2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

知的な竜&知的な猿

1 :名無しゲノムのクローンさん:2010/02/15(月) 03:15:31
マジレス求めます。 初めに言っておきますが、私は恐竜人が実在するなどとは思っていません。

古生物学者のデール・ラッセルはトロオドンからの架空の収斂進化( http://bit.ly/cYWRZ8 )としてディノサウロイド( http://bit.ly/aTLOP6 )を提唱しました。
私の素朴な疑問は、
1) なぜ指は3本のままなのでしょう、収斂進化によって哺乳類のような5本指を獲得するのはありえませんか?
2) なぜ乳房は発達しないのでしょうか?
3) 鎖骨のあることが専門家から突っ込まれるようですが、どんな理由でディノサウロイドの鎖骨はおかしいのでしょうか?
また、
4) 恐竜類と哺乳類の必須栄養素に大きな違いはあるでしょうが、ディノサウロイドとホモサピエンスの間ではどうでしょうか?
5) ワニの寿命には制限が無い(テロメアが磨り減らない?)という噂を聞きますが、同じことが恐竜類にもあったでしょうか?
6) 哺乳類では大型天敵にたいする警戒力を高める方向に耳が発達したようですが、耳殻の有無は文明発達をどれだけ左右するでしょうか?
最後に、
7) 恐竜が滅びなかったなら哺乳類の進化は無理だったという点は脇に置いて、あくまで思考実験として、ディノサウロイドとホモサピエンスが地球上でそれぞれに石器文明から同時スタートを切るとき、どんな歴史が考えられるでしょうか?
例えば地球上の知的生物がホモサピエンスだけの私達の世界よりも深刻な民族主義・人種主義によって両者は絶え間なく戦争していたでしょうか?
それとも、より早い段階でコスモポリタニズムが普及して両者は解け合っていたでしょうか? (そうであればどの程度に? 音楽や料理やファッションやポルノでの解け合いも?)
そして、システム理論( http://bit.ly/8XVCXO )の観点で、異なる知的生物種から成るその社会の文明はより速く発展すると考えられるでしょうか?

2 :名無しゲノムのクローンさん:2010/02/15(月) 09:45:04
>>1
1) なぜ指は3本のままなのでしょう、収斂進化によって哺乳類のような5本指を獲得するのはありえませんか?

文明を築くためには「文字を書く」「道具を作る」などの細かい作業を行う身体能力が必須です。(知的能力は別として)
それらに必要な指の数は最低で3本、効率的に行う為にはそれ以上あったほうが有利と考えられます。
しかし数が多過ぎてもコストがメリットを上回ってしまいますし、物理的、機能的にも無理が出てきます。
ヒトの指が5本ある理由は、そのバランス故でしょう。(勿論理由はそれだけでないが)
結論としては「5本指を獲得する可能性は十分にあり得る」です。

3 :名無しゲノムのクローンさん:2010/02/15(月) 10:22:19
>>1
2) なぜ乳房は発達しないのでしょうか?

ディノサウロイドは哺乳類ではありませんので、幼体は普通の食物を摂取するのではないでしょうか。
つまり「なぜ発達しないか」というより、もともと無いので「発達のしようがない」ということだと思います。

4 :名無しゲノムのクローンさん:2010/02/15(月) 11:27:01
>>3

哺乳類は爬虫類から進化した、と聞きます。
中間が獣弓類( http://bit.ly/dakSjg )で、同様に爬虫類から分かれた恐竜類と系図的に相似しそうです。
爬虫類に無かった乳房は獣弓類の段階で発達したようです。
すると、ディノサウロイドもその進化の過程で乳房を得る可能性はあるのかもしれません。
それとも恐竜類の段階で出来ていた幼体の摂食システムは哺乳方式に代わる必要が無いほどに優れていたとか。
すると気になるのが、哺乳はどういうメリットで発達したのか、ということなのですが。

授乳において母の乳首を吸ったり柔らかい胸に長い間頭を当てることは子にたいする心理的インパクトが大きく、
それによって決定されている成人の感情・精神の部分があるそうです。
例えばフロイト心理学では「口唇期(こうしんき)」というのがあって、この時期に乳離れが早まって口への刺激が不足すると
「悲劇的で不信感に満ち、皮肉屋で攻撃的なパーソナリティが形成される可能性がある」(ウィキペディア)そうです。
ヒトの口唇期のこの問題は、進化の過程で口への刺激の需要が遺伝子的に固定化していることから来るのでしょうが、
乳房の発達しないディノサウロイドではどうでしょうか。
爬虫類・恐竜類の幼体は母の口から摂食する・したそうです。 するとディノサウロイドでも口唇期はありそうです。
そして乳首からの吸引よりも他者の口と舌による食物の送り込みの方が刺激は大きそうですから、
口唇期の問題はヒトよりむしろディノサウロイドの方でもっと深刻となっていたかもしれませんね。
ちなみに逆の問題として、この部位で刺激を受け過ぎるとヒトはタバコやアルコールや爪噛みへの依存度を高めやすくなるそうです。

5 :名無しゲノムのクローンさん:2010/02/15(月) 15:41:40
>>4
うん、確かに可能性はあるのかもしれませんね。
ちなみに、ヒトに近い体型で、知能も同程度であれば、性選択もからんできそうですね。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)