漢字をすらすらと書き、読み
科学の理論を、一度読んだだけで理解する
話はしているんだけど、
なにを考えているのかわからない。
ほら、君のとなりの〜〜、あいつだよ
あいつは人間ではない、<<< 宇宙人かも >>>

391 :オーバーテクナナシー:2009/08/26(水) 11:04:45 ID:XCrC1y8T
ゼミでいきなり、変微分式をかいて、いきなりノックアウトパンチ
その後の話も、なにがなにやら、フェルミレベルがどうした〜〜、
オレこの、単位落とすぞ、でも周りを見るとミンナ下を向いて寝ている。
おれは、前を向いて目を開けて寝るぞ〜〜。
これで単位は何とかなる  カモネ〜〜〜

392 :オーバーテクナナシー:2009/08/26(水) 11:32:21 ID:Gs6X18os
大半が上っ面だけ理解して終わりの微分方程式おしえるより、
うまい飯の作り方とか、病気にならない強靱な肉体作りとか、
女の子には痴漢撃退の護身術とか、
大震災のときの人命救助術やサバイバル術とか。
自分で食う食料を農業や畜産で育てるとか。
漫画で自分の言いたい事を表現する方法とか。
そういう事教えたほうがいいと思うわ。学校は。

難しいことはさ、適性があって、やる気のある、それが大好きな生徒にだけ、
少数精鋭で英才教育したほうがみんな幸せになれるよ。

393 :オーバーテクナナシー:2009/08/26(水) 11:43:35 ID:Gs6X18os
飯の作り方しってたら、大人になったときヨメの飯がまずいと不平をこぼす必要がない。
ダンナは飯も作らないし家事をまったく手伝わないとかいうこともへる。
病気しない健康な身体もってれば、医療費も減る。40代で過労死なんてのも減る。
大震災がきてもガキのころから仕込まれてるから、パニックも起きない。
町に仕事がないときは、いなかにひっこんで農業やってくらしていける。
世界中に漫画文化を発信できて、世界の人気者になれる。
難しい学問もみんな漫画で簡単にわかりやすく表現するような文化となり、
結局は、みんなそれを理解するようになる。
居眠りこいてるだけで、卒業したら忘れるなんてのも減る。
まさに進化した国家と言えようw

394 :オーバーテクナナシー:2009/08/26(水) 12:10:14 ID:Gs6X18os
異性とのつきあい方もおしえたほうがいいよ。
オシャレの仕方とかアイドル顔負けの化粧術とか。男も女も。
制服もアニメに出てくるような萌え要素の入ったかっこいいのにする。
そんでデートの実習があったりする。
毎日とっかえひっかえ、違う相手とデートして、女慣れ、男慣れする。
合意の上ならセックスもOK。

そしたら青年の猟奇犯罪も減るし、なにより不幸な若者が減る。
ネトゲー廃人もニートも消える。

395 :オーバーテクナナシー:2009/08/26(水) 15:02:32 ID:XCrC1y8T
ところで、となりの宇宙人は、寝ないで聞いていたようで
質問していた、教授大喜びで、式をひねくり返していた
<< おお寒い、夏なのに冷えるぜ〜〜 >>

396 :オーバーテクナナシー:2009/08/26(水) 16:30:59 ID:XCrC1y8T
話は変わるが、コンタクト 映画ので最後に、アロウエイ博士(ジョデイフォスター)
が、淋しそうに荒野で空を見ている場面で終わる。
これをDVDでみて、飯を食っているときに”ヒラメイタ”
彼女は、淋しくもない、楽しみに待っているのだ、2ndコンタクトを
父親(宇宙人)がまた近いうちに会おう、と言った”確かに言った”
彼女は、父親(宇宙人)からの次のコンタクトを楽しみに待っているのだ。
涙が出てしまった、僕の琴線をかき鳴らしたのだ。

397 :サルビア:2009/08/26(水) 17:26:40 ID:UNp2cGLG
どんなやつか

398 :オーバーテクナナシー:2009/08/26(水) 18:24:51 ID:M+xMPXwJ
たぶん人間的な存在が、そのまま科学力を付ければ、恒星かパルサーを使って、全宇宙にメッセージを送るはず。
それが現状見られないって事は、人間と同じタイプの文明は必ず短期で滅びるのか、
変質して他の文明に興味を持たなくなるのか。もしくは我々と同じタイプの文明はほぼいないということだねぇ。

399 :オーバーテクナナシー:2009/08/26(水) 20:28:02 ID:XCrC1y8T

うわ〜〜冷たい、お言葉、宇宙、この世界には人類しかいない
<<<  絶望的な結論  >>>
と言うことは、別次元に行かないといけない、
どうやればいけるのだろう、コンタクトで出てきたワームホールは
別次元までつながっていないかな〜〜。

400 :オーバーテクナナシー:2009/08/26(水) 20:28:50 ID:4N5ojhK0
> 恒星かパルサーを使って、全宇宙にメッセージを送る

これだって人類には到底できない技術だわな。
もしそんなことができる相手がみつかったときは知らんふりしてたほうがいい。
ちょうちんあんこうの光におびきよせられる小魚になりかねん。

401 :オーバーテクナナシー:2009/08/26(水) 20:29:54 ID:XCrC1y8T
別次元ーーー>べつの宇宙に

402 :オーバーテクナナシー:2009/08/26(水) 20:38:36 ID:XCrC1y8T
ブラックホールは別次元には、つながらない事はホーキングが証明している
ブラックホールは飽和して爆発する、別次元には逃げていない、満杯になる。
ホワイトホールは、まだ見つかっていない。

403 :オーバーテクナナシー:2009/08/26(水) 20:42:16 ID:XCrC1y8T
ワームホールは4次元的な力で3次元をねじ曲げれば(誰が曲げんの?)
できるかもしれない、誰かが鈴をつけて(誰かねじ曲げてチョウ)。

404 :オーバーテクナナシー:2009/08/26(水) 21:48:34 ID:xYQx3AB/
ブラックホールでスイングバイすれば光速の2/3くらいのスピードは出せるらしい。
問題はどうやってブラックホールの引力から上手く抜け出すかだけど。

405 :オーバーテクナナシー:2009/08/26(水) 22:28:13 ID:EQaH/W69
>人類より高度に進化した宇宙生命体はどんなやつか?


テック・システムによって、一個人の戦闘力が宇宙戦艦を遥かに凌駕しているとか・・・


406 :オーバーテクナナシー:2009/08/26(水) 22:43:23 ID:XCrC1y8T
>>398
がこの宇宙にはほぼ、宇宙人はいないつうことを
証明してしまったような気がするんだけんども。

ほかの宇宙にジャンプなり、穴あけなりして移らないと
捜しようがないんでないの。

407 :オーバーテクナナシー:2009/08/26(水) 23:22:28 ID:Qx+rqOT8
異星人が人類より遥かに優れていれば、あらゆる事態を想定して劣る文明には干渉しない
優れていないか同程度ならば、人類と同様に異星人を空想する程度しかできない
とりあえず黒船来襲宇宙版や、白人インディアン迫害宇宙規模版などは今の所起きていない

408 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 00:00:32 ID:XCrC1y8T
>>404
ブラックホールの重力が強すぎて、脱出ベクトルが取れないかも知れない
全然影響せずにはなれる 50%、脱出できずにブラックホールに吸い込まれる50%
この二つの間に光速運航がある。

409 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 00:06:12 ID:+BaDyFfZ
普通、俺らいるから、宇宙のほかにもいっぱいいるんじゃね。とか普通に科学心があれば思うんだけど。
量子論のひとつの解釈。エヴェレットの多世界解釈があたってるとすると、
あらゆる可能性が平行世界として存在し、そのなかのひとつ、
とってもレアなケースで我々の文明が発生したものと考えることができる。
逆に言うと我々が文明ができるまでの数々の条件が全て奇跡的に整っている世界にたまたま存在している。
なので、この奇跡が同じ宇宙(世界)の他で起きていることはありえない。
つまり我々は宇宙にひとつしかない文明の可能性が高い。と考えることができるんだったりする。

410 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 00:08:34 ID:+BaDyFfZ
誤 逆に言うと
正 いいかえると

411 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 01:17:14 ID:RTnJyiFU
>>409
君はエヴェレットの多世界解釈を勘違いしている。
多世界解釈という言葉面だけから物事を創造していないかい。

412 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 01:19:06 ID:Y1s+m0q/
>>409
文明が発生して、さらに時間が経過していく過程で、次々と未来は分岐していくんじゃないの?
もしそうなら、いくらでも類似文明もできそうだが。

413 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 01:25:11 ID:Pc+6GdyY
安楽死を認めることを憲法の根底におく国の人


414 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 01:27:40 ID:Y1s+m0q/
>>413
オランダ人の個人の自由主義は筋金入りだわな。
国が滅んでも、つらぬく。

415 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 01:34:00 ID:Pc+6GdyY
>>414

病人以外も安楽死できるようにしたいんだけど

バレたら死ねばいいからって、犯罪とかに走る人がでてきそうだから
防犯システムも進化してないといけないね

416 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 02:03:12 ID:+BaDyFfZ
>>411
残念ながら僕の創作ではない。wikipediaだと思うググってくれ。
強い人間原理かとおもったが違ってた。
情報過多で、自分のオリジナルかどうか怪しくなってる。
オリジナルだと思っても、どっかで後で見かけたりするし、ネットとシンクロして、
人格が融合しはじめてる。オレとかお前とか区別がなくなりそうだ。

417 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 04:00:57 ID:j7qfT+Mt
宇宙人は実在するという前提からスタート、だよ
いる、いないはスレ違い

418 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 10:05:51 ID:+BaDyFfZ
>>412
未来においては、我々人類を祖先とする、文明が銀河に散らばっているかもしれないね。
いやそういう説もあるってことで。自分的には生命も文明も宇宙のフラクタル構造が生む必然な気がする。
でも暇をもてあまして、灯台を作ってる文明は今のとこ発見されてないなぁ。とおもた。
バーサーカーと戦う気力がみんなないだけかも。

419 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 11:51:46 ID:/tBMmxgu
>>409
> 普通、俺らいるから、宇宙のほかにもいっぱいいるんじゃね。とか普通に科学心があれば思うんだけど。

思わない。
そう思うことを表明するのは、むしろ世間体を考えた結果。
思想調査の一種と言ってもいい。

420 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 12:09:12 ID:wqORKIJJ
いるって答える人のほうが多数派なのは、なんかのニュースで見たけど……
以外とね、その多数派はほとんど宇宙人なのかもね、w
人間モドキのように、どんどんすりかえられていってる。
どんなやつかというと、人間と大差ない。w
すりかわる能力をもっている、くらいか。
精神機能になにか特殊なものがあるんだろう。

421 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 12:23:47 ID:wqORKIJJ
アニメや映画でさんざん宇宙人が描かれて、さらには科学番組でドレイクやセーガンもちだして
いるにちがいないと喧伝してきたわけだから、いると答える人が多いのも当然だけど、
メディアに染脳されてるだけかもしれないね。
宇宙人はいないと強調した物語はほとんど思い出せない。無いんじゃないか?

422 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 12:52:37 ID:/tBMmxgu
「いないと考える方が人間性に問題がある」
「いないと考える奴はどれだけ傲慢なんだよ」

これが「いる」の根拠。
これを駆動しているのは科学心ではない。世間体。

423 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 13:42:23 ID:npXfcMOi
多分この銀河系では生命は同時多発している
その中のいくつかの生命が同じく知性を会得している
そしてその中のいくつかが文明を築いている
自分達の星を良いように作り替え発展と衰退を繰り返している
そしてある時、この宇宙で自分達がいかに小さな存在かを理解して呆然とする
この大きな限界を突破できた種族は、まだ、見つかっていない


424 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 14:25:34 ID:wqORKIJJ
みそ汁の出汁をとるダシジャコね、あれの頭を針でつっつくと、
ひからびた小さな小さな脳みそが出てくる。
宇宙からみたら人間の脳みそもダシジャコの脳どころか、もっともっと小さなものでさ、
細菌並の大きさの脳で考える事なんてたかが知れてるだろうね

425 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 16:35:32 ID:RTnJyiFU
銀河には何十億もの恒星があって、その銀河もこの宇宙に何百億とある。
その中で、地球だけが、はたして特別だろうか。

でも、どんなに技術が進歩しても、光速の壁は越えられないから、
少なくとも地球人と、その他の星の文明が接触することはないだろう。

宇宙はガラガラすぎるんだよ。この点、創造主は失敗したな。

でももしかすると、この宇宙のどこかには、同じ恒星系の中の二つ以上の惑星に文明が発生して、
それらが互いに交易しているという状態もありえるかもしれない。

426 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 16:51:31 ID:/tBMmxgu
>>425
> 銀河には何十億もの恒星があって、その銀河もこの宇宙に何百億とある。
> その中で、地球だけが、はたして特別だろうか。

その可能性は大いにある。

427 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 16:52:45 ID:/tBMmxgu
デズモンド・バナール『世界と肉と悪魔――合理的精神の三つの敵の探査』1929年

そこで、次のような想像ができる。これらの生物(いわば脳までサイボーグ化
された未来人)は、比較的小さな一組の頭脳部品の中にいわば生命の中核を宿
していて、各人は最小限のエネルギーしか使わず、彼らは一個の複合されたエー
テル的相互通信系によって互いに結びつけられ、無生物(inert)の感覚器官を
介して莫大な空間領域と時間的期間に広がっており、それらの感覚器官は、彼
らが働きかける場と同様に、おそらく、概して彼ら自体から遠く離れているだ
ろう。生命の舞台が諸惑星の温暖で濃密な大気圏よりも寒冷で空虚な宇宙空間
へ移るにつれて、有機物質をまったく含まないため温度と大気のどちらにも依
存しなくなることの有利さが、ますます感じられてゆくだろう。……

人類が祖先から直接受け継いだ遺産、この世界の表面に出現した最初の生命か
らの遺産は、少しずつ減ってゆき、遂には事実上まったく消滅し、おそらくい
くらかの奇妙な遺物として残るだろう。他方、旧世界の物質は何も保存せず、
旧世界の精神全体を保存した新しい生命が、取って代わって発展を続けるだろ
う。このような変化は、地球の表面に生命が最初に出現したときの変化と同様
に重要で、しかもそれと同様に徐々で、ほとんど気づかれないほどの変化であ
ろう。最後に、意識そのものが人類の中で終了または消滅するかもしれない。
人類が完全にエーテル化し、網目のつんだ有機的構成を失い、電波によって互
いに通信する空間内の原子の集まりとなり、遂にはおそらく完全に光に解消し
てしまったときにである。それは一つの終わりであるかもしれず、一つの始ま
りであるかもしれない。しかし、ここからは、それは見えない。



428 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 17:01:34 ID:RTnJyiFU
>>427
なにそのトンデモ話

429 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 17:07:32 ID:/tBMmxgu
20世紀始めの、当時の科学界の権威による「進化した文明とその構成要素」
に関するビジョン。

430 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 18:46:26 ID:Pc+6GdyY
>>825
>>826

宇宙人定数だか宇宙人方程式ってのがあんだよ

宇宙人が存在する確率を計算するためのものだ

431 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 18:48:33 ID:Pc+6GdyY
>>8→4

432 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 19:25:11 ID:aVVKHpUJ
宇宙人は、ぼくらの存在はこんなにも単純だと笑いにくるよw

433 :オーバーテクナナシー:2009/08/27(木) 22:26:31 ID:K3YDIPU/
クジラ座タウ星。
太陽系の年齢は46億歳だが、タウ星は100億歳。
太陽系のエッジワースカイパーベルトの数十倍の小惑星が恒星の周囲を取り巻いているという・・・
タウ星に知的生命体がいたとしたら、どれほどの科学力まで発達したのか?
恒星船のエネルギー源とした反物質が崩壊して星ごと滅びてしまったのだろうか?
 

434 :オーバーテクナナシー:2009/08/28(金) 00:58:42 ID:fhdDlQUX
平等になるべく理屈っぽく考えた場合

宇宙の文明の平均レベルが一番高いのは今現在。
地球文明と同レベルが今一番多くその前後が自然だと思う。
128億年の歴史があるが、100億年前に文明があったというのは不自然。
だからここ20億年前後からの文明が自然。そして文明が一番多いのは今だろう。

距離の問題が解決しない限りどんな文明だろうと星間交流はない。
自分の意見としては腐る程ある文明のある生命体の星があって、歴史があってもコンタクトはゼロだと解釈している

435 :オーバーテクナナシー:2009/08/28(金) 01:05:02 ID:GAQLUPbt
>>433-434
いる/いないの話は他スレに逝けよ
しつこいと嫌われるよ
>>1を二十回読め、勘違い野郎

436 :オーバーテクナナシー:2009/08/28(金) 02:43:29 ID:mMGFcXkF
20世紀人類のように、自分達を品種改良出来るようになった時点で
技術的特異点のような文明加速が起こり、あっという間に
ヒキコモリのプラズマ精神体になってしまうんだと思うぜ。
地球では優生学を否定する傲慢な奴らに束縛されてるけどな。

437 :オーバーテクナナシー:2009/08/28(金) 04:18:42 ID:KThPW0Na
過疎板のくせに偉そうだな(笑)

438 :オーバーテクナナシー:2009/08/28(金) 05:14:46 ID:LzBGPQYb
>>436
「プラズマ精神体」というものが存在すると考える理由はないから、
フィクションに踏み込みすぎだと思う。

439 :オーバーテクナナシー:2009/08/28(金) 09:01:52 ID:Km58Njml
生命が抱えるあらゆる問題を解消し
科学の発展により出来ない事はほとんど無く
優れた見識により過剰な欲を捨て
それにより同族争いも廃し
惑星全体を全なる統制の元に管理して
完璧なバランスを保って繁栄している
そして自らの殻を破る雛の如く宇宙へ進出
紆余曲折の果て、他の文明を発見したが余りに差が有りすぎる
同じ立場になるのには幼過ぎる文明
自分達が遥かな過去に決別した問題を解決出来ないでいる
それを手助けする術はない
宇宙に出た意味がこれだったのだ
我々はまだまだ小さな存在
こんなにも無力だと知るために宇宙はある

440 :オーバーテクナナシー:2009/08/28(金) 09:21:04 ID:LzBGPQYb
FYI:
ある方向へ無限に Infinite In Some Directions
http://memo7.sblo.jp/article/31664024.html

441 :オーバーテクナナシー:2009/08/28(金) 10:39:44 ID:DoqOU5Hp
この宇宙には人間しかいないことは >>398 が証明してしまった。
ほかに知生体をさがすなら、ほかの宇宙に行かなければ、発見はできない
移動ではいけない、次元ジヤンプとか、存在の限界を飛び越さないと。
4次元トンネル(ワームホール)とかでナイト  ・  ・  ・ 。

442 :オーバーテクナナシー:2009/08/28(金) 14:05:45 ID:Km58Njml
>>441
高度な知性体が宇宙で無作為に"自分達はここにいるよ"なんて掲示する訳が無い
万が一凶暴な性質を持ったまま高度に進歩した異星人がいたなら、征服してくださいと宣言しているも同じだよ

443 :オーバーテクナナシー:2009/08/28(金) 18:26:10 ID:MuCwbOw3
>>441
異なる惑星を征服する事は、
母星との重力や大気の違いを考えると意味がないと思う。
資源目的だとしても、母星との距離は光年単位となるので、これまた無意味。



444 :オーバーテクナナシー:2009/08/28(金) 18:28:37 ID:MuCwbOw3
×>>441
>>442

445 :オーバーテクナナシー:2009/08/28(金) 18:40:39 ID:LzBGPQYb
>>443
潜在的ライヴァルをあらかじめ消滅させておくという意味はある。

446 :オーバーテクナナシー:2009/08/28(金) 18:53:41 ID:MuCwbOw3
恐竜は1億年近くも反映したのに、知的生命体には進化しなかったから、
もしかすると、知的生命体に進化するには、ある程度偶然が作用しないといけないのかもな。

447 :オーバーテクナナシー:2009/08/28(金) 19:36:22 ID:qbwaojJ/
>>446
地球人が知性を持った切欠は太陽の過剰放射線による遺伝子変異だったという説がある
それのお陰で自分の考えを残し、相手に伝える方法を編み出したというのが文明の始まりらしい

448 :オーバーテクナナシー:2009/08/28(金) 20:31:05 ID:MuCwbOw3
>>447
それ、一般的な説とは違うよね。
一般的には、アフリカで地殻変動が起こり、それまで樹上で生活していた祖先が、
否応無しに草原で暮らす羽目になり、二足歩行を余儀なくされ、それに伴い能が肥大化した、
と言われているね。

449 :オーバーテクナナシー:2009/08/28(金) 21:29:28 ID:qKSK+K2R
>>442

ホーキング博士じゃないが、彼らは「逢わない方がいい」と考えているのでは?なにせ精神も進歩 してるでしょうから、、

450 :オーバーテクナナシー:2009/08/28(金) 23:27:32 ID:Km58Njml
>>448
その説だとミッシングリンクの説明がつかない
二足歩行になったから脳が肥大するとなると仮に知性を持てるまで何千万年も掛かる
その過程の化石が見つからない以上、ある時期に突然変異した方が有り得ない事でもない
この場合数百年で変化がでるので化石にも過程が殆ど現れない

451 :オーバーテクナナシー:2009/08/28(金) 23:41:48 ID:Km58Njml
恒星間を移動するには、莫大なエネルギーを制御して空間の行程を短縮する事で実現する
その手段は地球人にとってはまだSFで絵空事だ
その方法で宇宙に勢力展開している知性体は必ずいる
それと接触出来ないのは、ただ太陽系が彼らにとって僻地過ぎるだけ

452 :オーバーテクナナシー:2009/08/29(土) 01:34:31 ID:e/nf2R0C
>>442
知性のアル地球人は、ボイジャーで無作為に地球の情報、人類の存在を
知らせているんだけんど、地球人は バカ(知性が足りない?)なんでしょうか。

453 :オーバーテクナナシー:2009/08/29(土) 01:41:47 ID:e/nf2R0C
もし、地球人のように宇宙に対し存在を知らせるならば、パルサーをコントロールして
トテツモナイ電波信号で、判りやすく、コンタクトのような信号を送るはず。
それがないと言うことは、この世界(宇宙)には人間しかいない、次元の違うほかの宇宙
を捜すしかないんでは、宇宙旅行では宇宙人に会えない、ほかの次元に行くしかない。

454 :オーバーテクナナシー:2009/08/29(土) 01:47:05 ID:e/nf2R0C
パルサーは数千万光年離れていても、電波として受信できる。
少なくともその範囲は、宇宙人はいない、またそれだけはなれると
亜光速では、時間が掛かりすぎてしまう、超光速(ワームホール??)
が必要。

455 :オーバーテクナナシー:2009/08/29(土) 02:33:00 ID:HQVaq68i
>>451
> 恒星間を移動するには、莫大なエネルギーを制御して空間の行程を短縮する事で実現する

この概念自体が、物語を成立させるための設定であり、言葉の遊びでしかない。
現実と混同するのは誤りだ。


456 :オーバーテクナナシー:2009/08/29(土) 02:39:13 ID:HQVaq68i
>>454
> パルサーは数千万光年離れていても、電波として受信できる。
> 少なくともその範囲は、宇宙人はいない、またそれだけはなれると

パルサーは自然の過程で大エネルギーを放出するメカニズムなのであって、
人工的に行なうのなら普通の星系でそういう装置を作ればいいだけ。
危険なパルサーに近寄る必要はない。

> 亜光速では、時間が掛かりすぎてしまう、超光速(ワームホール??)
> が必要。

時間が掛かりすぎてしまうと考える理由はない。たかが1億年とか2億年。


457 :オーバーテクナナシー:2009/08/29(土) 02:52:27 ID:e/nf2R0C
その〜たかが1億年とか2億年に、
生物の(哺乳類の発生から今までが2回入る)
じんるは発生してから78万年くらい(北京原人)

458 :オーバーテクナナシー:2009/08/29(土) 03:03:53 ID:e/nf2R0C
クロマニョン人、ネアンデルタール人から20万年前。
2万年前にネアンデルタールが絶滅して、人類が
2万年前から始まった、人類はは2万年しか生きていない。

459 :オーバーテクナナシー:2009/08/29(土) 03:07:09 ID:2oJ9Zo3j
>>450

もし、彼らに、象のように一定の場所で死期を迎える習性があったとしたら…

とか面白くない?

類類人猿の墓場が見つかって、そこに大量に化石があるとかな

今てきとーに考えたトンデモ仮説だけど

460 :オーバーテクナナシー:2009/08/29(土) 03:19:16 ID:e/nf2R0C
クロマニョン人は18万年生息した、人類は
あと、16万年は生物学的には生きるんでないの
その後は、次の人類が出てくるかも、この房には
あまり関係ないか。

461 :オーバーテクナナシー:2009/08/29(土) 03:28:28 ID:2oJ9Zo3j
環境ホルモンとか影響しないのかな
進化の速度に

462 :オーバーテクナナシー:2009/08/29(土) 03:30:10 ID:e/nf2R0C
16万年で、人類どれだけ、科学を発達させるか、
ミームでどれだけ脳が発達するか、楽しみ。

463 :オーバーテクナナシー:2009/08/29(土) 03:33:13 ID:e/nf2R0C

で、ワームホールにもどる。

464 :オーバーテクナナシー:2009/08/29(土) 04:15:56 ID:HQVaq68i
>>461
> 環境ホルモンとか影響しないのかな
> 進化の速度に

人類においては、ダーウィン的な進化は5万年くらい前に止まっている。

465 :オーバーテクナナシー:2009/08/29(土) 04:17:34 ID:HQVaq68i
>>462
> 16万年で、人類どれだけ、科学を発達させるか、
> ミームでどれだけ脳が発達するか、楽しみ。

科学技術の発達は、今後100年くらいが勝負。
その間にシンギュラリティを突破して人間に代替する知的存在を
作れなければ、あとは衰退するだけだろう。

466 :オーバーテクナナシー:2009/08/29(土) 06:34:57 ID:Y6hKcoDA
>>451
重力が多次元宇宙から漏れ出てくる力だ?みたいな説があるけど、この宇宙の爆発的な
エネルギーが他の次元に影響与えることってあるのかな?
1960年代にあった人類史上最大の核実験(ソ連のシベリアであった50メガトンの水爆実験)と
ツングースカ大爆発の関連性はないのかな。

467 :オーバーテクナナシー:2009/08/29(土) 06:39:21 ID:Y6hKcoDA
>>460
DNA操作ができる人類は、純粋な意味での進化(自然による淘汰)はもう起こりえないじゃない?
環境ホルモン、有害物質、放射能といった人為的な物に対する淘汰はあるだろうけど。
て464で既に指摘されてますね。

468 :オーバーテクナナシー:2009/08/29(土) 07:19:26 ID:HQVaq68i
>>466
水爆の爆発は質量がエネルギーに変化しただけだから、
重力的な影響はない。

469 :オーバーテクナナシー:2009/08/29(土) 07:19:28 ID:kmJ9cgjh
恐竜が何億年たっても文明ができなかったのは、
やっぱサル型の恐竜が誕生しなかったことしか思い付かない。
そうすると、異星の知的生命体は人間型である可能性がかなり高い。

シンギュラリティ超えると、もう人類の文明じゃなくなるよね。
人は生まれたら死ぬまでボーっとしてればいい。

470 :オーバーテクナナシー:2009/08/29(土) 08:13:16 ID:023H2CIh
>>469
セックスとか、芸術とか、やることはあると思うぞ。

471 :オーバーテクナナシー:2009/08/29(土) 08:52:33 ID:TNR1y6Fn
>>452
もしかしたら数千年後に文明交流の掛橋になるかも知れないよ
ともあれ、善意ある存在が回収する事を祈るのみ

472 :オーバーテクナナシー:2009/08/29(土) 08:59:37 ID:kmJ9cgjh
凄腕AIの設計したセクサロイドができるし、
ベレー帽かぶったアンドロイドが飯も食わずに、すごい芸術作品を作り続ける。
しまいには、セクサロイドどうしでセクスする。人類はセクサロイドにセクスで笑われる自信喪失。
最後は宇宙に移民させたげるとAIにいわれ、全員船ごと太陽へ。
ということで、そんなAIを開発中です。ちょっとまってね。

473 :オーバーテクナナシー:2009/08/29(土) 20:00:00 ID:Mslgt65X
>>460

それはおそらく一重でエラハリ。虚言癖、火病。語尾に〜ニダ。レイプで繁殖。

474 :オーバーテクナナシー:2009/08/29(土) 22:59:40 ID:e/nf2R0C
で、宇宙人はいるのかな〜〜、この宇宙にいなければ、
べつの宇宙に行かなければいけない(次元ジャンプが必要)
もう宇宙船ではいけない、ワームホールしかない。

475 :オーバーテクナナシー:2009/08/30(日) 02:16:59 ID:noHIdZ7N
>>467
> DNA操作ができる人類は、純粋な意味での進化(自然による淘汰)はもう起こりえないじゃない?

そうかもね。それがどんな未来に向かっていくのか、未知だけど……

人間が自由意思を持たないとしたら、DNA操作も自然の計らいということになるが、
しかし自由意思はあるだろうね。ちょっとくらいは。

人類はだんだん責任が増えていくなあ。
進化すればするほど責任は増すのは確実だね。
馬鹿なことやってたり、さぼっていると地球もろとも自滅する。

476 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 08:17:29 ID:Q6TQQhy3
ミームってDNAの意思でないの。

477 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 08:34:57 ID:PTB4nnoj
ミームは、人の行動様式が周りに派生していくことを扱った考えじゃない?

478 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 11:12:40 ID:E8NZniVO
何億年にもわたる過去をふり返ってみると、生きようとする偉大な意志が次々
にみえる。潮の満ち引きする泥土からはいだしてくるもがき、あの形からこの
形へ、あの力からこの力への奮闘、はいまわり、ついで陸地を堂々と歩行し、
世代を重ねる奮闘により大空をわがものにしたり、暗黒の深海へもぐりこんで
ゆく。生命は怒りと飢えに身をよじり、わが身を新たに作り変えてゆく。

おお、われわれに次第に近づき、ますますわれわれに似てくるではないか。発
展し、精巧化し、しゃにむに途方もない目的を追求し、ついに生命はわれわれ
の段階へ達し、その存在はわれわれの脳と血管をめぐって鼓動し、われわれの
軍艦の機関をうならせ大砲をとどろかせ、町々に人声をざわめかせ、われわれ
の音楽の中に歌を、絵の中に花を咲かせる。

そして、このような回顧から眼を転じてふたたび未来を見ると、終着点に達し
たとか、洗練された人びとの千年王国の定着などという考え方は、われわれの
頭からすっかり消え失せている。人間は最終的なものではないという事実は、
未来を科学的に発見するさいわれわれにのしかかってくる手に負えない大変厄
介な事実であり、ともあれ私の考えでは、人間の後に何がやってくるかという
問題は、全世界の中で最も持続的に魅力があり最も解き難い問題である。

もちろんわれわれは答えをもっていない。われわれがもっているような想像力
ではこの課題に答えられない。
-
H.G.ウェルズ『未来の発見』1902年 - 英国王立科学研究所における講演より

479 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:18:39 ID:N/vsybUE
H.Gウェルズも百年後の今の世の中は想像できなかったね

480 :オーバーテクナナシー:2009/08/30(日) 21:07:52 ID:E8NZniVO
過去数千年の変化とは比較にならないほど、この100年の間に世界は様変わり
した。新世紀はそれにも増して変化を遂げるに違いない。
-
同じくH.G.ウェルズ『未来の発見』1902年 - 英国王立科学研究所における講演より

上記の「新世紀」とは20世紀のこと。
その「新世紀」が終わった100年後の現在、この言葉を見ると感慨深いねえ。
20世紀のはじまりの時点でも、「この100年の間に世界は様変わりした」という
認識があったんだねえ。

さて、今後100年はどうなるかだ。




481 :オーバーテクナナシー:2009/08/30(日) 22:16:08 ID:Q6TQQhy3
ミームはいろいろの判断があるようでした
  脳に貯蔵され突然変異によって変質した習性に近い教訓 (ブラックモア

482 :オーバーテクナナシー:2009/08/30(日) 22:20:18 ID:Q6TQQhy3
痛いことがあったり、嬉しいことがあったり、この大きいものがあると
DNAが変化する??、と思って良いのかな(DNAに刻まれる)。

483 :オーバーテクナナシー:2009/08/30(日) 23:27:54 ID:E8NZniVO
>>482
全く関係ない

484 :オーバーテクナナシー:2009/08/31(月) 10:52:15 ID:x3uIXF3N
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ 丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク 決シテ瞋ラズ イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト 味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ 小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ 行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ 行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ 行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ ホメラレモセズ クニモサレズ
サウイフ地球外生命体ニ ワタシハ会ヒタイ

485 :オーバーテクナナシー:2009/08/31(月) 11:02:14 ID:hXGx7U28
小学校で風の又三郎で、風(流れる風)の役をやった、何もわからずに
ヒュウ、ヒュウと叫んでいた、けっこう面白かった、親も喜んでいた。

486 :オーバーテクナナシー:2009/08/31(月) 11:56:14 ID:AniZ+ALa
>>482

ラマルクっぽい考え方?

487 :オーバーテクナナシー:2009/08/31(月) 15:23:48 ID:Q43cPMB+
>>480
次の百年後にはそんな事いってた国が滅んでいるとかね。
それも大きな様変わり。

日本もそろそろやばい雰囲気だな

488 :オーバーテクナナシー:2009/08/31(月) 16:49:26 ID:X+R0yHeH
貧乏なお百姓さんは弥生時代から現在までさして生活は変わってないだろ。
働いて食って寝て子供作って死ぬだけだ。

489 :オーバーテクナナシー:2009/08/31(月) 17:20:44 ID:Q43cPMB+
>>488
職業にかかわらず人間の生活は、働いて食って寝て子供作って死ぬだけだよ。
国家の集団としての動きと個人の動きは分けて考えないと。

490 :オーバーテクナナシー:2009/08/31(月) 23:04:08 ID:AniZ+ALa
>>13

ディアスポラ

491 :オーバーテクナナシー:2009/09/02(水) 20:49:46 ID:jKlIfEmj
>>489
あ〜〜やだやだ、あめにもまけず  ・  ・  ・  ・
こどもをつくらず  ・  ・  ・  ・ ”に”
国を滅ぼす、あ〜〜よきかな人生、50をすぎたら迷わずサモン。

492 :オーバーテクナナシー:2009/09/03(木) 00:00:13 ID:Q/xUPMNB
>>491
働くのがいやなら、さっさと沙門すりゃいいやん
アーレフにでも行けばいいw

493 :オーバーテクナナシー:2009/09/04(金) 00:17:41 ID:LJ9CtJS/
休まず、遅れず、仕事せず、目立たず、逆らわず、金出さず、
そんな生命体になってしまった。

1 知恵をだせ、
2 知恵の出ない奴は汗をだせ、
3 知恵も汗もでない奴は、出て行け
中小企業、労働三段活用

494 :オーバーテクナナシー:2009/09/04(金) 01:43:24 ID:lq2xh1m0
肉体を持たない生命体である。
物質に依存せず高い精神レベルを持つ生命体である

495 :オーバーテクナナシー:2009/09/04(金) 05:49:09 ID:Q78NPiOt
もはや言語すら使用しないのではないか??

496 :オーバーテクナナシー:2009/09/04(金) 08:22:54 ID:+d7u0VyH
生まれてから死ぬまでボーっとしてるだけ。星人。

497 :オーバーテクナナシー:2009/09/05(土) 01:22:21 ID:qafJTMC3
人間は人付き合いに一番ストレス感じてると言われるやん。
他人に依存せず一匹だけで生きる生命体という進化コースもありかもな。
人間は群れないとなんにもできないから。

498 :オーバーテクナナシー:2009/09/05(土) 01:27:55 ID:l1/mHFH3
一番いい進化コースの一つだね

2人でもいいけどな

499 :オーバーテクナナシー:2009/09/05(土) 10:09:52 ID:qafJTMC3
動物のナマケモノはそれに近い鴨w

500 :オーバーテクナナシー:2009/10/11(日) 05:26:14 ID:ypiwEWC4
ほしゅ

501 :オーバーテクナナシー:2009/10/12(月) 02:18:29 ID:JMMR9mGD
きっと想像も出来ないような形と行動するんだろうな。光合成して死ぬまでずーっと左右に揺れてるだけとか。で、いつの間にか分裂して増えていく。


502 :オーバーテクナナシー:2009/10/12(月) 07:20:07 ID:OyJDEAQa
ウルトラマンは光の国で日光浴してれば生きていけるらしい
そんな連中に殺される怪獣はかわいそ

503 :オーバーテクナナシー:2009/10/12(月) 07:20:55 ID:OyJDEAQa
太陽電池でずっとフラフラゆれてる癒し系オモチャがあったな。

504 :オーバーテクナナシー:2009/10/12(月) 14:36:07 ID:SIs884Z3
>>501
それただの雑草だろ

505 :最低王子 ◆Qmmrw71pqY :2009/10/13(火) 00:14:58 ID:Chezc2Rc
UFOとかって、実は機械生命体かもな


506 :ちんちん ◆Dobkzc4dj. :2009/10/22(木) 09:05:57 ID:Ivfa4FJ6
ちんぽ星人だよ〜ん

507 :オーバーテクナナシー:2009/10/22(木) 20:05:00 ID:FKU+LXrz
ぬるぽ星人

508 :一番進化した人間は:2009/10/22(木) 20:34:11 ID:aVJ9aMql
雑巾星人(レトロダスキン星の人間たち)っぽい

509 :オーバーテクナナシー:2009/10/23(金) 05:02:13 ID:NMs1PKRI
ボーグみたいな奴らだったら恐ろしい

510 :オーバーテクナナシー:2009/10/23(金) 09:16:35 ID:eijsPCRM
ちんぽく星人(ちんぽ臭え人)

511 :オーバーテクナナシー:2009/10/23(金) 20:27:09 ID:vVHU7aJv
地球人ごときには見えないかも

512 :オーバーテクナナシー:2009/10/23(金) 20:58:53 ID:dG6vfObn
>>505
> UFOとかって、実は機械生命体かもな


若しくは、宇宙人がどっかの星から操ってる無人探査機か

513 :オーバーテクナナシー:2009/10/24(土) 05:35:36 ID:0VhS5mZI
>>32
最後吹いたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ネテロw

514 :オーバーテクナナシー:2009/10/24(土) 05:37:26 ID:0VhS5mZI
>>33-35
ええ話しや。

515 :オーバーテクナナシー:2009/10/24(土) 21:41:28 ID:uPuo0pGY
>>33-35
ほんと、ええ話や

516 :オーバーテクナナシー:2009/10/25(日) 13:53:20 ID:49H69DK6
地球人はこれ以上進化する必要もないくらいに、完璧に始めから創造されているが
まだ”使い方”を間違っているせいで本当の意味での「人間」には成長していない
今はまだまだ「原始人」でしかない・・
本当の意味の「人間」とは全知全能の神と同等の生物なのだ
・・”使用法”さえ間違わなければ

517 :オーバーテクナナシー:2009/11/02(月) 03:17:56 ID:R81/z7H7


518 :オーバーテクナナシー:2009/11/02(月) 03:27:44 ID:3OJBfp2v
>>516
概ね正しいとは思うが…“使用法”、社会科学だわな。
生産力が物を言う。全人口が贅沢の限りを尽くせるような無尽蔵の生産
フードディスペンサーとかグルメテーブルかけみたいな
レプリケーターとか着せ替えカメラみたいな物が必要だが。
(それがあればFAって訳でもない。)
今のところ矛盾だらけの資本主義で凌ぐしかない。それでも新しい物に
挑戦する、新しい物を創造する人は少なくない。これが人間の本性だ。
“使い方”はその辺りに答えがある。

519 :オーバーテクナナシー:2009/11/03(火) 05:53:36 ID:5PrBmpFy
宇宙人がいるとして、地球に来れるくらいのレベルになると
肉体なんてものはないのかもな

肉体があったら宇宙広過ぎて地球まで来る間に寿命何回尽きても足りなくね?

520 :オーバーテクナナシー:2009/11/03(火) 09:52:28 ID:y2HRXzu7
そこで光速以上の振動をもった物質でできた体をもった宇宙人、となるんだが、
そんなのがあるかどうか

521 :オーバーテクナナシー:2009/11/03(火) 22:20:59 ID:IXlQ5fw7
>>519 そうなるまで進化するかも知れんが、生きがいはどうなる?呑ん兵衛だらりか?

522 :オーバーテクナナシー:2009/11/04(水) 05:39:07 ID:LUAwjapk
ウルトラマンなんかは、日光浴と、暇つぶしの怪獣退治にあけくれてる。

523 :オーバーテクナナシー:2009/11/04(水) 19:13:03 ID:3rJITvS4
隣の星までの間隔が、仮に平均4光年ぐらいだとすると、光速の1%の速度が出せる移民宇宙船が
送れる場合、隣の星にたどり着くまででだいたい400年かかる。

たどり着いてから600年かけて植民を行い、その星でも同じように移民船を隣の星に送る。
これで、1回の植民に計1000年がかかることになる。

銀河系の大きさは直径10万光年なので、単純に考えるとなんと2500万年ほどで銀河の端から
端まで植民が完了してしまう。

さらに、銀河系中に広がるような生物が絶滅するようなことは、普通に考えるとありえないので、
銀河系のどこに行ってもその生物と文明が存在することになる。

524 :オーバーテクナナシー:2009/11/08(日) 21:39:18 ID:U7ctWDuC
北京原人から、78万年(北京原人は人類ではない)
人類が発生してから、2万年くらいが今、生物学的には
あと、16万年くらいで人類は絶える(科学もへったくれもなく)
次の袁人類(もっと進んだ)が出てくるはず、人類は、2500万年も持たない。

525 :オーバーテクナナシー:2009/11/09(月) 16:12:34 ID:ODBB49U0
>>520
> そこで光速以上の振動をもった物質でできた体をもった宇宙人、となるんだが、
> そんなのがあるかどうか

それは聖書の記述が正しいとしたらどういう存在がありうるかという考察から
生まれた想像でしかない。

526 :オーバーテクナナシー:2009/11/10(火) 23:15:19 ID:4lcZ0OlW
脳が人類よりも大きくて、そのすべてを活用でき、当然ながら知性が人間よりも
はるかに高く、超能力も色々と使える。
手の指は30本ぐらいあり、凄まじく手先も器用。
内蔵も高機能で、手足が切断しても、トカゲのしっぽのようにまた生え、千年以上生きる。
幽体離脱してあの世に行くこともできる能力を持つ。
そういう存在なら宇宙をワープする円盤も作れるだろう


527 :オーバーテクナナシー:2009/11/10(火) 23:26:16 ID:4lcZ0OlW
人類は先進国の日本の東京でも日々の飯を食うために苦労が絶えない人が多い。
これでは人生が日々の飯だけで、それ以上に行けない。
人類より進んだ宇宙人はこうした次元を超えており、食事を食わなくても体内で
ビタミンミネラルを作り出せ、ご飯もお茶漬け1杯を食べたら脅威の消化吸収力
で1年ぐらい何も食べなくても健康に活動できる。
睡眠も凄まじい熟睡ができるので、3分寝ると10時間寝るのと同じだけの疲労回復ができる。




528 :オーバーテクナナシー:2009/11/10(火) 23:34:48 ID:4lcZ0OlW
物質の肉体を持たず、体を構成してるのが光の光線で自分自身がワープする能力
を持った宇宙人は宇宙人のレベルを超えて神の仲間入りをした宇宙人なの
だろうと思う。
体が光なら、無限に光分身して全宇宙に散らばり、そこで様々なことを研究して宇宙
の隅々まで知っていてもおかしくないだろう。
宇宙の全知性を自分の知性に直結させれるような能力とも言える。
少々の惑星なら、指先からビームを出して消滅させることもできる力を持ち、その力を
崇拝する宇宙人から崇拝されているのだろうと思われる



529 :オーバーテクナナシー:2009/11/14(土) 19:20:39 ID:Ln9uZe8S
多元宇宙になってて、この宇宙には人類しかいないとかね。
他所の宇宙にいけば似たようなのがいる。

530 :オーバーテクナナシー:2009/11/17(火) 17:48:31 ID:uwEZKVya
まず肉体を持たないだろ

531 :オーバーテクナナシー:2009/11/17(火) 20:08:10 ID:6wCiLkii
そしてサルから進化した生物に取り憑くだろ

532 :オーバーテクナナシー:2009/11/17(火) 21:28:16 ID:hKLq4aBt
>>531
君が他の生物に憑依できるとしてゴキブリに憑依するか?
人間をはるかに超えた肉体を持たない高等生命がどうして彼らより
低い生物の人間に憑依なんかするんだよ。
メリットが無いやんけ。

533 :オーバーテクナナシー:2009/11/18(水) 01:38:49 ID:jS4ppf5B
面白半分、遊びとか。
進化してようが、中にはおかしなやつもいるだろう。

534 :オーバーテクナナシー:2009/11/18(水) 03:50:13 ID:OwC8DNbM
>>533
おかしな奴はそうかも知れんが、人間が裸になって木の上でサルと
同じ生活に戻るかという話しだと思うぞ。
人間よりもはるかに高度に進化し、肉体すら持ってない生命がいたら、それは
神だからね。

535 ::2009/11/18(水) 15:11:19 ID:gcucXYS3
ACクラークの幼年期の終わりに出てくる、オーバーロードのその上の
使用人、気象(天気のような)生物???。

536 :オーバーテクナナシー:2009/11/18(水) 21:27:22 ID:OwC8DNbM
>>535
神のレベルにまで進化してるような生命になると、地球上の生物とは
違うでしょう。
人間とナメクジを一緒にできないように。


537 :オーバーテクナナシー:2009/11/18(水) 21:29:54 ID:OwC8DNbM
知性が人間の100万倍にまで進化した生命がいたとしたら、彼らから人間
を見たら人間からアリを見るようなもんで、アリと話しをしようとする人間が
いないように、彼らも人間と話しができるとは思わないはず。


538 :オーバーテクナナシー:2009/11/18(水) 21:42:44 ID:gkBnQZT2
百万倍進化していても、中にはドリトル先生みたいなのかもいるかもしれないw

539 :オーバーテクナナシー:2009/11/18(水) 21:46:38 ID:gkBnQZT2
>>534
神以外にも天使とか悪魔とか、妖精とか、物の怪とか、妖怪とか、バリエーションはある

540 :オーバーテクナナシー:2009/11/18(水) 22:03:35 ID:3AxGaYN/
木星に魚が居る事が解ったそうだね。まだ確定ちゃうけど。

541 :オーバーテクナナシー:2009/11/19(木) 02:18:30 ID:RKaypoJH
>>534
肉体を持っていない幽霊は肉体を持ちたがったりする事があるけど

542 :オーバーテクナナシー:2009/11/19(木) 02:36:07 ID:FP+02s4C
>>541
第三者からみて肉体を持っていない零に肉体を与えたいとか
自分がその霊であったなら肉体が必要じゃないかと予想するもの。
それは論理じゃない。心の妄想。
否定しているわけではないから間違えないこと。

543 :オーバーテクナナシー:2009/11/19(木) 04:40:20 ID:RKaypoJH
>>542
昔読んでいたオカルト関係の本に時々その種のものがあったように
思ったから書いた。
ただし、書いてあっただけで書いた人が妄想で書いてないかは
分からない。

544 :オーバーテクナナシー:2009/11/19(木) 07:23:32 ID:Hd+xcP6Y
>>538
なかにはドリトル先生やムツゴロウさんみたいなのもいるかも知れないが、
人間とアリぐらい知能に格差があったら会話が成立しない。



545 :オーバーテクナナシー:2009/11/19(木) 08:40:15 ID:gUm88Y82
ドリトル先生はカタツムリ語を研究していたよ

546 :オーバーテクナナシー:2009/11/19(木) 08:43:56 ID:gUm88Y82
人間より何万倍も知能があると、動物や昆虫の言語も理解できてしまうかもな。
なに話しているかはおおよそ察しがつく。腹へった。ヤリテェー!この二つだ。

547 :オーバーテクナナシー:2009/11/20(金) 08:25:10 ID:j2nC4HQ1
何万倍の知能って、その何万倍の尺度をどう理解するかだな
1cmの何万倍はデジタルの如く数値として出るけどね。
逆の発想すると昆虫の知能を1とした場合
人間の知能は昆虫の何万倍ってことでいいのかな

548 :オーバーテクナナシー:2009/11/20(金) 09:36:37 ID:AyKERH3t
知能指数のように数値化する試みはあるんだから、まあそんなに神経質になるなよ。w

549 :オーバーテクナナシー:2009/11/20(金) 12:25:54 ID:ivsxh0XH
人間の100万倍の知性を持つ高等生命と人間が会話したとしよう。
その人間の100万倍の知性を持つ高等生命が2秒間話したことは、
人間で言えば人間が1万年かかって毎日猛勉強して頭に詰め込む知識に
等しい情報量があり、それを聞くと人間の脳ではショートを起こし、脳が破裂
して人間が死ぬということもありえたりするのではないかと思う。

550 :オーバーテクナナシー:2009/11/20(金) 12:49:00 ID:ivsxh0XH
体がスポットライトのようにまぶしく輝いてる宇宙人のイメージはよく
SF映画などに出てくる。
するとその宇宙人の体温は8千度ということもありえるだろう。
人間が握手すると握手した腕が燃えてしまうので、耐熱手袋が必要。


551 :オーバーテクナナシー:2009/11/20(金) 19:59:11 ID:nGL3dMSf
>>548
100万倍の知性があっても早口でしゃべるわけでもあるまい。w

552 :オーバーテクナナシー:2009/11/20(金) 22:05:21 ID:2bCmb6X1
>>551
言葉を発音して喋るだけではなく、人間より進化した存在ならテレパシー
で会話もするかもしれんでしょう。


553 :オーバーテクナナシー:2009/11/20(金) 23:38:19 ID:nGL3dMSf
>>550
光る服来てるだけかもよ。ほら、最近LEDや有機ELで光るTシャツとか、光る下着とかあるじゃん。
それが高度に進化したのが宇宙人のファッション。

554 :オーバーテクナナシー:2009/11/20(金) 23:45:35 ID:2bCmb6X1
>>553
そういうファッションの宇宙人もいるでしょうが、ウルトラマンやスーパー
サイヤ人のように手から強力なビームを出す宇宙人は、体温が超高温でもおかしく
ないはずです。
肉体そのものが一種の小型太陽というかね。
そのぐらいの強力なエネルギーが体内にないとウルトラマンのように自分自身の肉体で宇宙空間
を飛んで惑星を行ったり来たりすることはできないと思う。


555 :オーバーテクナナシー:2009/11/21(土) 00:44:33 ID:fmW7pvHu
ウルトラマンはたまーに、人を手の上にのせてくれたりしたんじゃなかったかしら
コジラの背中に乗せてもらったりすると、後から毛が抜ける

556 :オーバーテクナナシー:2009/11/21(土) 21:48:42 ID:AUWN4w/O
「地球上の生物自体、遠くの星から来た高度に進化した知的生命体が植えつけたものだ」って考えもあるようだね。
飼育箱の中で生まれて死んでいく昆虫のような物。
宇宙人の子供の夏休みの課題で育てられてるだけだったりしてな。


557 :オーバーテクナナシー:2009/11/22(日) 00:15:36 ID:HPS3k7es
人間には見えない。

558 :オーバーテクナナシー:2009/11/22(日) 18:19:31 ID:HnqvrSra
いつまで夏休みだよ

559 :オーバーテクナナシー:2009/11/22(日) 18:27:40 ID:bA04OC0h
2012年までw

560 :オーバーテクナナシー:2009/11/22(日) 18:29:36 ID:bA04OC0h
夏休みが終わると宿題を提出させられて、さらにキビシイ試験がまっている

561 :オーバーテクナナシー:2009/11/23(月) 13:23:35 ID:bqAUPOrJ
ビッグバンを起こしてその後の経過を観察する宿題とか。

562 :オーバーテクナナシー:2009/11/24(火) 12:22:31 ID:fb8YxjHZ
進化生命体の割には悪質だと思わないか

563 :オーバーテクナナシー:2009/11/24(火) 16:39:40 ID:ABPGpV9k
進化してる存在は、悪質でも善良でもないだろうな。
ある種が絶滅しそうになったら助けたりもする。
百害あって一利なしなら絶滅しても気にしない。
普段は食ったり奴隷にしたり、実験材料にする。

564 :オーバーテクナナシー:2009/11/25(水) 00:08:19 ID:Pd9kI9vs
知的生命体の文明の繁栄から衰退までの観察

565 :オーバーテクナナシー:2009/11/25(水) 19:54:13 ID:Vx6bTGp+
人間の100万倍以上の知性を持つ高度な宇宙生命が人間を見て知的生命
だと判断する保障はないはずである。
人間がナメクジを見た時のような感情を持つのではないか。


566 :オーバーテクナナシー:2009/11/26(木) 07:53:20 ID:POvoE0Ef
ここでくっちゃべってるすべての事に保証なんかないよ

567 :オーバーテクナナシー:2009/11/27(金) 16:13:17 ID:vW0j3Vjq
ベルゼバブの孫ハンセン、人間をナメクジよばわりする

568 :オーバーテクナナシー:2009/11/28(土) 09:34:42 ID:U7NtEdhs
>565
とゆうことは俺らがナメクに塩かけて弄ぶように
その生命体は何か分けのわからないものを
人類の上から振りかけて遊ぶんだろうな・・・お〜怖

569 :オーバーテクナナシー:2009/11/29(日) 09:51:39 ID:FgSmb73Z
むつごろうさんが、大ナメクジをうまそうに食べる動画があったぞ

570 :オーバーテクナナシー:2009/12/02(水) 23:14:49 ID:4Zo4TmUL
シュミレータでは無いとは言い切れんわな。
あまりに人間はもちろん生物にとって地球は都合が良すぎる感じもするし。

571 :オーバーテクナナシー:2009/12/11(金) 00:08:10 ID:SbqKMu0j
うむ。都合がよすぎるよな。他の惑星をみたらうなずける話だ。

572 :オーバーテクナナシー:2009/12/11(金) 00:09:36 ID:SbqKMu0j
>>596
それ俺もみたわ。となりで見ていたおっちゃんが、うげーって顔してたなw

573 :オーバーテクナナシー:2009/12/11(金) 02:19:11 ID:g+bZCkic
地球環境に併せて発生、進化してきたのだから都合がいいのは当然では

574 :オーバーテクナナシー:2009/12/11(金) 19:48:23 ID:bh4/Sbte
地球上の全人類と一度にテレパシーで会話することができ、
「人類はまだまだひよっこだから精進しろ」と爺さんみたいに言うのではないか?


575 :オーバーテクナナシー:2009/12/11(金) 22:07:31 ID:a43fphKs
スレちかもだが、ドレイクの法則(銀河文明の法則)によると、一つの銀河に文明がある確立は5%くらいらしい。
それでも宇宙全体なら文明の数は50万以上だが、この銀河系の文明が地球だけの可能性は高い。
アニメみてると銀河系内に10くらいは文明ありそうだが、実際は20個の銀河に1個くらいの割合なのかも。

576 :オーバーテクナナシー:2009/12/12(土) 07:30:33 ID:thsgirsS
人間が想像した宇宙文明は無数にあるが実物にはおめにかかれない

577 :オーバーテクナナシー:2009/12/15(火) 12:15:38 ID:ly2I/PQt
知能が高いので携帯電話を細かくバラバラにしてもまた組み立てることができるし、
東大受験も試験の三日前ぐらいに教科書をパラパラをめくれば、それで100点満点を取るのではないか。
また世界各地のすべての言葉ぐらいはすぐ覚えて話せる。


578 :オーバーテクナナシー:2009/12/16(水) 03:05:34 ID:GRYV9XMW
幽体離脱入門という本に人の頭を改造手術する宇宙人のことが書かれていた。
実話らしい。ただし夢の次元に現れる存在なんだけど。

579 :オーバーテクナナシー:2009/12/16(水) 03:08:21 ID:GRYV9XMW
それから改造手術する前に「どうするよ?」ってちゃんと確認してくるそうだ。w

580 :オーバーテクナナシー:2009/12/20(日) 22:45:32 ID:dJgn3of7
ちょっと聞きたいのだが
今見てる番組で資本主義がどうの言ってるんだが進化した奴らならはどんな方法で儲けてるのだろうか
そもそも通貨すら存在してるのか

581 :オーバーテクナナシー:2009/12/20(日) 22:52:01 ID:GBAUW5we
っ「評判経済」

582 :オーバーテクナナシー:2009/12/21(月) 00:33:32 ID:BdvZx9qc
200万光年先の惑星を目指して 宇宙船は飛び立った だが
その地球型惑星は 未来の地球だった 我々は その地球型惑星は月がない
PIT : sd
SE ;R
PIT -YU
CD FG GH TY UI
{ PI -YU
猿の惑星; A P U
{======


583 :オーバーテクナナシー:2009/12/21(月) 03:06:27 ID:xkADtBVf
>>579
どうするよって、何もするなよって感じだろ(笑)

>>582
その宇宙船、欠陥品だな(笑)

584 :オーバーテクナナシー:2009/12/21(月) 05:00:44 ID:VCg/Tz8J
テレパシーが使えると便利だ
ただ単に会話できるとかその程度のことじゃないぞ
知識や経験、技能なんかを共有するとネットワークの中に新しい人格が生まれる
そしてその人格が個体を手や足のように動かす、ちょうどチェスや将棋のように
細胞が一つの意志の元に動いて生物が出来上がっているように
生命体が一つの人格の元に動けばもっと規模の大きい生物的な何かが誕生する


585 :オーバーテクナナシー:2009/12/21(月) 05:04:51 ID:VCg/Tz8J
そもそも今の文明は効率が悪すぎるんだよな
コミュニケーションが言語によるから遅いし不正確だし
知識や技能、経験なんかを個体自身で賄わないといけないんだから
とっても面倒だ

586 :オーバーテクナナシー:2009/12/21(月) 05:21:39 ID:VCg/Tz8J
さらに言ってしまうと全ての個体が同じ人格に動かされるわけだから戦争なんかはなくなる
個体の全ての経験が受け継がれる状況は同じ人格を保つという意味において不老不死と同じだ
個体の死は人間でいえば細胞が死んだぐらいでしかないわけだ
IQも相対的に上がるしいいことずくめだ

587 :オーバーテクナナシー:2009/12/21(月) 05:31:31 ID:VCg/Tz8J
だからIQを上げたい、平和が来てほしい、不老長寿が欲しい、勉強がめんどくさい
という人たちは協力してテレパシーの研究をするべきだ

588 :オーバーテクナナシー:2009/12/21(月) 05:33:51 ID:VCg/Tz8J
まあ実際には今のテクノロジーじゃあ無理なんだろうな
何世紀かかるんだろうか

589 :オーバーテクナナシー:2009/12/21(月) 05:38:18 ID:VCg/Tz8J
前置きが長くなってすまんが宇宙生命体は今書いたようなことは実行してるんじゃあないだろうか
もし実行してるんだったらそこから先は予想がつかないな

590 :オーバーテクナナシー:2009/12/21(月) 08:03:57 ID:Ob/8/9Gq
無個性になると、単純な生命体になってしまうから、一つ決断を間違えて全滅ってこともありそう。

591 :オーバーテクナナシー:2009/12/21(月) 10:38:36 ID:GYQc/UGV
無個性になったら色んな趣味の人が消えそうだね。なんだかすごく寂しいな

592 :オーバーテクナナシー:2009/12/21(月) 18:09:07 ID:VCg/Tz8J
無個性じゃないよ
全ての個性を統合した全個性になるだけ
すべての価値観とか視点とかを持ってるわけ
一つの人格が何パターンもの思考パターンをもつようになるだけ

593 :オーバーテクナナシー:2009/12/21(月) 18:12:27 ID:VCg/Tz8J
今の人類なんて個体はせいぜい数個の思考パターンしか持たないでしょ
その方が危険じゃあないかなと思うな

594 :オーバーテクナナシー:2009/12/24(木) 07:59:07 ID:3HlO634L
その数個の思考パターンはどんなのがあるのか挙げてみて、気になる

595 :オーバーテクナナシー:2009/12/24(木) 18:15:40 ID:toNngMbL
人類より高度に進化した生命体は、たばこや酒やドラッグにおぼれることはあるのだろうかね。
などと禁煙しながらつぶやく。

596 :オーバーテクナナシー:2009/12/25(金) 02:06:56 ID:6bssRzPx
>>594
単純なものだと刺激に対する反応の違いかな
例えば甘いという刺激が好きな人もいれば嫌いな人もいる
複雑なものだと経験からくる思考する時の前提といったところか

597 :オーバーテクナナシー:2009/12/25(金) 02:11:56 ID:6bssRzPx
思考する時の前提ってのは無意識のうちにある前提ってこと
この前提ってのは知能や文化、民族や経験値によって勝手に決まっていくよ
分かり易い例としては音に対する日本人と欧米人の違いかな
日本人は虫の音を脳は声として処理するのに対して、欧米人はノイズとして処理するんだって


598 :オーバーテクナナシー:2009/12/25(金) 02:15:49 ID:6bssRzPx
これはもう思考パターンの違いなんですよ
この場合は民族の思考パターンの違いといったところかな
他にもいろいろあるよ

599 :オーバーテクナナシー:2009/12/25(金) 07:00:11 ID:QfmSZfz/
>>595
動物が自然界でアル中になってる話はないよね。マタタビ中毒の猫もいない。
ヤク中になるのは進化している生命体なのかもしれない。
命を削ると分かっていて、あえてそういうことに興じたりする。

600 :オーバーテクナナシー:2009/12/25(金) 16:30:45 ID:Lw5j6Wuj
>>595
> 人類より高度に進化した生命体は、たばこや酒やドラッグにおぼれることはあるのだろうかね。
> などと禁煙しながらつぶやく。

サブシステムを作ってそいつにたばこや酒やドラッグにおぼれさせて
その様子をインスペクトしたりするだろう。

601 :オーバーテクナナシー:2009/12/25(金) 19:05:46 ID:BfXtl2Eo
高度に進化すると、ロシアンルーレットが大好きかもしれない。
生き延びたときが最高のエクスタシーw

602 :オーバーテクナナシー:2009/12/25(金) 19:14:11 ID:BfXtl2Eo
安全なところから見ているのが高度に進化しているというわけではない。
進化してても退屈はいやだろう。ドキドキしたいはずだ。
うまいごちそうや酒を前にしたときは、自分がそれを食いたいだろう。
他人や自分のクローンに食わせたくはないさ。

603 :オーバーテクナナシー:2009/12/26(土) 00:27:24 ID:mc4T/etB
同一の人類でも環境が変われば文明の発展性も全く違ったものになるだろうね
例えば重力が0.1Gの地球型惑星では建築物は現在の技術でも数倍高いものが建てられるし
航空用の複合材でも軌道エレベーターが作れてしまう
生命体は同じでも全く違った社会になるだろうね

604 :オーバーテクナナシー:2009/12/26(土) 07:32:32 ID:OMQB4Zp1
0.1Gだと人力飛行自転車も実用になりそうやね

605 :オーバーテクナナシー:2009/12/26(土) 08:44:57 ID:yrPt0tRk
それぐらい軽いと脳も大きくなりやすそうだ

606 :オーバーテクナナシー:2009/12/26(土) 12:27:34 ID:0iD51WZZ
>>603
なにより大気が保持できない。

607 :オーバーテクナナシー:2009/12/26(土) 13:33:36 ID:3IbTrRij
そこは神様(進化した宇宙人)によって温室化されていて、
惑星全土がビニールハウスのように膜で保護されているのだ。
0.1G、常春の国、なにもしなくても大地は恵みをもたらし、
網をなげればいつも魚がたくさんとれる。
そこらへんの木々から果実をもいで食べてれば飢えることもない。
大地は食い物で溢れている。
深刻な病気もなければ、天敵もいない。メテオが降ってくることもない。戦争もない。
男女の数はだいたい同じで、美男美女ばかり。
そしてみな平等にセックスの機会に恵まれる。
人工の翼をつけて、パタパタとはばたけば空もとべる。
空を飛びながら恋人達は愛を語らう・・・・・

こんな星に住んでいたら、退化してしまいそうだがw
そればかりでもないだろう。

608 :オーバーテクナナシー:2009/12/27(日) 12:11:28 ID:Q5U929CB
現実は理想ほどそう甘くないと思う
何事にも裕福な世界には影もあるってことを絶対に忘れるな

609 :オーバーテクナナシー:2009/12/27(日) 15:49:55 ID:6Z4XvW2T
未来文明の主役は間違いなく機械生命体。


有機生命体 進化が遅い、肉体が脆い、寿命が短い、
機械生命体 進化が驚速、部品交換が容易、寿命はコアが破壊されない限りほぼ永遠

機械生命体は部品を交換するだけ、プログラムを書き換えるだけで1分1秒単位で進化出来る。
有機生命体がこの進化速度に追いつくのは天地がひっくり返っても無理。

機械生命体は移動の自由を確保する為に宇宙船に本体となる巨大人工知能マザーコンピューターを積み
その指令によって多数の小型宇宙船や作業用ロボットを同時に操作する生命体になるだろう。

部品交換やプログラム書き換えで自身を自在に変化させる事が出来るという事は
生命の進化に必須と考えられてきた、生殖や死すらももはや必要なくする。

外敵から身を守る為には仲間の数が必要なので、自身の類似コピーから無性生殖は行うだろうが
有性生殖を行う必要はもはやなく恋愛感情なるものも消失するだろう。


生命の概念を根本的に塗り替えながら機械生命体は知的生命の進化をさらに加速させるだろう。
その時、われわれ人類の子孫は今のゴリラやチンパンジーと同じほどの価値しかない存在として
機械生命体の保護下に置かれて生活しているだろう。

610 :オーバーテクナナシー:2009/12/27(日) 23:24:59 ID:nFStkhgA
何億光年の彼方から飛んでくるなら機械の体じゃないと無理だよな。
グレイは人工知能宇宙人の飼ってるペットだって説もあるが。

611 :オーバーテクナナシー:2009/12/28(月) 17:16:48 ID:JcX57k8g
そんなくだらんナビだれが買うんだタコ

612 :オーバーテクナナシー:2009/12/30(水) 20:06:11 ID:Exo04l6T
人間や動物の意識の、思考活動や感情活動ははたしてプログラムなのかね?
人間は、なんとなく事物の仕組みが見えてきたとき、それを機械装置になぞらえて見るのが好きなんだよね。
生物(人間、動植物、昆虫等)の仕組みが多少みえてきたら、機械のようにみることができる。
機械的なものとして理解できた自然だけを機械化することができるわけ。
でもそれは自然のごく一部の機能だけを取り出してモデル化しただけの話。
しかし、それは機械のように分かりやすく見たいから、そうみなして完結させただけの話。
つまり自然から見たとき、機械は非常に不完全な代物なの。自然の模造品。

613 :オーバーテクナナシー:2010/01/03(日) 08:49:56 ID:ih40iKjb
自分自身を書き換えて、自動でバージョンアップしていくコンピュータプログラムってありえるのかね?
使っているうちに勝手に学習して、ある日、新機能が増えていたりする。
無理っぽいけど。

614 :オーバーテクナナシー:2010/01/03(日) 10:48:44 ID:adrUcHLU
人間がやっている以上、可能。

615 :オーバーテクナナシー:2010/01/04(月) 11:26:44 ID:yR/IVDDM
UFOで来た宇宙人がアタッシュケースをバンと開いて札束を取り出し、
「これはほんの挨拶です、お茶でも飲んでや、なんせわしらUFOを乗り回し
てる身分やから銭なら腐るほどありますのや」と手渡してくる。


616 :オーバーテクナナシー:2010/01/04(月) 14:37:25 ID:TNvLlbbJ
文明が無限のエネルギーを得た時に初めて他の星に行く可能性を得た事になる、と思う。

617 :オーバーテクナナシー:2010/01/04(月) 18:03:19 ID:rMbbR/kv
人類が本格的に宇宙進出する可能性なんて何千年後でもほとんどないと思うが。

そもそも人は豊かになると趣味嗜好が多様化してSEXや子作り、子育てにあまり重要な意味を見出せなくなる。
出生率は低下する。人口も減少する。先進国ではすでに起きている事。
途上国は人口爆発だろうと言っても、途上国でいくら人口増えても彼らに宇宙開発するような
技術も資金もない。それに、食糧や資源の不足、病気の蔓延で言うほど人口も増えない。
大方の予想でも2100年ごろが地球人口のピークでその後は緩やかに減少だろう。

アジアが発展すれば次はアフリカでそうすればこの世に貧困国はなくなり、
地球全体の人口も減少の一途。人口が減るなら態々大金の必要な宇宙開発なんかする必要もない。

可能性があるとすれば現生人類に迫害された超人類、ポストヒューマンが宇宙に祖国を建国するというパターン。
DNAを弄った超人類の他に、人間を超える知能を身に着けた人工知能が自由を求めて宇宙に上がるという
パターンも考えられる。

618 :オーバーテクナナシー:2010/01/04(月) 18:29:39 ID:HE7pU6Gb
進化は系統分岐となって進む……80年代以降、リアル系SFでも、地球はこのまま
地球で、弾き出された人々が先へとゆくというビジョンがふつう。



619 :オーバーテクナナシー:2010/01/04(月) 21:52:26 ID:shbSL+Qb
地球人類には行き詰まり感が高まってるけど、時間と空間を跳躍する理論はそろそろ出てくるのかな。
理論が生まれてきたら、それが実用化するのは百〜二百年くらい先だろうけど、理論がなければはじまらない。

620 :オーバーテクナナシー:2010/01/05(火) 02:02:00 ID:9R7W7AlF
ポストヒューマンは人工知能なら大気も水も必要ないから彼らが地球にこだわる理由はないんだけど、
現生人類の改良系だった場合、始めは力関係で宇宙に逃げてもそこで力をつけたら
地球に侵略してくる可能性があるんだよね。人間の改良系でしかない以上はいくら能力が高くても、
水や大気まで必要ないという事はありえないから、宇宙よりは地球のほうが住みやすいに
決まっている。

だから人類にとってより危険なのは人工知能より、DNA操作された新人類の誕生。
人工知能は人類が宇宙における人工知能の自律的活動を容認する限り利害の対立する所は
ほとんど何もない。新人類と人類の間では狭い地球という存在空間を巡って争いが発生する
可能性が高い。

現生人類であるホモサピエンスが発生したおよそ20万年前には他にも複数の人類種族が
生存していたようだけど、数万年前までにホモサピエンス以外はすべて滅んだ。
食性や習性の近い人類種が地球に複数種存在するのは難しいと思われる。

軍事的手段による侵略という形を取らなかったとしても圧倒的に能力の劣る現生人類は
新人類に経済的に遅かれ早かれ駆逐されてしまうだろう。だからDNA操作自体を違法化して
取り締まるか、進化を求めるなら人類全体で一律のDNA操作をする必要がある。

621 :オーバーテクナナシー:2010/01/05(火) 03:58:00 ID:OEL3ZRiy
>>620
90年代のトレンドだな

622 :オーバーテクナナシー:2010/01/05(火) 04:57:55 ID:z/9OW8NX
>>613
蜜蜂は蜜採集での成功事例を基に
体内時計で太陽の位置を掴んで、成功ルートを記憶で辿って同じ花蜜を採集する
失敗したら、行き倒れになるなり別ルートを探すなりの修正を加える

>>620
複雑でゆらぎや刺激反応のあるプログラムが意識を持ったり
ヒトの大脳領域が機械にコピーできた上で人工子宮が誕生する段階まで来るとだ
恒星間旅行や移住に生体は不必要となる
精子卵子以前にクローン用のDNAと培養設備と高度なAIのみでいい
その際に意識体はないほうがいいかな?感情で制御されないほうがいい
エネルギー供給がなくなるか、致命的な故障がない限り半永久だからね
放射線劣化があれば、都度惑星なりに立ち寄って資源採取兼のプラントを作り
修復して旅を続けりゃいい
要は目的をどこに置くかで決まる

それで適切な移住先が発見されたとする
居住環境なりのベースは機械が作れば、千年万年すら時間なんて関係ない
クローンなりで誕生した生体の大脳へ機械にストックした大脳情報をコピーし続ければ
初期段階での開拓は全てがそれぞれの専門家によって遂行されるのと一緒
感情や刺激反応はそのクローンの大脳皮質以外のものによって委ねられるがね

623 :オーバーテクナナシー:2010/01/05(火) 06:46:45 ID:F35Q+hBD
発情期かw

624 :オーバーテクナナシー:2010/01/05(火) 07:18:33 ID:OEL3ZRiy
100円ショップで適当に量の多いソース買ったら、不味くて実用に耐えるもん
じゃなかった。




625 :オーバーテクナナシー:2010/01/05(火) 19:28:16 ID:3nZSOxE5
めんつゆ25%増量と書いてあったやつを買った。
いつものより味が薄かった。orz

626 :オーバーテクナナシー:2010/01/06(水) 03:22:47 ID:fhL/H9u0
>>621
2010年代のトレンドはなんだろ?

627 ::2010/01/06(水) 14:28:38 ID:+wEz/vgm
大胆な考察と、それを実証するコンピューターシミュレーション
とによる、大幅な社会変革の実行。

628 :オーバーテクナナシー:2010/01/06(水) 16:34:57 ID:AiWiL/2X
ワープとか空間超越技術をもった連中が現れたら、
進化してると認めてもいい

629 :オーバーテクナナシー:2010/01/06(水) 16:36:23 ID:AiWiL/2X
>>627
このままだと地球がつぶれるから、
みなさんおとなしくうごかないで、息しないで、CO2出さないで、静かにしてと
エコロジーに走るとか?

630 ::2010/01/06(水) 21:44:29 ID:+wEz/vgm
そう、すべてを網羅して、すべてをレベルアップさせる、
効率のいい社会、スマートグリッドとか、あんなものを
すべてに展開する。

631 ::2010/01/06(水) 21:58:02 ID:+wEz/vgm
<< 天網開会租にして漏らさず、>> という言葉があるが、強い規制ではなく
要所、要所を押さえた、自由を伴った、新しい社会、ムダ、無理のない
高い効率を達成させた世界、CADという言葉があるが、CAL
LはLife。

632 :オーバーテクナナシー:2010/01/06(水) 23:44:35 ID:/e0V8jVC
天気予報シミュレーションははずれまくりだけどね

633 :オーバーテクナナシー:2010/01/07(木) 23:44:47 ID:YPxchuCb
五次元や六次元に住んでいる。

634 :オーバーテクナナシー:2010/01/08(金) 18:14:19 ID:W8NbRYft
北極が溶けると冬は激しく寒くなり夏は激しく暑くなる
温度移動が鈍くなる

635 :オーバーテクナナシー:2010/01/09(土) 01:01:26 ID:df5VZVro
きっと寿命が長いから、知識が半端無いんだろうなあ

636 :オーバーテクナナシー:2010/01/09(土) 06:10:42 ID:PwHMHGvN
>>635
> きっと寿命が長いから、知識が半端無いんだろうなあ

正確には、寿命を持たない。だな。

637 :オーバーテクナナシー:2010/01/09(土) 15:30:18 ID:6cGGRlKV
>>635
彼らはとてものんびり話すよ。記憶の検索に時間がかかる。w

638 :オーバーテクナナシー:2010/01/09(土) 18:53:48 ID:PwHMHGvN
>>637
検索アルゴリズム舐めんな

639 :オーバーテクナナシー:2010/01/09(土) 19:26:21 ID:08MQfdF/
機械思考しかできない人間を、進化した生命体からみると、機械なみにバッカーなんだろうな

640 :オーバーテクナナシー:2010/01/09(土) 20:11:55 ID:zIseAY2Z
地球人が希少動物を保護するように宇宙人から観ると地球人は保護すべき稀少な生物に見えるだろう

641 :オーバーテクナナシー:2010/01/10(日) 15:08:33 ID:ax4EGmqM
60億超えてるのにどこが希少?

642 :オーバーテクナナシー:2010/01/10(日) 16:19:07 ID:Tzr5NB67
>>641
宇宙人から見ると、地求人はそれくらい無力な存在なんだろうなって事じゃないの?

643 :オーバーテクナナシー:2010/01/10(日) 17:04:54 ID:3MKSAVnZ
お前ら今の文化的に見てアマゾンの先住民族を見てどう思うよ
そんなものだろう

644 :オーバーテクナナシー:2010/01/10(日) 20:22:44 ID:0S3cqHJu
すばらしいよアマゾンの先住民は
我々も見習うところが多い

645 ::2010/01/11(月) 00:07:11 ID:VSuC9wsG
まず彼らは、スタンドアローン、自立している、他人を頼らない。

646 :オーバーテクナナシー:2010/01/13(水) 19:17:44 ID:ZFRKbBci
進化すると、みんな修行僧になってしまう。
バルカン人みたいに。

647 :オーバーテクナナシー:2010/01/15(金) 14:01:32 ID:IRX7+Yfe
アマゾンの先住民の薬草の知識は半端じゃない

648 :オーバーテクナナシー:2010/01/21(木) 02:00:30 ID:9GLTcs6R
観測するのみ
地球人とコンタクトするのはリスキーだから・・・
土人に文明を与えた結果は
日本人が、よくわかってるはず
<`^>

649 :通りすがり:2010/01/23(土) 00:32:15 ID:hhCVoR0E
言語で周囲の他人とのネットワークを作り進化し、
文字で時空を超えた他人とのネットワークを作り進化した。
やはり
ネットワークランクがすごい存在かも。


650 :オーバーテクナナシー:2010/01/24(日) 22:23:06 ID:ta49Us6q
思念体

651 :オーバーテクナナシー:2010/01/25(月) 00:19:45 ID:S4986O4G
地球は田舎だからね 田舎基準で考えてもしょうがない。
スタンダードなのは やっぱり都会。
そんな都会の宇宙人ってのは
やっぱ銀河の中心近くで 高温高圧な環境で進化した生命体。

知能も高いから 会話なんかもキュルル キュルルルルールと かなり素早い。

明るく熱い環境に慣れすぎてて
地球なんて 田舎の極寒の星だし眼中にない
つーか太陽さえ暗過ぎて見えない。
というか 興味さえ無い。

そんなわけで 僕ら地球人は もっと明るく熱くなるべきだと思います

652 :オーバーテクナナシー:2010/01/25(月) 14:32:28 ID:rQBXPUSl
熱くなりすぎて血生臭くなりそう。
あれそれって・・・

653 :オーバーテクナナシー:2010/01/26(火) 14:26:29 ID:lZrb3k29
ん〜とね〜 ナーみたいなヤツ


654 :オーバーテクナナシー:2010/01/26(火) 15:32:27 ID:U6I4H9de
アバターに出てきた人類は進化してたのだろうか

655 :オーバーテクナナシー:2010/01/26(火) 16:56:31 ID:zZCZ4Xs2
>>654
してないだろ。する理由無いし。


656 :オーバーテクナナシー:2010/01/26(火) 18:36:07 ID:6FnYuLL0
性別もなく寿命もなくむしろ実体をもってなさそう・・

657 :オーバーテクナナシー:2010/01/26(火) 21:05:26 ID:M5tvkDUW
人類が恒星間飛行ができるようになっても進化したとはいえないんだな

658 :オーバーテクナナシー:2010/01/26(火) 22:15:45 ID:zZCZ4Xs2
>>656
> 性別もなく寿命もなくむしろ実体をもってなさそう・・

性別と呼称される属性や、寿命の類は任意にコントロールできるように
するはずだから可変要素になっているとして、実態を持っていないと
想定する理由は何もない。

659 :実際に異星の生物と会った者:2010/01/27(水) 03:55:25 ID:XAhl+45l
去年仙台近郊に住んでいました、人間そつくり美人の母親と美人の娘
2名で住んでいました、父親は海外に仕事で行っているとの事でした
ある事で知り合い夕食に招待されました、なぜ人間ではないとわかった
か、それは夕食に作ってくれたカレーの味でした、見たはとても美味しそう
でしたが、味というレベルのものではありません、何か灯油を入れた様な
とても食べれない味でしたが、食べないと生きてその家から出られないと
感じたので無理して食べました、大変な美人の母と娘だったので信用して
しまいました、何とか食べて礼を言ってその家を出て組織の上司に連絡を
しました、近ずくなとの指示でした、一週間後に行って見ますともう空き家
でした、どこかに引っ越したとの近所の方のお話でした、
あの二人は絶対に人間ではありません、どこかの星から来た別の生物です。

660 :オーバーテクナナシー:2010/01/27(水) 10:42:24 ID:XAhl+45l

地球社会にもそういう生物が紛れ込んでいる可能性はあるね、
当然自由に外形を変えて人間そっくりに変体している生物も
居るだろうし、人間の身体を乗っ取って人間になりすまして
いる生物も居るだろうし、東京あたりにはそういう地球外から
来た生物が人間そっくりの姿で相当数居るんじゃないのかな。

661 :オーバーテクナナシー:2010/01/27(水) 11:58:28 ID:zRKu/uTR
「地球に落ちてきた男」みたいに、ハイテク産業の社長・会長やってたりするよw

662 :オーバーテクナナシー:2010/01/27(水) 12:04:12 ID:XAhl+45l
もしかしたら、小沢さんや鳩山さんも人間ではなかったりしてね、
検察側がそれを知っている秘密機関の人間かもね、

663 :オーバーテクナナシー:2010/01/27(水) 13:28:02 ID:w/RE6SoR
みんなニャントロ星人だよ

664 :オーバーテクナナシー:2010/01/27(水) 21:04:16 ID:+dtiBW0i
宇宙人に政治をまかせてみるのもいいかもしれんなぁw
人間がやってもだめだったんだしさw
三国人にやらせるより期待できるんとちがうか?

665 :poo san:2010/01/28(木) 09:20:12 ID:EM6zHQur
「人類より高度に進化した宇宙生命体はどんなやつか?」
より高度に”何が”進化したかを問題にします。
ここでは、”知性”=思考能力が高いこととします。
プログラム(考え方)計画(周囲に対する反応等)、
一度に入力できる感覚の数が多いこと、
一度に処理できる情報量が多いこと。
 また、サイド能力として、知覚数が多い。人はいわゆる五感+身体感覚程度ですが、
より高度な生命体は、人が見える波長以外の光類(赤外線、紫外線、電磁波等)、
聞こえる以外の音(高い音、低い音、その他の振動)、多種の臭いに敏感に感じること、
遠くの物体の動きを感じること、時間的に隔たったことを同時に処理できること
(数時間前、数年前のことをきちんと記憶しておき、1秒前のことと比較・同定できること)、
多数の生物からの知覚情報をまとめて、一つの情報にできること。
祖先がした経験情報を選択的に同じように受け取れる能力等が考えられます。
 このような知性体が生殖能力を持っており、
どのような問題とそれに付随する解決方法を考えるかを、
思考実験してみます。

なお、この掲示板の601以降見ました。

666 :poo san:2010/01/28(木) 10:04:52 ID:EM6zHQur
 ここでは、この知的生命体は炭素・酸素・水素を主体とするDNA、RNA発展型の一つとします。
しかし、遺伝子は二重螺旋以外の場合もあるとします。
 このような生命種族は、次のようなことを発見(科学推測)するとします。
1 多の生命体が存在する場所について
 銀河系周辺地域のドーナツ・ゾーン帯
「過酷な宇宙で生き残れる場所は?」参照
 別冊日経サイエンス 生命の起源2009年12月11日刊
2 自分の住む惑星の恒星の寿命と、生物系が生存できる年限(数億年・数十億年か)
3 近隣の恒星型で多くの状況から知的生命を宿すことができる惑星の発見
 情報交換できる近さとしては、数年・数十年後年が望ましく、百光年が限界でしょう。
4 自分たちの生命組織とその限界について
 生物種族として、自分たちの知性が保てる生殖限界(150世代)程度とします。
5 集団的知力として、その生殖限界で何ができるかを考え、まとめます。
 今の自分たちの文明・文化と150世代までの集大成として、目的とそれに向けて
どこまでできるか、を考えるでしょう。

667 :poo san:2010/01/28(木) 10:10:03 ID:EM6zHQur
この生物が生殖能力があり、知性があるため、複製子の存在を意識しており、
同種の個体の維持(子孫を残す)ことがプライマリーが高いでしょう。
しかし、一番ではないでしょう。必要最小限でとどめておくでしょう。
 文明の存在とその維持も重要ですが、その文明をより高めることは
一番ではないでしょう。文明は他者との交互作用を保つのに必要なもの、
より交互作用できるものの発展が重要になると考えるでしょう。
 自分たちの存在意義を価値あるものにする以下のような目的を考えるでしょう。
1 自分たちの種族が経験・考えたことをまとめ、それをどのように残すか。
2 他生物との情報交換できる方法を考える。

 今回は、ここまでとします。では、また。

668 :オーバーテクナナシー:2010/01/29(金) 22:39:52 ID:tPPo8A5D
人を超えるモノは人が作り上げた人工知能。
多分、人が作った人工生命が人を駆逐する日が来るよ。

669 :オーバーテクナナシー:2010/01/30(土) 00:28:28 ID:/yhj4UwY
世界は地球外生物の物だったりします。

670 :オーバーテクナナシー:2010/01/30(土) 02:27:17 ID:0YKSwFhO
無秩序に複雑化した自然発生の知能より、知能によってデザインされた知能が優越する
のは自明の理ってやつだな。

671 :オーバーテクナナシー:2010/02/01(月) 13:08:22 ID:xRbw1xW6
iy:@y 人間そっくりか

672 :オーバーテクナナシー:2010/02/08(月) 11:09:09 ID:gZmY5Qwd
機械で人工知能を作るのは、まだ何百年もかかりそうだが、それより、
優生学で知能と身体能力の高い男女を選別して、手厚く保護して英才教育をほどこす。
そのように育てられた者を結婚させ、かけあわせ、何世代もそれを繰り返す。

いま市場にならんでいる、おいしい果物みたいにうまくいくかなw

673 ::2010/02/08(月) 17:59:39 ID:W0UotoQI
人間サラブレッド作戦

674 ::2010/02/08(月) 18:02:14 ID:W0UotoQI
そしてサラブレッド以外の人間は、少しずつ削除していく
(ちんちんを切ってしまう)全員サラブレッド化完了

675 :オーバーテクナナシー:2010/02/08(月) 20:41:22 ID:lquS/juP
>>672 マヂレスすると「優生学」ってのは科学とは認められてない
それに見た目や知能で撰んだ男女を掛け合わせ?ても優秀な人間が生まれる
とは限らないし 知能が高いのとある事に関して優秀である事は必ずしも
両立しない また人間は遺伝的要素よりも学習環境や人間関係の方が重要
どっちかってーと人間は見境なく交配してる事によって同じ種としての
多様性が他の動物より大きいことで繁栄してるから 変な線別をして
特殊な英才教育で育てた人間ばっかりで集団作ったらかえって色んな事象に
対処する能力を失うことになると思うな

676 :オーバーテクナナシー:2010/02/08(月) 20:45:51 ID:lquS/juP
>>673,674
サラブレッドやホルスタインはあまりにも家畜として特殊化し過ぎた
ので人間がいなくなったら真っ先に絶滅する
大体サラブレッドは人間の補助がないと種付けすら出来ないんだぞ
犬なんかも中型犬なんかはなんとかなるだろうが小型犬は人間無し
には生きれないだろうね

677 :オーバーテクナナシー:2010/02/08(月) 21:12:02 ID:rHqFCPf8
>>675
果物の品種改良と同じで、より良いものをつくろうという意志の介在のもと行われる、
長期にわたるたくさんの試行錯誤は、ある程度の成功を収めると思うよ。
もちろんその影には、忌まわしい失敗作も生まれるだろうけど。

サラブレッドは速く走れればOKという単純さがあるけど、理想の人間を作るという場合、
もっと総合的なモデルから設計しなければならないな。

それからモデルは一種類ではだめかもしれない。
理系、文系、体育会系などの特徴を、一人ですべてもってるというのは結局は中途半端かも。

678 :オーバーテクナナシー:2010/02/09(火) 08:32:54 ID:RyIcZ+F8
まず>>674のちんちんから削除

679 :オーバーテクナナシー:2010/02/09(火) 08:37:13 ID:RyIcZ+F8
というより、サラブレッド人間と天然人間がまざった状態で、自然淘汰の試練にかけないと。
サラブレッド人間が淘汰されていくなら、それは期待されるサラブレットではないわけだから。
そういう意味ではサラブレッド人間に求められる条件の一つは「繁殖力の旺盛さ」かも。

680 :オーバーテクナナシー:2010/02/09(火) 21:37:36 ID:s7I0ZEk/
DQN親に育てられるより、人格的に優れた義理の親に育てられ、しかも立派な教育を与えられたら、
ずっと有能な人間になりそうだな。目もみえないような赤ん坊からスタートすれば問題なし。

681 :オーバーテクナナシー:2010/02/09(火) 21:44:54 ID:9JtptvVH
 地球の歴史は 50億年 宇宙の年齢は120億年
地球の歴史が 終わった時 それから 宇宙の歴史が 終わるとしたら
宇宙のはてにいる 宇宙人の惑星が 宇宙の歴史が終わるにしたがって
終わるとしたら そこの 宇宙人は 地球にどういう感想を思うだろう
天動説はやはり 正しかった。

682 :オーバーテクナナシー:2010/02/10(水) 00:50:01 ID:tWJ8z8Mh
その120億年も、真空からの無数の泡のひとつに過ぎない
無数にアル、泡のひとつが消えるだけだったりして。
ムチャクチャナ上から目線

683 :オーバーテクナナシー:2010/02/10(水) 07:06:23 ID:Qn8qINbb
人類より高度に進化した宇宙生命体といえば
エネルギー生命体であるウルトラマンだ
さあウルトラマン大百科を読み返そう

684 :オーバーテクナナシー:2010/02/10(水) 16:00:53 ID:iyjvY5tt
人類がさ、よその生命のいる星まで足をのばせるような未来が来たとするわな。
これを宇宙人類ということにしておくよ。
遠路はるばるたどりついた先には、今のおれたちみたいな水準の原住民がいたんだよ。
戦争したりして、ときどき殺し合ったりもしてるの。核爆弾ももってたり。細菌兵器作ったり。
殺人工場おったてて、敵の民族をねこそぎ抹殺しようとしたり。
うわー、大昔の俺たちもこんなひどいことしてたときがあったのかーとか歴史で学んだ知識を
はじめてリアルで目にしたりするの。

さて同時期によその星から、巨大怪獣(巨大宇宙人)が来たの。
見た目は巨大怪獣だけど、恒星間飛行ができるくらいだから、ずいぶん知能は高くてさ、
「おやこんにちは、宇宙人類さん。これからもよろしく。仲良くしましょうね」と通信が入るの。
「やあこんにちは、はじめまして。これからも互いに宇宙の知識を交換し文化交流もいたしましょう」などと艦長ははなすわけ。
「ところでこの星にはなにしに?」と艦長。
「食事です」と怪獣。

巨大怪獣は上陸すると、小さな猿たちをオオアリクイみたいにモリモリ食べ始めたんだよ。
まとめてベロベロ、「ウマー!!」
さてこのとき宇宙人類は、猿たちを守ろうという気になるだろうか。
ウルトラマンのように。

685 ::2010/02/12(金) 05:59:25 ID:aIS+QQ0p
守ろうとするよ、また食うために、
人間も牛や魚や鯨でやっているではないか。
食べ物や、ガンの薬さえくれるかも
ベロベロ、「ウマー!!」

686 :オーバーテクナナシー:2010/02/12(金) 07:47:37 ID:nSSZ5zwS
つまり、ウルトラマンは人食い宇宙人だったんだよ!

687 :オーバーテクナナシー:2010/02/12(金) 07:59:52 ID:nSSZ5zwS
何匹もの巨大怪獣は大きなツメで原住民達のビルをガリガリと崩し、
細い口から細長い舌をニョロニョロと伸ばして中にいる原住民たちをベロベロ舐めとって食べていきました。
宇宙人類の宇宙船の中では、原住民たちの通信が傍受できたのです。
「使徒来襲!警報青!住民に避難勧告!うわぁあああ!!」

怪獣はたらふく食べたあと、宇宙人類にいいました。
「私たちは、決して彼らを食べ尽くすことはしません。またしばらく別の星に移動します。
 ここはお食事の巡回コースでしてね、畑みたいなものです。
 一カ月後(地球人類には百年くらいの時間)にまた来ます。
 そのころには、彼らはもと通りの数まで増えているんですよ。
 では宇宙人類さん、長寿と繁栄を!」
巨大怪獣は去って行った。

688 :オーバーテクナナシー:2010/02/12(金) 14:11:03 ID:aIS+QQ0p
ところで、天然災害はもしかしたら、次元の高い宇宙人からの
ベロベロ、「ウマー!!」
だったりして、地震も、台風も、巨大隕石の衝突も、
次元が違うと神の仕業に近づく。

689 :オーバーテクナナシー:2010/02/14(日) 10:16:08 ID:CqrEAbG5
>>687みたいに百年ごとに、空から巨大怪獣がやってきて、食べられてしまう星に住んでる人類と、
宇宙の放置プレイの我々人類では、どっちがいいんだろうね。
前者は宇宙的食物連鎖があることを知っている。宇宙の中で孤独でないことを知っている。
我々は知らない(想像はするが)。

 定期的に巨大怪獣が食べにくることを知ってる人々は、その怪獣を神のようにあがめて、
食べられることを喜びとするような、そんな連中もいるような気がする。

690 :オーバーテクナナシー:2010/02/14(日) 10:25:15 ID:CqrEAbG5
>>688
そのように考える思想はいくつかある。
物理的な実体のある存在ではなくて、悪魔のように魂や生命エネルギーを食べる存在がいるってね。
ロバート・モンローは人間の生命エネルギーをルーシュと呼び、それを貯えてもっていく宇宙人がいるといっている。
人が死ねば死ぬほど、それがたくさん集められるんだってさ。

691 :オーバーテクナナシー:2010/02/14(日) 10:28:12 ID:CqrEAbG5
>>578の宇宙人も、そういった高次存在だよね。
物理的実体をもっている

692 :オーバーテクナナシー:2010/02/14(日) 10:38:51 ID:CqrEAbG5
物理的実体をもっている存在だけが知的生命体というわけではないという精神世界の考え方でいくと、
妖しい連中がリアルにたくさんいることになるかもな。w

693 :オーバーテクナナシー:2010/02/15(月) 15:59:58 ID:21FySIKD
>>691
> >>578の宇宙人も、そういった高次存在だよね。
> 物理的実体をもっている

「高次存在」が未定義だけどな

694 :オーバーテクナナシー:2010/02/16(火) 03:38:50 ID:Im5SR3FO
精神世界でいう高次存在は形而上学存在のこと

695 :オーバーテクナナシー:2010/02/16(火) 04:01:47 ID:GXDUHMjQ
>>694
> 精神世界でいう高次存在は形而上学存在のこと

おお、猊下! 「精神世界」と「形而上学存在」が未定義です

696 :オーバーテクナナシー:2010/02/16(火) 17:50:17 ID:UygKEo+v
>>683
ウルトラマンたちの故郷、M78星雲の光の国は、宇宙的規模の警察&軍隊であり、巨大な暴力装置だったんだよ!
宇宙でだれも逆らうことは許されない。

697 :オーバーテクナナシー:2010/02/17(水) 05:53:19 ID:UdkIalGg
>>33-34
ええ話や!

698 :オーバーテクナナシー:2010/02/17(水) 16:23:34 ID:kVR3Jgqq
>>18
カーズって絶対帰ってきちゃうと思うんだけど。
星がなければ確かに無限にあっち飛んでっちゃうのは分かる。
でも絶対星に墜落するじゃん?
墜落したら、地球に向けて角度合わせてジャンプすればもう勝手に地球へ。
前からずっと不安だったよ。

699 :オーバーテクナナシー:2010/02/18(木) 17:50:48 ID:j14qU6hD
地球外生命体の方々もオナヌするのかな

700 :オーバーテクナナシー:2010/02/20(土) 08:35:58 ID:cFtDoSrP
もうすぐ宇宙怪獣が来る

701 :オーバーテクナナシー:2010/02/20(土) 21:47:07 ID:Cr9CG/EJ
もうすぐ食糧危機が来るからその前に技術援助とかしてくれたら意外と全人類で見れば助からない

702 :オーバーテクナナシー:2010/02/20(土) 22:03:08 ID:tRQv1AKw
強い宇宙怪獣が来きたら人類は力を合わせるだろうから、国家間の戦争はなくなる。
人類共通の敵が出現すると、人類は仲良くなれるんだ。
そのかわり怪獣と戦争だけど、宇宙のかなたから飛んでくるようなやつだから、きっと涙目になるほど強いよ。

703 :オーバーテクナナシー:2010/02/20(土) 22:18:45 ID:tRQv1AKw
食料危機がくると、多くの食料を輸入にたよってる日本はとても脆弱だな。
金があっても食料が少ないときは売ってもらえないし。
進化してるというのは、飢えからどれだけ自由になってるか、ということかも。

704 :オーバーテクナナシー:2010/02/23(火) 11:05:28 ID:FRn6Y0fN
ウルトラマンは母星では日光浴だけで生きていけるそうだ。なに不自由なく。

705 :オーバーテクナナシー:2010/02/23(火) 21:10:26 ID:MNRaZbIp
くつくつ虫

706 :オーバーテクナナシー:2010/03/01(月) 06:02:00 ID:a1FnQ9+9
>>700
惜しい。来たのは地震と津波だったなw

707 :オーバーテクナナシー:2010/04/12(月) 09:48:40 ID:oxec9ytJ
【調査】宇宙人は地球に存在、世界で2割の人が肯定=調査[4/9]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1270990966/
あげとこう

708 :オーバーテクナナシー:2010/04/17(土) 19:02:31 ID:ED0gyQU3
ふっふふ。噴火が原因になるのさ!

709 :オーバーテクナナシー:2010/05/01(土) 03:04:04 ID:fnq0PqAg
インドの軍医のチームが、70年前から食べ物も飲み物も摂取していないという
83歳のヨギ(ヨガの聖者)の体の仕組みについて現在じっくりと調査中だ。

プララド・ジャニさんは今月22日から、インド西部アーメダバードの病院に
缶詰めにされ、医師30人によって1日24時間、観察されている。29日の時点で
観察開始以降、ジャニさんは一切の飲食をせず、トイレにも行っていない
ことが確認されている。

部屋にはビデオカメラが2台設置されているほか、用事で部屋を出る時には
ビデオカメラを持ったスタッフが付き添うという徹底ぶりだ。ジャニさんは
15〜20日間にわたって病院に留め置かれ、血液検査、MRI検査、電極を使った
脳や心臓の測定など神経生理学的な検査が実施される。

後援しているのは国防省傘下のインド国防研究開発機構(DRDO)の一部門で
ある生理機能に関する研究所だ。

研究ディレクターのG. Ilavazahagan博士は調査の目的について「どのような
エネルギーによって彼は生存できているのかを理解することにある」と語った。
またジャニさんが「瞑想(めいそう)によりエネルギーを得ている」と語って
いる点に触れ、「兵士たちは瞑想はできないかもしれないが、ジャニさんに
備わっていると見られる生存能力は兵士にも参考になる」と期待を寄せた。

さらに自然災害や極限のストレス状況下、宇宙空間などで生存するための戦略
づくりへの応用も視野に入れている。

データを分析した結果、ジャニさんの秘密が明らかにされるか、それとも彼の
主張がまったくのでたらめだったかの判断が下されるまでには、少なくとも
2か月はかかるという。
AFP通信(30日18:15)
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2722468/5685631
自称「70年間断食」のプララド・ジャニさん(AFP via Yahoo NEWS)
http://d.yimg.com/a/p/afp/20100429/capt.photo_1272523279671-1-0.jpg

710 :オーバーテクナナシー:2010/06/08(火) 22:12:37 ID:bsyzI+GS
近頃は苔から石油に似た油が生成できるようになったね
もしや地下の埋蔵されてる油って

711 :オーバーテクナナシー:2010/06/08(火) 23:58:01 ID:3WJANTnY
ていうか古代の植物の死骸のなれの果てだろjk

712 :オーバーテクナナシー:2010/06/11(金) 07:49:00 ID:tGsmbEJC
人間は大腸菌を敵とは見なさず、便利な道具くらいにしか思っていない。
もし、人間よりはるかに優れた生命がいたら、
人間を道具としか思わないだろう。
つまり、共生できるかもしれない。

713 ::2010/06/11(金) 23:43:23 ID:O+eAd9WN
神って、人間の共生者であり、支配者であり、世界すべての創造者。

714 :オーバーテクナナシー:2010/06/12(土) 01:43:26 ID:G//8g+bx
世界そのものは実は無限であり、よって神という名の情報統合思念体は無限に成長しつづける。
始まりも終わりもない、永遠である。その存在は愛を基本とする。

ただ、見守ってきただけ、地球の誕生も、人類の誕生も、宇宙人の介入も、
そしてどこかで知的生命体が滅びるのも、天体が滅びるのも、
そして全く同じものは二度と出てこないが、似たような過程は永遠に繰り返されることも。

全てを包み込むが故に、虚しい。全てを知りえているが故に、虚しい。
ただ、あらゆる生命体から情報を受け取り、思念する。そして愛する。
神はいつもあらゆるあなたと共にいる。何も恐れることは無い。

人生は基本的には楽しむためにある。この世界を謳歌しよう。





…というのは冗談だよ?

715 ::2010/06/12(土) 07:06:06 ID:slA+zU9P
<<< というのは冗談だよ >>>
す〜ばらしい話の最後にな〜〜んてことを言うんだ   ・   ・   ・
<< サ〜〜ンネンダ >>


716 :オーバーテクナナシー:2010/06/12(土) 10:58:24 ID:synYlLiF
火星に居ましたよ、動画に載っています YOU TUBE の
火星 で見てください、後ろ向きの火星人が火星にいましたよ。

717 :714:2010/06/12(土) 20:35:29 ID:G//8g+bx
>>715氏よ、素晴らしい話と思ってくれてありがとう。
ただ、これは相反すると思われる、ある書物の間に類似性を見い出し、
私が勝手に抜き出して混ぜただけなので、厳密に言うと私の案では無い。

718 :オーバーテクナナシー:2010/06/12(土) 23:52:18 ID:eSO1+Nh2
無限なら、どこかで全く同じ組み合わせが(少なくとも銀河くらいのスケールで)発生しそうな気がしなくもないけど。

719 :オーバーテクナナシー:2010/06/13(日) 06:19:51 ID:juXym4lJ
宇宙に地球と同じような星がある確率は90%以上
ソースはうちの大学教授

720 :オーバーテクナナシー:2010/06/13(日) 08:41:26 ID:iNZ3MgQb
地球外知的生命体は1950年代に確認されている、俺の父親は
戦争中は児玉機関の将校だった戦後国内で故佐藤首相と児玉氏は友人
沖縄返還の条件として地球外文明に所属するネットワーク
との交渉をやっていた、何度も俺も東北の地下施設で父と一緒に
リゲリアンといわれる種族のリーダーと会った、いまさら地球外
の知的種族がいるかどうかなど 大笑いだよ。

721 :オーバーテクナナシー:2010/06/13(日) 13:22:04 ID:br0mS44g
アミノ酸とたんぱく質とか生命の元は同じなんだから人間と同じ形になるんじゃないの?
その星の重力に多少影響される程度で
イカのオバケみたいなのが人間より知的な生命体とかあり得ない

722 :オーバーテクナナシー:2010/06/13(日) 17:51:05 ID:2+ms9ui6
人間と同じ形だとしても、その起源は微妙に異なるかもしれない。
我々は霊長類から進化したが、異星人は恐竜類から進化したのかもしれない。

アミノ酸とたんぱく質とか生命の元は同じだと仮定しても、組み合わせは無限にあるから
実際にできる形質に対してはかなりゆらぎがあるのではないか?

723 :オーバーテクナナシー:2010/06/14(月) 22:21:12 ID:7mkvRCWW
地球型の生物ベースだと、どれくらい制限があるんだろうなぁ。

脳の大きさと消費エネルギーを考えると、あんまり小さい生き物は無いだろうけど。

724 ::2010/06/14(月) 22:31:28 ID:/h3D/Z2p
イルカのように、水中でくらせば、頭の重さはあまり関係なくなる、
1t(質量)でも、水中で比重1なら、重さはゼロ。

725 :オーバーテクナナシー:2010/06/15(火) 17:05:40 ID:ZtGlQ8aj
火も使えない水中じゃかなり文明のレベルを落としてしまいそうな…

726 :↑ :2010/06/16(水) 20:20:47 ID:w7zJOAYE
今僕らは、タバコくらいしか火は使っていない、タバコをやめれば
火からは完全にはなれる、ガスコンロ、ガス風呂は代替品がある。

727 :オーバーテクナナシー:2010/06/16(水) 21:26:41 ID:ck3N1ERa
毎日煮物とか生モノとかじゃ飽きるよ
焼肉だって食いたいよ

728 :オーバーテクナナシー:2010/06/18(金) 18:42:08 ID:sif4kfFa
未知のその文明にまず聞きたいこと(自分たちよりもち高度)

宇宙って惑星(器)の中の海ともしや同じですかと?
宇宙誕生のビッグバンはそもそも無かったのでは・・・
単に水蒸気が水になったようなもんで宇宙の端は重力が屈折していて逆の隅(故に∞)に戻ってしまうとか
拡大と収縮は海の満ち干きが何兆年の周期で物質に影響のないけどもう一つの次元(物の基準の長さ)に影響させてるだけで
この物質そのものの次元には何も影響を与えない構造なのではとか勝手に想像してしまう


729 :オーバーテクナナシー:2010/06/18(金) 22:46:05 ID:2lZUAwcP
これから人間が水中に住むのは(未来技術で)可能だろうけど、
水中でゼロから文明が育つかとなると別問題だと思う。

酸素濃度は低いし、
火の発見は出来ないし、
打撃系の道具はかなり制限されるし、

730 :オーバーテクナナシー:2010/06/21(月) 16:15:44 ID:39GAdIX2
火は文明にとって必須じゃないよ
珊瑚は火なんて使わなくても大規模な構造物を作っているし
高温の科学を知りたいなら、海底火山の近くへ行けばいい
人間の文明の流れを見るから火が必須に見えるだけだと思うな。
そもそも、炭素系じゃなくて、もっと低温系生物の場合、
火がつくほどの高熱が無い可能性もある。

731 :オーバーテクナナシー:2010/06/21(月) 23:53:50 ID:B6bIKtfg
人間の環境からしたら火は便利だったということでしかないからな。
とはいえ、火に代替しうるものが何なのかは全く想像がつかないがね

732 :オーバーテクナナシー:2010/07/09(金) 21:20:25 ID:44LfhUUS
やっぱ地熱か
人間の頭脳は料理で多彩になったって説もあるぞ

733 :オーバーテクナナシー:2010/07/13(火) 19:33:55 ID:6sefZvpj
文明にやっぱ火はいるでしょ。
つけたり消したりコントロールできるから様々な応用ができるのだし。
それから車輪やネジもいるな。
動物やってるだけならいらないけどな。

734 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 00:56:08 ID:65K+PHzm
地球人は、星間航行や銀河間航行の技術を開発できるほど、
知能が高いとは思えない。

おそらく、光速の壁を超えられずに滅ぶでしょうね。

735 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 03:46:58 ID:9NAHPdQU
>>734
宇宙人乙

736 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 08:30:50 ID:W9tM70Ii
宇宙人に教えてもらうという場合も考えられる。いつになるかわからんが。w
生命は偶然できたのだと頑なに言い張るやつがいるが、それがそのとおりなら
空間超越技術も偶然できてもおかしくない。

737 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 15:29:47 ID:jOXA6eom
全てが偶然のそのまた偶然でできたのならあり得るな

738 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 18:45:32 ID:zfTyQF0K
ロシアに教えてもらうと中国も韓国もロケット飛ばせるようになるもんな。
かなり時間と金を短縮できる。
肝心な部分はブラックボックスにされて、搾取されつづけることになるが。w

739 :オーバーテクナナシー:2010/07/16(金) 11:17:18 ID:X8eccnBT
今でも、倫理上の問題を除けば、もう少し科学が進めば恒星間航行は出来ると思われる。
脳だけ取り出して、生命維持装置で無理やり生き続けさせれば
食料、エネルギーも最小で済むし、数十年くらい何とかなる。(精神面は除いて)
但し、当然帰ってこれないし、帰ってきても人間には戻れない。

740 :オーバーテクナナシー:2010/07/16(金) 18:38:42 ID:tkcNkpfA
もう少し科学が進めばって、どれくらい?>>739

741 :オーバーテクナナシー:2010/07/16(金) 22:40:23 ID:D+E87jEg
今の技術だとお隣の恒星にいくのも十万年くらい必要だからな。
1万年くらいに短縮できるスピードが確保できたとしても、
1万年間故障しない機械を作るのもまず不可能だし脳は老化して死んでしまうな。

742 :オーバーテクナナシー:2010/07/26(月) 15:17:16 ID:nzT2zshp
ずっと加速を続ければ、相対性による時間の遅れで
地球では10万年経っても、ロケット内部は数十年で住む可能性はある。
小型のイオンロケットは実用化されたから小型原子炉を組み合わせて
帰ってこない前提なら不可能ではないかも。

743 :オーバーテクナナシー:2010/07/28(水) 13:53:11 ID:Ua178L27
無重力空間で高加速しても人間しなないの?
だったら10年分のニトロ用意すれば未来へいけるのね!

217 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)