2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

研究と開発の違いを理解してない奴が多い

1 :Nanashi_et_al.:2009/05/24(日) 09:16:50
と思うんだけどどうよ?

研究とは、誰も知らないことや誰も見たことがないことを発見すること。
開発とは、研究で既に生み出さていることを集積・統合して製品を実現すること。

大学で研究室に配属されると、
「研究」をやってる奴
「開発」をやってる奴
「研究開発」をやってる奴
の3パターンにわかれると思う。

おまいらの周りにもいないか?
研究室で「開発」しかやってない奴

2 :Nanashi_et_al.:2009/05/24(日) 09:23:21
開発は研究のひとつの形じゃないのかな。
ところで研究開発って何?

3 :Nanashi_et_al.:2009/05/24(日) 09:25:12
例えば、ロボットを作る場合は「開発」か「研究開発」となる。
研究で既に生み出さていることだけを集積・統合してロボットを作るのであれば「開発」
研究しつつ、その成果を取り入れたロボットをつくるのであれば「研究開発」

4 :Nanashi_et_al.:2009/05/24(日) 09:28:04
研究開発とは、単純に研究+開発のこと

開発は製品の完成があるわけだから終わりがある

5 :Nanashi_et_al.:2009/05/24(日) 09:33:05
もちろん開発をやっていて、「あ、やっぱりこの方法じゃ無理だ」となって
その開発プロジェクトをあぼーんするか、別の方法を用いるか、
その無理な点を解決するために研究に移行する、ということはある

6 :Nanashi_et_al.:2009/05/24(日) 09:37:12
卒業論文とかを見ると、
オリジナリティが全くなくて「お前開発しかやってないじゃん」て言いたくなるようなものもある

7 :Nanashi_et_al.:2009/05/24(日) 09:47:40
大学は研究をやるところなのに、技術者育成を目指してる専門学校のような学科もある

※技術者=開発だけをやる人

8 :Nanashi_et_al.:2009/05/24(日) 10:01:55
開発だけをやるのであれば、完成する時期を見積もることができる
しかし、開発の中で研究をやるとなると、いつ完成するかというのはわからなくなる
研究とは、誰も知らないことを発見することなので、いつその誰も知らないことを発見できるかはわからないから

9 :Nanashi_et_al.:2009/05/24(日) 10:09:21
そう考えると、
学部4年の卒業研究の1年間、修士課程の2年間、博士課程の3年間という限られた時間のなかで
誰も知らないことを発見し、論文にまとめるというのはある意味かなり大変なこと
研究という作業をやっていながらも、誰も知らないことを必ず発見できるとは限らないから

10 :Nanashi_et_al.:2009/05/24(日) 20:00:49
教授が研究の大きな成果を求めてくるのはアカハラかどうか
学生は研究がしたいから入学してるのでアカハラではない

11 :Nanashi_et_al.:2009/06/05(金) 14:11:36
あげ

12 :Nanashi_et_al.:2009/06/05(金) 14:35:15
http://www.domo2.net/dat/index.html



13 :Nanashi_et_al.:2009/06/05(金) 18:09:40
>>1ちょいと誤解があるようなので、指摘しておくが、

まだわかってない物事について調べて、知識を生産する活動が研究。
その結果として、未知の何かを見つけることもあり、それを発見という。
研究のゴールは「発見」だけではない。

一方の開発は、まだ実現できていない物事を実現するための取り組み。
当然、既知の知識や技術を利用するが、そいつらをどう組み合わせていけば
実現できるか検討したり、時には必要な基礎データをとることもやる。

なので、開発には少なくとも「知識の組み合わせ法の研究」という要素が
含まれる。こういった研究要素を含まないものは開発とは呼ばない。

ロボット作るんでも、市販のロボット用パーツ買ってきて組み立てる行為は
開発とは呼ばないが、あるレベルの性能を達成するためにパーツを吟味する
行為はそれなりに研究だし、それで性能を高めていくことはそれなりに開発。
また、ロボ性能に対する各パーツの関与を明らかにし、目的に対して最適な
パーツを作るくらいになると、これはもう立派な研究開発である。

14 :Nanashi_et_al.:2009/06/05(金) 21:35:05
昔の話、ある会社の偉い人(文系)に、うちの部下がMP3作ったんですよ
って言われたとき、一瞬ドキっとした。

詳しく聞いてみると、MP3が聴けるプログラムを作ったにすぎないんだけど、
MP3が出回り始めた頃なので、一瞬、MP3のシステム開発者がいるのかと思った。

その偉い人は、えらく部下を自慢していたなあ。まあ、それはいいとして
MP3くらいになると、じゅうぶんに研究開発といえるだろうね。

15 :Nanashi_et_al.:2009/06/06(土) 10:14:36
大学で『開発に成功した』と主張する研究者と付き合いすると、大半はとても成功したとは言えないレベルのものが多い。
『とっとと事業化しろ』みたいな勢いで言われるが、『そんなレベルじゃねーだろ!』ってやり取りが多い
(-_-;)
特に共同研究で事業化の経験がほとんどない人に限って…

一方、共同研究・企業との事業化の経験抱負な研究者とはうまく行くことが多い。
でも早い段階から共同研究して開発につなげたほうが、開発成功につなげやすい気がする。
最近産学連携で、まともに開発したことがないのに、『開発に成功した』って主張する研究室多くてうんざりです。

最近の流行で開発成功を主張してるだけ(もしくは開発を分かってない)みたいなのが散見される。

世間に役立つ状態にまですることに成功して、初めて『開発に成功した』です。



16 :Nanashi_et_al.:2009/06/06(土) 10:53:17
メーカだと、1年間メンテナンスフリーで動いて初めて、なんとかギリギリ事業化がみえてくるって感じだしねえ。
そもそも製品むけの開発の大半って実は、いわゆる「バカよけ」っていわれるようなバグ出しだし。
研究室で動いたっていうのと製品化とでは雲泥の差がある。

17 :Nanashi_et_al.:2009/06/06(土) 11:00:33
研究と開発の間に開きがあるのは自然のことじゃないの?開発に成功したっていう主張はその開きに応じた開発の成功でしょ。
事業化レベルは研究レベルでの開発後のステップで、大学じゃできないから企業様にお願いするんじゃないのかな。
大学に事業化が可能なレベルまで期待するほうがおかしいだろ。おまえ、企業研究者としては無能な部類?

18 :Nanashi_et_al.:2009/06/06(土) 11:15:56
>研究と開発の間に開きがあるのは自然のことじゃないの?

日本の企業は昔からそんなことは知らない。

19 :Nanashi_et_al.:2009/06/06(土) 12:44:06
通常大学に開発は期待しません。というか、大学の役目ではない。

基礎研→大学
応用研究→大学・企業
開発→企業

が現実でしょう。


大学の研究室で開発しかしていない奴がいる、とのコメントがありましたが、実際には開発にはなっていない、というのが感想です。
最近『開発できた!』という話が我々の会社にもよく来ますが、『開発を開始できる(かもしれない)』ぐらいの話でも、『なんですぐうらねーんだ』みたいに思う研究者がたまにいて疲れます。

まだ研究がちゃんとしてればいいですが、ここ数年研究自体が怪しい話もふえているような・・・

任期付ポストが増えたためか、無理やり成功(結論ありき)したと話してるケースもあるような。


最近も、『すごい技術を開発した』てとある大学の教授がいうから、試験してみると技術自体がうさんくさい。有名な大学だったけど、実際にしてるのは任期付助教。最終的に事業化を断ったら、『何で開発に成功したのに、事業化しねーんだ。』とブチ切れ。

まあ特殊な例とは思いますが。


共同研究抱負な研究者は大学の役割・企業の役割をよく分かってるので、良いのですが、最近始めた研究者はそうでないので、付き合うと苦労することが多いっす。

20 :Nanashi_et_al.:2009/06/06(土) 12:49:49
大学の研究室には開発は存在しない。


21 :Nanashi_et_al.:2009/06/06(土) 12:52:50
研究は大学で、開発は企業で。

22 :Nanashi_et_al.:2009/06/06(土) 12:58:29
そのとおりです

23 :Nanashi_et_al.:2009/06/06(土) 13:00:46
スレッドを立てたかたが、開発経験がなく、開発をよく分かっていないのでは?

24 :Nanashi_et_al.:2009/06/06(土) 21:50:57
大学でつくったものが製品としてでることもごくたまにあるよね

25 :Nanashi_et_al.:2009/06/06(土) 22:55:00
たまにな、たまに

26 :Nanashi_et_al.:2009/06/11(木) 18:30:10
なんか、>>1の主張とは乖離して話が進んでるが、まあいいや。

「研究」と「開発」のには、通称「デスバレー」と呼ばれる深い谷が潜んで
いるのはよく言われること。
事業化目指すんなら、研究者も開発者も互いに谷の向こう側に渡ってみる
くらいの努力が必要なんだと思う。

概して言えば、非営利研究者のネタが実用化レベルに対して貧弱過ぎなんだが、
それも当然で(なんせ非営利なんだし)、それに対し、営利事業者の開発担当
は、ツベコベ文句いうくらいなら、そもそもそんなネタ、テメェらのメシのタネ
に使おうとしなければいいだけなんだし。

まあ、どっちもどっちな問題ではあるんだが、限りある理系資源を有効に活用
するためには、もうちっと社会システム的に何とかしなきゃダメだろうな。
成功報酬制度の充実で、谷渡りのモチベーション上げるとか。

と思うのだが。

27 :Nanashi_et_al.:2009/06/11(木) 19:07:16
広辞苑

けん‐きゅう【研究】‥キウ
よく調べ考えて真理をきわめること。「古代について―する」


28 :Nanashi_et_al.:2009/07/25(土) 15:41:49
>>1をみると
アウトプットに特許、論文があれば研究or研究開発ってことになるな

研究は新手法の考案で開発は最適化っていうイメージかな


29 :Nanashi_et_al.:2009/08/06(木) 22:00:35
>>1
???

30 :Nanashi_et_al.:2009/09/30(水) 20:34:18
馬鹿?

31 :Nanashi_et_al.:2009/10/01(木) 13:48:12
1の勘違いぶりにワラタ。じゃぁ研究イコール発見なのかと

32 :Nanashi_et_al.:2009/10/01(木) 14:21:40
プログラミングを研究だと思っているやつはたまにいるな

33 :Nanashi_et_al.:2009/10/01(木) 14:23:48
プログラミングの研究をやっている

34 :Nanashi_et_al.:2009/10/01(木) 14:24:30
ピペドに1年がかりでやらせる作業が、数秒のデバッグ作業で終了
>プログラミング

35 :Nanashi_et_al.:2009/10/01(木) 15:19:23
>>33
形式言語とかっすか?

36 :Nanashi_et_al.:2009/10/02(金) 09:41:51
そこらへんのソフト持ってきてちょっとおもしろいっぽいシステム作っただけなのに
卒業「研究」だと豪語している私立理工系学生は害悪だと思う

37 :Nanashi_et_al.:2009/10/02(金) 10:36:47
ほかのとどう違うのか説明できればそれでいいんですよ
卒業「研究」ってのは

38 :Nanashi_et_al.:2009/10/03(土) 19:40:25
俺はそんな感じなんだけど
研究室の方針でそれしかできないんだぜ
研究をするために院に進んだのに開発どころか計算しかやれてない

39 :Nanashi_et_al.:2009/10/07(水) 01:47:18
>>26
死の谷越境は簡単じゃないよね…

営業担当のとっては
既存製品の新規顧客の開拓は既存客の維持と比べ大雑把にいって5倍のコスト
新規製品(新事業)の場合はさらに5倍のコストで
リスクが高い割りに実入りが小さい。

技術担当にとっては
新しい技術の勉強、コレまでの仕事の経験則は通用せず
事業撤退となれば新たに身に着けた経験則もリセットされる。
ビジネスキャリアにおける回り道

営業・販売網の確立には商品開発の3倍以上のコストが必要で
製造原価の採算ラインは販売価格の3割と言われてる。
試作品の原価の3倍以上の値段をその試作品に出す気になるか考えてみ。

さらに大企業病の弊害がある。
社長になるのは大抵その会社で最も売上のデカイ事業部出身者。
つまり売上の大きい事業の方がその会社の既得権益に近くなる。
新規事業は既存顧客はいないわ市場は小さいわ、いつポシャってもおかしくないわで
担当社員からすれば貧乏くじ。


>>1
学生の大半は企業に就職するわけで、そのうち研究に関与するのは1割もいない。
大学で開発の一端を体験できるなら、教育機関としてはあるべき姿だと思うよ。
>>1は「研究室」という名が体を表していない事に不満があるんだろうけど…

40 :Nanashi_et_al.:2009/10/07(水) 02:20:57
研究は公共機関で、開発は民間で。
ちゃんと棲み分ければ良い。

41 :Nanashi_et_al.:2009/10/09(金) 15:34:12
研究職が出世コースになってる会社はほとんどない。
研究か開発かで言えば、開発の方が出世できる。
研究よりも開発よりも、もっと出世しやすい職場がある会社もあるが、
研究職が一番出世しやすい会社は、ほとんど存在しない。


42 :Nanashi_et_al.:2009/10/09(金) 16:46:12
41はそんなに出世したいの?

43 :Nanashi_et_al.:2009/10/09(金) 17:14:51
ってか、研究にせよ開発にせよ、マネージメントをやってる人が
出世するのが企業ってものだよな。
自分で手を動かすよりも、手下に手を動かさせるのが上手な奴が出世する。

そういう意味で、俺は出世しなくていいよw
一日中、研究と2chだけやってるw

44 :Nanashi_et_al.:2009/10/09(金) 18:40:22
で、リストラですね

45 :Nanashi_et_al.:2009/10/09(金) 19:26:08
>>41
研究者が出世できる会社
ホンダ、ファナック、日立…意外とあるけどな

46 :Nanashi_et_al.:2009/10/10(土) 00:22:20
メーカーなのに営業出身が社長になる会社が多い罠。
日本国民は科学的素養が壊滅的だから技術の違いなんてわからない。
で、営業トークが幅を利かせる。

技術立国? ご冗談を

47 :Nanashi_et_al.:2009/10/10(土) 16:53:55
>>45
3社しか記されてないけど・・・

48 :Nanashi_et_al.:2009/10/11(日) 22:06:37
現場を見ない、現物に触らない、手を動かさないで開発の現実を知らないから
アイデア通り、設計通りにブツは出来るものと勘違いしている。この手の脳内
開発者が大学には実に多い。こんなのに開発をやらせるとほぼ確実に大炎上する。

49 :Nanashi_et_al.:2009/10/11(日) 22:11:54
技術に疎い教授が開発方針を二転三転させるおかげでメーカーもスタッフも大混乱。
要求項目、品目を増やしすぎでプロジェクトは完全にグダグダ。そして担当メーカーは
手を引いてしまい、スタッフや共同研究者の冷たい視線を浴びながら「頑張ろう」と
熱弁を振るう教授の虚しい姿。

ある医工連携プロジェクトの風景。

50 :Nanashi_et_al.:2009/10/11(日) 22:28:23
>>1はジジイ技官

51 :Nanashi_et_al.:2009/10/14(水) 22:43:28
企業での開発と大学での開発の違いが分からないで必死に>>48
みたいなことほざいてる奴って馬鹿なの?

52 :Nanashi_et_al.:2009/11/08(日) 14:32:59
違いが分からない企業博士が必死に企業が優れていることを説明してくれる
けど、相談に来る
優れているなら相談にくるなボケ

53 :Nanashi_et_al.:2009/11/18(水) 17:19:43
基礎研究
応用研究
開発研究

うちの研究室は応用と開発の中間かな。

54 :Nanashi_et_al.:2009/12/03(木) 15:37:12
某企業のわけかたはこんな感じ

研究開発・・・10年後、20年後に使える要素技術を研究
設計開発・・・自社の持ってる技術を駆使して製品開発

55 :Nanashi_et_al.:2009/12/12(土) 10:29:22
研究・開発・製造は、

種を作る人、苗を作る人、作物を作る人
0を1に、1を100に、100を100万/年にする人

いろいろ言われるけど、製品のステージで分けるのが普通だわな

大学は種を作ればいいが、
作る作物のプランも決めずに、種だけだと普通は売れないので、
採算の厳しい昨今、パテントやら産学協同開発やらで苗くらいは作らないと行けなくなってるわけですよ

56 :Nanashi_et_al.:2009/12/12(土) 11:01:01
直播でうまくいく作物を見つけた方が良いかも。

57 :Nanashi_et_al.:2009/12/12(土) 14:11:18
でも大学の研究者って教科書レベルしか理解してない人いるよな
うちのバカ教授は化学系のくせに炭素1molと酸素1molが反応したら二酸化炭素1molできると信じてるっぽいし

58 :Nanashi_et_al.:2009/12/13(日) 12:39:28
なんだって??

59 :Nanashi_et_al.:2010/04/29(木) 02:41:24
>>57
あってるじゃん

60 :Nanashi_et_al.:2010/05/05(水) 01:56:46
>>57は中学レベルの化学反応式を理解していますか

61 :60:2010/05/05(水) 01:58:11
さらし上げ

62 :Nanashi_et_al.:2010/05/05(水) 02:48:38
工学はすべてできないといかんだろ。
役に立つ実学が工学(エンジニアリング)という学問だ。

63 :Nanashi_et_al.:2010/05/05(水) 13:00:52
実際問題、ほとんどの大学は教育だけで手一杯。まともな研究も教育もできません。
学生大杉。

あと、分野にもよるのかも知れないが、学力低下で学部4年生に卒論らしいものを書かせるのは無理になっている。

64 :Nanashi_et_al.:2010/05/05(水) 13:54:55
某公立の教授が研究室のポスドクに大学向きじゃないから企業へ行けといっていたが
そのポスドクは旧帝の教員になった。先日、そのポスドクが大学向きじゃないのは
あの教授の方だといっていたが、西横から崩れてきたあの教授は口先と元気だけで
企業でも役立たずだろう。

65 :Nanashi_et_al.:2010/05/10(月) 22:30:44
>>57
おい無視スンナよww
お前、化学、苦手??wwww

66 :Nanashi_et_al.:2010/05/10(月) 22:47:56
>>57
ねぇ早く説明してよ??
てか誰か>>57の言ってること解説してくんない??

67 :Nanashi_et_al.:2010/05/11(火) 20:23:56
>>66
COも生成するからじゃないの
仮にメッチャ優れた触媒やら反応条件があったとして、生成物が全てCO2とすると
 僭=−394kJ/mol at 1000K
だからK=10^6くらいか
確かに1molから1molは生成しないな

>>57がCO生成のことを言っているのか、収率の話をしているのか知らんけど

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)