2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

読むだけ損な数学書

1 :132人目の素数さん:2009/09/03(木) 18:11:22
そんなものありますか?

2 :132人目の素数さん:2009/09/03(木) 18:16:57
あるあるあるある
でもおしえないよ

3 :132人目の素数さん:2009/09/03(木) 18:17:37
石村園子の本とキャンパス・ゼミ

4 :132人目の素数さん:2009/09/03(木) 18:24:39
あとフェルマーの最終定理が初等的に解けたとか言ってる本
Springerですらそんな本を出版してたりする
http://www.amazon.co.jp/Associative-Digital-Network-Theory-Arithmetic/dp/1402098286

5 :132人目の素数さん:2009/09/03(木) 18:35:57
ヒドイ本を高い金出して集める収集家っていないのか?

6 :132人目の素数さん:2009/09/03(木) 18:49:21
すべての数学書は嘘のかたまりというわけでも
ない。Edmund Landau の著書はどれもこれも
jewel です。

7 :132人目の素数さん:2009/09/03(木) 18:52:18
 >>6
なにを言ってるんだピョンキチ君

8 :132人目の素数さん:2009/09/03(木) 19:11:32
著者 ヨムダケソン 
そんやついそうだろ

9 :猫は残飯 ◆ghclfYsc82 :2009/09/03(木) 20:08:26
その人は何処の国の人なんですかね?
例えばイツイクソンはフランス人の数理物理学者
でしたね、亡くなりましたが。


10 :132人目の素数さん:2009/09/03(木) 20:21:33
小野田襄二の本
図書館で見て吹いた

11 :132人目の素数さん:2009/09/03(木) 21:08:19
なんか新しい筆算か暗算方法を解説した本があった気がするが
「○○算」って感じの名前の方法だったと思うがそれ以上の詳細を忘れてしまった

12 :132人目の素数さん:2009/09/03(木) 23:06:18
明らかな間違いを書いた本でも「こんな勘違いするやついるんだな」と体験させてくれる分だけは損しなかったかもしれない。

13 :132人目の素数さん:2009/09/04(金) 13:29:42
解析概論(高木)
現代数学概説T(嫌永、小平)
べクトル解析(岩堀)

14 :132人目の素数さん:2009/09/04(金) 15:20:08
>>13
まじめにかきこんじゃだめ

15 :132人目の素数さん:2009/09/04(金) 16:18:45
あれはどうなんでしょうか
翻訳の

16 :132人目の素数さん:2009/09/04(金) 17:27:27
人に自分の脳を読めと言う奴を潰せ

17 :132人目の素数さん:2009/09/04(金) 20:03:50
>>14
> >>13
>まじめにかきこんじゃだめ

すんまへん。

18 :132人目の素数さん:2009/09/04(金) 22:03:34
>>17
別に14みたいのを真面目に相手する必要も無い

19 :132人目の素数さん:2009/09/07(月) 15:35:41
みぎのほほをうたれたらひだりのほほをだせ

20 :132人目の素数さん:2009/09/07(月) 15:47:48
解析概論だめなの?

21 :132人目の素数さん:2009/09/07(月) 16:05:55
桂利行の本
http://www.amazon.co.jp/%E4%BB%A3%E6%95%B0%E5%AD%A6%E3%80%882%E3%80%89%E7%92%B0%E4%B8%8A%E3%81%AE%E5%8A%A0%E7%BE%A4-%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E6%95%B0%E5%AD%A6%E3%81%AE%E5%85%A5%E9%96%80-%E6%A1%82-%E5%88%A9%E8%A1%8C/dp/4130629522
等全て

22 :132人目の素数さん:2009/09/07(月) 16:08:34
>>21 なんでだめなの?
大阪弁で書いてあるん?

23 :132人目の素数さん:2009/09/07(月) 17:35:33
>>20
>解析概論だめなの?
好きなら止めはしない。
ただ、此れをテキストにしている大学の微積分コースは皆無である事だけは知っておいても良かろう。

>>22

「Schur's lemmaが代数閉体でなくても成立する」と書いてあったのは見た覚えがある。
多分、他にも間違いが多いんじゃないか?

24 :132人目の素数さん:2009/09/07(月) 17:50:53
間違いが多いのはよんでて楽しい
この著者アホだった思えるし

25 :132人目の素数さん:2009/09/07(月) 17:54:51
いわなみのこうざをたんこーぼんにしてそのまままちがいをていせいしないのはあれはいわなみのりょうしんというものだろう

26 :132人目の素数さん:2009/09/07(月) 17:58:05
ちょしゃのあほをおもいきりさらすといういみでりょうしんてきだ

27 :132人目の素数さん:2009/09/07(月) 18:26:14
らっせる白頭の数学原理の本文むだっぽい

28 :132人目の素数さん:2009/09/07(月) 20:39:01
>>25
訂正(改訂)してもう一度売って儲けるのが岩波のコンタン
「岩波は四度儲ける」より。

29 :132人目の素数さん:2009/09/08(火) 14:58:52
>>28 言える

30 :132人目の素数さん:2009/09/08(火) 16:31:54
いわなみしょてんのまがりかどについて

31 :132人目の素数さん:2009/09/08(火) 17:43:48
>>3
数学専攻の人には物足りないが、そうでない人の入門にはいいんじゃない?

32 :132人目の素数さん:2009/09/08(火) 17:46:31
そうでない入の人門にもいいぞ

33 :132人目の素数さん:2009/09/08(火) 19:52:52
そうでないλのλ門にもいいんですか?

34 :132人目の素数さん:2009/09/08(火) 23:02:13
Functional Analysis by Yoshida Tagosaku

35 :132人目の素数さん:2009/09/08(火) 23:06:15
溝畑茂 偏微分方程式論
伊藤清三 ルベーグ積分入門
村上信吾 多様体入門
田村一郎 トポロジー
厭永昌吉 幾何学序説

36 :132人目の素数さん:2009/09/08(火) 23:10:45
滝沢精二 多様体入門

37 :132人目の素数さん:2009/09/08(火) 23:15:44
Serge Langの本
下らない: Calculus, Linear Algebra, Differentiable Manifolds 等
端折りすぎで読むに耐えない: Algebra, Algebraic Number Theory、Rapport sur la chohomologie des groupes

38 :132人目の素数さん:2009/09/09(水) 15:12:16
>>35
厭永昌吉 幾何学序説

外見だけ解析概論に似せてる
中味は見る気がしない

39 :132人目の素数さん:2009/09/09(水) 16:15:57
損の基準が示されていない数学コンプレックス丸出しのスレッド

40 :132人目の素数さん:2009/09/09(水) 16:27:35
>>39 基準など必要ないよピョンキチ君


41 :132人目の素数さん:2009/09/09(水) 16:30:42
>>40
自分のコンプレックスで周りに迷惑かけないでください。あなたのような
人がいるから世の中よくならないんです。


42 :132人目の素数さん:2009/09/09(水) 16:31:47
>>41 やつあたりしないでよピョンキチ君

43 :132人目の素数さん:2009/09/09(水) 16:36:40
>>42
懐かしいなあ、「ド根性ガエル」ですか。気分次第で何とかなる時代を引
きずっているのですね。(お付き合いはここまでですよ)



44 :132人目の素数さん:2009/09/09(水) 16:38:41
Serge Langの本
下らない: 一連のAnalysis本
他人の本の劣化コピー: Algebraic Geometry

45 :132人目の素数さん:2009/09/09(水) 16:41:12
厭永昌吉(編) 代数学演習
河田敬義(編) 位相幾何学演習

46 :132人目の素数さん:2009/09/09(水) 16:44:29
中身が酷い訳ではないが、とても読むに耐えない本

Weil
  Foundations of Algebraic Geometry
  Basic Number Theory

47 :132人目の素数さん:2009/09/09(水) 18:16:13
読めなかったんだろw

48 :132人目の素数さん:2009/09/09(水) 20:42:45
>>34 なぜ?

49 :132人目の素数さん:2009/09/09(水) 20:50:34
>>34

定義に抜けがあるため対象とする関数環が零因子を持つのに、それを無視して論理展開する
という致命傷があるのだよ。

50 :132人目の素数さん:2009/09/09(水) 20:53:06
>>47

>>46の2冊、読了した人間がいるか知りたい。

51 :132人目の素数さん:2009/09/09(水) 21:09:36
オイラー定数1000000桁表
著者:真実のみを記す会

・・・っていうか暗黒通信団はスルーなのか

52 :132人目の素数さん:2009/09/09(水) 22:10:18
>>47
>読めなかったんだろw

「読めない」には二種類あってな、
 
1)内容が下らない、馬鹿馬鹿しい、読む価値がない
2)内容はいいが、書き方が良くない

日本(語)で出てるのはあらかた1)だな。
Weilは2)が多い。

53 :132人目の素数さん:2009/09/10(木) 03:47:23
>>49
そんなとこあった?
具体的にはどこ?

54 :132人目の素数さん:2009/09/10(木) 11:57:57
Tagosaku?

55 :132人目の素数さん:2009/09/10(木) 13:54:58
>>54
吉田田吾作

56 :132人目の素数さん:2009/09/10(木) 15:35:05
>懐かしいなあ、「ド根性ガエル」ですか。
ちがうよ君はうさぎのピョンキチ君

57 :132人目の素数さん:2009/09/10(木) 17:58:29
>>37
>Differentiable Manifolds 
書名まちがってるべー

58 :132人目の素数さん:2009/09/10(木) 18:40:51
志賀のじいさんの本はとりあえずバカ本だろ

59 :132人目の素数さん:2009/09/10(木) 23:07:34
>>57
その手のが3冊くらいあったろ。全部駄本。

60 :132人目の素数さん:2009/09/10(木) 23:10:20
>>53

頭に来て捨てたんでよう覚えとらん。
とにかくかなり前の方。

61 :132人目の素数さん:2009/09/10(木) 23:24:06
Local Rings、 Nagata
「読めるものなら読んでみな」という感じの本だな。
反例を探すのにはいいが、それ以外の目的なら読むだけ損。

62 :132人目の素数さん:2009/09/10(木) 23:29:34
Bourbaki Elementの日本語訳

(断っておくが、元のフランス語やCohn等が訳した英語はまとも)

63 :132人目の素数さん:2009/09/11(金) 15:29:11
吉田耕作は自分の論文を集めて本にしたところがあるが
可換ノルムでは間違っているのでそれが影響したのかな
選集だか全集だかを編んだ小松彦三郎は一応直したとか

64 :132人目の素数さん:2009/09/11(金) 16:06:20
>>63
最後の一文がわかりません
吉田FA第六版を吉田の死後に直したの?

65 :132人目の素数さん:2009/09/11(金) 16:32:12
>>64
本じゃなくて論文集の方
解説をつけたか何かだろうと思う
本の間違いのことは知らない
実際に関係があるかどうかも知らない

66 :132人目の素数さん:2009/09/11(金) 16:50:02
>>63
>可換ノルムでは間違っている

うむ、確か可換ノルムのところだったような希ガス。

>選集だか全集だかを編んだ小松彦三郎は一応直したとか

へえ、そうか。
しかし、佐藤幹夫の劣化コピー作成しか出来なかった小松彦三郎の作業では、多寡が知れて居るな。

67 :132人目の素数さん:2009/09/11(金) 17:09:39
>>66
小松は秀才だから直すの得意なのよ

68 :132人目の素数さん:2009/09/11(金) 18:36:23
論文については
可換ノルム環でまちがったところは単位元の附加に関するところ
そこを安直にやっている
うっかりしそうなとこだけどね

69 :132人目の素数さん:2009/09/11(金) 19:24:06
可環ノルムって英語で何ていうのですか?
吉田本の索引にそれらしきものが見当たらないのですが
seminorm quasinormはあります

70 :132人目の素数さん:2009/09/11(金) 19:29:21
>可環ノルム
環が抜けてるぞ

伝統的には
commutative normed ring
このごろは
commutative Banach algebra
とも言う
吉田で何と言ってるかしらんな

71 :132人目の素数さん:2009/09/11(金) 19:29:54
可換ノルム環でした
normed ringのことですか?
これは485ページのうち295ページ目で初めて定義されますからむしろ後半にあります

72 :132人目の素数さん:2009/09/11(金) 21:12:27
中傷代数幾何学 by 永田、丸山、宮西

理由?語るもおろかという位の駄本。


73 :132人目の素数さん:2009/09/11(金) 22:09:59
>>66
論文の修正を、佐藤がやったとしたらちょっと怖いが
小松の方が信用できるじゃないか。

74 :132人目の素数さん:2009/09/12(土) 15:48:50
このスレ

75 :132人目の素数さん:2009/09/12(土) 16:30:29
>37
>Differentiable Manifolds 

どんだけ馬鹿なんだよ
本が読めない、字もかけない馬鹿は
最初から数学にむいてないぜよ

76 :132人目の素数さん:2009/09/12(土) 17:25:15
「代数幾何から始める微積分学〜絶対的アプローチによる解析入門」

77 :132人目の素数さん:2009/09/12(土) 17:30:35
Lang, Cyclotomic Fields I-II
単に I, II を合本しただけで沢山ある誤植やミスが全く訂正されていない

78 :132人目の素数さん:2009/09/12(土) 19:14:19
さあ、盛り上がって参りました

79 :132人目の素数さん:2009/09/12(土) 19:57:55
>>73
> >>66
>論文の修正を、佐藤がやったとしたらちょっと怖いが

良くも悪くも換骨奪胎、全然違う物になりそうだな。

80 :132人目の素数さん:2009/09/12(土) 19:59:28
>>77
>Lang, Cyclotomic Fields I-II
>単に I, II を合本しただけで沢山ある誤植やミスが全く訂正されていない

道理で誰もreferenceに挙げない訳だな。
何見てもWashingtonしか書いてないもんな。

81 :132人目の素数さん:2009/09/12(土) 20:08:23
読んでそんな本なんかない。
勉強すること自体が重要だ。

82 :132人目の素数さん:2009/09/12(土) 20:14:27
>>75

如何でもいい事で鬼の首でも取ったように騒ぐチョン発見。
麻生の漢字読み間違いをネチネチ書いてたセンス。

83 :132人目の素数さん:2009/09/12(土) 20:20:29
>>77

Masseyもやたら合本したようなのだしてなかったっけ?
Cubical Singular Theoryの概要を書いたテキストはMasseyしかないからと思って
買ってみたんだが・・・Serreの学位論文を直接読んだ方が良かったか、と悩む日々じゃ。

84 :132人目の素数さん:2009/09/12(土) 22:46:21
Category for working men
こういう↑題名じゃないんだがこういう風に言いたくなる本。
或いは
Category for the sake of category。

85 :132人目の素数さん:2009/09/12(土) 23:45:41
>>46
Basic Number Theory は自分も読んだし普通に良い本だと思うが。
まあ、引用がまったくされてないのでこれは誰がやったこととか
まるでわからないが、内容は面白く読める。
東大では4年のセミナーのテキストにときどき取り上げられる。

Foundation はシラね。

86 :132人目の素数さん:2009/09/13(日) 00:05:44
Foundationは出版されたときは画期的だったが
少し後にEGAが出ちゃって不要になったからな。

今は、よほどの理由がないと読む人はいないと思う。

87 :85:2009/09/13(日) 00:13:58
もし、BNT が読みにくいなら、Cassels Frohlich 編集の Algebraic Number Theory
を先に読むといいかも。こっちのほうが読みやすいとは思う。
ただ BNTは simple algebraについて書いてあってそこが売りだな。

88 :132人目の素数さん:2009/09/13(日) 11:44:05
>>85=87
>Basic Number Theory は自分も読んだし普通に良い本だと思うが。

「良い」のは分かるけど、読む気力が出ないんだよね・・・

>Cassels Frohlich 編集の Algebraic Number Theory

昔々のConferenceの纏めなのに今でも通用する所は凄いよね。

>>BNTは simple algebraについて書いてあってそこが売りだな。

整数論の文脈を必要としないなら、他を当たった方がいいような気はするけど・・・

89 :132人目の素数さん:2009/09/15(火) 00:34:47
Basic Number Theoryは俺も昔読んだ。こんなにも数学は難しいのかと,自分の
無能ぶりを思い知らされた。
書き出しからいきなり出鼻を挫かれ,40ページくらい読み進んだころには
すっかり数学の自信を失ってしまった…。それでもひいひい言いながら必死で
食らいついてがんばったつもりだけど,この本をおもしろいと思える域には
到底達しなかった。

できの悪い元学生からのアドバイス:
・この本は読むな
・でもすらすら読めるんなら,数学者になれる
・どうしても読むって言うなら,1,2章をなんとかパーフェクトに理解しろ。
この本は,最初がとにかく難しく,後はどうにかなる(かも)


90 :132人目の素数さん:2009/09/15(火) 02:39:27
>>89
>・でもすらすら読めるんなら,数学者になれる

というのは正しくないよ。学部時代のこの本を読んでいるような
人でも必ずしもプロになれるわけではないからなあ。数論なんて
王道路線でいこうとすると、この本はほんの入り口だからね。

でも、
「この本を最後まで読むような熱意を持っている人には
数学者になる資格がある。」

というのは正しいと思う。

>・どうしても読むって言うなら,1,2章をなんとかパーフェクト
に理解しろ。

この調子で最後までやれれば、頭が鍛えられて本を読む力がもついてくるよ。
まあ、でもあまりにも時間がかかるようなら、Cassels Frohlich とか
もっと基礎的な本を、まず読むとか工夫した方がよいかも。

91 :132人目の素数さん:2009/09/15(火) 14:49:20
>頭が鍛えられて本を読む力

大事なのはこの点ですね。BNTでなくてもいいけど
学部2,3年の時に鍛えてないと、先で苦労する。

92 :132人目の素数さん:2009/09/15(火) 21:54:38
>数論なんて王道路線でいこうとすると、この本はほんの入り口だからね。

果てしなき数論の深淵。ほとんどの学生は入り口を覗くのが精一杯だ…


93 :132人目の素数さん:2009/09/16(水) 01:24:47
>>85
は凄いね。BNTを「面白く読め」たなんていうのは初めて聞いたよ。
あのWeil独特の地を這いずる様なペースについていける、というのは本当に尊敬物だ。

>>92
>果てしなき数論の深淵。

Wiles-Taylorの仕事を理解しようと思ったら、elliptic curves,modular forms,
なんてのから始める訳か。確かに果てしがないね。

94 :132人目の素数さん:2009/09/16(水) 20:35:17
何だか途切れたようだな。
種を投入するか。

Algebraic Number Theory、 Edwin Weiss

内容が悪い訳ではないが、読みにくい。  


95 :132人目の素数さん:2009/09/21(月) 23:19:48
岩波数学辞典

流石に「読む」奴はいない、と信じたい。

96 :132人目の素数さん:2009/09/22(火) 10:50:48
え?面白いじゃん

97 :132人目の素数さん:2009/09/22(火) 12:19:31
weilのBNTってネットで目次見たら類体論の解説じゃないか
しかし中身は見れないから分からんがページ数少なめだね
少なめなのに色々書いてあるからしんどいのかね

98 :132人目の素数さん:2009/09/22(火) 22:17:14
>>97

一言で言うと"heavy-going"

99 :85:2009/09/23(水) 03:27:22
>>97
冗長度がほとんどない書き方なんで、ぎっしり詰まっているという感じなのは
確か。あと定理などのステートメントがテクニカルで意味を取りにくいことが
よくある。まあ、そういった結果は後ろの方で使われていたりするんだが。

ただし、この本は論証はかなり丁寧に書いてあって、誤植もほとんどない。
(読んでみつけたのは一箇所だけ。)
そういう意味での難しさはない。

>>93
この本でまずおもしろいと思ったのは局所コンパクト体の分類で、p-進体が
自然にでてきたところだな。それまではp-進体はなんか人工的なものの
ような気がしていたが、実は自然な対象なんだということがわかって
結構感動した。あとはやはり、本題の類体論のところだな。単純環なんて
類体論とは一見関係無さそうなものがどうして絡んでくるのか結構わくわく
しながら読んだよ。

>>89
別に読みやすいかったとは言わないけど、1,2章が特別難しかったという
記憶はなくて、個人的にはゼーター関数のところが一番苦戦した。
この本を読む前にp-進体やヒルベルト理論などはかじってたとういのはあるかも。
まあ、全編的に何を言っているのか理解するためいったりきたりして時間
をかけてかなり気合をいれて読んだけどね。

100 :132人目の素数さん:2009/09/25(金) 10:06:46
>>92
そんなに予備知識が必要だと修論博論ってどうやって書くのですか?
学部卒業してから知識を増やすのに修士なら1.5年、博士でも1.5+1.5年くらいしか
時間的余裕って無いですよね?

101 :132人目の素数さん:2009/09/25(金) 19:10:42
>100

Um!!Mondaidearu

102 :132人目の素数さん:2009/09/25(金) 19:17:44
>>100
学部段階でかなり勉強してないと無理だろ、常考


103 :132人目の素数さん:2009/09/25(金) 21:24:03
>>102
かなりとはどの程度ですか?
BNTはM1レベルですか?

104 :132人目の素数さん:2009/09/25(金) 22:03:30
ブタバナザウルス

105 :132人目の素数さん:2009/09/25(金) 22:04:39
>> 103

ブタバナザウルスwasukidaga
BNT ha Gakubu 4 nende yomeruga
Daigakuin karademo osokunai~~

106 :132人目の素数さん:2009/09/25(金) 22:41:35
>>103
修士で社会に出ますって言えば、きっとやさしい指導教官の
先生が代わりに修論書いてくれるから、入試対策でもやってれば?

107 :132人目の素数さん:2009/09/25(金) 23:08:12
>>103
東大なんかだと4年のセミナーのテキストは類体論や楕円曲線なんかだから
その程度の専門書を学部の内にちゃんと読んでおくのが最低線かな。
数論幾何なんかだと、代数幾何もやっておいたほうがいい。
できる人だと学部のうちにWeil予想とかやってたりするが。

108 :132人目の素数さん:2009/09/25(金) 23:10:41
BNT読むのに必要な予備知識ってどのくらいですか?
永尾ハン代数1冊で群環体・加群・ガロア理論をざっとやるだけで足りますか?あと代数トポロジ?

109 :132人目の素数さん:2009/09/25(金) 23:14:24
軍艦隊ガロワ一通りやったあと、高木とかセールの本で基礎体力作りをしてから読めばなんとかなる。

110 :132人目の素数さん:2009/09/25(金) 23:15:20
調和解析も多少かじっとかないと

111 :132人目の素数さん:2009/09/25(金) 23:22:20
Haar測度も使ってるが、認めてしまえばまあとくに勉強する必要はないな。
ホモロジー代数はいらない。

112 :132人目の素数さん:2009/09/25(金) 23:39:00
>>108
>BNT読むのに必要な予備知識ってどのくらいですか?

予備知識より根気が問題のような希ガス。

113 :132人目の素数さん:2009/09/25(金) 23:42:28
>>103
俺の同期で、数論行った(学年で一番できた)は大学2年の時に
BNT読んでいた。今、旧帝大の准教授。

数論行ったもう一人(学年でトップ7、8人の一人)は、3年の時に
ハーツホーン読んでいた。今、地方大学准教授。

普通に大学のカリキュラム通り勉強していた3人目は、途中で
数論やめて計算機のほうに転向。偏差値50未満の私大講師。



最初から非線型やってた俺は、今では30半ば公募数十連敗中orz

114 :132人目の素数さん:2009/09/26(土) 01:14:38
>>112
根気があっても、頭が悪いとさ・・・

115 :132人目の素数さん:2009/09/26(土) 01:16:41
そもそも類体論学びたいだけならBNT読む必要ないような
たくさん類体論の本あるんだし

116 :132人目の素数さん:2009/09/26(土) 15:34:19
>>114
> >>112
>根気があっても、頭が悪いとさ・・・

うーむ、Armand Borelなんか如何考えても頭よくなさそう(論文が滅茶苦茶読みにくい)だが、それなりの仕事してるだろ。
そりゃ、頭はいいほうがいいに決まってるが・・・

117 :132人目の素数さん:2009/09/26(土) 20:30:41
類体論を勉強するんだったら次の本読んだけど良かったぞ。。

Class Field Theory (Universitext): Nancy Childress

118 :132人目の素数さん:2009/09/26(土) 21:30:56
>>117

有益な情報だが、スレッドのタイトルにはそぐわんな。

119 :猫は珍獣 ◆ghclfYsc82 :2009/09/26(土) 21:34:16
皆さん、何だか深刻なお話をしたはりますなぁ
ワシも院生時代は色々とありましたけんどサ、
まあ好きな事をしはったらソレでエエじゃないか!




120 :132人目の素数さん:2009/09/26(土) 21:59:55
>>116
「頭の良い悪い」の定義にもよるが、

頭が悪くても研究できることあるが、
勉強できるのは秀才のほうが勉強できる。

と思うのです。

121 :132人目の素数さん:2009/09/27(日) 11:12:39
>>120
>頭が悪くても研究できることあるが、
>勉強できるのは秀才のほうが勉強できる。

そうなんだけどさ。
分野は違うが・・・
エジソンは落ちこぼれでMaxwell方程式なんか理解出来なかったが電気工学に貢献したろ。
電力による照明、電力よる動力、音声の電気信号化etc

勉強できなくても、(理論および)実学に貢献できた方がいいんじゃないの?

122 :132人目の素数さん:2009/09/27(日) 15:17:21
>>121

確かにそれは言えるな。。。
俺も血の巡りが悪くて他人の論文さっぱり読めないから
ついつい我流で一からやり直してしまう。
そうやって書いた論文がいくつかある。

123 :132人目の素数さん:2009/09/27(日) 20:29:16
>>121
一般には、独創的な仕事をした人>博識な人 だと
考えられているでしょうね。予備知識は少ないけど、
基礎的なところで大きな仕事をした人は立派です。

BNTなんて読めなくても、数論で大きな仕事をすれば
良いのです。問題は、じゃああなたやれますか?って話です。
予備知識がないのに研究はできませんから。

はっきり言うと、BNT読むことの方が、数論で良い論文
書くよりずっと易しいのです。「おまえはその易しいことすら
できないのか!」とは言いません。易しいことができないのに
難しいことができる人はたくさんいます。

逆に、知識だけ豊富な秀才は、数学では軽く見られますね。
>>122は数学者として正解でしょう。

ただ・・・教育とか考えると、物知り博士の存在は貴重だとは
思いますね。違う尺度で評価できて、いろいろなエキスパートが
数学の世界にいると良いでしょうね。

124 :132人目の素数さん:2009/09/27(日) 21:24:24
>>123

には概ね同意なんですけどね

>教育とか考えると、物知り博士の存在は貴重だとは思いますね。

はちょっとね。河田敬義はんを見ると首を捻ってしまいますねん。

125 :132人目の素数さん:2009/09/27(日) 21:26:10
田村一郎のトポロジーって駄目なの?
今読み始めたんだけど

126 :132人目の素数さん:2009/09/27(日) 21:30:35
>>125
>田村一郎のトポロジーって駄目なの?

何と答えたらいいのかな。
Hatcherが$30位である事を考えると、少なくともperformance/priceは最悪の部類だろう。


127 :132人目の素数さん:2009/09/27(日) 21:51:53
数学書というよりは啓蒙書かも知れんが、出版社に「金返せ」と言いたくなった本
Notes on Fermat's Last Theorem, Alf van der Poorten

128 :132人目の素数さん:2009/09/27(日) 22:05:45
>>126
田村を読むならHatcher読んだ方がずっとマシってこと?

129 :132人目の素数さん:2009/09/27(日) 23:10:15
>>128
>田村を読むならHatcher読んだ方がずっとマシ

と思うけどね。

130 :132人目の素数さん:2009/09/27(日) 23:11:30
>>128
数学書なんて、悪い本に捕まったら何十時間も無駄にすることあるし
内容の善し悪しで選ぶべき
わずか数千円数万円の価格差で選ぶべきでない
>>126は無視すべき

131 :132人目の素数さん:2009/09/27(日) 23:21:02
>>129
どっちも読んでないだろう?

132 :132人目の素数さん:2009/09/28(月) 08:17:49
hatcherはただでそ
田村一郎は初めて読むトポロジーの入門書としては別に悪くないと思うよ

133 :132人目の素数さん:2009/09/28(月) 10:09:02
>>130
>内容の*良*し悪しで選ぶべき

なら田村という選択はない。

134 :132人目の素数さん:2009/09/28(月) 10:11:09
>>130

は performance/price の意味が理解できんようだな。

135 :132人目の素数さん:2009/09/28(月) 10:12:30
>>132
>hatcherはただでそ

プリンタとトナーと紙が只で使えるならな。

136 :132人目の素数さん:2009/09/28(月) 10:14:48
>>131
>どっちも読んでないだろう?

こういう事を書く奴はチョンと同じで「自分がこうだから他人もこうに違いない」と思うんだね。
悲惨だな。

137 :132人目の素数さん:2009/09/28(月) 10:20:12
>>130
>わずか数千円数万円の価格差で選ぶべきでない

わずか?そりゃまた大したお大尽ぶりで結構だね。

138 :132人目の素数さん:2009/09/28(月) 10:27:44
>>125

悪い事は言わん。直ぐ止めた方が良い。
欧米で出てるのを見てご覧。
HatcherだけじゃなくてBredonとかFomenko-Novikovとか、初心者から読めて結構深い所まで書いてるテキストは沢山あるよ。

139 :132人目の素数さん:2009/09/28(月) 16:28:08
田村さんのトポロジーの本、大学1年で読んだけど当然位相空間の知識も
無かったのでさんざん苦労した。恥ずかしい話だが開集合を理解するまで
半年以上かかった。とうとう夢の中で開集合に襲われるまでになった。
しかし不思議というのか、それ以降専門書を読むのにそれほど苦痛を
感じなくなった。

140 :132人目の素数さん:2009/09/28(月) 18:18:21
>Hatcher
蛸の?

141 :132人目の素数さん:2009/09/28(月) 22:04:30
田村読みやすくて良い本です
単体近似定理を単体的ホモロジーの範囲で証明してるし
例もあって直感的にわかりやすい
本質的な間違いも無い
位相空間論を全くはじめての人にはきついけど、それはどの本も同じ
中途半端にでも位相をかじってれば、最初のほうでおさらいしてるから、思い出して、読みやすい
読み続けることをお薦めする
ハッチャーは定義があいまいで読みにくい。私もそう感じたし、アマゾンのレビューでも同じこと言ってる人いる

142 :132人目の素数さん:2009/09/29(火) 07:58:16
>>72

なにゆえ駄本?

143 :132人目の素数さん:2009/09/29(火) 17:43:47
代数トポロジーは何を読むのが標準なんだろうか。
Spanierは古いし、アメならBredonなのかな。
日本だといいのがないような気がする。岩波の小松等も重過ぎるしな。
服部もこの板で評判わるいみたいだし。

144 :132人目の素数さん:2009/09/29(火) 18:09:12
枡田は?

145 :132人目の素数さん:2009/09/29(火) 18:33:34
おまえらはなんでそんなに代数的位相幾何学がすきなんだ?

146 :132人目の素数さん:2009/09/29(火) 20:06:21
>>142

読めば分かるが、EGAの初めの方の劣化コピーだと思えば間違いない。

147 :132人目の素数さん:2009/09/29(火) 20:21:16
>>143
>代数トポロジーは何を読むのが標準なんだろうか。
>Spanierは古いし、アメならBredonなのかな。
Spanierは内容が特別古い訳ではないし、内容は豊富。
ただスタイルは60年代そのもので無味乾燥(これは著者自身が認めている)。
だから、今の用途は教科書ではなく辞書代わりだろう。
BredonはDiff. Top.も意識しておりいい本だが敢えてSpectral Sequenceに触れていないので、これは他を読むしかない。
HatcherはMayによると「厳密性に欠ける」そうだが「分かった気」にはさせてくれる。

>岩波の小松等も重過ぎる
小松・中岡・菅原かね?
「重過ぎる」とは思えんが?
ただ、内容も今となっては一寸古い(部分が有る)し、それより問題なのはスタイルが古くなってしまった事だな。
誰か今様に書き直せばいいのだが・・・

148 :132人目の素数さん:2009/09/29(火) 20:43:18
誰かこの2件についてコメントしてくれ

>>143
>服部もこの板で評判わるいみたいだし。

>>144
>枡田は?

149 :132人目の素数さん:2009/09/30(水) 17:18:48
>>147
Spanier最初から全部読んだけど、無駄では無かった。
今でも辞書代わりに使えるし。
位相幾何学の基礎的な部分は40年前とさして変わっていないし。
枡田は読んだこと無い。

150 :132人目の素数さん:2009/09/30(水) 17:59:21
>>148
服部はSpanierの劣化コピーと言われてたね

151 :β:2009/09/30(水) 18:43:38
枡田氏は優れた戸ポロジストだよ
本は四だことない

152 :β:2009/09/30(水) 18:57:32
あれは誰の予想だっけ?あふイアン空間へのりだくテいぶ群の作用が
扇形か出来るか?っていうの? ハイマンばすかな?
その反例が出てから、てっどペトリ江と共同で仰山反例を構成すると共に
ある特殊な場合について分類をした鮮やかな一連の仕事をきおくしている
最近はトーリック位相多様タイの研究があるかな? 

で本には何を書いているの? 朝倉だっけ
あのシリーズ値段が高いからなあ 

153 :132人目の素数さん:2009/09/30(水) 19:08:45
普段使わない単語で無理するから漢字変換が悲惨なことになってるね

154 :β:2009/09/30(水) 19:19:59
うん
そうだな
このPCはかみさんのPCだからなあ
それに織れは英語で数学各からw 爆笑

155 :猫は珍獣 ◆ghclfYsc82 :2009/09/30(水) 19:31:00
>>153
意味のある主張は何処にも見当たりませんから、
とにかく相手にしないで黙殺するのが得策だと
思いますね。

それで万が一相手が英語で書いて来た場合にのみ
英語で反応すれば良いのではないでしょうか。
その際に返答の英語はかなりレベルを落として、
中学生程度にしなければ相手には何も伝わらない
と予想されますので、この点だけかなり注意が
必要ですね。とにかく高度な話はしない事です。




156 :β:2009/09/30(水) 19:33:54
そうだな
馬鹿猫は高度な話が出来んから脳w

157 :132人目の素数さん:2009/10/02(金) 22:59:08
あげ

158 :132人目の素数さん:2009/10/02(金) 23:16:30
hey,betha.you logic is so confused that i only know ua nothing but shit.
your basis on math is quite poor.you have wife?Kidding.
youd better go home and lick your wives cunt without taking bath.
sincerly.

159 :β:2009/10/02(金) 23:33:22
あげ

160 :132人目の素数さん:2009/10/03(土) 16:13:44
数学ガール−ミルカさんとテトラちゃん
馬鹿馬鹿しくて読む気にもならん。
トンデモ本の一つ

161 :132人目の素数さん:2009/10/03(土) 17:18:16
あれは数学書じゃないだろ。

162 :132人目の素数さん:2009/12/05(土) 20:16:00
520

163 :132人目の素数さん:2010/02/04(木) 18:32:57
982

164 :132人目の素数さん:2010/03/10(水) 19:01:52
496

165 :132人目の素数さん:2010/06/27(日) 10:01:27
142

37 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)