2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

宇宙よ エーテルの風は吹いているか

1 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/29(日) 04:05:08 ID:w6eHkzHf
現代ではマイケルソン・モーリーの実験でエーテルの風は否定されてしまった
はたして本当に正しいのだろうか?
いや違う、あんなものでエーテルの風は観測できないのだ
我々はもう一度原点に返る必要がある
重大な間違いを犯す前に・・・

2 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/29(日) 04:08:04 ID:???
        _                 _
       i'===,`;               ;'、===ョ
       i;:;:;;i゙` !              ! '゙i;:;:;;!、
     , '   ゙⌒\            , '⌒゙   ヽ、
     |,,. 、  y |           / , 、,,   ,;. ,|
     |"i  ゛' |  |           |  |  '" i ゙| |
     !,!,   !  |           |  |,、   !, ! |
      f゙゙ ;'゙ ;;i ノ -_.=゜。  _.=゜。-.\f,   ,y !
     (  ;!;  ´\ ; ;゜、`; 。、`;゜/´  ,  ,)
    ,/   ,i´ `ヽ  ゙;  :_,,..,,,,_ ; ;; ;`;;  ,/ ,;-'" ヽ  ゙;
    /_ ノ     ir  i./ ,' 3  `ヽーっヽ  !  ヽ. ヽ
   / ,ノ      i  ノl   ⊃; ⌒_つ ヽ ヽ.  ヽ、_ヽ
  !,,_<       y |_。ー---‐'''''"  ;  | y′   ),;冫
"''""''~"'""~"'"""''~"'""~"""~↑""""""~"''"'"""''~"'""'"""'
                >>1

3 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/29(日) 05:08:11 ID:???
>マイケルソン・モーリーの実験でエーテルの風は否定

実験したのがモーリーの1回のみと思ってるのかw


4 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/29(日) 09:15:32 ID:???
4げと

5 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/29(日) 13:10:51 ID:???
>>3
ネタにマジレスカコ悪い

6 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/29(日) 16:15:07 ID:???
3-5
オメデタイふたり乙

前提が間違っていれば1回も2回も関係ない罠

7 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/30(月) 02:48:51 ID:A0EQLNpc
>>6
その通り

そもそも地球で実験しようが何の意味も無い
実験の方法も間違っているし、実験の規模も非常に小さい
そして地球で起こった出来事を宇宙全体に広げるのは異常としかいえない
エーテルの風はそんな方法では観測できないからだ

8 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/30(月) 07:49:12 ID:???
うわぁ>>6-7は真性でつか?
光速度不変を疑うならマクスウェル方程式を疑えば?
マクスウェル方程式はローレンツ共変、光速度不変はマクスウェル方程式の予言でもある。
自己導出できるスキルがあるならやってみそ。

エーテルの概念はガリレイ共変のニュートン力学からの要請であって、
マクスウェル電磁気学とニュートン力学の統合が特殊相対性理論だ。

9 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/30(月) 13:37:52 ID:ceAb/f7m
エーテルが何の要請だろうと関係は無い
そして光速度不変とエーテルにも何の関係も無いんだよ
視野が狭すぎるな

10 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/30(月) 14:12:48 ID:???
>>1
エーテルが否定されたんじゃなくて
観測できなかっただけだろw

11 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/30(月) 14:33:21 ID:fSBtjbwU
エーテル嗅がせて、漏れの女を寝取ったのは藻前か?

12 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/30(月) 15:08:04 ID:???
>>8
ってことはエーテル理論から数式を導いたマクスウェルは真性第1号でつか?

媒質がニュートン力学の要請ならば、高いところから落としたティッシュペーパーの落下位置を正確に指定できるということでつか

天気予報や地震は確率の概念なしに予測できるということでつか
日食や月食の日時を予測するように

13 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/30(月) 17:19:30 ID:???
新手の相間スレか・・・

14 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/30(月) 20:49:56 ID:???
そもそも物質は真空からの励起状態だ。その真空構造が掴めてなくて、なんらかの
励起させるもとがあるとしか分かってない。光速度不変を壊さず存在できる
真空構造のことを仮に「エーテル」と呼ぶのなら、無いとは言いきれない。

15 :ご冗談でしょう?名無しさん :2005/05/30(月) 21:22:05 ID:NIXcac0G
エーテルの存在が確認されたら、どうなるんだろう…。
今まで俺が買ってきた本の代金はどうなるんだろうか。

16 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/30(月) 21:44:36 ID:???
>>14
>光速度不変を壊さず存在できる 
それは>>1のいうエーテルとは完全に別物だろう。

17 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/30(月) 21:55:57 ID:???
>>15
本屋で本を見て買おうと思ったおまいの負け

太陽の光が地球に降り注ぐこの自然を目の当たりにして、光が相対性理論に従わないと主張するならすればいい


18 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/31(火) 06:17:10 ID:ru4Szfgj
未来じゃ今で言うエーテルの存在は当たり前なんだけどな


19 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/31(火) 06:21:58 ID:???
未来人キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

誰か精神病院に連れてけ。

20 :エーテルです:2005/05/31(火) 09:57:18 ID:???
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: : ..        .::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: :.         .::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: : .         .:::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: : .           .::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: :...              .:::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: :..              .:::::/
::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: :. ー―--、、___    .::::::/
:::::::::::::::::::::::::::: ::: :: :.       // Τ",ー、__/
:::::::::::::::::::::::: ::: :: :.      .//_,//,// ヽ
:::::::::::::::::::::::: :: :: :.      //‐'ー''  ̄ /   ヽ  
:::::::::::::::::::::: ::: :: :.     .//―┬―-彡/\ .|
:::::::::::::::::::: ::: :: :.   /~/  ̄`┴―'' ./彡  |
::::::::::::::::: ::: :: :.  /~/~          |  l |
::::::::::::::::: ::: :: :. / /            |  / /
::::::::::::::: ::: :: :.  |  |              |//
::::::::::::: ::: ::. :.  |  l    ,,=、、.      |/
:::::::::::::: ::: :: :.  ヽ ヽ  ((  .ヽヽ     |
::::::::::::: ::: :: :.  ヽ ヽ    / .|.     |
:::::::::::::: ::: :: :.    ヽ、__/ /.     _」
::::::::::::::::: ::: :: :.        /| ‐-/ ̄
::::::::::::::::: ::: :: :.       / / /
:::::::::::::::: ::: :: :. ヽ   _/  //
::::::::::::::: ::: :: :. ヽ  ̄  ./| |
::::::::::::::::: ::: :: :.    ̄ ̄ ミ | | 
:::::::::::::::::::::::: ::: :: :.    ミ   | |
:::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: :.
>>18

21 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/31(火) 11:28:31 ID:???
>>8にマジレスするとニュートン力学が要請しているのは無媒質の空間。
それゆえニュートン力学と相対論は古典力学のカテゴリーにくくられている。
 媒質を要請しているのは量子論。実際ディラックの負エネルギーの海から始まって、仮の電子・陽電子対といった空間性を付加してミクロの世界を説明している。
それゆえ重力の量子化がなされるためには媒質の力を借りなければならない。
相対論は空間の無限分割(時空連続体)を許し、量子化(最小単位)にはなじまない。
 つまり相対論に固執する限りわれわれは、量子重力(宇宙論)を目の当たりにすることはない。

22 :8:2005/05/31(火) 13:18:38 ID:???
マイケルソン・モーリーとエーテルの話に何で量子論が出てくるんだ。
それと媒質じゃなくて場だろ?

23 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/31(火) 15:14:18 ID:???
場とは力が生じている空間のことだろ?
エーテル説の立場からはその力は媒質が担っているのだから場=媒質でいんじゃない。
 逆にエーテルが虚構ならば媒質の概念はないのだから場は場と呼ぶしかないが…
ところで「場」って何?

24 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/31(火) 20:36:18 ID:???
エーテル イーサネット
http://search.yahoo.co.jp/bin/query?p=%a5%a8%a1%bc%a5%c6%a5%eb+%a5%a4%a1%bc%a5%b5%a5%cd%a5%c3%a5%c8&fr=top

25 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/01(水) 13:26:17 ID:???
21世紀の物理学はエーテルが中心テーマになる予感がする。
20世紀の物理学はエーテルを扱えなかった、ただそれだけのこと。

大体、宇宙は水のように相転移を起こす!って言ってんだから間接的な表現であれ実質エーテル(媒質)を使ってるんだし…

26 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/01(水) 16:32:11 ID:???
ヒッグス粒子のことをエーテルと呼びたいのか?

27 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/01(水) 17:54:23 ID:???
いや 俺の頭の中にそのイメージはなかった

28 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/01(水) 19:45:00 ID:???
>大体、宇宙は水のように相転移を起こす!って言ってんだから間接的な表現であれ実質エーテル(媒質)を使ってるんだし… 
これだったら、ヒッグス粒子のことだよなぁ。
ハドロン相←→QGP相だったら、また違うが。

29 :さる ◆ikfwmCJVs6 :2005/06/03(金) 12:33:32 ID:M+d4HpE8
エーテルって神学的に解説してるものだと宇宙に充満してるエネルギーを伝える物としてあるが
はっきり言ってエネルギー伝達さえすれば宇宙にある事で何でもエーテルな訳だろ?

エーテルとは直接関係あると断言は出来ないがダークマターなんかも有るのは判ってるが
それがどういったものなのかハッキリとはしてないだろ
仮に半径100kmの渦が有ったとしてどの位置にある粒子も中心から見て全て同じ角度で運動するんだろ?
物理的に有り得ないと思えるんだが実際銀河はそういった動きをしているからな..
とりあえずクォンタム的に言えば全ての可能性(事象)を肯定出来る罠
どんなに天文学的に確率の低い事でも、天文学で運用すれば事例が出そうな悪寒がするわい

30 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/03(金) 15:26:03 ID:???
/マイケルソン・モーリー(M・M)の実験とその後の経緯に対する疑問?/

(1)いわゆるM・Mの実験により、光の速度は光源の進行方向とその直交方向での違いは見いだされず、エーテルの風は否定された。(光の速度は光源の運動に左右されないことを示唆)
(2)エーテルの存在を信じて疑わないローレンツは、物体は運動する進行方向に縮むとする短縮仮説を思いつき数式化した→ローレンツ変換(L)→エーテルの延命装置
※(L)によりM・Mの実験結果とエーテルの整合性は一応保たれている。
(3)光速度不変、あらゆる運動は相対的とする特殊相対論が登場。エーテルを否定。しかし(L)は使う。

さて皆さん、これから初級の論理学の問題を解いて下さい。

(1)からの帰結として(3)が導かれた。ならば(3)はなぜ(L)を使うのか?いらないだろう。なぜならば(3)は(2)からの帰結ではないからだ。

結局(3)が(L)というエーテルの延命装置を使っている以上、(3)はエーテルを否定しえたと言えるのか?否か?。

つまり(3)はエーテルは豊穣の海であった、ということを証明したに過ぎないのではないか?。
 ちなみに、(3)がおよそ100年間数々の検証に耐えてきたのも(L)というエーテルの延命装置を使っているからではないのか?。

これは一見逆説的である。
(2)と(3)はエーテルに対する解釈が180度違うため、同じ世界観を共有するものではないし様々な違いが派生する。
しかし、同じ数式(L)を使っている限り数学的にはエーテルが存在するとしてもしないとしても同じ結果しかでないのではなかろうか。

尚、私の疑問はあくまでもM・Mの実験の範囲の話である。なぜなら科学の書物には、エーテルはM・Mの実験により否定された、と記述されているからである。

31 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/03(金) 15:37:27 ID:???
>>30
アインシュタインはローレンツ変換の式を(確か人の手を借りているが)自己導出している。
発表後、外見上全く同じ式なので先に導出した敬意を表してローレンツの名前を関しているに過ぎない。

運動方向に縮むというローレンツの予測が真だとして、
何に対して運動しているのか?を考えれ。

特殊相対性理論は光速度不変と相対性原理から導かれる、というのはそういうことだ。

32 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/04(土) 09:16:12 ID:???
>>31は俺の疑問を理解していないようだね
ところで31に聞きたいんだが、相対論の言う伸び縮みする時空間て何処にあるの?
何も無いとこからオマイが創り出すことを自己導出って言うのかな?

だったらオカルトすれすれだなっ

33 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/08(水) 01:28:15 ID:???
要するに、エーテルはローレンツの変換式の中に封印されている

それゆえ、その封印を上手く解いた勇者が最終的な勝利者となり、歴史に名を刻む

さあ 者どもよ パズルゲームを始めようではないか

34 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/09(木) 00:51:04 ID:???
俺31じゃないけど
>相対論の言う伸び縮みする時空間て何処にあるの?
そりゃあもうそこら中に。
>何も無いとこからオマイが創り出すことを自己導出って言うのかな?
良く読んだ?
>特殊相対性理論は光速度不変と相対性原理から導かれる、というのはそういうことだ。
この一行で全部なんだけど。

35 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/09(木) 01:07:03 ID:???
ちょっと補足しようか。
この場合の相対性原理とは特殊相対性原理ね。
平たく言うと特別な慣性系(静止系)は存在しないってこと。

静止系があるんだ!って思う人以外は論理的に特殊相対性理論は認めざるを得ないわけ本来ならね。
どうせ>>33は光速度不変の分しか考えてないんでしょ?

36 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/09(木) 20:58:12 ID:???
>>34
揚げ足取るようで悪いけど
>そりゃもうそこら中に
(あまねく存在)
それを科学者は科学の言葉でエーテルと呼ぶんだけど w
そろそろ自己矛盾に気づけよ


37 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/11(土) 10:53:14 ID:???
>どうせ33は光速度不変の分しか考えてないんでしょ?

ちなみにオレの基本スタンスは光速度可変、非相対性なんだけど…

38 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/11(土) 18:12:52 ID:2t5D5y/j
じゃあ地球以外で、もっと言えば太陽系の外で、エーテルの観測実験をしたことがあるのかと・・・
これは風呂場でやった実験が、深海でも同じ事になると言ってるようなもの

39 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/11(土) 19:02:50 ID:???
>それを科学者は科学の言葉でエーテルと呼ぶんだけど w

呼びませんよ。
つーか、言葉だけ同じものを使ったまま中身を入れ替えて
延命を図るって言うのは、概念的に有用なものの場合だけ通用することです

上っ面だけ見ると万能なエーテルという存在にはその価値はありません

40 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/11(土) 23:37:29 ID:???
何故から知らんが、大本系の宗教屋はエーテルが大好きな件について。

41 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/12(日) 01:21:47 ID:???
>>37
ハイハイ、まずそれを証明できる実験データを出してくれ。話はそれからだ。

42 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/13(月) 20:23:13 ID:???
>ハイハイ、まずそれを証明できる実験データを出してくれ。

答:そこら辺にゴロゴロ転がってるよw

ただ誤解されては困るが、オレの言う光速度可変は相対論関連の話ではない。
一言で光の速度といってもいろんなバリエーションがあるし、そもそも速度とは何か?という明確な定義づけなしではあらゆる議論は平行線をたどる。

例えばピラミッドを真横から見た者は三角形と認識するだろうし、真上から見た者は全財産を賭けても真四角と主張するだろう。(2次元しか認識できなければ)
あるいはピラミッドが地球の自転軸上にあったとして、宇宙から眺めた者は、否ピラミッドは円錐形だ!、などとトンデモないことを言いだすかもしれない。

43 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/13(月) 20:25:57 ID:???
続き
音速cはその数式の因子である弾性率や密度の値が変われば変化する。
しかし同じ議論をすれば、光の速度も透磁率や誘電率の値が絶対的でなければ変化する可能性がある。
数式自体が可変だ、と言っているのに光速度不変の原理があるのもおかしな話だ。
まあその議論はさておき

普通、定数としての音速cは波長×振動数によって保証されているのだからその意味では不変だ。
もし音速cが加減算されてc±vになるのなら、
自動車が動きだした瞬間そのエンジン音はc+vとなり、音速を超え衝撃波が発生し、ショーウインドーのガラスを割り、通行人の鼓膜にダメージを与える。
風が吹いてcが変化するものならば、扇風機を回した瞬間衝撃波が発生する。

相対論の立場からすれば、水の波や音の波の速度は観測者の運動に左右されるのだろう、しかし光の速度は何が何でも一定なのだろう。

まあどっちにしろオレの言う光速度可変とはその類いの話ではないし、いわゆる群速度が変化するという話でもない。

44 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/13(月) 20:28:29 ID:???
>>42-43は馬鹿すぎるのでスルーな。
突っ込んでも検討違いなレス返されるのが目に見えてる。

45 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/15(水) 15:23:33 ID:???
>>ハイハイ、まずそれを証明できる実験データを出してくれ。

>答:そこら辺にゴロゴロ転がってるよw
じゃあそのデータ見せろよ。リンク貼れよ。

>>42-43を読んだらお前がどれだけ幼稚な発想かがよく分かった。
現象よりも先に理論はない。理論は現象の解釈だ。
お前の理論が成り立つように宇宙の法則を変えたいのなら神にでもなれ。

46 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/17(金) 12:20:42 ID:HNiO1C47
馬鹿晒し上げ

47 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/17(金) 13:56:17 ID:???
>>42-43
こりぁ酷いなw


48 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/17(金) 14:19:32 ID:???
42-43は相対論を信じる人たちの独善的な世界観をパロったんだが

一例を挙げようか

例えば科学の書物には、加速器の中で光速近くまで加速されたパイ中間子や電子が発する光の速度はc+c=2cにならないで cであることが確認されている。
ゆえに光速度は不変である。と記述されている。

ならば音速近くで飛ぶジェット機の前方に発射された音の速度はc+c=2cになるのか?
あるいはもし cであるならば、音速は不変と結論してもいいのか

49 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/17(金) 14:27:19 ID:???
>>48
いまさらエーテル仮説ですか?
まぁスレタイにもエーテルだか書いてあるからネタスレとしてOKなんだろうけど


50 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/17(金) 14:39:27 ID:???
>>42-43
「優しく薫の首筋に口付けをし、微かに緊張し震える乳房へと」まで読んだ。感動した。

51 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/17(金) 14:46:30 ID:???
藻麻衣はナニ読んでんだよ(ワラ

52 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/17(金) 20:36:27 ID:???
入り口からまちがっとるわ。等温等圧なら音速は不変。

>>48は高校の物理からやり直そうね。

53 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/17(金) 22:10:03 ID:???
>等温等圧なら音速は不変。
じゃあ等温等圧の条件下ならば
等温等圧の下で48の指摘は成立するのかな
論点が違うと思うんだが

54 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/21(火) 01:51:56 ID:???
一人の馬鹿が張り付いてるだけのスレのようだな。
音速は空気という媒質の密度変化という縦波の伝搬速度。
現実的ではないが、>>48の例で静止した空気の中をジェット機が進行すると
仮定すればジェット機の発する振動≒音は音速を超えない。

言い換えると音速は音源の速度によらない。

55 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/21(火) 16:38:57 ID:???
>>52-54は天国にいるアインシュタイン先生に説法しようというのか?

相対論は媒質は可変の基に成立している理論だよ

ならば音速は不変の結論が導かれたらまずいだろ

オレはそれを言ってんだよ

56 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/21(火) 17:02:35 ID:???
見事なまでに話がかみ合ってないが、
原因は全て>>55が自分が気付かないくらい馬鹿だからだな。

57 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/21(火) 23:08:21 ID:???
晒し上げたい欲求に駆られる。

58 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/22(水) 05:59:11 ID:???
>>55
小出しにされてもわかんないから一度考えてること整理して書き出してくれる?

 き っ と わ ら か し て く れ る は ず な ん だ が

59 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/30(木) 06:28:43 ID:aG4X2zl/
晒し上げしとこ

60 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/30(木) 13:18:00 ID:GQBhg42J
コペルニクスも、きっと笑われたはずだ
ダーウィンだって、きっと馬鹿にされただろう
時代の先を行くものは必ず馬鹿にされる


61 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/30(木) 15:19:14 ID:???
>>60
教科書レベルが理解出来てない奴や、ポエムちっくな世界観を
惜しげもなく披露する奴とかが大半だけどな。

62 :age:2005/06/30(木) 18:40:11 ID:G2qCNwfR
諸兄!質問です!
真空中の高速をc(一定)とするのはいいのですが、
例えば空気中では遅くなります。
しか〜し!空気中の分子間は真空だと考えると、
光速が落ちる原因は分子に一度吸収された光子(波動でもいいが)
が再放出されていると考えられます。
とすると、MMの実験は再放出された光速を測っていることになり、
エーテルどうのとは(あろうがなかろうが)無関係のような
気がするのは、私が厨房だからでしょうか?よろしこ。

63 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/30(木) 18:44:38 ID:???
ヒント;屈折率

64 :age:2005/06/30(木) 18:50:57 ID:G2qCNwfR
兄貴!ありがとう!
しか〜し!屈折率の原因について質問しています。
愚弟としては、分子の間は真空であり、
物質による屈折率の違いは、分子に光子が一度吸収される
ためかなと考えました。まちがってます?よろしこ。

65 :63:2005/06/30(木) 19:07:00 ID:???
>>64
うすうす感ずいていたが、お前は俺と同等の知識を持っていて
わざと釣りレス書いてるだろ。

乗るかよ。だりぃ

66 :age:2005/07/02(土) 16:58:59 ID:ydAsFa+z
兄貴〜!
アゲちゃいます。
よろしこ。

67 :あお:2005/07/02(土) 18:09:43 ID:???
もしかしたらニュートリノがそれにあたる物だったりして

68 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/07/08(金) 22:45:39 ID:RG3YZCJK

アホ発見

69 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/07/09(土) 15:36:58 ID:???
音波を伝える媒質が単に音波を伝えるだけに在るわけでないことは明らかだ。
すなわち水や大気は温度や圧力等の様々な力をもっている。
では光を伝えるであろうと想定されたエーテルが、単に光を伝えるだけに在るわけでないとしたら物理学者の4つの力を統一したいという夢は虚しいものがある。

それはゴールポストのない競技場でサッカーの試合をやるようなものだ。
選手達は一体何処へ向かってポールを蹴ろうというのか。

70 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/07/10(日) 01:57:26 ID:???
>>69
おしいな、途中までかっこいいのにw

71 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/07/11(月) 15:30:07 ID:mLbjEUwi
だなw
ポール蹴りたいなら一人でどうぞだな

72 :69:2005/07/12(火) 13:35:21 ID:???
ポール蹴ったらレッドカードだなw

それより、他にツッコムとこはないのかね

73 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/08/06(土) 18:18:18 ID:B9UvK51W
夏だからこのスレで釣ろうと思う

74 :catastro:2005/08/12(金) 00:41:05 ID:ORhCBhkd ?
マイケロソン・モーリー実験、この実験結果の再解釈をしている論文がある。
実験のセッションの単純平均では出なかったのが、各セッションでは、8km/sec
でていて、これが空気の屈折率のなにかによって
地球の絶対速度が205km/sec 程度あることが出ているという。
おまえら、安心していられないぞ。

75 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/08/12(金) 01:00:43 ID:???
>>74
どの方向に?まさか公転の接線方向?

その考察だと太陽系はエーテルに対して静止していることになるな。

76 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/08/12(金) 01:20:53 ID:???
>>74
>マイケロソン・モーリー実験、この実験結果の再解釈をしている論文がある。 
どの論文なのかタイトル、著者、雑誌名を明記しろよ。この馬鹿+徒労。

77 :catastro:2005/08/14(日) 01:12:44 ID:UrhHZ4Pj ?
私が最初に気がついたのは、"From classical to modern ether-drift experiments:
the narrow window for a preffered frame" M. Consoli and E. Costanzo
(physics/0410245)だが、
その前に、あのホールトン・アープが、"IS PHYSICS SLOWLY CHANGING" で
その同じ著者達の1年前の論文に気がついていたようだ。
"The motion of the Solar System and the Michelson-Morley experiment"
(astro-ph/0311576)

78 :catastro:2005/08/14(日) 01:18:00 ID:UrhHZ4Pj ?
>>75
いやそうではなくて、204km +-36km となっていて、地球の太陽に対する
公転速度 30km/sec 程度の誤差を含んだ太陽系の絶対速度を示している
かに見える数字をだしているのだ。季節変化をも感じさせる数字をだす
のは、恐らくそれほど信用できるものではないと思うが、私の最初の印
象は、まだまだ特殊相対論否定論者はいるのだということだ。

79 :catastro:2005/08/14(日) 01:23:42 ID:UrhHZ4Pj ?
特殊相対論の95 年も前から地球の絶対速度を測定しようとした実験は
あったそうで、"Arago:(1810) the first experimental result against
the ether" Rafael Ferrano (physics/0412055) この実験にフィゾーが
影響を受け、アインシュタインの初期の考えは、フィゾー実験によるそ
うである。科学は文化であり、永い歴史である。

80 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/08/14(日) 01:26:51 ID:???
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/sci/1120320590/5-8n


81 :catastro:2005/08/14(日) 01:33:03 ID:UrhHZ4Pj ?
実験が結果を再吟味するだけで正反対の結論を導けるなら、それは
実験ではない。しかし、データは多く残されていて、Molley -Miller
等のその後の実験も言及されていて、再検討されているようだ。実験
は、恐いものだ。

しかし、LIGOやGEO600やTAMA300が、正しく機能しているなら、これら
の実験装置はマイケロソンモーリー実験を何万倍も精度よくしたもの
だから、重力波検出にはまだ到達してなくても、特殊相対論の否定論者
に納得できる結果は、十分すぎる結果を示すことができるだろう。


82 :catastro:2005/08/15(月) 00:15:32 ID:99xpUVMu ?
>>77
>ホールトン・アープが、"IS PHYSICS SLOWLY CHANGING"
は、http://www.holtonarp.com/

83 :73:2005/08/17(水) 02:04:45 ID:???
釣りネタの選択はよかったんだけどなぁ。
・・・かかった獲物にものすごく不満。

84 :catastro:2005/08/17(水) 16:03:14 ID:Wep9r3Kc ?
>>83
そうだな。こんなもの出したくもない重い話題だった。

85 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/08/17(水) 16:11:13 ID:???
>>83
まさに徒労だったな

86 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/08/19(金) 13:07:25 ID:g2+zH3ZX
銀河の暗黒物質の存在を明らかにするため、
太陽のまわりを地球が回転しながら、かつ、銀河系内で太陽系がある方向に
進んでいることを利用して、暗黒物質を観測するそうな。

その際、太陽系の銀河内での進行方向に対する地球の公転軌道の関係が重要らしい。
地球の公転面は、太陽系の進行方向の垂直な面から30度くらいずれているそうな。
このために、暗黒物質をより速い速度でよぎるときと、遅い速度でよぎるときが
1年間の中で周期的に訪れるのだろう。それを検出しようってわけかな。

新版のマイケルソン=モーレーの実験だよね。

87 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/05(月) 15:28:42 ID:/jMVc1aD
ビッグバンが間違っているとしたら暗黒物質の必要性は無くなるわけだが

88 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/05(月) 15:56:40 ID:???
銀河の回転速度から計算される銀河の質量が大き過ぎる
問題を解決するためにも、暗黒物質は必要だよ。


89 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/05(月) 16:13:13 ID:???
>>87
なくなりませんけど。

90 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/05(月) 17:32:01 ID:/jMVc1aD
準定常宇宙論には必要ないんだよ

91 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/05(月) 18:03:48 ID:???
>>90
>>88嫁。

92 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/05(月) 18:34:32 ID:gxxMGNvZ
準定常宇宙論を知らないようだな
それはいいとしても暗黒物質は非常に興味深い問題ではある

93 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/05(月) 18:43:59 ID:???
>>92
説明できないなら失せろ。
ビッグバンスレで逃げ回ってるのもお前だろ。

94 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/05(月) 19:03:11 ID:gxxMGNvZ
てか定常宇宙論ってビッグバンと対抗してた理論なのに知らないとか

95 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/05(月) 19:14:25 ID:???
(準)定常宇宙論支持者って、過去のカビの生えたような観測結果程度の支持理由しか言えないのな。

96 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/05(月) 19:28:21 ID:???
>>90>>92>>94
おまえいいかげん具体的なこと書けよ

97 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/05(月) 19:28:52 ID:???
定常宇宙論を知らない人が何をおっしゃる

98 : ◆/yq9NULLpo :2005/09/05(月) 23:21:11 ID:???
これだけ馬鹿が次から次へと湧いてくるという事は、この宇宙がいかに失敗作であったかを如実に物語っている

99 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/06(火) 22:10:58 ID:???
ジエチルエーテルの風で全員死亡または昏睡状態に

100 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/08(木) 12:52:42 ID:???
宇宙にエーテルが満たされているとしたら、空間の膨張は説明できますか?

101 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/09(金) 04:47:28 ID:uD/RnJ/o
むしろエーテルが宇宙の膨張を加速させてる

102 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/14(水) 18:40:30 ID:m6n2VVqt

宇宙が膨張している場合、ハッブルの法則からすれば、彼方に、
私たちから光速で遠ざかる場所あり、さらに、光速以上で遠ざかる場所がある。
光速以上で遠ざかる星雲からの光は、我々に届かない。

19世紀末にエーテルが打破され、アインシュタインの特殊相対論が登場したとき、
どのような系から発生された光を、どのような系から見ても、光速で走っていることを
見ることができる、ということだった。



103 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/14(水) 18:42:15 ID:m6n2VVqt
(つづき)
一般相対論の範疇である宇宙膨張を考えるとき、
何か、エーテル概念が戻ってきたような気がするのですが、
いかがでしょうか。

104 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/14(水) 18:56:36 ID:???
>>103
時空多様体を比喩的にエーテルと呼ぶことは別に珍しいことじゃない。
アインシュタインだってやってる

105 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/14(水) 23:59:01 ID:hoMWV3Io
第五元素としてのエーテルを考えるべき
アリストテレスの言葉には必ず宇宙の謎を解くヒントがあるはずだ

106 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/15(木) 00:05:12 ID:???
地球と一緒にエーテルの層が回転しているからだろ。


107 ::2005/11/08(火) 21:17:58 ID:???
>>83釣られてやるよ!

ていうか現代科学がエーテル理論によって構築されていることを証明してやる。
現代科学は電磁場、重力場、ゲージ場というように空間に生じる力、物理量を場の概念で記述している。
ならば場を媒質に置き換えれば、科学は実質エーテル(媒質)を使っているではないか!。

そもそも媒質と場を区別できる科学者なんているのかな?。

108 ::2005/11/08(火) 21:23:43 ID:???
まあ俺なりに解釈すると
媒質は存在するモノであって非存在ではない。
それに対し場は、対生成(存在)と対消滅(非存在)の間を揺れ動く摩訶不思議な空間だ。(ある意味オカルトと紙一重)

しかし媒質も
例えば水分子を電荷レベルで見れば電離して水素イオン(+)と水酸イオン(−)が対生成し、そして結合してイオンは見かけ上対消滅(±0)する。

あるいは水を電気分解すると水素と酸素が対生成し、そして点火するとエネルギーを放出して爆発し、対消滅して生命にとっての空間となる。

ようするに媒質は場の性質(要素)を含む、より普遍的な高次の量なのだ。

109 ::2005/11/08(火) 21:29:19 ID:???
ところで、媒質が光速度不変に抵触するのなら、なんで場は引っかからないのか!
なんで議論の対象にならないのか!

もっともその理由は明らかである。
すなわち都合のいいときは場は大活躍し、都合の悪いときは場は忘却の彼方へ消し去ることができる。

それゆえ科学者は、「場」という用語を好むのである。

110 ::2005/11/08(火) 21:31:37 ID:/o/jCyu1
アインシュタインはライデン大学において
『一般相対論によれば空間は物理的性質を付与されている』
『一般相対論によればエーテルなしの空間は考えることもできない』
等と将来エーテル否定が覆ってもいいように保険をかけている。

エーテルはそれほどヤワな存在じゃないんだよ。

111 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/11/08(火) 21:38:23 ID:???
>>110
>>104

112 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/11/09(水) 14:10:23 ID:???
エーテル食べ放題。

113 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/11/17(木) 10:18:04 ID:???
俺73=83だけどさ、もう夏じゃないんだよ。

114 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/11/17(木) 11:17:20 ID:???
イタイやつだな。

115 :catastro:2006/01/13(金) 23:52:58 ID:L4QvqFhS
エーテルの風は確かではないようだ。CDM をそんな風に測定しようにも
物質が分かってなくてなにができよう。
膨張宇宙論では絶対静止系が存在するから、背景輻射の静止系も観測される。
始まりのある宇宙では時間経過の違いは明らかであるから、速度は絶対的だ。
我々は、相対論以前の状態に戻ったような気がするが、実はそうではない。
特殊相対論と,一般相対論の違いを求める実験が設定されているが、それは
マイケルソンモーリー実験よりもずっと精度の必要な実験という。


116 :catastro:2006/01/13(金) 23:56:53 ID:L4QvqFhS
>>110
保険をかけているわけではない。真空に特性を認めない立場の特殊相対論
と、そうでないその他の理論、一般相対論、量子力学があって、一般相対論
の計量は新たなエーテルだが、それに速度の特性を持たせてはいけないと
言っている。光の媒体のエーテルとは、区別すべきなんだ。

117 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/07/02(日) 08:45:04 ID:tpWxG4fa
エーテルは3次元よりも次元の高いものかも?

118 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/07/02(日) 11:19:16 ID:tpWxG4fa
つまり、エーテル風は別の次元で流れているので、
3次元の測定(マイケルソンモーリーの実験)では観測できなかったのでは?

119 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/07/09(日) 04:17:55 ID:???
観測にかからないものを考える必要があるのか。

120 :物理初心者:2006/07/13(木) 19:02:04 ID:???
>>119
なるほどそうですね。
ではエーテルを仮に「畳み込まれた多次元の、極微的にひも状の電磁的に振動しうる場」と仮定します。
エーテルは光の媒体でもあり、エーテル風は重力(加速度)として、宇宙と同化しているように思えます。
そのため等速運動でのマイケルソンモーリーの実験ではエーテル風を観測できなかった。
以上、素人の思いつきなので本気にしないでください。

121 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/07/14(金) 06:02:52 ID:???
>>120
素人の思いつきはチラシの裏にでも書いて満足しててください。

122 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/08/23(水) 01:39:14 ID:???
>>120
考えるのはいいとして、それは観測できるのかい?

123 :catastro:2006/09/07(木) 01:09:16 ID:3zm20r0g
最近のエーテルの流行は、(風邪ではないよ、)わけがあったようです。
ここ十年ばかり、相対論を検証する流れがあって、様々な実験が計画
され、実行されたようです。光速の等方性測定、マイケルソン・モーリー
実験結果の再吟味、これらは、怪しい科学の展覧会でしたが、いつも、
眉に唾をつけてきくこと。WMAPもやっぱり間違いを含んでいたように
思う。3年間の結果の分析からは、96でなく98%の謎のようだし、λ
はいらないらしい。なんと。

124 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/08(金) 01:44:54 ID:???
馬鹿scatro晒しage

125 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/08(金) 09:30:34 ID:+q57zryg
エーテルの風はあるとか言っている奴は馬鹿じゃないの?

エーテル風信じてる奴はなにもないのに「ここにはケーキがある!」っているジャンキー、痴呆の奴と同類

126 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/08(金) 10:43:40 ID:???
痴呆は↑

ケーキ食っているのに食ってない、と言い張る。
空間は何も無いと考えている物理学者はいない。
いるとしたら無邪気なオマイだけ。

127 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/08(金) 15:30:00 ID:uuDEW/lU
私は工学部なのでマイケルソン・モーリーの実験を教わったときレーザーも
ない当時の技術でよくこれができたと思いました。ねじで行路調整するくらいの
当時の機械精度でよく結果が出せたと感心しました。

128 :127:2006/09/08(金) 20:21:51 ID:lmQif/Vq
>>123 当時の再現技術で追試は行われたのですか? 光源はせいぜいナトリウムランプ
行路の機械精度は10μm くらいではないでしょうか?

エーテルが存在しない事実はかわらないけど科学史は書き換わるのではないでしょうか。


129 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/08(金) 20:31:57 ID:4HGBulJj
空気があるのだからエーテルあってもおかしくないネ

130 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/08(金) 20:58:06 ID:r8BUVPxU
エーテルは鉄郎と旅をする

131 :127:2006/09/09(土) 08:49:04 ID:hE7G8aTo
物理やさん だれも答えてくれないね。もしかして俺 無意識に最大の
タブーに触れてしまった?

132 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/09(土) 10:54:52 ID:N9RfdcWv
どこの馬鹿工学部?
レーザーでなくても金属のスペクトルが特有の波長を示す。
お前みたい低脳は工学部の恥。

133 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/09(土) 11:48:55 ID:???
>>127

なんのために干渉縞使って影響を拡大し、さらに機械精度の誤差が問題にならないように
差分の変化を取ってると思ってんだ・・・

134 :127:2006/09/09(土) 12:10:41 ID:hE7G8aTo

光源 P から発せられた光は、ハーフミラー A で二つに分かれます。
A で反射されず右方向に進んだ光は鏡 C に反射され、
A に戻って来ます。A で反射されて上方向に進んだ光は鏡 B で反射され、
やはり A に戻って来ます。

教えていただきたいのはどうやって当時の技術で AC=ABを同じにできたかということです。


135 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/09(土) 13:01:06 ID:???
徐々に動かして変化の様子を見ればいいわけだが

136 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/09(土) 23:23:30 ID:5+ig56mU
実験技術が発達してくると
工夫しない馬鹿が増えてくるんだなぁ。

137 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/10(日) 00:12:23 ID:???
厳密に AC=AB にする必要もないが、MM実験では白色光を使って0次の干渉縞を探した、とある。
要するに両方の往復時間が等しくなるように調整したということだな。


…「往復時間が等しくなるように調整したなら時間差が出ないのは当たり前じゃないか!インチキだ!」

と吠えるかなw

138 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/10(日) 01:35:30 ID:???
エーテルの風は吹かない

139 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/10(日) 08:18:56 ID:jeDFo1vO
化学分野なら吹くねぇ

140 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/10(日) 14:50:37 ID:???
>>137

等しくなくてもいいんじゃね?
波長の整数倍のズレならいいんだから、同じというか干渉する場所に
あわせてるだけだよね?

141 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/10(日) 17:24:00 ID:???
だから、等しくする必要はないと書いている。別に整数倍である必要もない。

単に、

  マイケルソンたちは白色光を使って0次の干渉縞が出るように (= 往復
  時間が等しくなるように) 装置を調整した

という史実を紹介しているだけ。

142 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/30(月) 00:38:11 ID:???
モーリーさんは晩年はレーザーで実験やってなかったっけ

143 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/28(火) 23:18:10 ID:???
相対論関係の書物には、ローレンツ短縮が面白おかしく記述されている。
例えば電車などの物体の長さが半分になったり、せんべいのようにぺしゃんこになる図である。
しかし本来エーテル理論から導かれるローレンツ短縮はずっと穏やかなものだ。
ちなみに地球の公転運動によるローレンツ短縮はナノレベルの微々たるものであり、
ほとんど無視できる。
たとえ人類が光速の10%の速度を出せるロケットを開発したとしても、
全長100bのロケットが数十a短縮するに過ぎない。

144 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/28(火) 23:20:05 ID:???
それに対し、あらゆる運動は相対的とする相対論によるローレンツ短縮は凄まじいものがある。
なぜならわれわれの身の回りには光速に近い電子や、ほとんど光速と言っていいような
ニュートリノが飛びかっているからだ。
すなわちそれらの素粒子から見れば、光速近くで走っているのはわれわれである。
それゆえわれわれは、まさにせんべいのようにぺしゃんこに潰れていることになる。
ただしわれわれ自身はそれを感じることはないらしい。
いずれにせよわれわれは、SF小説に登場する宇宙船に乗らずとも、
絶えず光速近くであちこち飛び回っていることになる。

145 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/28(火) 23:21:26 ID:???
あらゆる運動は相対的とする相対論がどんなに奇妙奇天烈な理論だとしても、
実験(観測)結果が支持しているのだからという理由で正しいとされている。
では本当に、相対性理論の相対性を支持する観測事実はあるのだろうか?

146 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/28(火) 23:23:02 ID:???
例えばよく引き合いに出されるミュー粒子、すなわち光速近くで走るミュー粒子は、
寿命が延びた結果本来到達できないはずの地表近くへとワープする。
しかしそれはローレンツ変換の有効性が確認されただけであって、相対性が確認されたわけではない。
すなわち相対性が正しいというのならば、ミュー粒子の立場からの視点が必要である。
つまりそれは、光速近くで地球(というより、そのミュー粒子を除く全宇宙)が
どこかへワープした現象である。

果たしてそのような現象は確認されているのだろうか?

147 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/29(水) 07:52:17 ID:???
ワープってなんだよw

148 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/29(水) 09:00:40 ID:???
>>147
やっぱりそこを突っ込まれたかーw

別にSF用語でなく、単なる移動。

149 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/29(水) 09:48:42 ID:???
143から146までだらだら書いて、けっきょく最後は
「ワープは確認されているかどうか」を人に尋ねているだけですか。
お答えします。「いや、聞いたこと無いですね。」

150 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/29(水) 13:21:09 ID:???
>>149
>お答えします。「いや、聞いたこと無いですね。」
じゃあ、相対論における相対性は未だ仮説ってことですネ

151 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/29(水) 18:02:50 ID:???
相対性とワープには、何の関係も無いのだが・・・

152 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/29(水) 21:32:08 ID:???
何か誤解されてるみたいなのでワープという言葉を使わないで説明する。

大気圏外で生まれたミュー粒子は寿命が短い為、たとえ光速近くで走っても数百b?程度しか動けない。
ところがそのミュー粒子が地表近くで観測されるのは、光速近くで走ったために寿命が延び、
その分長い距離を走ったからだと説明されている。
しかしそれはローレンツ変換の有効性が証明されただけである。
なぜならそれはエーテル理論によるローレンツ変換でも説明可能だからだ。

153 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/29(水) 21:33:54 ID:???
つまり相対性が正しいとするならば、ミュー粒子からの視点が必要である。
その場合次のように説明される。
すなわちミュー粒子は空間に静止している。光速近くで動いているのは地球である。
それゆえ地球がローレンツ短縮し、大気の厚みが減り、寿命が短いミュー粒子も大気圏を貫通できた。
しかしそれは相対性が正しければそう解釈できるというだけではないのか。

ではそれが仮説でないとしたら、
光速近くで動いた地球(あるいはそのミュー粒子を除く全宇宙)は何処へ行ったの?
で、それは検証されてんの?というのが俺の問いなんだが。

154 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/30(木) 13:51:43 ID:???
>>153
何処へも行きませんから。
検証(何をどうやってするのか判らんがw)の必要もありませんのだ。

155 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/02(土) 19:15:15 ID:???
エーテル理論によるローレンツ変換てのは初めて聞いたな
そんなのあるのか。それは相対性理論のローレンツ変換とどかがちがうのかね。

156 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/02(土) 20:58:57 ID:???
>>155
光速不変と特殊相対性原理から導かれた数式が相対論の使うローレンツ変換。
それより以前エーテルが信じられていた時代、MM実験の結果を説明するために
物体は進行方向に縮む、としたのがエーテル説によるローレンツ変換。
ローレンツが先に提出したのでローレンツ変換の名で呼ばれる。
エーテルが有るとした理論と無いとした理論による数式は奇跡的な一致を見せている。
逆にちょっとでも違っていたならば、その時点で相対論の使う数式は
アインシュタイン変換と呼ばれていたはずだ。

157 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/03(日) 00:48:20 ID:???
それってただの 「ローレンツ短縮」 のことじゃないの
エーテル説で相対性理論と同じローレンツ変換式が使えるとは思えませんが。

158 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/03(日) 10:46:50 ID:???
ローレンツもポアンカレも「エーテル理論」に基づいてローレンツ変換 (ローレンツ収縮ではない) の式を
導いてますが何か?

電磁方程式がこの変換で形を変えないことも見出していますが (完全ではなかったらしいが)

ローレンツたちのローレンツ変換が相対論と違っていたのは、x', t' を「有効座標」「局所時間」と呼んで
「真の」空間・時間 x, t と区別していたこと。

要するに、

  エーテルに対して運動する結果、時計やものさしといった測定器や人間の感覚や認識まで
  影響を受け、「真の」空間・時間 x, t とは違う x', t' を空間・時間であると錯覚してしまう。その
  結果、エーテルに対する運動を見出すことが出来なくなる。当然、x', t' を「真の」空間・時間
  と識別することも不可能になる。

という考え方だったようだ。



159 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/03(日) 18:22:45 ID:???
何言ってるんだか理解できません。どうぞお好きなように持論を展開してください。

160 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/03(日) 19:14:32 ID:???
たいして難しいことは書いていないと思うが。

俺の持論でもない。科学史上の事実を述べているだけだし。

161 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/06(水) 15:19:09 ID:???
>>154
それが常識的な答えだろうが、
それでは空間に静止しているミュー粒子は大気圏を貫通できない。

この矛盾を言葉だけでいいから、誰か解決してくれないか?

162 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 04:34:37 ID:???
「静止している」と「貫通する(運動している)」が両立出来ると!?

163 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 17:22:13 ID:???
光速近くで動いた地球は何処へ行った?
 ↓
何処へも行きません
 ↓
それでは空間に静止しているミュー粒子は大気圏を貫通できない


???まったく話が見えない

164 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/01(月) 17:06:07 ID:???
(ミュー粒子にとっては)光速近くで運動している地球は、
(ミュー粒子にとっては)すごく遠くにいっちゃいます。
我々にとってはいつもどおりですがね。



165 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/11(木) 11:58:50 ID:XlRjlBHx
あげ。

166 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/14(日) 11:55:15 ID:isV4HCQI
エーテルの正体はベクトルポテンシャルっぽいな

167 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/14(日) 18:11:15 ID:???
ウソはいかんよ

168 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/14(日) 18:21:22 ID:dacNPwb+
こんなスレがあったのか
>1はそのうち出世できる。

169 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/14(日) 19:32:07 ID:???
風の息吹を感じるんだ

170 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/15(月) 08:28:31 ID:Eb/01ShN
エーテルは存在する!

171 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/26(金) 12:25:33 ID:8FLe9j53
真空は何もない空間ではない
エーテルは風ではなく宇宙そのものだ

と言っていたのは誰だったっけ?
何かで読んだよ


172 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/17(土) 09:50:05 ID:tb6EPZam
アインシュタインも晩年はエーテルを肯定している論文があるようなことをコンノさんが紹介していた。
わたしは相正だが、光速度を変えないエーテルという仮定もありなんじゃあないかなあ、と。

たとえば自動車の運動量を量る時、座標原点を適宜に設定するけど、座標原点が現実に存在するわけじゃあない。
この意味で相対的だが、絶対座標がどこにも無いというのならばどこにも静止している何も無いということになる。
つまり全てが運動しているのならば、そのことを前提に非物理的な存在は考えられないのではないだろうか?

すべては運動するのだが、その運動を理解するには頭の中で静止する点を仮定して運動量として量る。
しかし光速度を変えるエーテルが存在しないことは、物理的存在を否定することにならない。
これは認識の在り方の問題に還元できないだろうか?

認識が現実には存在しない静止する点が必要であるというこの性格が問題なのではないのだろうか?

173 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/17(土) 09:51:45 ID:???
>>172
>わたしは相正だが、
「相正」という単語を使うのは相間だけだろwww
そもそもコンノみたいな馬鹿を引用するのも相間だけだしな。

174 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/17(土) 10:56:57 ID:???
  Λ_Λ    
 <=(´∀`) <わたしは相正だが〜
 (    つ.  
 | | |  
 〈_フ__フ  

175 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/17(土) 12:45:23 ID:DXZDMHDt
エーテルが存在しないなどと本気で思ってるのか?

176 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/17(土) 13:00:15 ID:GhYfOg/F
存在しない

177 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/17(土) 18:32:21 ID:???
>>164
何か苦しいねw
地球上の人間が観測する事象と、光速に近い素粒子の立場からの事象が
現実のものなら、相対性理論は多世界(解釈)の一種なのかな?
例えば、ほぼ光速度の素粒子から地球や太陽等の天体を見れば、それらは
質量あるいは運動エネルギーが無限大になってブラックホールになっているはずである。

178 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/18(日) 15:42:19 ID:???
> アインシュタインも晩年はエーテルを肯定している論文があるようなことをコンノさんが紹介していた。
> わたしは相正だが、光速度を変えないエーテルという仮定もありなんじゃあないかなあ、と。

「エーテルを肯定している『論文』」なんてものは存在しない。

一部だけ抜き出すと「エーテルを肯定」しているように見える「講演」ならある。
その前後を読めばそういう意味でないことは明白だが。

コンノはアインシュタインの言葉の中から自分の都合が良いところだけ抜き出してきたか、前後を
読んでも「エーテルを肯定しているわけではない」ことが理解できなかったか、のいずれかという
ことになる。

前者なら大嘘つき、後者なら大馬鹿者。いずれにしてもカス。

相対論を理解して「物理理論として正しい」と認めている奴が、コンノがカスであることを見抜けない
ということはあり得ない。

結論:>>172は相間

179 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/18(日) 15:46:47 ID:???
> 地球上の人間が観測する事象と、光速に近い素粒子の立場からの事象が
> 現実のものなら、相対性理論は多世界(解釈)の一種なのかな?

車に乗って、まっすぐな道をスロットル全開でひた走る。道端にヒッチハイカーがいたけど無視して通り過ぎた。

ヒッチハイカーから見たら車は遠くへ走り去ってしまったけど、車を運転している俺にとっては車はただ自分と同
じ位置にずっといるだけ。

どうやら相間の頭の中ではこれが「多世界解釈」らしいw


180 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/18(日) 21:28:16 ID:???
>>179
スロットル全開って、時速何百`の世界を語られてもなーw

181 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/18(日) 22:00:55 ID:???
別に数百km/hどころか1mm/y でも同じことだけど。

相対論以前の問題なんで、相対論的な速度であるかどうかは全然関係ない。

182 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/19(月) 13:48:11 ID:???
>>181
何で?
俺が177で述べたのは、A,Bがすれ違った場合(等速直線とする)互いに相手の長さが縮む、
時間が遅れる、質量(エネルギー)が増大するといった現象が連続なものには言及していない。
俺が指摘したのは相手の様相が劇的に変化した場合だ。
つまり、光速近い素粒子から太陽を見れば光速近くで動いているのは太陽である。
ならば太陽は巨大な運動エネルギーをもっていることになり、
核反応の暴走を起こし、あるいはブラックホール化していることになる。

素粒子から見た太陽はブラックホール化している。
しかし太陽系の住人は何事もない普通どおりの生活を送っているとなれば、
2つの事象を両立させるには多世界を考えないと破綻するのではないか。
もっとも、光速近くで走る素粒子から見た太陽がブラックホール化しているという見方も、
あくまで仮想のシミュレーションであり、およそ信じがたいわけだがw

183 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/19(月) 15:34:45 ID:???
ありがちな誤解って奴だな。

184 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/25(日) 20:02:08 ID:???
存在しない?
存在する?

185 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/25(日) 20:18:01 ID:???
>>182
初歩からきちんとお勉強してください。

186 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/25(日) 21:51:04 ID:IUvH4K8n
>>185
参考までに何処が破綻しているか指摘してください。

187 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/25(日) 22:53:17 ID:UlX1RinM
レベル低い

188 :サンコウチョウ:2007/02/25(日) 22:56:07 ID:pB3SrzqU
空間は光子でできている。太陽系

189 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/25(日) 23:45:28 ID:???
>>187
>レベル低い
そうだよ。ほとんどパロディだからなw


190 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/26(月) 13:09:13 ID:???
>>186
相対論的質量でぐぐれ

191 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/26(月) 20:31:24 ID:???
質量は不変量であり、現在相対論的質量を使うことは一般的でない、と言いたいの?
ちなみに m'=m/√1−(v/c)2 の式に光速近い速度を代入すると、
太陽などの天体はブラックホールになる、はずだ。
しかし相対論的質量を使わずとも、あらゆるエネルギーは重力の源とすると、
やはり相対性を信じる限り、光速近い素粒子から見た天体はブラックホール化するんじゃないの。

192 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/26(月) 23:17:22 ID:???
> ちなみに m'=m/√1−(v/c)2 の式に光速近い速度を代入すると、
> 太陽などの天体はブラックホールになる、はずだ。

ならない。

> しかし相対論的質量を使わずとも、あらゆるエネルギーは重力の源とすると、
> やはり相対性を信じる限り、光速近い素粒子から見た天体はブラックホール化するんじゃないの。

重力の源はエネルギー(だけ)じゃなくてエネルギー運動量テンソル。


193 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/27(火) 19:15:18 ID:???
>>192
>ならない
その理由も書いてね!

194 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/27(火) 19:19:55 ID:???
192じゃないけど

>>193
>その理由も書いてね!
>>192
>重力の源はエネルギー(だけ)じゃなくてエネルギー運動量テンソル。
とあるじゃん。単純にエネルギーだけ見ればよいわけではない。

195 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/04(日) 22:30:18 ID:???
エネルギー運動量テンソルとやらを持ちだしても状況は同じでないのかな?
それが不変量でない限り。
てっきり、加速度系や重力が絡むと特殊相対論では扱えない、と指摘されると思ったが。
大体地球や太陽は回転しているうえに楕円軌道を描いてるんじゃないの。
相対論の支持者は本気で、素粒子と地球や太陽などの天体との間に相対運動を
設定できると思ってるのかな?

196 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/04(日) 22:50:56 ID:???
> エネルギー運動量テンソルとやらを持ちだしても状況は同じでないのかな?

「エネルギー運動量テンソル」が何なのか知らないのになぜ「同じ」だと言えるのだ?

> それが不変量でない限り。

不変ではなく共変な量だ。つまり、

 (1) 静止した太陽のエネルギー  → (2) 静止した太陽の作る重力場
   運動量テンソル              (ブラックホールではない)
       ↓                     ↓
    座標変換                 座標変換
       ↓                     ↓
 (3) 亜光速で運動する太陽の   → (4) 亜光速で運動する太陽の作る
   エネルギー運動量テンソル       重力場 (ブラックホール?)

という関係が成り立つということだ。(4) がブラックホールだとすれば、(4) の重力場の中には、

  「入り込んだら出てこられない領域」

が存在することになるが、(2) の重力場はブラックホールではない、つまりそんな領域は
(2) にはない、ということは、それを座標変換した (4) にもそんな領域はない、ということだ。
つまり (4) はブラックホールではありえない。

(4)がブラックホールになる、という主張は、つまり

  (4) は (2) を座標変換したものではない

という主張に他ならない。重力の源が「質量」や「エネルギー」のような「共変性」を満たさない
量ならそうなるだろうが、そうではない、ということ。

つまり全然「同じ」ではない。

197 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/07(水) 13:20:05 ID:???
ちょっと聞きたいんだが、
ミュー粒子A,Bが北極上空と南極上空で同時に発生したとしたら、
地球はどっちに動く?(まあ厳密にはそのミュー粒子を除く全宇宙だけど)
もちろんミュー粒子を静止系とした場合。

198 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/07(水) 17:04:40 ID:???
ちょっと聞きたいんだが、
電車A、Bがある駅から南方向と北方向に同時に発射したら、
駅はどっちに動く?(まあ厳密にはその電車を除く全宇宙だけど)
もちろん電車を静止系とした話


こう書き換えれば、自分がどれほど馬鹿な事を聞いているかわかるかな?
相対論以前の話だと思わないか?

199 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/08(木) 19:00:33 ID:???
>>198
書き換えは自由だが条件が同じと思うか?
確かにおまいの書き換えた文章は馬鹿げてる。
なぜなら少なくとも地上の観測者には大地という基準系が存在するからだ。
それゆえ見かけ上は別として、電車が動くことはあっても地上に固定された
駅は動かない、と誰もが認識している。

それに対し、
その馬鹿げた質問が可能なところが相対論の相対論たるゆえんではないのか。


200 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/08(木) 19:51:17 ID:???
>>199
なんか、、、どこまで分かってないのか、計り知れない文章だ。

201 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/08(木) 21:26:08 ID:???
相対論だと「大地という基準系」は存在しないらしい (ただし、ソースは>>199)



202 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/09(金) 02:30:36 ID:???
>>199って、他スレでゲージがどうので相対論を否定してた人?

203 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/12(月) 20:55:32 ID:???
>>201
相対論のローレンツ短縮を語るときには、大地は在って無いようなものだろ。
相対論関連の本には、電車側から見ると動いているのは駅(と風景)の方であり、
それゆえ駅側がローレンツ短縮する。
逆に駅側から見ると動いているのは電車の方であり、それゆえ電車がローレンツ短縮する。
などと普通に記述している。
あるいは同じ長さの車と車庫のパラドックスというものもある。
すなわち車が動いているとすると車がローレンツ短縮し、車庫に収まる。
しかし車から見ると動いているのは車庫の方であり、
車庫がローレンツ短縮するのだから車ははみ出てしまう。
などとマジに議論している。
ようするに相対速度しか知りえないとすると0対100の世界であり、
互いに自分は空間に静止していて、その数値を全部相手におっかぶせる。

エーテルが無い、ということはそういうことなのだ。

204 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/12(月) 22:54:51 ID:???
> 相対論のローレンツ短縮を語るときには、大地は在って無いようなものだろ。

なぜ?

> 相対論関連の本には、電車側から見ると動いているのは駅(と風景)の方であり、

  ・駅(大地)から見れば (大地が静止している基準系をとれば) 動いているのは電車
  ・電車から見れば (電車が静止している基準系をとれば) 動いているのは駅(大地)

これは相対論以前の、ニュートン力学でも成り立つことだな。

それとも「大地」だけが唯一正しい静止の基準だとでも言い張るつもりか? 天動説に
戻りたいのならまあ止めはしないが、そのかわり相手にもしないぞ。

> ようするに相対速度しか知りえないとすると0対100の世界であり、
> 互いに自分は空間に静止していて、その数値を全部相手におっかぶせる。
>
> エーテルが無い、ということはそういうことなのだ。

それで何か不都合があるとでも?


205 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/12(月) 22:56:43 ID:???
ニュートン力学でも、「大地は在っても無いようなもの」である (ただし、ソースは>>203)

206 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/12(月) 23:01:48 ID:???
俺は、>>198で君の質問を書き換えて、

  こう書き換えれば、自分がどれほど馬鹿な事を聞いているかわかるかな?

と書いたが、君はこれを

   電車からみたら駅が動いているというのが「馬鹿げている」

と思って「たしかに馬鹿げている」と返答したのだなw。


207 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/15(木) 20:44:26 ID:???
>>206
そう、書き換えたところで電車ネタは相対論の定番だからねw

で、当然予想しているだろうが、あえて聞くけど

電車A,Bから見た遠ざかる駅はローレンツ短縮するの?しないの?

208 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/15(木) 20:45:30 ID:???
>>204
>・・・大地は在って無いようなものだろ。

>なぜ?
大地は風景の一部だから。

それはミュー粒子の場合と同じ文脈で語られるものである(等速直線と言っていいのかな?)。
すなわちミュー粒子を静止とした場合、光速近くで動くのはそのミュー粒子を除く全宇宙である。
もし地球だけが動いたとすると、ミュー粒子から見た地球は太陽系の軌道を大きくはずれてしまう。
いくら相対論でもそのような主張はしていないだろうw
つまり、基準とするものが電車であろうが大地であろうが、全宇宙を相手にすることになる。
ある意味自己チューな世界観であり、それこそ天動説である、しかも無数の。

209 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/15(木) 20:48:11 ID:???
俺が言った地上の観測者には大地という基準系がある、と言った意味は
線路は大地にへばりついていて、地球の円周に沿っているということである。
(大袈裟に言うと一般相対論かな?)
その観点から時速100`で走っている電車を静止させると、地球表面は時速100`で自転している
となりかねない。
あるいは南北方向に電車が走っていると自転軸は横倒しになるのか?w

銀河団、銀河系、太陽系の運動、そしてその一員としての地球は複雑な運動をしている。
しかし地上の全てのものは地球の固有運動を共有しているのだから、電車の動きは
追加された量として抽出できるのであって、相対速度でしか知りえない量ではない。
つまり、電車は静止した(固有運動を踏まえた上で)大地に対して動くことはあっても、
静止した電車に対して大地が動くことはない。
ただし、見かけの運動は否定しないが。

210 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/15(木) 22:36:50 ID:???
> 大地は風景の一部だから。

相対論では大地は風景の一部だが、ニュートン力学ではそうではない (ただし、ソースは>>208)

というか、君が語っているのはニュートン力学じゃなくて君だけの「俺力学」だってことを自覚するべきだろう。

> しかし地上の全てのものは地球の固有運動を共有しているのだから、電車の動きは
> 追加された量として抽出できるのであって、相対速度でしか知りえない量ではない。

君が言ってるのは大地に対する相対速度でしかないな。

211 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/19(月) 20:14:30 ID:???
>>210
俺はニュートン力学の名の下にレスしたことは一度もないんだけどね。

>君が言ってるのは大地に対する相対速度でしかないな。
まあどっちにしろ現実問題として、車を運転する人間は大地に対して自分の速度を知る事ができる。
もしスピード違反で捕まった場合、スピードを出していたのはそっちの方だ、
などという言い逃れはできないことだけは確かだw

同様に、もしエーテルのような基準系があれば、
例えばミュー粒子のような素粒子はエーテルに対して光速近くで走ったのであり、
地球のような天体がミュー粒子に対して光速近くで動いた、などという概念は必要ないことになる。

212 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/19(月) 22:26:25 ID:???
> 俺はニュートン力学の名の下にレスしたことは一度もないんだけどね。

ニュートン力学でも相対論でもないとしたらそれは何だね? 君の「俺力学」なんぞ何の価値もない
ことくらいは理解できるだろう?

> まあどっちにしろ現実問題として、車を運転する人間は大地に対して自分の速度を知る事ができる。
> もしスピード違反で捕まった場合、スピードを出していたのはそっちの方だ、
> などという言い逃れはできないことだけは確かだw

うん、そうだね。で?

> 同様に、もしエーテルのような基準系があれば、

何が「同様に」なのかな?

> 例えばミュー粒子のような素粒子はエーテルに対して光速近くで走ったのであり、
> 地球のような天体がミュー粒子に対して光速近くで動いた、などという概念は必要ないことになる。

エーテルがあろうとなかろうと、μ粒子からみれば地球が高速で動いていることに何も変わりはない。

213 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/22(木) 23:07:36 ID:???
エーテル (物理) - Wikipediaより抜粋
>(空間が光の媒質であるという意味では、空間そのものがエーテルであるともいえる。
※>アインシュタイン自身によって相対論的エーテルという用語が用いられたケースもある)

しばらくぶりにWikipediaのエーテルを検索したら、
※の部分がいつの間にか追加してあった。
いまさらどういうことなんだ?
エーテル復活へのソフトランディングかw

214 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/22(木) 23:20:20 ID:???
ずいぶん前から有名な話だと思うけど?

アインシュタインが述べた「エーテル」は、一般相対論では時空を物理的な実体と考える、ということを喩えた
ものだよ。

215 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/22(木) 23:21:14 ID:???
というか、Wikipedia なんて誰でも(相間でも)編集できるんだし。

216 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/30(金) 22:35:30 ID:???
俺の手元にある相対論の本には以下の3つの式が仲良く並んでいる。

(1)相対論による質量の増加
 m'=m/√1−(v/c)2
(2)相対論による長さの短縮
 L'=L√1−(v/c)2
(3)相対論による時間の遅れ
 t'=t√1−(v/c)2
にもかかわらず、(1)だけが不適切の烙印を押されているのは納得がいかない。
確かに観測者の立場によって質量が桁違いに変化するのも奇妙だ。
ならばそれは(2)も(3)も同じではないのか?
そのうち長さも時間も不変量と言い出しかねないなw

ローレンツ変換は特殊相対論から必然的に導かれたと言われているが、
(1)式の扱いを見る限り必然的ではないようだね。
そんなにもてあましているならエーテル理論に返してあげればw

217 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/31(土) 01:46:34 ID:???
(1) を採用するかどうかで理論の中身が変わると思ってるのかね?
ついでに言えば、「固有時」「固有距離」なんていう「時間」「距離」の不変量はあるぞ。

218 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/04/06(金) 23:36:10 ID:???
私の名はエーテル… 科学の歴史の中にだけ居る女…
私の名はエーテル… トンデモ好きにだけ見える幻影…
私の名はエーテル………

219 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/04/07(土) 20:23:08 ID:???
相対論の時空は無限分割が可能な連続体だろ?
その定義から量子化は不可能。
それに対して水や大気のような媒質は原子・分子といった最小単位を持つ。
その意味ではエーテルと相対論の時空は別物であり、喩えにもならない。
どっちが先進的なんだかw

220 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/04/29(日) 19:03:18 ID:???
真空とエーテル

 「真空は、空っぽでなくて、たがい同等であるような超球で充満している。
超球はあらゆる種類の量子に対応する。たとえば、電子&陽電子、中間子&反中間子。」
 超球理論は、真空を、超球で充満している空間とみなす。
われわれは「真空」と区別して、「エーテル」という語を使用しよう。
真空は「エーテル」とも呼ぶことができる。
エーテルとは、超球理論にしたがって、超球で充満している空間である。
 超球理論によるエーテルは、19世紀の物理学によって述べられたエーテルに似ている。
しかし後者は物質であるが、前者は物質でないので、たがいに異なっている。
19世紀の物理学はエーテルを物体の運動への抵抗を与える物質と見なした。
しかるに、超球理論のエーテルは、物質でなくて、真空である。
真空には、通常見えなくて、物体の運動への抵抗を与えないような、超球がある。
 超球はなぜ通常見えないか。
それは、静的な超球が見えないだけでなく、高速な量子がまた見えないからである。
高速な量子は、真空では見えない波の形をもつ。
波としての高速な量子が、速度を失うとき、それは波から粒子に形を変える。


http://www004.upp.so-net.ne.jp/nando/physics2/wabun.htm

221 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/04/29(日) 19:52:37 ID:???
俺様定義の言葉を使っての見事なまでに
内容の無い意味不明な文章だ。

222 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/04/29(日) 20:44:49 ID:???
>>221
2chにチラ裏書き込みなら害はないんだけどねぇ。
そこのサイトの主は以前よりによってWikpediaを汚染しまくってた。
利用者:Baum とか)見てみるとわかる。

223 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/04/30(月) 13:13:49 ID:???
よく、相対論は世界中の優秀な頭脳が100年間いかなる間違いも指摘できなかったのだから、
相対論が間違っているはずはない、といわれるが、
逆に相対論は、世界中の優秀な頭脳を100年間搾りに搾っても重力を量子化できないでいるわけだ。
いい加減諦めれ! いい加減気付けよ!
量子化の可能性は100年前に、エーテルと共に捨てちまったんだよ。

224 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/03(木) 14:03:53 ID:???
現代物理の標準理論によると、真空とは電子と陽電子が対消滅したモノである。
逆に真空から電子と陽電子が対生成する。
これをエーテル(媒質)の立場から解釈すると、
真空とは正の質量をもつ電子と負の質量をもつ陽電子が対結合し、
プラス・マイナスゼロになった状態である。
すなわちそれが質量ゼロの光子だ。
つまり、水が水素と酸素の複合粒子であるように、光子は電子と陽電子の複合粒子なのだ。

われわれの宇宙は光子エーテルで満たされていて、
光子一個はそれ以上分割できない時間と空間の最小単位なのである。

225 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/03(木) 14:47:02 ID:???
陽電子の質量は正ですがなにかw

226 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/03(木) 15:51:51 ID:???
>>225
電子も陽電子もプラスの質量とすると、
空間は無限大の質量・エネルギーをもつことになり、宇宙は一点に潰れる。
しかし現実はそうではない。それが自然からの回答。

227 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/03(木) 16:22:49 ID:???
>>224
俺解釈の真空でお前が何を言おうと何の意味もないよ。

228 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/03(木) 17:00:05 ID:???
陽電子が正の質量をもつことは実験事実ですが何か? でなきゃ電子と結合 (ポジトロニウム) 出来ない。
ディラックの騾馬電子 (負のエネルギー=質量をもつ電子) と陽電子の区別がついてないのか。

229 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/03(木) 17:57:48 ID:???
>>224
>光子は電子と陽電子の複合粒子なのだ。
>光子一個はそれ以上分割できない時間と空間の最小単位なのである。

どっちが正解なんだよw

230 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/03(木) 20:26:01 ID:???
>>229
別に矛盾はないよ。
例えば水が水素と酸素に分割できるといっても、
液体水素(酸素)を満たした金魚ばちの中で金魚を飼うことはできない。
つまり金魚にとっては水分子一個が時空の最小単位。

>>228
元々の解は負なんだろ?
まあ、負のエネルギーの海を考えたり、
反粒子(陽電子)=時間を逆行する粒子(電子)などと、
正の質量をもたせるのに必死だなw

231 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/03(木) 20:51:10 ID:???
現実に存在する陽電子の質量は正なんだから、
解も正の質量と解釈するのが自然。

それ以前に、お前のいう真空とやらは、お前の脳内でしか成立してないんだってば。

232 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/03(木) 21:32:03 ID:???
> 元々の解は負なんだろ?

だから、それは陽電子じゃないってのw

233 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/03(木) 22:49:00 ID:???
>>231
>解も正の質量と解釈するのが自然。
画期的だなw

>>232
>だから、それは陽電子じゃないってのw
じゃあ何なんだよ

歴史的経緯から言えば陽電子は負エネルギー解(平方根の一方)の電子として予言され、
実際に発見されたんだろ?
ただ負エネルギーは物理的に無意味なモノとみなされ、それゆえディラックやファインマンにより
いわゆる正の質量をもつと再解釈されただけで。
まあ実際陽電子が正の質量をもつというのが実験事実であり、物理学者の共通認識かもしれないが、
疑念が入り込む余地はないのかね。


234 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/03(木) 22:56:34 ID:???
> じゃあ何なんだよ

負のエネルギーの「電子(電荷は負)」に決まってるだろうw。

> 歴史的経緯から言えば陽電子は負エネルギー解(平方根の一方)の電子として予言され、

だからそれは陽電子じゃなくてあくまでも負のエネルギーの「電子(電荷は負)」。

> ただ負エネルギーは物理的に無意味なモノとみなされ、それゆえディラックやファインマンにより
> いわゆる正の質量をもつと再解釈されただけで。

いずれの解釈でも負エネルギーの電子自体を陽電子である、と解釈したわけではない。

> まあ実際陽電子が正の質量をもつというのが実験事実であり、物理学者の共通認識かもしれないが、
> 疑念が入り込む余地はないのかね。

ないね。もし陽電子が負の質量をもつなら、ポジトロニウムでは作用・反作用の法則が成り立っていな
い (=運動量が保存していない) ことになるな。

235 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/04(金) 21:40:51 ID:???
>>234
>>じゃあ何なんだよ

>負のエネルギーの「電子(電荷は負)」に決まってるだろうw。

>だからそれは陽電子じゃなくてあくまでも負のエネルギーの「電子(電荷は負)」。
負エネルギー解は騾馬電子に対応し、
陽電子は負エネルギー解とは関係ないと言い張るわけだ。
じゃあ既存の陽電子を導出する方程式の解は何処にあるんだ?

>いずれの解釈でも負エネルギーの電子自体を陽電子である、と解釈したわけではない。
しかし陽電子は負エネルギーの電子を媒介にして生み出されている。

正負の2つの解の一つは電子の指定席なのだから、
残りの一つは負エネルギーの電子と陽電子で分け合うしかないな。

236 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/04(金) 23:09:24 ID:???
> 陽電子は負エネルギー解とは関係ないと言い張るわけだ。

そんなこと書いてないけど?

  負エネルギー解と陽電子はもちろん関係ある。でも負エネルギー解が陽電子自体ではない。

たったこれだけのことが理解できないのかい? 小学校からやり直せ。

> 正負の2つの解の一つは電子の指定席なのだから、
> 残りの一つは負エネルギーの電子と陽電子で分け合うしかないな。

ファインマンの解釈 (というより場の量子論) ではディラック方程式の解は電子の波動関数ではないので、
正負のエネルギーの解、という考え方そのものがない。

237 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/05(土) 21:34:15 ID:???
>>236
>でも負エネルギー解が陽電子自体ではない。
だ、か、ら、陽電子の存在を保証する解はどこにある?、と聞いている。身元不明かw

>ファインマンの解釈 ・・・正負のエネルギーの解、という考え方そのものがない。
どの程度ないかは知らないが、少なくとも時間の逆行という概念を使っている。

すなわち
時間を順行する解=電子 時間を逆行する解=陽電子

おまいは負のエネルギーはトンデモとして拒絶反応を示すが
時間の逆行はスンナリ受け入れるわけだ。
ずい分、調子のいい思考回路だなw

238 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/05(土) 22:19:01 ID:???
> 時間を順行する解=電子 時間を逆行する解=陽電子

それは負エネルギーではない (波動関数じゃないんだから)

239 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/05(土) 22:29:00 ID:???
> おまいは負のエネルギーはトンデモとして拒絶反応を示すが

いつ誰が拒絶したのだ? 負のエネルギーを否定したことなど一度もないが。

> 時間の逆行はスンナリ受け入れるわけだ。

時間の逆行って単に解が時間反転してるだけだろw。
電子が時間を逆行してるのが陽電子だと考えてもいいし、陽電子が時間を逆行しているのが
電子だと考えてもいい。

もしかして「時間を逆行する電子」を電子がタイムトラベルしてるとでも勘違いしているのか?

240 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/10(木) 21:35:56 ID:???
>>238
時間とエネルギーはセットであり、無関係ではない。
例えば林檎なりボールを高い所から落としたとする。
それを時間反転すると、あたかも重力に反発するように上に落ちる。
ファインマン図では、反粒子の矢印は粒子とは逆向きという約束らしい。
つまり、時間を逆行(マイナス符合)させたならば、
本来質量の符合もマイナスにしなければ整合性がとれないはずである。

大体、高い所から落とした陽電子が電子と同じように地面に落ちるなら、
時間を逆行していると言えるのだろうか?

241 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/10(木) 21:37:02 ID:???
>>239
>もしかして「時間を逆行する電子」を電子がタイムトラベルしてるとでも勘違いしているのか?

ん?勘違いしてるのはおまいだよw

>電子が時間を逆行してるのが陽電子だと考えてもいいし、陽電子が時間を逆行しているのが
>電子だと考えてもいい。

もしかしてもなにも、※をまさにタイムトラベルって言うんだよ。
つまり時間の順逆を同じ対象に担わしている。すなわちフィルムの逆回しだ。

242 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/10(木) 23:03:26 ID:???
> それを時間反転すると、あたかも重力に反発するように上に落ちる。

上に落ちるワロス

落体の運動方程式

  d^2 z/dt^2 = -g  (鉛直上方を z の正方向とする)

を時間反転 (t ⇔ -t の入れ替え) すると

  d^2 z/dt^2 = g  (鉛直上方を z の正方向とする)

になるのか。お前の脳内力学では。

243 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/12(土) 13:59:19 ID:???
>>242
>上に落ちるワロス

時間反転ではないが、1Gがかかるように加速し続けるロケットの内部では、
地上の重力場と同じように全てのモノは床に落ちる。
ではそのロケットを−1Gになるように加速(減速)すると、
床に固定されていない全てのモノは天井に落ちることになる。

つまり、時間であれ何であれ、符合を反対にしたならば、逆の現象が起きる。

244 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/12(土) 14:00:39 ID:???
上から下に落ちるモノを時間反転すれば下から上に落ちるだろ?普通。
過去と未来の方向を入れ替えるわけだから…

ちなみにボールを水平方向に投げると放物線を描いて地面に落下する。
もし時間の逆行とフィルムの逆回しを同一視すると、逆の軌跡をたどって手元に戻る。
しかし、時間を逆行するモノの質量も負とすると、ボールは鉛直方向に上に向かうだろうね。

そもそも俺は時間の逆行とフィルムの逆回しは無関係であると思っているし、
因果律に抵触しない時間の逆行があると考えている。

245 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/12(土) 15:43:08 ID:???
明示的に指摘されてさえ間違いが自覚できないのか…

> ではそのロケットを−1Gになるように加速(減速)すると、

自分でいってりゃ世話ないがそれは時間反転じゃない。話をすり替えるな。

> 上から下に落ちるモノを時間反転すれば下から上に落ちるだろ?普通。

速度が反転するのは当然だろう。加速度が反転するのか、と聞いているのだが。

別の言い方をすると、

  z = -gt^2 / 2    …(1)

という自由落下運動で t ⇔ -t の入れ替えをしたら

  z = gt^2 / 2    …(2)

になるのか、と聞いているんだが。

最初のロケットの話をするなら、1G で加速するロケットの運動を時間反転したら -1G で加速する運動になるのか?

246 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/12(土) 15:45:07 ID:???
> そもそも俺は時間の逆行とフィルムの逆回しは無関係であると思っているし、
> 因果律に抵触しない時間の逆行があると考えている。

妄想するのは勝手だがそれを語るのは初歩の力学くらいは理解してからにしてくれ。

247 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/12(土) 21:11:35 ID:???
>>245
時間反転ではないが、と断りを入れている者に対し、
>自分でいってりゃ世話ないがそれは時間反転じゃない。話をすり替えるな。
と反応するお前が分からないw

俺はお前が上に落ちるという言葉の表現を奇異に感じたと思い、
そういう現象もあり得るということを示唆しただけであり、それ以上のものではない。
>最初のロケットの話をするなら、1G で加速するロケットの運動を時間反転したら -1G で加速する運動になるのか?

だから時間反転ではないが、と断っているんだが、
自分で考えれば。

248 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/12(土) 21:13:02 ID:???
>速度が反転するのは当然だろう。加速度が反転するのか、と聞いているのだが。
ようするにお前が言いたいのは、
・林檎が木の枝になっている→速度0→加速→地面に落ちた瞬間→最高速度
その様子をビデオに撮り、逆回しすると、
・地面を離れる瞬間→最高速度→減速→木の枝で止まる→速度0
これが力学の運動方程式における時間反転の基本である。

それに対し時間を逆行する粒子の質量も負とすると、
上に向かう力は重力場に対する斥力であろうから
・地面を離れる瞬間→速度0→加速→さらに加速、ということになる。

まあ、そうなるだろうね。
だから俺は時間の逆行=フィルムの逆回しではない、と言っている。

>速度が反転するのは当然だろう。
時間が逆行すると上から下に落ちるモノは下から上に落ちることは認めてるんだ
じゃあ時間を逆行する電子(陽電子)は重力場をどっちに落ちればいいんだ?

249 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/12(土) 22:32:56 ID:???
> 時間反転ではないが、と断りを入れている者に対し、
> >自分でいってりゃ世話ないがそれは時間反転じゃない。話をすり替えるな。
> と反応するお前が分からないw

だから、おまえのその話は今の話題にまったく無関係だろう。お前は単に

  「加速度を反転すれば逆方向に加速する」

という当たり前のことを言ってるだけだ。

唐突に全く無関係な話を始めるのは、話をそらそうとしていると謗られて当然だな。

250 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/12(土) 22:43:17 ID:???
> ・林檎が木の枝になっている→速度0→加速→地面に落ちた瞬間→最高速度
> その様子をビデオに撮り、逆回しすると、
> ・地面を離れる瞬間→最高速度→減速→木の枝で止まる→速度0
> これが力学の運動方程式における時間反転の基本である。

「t ⇔ -t の入れ替え」をするとそうなる、ということは認めるのだね?

> それに対し時間を逆行する粒子の質量も負とすると、
> 上に向かう力は重力場に対する斥力であろうから
> ・地面を離れる瞬間→速度0→加速→さらに加速、ということになる。

「t ⇔ -t の入れ替え」ではそうはならない、ということも認めるだな?

> まあ、そうなるだろうね。
> だから俺は時間の逆行=フィルムの逆回しではない、と言っている。

つまり、お前は

  自分の言う時間の逆行とは t と -t の入れ替えではない

と言ってるわけだ。違うか?

じゃあお前の言う「時間の逆行」って何だ?

 ま ず そ れ を 説 明 し ろ よ 。

251 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/12(土) 22:48:26 ID:???
ファインマンの言う「時間を逆行する粒子」とは>>239でも書いたとおり、

  解が時間反転しているだけ (t と -t が入れ替わってるだけ)

なんだから、お前の言う

  陽電子は「時間を逆行する」電子だ

とはファインマンの説とは全く無関係な説なわけだ。だから、ファインマンの説はお前の

  陽電子の質量は負である

ことを全く支持していない。

252 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/12(土) 22:53:24 ID:???
それから、

> それに対し時間を逆行する粒子の質量も負とすると、
> 上に向かう力は重力場に対する斥力であろうから
> ・地面を離れる瞬間→速度0→加速→さらに加速、ということになる。

仮に「負の質量の粒子」があったとしても、そうはならないぞ。

負の質量を持つ粒子は地球の重力により上向きの斥力を受けるが、質量が
負なのだからその力による加速度は力の方向と逆になる。つまり下に加速さ
れる。

   F = -mg   (鉛直上方を正とする)
   F = ma
   ∴ a = -g

は m が正でも負でも同じということだ。

253 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/12(土) 23:17:56 ID:???
仮に陽電子が負の質量を持っているとしよう。

陽電子と電子を並べておいたとき、両者に働く電気力は質量に関係なく電荷で
決まるから、負の電荷を持つ電子と正の電荷を持つ陽電子の間には当然引力
が生じる。

したがって、正の質量を持つ電子は陽電子から受ける引力により、陽電子の方
向に加速される。

だが負の質量を持つ陽電子は電子から受ける引力により、電子とは反対方向に
加速されるはずだ。つまり

     電子   陽電子
     ○→   ●→

この図のように電子が陽電子を追いかけながら永久に加速し続けることになる
(これが運動量保存則にもエネルギー保存則にも反していないことは計算して
みればわかる)

現実の電子・陽電子対 (ポジトロニウム) はこのような運動はせず、互いの方向
に加速されて最終的には衝突し対消滅する

254 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/13(日) 18:47:23 ID:???
>>252-253
お前は負のエネルギー、時間の逆行に対し、ステレオタイプのイメージしかもっていないようだね。
しかし負のエネルギー、時間の逆行に対し、別のアプローチの仕方があるということを説明してやる。

255 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/13(日) 18:48:52 ID:???
ファインマンは時間の逆行のアイデアを波動の時間対称性、
すなわち遅延波(解)、先進波(解)から得たと言われている。

池の中に石を投げ入れると波紋は中心から周りに拡散する、これが遅延波。
逆に波紋が池の周囲から中心に収束するのが先進波、ということになっている。
つまり先進波はフィルムの逆回しであり、時間が未来から過去へ向かっている。

ファインマンはこの波動の時間対称性により、電子等の自己エネルギーの無限大
を消せると考えていたらしい。

しかし注意すべきは、先進波=収束波ではないということだ。
例えば水を張った洗面器の縁を叩いてみるがいい。見事な収束波が観測される。
だからといって因果律が破れているわけではない。
なぜなら原因は洗面器の縁を叩いた行為であるからだ。

つまり、そもそも珍しくも何ともない、しかも時間を逆行しているとも限らない
収束波を用いて、時間の順逆を遅延解、先進解に当てはめることに無理がある。

256 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/13(日) 18:50:12 ID:???
時間の順逆に対応していると思われる波は遅延波・先進波とは限らない。
例えば位相が半波長ズレた波(位相共役)がある。
位相が半波長ズレると時間が逆行するということを、例えを使って説明しよう。
(板違いと突っ込みが入りそうだが、ここはエーテルスレなのだからまあいいだろう)

257 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/13(日) 18:51:28 ID:???
人間は酸素を吸い込み余分なものとして炭酸ガスを吐き出す。
つまり人間は生まれてから死ぬまで休むことなく、この時間のリズムを刻むわけだ。
その様子をビデオに撮り逆回しすると、
人間が炭酸ガスを吸い込み酸素を吐き出しながらだんだん若くなるという奇妙な映像になる。
もしそのような反人間がいれば、世界ビックリ人間として世界中を回れるだろうw
そして人間と反人間はまさに遅延解・先進解に対応する。(同じ対象に時間の順逆を担わす)

ならば、炭酸ガスを吸い込んで(光合成を行う)余分なものとして酸素を吐き出す植物の存在は何か?
という話になる。
つまり遅延解・先進解では植物を扱えない。
植物は動物に対し、単に位相が180度反転しているだけなのだ。

258 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/13(日) 18:52:34 ID:???
位相が180度ズレると時間が逆行するのは明らかだ。
[動物]
過去  →  未来
  O2   CO2
未来  ←  過去
       [植物]
人間にとっては酸素が豊富な状態が過去であり、誰かが酸素を供給しない限り
時間とともに一方的に減少する(逆に炭酸ガスは増大する)

それに対し植物は炭酸ガスが豊富な状態が過去であり、誰かが酸素を取り除かない限り
一方的に増大する。
つまり動物と植物は互いに時間が逆流した系を生きているのであり、
見かけ上原因と結果が入れ替わっている。もちろん因果律に抵触しているわけではない。

動物は酸素を第一義とする形態であり、植物は炭酸ガスを第一義とする形態である。
ならば一方を正(負)とするならば一方を負(正)としなければ辻褄が合わないであろう。
両者は互いに反転した形態なのだから。

そもそも電子が放つ光と陽電子が放つ光が同じはずはない。
その場合両者が放つ光は位相が180度ズレていると解釈すればいいのだ。
大体、陽電子は時間が逆行していると言っても、先進波が確認されてもいないのに
他に何をもって逆行しているというのだ?

259 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/13(日) 19:34:52 ID:???
> お前は負のエネルギー、時間の逆行に対し、ステレオタイプのイメージしかもっていないようだね。
> しかし負のエネルギー、時間の逆行に対し、別のアプローチの仕方があるということを説明してやる。

また話を逸らすのか…見下げ果てた人間のカスだな。

ファインマンの言う「時間の逆行」はあくまでも「t ⇔ -t の入れ替え」でしかない。
お前が「それとは違う『俺オリジナルの時間の逆行』」を主張するのならそれはお前の
勝手だ。

だがお前の言うその「別のアプローチ」とやらはファインマンの理論とは全く別物、お前一人が
勝手に主張している「俺逆行」でしかないのだよ。

だからお前のいう「陽電子は負の質量を持つ」はお前以外誰も支持しない、お前だけの「俺逆行」
以外に何の根拠もない「俺理論」に過ぎないんだよ。

そして、何より肝心な点を指摘してやると、お前は長々と書いているが、結局

   「お前の言う時間の逆行って何?」

に対して答えていないぞ。

それから、「位相共役」と「位相反転」は全く別物だし、人間の呼吸と植物の光合成が位相反転に相
当するなんてポエム以外の何者でもない (それぞれの「位相」を定義して見れ)。

260 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/14(月) 04:01:06 ID:???
というかこの論理だと植物は負の質量を持つことになるわなw

261 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/18(金) 22:17:11 ID:???
> ファインマンの言う「時間の逆行」はあくまでも「t ⇔ -t の入れ替え」でしかない。

>> その様子をビデオに撮り、逆回しすると、
>> ・地面を離れる瞬間→最高速度→減速→木の枝で止まる→速度0
>> これが力学の運動方程式における時間反転の基本である。

> 「t ⇔ -t の入れ替え」をするとそうなる、ということは認めるのだね?
お前にとって t ⇔ -t はフィルムの逆回し(タイムトラベル)なんだよな!にもかかわらず
> もしかして「時間を逆行する電子」を電子がタイムトラベルしてるとでも勘違いしているのか?
訳わかんないな、お前の言う(t ⇔ -t)って何なんだよ!

大体、一言で時間反転(t ⇔ -t)と言っても色々ある。
純粋なフィルムの逆回しもあれば化学反応における
H2+O→H2O の逆過程である H2O→H2+O もそうだ。
広義には見かけ上フィルムの逆回しであるが、もちろん厳密にはフィルムの逆回しでない。

もし素粒子物理学者が加速器における t ⇔ -t を前者と主張するならば、
物理学者はすでにタイムトンネルを手にしてることになる。

262 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/18(金) 22:18:45 ID:???
[呼吸]
ブドウ糖+H2O+O2→CO2+H2O(不可逆)
     ⇔可逆
CO2+H2O→ブドウ糖+H2O+O2(不可逆)
[光合成]

○の位相(ブドウ糖+H2O+O2)
●の位相(CO2+H2O)

呼吸と光合成は逆過程であり、互いに原因(過去)と結果(未来)が入れ替わっている。
それを時間反転と言わずして何と言えばいいのかな?

位相共役は時間反転性をもっていると言われている。

┌─CO2─動物─O2─┐
│    ←    │
炭酸       酸素
ガス   →    │
└─CO2─植物─O2─┘

もし時間反転性がなければ地球温暖化などという生やさしいものでなく、人間はとっくの昔に窒息死している。
反対に植物にしてみれば、酸素が増大することは野火や山火事のリスクが増えることになる。

263 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/18(金) 22:20:35 ID:???
自動車のエンジンが酸素を吸気して燃料を燃やし、炭酸ガスを排気するように、
人間は酸素を吸い込んで糖を燃やし、余分なモノとして炭酸ガスを吐き出す。
植物は太陽光を取り込むという、動物とはシステムが違うが

動物 酸素  炭酸ガス
   吸気□ ■排気
   排気■ □吸気
植物 酸素  炭酸ガス

のように位相が反転していることは間違いない。
> 人間の呼吸と植物の光合成が位相反転に相当するなんてポエム以外の何者でもない
お前の数学の応用範囲は猫の額よりも狭いんだなw

自動車は酸素がなければ動かない。人間は酸素がなければ死んでしまう。
(植物は炭酸ガス)
その意味で酸素や炭酸ガスは時間の要素であり、同時に空間の要素でもある。
水の世界ならばその要素を、水素イオン(+)と水酸イオン(−)に置き換えれば
やはり時間と空間は同じモノである。
つまり、媒質においては時間と空間(時空)の同等性について思い悩む必要はない。

> 「お前の言う時間の逆行って何?」

に対して答えていないぞ。
ん?、物理的な立場から説明をしろ!と言うことかな?

気が向いたら書くよ。

264 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/19(土) 03:09:29 ID:???
もう相手にするのも面倒だが、

  ・フィルムの逆回しはタイムトラベルではない
  ・位相共役は時間反転じゃない
  ・光合成と呼吸は逆仮定じゃない
  ・「○の位相」だの「●の位相」だのと言われても意味わかんない
  ・時間の要素だの空間の要素だの言われても理解できない

ないないづくしだな。

265 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/19(土) 16:37:09 ID:???
>>264
ついにヘタレたか?
おまいはまだ100年早いw

266 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/19(土) 17:36:17 ID:???
> 動物 酸素  炭酸ガス
>    吸気□ ■排気
>    排気■ □吸気
> 植物 酸素  炭酸ガス

これが位相の反転の説明になってると思ってるカス人間に何を言われる筋合いも無い。

つか位相の反転と位相共役は全然違う、って指摘されてもわかってないみたいだし。

267 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/19(土) 21:16:58 ID:???
>>266
俺は時間の順逆に対応してるのは遅延波・先進波ではなく、半波長の位相のズレと主張しただけで、
何でもいいんだよ。俺がいつ位相共役と位相反転が同じモノと言った?

>これが位相の反転の説明になってると思ってるカス人間に何を言われる筋合いも無い。
お前の呼吸は植物の光合成と同じように炭酸ガスを吸って酸素を吐き出すのか?
馬鹿かお前は!

268 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/19(土) 23:00:55 ID:???
> 俺は時間の順逆に対応してるのは遅延波・先進波ではなく

「反粒子は時間を逆行する粒子である」というときの「時間の逆行」が「遅延波・先進波」のことだ、
なんて言ってるやつはどこにもいない。誰も述べていないことを否定してどうするのだ?

例えば波源を持たない平面波解には先進波・遅延波の区別はないが、その場合でも「時間反転」は
定義できて、反粒子・粒子の区別はある。また、反粒子であろうが粒子であろうがその波動は基本
的に遅延波であって、反粒子だから先進波になったりすることはない。

> 俺がいつ位相共役と位相反転が同じモノと言った?

>>256
>>256 > 例えば位相が半波長ズレた波(位相共役)がある。

> >これが位相の反転の説明になってると思ってるカス人間に何を言われる筋合いも無い。
> お前の呼吸は植物の光合成と同じように炭酸ガスを吸って酸素を吐き出すのか?
> 馬鹿かお前は!

馬鹿はお前だ、カス人間。それのどこが「位相反転」なんだよ。呼吸で「位相反転」を定義するなら、
せいぜい

  二人の人間A, B が並んで呼吸をするその呼吸のタイミングは、□を吸気、■を呼気とするなら

    A □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    B ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ってだけだよ。

269 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/19(土) 23:06:44 ID:???

 心狸板の素人どもが物理でもめています。参戦すると面白いよ。

 http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1072684936/276-






270 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/20(日) 15:03:58 ID:???
俺は現代物理における波動の時間対称性。すなわち時間を前進する解と逆行する解を
遅延波・先進波に対応させていると理解している。
もちろん因果律を守るため、一方の解(先進波)を顧みないことも知っている。
しかし、「反粒子は時間を逆行する粒子」の元は遅延波・先進波にあったことも事実だ。
詳しくは知らないが、
実際にファインマンは遅延波・先進波を使って吸収体理論を展開したようである。

>「反粒子は時間を逆行する粒子である」というときの「時間の逆行」が「遅延波・先進波」のことだ、
>なんて言ってるやつはどこにもいない。
それはそうかもしれない。
ならば反粒子が時間を逆行しているという裏付けは何だね?
つまり、時間を逆行する解を捨てているにもかかわらず、
反粒子は時間を遡るという解釈はおかしくはないか?

負エネ粒子を正の質量をもつように再解釈したディラック流の解釈は現在主流でないとされている。
現在主流といわれるファインマン流の解釈はその根拠があいまいだ。(先進波を捨てている)
結局、負エネ粒子を正の質量をもつようにする完璧な再解釈は未だ存在しないということだね。

271 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/27(日) 23:04:47 ID:???
はっきり言って、時間を前進する解と時間を逆行する解を遅延波・先進波と定義
するのはやめるべきだね。
例えば床に水を張ったバケツがあるとする。この場合水面に生じる波はほとんど収束波だ。
拡散波は収束波の二次的なモノか水面に何かを落とした場合に限られる。
もし先進波=時間を逆行する波ならば、バケツを蹴飛ばしてもいないのに中心から
拡散する波、すなわち拡散波としての先進波も考えられる。
ならば、遅延波としての拡散波・収束波、先進波としての拡散波・収束波、
そしてそれぞれ位相が半波長ズレた合計8種類の波が必要になる。

結局、時間を前進する解と時間を逆行する解は位相が半波長ズレた波、と定義すればいいのだ。
すなわちそれは、円の一点を互いに逆回転したときに生じる波、複素共役の波である。

272 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/27(日) 23:35:57 ID:???
> 俺は現代物理における波動の時間対称性。すなわち時間を前進する解と逆行する解を
> 遅延波・先進波に対応させていると理解している。

君の「理解」が見当違いだ、というだけのことだな。

光合成と呼吸が位相反転 (だか位相共役だか) だなんて寝ぼけたことを言う人間の
「理解」なぞ一顧だに値しない。

> 実際にファインマンは遅延波・先進波を使って吸収体理論を展開したようである。

それとこれとは全然違う問題。それとも一人の人間が異なる事柄 (直接の関連の
無い事柄)で業績を上げてはいけないという決まりでもあるのかな?

> ならば反粒子が時間を逆行しているという裏付けは何だね?

だから、解の形が時間反転になっているということ。先進波・遅延波とは関係ない。

273 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/27(日) 23:37:07 ID:???
> つまり、時間を逆行する解を捨てているにもかかわらず、
> 反粒子は時間を遡るという解釈はおかしくはないか?

誰がいつ捨てたのだ? この場合の「時間を逆行する解」とは先進波のことではないぞ。

> 現在主流といわれるファインマン流の解釈はその根拠があいまいだ。(先進波を捨てている)

だから先進波は関係ない。ファインマンは先進波についての考察も行っているがそれは
反粒子とは関係ない。

> 結局、負エネ粒子を正の質量をもつようにする完璧な再解釈は未だ存在しないということだね。

キミがどんな妄想を抱こうと勝手だが、反粒子が正の質量を持っているという現実
の前には全く無意味だな。

274 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/27(日) 23:48:42 ID:???
> はっきり言って、時間を前進する解と時間を逆行する解を遅延波・先進波と定義
> するのはやめるべきだね。

先進波と遅延波の違いは、波源 (電磁波なら電荷) と波の関係の違いであって、波そのもの
の違いではない。

> 例えば床に水を張ったバケツがあるとする。この場合水面に生じる波はほとんど収束波だ。
> 拡散波は収束波の二次的なモノか水面に何かを落とした場合に限られる。

その場合は波源はバケツの壁面だから、そこから生じる波は単なる遅延波であって、先進波で
はない。波の形が収束するか拡散するか、と先進波か遅延波かとは全く別の問題だ。

まあいずれにしても先進波・遅延波は「時間を逆行する粒子」とは全く無関係だがな。

> 結局、時間を前進する解と時間を逆行する解は位相が半波長ズレた波、と定義すればいいのだ。
> すなわちそれは、円の一点を互いに逆回転したときに生じる波、複素共役の波である。

位相が反転した波がどうして時間を逆行することになるのかまったく説明されていないな。
「植物さんがそういったから(超訳)」なポエムで説明したつもりなのかもしれないが。

まあお前のいう「位相」は普通の物理学の「位相」とは全く違う「俺位相」みたいだから
(位相反転と位相共役の違いがいまだに理解できていないみたいだし)

275 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/28(月) 01:06:26 ID:juBG62VY
age

276 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/28(月) 01:59:31 ID:???
宇宙船の時間は遅れるので光速も遅くなる・・と仮定すると
空間が縮小するはずですが、空間って実態が無いのですよねー
これをエーテルが縮小するとすると都合がよい。
 
これってだめですか?  だめだったら理由もついでにお願いします。

277 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/28(月) 02:09:35 ID:???
> 宇宙船の時間は遅れるので光速も遅くなる・・と仮定すると

誰に対する何の光の光速が遅くなるというのだ?

> これをエーテルが縮小するとすると都合がよい。
具体的にどう都合がよいのか示してくれ。

> これってだめですか?  だめだったら理由もついでにお願いします。

具体的な主張が示されていないのだから、ダメとか言う以前に検討に値しない。

278 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/28(月) 08:50:22 ID:???
だから、空間って縮小するの?
なーんにも無い物がどうして縮小するの?

279 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/28(月) 09:06:24 ID:???
「空間が縮小するはず」という時点で君の妄想なんだから、その説明をこちらに要求されても困る。

280 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/28(月) 10:39:50 ID:???
伸びも縮みもしてないだろ。もともとそういう性質があったってだけで。

281 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/28(月) 11:06:28 ID:???
やはり、実体は物質と速度と、それに係わる光の速度だけなんだ。

ありがとう

282 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/28(月) 17:49:40 ID:???
>>272
>> 遅延波・先進波に対応させていると理解している。
俺は波動の時間反転対称性に対し、これ以外の定義をみたことがない。
逆に言うと、それゆえに時間の逆行はトンデモ扱いされているわけだ。
> 君の「理解」が見当違いだ、というだけのことだな。
まずはおまいの「理解」している、
一般的な、波動の時間を前進する解と時間を逆行する解の定義を聞かしてくれ。

283 :281:2007/05/28(月) 21:31:42 ID:???
すみません、ちょっと割り込みます・・自分のまとめ分です

光の速度は、それに係わる物体の速度と相対的関係となる。
すなち動く物体にとって光速は遅くなっている。
でも、観測上では光速度不変となる、ということである。
以上が実情であるとすると、エーテルは光速度不変の原理で置き換えられたのであるから
物体自身の時間遅れと光速低下が一体となる、だからこそ光速度不変の原理であり、それが
エーテルの代わりだとすると、エーテルも、空間の縮小も不要となってしまう。
その代わり、光との相対速度は必要条件になると思った。

284 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/04(月) 11:06:51 ID:ikHZHLgR
 光の波の速度は30万q毎秒であるがその媒体であるエーテルの速度は無限大。
 科学は詭弁学である(メーソンによる)
 物理現象が量子力学の言う様に確率の波によって起きるのなら、因果律の法
則が成り立たない。確率の波で遺伝子が作れる訳がない。生物の魂がなければ
死体と同じである。魂まで確率の波で出来たと言うのか。おかしくて笑い話に
もならない。時間とは物体が振動するから考えられる事であり、振動しない物
体には時間は無いの同じである。 
 光の速度で飛ぶ事が出来るUFOで速度の加算法則を思考実験してみる。U
FOAとUFOBが光速度Cで並行して飛行している。UFOBから見たUF
OAの速度はC−Cで0となる。今度はお互いに逆行してすれ違った場合、U
FOBから見たUFOAの速度はC+Cで2Cとなる。UFOAを光と見立て
ても同じ事が言える筈だが、光の場合は両方ともCとなるそうである。なぜ、
物体で成り立つ法則が光では通用しないのか。測定機器で測るとCとなるよう
である。昔から光は瞬時に伝わると考えられて来た。オリオン座のリゲルは7
00光年の距離にあり、今輝いている光が700年前の光だと到底思えない。
だから、相対性理論は真っ赤な嘘である。
 最初に狂牛病になった牛はプリオンとはまったく関係が無い。牛に牛の肉骨
粉を共食いさせたからである。どうして、共食いさせると狂牛病になるのか科
学で説明してみろ。それは神の意思だからである。共食いは神の律法に反する
罪なのである。肉食も共食いの一種である。
 がんは発がん性物質によって遺伝子が傷つけられて発生すると言われている
が、発生したがん細胞は生まれたての様に若く盛んに細胞分裂を繰り返す。な
ぜ、細胞分裂で出来た細胞が急に若返ってがん細胞になるのか。新たに発生し
た細胞と考えざるを得ない。すると、細胞分裂以外の方法で発生した事になる。
このことを科学で説明する事は出来ない。女性の卵子細胞も同じ事が言える。
ボウフラはたまり水からわく。この不思議な現象を神道では邪気によって生物
が生まれると解明している。 


285 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/04(月) 19:35:19 ID:jOovyNMc
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね

286 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/05(火) 14:18:57 ID:???
解決

いわゆるエーテルと光速度不変の原理が同じものである とすると
これは只の 置き換え となり、なにも変わらないのである。
だから今でも光速は無限大速度だと言う人がいるわけです・・・ 納得
だからエーテルは死んだのではなく 排除されただけである。

287 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/09(土) 23:13:53 ID:???
>>282
> 一般的な、波動の時間を前進する解と時間を逆行する解の定義を聞かしてくれ。

まず自由粒子のシュレーディンガー方程式

   (ih∂/∂t+h^2/2m・△)ψ = 0     (h は本当は hバー = h/2π を表す。以下全て同様)

の x 軸方向に進む平面波解 ψ = f(x - Vt) を考える (V は位相速度) と、途中の計算
は省略するが解は

    (1) ψ = e^i (kx - ωt)     (x の正の方向に進む波)
    (2) ψ = e^-i(kx + ωt)    (x の負の方向に進む波)

    ただし、 k = mv / h  ω = mv^2/2h

となる。

これに対して、相対論的な波動方程式であるクライン・ゴルドン方程式を同じように
解くと、シュレーディンガー方程式と同様の、

    (1')  ψ = e^i (kx - ωt)    (x の正の方向に進む波)
    (2') ψ = e^-i(kx - ωt)    (x の負の方向に進む波)

    ただし、 k = γmv / h  ω = γmc^2/h  γ=1/√(1 - v^2/c^2)

の他に、

    (1'') ψ = e^-i (kx + ωt)   (x の正の方向に進む波)
    (2'') ψ = e^i(kx + ωt)    (x の負の方向に進む波)

というもう一組の解が得られる。(1'')、(2'') はそれぞれ、(2'), (1') の t を -t に置き換えたもので
あることがわかる。

288 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/09(土) 23:28:21 ID:???
>>287の結果について重要な点をいくつか挙げておく

まず第一に、

  (1')、(2') と (1'')、(2'') は互いに t ⇔ -t の置き換えをしているだけで、どちらが時間を
  順行してどちらが逆行している、という区別はない。 

ということ。第二に、

  先進波・遅延波は波動とその源との関係による区別だが、>>287のような平面波解には
  波源が存在しないため、そのような区別はない。つまり、>>287に示した「時間反転」は
  先進波・遅延波の区別とは関係ない。

ということ。第三に、

  一般的に波動は局所的に平面波として近似できるが、そのときの解は (1')・(2') の形と
  (1'')・(2'') の形の両方が考えられる。つまり、

  遅延波・先進波についても、それぞれに (1')・(2') の解と (1'')・(2'') の解の両方が考えら
  れる。

ということだ。一般に、「先進波」は因果律に反するとされ捨てられるが、それは粒子・反粒子
についての「時間反転」とは無関係だ。


289 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/09(土) 23:29:53 ID:???
以上のことが理解できていれば、

   反粒子は時間を逆行する粒子である

という言い方が便宜的なものに過ぎず、これが「タイムトラベル」を意味するわけではない
ことは明白だ。


290 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/11(月) 21:34:36 ID:???
>>287
そこに羅列した数式は全て正のエネルギーなのか?

291 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/11(月) 22:15:51 ID:???
(1')と(2')の組、とそれを時間反転した (1'')と(2'')の組、二組のどちらかを

   「時間を順行する(過去から未来へ進む)正エネルギーの粒子」

とみなすなら、もう一組は

   「時間を逆行する(未来から過去へ進む)負エネルギーの粒子」

になるな。どちらをどちらにするかは自由だ。どちらでも同じことだからな。


292 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/11(月) 22:31:32 ID:???
要するに、

  [1] 時間を順行する正エネルギーの粒子   = 時間を逆行する負エネルギーの反粒子
  [2] 時間を順行する正エネルギーの反粒子 = 時間を逆行する負エネルギーの粒子

というだけのことだ。解は二組しかないから

  [3] 時間を順行する負エネルギーの粒子   = 時間を逆行する正エネルギーの反粒子
  [4] 時間を順行する負エネルギーの反粒子 = 時間を逆行する正エネルギーの粒子

と解釈することは出来ない。正確に言えば、そう解釈することは自由だが、当然そのときは
宇宙の全ての粒子・反粒子について [3][4] を採用することになるというだけだ。つまり、
エネルギーの定義の符号を反転させる、というだけのことだ。


293 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/12(火) 01:01:38 ID:???
下のようなファインマンダイアグラムで表される現象があるとき、

   正のエネルギーを持つ粒子 C が a で A から放出され、時間を順行して b で Bに吸収される

と考えてもいいし、

   負のエネルギーを持つ反粒子 C~ が b で B から放出され、時間を逆行して a で Aに吸収される

と考えてもいい。どちらにしても A はエネルギーを失って A' となり、B はエネルギーを得て B' となる。


   A'         B'
   |          |
   |          |
   |          |b
   |        /|
   |      /  |
   |     /   |
   |   /C    |
   |  /      |
   |/        |
   |a        |
   |          |
   |          |
   |          |
   |          |
   A          B



294 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/13(水) 22:24:04 ID:???
おまい、>>290で突っ込まれる以前のレスと以後のレスが別モードになってないか?
ただ共通しているのはおまいにとっての時間反転 t ⇔ -t はフィルムの逆回しだということだ。
(もっともそれはおまいのというよりは現代科学のパラダイムだが)

そして先進波はフィルムの逆回しの波動バージョンに過ぎないのだから、
おまいの脳内は矛盾をきたしている。
ようするにおまいが軽いノリで言う t ⇔ -t と先進波の根っこは同じということに気付くべきだ。
大体、>>293のファインマン図は遅延解・先進解(吸収理論)そのものではないかw

295 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/13(水) 22:25:09 ID:???
ようするに先進波がそうであるように、地面に落ちて潰れて腐った林檎が時間を遡って、
元のみずみずしい姿になって木の枝に戻ることはSFの領域なのであり、物理学者は普通無視する。
言うまでもなくこれを時間の矢が存在すると言う。

296 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/13(水) 22:26:41 ID:???
ファインマンの凄いところは対称性に意味があると感じ、トンデモ扱いされ無視されていたものを
あえて物理学に組み込んだことであろう。
もっともそれをマジで受け入れる物理学者は少数派だろうが、
「反粒子は時間を逆行する粒子」という解釈はミクロの世界を上手く説明できる。
そしてなによりボソンを説明できる。
しかしその物理的な意味は誰にも解らない、というのが現状でないかな?

しかし嘘から真ではないが、時間の逆行が現実のものならば、
フィルムの逆回しでない合理的な解なり解釈があるのではないか?

その意味では互いに時間を逆行しているかのような動物と植物の関係は示唆に富んでいるということだ。

297 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/13(水) 23:27:49 ID:???
> おまい、>>290で突っ込まれる以前のレスと以後のレスが別モードになってないか?

全然? 単に君の理解が呆れるほどお粗末なだけだよ。

> ようするにおまいが軽いノリで言う t ⇔ -t と先進波の根っこは同じということに気付くべきだ。

>>288 で明白に違うということを説明しているのだが。>>288 (の第二点、第三点) で説明したことを
表にするなら

                            遅延波      先進波     遅延波でも先進波でもない波
   (1')・(2') のタイプの波 (粒子)        〈1〉         〈2〉          〈3〉
   (1'')・(2'') のタイプの波 (反粒子)       〈4〉         〈5〉          〈6〉

〈1〉から〈6〉までの全てが方程式の解として存在しうるわけだよ。つまり

   「先進波」「遅延波」 (とそれ以外) の区別
   (1')・(2') と (1'')・(2'') の区別

は完全に独立した区別なのだよ。


298 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/13(水) 23:32:02 ID:???
> 大体、>>293のファインマン図は遅延解・先進解(吸収理論)そのものではないかw

それがどうかしたのかな? 粒子の生成・消滅 (つまり、波動としてみるなら放射・吸収) が
ある以上、図の中に遅延波・先進波があるのは当然じゃないか。

図の中に遅延波・先進波があることと、

   遅延波・先進波の区別こそ、ファインマンの「反粒子は時間を逆行する粒子である」
   の「時間反転」の意味である

ということとの間に何のつながりもないな。

要するに君は「見たまんまを言っただけ」で、それで何かの根拠になると勘違いしているのだな。



299 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/14(木) 14:02:50 ID:???
age

300 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/21(木) 21:19:01 ID:ubWkVk/h
エーテルなんて、もうイーサー

301 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/26(火) 20:59:33 ID:???
>>287
>> 一般的な、波動の時間を前進する解と時間を逆行する解の定義を聞かしてくれ。

>>291-293
結局おまいが理解している時間を前進する解と時間を逆行する解はそれぞれ
正エネルギーと負エネルギーに対応しているということなのか?

まるでミイラ取りがミイラになったみたいだなw

そもそも現代物理で負エネルギーを扱えるのか?

302 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/26(火) 22:08:03 ID:???
その前に

  「時間の反転は先進波・遅延波のことでそれ以外なんて聞いたことがない」

と断言したかつての自分をすこしは恥ずかしいと思えば?

> 結局おまいが理解している時間を前進する解と時間を逆行する解はそれぞれ
> 正エネルギーと負エネルギーに対応しているということなのか?

どちらも正のエネルギーだよ。既に説明していることをなぜまた聞くのかな?

  正のエネルギーの粒子を「未来に向かって」放出する
  過去から来た正のエネルギーの粒子を吸収する

はそれぞれ

  未来から来た負のエネルギーの粒子を吸収する
  負のエネルギーの粒子を過去に向かって放出する

と解釈することも可能だ、というだけのことだと言ってるだろう。

303 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/27(水) 23:52:37 ID:???

 エーテル風力エンジンはどこで売ってますか?

304 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/28(木) 01:45:07 ID:???
無いものは作るしかない (密造酒奨励CM)

305 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/29(金) 21:26:26 ID:???
> その前に

>   「時間の反転は先進波・遅延波のことでそれ以外なんて聞いたことがない」
> と断言したかつての自分をすこしは恥ずかしいと思えば?
おまい、遅延波・先進波と同じ形式であるが遅延波でもなく先進波でもない、
しかし正負のエネルギーに対応した解を提示したんだよね。

> どちらも正のエネルギーだよ。
はぁ?
> 既に説明していることをなぜまた聞くのかな?
おまいが>>287以後、時間を逆行する解を負エネルギーに対応させたからだよ。

> と解釈することも可能だ、というだけのことだと言ってるだろう。
それがあまり真剣に受けとるなというニュアンスならば
>>268
> 「反粒子は時間を逆行する粒子である」というときの「時間の逆行」が「遅延波・先進波」のことだ、
> なんて言ってるやつはどこにもいない。
と同じ意味合いでないか。

306 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/29(金) 22:12:32 ID:???
> おまい、遅延波・先進波と同じ形式であるが遅延波でもなく先進波でもない、
> しかし正負のエネルギーに対応した解を提示したんだよね。

もしかしてキミの脳髄はミートホープから仕入れたんじゃないだろうね?

遅延波・先進波の区別とは全く関係のない、互いに「時間反転」の関係にある
「粒子」「反粒子」 に対応した解を提示したんだが。

  「遅延波・先進波と同じ形式」

なんて何処から出てきたの?



  「時間を順行する正エネルギーの粒子」
  「時間を順行する正エネルギーの反粒子」

は、それぞれ

  「時間を逆行する負エネルギーの粒子」
  「時間を逆行する負エネルギーの反粒子」

と解釈することも可能だ、とうだけのことが、どうしても理解できないのかな?


307 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/29(金) 22:20:55 ID:???
> > 「反粒子は時間を逆行する粒子である」というときの「時間の逆行」が「遅延波・先進波」のことだ、
> > なんて言ってるやつはどこにもいない。
> と同じ意味合いでないか。

どうやらキミの脳内では

   「時間反転」 = 「遅延波・先進波」

という短絡がゴルディオスの結び目のごとく強固に固着していて、こちらが明示的に

   「遅延波・先進波とは違う時間反転」

と言っても「遅延波・先進波とは違う」の部分は自動的に消去されてしまうようだね。
先ほどの

   遅延波・先進波と同じ形式

という妄想も、その短絡の産物なんだろうね。


308 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/07/02(月) 21:02:06 ID:???
>>292
>   [1] 時間を順行する正エネルギーの粒子   = 時間を逆行する負エネルギーの反粒子
>   [2] 時間を順行する正エネルギーの反粒子 = 時間を逆行する負エネルギーの粒子

>>306
>   「時間を順行する正エネルギーの粒子」
>   「時間を順行する正エネルギーの反粒子」

> は、それぞれ

>   「時間を逆行する負エネルギーの粒子」
>   「時間を逆行する負エネルギーの反粒子」

どっちなんだよw どっちでもいいのか?

> と解釈することも可能だ、とうだけのことが、どうしても理解できないのかな?
いや、おまいにとって
時間の順行=正エネルギー 時間の逆行=負エネルギー
であることは理解した。つまり、おまいの解釈では負エネルギーとしなければ時間の逆行は出てこない。

309 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/07/02(月) 21:04:50 ID:???
>>307
俺の言った同じ意味合いの意味は、
先進波も負エネルギーもトンデモ扱いされている意味では同じと言うことだよ。
(まあ俺的には負エネルギーは別に構わないんだが)
じゃああらためて聞くが、「反粒子は時間を逆行する粒子である」というときの「時間の逆行」が
負エネルギーである、というのが一般的な解釈であるとおまいは理解しているのか?

310 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/07/02(月) 21:06:53 ID:???
> という短絡がゴルディオスの結び目のごとく強固に固着していて、こちらが明示的に
時間の逆行=フィルムの逆回しというドグマに囚われているおまいに言われたくないな。
まさに先進波はフィルムの逆回しと同じ形式wなのだから、おまいは頭隠して尻隠さずなんだよ。

参考までに、おまいが提示した数式において、
なにをもって時間を逆行(順行)しているかの説明をしてくれないか?

311 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/07/02(月) 22:27:51 ID:???
> どっちなんだよw どっちでもいいのか?

>>306
>   「時間を逆行する負エネルギーの粒子」
>   「時間を逆行する負エネルギーの反粒子」



  「時間を逆行する負エネルギーの反粒子」
  「時間を逆行する負エネルギーの粒子」

のただの書き間違いだよ。

> いや、おまいにとって
> 時間の順行=正エネルギー 時間の逆行=負エネルギー
> であることは理解した。
>
> つまり、おまいの解釈では負エネルギーとしなければ時間の逆行は出てこない。

全然理解していないよ。負のエネルギーなんて出てこないんだから。

312 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/07/02(月) 22:54:32 ID:???
> 俺の言った同じ意味合いの意味は、
> 先進波も負エネルギーもトンデモ扱いされている意味では同じと言うことだよ。

いったい何処で

  先進波や負エネルギー

がトンデモ扱いされているのかな? それに「負のエネルギー」なんて出てきてないよね?
「どちらも正のエネルギーだ」って言わなかったかな?

> じゃああらためて聞くが、「反粒子は時間を逆行する粒子である」というときの「時間の逆行」が
> 負エネルギーである、というのが一般的な解釈であるとおまいは理解しているのか?

「時間の逆行」と「負エネルギー」は概念として全く別のことだよ。

  時間を順行する負エネルギーの粒子 (あるいは反粒子)

を考えることだって出来る。実際には方程式にそのような解がないだけで (解は二種類しかないからな)。




313 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/07/02(月) 23:15:21 ID:???
> 時間の逆行=フィルムの逆回しというドグマに囚われているおまいに言われたくないな。

時間の逆行ではなくて、単なる「時間反転」なんだが。互いに時間反転した二つの解のど
ちらが逆行であるかは解釈の問題に過ぎない。

> まさに先進波はフィルムの逆回しと同じ形式wなのだから、おまいは頭隠して尻隠さずなんだよ。

やれやれだ

  「先進波・遅延波」 の区別とは  「波源と波の関係の違い」
  「粒子・反粒子」  の区別とは   「波源と関係ない波自体の進行の違い」

と何度説明させるのかな? どちらも確かに「時間反転」には違いないが、同じでないのだよ。

そして、その「違う部分」が問題になっているのに、「どちらも時間反転だからどっちでもいいのだ」
と言い張り続けてるんだよ、お前は。

小学生でもわかる喩えで説明してやろう

「犬」には「群れで狩をする」「人間を群れのリーダーと認め従う」「鼻が利く」などの性質があって、
猟などに利用されているな。

だが、

  犬は動物なのだから、同じ動物である猫や鼠、ミジンコやゾウリムシも訓練すれば猟に使える

と言い張って、周りが止めるのも聞かずに猫やらミジンコやらに猟を仕込もうとしている奴がいる。

そ れ が お 前 だ 。


314 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/07/02(月) 23:16:50 ID:???
> 参考までに、おまいが提示した数式において、
> なにをもって時間を逆行(順行)しているかの説明をしてくれないか?

明示的に説明したことすらわからないのなら、同じことを何度説明しても
意味がないな。

315 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/08/18(土) 03:11:52 ID:6ge/aZhh
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね
アトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ねアトポス死ね

316 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/10/21(日) 12:13:09 ID:Nn5dIfsX
 現代科学の嘘を見破る
 現代科学は本当のことは何も解明していない。なぜ、磁石が反発したり、引
っ付いたりするのか判らないのである。磁石の両端をN、S極として、同極は
反発力が、異極は引力が働くと規定しているだけである。磁気力は目に見えな
い。ただ、磁石の周りに置いた鉄粉によって磁気力線が見えるのである。
 重力の本体も判らない。ニュートンが万有引力説を出し、アインシュタイン
が時空歪み説を出した。時空が何も無い空間であれば何が歪むと言うのか。量
子力学では現象は確率の波によって起きるとしているが、それでは因果律が成
り立たない。原因と結果がどのように結び付くか説明出来ない。見えないもの
をその様に想像しているだけで、幽霊の話をするのと同じである。
 幻肢痛と言う現象がある。手を切断してその無い手の部分が痛むのである。
あるツボに鍼を刺してこの痛みを取り除く事が出来る。身体には経絡があって
そこに気が流れており、それが放電すると痛みとなるのである。だから、過剰
になった気を鍼を通して空中に放電させる事によって痛みが治まる。痛みにつ
いても科学では判らない。麻酔薬は毒によって気の流れを阻害させているだけ
である。
 ボウフラは汚水から湧くのであって、決して卵から孵化するのでない。玄米
から湧く蛾の幼虫も孵化するのでない。胚芽が虫に変化するのである。この事
も科学では説明出来ない。
 猿から人間に進化したと言うが、急激に進化出来ないから、その中間の形態
の動物が存在する筈である。しかし、それは存在しない。何時になったら猿は
突然変異して人間となるのか。猿の頭の毛は体毛であり人間の頭の毛は髪の毛
である。まったく別のものである。
 UFOは空間に存在している気(電波の媒体)の反発力を利用して運行して
いる。この気を制御しているものが神の意志であり、それによって、森羅万象
が動いているのである。


317 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/10/25(木) 01:44:52 ID:PfsPBrNO

 エーテル風力発電機はどこで売ってますか?

318 :ご冗談でしょう?名無しさん :2007/10/25(木) 11:17:18 ID:Svo8MKyj
ブラックホールとホワイトホールの間が近い場合、エーテルの風は吹いてるよ。微妙ながら。

319 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/10/26(金) 12:15:27 ID:7tc1gvSF
 ハンマー投げの重りは遠心力が重力を抑制する為に持ち上がる。遠心力は回
転の速度に比例して大きくなる。即ち、重りが空間に存在する気に対して移動
する事によって反重力が生まれるのである。我々はそれを運動エネルギーと呼
んでいる。空間の気から受ける慣性力も運動エネルギーも重力と同質のもので
ある。重力とは地球と言う障害物に対して絶えず運動している気が地球の裏側
へ回り込む力である。


320 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/10/27(土) 01:47:57 ID:cUtHuDPu
エーテル風力発電機はコーナンで売ってますか?

321 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/10/27(土) 01:55:07 ID:???
宇宙よ メコスジの風は舐めているか

322 :惟神塾へようこそ:2007/11/03(土) 11:33:55 ID:a/1J8pup
 宇宙は神の意志で動き人は神の子その証拠が超能力
 超能力者・三田光一が1931年に月の裏側を念写した。1959年、ソ連の人工衛
星ルナ3号が月の裏側の撮影に成功した。両者を比べると酷似していた。
 御船千鶴子の透視実験が福来友吉博士監修の基に行われた。透視が的中した
にも係わらず、現東京大学の山川健次郎の嘘でインチキとされた。長尾郁子の
念写は山川健次郎が卑怯にも乾板を抜き取ったものを用意して妨害しようとし
たが、彼女は乾板が無いのを透視して、彼らの悪巧みを見破った。
 長南年恵は44歳で没するまで一度も月経が無かった。30歳以降の14年間は強
要された以外は絶食していた。予言を行なえば全て的中し、空中から空き瓶に
引き寄せた神水で病人を治した。これを支配層が見逃す訳が無く、鶴岡警察署
が介入して、医師の資格も無いのに、怪しげな水によって病気治しを行い、吉
凶福禍を説いて愚民を惑わすのは詐欺行為に当たるとして、長南は逮捕された。
ところが監獄にあって、数週間絶食しているから便通が無く、平然と朝夕の神
拝を続けた。結局60日後に釈放されたが、44歳で亡くなるまで人助けに行った。
 体内にウイルスが侵入した事をどうして免疫系統が感知し、なぜそこへウイ
ルスを攻撃するリンパ球が集まるのか。ウイルスに接触した肥満細胞がヒスタ
ミンを産生して炎症し、その部位にインパ球が集まると言う説明では納得出来
ない。鯖を食べるとじんま疹が出来て痒くなる。この原因はヒスタミンである。
なぜ肥満細胞が微小な0.01ミクロンのウイルスを感知し、毒素ヒスタミンを産
生するのか。リンパ球が熱と毒に集まるなら、心臓と肝臓に集まる筈である。
 細胞がウイルスに死滅させられる時に救助を求めるテレパシーを送る。する
と、人の宿神が透視して、ウイルス(魔軍)の居場所を発見し、リンパ球(神軍)
を魔軍征伐に派遣するのである。
 ミステリーサークルは1晩で出来る。照明無しで、この様な複雑な図形を作
る事は現代科学では無理である。しかも倒れている小麦の茎はガラス管が熱で
屈折した形状である。人間がプラズマで作ったとしても、その使用した機械の
痕跡が無い。自然現象では完全な直線と円は描けない。これは小型UFOが作
ったのである。


323 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/11/03(土) 12:27:08 ID:ci/sQn5P
今時なんだよ、このスレ。
前々世紀の遺物を忍ぶスレか?


324 :惟神塾へようこそ:2007/11/08(木) 11:31:08 ID:sJvG+iXz
 そうです。偽科学に騙されても気のつかないお目出度さんを矯正するスレです。
 日本は世界文明の発祥地で世界一優秀な民族国家
 日本で発見されたペトログラフの中に独自の神代文字、甲骨文字、アルファベット
以前のオガム文字等が含まれており、彦島のペトログラフの人物文様はインカ文明の
人類滅亡を暗示する石版の人物文様と酷似している。しかし、何者かによって傷つけ
られた。この文様が捏造された物なら無視すれば良い。真実の隠蔽を図るメーソン支
配の考古学会の仕業である。上高森の旧石器遺跡も捏造にされた。
 日本の上古には文字が無かったとするには無理がある。なぜ、漢字に音訓読みがあ
るのか。日本語なら訓読みだけで良い。日本は中国や朝鮮に支配されていたから、漢
字使用と音読みを強制されたのである。その反発から神代文字から平仮名が作られた。
日本の国体を破壊して魔道に落す為に、神道に蓋をして悪魔の仏教を普及させた。日
本は世界文明の発祥地であり、日本の天皇が世界を統治して天の浮船で巡回していた。
天皇が各国の言葉と文字を制定して教えた。日月神示の石がものを言うとはこの事を
指す。釈迦、キリスト、モーゼ、孔子等が日本へ留学していた。竹内文書が言ってい
る。中国の文化が日本に伝わったと言うのは嘘で、中国が日本の文化を盗んだのであ
る。胡散臭いの胡は中国を指す。メーソンや中国等が日本を攻撃するのは日本の復活
を恐れているからだ。日本人が大和魂を発揮させたら悪は眩しくて目が開けられない。
 日本人が良くならなければ世界の人民は良くならない。今の様に腐ったままでは肥
料にもならない。
 霊界は現界の隣に存在し、霊界で起きた事が鏡に写る様に現界に現れる。空中から
物質が現れる現象は霊界から霊体が物質に変化するのである。反物質は霊体である。
幽霊は霊界にあるべき物が現界に留まっているのである。
 重力の謎から本能寺の変の謎まで解明した私にとって解けない謎は唯一つ、神の一
厘の仕組みである。


325 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/11/13(火) 21:47:26 ID:???
>>314
お前、一度でも遅延解・先進解とは別の具体的な解釈(数式でない)を提示したことがあったけか?

ようするにお前は遅延波・先進波と同じ形式(ビデオの順送りと逆送り)だが、
遅延波・先進波の区別がつけられない波を提示したに過ぎないではないか。

つまり、波源をもつ波、例えば球面波はビデオの順送りと逆送りが定義できる。
すなわち、中心から周りに向かう波が過去から未来に進む波であり、
逆に周りから中心に向かう波が未来から過去へ進む波である。
それに対し、波源をもたない平面波はビデオの順送りと逆送りが定義できない。
すなわちどちらも時間を順行しているとも言えるし、どちらも時間を逆行しているとも言える。
まさにそれこそが遅延波・先進波とは別の時間反転である。

結局はビデオの順送りと逆送りが基本でないか。

326 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/11/13(火) 21:50:02 ID:???
上の記述を別の例えで説明してあげよう。
振り子の運動をビデオに撮り、順送りと逆送りしたとする。
その場合、大きく振れていた振り子がだんだん減衰し、やがて静止するのが順送りであり、
最初静止していた振り子の振幅が時間とともに大きくなっていくのが逆送りだ。

しかし、もし摩擦も空気抵抗もない振り子があったとして、すなわち減衰のない振り子の
運動を撮ったビデオの映像を見ても、それが順送りなのか逆送りなのかの区別がつかない。
まさにそれこそがお前の言う波源をもつ球面波とそうでない平面波の違いである。

327 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/11/13(火) 21:54:14 ID:???
ならばお前の解釈では、波源をもつ波に対しては、
時間を順行する波と時間を逆行する波は遅延波・先進波以外の解釈はないということか?

俺は時間の順逆の一つの解釈として半波長の位相のズレを挙げた。
その場合においては波源があろうが平面波だろうが関係ない。
そもそも俺の辞書には先進波の文字すらない。

なぜなら俺にとっては時間の逆行=フィルムの逆回しではないのだからな。

328 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/11/13(火) 21:55:47 ID:???
ところで、波源のない平面波って海が波立ってるようでエーテルっぽいな。
さらに量子論的には空間は調和振動子の集まりなんだろ?
空間が素朴なバネの集合体ならば、それはエーテルそのものではないか。

329 :惟神塾へようこそ:2007/11/15(木) 10:57:24 ID:uOFeRJrU
 重力は気(エーテル)の作用
 慣性力と運動エネルギーによる力は、空間に充満している気(運動している
エーテル)が物質の動きを抑制する為に起きる力である。重力は気(エーテル)
が地球と言う障害物の裏側に回り込む力である。
 磁石の引力と反発力は気(エーテル)の作用
 磁石の内部をSからNに向かって磁気子が流れ、それが外部ではSへ向かっ
て還流している。磁石の周りにも磁気子(エーテル)が充満していて運動してい
る。磁気子の放出部N同志が接近すると気の密度が高くなり反発力を生ずる。
吸入部S同志が接近すると磁気子の動きに誘われて空間の磁気子が集まって、
瞬間の間の密度が高くなり、反発力が生ずる。N、Sが接近すると気の密度が
低くなり、周りの磁気子の圧力を受けて引力のような力が働く。磁気子は電気
の流れの渦の回転によって出来、回転の方向によってN、Sと区別されるので
ある。

330 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/11/20(火) 23:48:26 ID:???
>>216
>にもかかわらず、(1)だけが不適切の烙印を押されているのは納得がいかない。
>確かに観測者の立場によって質量が桁違いに変化するのも奇妙だ。
>ならばそれは(2)も(3)も同じではないのか?

μ粒子のような素粒子はこの瞬間にも生成され、そして極めて短時間に消え去る。
ならば宇宙全体がμ粒子に対しローレンツ短縮するというなら(μ粒子を静止とした場合)、
宇宙はどうやってμ粒子の存在を知りえるのか?

つまり、その場合、互いに互いの存在を認識する瞬間的な情報のやりとりが必要である。
ならばそれはこの世に光の速度を超えるモノは何者もないとする相対論の前提に反している。

331 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/11/20(火) 23:49:49 ID:???
今2007度製のロケットが地球をかすめ、速度v(慣性航行)でアンドロメダ星雲に向かっているとしよう。
その場合ロケットはいわゆるローレンツ短縮する。
しかし相対論によればロケットが空間に静止していて、
A星雲がロケットに対して速度vで向かっているとしても構わない。
そしてA星雲はロケットに対しローレンツ短縮する。
では200万光年彼方のA星雲は、いかなる方法で2007製のロケットの存在を知りえたのか?

元々近接作用は媒質の特性であるが、相対論が媒質を否定した理論ならば
その代償として遠隔作用が出てくるのは当然なことである。

結局、相対論によれば相対論的質量のみならず、(2)も(3)も不適切ではないか。

だとしたら「ロード・オブ・ザ・リング」ではないが、
強大な魔力をもつローレンツ変換という名の指輪は滅びの山に捨て去るべきだな。

332 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/11/20(火) 23:51:09 ID:???
ちなみにエーテル理論に基づけば、(1)も(2)も(3)も無問題だ。
例えば一円玉を光速近くまで加速すれば重さ1tにも10tにもなる。
しかしそれは加速出来たらの話である。
できるもんならやってみろって話だ。

ところで物理学者は、
相対論的質量は不適切と言いながら、ミクロ系の粒子に対しては使っている節がある。
例えば加速器において、加速される電子は光速に近づくにつれ加速が困難になる。
物理学者は普通それを加速に投入するエネルギーがあたかも質量に転化したため、
と説明している。
まさに(1)式を使っているのである。
実際加速器はそのようなコンセプトの下に設計されているのではないのか?

結局のところ、ローレンツ変換の母体はやはりエーテルだったてことなのか。

333 :惟神塾へようこそ:2007/11/24(土) 10:52:46 ID:yGWIRZ6i
 現代科学は気(エーテル)の存在を否定した事によって魔界に落ちた。
 時間とは気(運動しているエーテル)の振動数を単位とした時間であり、運
動していない空間であれば時間は止まっているのである。気(運動しているエ
ーテル)の振動数が現界に比べて遅い霊界の時間は現界から見ると止まって
いるように感じるのである。タイムトラベルは不可能。アインシュタインの
嘘の相対性理論が生んだデタラメ。光の速度は変化する。それを人間が観測
しようとすると一定の速度の様に錯覚するのである。つまり、光の速度は人
智では測定出来ないのである。
 光とは気(運動しているエーテル)の波動である
 静止系の光速度は一定であるが、気の動きによって遅くなったり、光速度
を遥かに超える事も出来るのである。
 重力は気(エーテル)の作用
 慣性力と運動エネルギーによる力は、空間に充満している気(運動している
エーテル)が物質の動きを抑制する為に起きる力である。重力は気(エーテル)
が地球と言う障害物の裏側に回り込む力である。気の密度が低い所には外圧
によって引力が働いている様に見えるのである。
 磁石の引力と反発力は気(エーテル)の作用
 磁石の内部をSからNに向かって磁気子が流れ、それが外部ではSへ向かっ
て還流している。磁石の周りにも磁気子(エーテル)が充満していて運動してい
る。磁気子の放出部N同志が接近すると気の密度が高くなり反発力を生ずる。
吸入部S同志が接近すると磁気子の動きに誘われて空間の磁気子が集まって、
瞬間の間の密度が高くなり、反発力が生ずる。N、Sが接近すると気の密度が
低くなり、周りの磁気子の圧力を受けて引力のような力が働く。電気は磁気の
流れの渦の回転によって出来、回転の方向によって+、−と区別されるので
ある。


334 :裸の王様 :2007/11/25(日) 07:29:49 ID:???
エーテルはこのように姿を見せる!!

光の波が真上の方向から来ています。遠い星からの光なので波は水平です。
ピラミッド様に上に向けられた三角プリズムが横方向右へ
(或いは左へ)運動をしています。三角プリズムの両(左右)斜面に
入射後、プリズムから出る光の周波数は同じではないでしょう。

上記現象の存否はプリズムの向きを地表面上で変えることで
確かめられるでしょう(ただし星の光は直接プリズムへ)。すなわち、
これはマイケルソン・モーレーの実験のリニューアルであって、
上記現象があるならば、それはエーテルに対する地球の運動の現れに
ほかならないでしょう。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/2561/lig.html

335 :宮本伝太夫:2007/11/25(日) 22:44:30 ID:FHF2LXtX
宇宙よ、めこすじの風は吹いているか?

336 :宮本伝太夫:2007/11/26(月) 19:01:22 ID:Swt/IvLv
ビッグバンって神様からの申し伝えだったんだって。
神の聖堂で神様が神様の息を吹き込んだ風船を割ったんだって。
その割れた風船のことがビッグバンで、
割れた風船から闇の宇宙が広がったらしいよ。
その宇宙をかき混ぜて創ったのがアンドロメダ星雲で、
アンドロメダ星雲が宇宙の中で一番古いらしい。
そして太陽は闇の宇宙を減圧してお創りになられて、
星々は闇の宇宙を加圧してお創りになられたらしい
そして、闇の世界の宇宙は広がり続けて、広がった闇の宇宙の中の,
様々な星雲は、様々な神がお創りになられ続けているらしいよ。
だから宇宙は今でも広がり続けているんだって。

神様は男でも女でもないんだって
そして神様は、ご自身のことを、
ぼくってお呼びになるんだって。


337 :サンコウチョウ:2007/11/27(火) 09:55:12 ID:Fn4ENPqO
仮に光子に質量があればエーテル概念は復活する。なぜなら太陽系は膨大
な光子で満ち溢れている。ロシアで光子帆船の計画があった。光子の質量
は物理学上の大論争となっている。

338 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/11/27(火) 11:09:01 ID:S6bmo2HL
この世は奇跡の空間だね
魔法で作ったとしか思えない

光に質量が無いこと
真水が透明なこと・・・云々

339 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/11/27(火) 11:21:39 ID:sszXz7r1
30代妻の?求不満…Hレスで?く体…お願い…
http://%61v.%62log5566.com/images/


巨根男優?セルシオ渡辺!
http://%61v.%62log5566.com/images/


340 :惟神塾へ最終章:2007/11/27(火) 14:16:37 ID:k/zbN1Z/
 天地のことわり
 天地の理書き記すぞ。現界は物の液体、物の固体、物の気体、物の気から出
来ているぞ。霊界は霊の液体、霊の固体、霊の気体、霊の気から出来ているぞ。
 死ぬか生きるかは人民ばかりでないぞ。神々様も森羅万象のことごとくが同
様であるぞ。暫くの生みの苦しみ、八の世界から十の世界になるのであるから、
今までの八方的な考え方、八方的な想念や肉体では生きていかれんのであるぞ。
十方的想念と肉体でなくてはならんぞ。
 太陽は10の星を従えるぞ。原子も同様であるぞ。物質が変わるのであるぞ。
人民の学問や智では判らん事であるから早う改心第一ぞ。二二と申すのは天照
大神殿の十種の神宝に魂を入れる事であるぞ。これが富士の仕組み、七から八
から鳴り鳴りて十となる仕組み、なりなりてあまる鳴門の仕組み。
 何もかも前つ前つに知らしてあるのに、人民は先が見えんから言葉の含みが
判らんから取り違いばかり、国土の上は国土の神が治らすのじゃ。世界の山も
川も海も草木も動物虫けらも皆この方が道具に数で創ったのじゃ。愈々が来た
ぞ。国常立が国尋立となるぞ。
 地は黄であるぞ。真中であるぞ。天は青であるぞ。黄と青と和合して緑、赤
と和して橙となり、青と赤と和して紫となる。天上、天下、地下となりて、六
色となり六変となり六合となるのじゃ。更に七となり八となり白黒を加えて十
となる仕組み。
 横の十の動きがクラゲナスタダヨエルであり、縦の十の動きがウマシアシカ
ビヒコジであるぞ。十と十と交わり和して百となり九十九と動くのぞ。過去も
未来も霊界にはない。今があるのみ、これを中今と申すぞよ。竜宮の乙姫殿、
日の出の神殿、岩の神殿、荒の神殿、風の神殿、雨の神殿、暗劔殿、地震の神
殿、金神殿の九柱なり、総大将は国常立大神なり、救世神は素盞鳴大神なり。
このこと判りてくだされよ。教はなくなるぞ。元の道が光り輝くぞ。これを惟
神の道と申すぞ。


341 :惟神塾へ最終章:2007/11/27(火) 14:19:01 ID:k/zbN1Z/
 正神からの頼み事
 一番尊い所(日本)一番落としてあるのじゃ。この事判りて来て天晴れ世界唸
るのじゃ。落した上に落してもう落す所無い様にして上下引っ繰り返るのじゃ。
この道難しい道でないぞ。欲離れて、命離れてなる様にしておりて下されたら
それでよいのじゃ。またまた俘虜になる者沢山あるなれど(太平洋戦争)、元に
帰って又盛り返して来るなれど、またまた繰り返すぞ。次に又捕へられる者出
て来るのざぞ(ハルマゲドン)。次は酷いのざぞ。神の国は誰が見ても、どう考
えても、二度と立ち上れん。人民皆外国につく様になってこの方の申した事、
神示に書かした事、皆嘘ざと申す所まで世が落ちてしもうてから始めて神力現
れるのざぞ。
 世界中総掛りで攻めて来るのざから、一度はあるにあられん事になるのぞ。
大将ざからとて油断出来ん。富士の山が動くまでにはどんな事も耐えねばなら
んぞ。上辛いぞ。どんな事あっても死に急ぐでないぞ。
 実地の大峠の愈々となったらもう堪忍してくれとどんな臣民も申すぞ。人民
には実地に目に物見せねば得心せぬし、実地に見せてからでは助かる臣民少な
いし神も閉口ぞ。酷い所程身魂に借銭あるのじゃぞ。身魂の悪き事している国
程厳しき戒め致すのであるぞ。毒にも薬にもならん人民草木に替えてしまうぞ。
 この行は身魂を磨いておらぬと越せぬ、この世始まって二度とない行である。
この行が出来ねば灰にするより外ないぞ。
 向うの国幾ら物ありても、人ありても、生神が表に出て働くのざから、神無
き国は何れは往生ざぞ。この神の申す事よく肚に入れて、もうかなわんと申す
所堪えて、またかなわんと申す所堪えて、愈々どうにもならんと言う所堪えて
頑張りて下されよ。神には何もかもよく判りて帳面に書き留めてあるから、ど
こまでも死んでも頑張りて下されよ。その処まで見届けねば、この方の役目果
たせんのざ。可哀そうなれど神の臣民殿、こらえこらえて誠どこまでも貫きて
下されよ。誠の生神がその時こそ表に出て、日本に手柄さして、神の臣民に手
柄たてさして、神から厚く御礼申して良き世に致すのであるぞ。万劫末代まで
名の残る様にして、この世の神とするぞよ。神々は楽隠居するなり。


342 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/11/27(火) 21:31:07 ID:???
> ロシアで光子帆船の計画があった。

もしかして光子に質量がないと光子帆船は推進されないと思ってるのか。

343 :惟神塾へ最終章:2007/12/03(月) 13:01:18 ID:2O2W9L6D
 なぜに答えられないものは真実ではない
 なぜ阪神大震災で亡くなった人は死ななければならなかったのか。それが運
命だと言う人がいるが、なぜそんな運命になったのか。風向きが急に変わって、
下敷きになった人が九死に一生を得て、焼死を免れている。単純に運の良し悪
しで片付けられる問題ではない。人間は災難に遭う時には、その予兆や胸騒ぎ
が起きるものである。これは守護神の働きである。災難で亡くなった人は神の
守護からはずれていたのである。この人達は悪業の程度によって、人間やり直
しをさせられたり、動物に生れ変わるのである。動物虫けらを殺す事は人民の
先祖を殺す事である。
 なぜカラスは死骸を残さないのか。姿を隠しても、犬等に臭いで見つけられ
て食われて、骨だけは残る筈である。野生の動物は事故死を除いて、一定の時
がくると屍解(しけ)の方法をもって霊・肉共に霊界に入ってしまうのである。
仙人も死体を残さずにまかった。これは神が醜い姿をさらさない様にと言う愛
情の行為である。神の御旨に従って生きている物には神の愛情が注がれる。
 その人民に罪報なくしても罪報負う事あるぞ。人類の罪報は人類の誰かが負
わねばならん。一家の罪報も同様ぞ。善人が苦しむ一つの原因であるぞ。神の
大きな恵みであり試練であるぞ。愛するものほどその度が濃いほど、魂が入っ
ているのじゃ。
 砂糖を薬だと信じ込ませて飲ませると、薬と同じ効果が現れる。これを暗示
効果と言う。青い雨蛙が現れると突然変異と言う。薬が効くのは薬理作用だと
言い、雨蛙の緑色は遺伝だと言う。それを否定する現象が起きても、あくまで
も科学で押し通そうとする。なぜ暗示で薬理作用が働き、自然に遺伝子が変わ
るのか。生物が異常発生するのは、土や草木から湧いてくるからである。迷信
と言われるものに真実があり、科学と言われるものに迷信がある。継ぎはぎだ
らけの嘘の科学と歴史に騙されて、まだ気付かんのか。これほど誠を申しても
疑う者には悪霊が憑依している。


344 :惟神塾へ最終章:2007/12/03(月) 13:09:35 ID:2O2W9L6D
 学の鼻高の鼻を折らねば神承知出来ん
 鶏の卵の黄身のとろとろの液体から、まさか鶏の体が出来るとは思うまい。
 遺伝子は身体の設計図であり、細胞分裂によって同じ細胞を作る為のもので
あるが、その器官を組み立てているのは神の働きである。なぜ細胞分裂した同
じ細胞が心臓となり、骨となるのか。その決定因子は遺伝子ではない。この事
は二つに細胞分裂した物を二つに切断しても2羽の鶏になる事から証明出来る。
 自然薯は固い赤土の中で大きくなる。芋は周りの赤土を押し退けて成長する
のではない。周りの赤土を体内に取り込んで変化させて芋の体にしているので
ある。だから水や土から虫が湧くのは何の不思議でもない。言霊が遺伝子とな
り、物に魂が宿ればそうなる。
 死骸を残さない物は烏だけではない。鼠も雀もその他野生動物も残さない。
でなかったら至る所骨の山となる。中国の仙人の遺骸をお棺に入れて置くと、
服だけ残してもぬけの殻になった事が文献に書かれている。
 人の身体は一つの細胞から細胞分裂して60兆個もの細胞から出来ている。
細胞は細胞分裂しながら老化して行く。しかし、女性の卵子細胞は生まれたて
のように若い。卵子細胞は細胞分裂して出来た物ではなく、新しく生まれた物
である。がん細胞も同様である。誰かが、がんは遺伝子の異常で細胞分裂を繰
り返すと反論していたが、遺伝子は設計図であり、成長した体には用済みで、
只新陳代謝時の細胞分裂に使われるのみである。老化した細胞にはそんな活力
はない。子供の成長が早いのは細胞に活力があるからで、老人のがんの進行が
遅いのは栄養補給が滞るからである。
 坂本竜馬は正神の使命を果たした
 坂本竜馬は薩長同盟と大政奉還の大業の使命を果し、メーソンと結託した土
佐藩によって暗殺された。竜馬の影武者役の勝海舟が鉄砲で撃った後、土佐藩
士らが斬殺した。日露戦争の最中、昭憲皇后の夢枕に白装束の竜馬が現れて、
日本海海戦で日本が勝利する事を告げたと言われる。竜馬は亡くなって、この
世の神となって正神の御用を務めたのである。 


345 :惟神塾へ最終章:2007/12/07(金) 13:35:15 ID:H4YjUWyU
 科学を神智学で見ると
 電子は永久にスピンしており、スピンよって磁気エネルギーを放出している。
すると電子は無限のエネルギー源となり、エネルギー保存則と食い違う。科学
は根本的に間違っている。
 物質は中性子と電子と気(量子)から出来ている。中性子が崩壊して電子に、
電子が崩壊して気に分解する。無数の素粒子は崩壊途中の物であり、大小様々
である。ウランが崩壊して鉛に原子変換するのと同様である。神の見えざる手
によって崩壊した物が合成されるのである。
 宇宙は外側を膜で閉ざされた空間であり、空間には気が充満して絶えず運動
している。電子密度の低い原子核内の中性子を正電気が帯びていると言って陽
子と呼んでいる。原子核内に働く力、電気力、磁気力、重力等あらゆる力は気
が作り出している。陽電子は電子の霊体で逆の働きをする物である。
 電子は気と干渉するから波と錯覚される。光は気の波動で、その振動によっ
て時間が生まれる。気とは神霊子と呼んでもよい。
 大きアジアの国々や島々八十の人々と手握り合い神国の、光輝く時来しと皆
喜びて三千年神の御業の時(平和の祭典北京オリンピック)来しと、思える時ぞ
神国の真危き時なるぞ。夜半に嵐のどっと吹く、どうする事もなくなくに。手
足縛られ縄付けて、神の御子等を連れ去られ、後は老人不具者のみ。女子供も
ひと時は神の御子たる人々は、愈々暗い臭い屋に暮らさなならん時来るぞ。宮
は潰され、御文皆火にかけられて灰となる。この世の終り近づきぬ。
 日の光を七つと思うているが八であり、この世は八つの世界に分かれており、
物の固体、液体、気体、気と霊の固体、液体、気体、気である。それぞれの世
界に神と人がいて、人の中に又人がいて限りないのである。その中心に元神の
分霊がいて、八人の人によって生きている。この世では人が神であり、あの世
では人の心を肉体としての人がいるのである。


346 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/12/28(金) 16:16:14 ID:???
よく経済学者の予測は当たらないと言われる。
しかし、もし経済学者がその数学と論理を物理学に全面的に依存しているならば、
経済学者の予測は当たらないと言える。
なぜなら物理学の辞書に負債の文字はないからだ。

347 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/12/28(金) 16:17:37 ID:???
(基礎)物理学は力学の基礎方程式の正負の解の一方を否定している。
それに対し、基礎方程式の正負の解に完全に対応しているのが生命系なのだ。
それゆえ物理学が生命系を語ることは原理的に不可能である。
ところが、驚くべきことに、生命系が物理学を語ることは可能なのである。
なぜなら生命系は力学の基礎方程式の正負の解に完全に対応した系なのだから、
より普遍的であるからだ。

348 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/12/28(金) 16:19:45 ID:???
物理学では正の質量、エネルギーを絶対視し、その対極にある負の質量、エネルギーを否定している。
しかし生命系、すなわち経済の世界においては債務者(−)なくして債権者(+)はありえない。
銀行は借り手がいなければ成立しない。
否、銀行の資産そのものがある意味預金者に対する負債である。
つまり資産と負債は表裏の関係にあり、絶えず往還している。
それゆえ高値を誇っていた株券や紙幣が、一夜にして紙屑同然の事態に陥いるのだ。

349 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/12/28(金) 16:21:32 ID:???
物理学と経済学の違いの二つ目は、経済においてはその力、源が明確であることだ。
すなわちそれはわれわれの身の回りに流通しているお金、マネーである。ある意味マネーエーテルと言ってもよいだろう。
お金で幸福は買えないとしても、現実の世界はお金によって動き動かされていることも事実なのだ。

お金は時間と空間の量子でもある。
すなわちお金さえあれば望む場所に居をかまえることができる。
NASAと折り合いがつけば月にさえその身を置くことができる。
そしてお月見ならぬ、お地球見という時間を享受できるのだ。

350 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/12/28(金) 16:22:39 ID:???
ではお金のない者にとってはどんな時間が流れるのか?というと虚時間が流れるのである。
若者なら誰しも高級スポーツカーを買い、隣りに彼女を乗せ、街中を疾駆したいと想うだろう。
そして暇さえあれば車をピカピカに磨き上げる。
しかしもしその若者にまとまったお金が入ったならば、実際にその車を買うかもしれない。
まさにお金は虚時間を実時間に変えてくれるのである。

351 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/12/28(金) 16:24:17 ID:???
さて、経済の世界においてはまとまったお金がない者も、
例えば住宅ローンを利用することで何千万もする家やマンションを購入できる。
そしてその場合資産と負債が対生成する。
しかしこの何気ない行為は物理学の立場からすれば不思議なことである。
なぜなら月々十万前後の資金しかない者が何千万という金を用意するには何十年という歳月が必要だからだ。
つまり本来何十年後の未来の出来事が、何十年前に時間を遡って実現される。
あたかもタイムマシンのように。
もちろんこの時間反転は物理学の概念ではなく、ましてやSFに登場するタイムトラベルでもない。
現実の世界そのものなのだ。

352 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/12/28(金) 16:26:54 ID:???
≪経済の世界におけるワームホール≫

−の世界 +の世界
    ┌──┐
負債  │  △
─↓──0──↓─
 ▼  │  資産
 └──┘

住宅ローン、すなわち借金はある意味遠く離れた時空の2点間を繋ぐ秘密の抜け道、
すなわちワームホールである。
つまり禁断のゼロ点というワームホールを超えることにより、未来へとワープできる。

353 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/12/28(金) 16:31:12 ID:???
ところでなぜ物理学は負の質量(エネルギー)を否定しているのか?
それは物理学の論理を図で表すと一目瞭然である。
 ≪物理学の論理≫
  −E │ +E
     │
  ←● ← ←○
 ────┼────
 -∞ -χ 0 χ +∞

上図のように正のエネルギーをもったモノはより安定な地点を求め、ゼロ点へと向かう。
しかしゼロよりエネルギーの低い負のエネルギーの世界が存在すれば、
あらゆる全てのモノはマイナス無限大の底なし穴に落ちていくとされる。
もちろんそのような現象は存在しないのだから、
負のエネルギーは存在しない、というのが物理学の論理である。

354 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/12/28(金) 16:39:35 ID:???
 ≪経済学の論理≫
 −の世界│+の世界
     │
  ●→ │ ←○
 ────┼────
 -∞ -χ 0 χ +∞

さて、もし物理学の論理を経済に当てはめるならば、
どこかに「金を返さなくてもいいから金を借りてくれ」という金融機関がオープンしたようなものだ。
すると人々は殺到し、押すな押すなの大騒ぎになるであろう。
もちろんその金融機関が明日も営業している保証はない。
しかし、言うまでもなく経済学は物理学の論理を採用していない。つまり借金、
すなわち負エネルギーのベクトルは正エネルギーと同じようにゼロ点を向いている。
実際借金した者は月々その絶対値の数値を減らさなければならない。
では借金した者が支払い不能になった時はどうなるのか?
それは破綻なのである。
そしてそれが現在世界の経済を揺るがしているサブプライム問題であり、
負債(負エネルギー)を知らない物理学者に突きつけられた現実である。

355 :裸の王様:2007/12/30(日) 08:18:22 ID:suJBn8F4
惑星光行差という現象はエーテルの存在(静止の基準の存在と言っても
いい)の証拠そのものじゃないですか。

また、星から時々刻々放たれる光は球面波として空間を拡がってゆきます。
遠くから見ればそれは球状(英語では light sphere)です。その星が惑星で
あるとして、光が物体と同じように拡がってゆくのならば、球の
幾何学的中心は惑星の軌道から外れてしまうでしょう。惑星は軌道上に
あると見えないでしょう。これは惑星光行差とはまた別のこと。

確かな証拠はほかにもいくつか。みんなぼんやりだねえ。

356 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/12/30(日) 08:47:27 ID:8kdR70rp
>惑星は軌道上にあるとは見えないでしょう

ていうか100光年先の星は0〜100年前に爆発して跡形も無くなっている可能性もあるし、
そんなのは小学生でも納得して天体観測してるし。

あんたぼんやりだねえ。

357 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/12/30(日) 09:39:40 ID:???
> 惑星光行差という現象はエーテルの存在(静止の基準の存在と言ってもいい)の証拠そのものじゃないですか。

なんでこんなに馬鹿なのかな。
じゃあ光行差から「静止の基準」に対する速度を測定する方法を述べて見れ。


358 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/12/30(日) 22:45:18 ID:9aOhLHUC
宇宙ではエーテルの風が吹く事は証明されていることだろ?

NASAのアポロ計画で、星条旗が靡いていたではないか。
真空の宇宙で旗が靡く原因は、旗がエーテルの風を受けるからである。


お前ら馬鹿過ぎ。

359 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/12/30(日) 23:19:23 ID:vd2Mmsay
あれはスタジオ撮影されたものなんだよww
お前そんなことも知らんのwww

360 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/01/02(水) 18:20:17 ID:+uHkASsn
単なる思考実験

361 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/01/11(金) 21:21:50 ID:???
                           ,,==二==、、
                          /       ヾヽ
                                   ヾヽ
                       _. .─:─-、_     l l
              ,-‐: :  ̄: : `:‐´: : : : : : : : : : : :ヽ    | /
            /:_:_: : ‐: : : : : : : : /: : : : : : : : : :`:ヽ.」/
          -´‐´´  /: : : : : : : /: : /: /: : : : : :, : : : : : : : :ヽ
                /: : /: : : : :/: :/l : :l : : : : :/l: : : : : : : : : : :ヽ
             /: : :/: : : : /: /-´┤、/: : : :// l: :l: : : : : : 、: : : :ヽ
                / // : : : : /: :/:/  l: /l : : : / ┤A: : : : : : :l: : : : :l
           '´  l : : : : /: /l/、__|/ l : : :/  l l l`:、: : : : :V: : : :l
                 l: : : : :l: :/l |T::::::::ト l: : l   l:l ヽ: : : : : : ヽ: : :l
              l: : : /:/: :l l lo::::::l  V:/  テ'ミ=、」、: : : l: : l: : l
                l: : :/ l/.: :l  辷り  V   b:::::::::://〉: : :ト: : l: /
               l: /  l l: :l     、 `  辷:::り/ /ヘ: ::ハ: l/
  ( ̄\        V    l:/: 、    ,、,、__     . l:ハ: :ノ: ヽl
   \_ `‐、,‐             l/: : :`>、_ `─ '     ,/:/: : l/: : :l`
( ̄ ̄` ‐' ,/ , \        l: : : : //: :`>,‐-─,<:´: :/: : : ハ: : : l
  ̄ ⊃ , ‐,`    l_      /: : : : :/- '´,-'    l, ヽ: /: : : :ハ: : : :l
. r ´, ‐、 ィ     l , ヽ    l : : : :/  /_  /  /: : : :く: : l: : : ヽ
.`‐´    フT  //、   /l: : : /  /   >´ /: : : :/==ヽ: : : :ヽ
     /  冫' //,l  /  l: : イ  /  /  /: : : : /彡彡=l : : : : ヽ

362 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/01/12(土) 00:06:23 ID:???
囲碁の劫による光子モデルに基づけば、光子一個は空間の最小単位である。
さらに時間の最小単位でもある。
すなわち時間とは何か?という問の最終解答は、
劫を取られた側が劫を取り返す行為なのである。

363 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/01/12(土) 00:08:40 ID:???
陽電子   電子
 ●    ○
●○●  ○●○
 ●    ○
  \  /
   ●○
  ●○●○
   ●○
   光子

 ○     ○
○●○ → ○B○
●A● ← ●○●
 ●     ●
 ≪無限ループ≫
劫はA、Bに石を置くことで互いの地を無限回往復する。すなわち白、黒、白、黒、…
劫は数学的にメビウスの帯(クラインの壺)である。すなわち表、裏、表、裏…
さらに論理学的に嘘つきのパラドックスでもある。すなわちある言及が真、偽、真、偽…
さらに力学的にバネであり、電子回路におけるコンデンサである。

劫はワームホールでもある。すなわち瞬時に空間と時間を反転(移動)する。
つまり、勝っている状態から負けている状態に、表であったものが裏に、
真であったものが偽に、というように対極にある状態を行き来するのだ。

364 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/01/12(土) 00:11:58 ID:???
光子の反粒子は光子自身という描像が正しければ、囲碁の劫は光子モデルそのものである。
つまり光子、すなわち劫は互いに過去と未来を往還している。
その意味では宇宙が光子エーテルで満たされているとすれば
正負の時間の流れが相殺され、一方的な時間の流れは生じない。
では何故われわれは、時間が過去から未来への一方向しか流れていないと認識するのか?
すなわち時間の矢は何故存在するのか?
次にそれを説明してみよう。

365 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/01/12(土) 00:14:11 ID:???
一枚の用紙を用意する。
さて、仮に紙の素材が囲碁の劫で出来ているとしよう。
そしてその劫を全て白地側にセットしたとすると紙は真っ白になるだろう。
□□□□□□
□□□□□□
□□□□□□
□□□□□□
□□□□□□
□□□□□□
□□□□□□
すなわち、プラス無限大の背景空間である。

逆に全ての劫を黒地側にセットすると紙は真っ黒になる。
■■■■■■
■■■■■■
■■■■■■
■■■■■■
■■■■■■
■■■■■■
■■■■■■
すなわちマイナス無限大の背景空間である。

366 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/01/12(土) 00:18:45 ID:???
時間というものが劫を取られた側が劫を取り返す行為(対称性の回復)とすると、
白い紙に黒いインクで文字を書く行為が時間の流れである。
□□□□□□
□■■■■□
□□□□□□
□■□□□□
□□□□□□
□□□□□□
□□□□□□
   ↓
□□□□□□
□■■■■□
□□□□□□
□■■■■□
□□□□□□
□■■■■□
□□□□□□
もしこの紙が重要書類でなければ屑かご行きだ。

367 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/01/12(土) 00:21:56 ID:???
しかし省資源に協力し、メモ用紙として利用すると
□■■■■■
■■■■■■
■■■■■■
■■■■■■
■■■■■■
■■■■■■
■■□□□□
となり、最終的に
■■■■■■
■■■■■■
■■■■■■
■■■■■■
■■■■■■
■■■■■■
■■■■■■
となり、もはや黒い紙に黒いインクで文字を書くことは闇夜のカラスで判読不能である。

368 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/01/12(土) 00:24:19 ID:???
では今度こそ屑かご行きなのか?いや、そうでもない。
つまり真っ黒い紙があたかもエントロピー無限大なのは黒いインクで文字を書こうとするからだ。
しかし、インクの符合(色)を黒から白に変えたなら、
■■■■■■
■□□□□■
■■■■■■
■■■■■■
■■■■■■
■■■■■■
■■■■■■
文字が書けるではないか。
つまり、黒い紙に黒いインクはエントロピー無限大状態であるが、
白いインクにとっては黒い紙は今度は広大無辺の大地なのだ。

以上述べたのは一枚の紙をそのように使え、という意味ではない。
実際紙は使えば劣化する。
ようするに空間(時間)反転の対称性を述べたものである。
実際、ディスプレイに文字を表示する場合、背景が白であろうと黒であろうと構わないはずだ。
要は好みの問題だ。

369 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/01/12(土) 00:26:19 ID:???
ところで一枚の紙を折ったり手でもむと折り目やシワができる。そしてそれは保存される。
しかし紙が劫で出来ていると、一枚の紙は一瞬にしてゴム膜に変わるのだ。
ゴム膜を折っても手でもんでもシワは残らない。なぜならゴム膜が高い対称性をもっているからだ。
それが劫、メビウスの帯、嘘つきのパラドックスの特徴である。
ゴム膜と水面は同じ性質をもっている。
例えば船が去った後、航跡がいつまでも残らないのはそのためである。
すなわち劫はゲージ粒子なのだ。

370 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/01/12(土) 00:33:40 ID:???
水面にアーチ状に湾曲させたアルミ片を浮かべると、水面は表面張力で歪む。
その場合2次平面の特質として2つの方向に歪む、すなわち上と下。
そして同じ方向に歪んだモノ同士はくっつき、違う方向に歪んだモノ同士は反発する。
すなわち水面のような2次平面には必然的に引斥力が存在する。

 ̄ ̄∨ ̄ ̄∨ ̄ ̄
  →引力←
 ̄ ̄ ̄∨∨ ̄ ̄ ̄
   →←

__∧__∧__
  →引力←
___∧∧___
   →←

   斥力
    ∧___
 ̄ ̄ ̄∨
   ←→
    __ ∧__
 ̄ ̄∨
   ← →

371 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/01/12(土) 00:36:12 ID:???
水面は本来極めて高い対称性をもっている。それゆえ水面は鏡を磨いたようにまっ平らなのだ。
しかし水面は異物に対し、表面張力により歪む能力がある。
同様に、われわれの実空間も物体に対し歪む能力があるとするなら、
それを空間張力(スペーステンション)と呼ぶことにしよう。
つまり、重力とは空間が空間張力を常に最小にしようとする行為に他ならない。
そして同じ方向に歪んだモノ同士には歪みを最小にしようと重力が働き、
歪みの方向が違うモノ同士には歪みを保存しようとして反重力働くのである。

372 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/01/12(土) 00:38:33 ID:???
次に実空間が歪む様子を考える。
ところで、囲碁の実戦において、劫を取られた側は一度他の場所に石を置かなければ
劫を取り返せないというルールがある。
つまり劫を取られた側はすぐにも取り返したいのであるが、一時的であれ一方の地にセットされる。
そして物質の周りの光子も非対称に励起されるとすれば、
それが空間張力のメカニズムである。

   ○    ●
 ○ ● ○ ● ○ ●
  ●○●  ○●○
   ●    ○
 正の質量 負の質量

物質が空間を歪ませるということは、ゼンマイを巻き上げた状態であり、
物質は空間を歪ませている分の時間を貯め込んでいるということである。

   ○      ●
  ○ ● ○   ● ○ ●
  ●○●    ○●○
   ●      ○
  ○○○    ●●●
 ○●●●○  ●○○○●
 ○●●●○  ●○○○●
 ○●●●○  ●○○○●
  ○○○    ●●●
   ●      ○
  ●○●    ○●○
  ○ ● ○   ● ○ ●
   ○      ●
  正物質    反物質

373 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/01/13(日) 20:36:44 ID:???
なにこの新手の十二指腸

374 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/01/13(日) 20:45:33 ID:???
相手にしないほうがいい。

375 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/01/19(土) 13:55:55 ID:???
それにしても「場」とは訳の分からない概念だ。
量子論の本を読むと、場とは空間の各点に定義された量のことらしい。

 ・・・  →→→
 ・・・  →→→
 ・・・  →→→
 スカラー ベクトル

例えばそれが温度のようなものならばスカラーであり、
それが流体のように方向性をもてばベクトルであり、テンソルなる量もある。
なんのことはない、場は媒質そのものではないか。媒質と場は何が違うのか?
その意味においては電磁エーテルが光速度不変に抵触し、
なぜ電磁場が光速度不変に抵触しないのかが分からない。

376 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/01/19(土) 13:58:06 ID:???
もちろん両者には明らかな違いがある。
場は連続体である。
すなわち時間も空間も電子も光子も素粒子も大きさをもたない点の集まりだ。
それに対し媒質は原子・分子の集合体なのだから離散的である。
すなわち構造体としての点(最小単位)の集まりである。
それゆえ場の量子論には無限大の困難がつきまとうが、媒質はその限りではない。
媒質は無数(有限個)の画素(ドット)からなるディスプレイのようなものだ。
それに対し場が連続体であるということは、例えば時空を量子化しようとする行為は
画素の無いデジカメ、あるいは無限個の画素をもつデジカメを求めるに等しい。
しかしそんなデジカメはどこにも売ってないし、今後開発される見込みもない。

377 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/01/19(土) 14:00:07 ID:???
場は生成消滅の空間でもある。すなわち

反粒子  粒子
 ●←0→○ 対生成
   ↓↑
 ●→×←○ 対消滅

しかし同じ議論をするなら媒質も、
例えば水は水素と酸素を対生成し、点火するとエネルギーを放出して対消滅する。
さらに電荷レベルで見れば水素イオン(+)と水酸イオン(−)が対生成し、
再び結合して水(±0)に戻る。

つまり、生成消滅の空間であるという意味では場も媒質も同じである。
しかし違いもある。

378 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/01/19(土) 14:06:11 ID:???
媒質は存在するモノであって非存在ではない。
例えばマジシャンが、シルクハットから鳩を出したり消したりするのはテクニックによるものであって、
実際に虚空から出した訳でも、虚空に消し去った訳でもないのと同じだ。
しかし場が存在と非存在の間を揺れ動いているならば、物理学者が演じるマジックは、
種も仕掛けもない文字通り虚空から鳩を出したり消したりしていることになる。
だとしたら場とはオカルト的な世界である。

379 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/01/19(土) 14:08:06 ID:???
化学者はどす黒い原油からプラスチックや化粧品等の各種製品を造る。
生物はその辺の土くれから自らの体をつくり、やがて土に還る。
塩素もナトリウムも猛毒であるが、それが塩という形をとると人間にとって必須のモノとなる。
つまり化学者は電荷にはプラスとマイナスがあることを知っているがゆえに、
モノを出したり消したり変化させることができるのだ。

コップ一杯の水には想像を絶する量の+と−の電荷が満ちている。
しかしそれが水(分子)である限り±0である。すなわち媒質とは±0の世界である。
そして対称性が破れると正負の時間(エネルギー)が生じ、流れ(対称性の回復)が生じ、
それぞれの場(媒質)に適した形態が存在する。
ところが物理学者はマイナスの質量を知らないという。

380 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/01/19(土) 14:09:41 ID:???
この世に−の質量がないということは、本来+の質量を相殺すべき物理量がないということだ。
つまり物理学者は、マジシャンや化学者のように見かけ上モノを出したり消したりする
魔法の杖をもっていないことになる。
もっとも物理学者が魔法の杖を手に入れるチャンスはあったのだ。
すなわち負エネルギー解に伴う反粒子の発見である。
ところが物理学者は負エネルギーは意味のないモノとみなし、
反粒子はあらゆる性質は正粒子と反対であるが、質量だけはどちらもプラスとした。

まるでお経を書き忘れた耳なし芳一の耳のようなものだ。
ならばそれはいずれ亡霊に引きちぎられる運命にあることだけは間違いない。

381 :a crawler:2008/01/20(日) 08:37:49 ID:???
下記のサイトのアニメ(光の波の)はおそらく正しい。
もし、正しければエーテルが存在する!!

http://www.extinctionshift.com

382 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/01/28(月) 20:53:42 ID:???
多分エーテルは存在してもゆるされると思うが
光に対して風は吹かないとするべきであるから、べつの理屈を出せ

383 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/04(月) 11:46:27 ID:???
観測問題、例えばマクロ系の物体は客観的観測ができるがミクロ系の対象はつねに擾乱を伴う。
という概念には仕掛けがある。すなわちスケール不変性を破るというトリックだ。
それはどういうことかと言うと、ある特定の文字だけ拡大、縮小されないコピー機のようなものだ。
仮に都市のミニチュアセットがあったとしよう。
その傍らにゴジラのぬいぐるみを着た人間が立っていたとしても違和感はない。
なぜならビルとゴジラは同じスケールだからだ。
しかし生身の松井選手が立っていたとしたら明らかに不自然である。
なぜなら人間はビルより少なくとも一桁小さいからだ。
観測問題もそれと同じである。

384 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/04(月) 11:48:02 ID:???
すなわち観測問題においてスケール不変性を破っているのは観測手段である光子である。
つまり、観測問題においてはマクロ系にも光子を使い、ミクロ系にも光子を使っているのだ。
もっとも光子というものが、
マクロ系、ミクロ系に対し中立的立場にあるのならばとやかく言うつもりはない。
しかし実際はそうではない。
なぜならミクロ系の住人である電子と光子はどちらも素粒子であり仲間であるからだ。
しかしわれわれが認識する外界は原子が無数に集まったモノであり、素粒子とは階層が違う。

385 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/04(月) 11:50:28 ID:???
それゆえマクロ系においては客観的観測ができるが、ミクロ系に対しては常に擾乱を伴う、というのは
バットでボールを叩くとあらゆる方向に飛んでゆく可能性があるが、
バットで地面を叩いても地球はびくともしない、と言うようなものだ。
相手のエースの球を打てなくて思い悩む四番バッターはいても、地球を動かせない
と嘆く強打者はいないだろう。この命題に挑んだのはアルキメデスぐらいなものだ。
だが、だからと言って地球が永遠に不動であるとは限らない。
すなわち地球に同じスケールの何か、つまり天体をぶつければ地球といえども影響を受ける。

例えば、仮想的に彗星なり小惑星なりの軌道を変えて月にぶつけたとしよう。
すると当然月には昨日までなかった巨大なクレーターができるわけだから、
百科事典の出版社は改訂版を出さなければならないだろう。
そして一発の砲撃が月を太陽系の藻屑と化してしまうかもしれない。
そしてその時に放出された重力波を観測する事によってわれわれは、
ついさっきまでそこに月があったことを悟るのだ。
つまり、ネズミであろうと人間であろうと、
電子に光を当てるという方法論でもって月を眺めると、宇宙の姿は劇的に変わってしまうのだ。
かつてアインシュタインが嘆いたように。

386 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/04(月) 11:52:15 ID:???
結局、観測という行為には第一種と第二種の2種類あるということだ。

≪第一種観測≫
電子に光を当てて電子を見ることを観測と呼ぶならば、
われわれが光で外界を認識するのは観測ではない。そもそも夜空を見上げなくとも月を観測できる。
例えば潮の満ち引きを見れば月の存在を確認できる。その場合光を使うが絶対条件でない。
もちろん潮の満ち引きは月の重力場が海水に擾乱を与えたものであることは言うまでもない。

≪第二種観測≫
逆にわれわれが光を使って外界を認識するのを観測と呼ぶならば、電子に光を当てるのは観測でない。
その場合電子や光子、すなわち素粒子ではない階層の異なる何かをぶつけなければならない。
もちろんそのような観測手段があるのかないのか分からない。
どちらにしろ現在誰も知らないのだ。
その観点からすれば例えミクロの世界が不確定性原理に支配されていようとも、
第二種観測で電子を観測したならば、不確定性としての客観的観測が可能だと言うことである。

387 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/04(月) 11:54:17 ID:???
ミクロ系において、例えば電子は観測前は雲のように空間全体に広がっているが、
観測するとある一点で見出される。これを波動関数の収縮という。
そしてそれゆえミクロの世界はわれわれの常識が通用しない不可思議な世界であるという。
しかし媒質の世界においては何の不思議もない。

例えば水を満たしたコップに水素イオンを一個注入したとする。
ではその水素イオンはt時間後にどこにいるのだろうか?
というとコップ全体に広がっているとしか言いようがない。
なぜなら水は水素と酸素の複合粒子なのだから、
水素はコップの中のそこかしこに存在しているからだ。

ならば光子が電子と陽電子の複合粒子であり、光子がエーテルとして真空を埋めているのならば、
水の世界と同じアナロジーが成り立つ。
もっとも光子が電子と陽電子の複合粒子、及び真空が光子エーテルで満ちていると言うのは
飛躍した考えかもしれないが、既存の物理においても電磁場は光子の集団(調和振動子)であり、
光子から電子・陽電子対が生まれたり、又逆の過程が起こったりしているのだから
同じことである。

388 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/04(月) 11:55:43 ID:???
さて、もし水素イオン(すなわち陽子)自身が水の中を移動すれば粒の運動として記述できる。
しかし陽子が近くの水分子にくっつき元の陽子を弾き出す。
さらに弾き出された陽子が近くの水分子にくっつくという過程を繰り返しながら
陽子が移動するならばそれは波動場である。
すなわちバケツリレーのようなものである。
水が入ったバケツを遠くへ運ぼうとする場合、
周りに誰もいなければ自分自身が移動しなければならない。
しかし空間に人間の集団が満ちていたならば、バケツを次々と渡せばバケツは遠くへ運ばれる。
つまり人間自体は空間を移動しない。あるいは微小距離しか動かない。
しかしバケツ(をもった人間)は移動する。
そしてその様子は水の波が、移動するのはあくまでも波の情報パターンであって
水そのものでないと同じである。

389 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/04(月) 11:57:21 ID:???
よく粒と波は対立する概念であり、粒と波の二重性は不可知なことであると言われている。
すなわち空間に局在するのが粒であり、空間的広がりをもつのが波である。
しかしこれはニュートン、ホイヘンス以来の光=粒説=無媒質 光=波説=媒質
というパラダイムをそのまま引きずっているからである。
もし波というものが徹底的に波ならば、ウェーブが起きている競技場の観客席には
観客は誰一人いない、というアナウンサーの意味不明な実況を聞かなければならない。
つまり、われわれの知る限り波の本質は粒(この場合人間)なのであり、
その粒が空間的に広がっているのが媒質なのだ。
それゆえもし心底エーテルを葬り去りたいのならば、
光の本質は粒でないことを証明すればいいだけの話である。
そしてその時に初めてわれわれは、エーテルに対してサヨナラと言えるのだ。

390 :裸の王様:2008/02/05(火) 09:14:29 ID:/qrth1wj
エーテルを検知する思考実験を書いてみます。宇宙船が宇宙空間で静止しています。
もしエーテルがあるのならば、宇宙船はエーテルに対する等速直線運動をして
いることになるでしょう。この宇宙船は光行差観測用の機器を持っています。
この機器を通してある星が見えています。宇宙船がその星の方向(見かけの)へ
運動をするならばその星は見えなくなるでしょう。しかしながら、
ターゲットとする星が天球上での二つの極のいずれかに位置するならば星が
見えなくなることはないでしょう。このことから、エーテルは存在する、
そして宇宙船の対エーテルの運動方向は、この極のいずれかに向かう
状況下に限ってまず明らかになるということが言えるでしょう。
そして極に位置する星の光の波長の測定が直接できるのであれば、
エーテルに対する運動速度が明らかになるでしょう(ガラスを透過後
または鏡による反射後の波長との比較で)。
この先のこともあるのでしょうが省略。

391 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/02/05(火) 15:19:57 ID:???
ちょっとずれてる程度なら、「ああきっと、ここを誤解してるんだな」ってのがあるけど、
強烈な池沼の考えって、ほんとに想像つかないな。
掘り下げても、掘り下げても、すべて間違いの積み重ねで、
どこまで行っても、共通理解できてる部分が「無い」。

392 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/02/05(火) 18:49:51 ID:???
>>391
>掘り下げても、掘り下げても、すべて間違いの積み重ねで、
>どこまで行っても、共通理解できてる部分が「無い」。

例えば?

393 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/02/06(水) 11:59:10 ID:???
>>391
一つでも何か具体的に指摘してみれば
オマイ自身が池沼でないことを証明するいいチャンスだぞ

394 :裸の王様:2008/02/15(金) 08:14:10 ID:???
永年光行差の値を知ること(すなわち、対エーテルの太陽系の運動状態を知ること)は原理的には可能でしょう。
ある星の光の波が真上の方向からやって来て地表面に水平に達しています。地表面上には四つの機器があって
その星の光の波を観測しています。四つの機器が隣り合っていれば四つの機器は同じ波を観測します。
四つの機器が地表面上で東西南北の方向へ離れてゆきます(地球の自転、公転は無視します。
地表の天球に対する向きは不変と仮定)。出発点にはモニターが置かれていて四つの機器が観測する
波のデータが送られてきます(モニターと機器との四つの距離は常に同じ)。
モニターでは四つの波が重ね合わされていますが、出発の時から一つの波を見るように経過して
います。以上のことからその星の光の来る真の方向、天球上の星の真の位置を知ることができるでしょう。
そして見かけの位置との相違から永年光行差の値を知ることができるでしょう。

395 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/02/15(金) 08:52:55 ID:???
その方法で対エーテル速度など計測できない。

396 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/02/15(金) 08:56:04 ID:???
その方法ってのは >>390>>394両方ね。

397 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/02/16(土) 08:48:53 ID:???
永年光行差があるってことは、エーテルがあるってことでは ???

398 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/02/16(土) 11:10:16 ID:???
こいつには何を言っても無駄。間違いを指摘する意味がない。放置しておけ。

399 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/02/16(土) 11:30:59 ID:???
エーテルがあろうがなかろうが、永年光行差は星と地球の相対速度で決まる。

仮にエーテルが存在するとして、下の図のように星と地球が並行に (エーテルに対して) 速度 v
で運動しているとき

  星
  ☆→ v

 

  ○→ v
  地級

地球から見て星は常に、真上に見える。なぜなのかは自分で考えること。

400 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/17(日) 11:47:32 ID:???
われわれの太陽系はニュートン力学が理想的に成立する舞台である。
実際宇宙ロケットの軌道計算は位置と運動量の不確定を標榜する量子論によるものではなく、
ましてや空間の曲がりを考慮した相対論によるものでもない。
ではなぜ太陽系においてはニュートン力学(決定論)が有効なのか。

それはわれわれの太陽系が非生命系だからである。
いや、非生命系というのは言い過ぎかもしれない。
確かに太陽は盛んに活動している。地球の内部ではマグマがうごめいている。
しかし太陽系というシステムは非生命系なのである。メタボリズムが停止した系と呼ぶべきか。

もしわれわれの太陽系が普遍的にニュートン力学で記述できるのなら、
それは誰かが出来上がりの太陽、出来上がりの地球、そして慰みにハレー彗星のような天体を
ピンセットで慎重につまみ、適当に配置し、初速度を与えた故である。
しかし、われわれの太陽系はチリとガスがいわゆる万有引力で凝集したものと言われている。

401 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/17(日) 11:48:42 ID:???
デカルトは宇宙に存在するものを物質なるモノと精神的なモノに分けて説明した(二元論)。
しかし、デカルトは思想おけるフリーズドライを行ったのである。
そしてそのフリーズドライされた空間を最終的に定式化したのがニュートンなのだ。
つまり、ニュートンは一杯のコーヒーをいつでもどこでも好きなように飲めるようにしたのだ。
コーヒーの正しい飲み方はカップの中にお湯を注ぎ込むことである。
そして好みに応じてミルクや砂糖を加える。
同様にわれわれの太陽系を味わいたければ太陽系に水素ガスを注ぐなり、
太陽系を取り巻いていると言われているいわゆるオールトの雲を太陽目掛けて落下させることだ。
(シミュレーション)

402 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/17(日) 11:49:46 ID:???
太陽系に無数の彗星が飛び交うということは、ハレー彗星の回帰が世紀のイベントでなく
見慣れた光景になるということである。
その状況は人類にとって最悪の事態に違いない。
しかし各種天体にとっては干天の慈雨である。
そもそも地球であれ月であれ、そのような獲物を獲得して現在のような体躯に成長したのだ。
そして月のあばたはまさに成長の証しなのである。
以前、シューメーカー・レビー彗星が木星に衝突するという天体ショーがあったが、
あれはまさにカメレオンが長い舌先で虫を捕らえるがごとく、
木星が重力の爪で獲物を鷲掴みにした瞬間をわれわれは目撃したのである。

403 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/17(日) 11:51:09 ID:???
さてそのような状況下において、いわゆるニュートン力学の決定論が成り立つだろうか?
仮に天文学者が日食や月食の予測をしたとしよう。
しかしその間に地球や月には無数の彗星が衝突するのである。
すると当然天体の自己エネルギーや軌道は揺らぐ。
そして日食や月食の予測がハズレるという事態に陥る。
つまり、天文学者は確率や統計のノウハウを学ばなければならないだろう。
そもそも現在の太陽系は太陽系の一生の時系列の一断面に過ぎない。
ならば太陽系には決定論が成り立つ、というのはそれほど自明なことではない。

404 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/17(日) 11:52:25 ID:???
結局われわれの太陽系は中性代、地上をわが物顔にのし歩いていた生きた恐竜ではなく、
大地から掘り出される恐竜の化石なのだ。
われわれの太陽系はジャングルをかき分けていって忽然と現れる古代の遺跡であり、
今では崩れかけた壁を修理する者も誰もいない廃墟なのである。
(もちろん地球のようにダイナミズムを維持している個々の天体はある)
つまり、現在の太陽系においてニュートン力学の決定論が成り立つのは、
かつて満ちていたであろう水素ガスや微小天体がいまや希薄になったからである。

405 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/17(日) 11:54:03 ID:???
よく太陽系の運行をビデオに撮り、逆回ししても状況は変わらない。
そしてそれゆえに運動方程式は時間反転に対し対称であると言われている。
しかし、もしビデオテープに流れ星が映っていたならば、逆回しの映像は明らかに不自然である。
その意味ではチリやガスは時間の素であり、時間の矢なのである。

太陽系はチリやガス(媒質)から生まれ、育まれた。
そもそも媒質が時空そのものであることは明らかである。
例えば水を凍らせると近似的に時間は止まる。そしてそれを利用したのが冷凍食品だ。
あるいは水そのものを取り除いても時間は止まる。そしてそれを利用したのが乾燥食品である。
密封したカップ麺は時間の流れが停止している。
しかし蓋を開け、お湯を注ぎ込むと時間の流れが生じる。もはや食べるしかない。

ようするにわれわれの宇宙に存在するものをミクロ系、マクロ系といった
二色刷りで印刷することは出来ないのだ。
強いて二分法があるとすればそれは生命系か非生命系なのである。

ちなみにミクロ系とマクロ系を隔てる禁断の壁であるいわゆるシュレーディンガーの猫も、
生命系からの視点から見ればその壁は取り除かれるのだ。

406 :裸の王様:2008/02/18(月) 08:04:55 ID:???
太陽向点と太陽背点とを結ぶ直線上を宇宙船が十通りの速度と方向(いずれも
対太陽の)で運動するならば、宇宙船は十通りの永年光行差を観測する
でしょう(噴射した十通りのガスの運動量に対応した)。

太陽系の惑星上それぞれでは、ある星についてのそれぞれ異なった年周光行差が
観測されるでしょう。

光行差が、ドップラー効果が相対運動に原因するなんて妄言・寝言でしかない。
不合理であるがゆえに信じる?じゃあ、さぞや信仰深まることでしょう。

407 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/02/18(月) 08:23:52 ID:???
> 光行差が、ドップラー効果が相対運動に原因するなんて妄言・寝言でしかない。

>>399 の状況で光行差が生じる (星が斜め右にあるように見える) と思ってるとしたら、
それこそ寝言は寝て言えと言うほかない。

> 宇宙船は十通りの永年光行差を観測するでしょう(噴射した十通りのガスの運動量に対応した)。

そりゃそーだ

エーテルがあろうがあるまいが、太陽がエーテルに対して動いてようがとまってようが、そんなこと
は当たり前。

何の根拠にもならないことを言って、それで人の言うことを「寝言」呼ばわりしようなんて、
お前どこまで腐ってるんだよ。早く死ね、カス人間。

408 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/02/18(月) 09:55:34 ID:???
こいつきっと通俗解説書に挑戦して初めの方読んだだけで脱落したんだろ。
本の書き方がまずいとか、著者が予想してるレベルの知識を持ってなかったとか
脱落するのは仕方ないけど、そのあとがなあ。とにかくクズだ。

409 :裸の王様:2008/02/19(火) 09:39:46 ID:1oSn2/SL
相対運動による説明は理解困難です。年周光行差を相対運動で説明するためには、対象とする星の楕円運動を
想定しなくてはなりません。対象とするほかの星がより遠くにあるならば、より大きいスケールの楕円運動を。

410 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/02/19(火) 10:13:39 ID:???
あなたには 主体性速度 を勉強することをすすめます。

411 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/19(火) 20:18:32 ID:???
シュレーディンガーの猫はミクロ系とマクロ系を隔てる禁断の壁である。
すなわち不用意にこの壁を越えると、
科学はオカルトの総本山の看板を掲げなければなりませんよ、
というものである。

しかし、波動関数ψが排他的2値の重ね合わせならば、何の不思議もない。
少なくとも生命系においては。

そもそもシュレーディンガーの猫の(仮想)実験装置には不備がある。
いや、トリックがある。

ようするにミクロ系とマクロ系を隔てる禁断の壁など存在しないのだ。

   ー以下気が向いたら書くー

412 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/02/19(火) 21:51:16 ID:???
なぜまだ生きている…?

> 相対運動による説明は理解困難です。年周光行差を相対運動で説明するためには、対象とする星の楕円運動を
> 想定しなくてはなりません。

そりゃ「年周光行差」は相対運動「だけ」では説明できないだろう。相対論でも加速運動は相対的ではない。

自分から「永年光行差」の話を持ち出しておいて、なんで勝手に「年周光行差」にすりかえてるの?
誰かが「年周光行差は相対速度で決まる」って言った?


413 :裸の王様:2008/02/21(木) 08:42:20 ID:jIBVhjBV
光の伝播はエーテルによる。光源の運動の一切は無視される(ただし、視線方向の
運動については無視された痕跡が残る。波長・周波数の変化として)。よって、
天球上で隣り合う一光年彼方の星の光と一億光年彼方の銀河の光とはエーテル上で
なんら相違はない。光行差は当然同じになる。一目瞭然、見てのとおり。地球の
運動速度(対エーテルの)だけで値が決まる。それを相対運動なんてまだ
言ってる、なんともかんとも哀れ。

惑星光行差とふつうの光行差とにはちょっとした(いや、かなり)トリッキーな
関係があるようですがね(おそらく)。エーテルがらみの。この辺りが見抜ければ
いっさいに首尾一貫した説明が可能。

カキコミ、このくらいにしときましょう。半ダースほどの皮肉も書けるけど
止めておきましょう。サヨナラ。

414 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/02/21(木) 08:57:04 ID:???
> それを相対運動なんてまだ言ってる、なんともかんとも哀れ。

>>399 がまだ理解できないのか。哀れなのはそっちだ。

ヒント:>>399の状況で、地球がある位置で受けた星の光はどの位置で発射されたもの?

415 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/02/21(木) 08:59:59 ID:???
> 天球上で隣り合う一光年彼方の星の光と一億光年彼方の銀河の光とはエーテル上で
> なんら相違はない。


     銀河
     *→v




     星
     ☆→v
 
     地球
     ○→v

このように地球・星・銀河が一直線に並んで平行に速度 v で動くとき、銀河からの光と星からの光は
変わらないと思うのか。哀れだな。

416 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/02/21(木) 09:05:56 ID:???
おっと>>415は適切な例じゃなかった。

417 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/28(木) 14:33:35 ID:???
シュレーディンガーの猫は別に猫である必要はない。要は排他的2値があればよいのである。

例えば猫を裁判に置き換えてみる。すなわち、シュレーディンガーの裁判だ。
言うまでもなく裁判は、裁判の名において検察側も弁護側も部分集合である。
すなわち一方は罪を重くしようとするベクトルをもち、
一方は罪を軽くしようとするベクトルをもっている。

さてもし部分と全体を同一視すれば奇妙な結果を得る。
すなわち検察側が裁判そのもの(全体)だとしたら、そして死刑を主張したならば、被告は死刑だ。
逆に弁護側が裁判そのもの(全体)だとしたら、そして無罪を主張したならば、被告は無罪である。
その場合被告はあの世とこの世を無限回往復しなければならない。
しかし現実には、裁判官(長)が判決を言い渡した瞬間(いわゆる波動関数の収縮が起り)、
刑が確定する。

そして死刑であれ無罪であれ懲役何年であれ、
それは検察側と弁護側の主張が重ね合わされたものであることは言うまでもない。
だとしたら、判決結果はΨである。

さらに裁判に不服な側が控訴すれば、そしてそれが認められたならば、再び刑は不確定になる。

418 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/28(木) 14:35:13 ID:???
今、猫の絵を描くとする。
多分、頭、胴体、足、そしてシッポを描くであろう。さらに顔に目鼻、
ついでにヒゲを描けばいよいよ猫らしくなる。
つまり、一口に猫といっても、猫はそれらの部分からなる全体なのだ。
さらに猫は全身毛で覆われているし、皮膚、肉、骨、さらに五臓六腑、
そしてそれらを繋ぐ血管や神経網、あるいは筋肉ときりがない。

ただし、最終的に細胞という名の最小単位にぶち当たる。
もちろん細胞自身も部分集合からなる構造をもった全体集合だ。
すなわち細胞は細胞膜やミトコンドリヤ、DNAを納めている核等
様々な部分から成っている。
そして、さらにそれらのものは全て原子という名の最小単位の集まりである。
もちろん原子も構造をもっている。

419 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/28(木) 14:37:37 ID:???
さて、マクロ系の対象である猫は部分集合が集まって全体集合になり、
さらにその全体集合はより大きな全体集合の部分集合になる、
といった階層構造をもっていることを説明した。ところで、もしミクロ系の対象である原子が構造をもたず、
しかも変幻自在な振る舞いを示すならば、ミクロ系とマクロ系を同列に扱うことは不可能である。
しかし、実際には原子も猫と同じように階層構造をもっている。

すなわち原子は原子核とそれを取り巻く電子に分解される。
さらに原子核は陽子と中性子、そしてそれらを仲立ちする中間子に分解され、
そしてそれらのバリオン(ハドロン)はさらにクォークへと分解され、
クォークの周りにはいわゆる4つの力を媒介する光子などのゲージ粒子が取り巻いている。
さらに最先端の理論である超ひもをスーパーストリングと単数形で呼んでいるが、
超ひもも分解され、ハイパーストリングスと複数形で呼ばれるかもしれない。

ようするに、部分が集まって全体になり、さらにその全体がより大きな全体の部分になる
といった図式は猫も原子も同じ条件なのだ。

ところがS猫の仮想実験において比較されているのは…

420 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/28(木) 14:38:52 ID:???
さて、前回まで、猫も原子も部分が集まって全体になり、
その全体がさらに大きな全体の部分になるという階層構造をもっていることを示した。

ところが、S猫の仮想実験において比較されているのは部分と部分ではなく、
ましてや全体と全体でもなく、部分集合と全体集合なのである。

なぜならS猫において、毒ガスを放出する引き金を引く放射線(アルファ粒子)は、
電子を剥ぎ取られたヘリウムの原子核だからだ。
さらに、そのアルファ粒子はどこから来たのかというと、
それはラジウム原子が放出したものだ。(その結果としてラジウムはラドンに変わる)
さらに、そのラジウム原子はどこにあったのかというと、
それは元々1時間以内に放射線を放出するように調整された微量
(微量といっても無数個ある)のラジウム原子の集団の中である。

すなわち、ミクロ系からエントリーされているのはあくまでも、
部分集合の部分集合のそのまた部分集合なのだ。
そして部分と全体を同一視すればオカルトが出現するのは当然なのである。

421 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/28(木) 14:40:53 ID:???
例えば、脳死状態にある猫を考えてみよう。

今、医者が脳を観測したとする。
そして、本来猫の部分であるはずの脳が猫そのもの(全体)だとしたら、
猫は死んでいる。早速、埋葬の準備をしなければならない。

さらに医者が心臓を観測したとする。そして、心臓が猫そのもの(全体)だとしたら、
猫は生きている。その場合猫はミルクをペロペロ舐め、
部屋中をニャーニャーと歩き回らなければならない。
つまり、脳を観測するか心臓を観測するかによって猫は、
あの世とこの世を無限回往復しなければならない。
しかし実際にわれわれが見るのは、ベッドに横たわる脳死状態にある猫なのだ。

すなわち、S猫におけるミクロ系に対比されたマクロ系とは、
ようするに腹痛で苦しむ猫の盲腸を摘出した意味あいでしかないのだ。

422 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/28(木) 14:42:31 ID:???
さて、部分と全体を同一視すればオカルトが出現することをさらに続ける。
人間の細胞はおよそ60兆個といわれている。
もちろんその中には盛んに活動しているモノもあるだろうし、生まれたてのモノもある。
さらに死んでいくモノもある(老廃物として排出される)。

さて、もし部分と全体を同一視するならば、
生きている細胞を観測すればその人間は生きている。
しかし、死んだ細胞を観測すればその人間は死んでいるといった、
奇妙な結果が導き出されるのだ。
もちろん人間の一生はただ一度だとしても、
その内部においては無数の生死のドラマが演じられているのである。

ところで、赤血球の寿命は3〜4カ月と言われているが、
仮に便宜上赤血球の寿命が100日だとする。ということは2400個の赤血球を集めると、
1時間以内にその中の1個が死滅する確率は50%である。
だとしたら、S猫の箱の微量の放射性原子を、
微量の細胞(赤血球)に置き換えてもS猫の仮想実験は成立する。
つまり、何のことはない、われわれはわれわれの内部にS猫を飼っていたのだ。

423 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/28(木) 14:44:10 ID:???
波動関数ψが波動状態を表しているならば、
そもそも波とは山(正の位相)と谷(負の位相)といった部分の重ね合わせである。
ならば人間は生きた細胞と死んだ細胞の重ね合わせなのだからψである。
細胞は細胞を維持しようとする免疫系と、細胞を破壊しようとする異物や細菌、ウイルス
といった正負のベクトルの重ね合わせなのだからψである。

つまり、例えば医者が

|ψ細胞〉=|がん抑制遺伝子〉+|がん遺伝子〉

というように、量子力学的表記法を採用しても構わないということだ。

実際誰もが自らの細胞にがん抑制遺伝子とがん遺伝子を併存させている。
がん遺伝子があるからといってがんになるとも限らないし、
がん抑制遺伝子があるからといってがんにならないとも限らない。
そのメカニズムは複雑であろうが、要はスイッチオン、オフの関係であろう。

この場合S猫は何を主張しているのかというと、
絶対にがんにならない人間と、生まれながらにしてがんに侵されている人間が
一人の人間に併存している、といった訳の分からないことを言っているのだ。

424 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/28(木) 14:46:40 ID:???
物理学の書物に、「半死半生の猫は考えられない」と記述していると、一般の読者は
確かに半死半生の猫は考えられない、と素直に信じてしまう。
しかし日常生活において誰かが、半死半生の目にあったとか九死に一生を得たとか
言っても違和感はないはずだ。
実際誰かが交通事故を起こし、多量の出血をしたとしよう。
もしすぐに適切な処置をされたなら助かるかもしれない、
しかし発見が遅れそのまま放置されたなら命を落とすであろう。
その状況を半死半生と言わずして何と言うのであろうか?
あるいは普通風邪で命を落とすとは思わないだろうが、
毎年多くの人間がインフルエンザで命を落としている。
ようするに、(程度の差はあれ)あの世とこの世に続く階段の踊り場にある状態を
われわれは病気や怪我と呼んでいるのである。

425 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/28(木) 14:47:47 ID:???
さて、もし半死半生の猫、あるいは部分死部分生が考えられないとしたら、
脳死判定による臓器移植はどうなるのだろうか?
もし部分死部分生があり得ないならば、移植された臓器は全て死んだ臓器である。
しかし医者が生きた臓器を移植したと告白したならば、明らかに厄介なことになる。

いや、そもそもこの社会に殺人罪なるものは成立しないのだ。
その場合容疑者は法廷で、「被害者の髪の毛にフケが付着していた」と証言すればよい。
被害者の髪の毛にフケが付着していたということは、
S猫によると被害者は死んでいた状態にあったということである。
死んでいる人間に対し殺人罪が適用できるだろうか?
せいぜい罪に問えるとしても死体損壊ぐらいなものだ。

426 : ◆GOVXYB0Zc. :2008/02/28(木) 15:01:57 ID:???
もっとも、物理学者の言う半死半生の猫とは日常用語としての半死半生ではなく、
定量的な意味での半死半生でもない。
ようするに埋葬される運命にある猫とじゃれて愛くるしい猫が一匹の猫に併存している、
というものである。
ならばそれは揚げ足を取るようであるが、全死全生の猫は考えられないというべきであろう。
しかし、だとしたらS猫の(仮想)実験装置の定義により、それはあり得ない。
なぜならば、S猫の実験装置においてミクロ系からエントリーされているのは、
あくまでも部分集合であるからだ。

そもそも量子力学では一個の放射性原子がいつ崩壊するかは語れない。
つまり多数の放射性原子を集めると、その中の一個の崩壊を確率で論じられるだけである。
ならばそれは特定の人間が何時死ぬかは判らないが、
不特定多数の人間をより多く加入させると、その国(地域)の平均寿命に収束するという
生命保険の統計と確率の手法と同じではないか。

つまり、S猫にミステリーもパラドックスも何もない。
もしあるとすれば部分と全体を同一視するといったトリックなのである。

427 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/04/10(木) 14:50:21 ID:SuFG+seD
 科学を神智学で見ると
 電子は永久にスピンしており、スピンよって磁気エネルギーを放出している。
すると電子は無限のエネルギー源となり、エネルギー保存則と食い違う。科学
は根本的に間違っている。
 物質は中性子と電子と気(量子)から出来ている。中性子が崩壊して電子に、
電子が崩壊して気に分解する。無数の素粒子は崩壊途中の物であり、大小様々
である。ウランが崩壊して鉛に原子変換するのと同様である。神の見えざる手
によって崩壊した物が合成されるのである。
 宇宙は外側を膜で閉ざされた空間であり、空間には気が充満して絶えず運動
している。電子密度の低い原子核内の中性子を正電気が帯びていると言って陽
子と呼んでいる。原子核内に働く力、電気力、磁気力、重力等あらゆる力は気
が作り出している。陽電子は電子の霊体で逆の働きをする物である。
 電子は気と干渉するから波と錯覚される。光は気の波動で、その振動によっ
て時間が生まれる。気とは神霊子と呼んでもよい。
 磁石の引力と反発力は気の作用
 磁石の内部をSからNに向かって磁気子が流れ、それが外部ではSへ向かっ
て還流している。磁石の周りにも磁気子が充満していて運動している。磁気子
の放出部N同志が接近すると気の密度が高くなり反発力を生ずる。吸入部S同
志が接近すると磁気子の動きに誘われて空間の磁気子が集まって、瞬間の間の
密度が高くなり、反発力が生ずる。N、Sが接近すると気の密度が低くなり、
周りの磁気子の圧力を受けて引力のような力が働く。
 重力は宇宙に充満している気が障害物としての地球の裏側に回りこむ力であ
る。即ち、気の密度が高い所から低い所へ及ぶ力が物質間の内側へ働くものを
引力と言い、外側に向かうものを反発力と言う。電波は気を振動させる。この
振動を片方だけに働くようにすれば反重力が得られる。キルリアン写真、ハン
チトン効果は高周波の高電圧を使って起る現象である。


428 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/04/13(日) 13:49:33 ID:TGzDSVTz
 気の存在を認めると全ての物理現象が説明出来てしまう
 物体が運動するとなぜ運動エネルギーが生まれるのか。
 物体(物体は気の障害物)が気の空洞を引きずっていくと空間に運動してい
る気の粒子の圧力がその空洞に向かって進行方向に働く為である。慣性力の原
理も同じ。
 重力は距離の2乗に反比例するのはなぜか。
 2つの物体間の気の圧力が弱くなる空間が距離rの半分の高さの円錐2個の
空間であり、その体積は距離rの2乗に反比例するから、重力も距離rの2乗
に反比例する。
 電子の電気エネルギーeは一定なのに、電気の正と負が引っ張り合う力のエ
ネルギ−はどこから供給されるか。
 電気力が気の圧力の働きだと理解出来れば空間からである。地球から宇宙に
放出されたエネルギーは、神の見えざる手よって宇宙から地球に循環される。
神の見えざる手の力もこの循環サイクルの一部である。
 この気が神の意思によって働くと仮定すると、超能力は人間の意志で発揮で
きる訳である。科学で否定し、科学で説明出来ない事も全て説明出来てしまう。
 机上の空論である数学、科学はもはや通用しない。
 遺伝子操作は生物が生きているから可能であって、死体には通用しない。こ
れも神の働きだからである。遺伝子は鋼鉄の2重らせんの鎖で護られているか
ら、自然には突然変異しない。人間が無理にこじ開けておかしなパズルを組み
込むから出来損ないが出来るのである。


429 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/04/16(水) 13:51:09 ID:ynHRsY6+
 気の存在を認めると全ての物理現象が説明出来てしまう
 物体が運動するとなぜ運動エネルギーが生まれるのか。
 物体(物体は気の障害物)が気の空洞を引きずっていくと空間に運動してい
る気の粒子の圧力がその空洞に向かって進行方向に働く為である。慣性力の原
理も同じ。
 重力は距離の2乗に反比例するのはなぜか。
 2つの物体間の気の圧力が弱くなる空間が距離rの半分の高さの円錐2個の
空間であり、その円錐の底面は気の平均圧力になるから絶えず一定となる。距
離rが長くなればrを半径とした円の表面積は4πrの2乗であるが、角度θの
円錐の底面の気の圧力が球の中心点にかかっているのだから、これも気の平均
の圧力になる。距離r、角度θの円錐の底面が2物体間の気の弱くなる空間の
円錐の底面として重力として働くのだから、距離rの2乗に比例する。距離r、
角度θの円錐の底面の面積は距離rの2乗に反比例するから、重力も距離rの
2乗に反比例する。
 電子の電気エネルギーeは一定なのに、電気の正と負が引っ張り合う力のエ
ネルギ−はどこから供給されるか。
 電気力が気の圧力の働きだと理解出来れば空間からである。地球から宇宙に
放出されたエネルギーは、神の見えざる手よって宇宙から地球に循環される。
神の見えざる手の力もこの循環サイクルの一部である。
 この気が神の意思によって働くと仮定すると、超能力は人間の意志で発揮で
きる訳である。科学で否定し、科学で説明出来ない事も全て説明出来てしまう。
 核分裂のエネルギーも実は空間の気のエネルギ−によって生まれる。1個の
ウランが2個の鉛に核分裂する時、当然2個の鉛の表面積の方が大きくなり、
周りの気に接面する面積が増えるので瞬間的に膨張したようになり、この現象
が玉突きの様に広がるから、気の拡散となって爆発力を生むのである。
 机上の空論である数学、科学はもはや通用しない。
 遺伝子操作は生物が生きているから可能であって、死体には通用しない。こ
れも神の働きだからである。遺伝子は鋼鉄の2重らせんの鎖で護られているか
ら、自然には突然変異しない。人間が無理にこじ開けておかしなパズルを組み
込むから出来損ないが出来るのである。 


430 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/04/16(水) 14:07:02 ID:ynHRsY6+
 気の存在を認めると全ての物理現象が説明出来てしまう
 物体が運動するとなぜ運動エネルギーが生まれるのか。
 物体(物体は気の障害物)が気の空洞を引きずっていくと空間に運動してい
る気の粒子の圧力がその空洞に向かって進行方向に働く為である。慣性力の原
理も同じ。
 重力は距離の2乗に反比例するのはなぜか。
 2つの物体間の気の圧力が弱くなる空間が距離rの半分の高さの円錐2個の
空間であり、その円錐の底面は気の平均圧力になるから絶えず一定となる。距
離rが長くなればrを半径とした円の表面積は4πrの2乗であるが、角度θの
円錐の底面の気の圧力が球の中心点にかかっているのだから、これも気の平均
の圧力になる。距離r、角度θの円錐の底面が2物体間の気の弱くなる空間の
円錐の底面として重力として働くのだから、距離rの2乗に比例する。距離r、
角度θの円錐の底面の面積は距離rの2乗に反比例するから、重力も距離rの
2乗に反比例する。
 電子の電気エネルギーeは一定なのに、電気の正と負が引っ張り合う力のエ
ネルギ−はどこから供給されるか。
 電気力が気の圧力の働きだと理解出来れば空間からである。地球から宇宙に
放出されたエネルギーは、神の見えざる手よって宇宙から地球に循環される。
神の見えざる手の力もこの循環サイクルの一部である。
 この気が神の意思によって働くと仮定すると、超能力は人間の意志で発揮で
きる訳である。科学で否定し、科学で説明出来ない事も全て説明出来てしまう。
 核分裂のエネルギーも実は空間の気のエネルギ−によって生まれる。1個の
ウランが2個の鉛に核分裂する時、当然2個の鉛の表面積の方が大きくなり、
周りの気に接面する面積が増えるので瞬間的に膨張したようになり、この現象
が玉突きの様に広がるから、気の拡散となって爆発力を生むのである。
 机上の空論である数学、科学はもはや通用しない。
 遺伝子操作は生物が生きているから可能であって、死体には通用しない。こ
れも神の働きだからである。遺伝子は鋼鉄の2重らせんの鎖で護られているか
ら、自然には突然変異しない。人間が無理にこじ開けておかしなパズルを組み
込むから出来損ないが出来るのである。

431 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/04/17(木) 13:48:46 ID:Je6+BjxU
 アインシュタインの嘘を見抜く
 光の速度で飛ぶ事が出来るUFOで速度の加算法則を思考実験してみる。U
FOAとUFOBが光速度Cで並行して飛行している。UFOBから見たUF
OAの速度はC−Cで0となる。今度はお互いに逆行してすれ違った場合、U
FOBから見たUFOAの速度はC+Cで2Cとなる。UFOAを光と見立て
ても同じ事が言える筈である。並行で飛行している時にCになる訳がない。そ
うなるなら、光の速度を測定する理論が間違っているのである。昔から光は瞬
時に伝わると考えられて来た。オリオン座のリゲルは700光年の距離にあり、
今輝いている光が700年前の光だと到底思えない。
 核融合は核分裂の反対の反応なのになぜエネルギーが生まれるのか。
 ウランが2個の鉛に分裂する時、どの粒子がE=mCの2乗のエネルギーに
変換するのか。中間子なら、核融合のではどの粒子がエネルギ−になるのか。
 核分裂のエネルギーも実は空間の気のエネルギ−によって生まれる。1個の
ウランが2個の鉛に核分裂する時、2個の鉛の表面積の方が大きくなり、周り
の気に接面する面積が増えるので瞬間的に膨張した様になり、玉突きの様に広
がるから、気の拡散となって爆発力を生むのである。
 核融合は2個の重水素がヘリウムになる時、収縮が起こり、気が収縮後、反
動で膨張が起こるからである。
 物体が運動するとなぜ運動エネルギーが生まれるのか。
 物体(物体は気の障害物)が気の空洞を引きずっていくと空間に運動してい
る気の粒子の圧力がその空洞に向かって進行方向に働く為である。慣性力の原
理も同じ。
 電子の電気エネルギーeは一定なのに、電気の正と負が引っ張り合う力のエ
ネルギ−はどこから供給されるか。
 電気力が気の圧力の働きだと理解出来れば空間からである。地球から宇宙に
放出されたエネルギーは、神の見えざる手よって宇宙から地球に循環される。
神の見えざる手の力もこの循環サイクルの一部である。
 この気が神の意思によって働くと仮定すると、超能力は人間の意志で発揮で
きる訳である。科学で否定し、科学で説明出来ない事も全て説明出来てしまう。
 机上の空論である数学、現代科学は最早通用しない。


432 :catastro:2008/04/19(土) 21:45:42 ID:rvLSOmWG
>>431
速度加算は、簡単な数学です。和 u+v でない, u+v/(1+uv) が
どうやって導けるかは単純です。
>今輝いている光が700年前の光だと到底思えない。
それが1000億年前の光でないとどうしていえるのでしょう。
>どの粒子がエネルギ−になるのか
核子の質量の微小な差でエネルギーが生まれるのです。
鉄より軽い元素は融合で、それより重い元素は分裂でエネルギー
を放出します。それだけのことです。
>物体が運動するとなぜ運動エネルギーが生まれるのか
生まれるのではなく、運動しているとき、存在するだけです。
>物体(物体は気の障害物)が気の空洞を引きずっていくと空間に運動してい
>る気の粒子の圧力がその空洞に向かって進行方向に働く為である。
これではまるでアリストテレスの時代ですね。ガリレイ、
ニュートンの時代を経験していないのですか。
>電子の電気エネルギーeは一定なのに、電気の正と負が引っ張り合う力のエ
>ネルギ−はどこから供給されるか。
引力は、負のエネルギー状態にあり、斥力は、正のエネルギー状態
にあるだけで、小さな電子の質量に担保されるエネルギーは、それ以上
であることはないのです。



433 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/04/20(日) 00:05:51 ID:???
馬鹿+徒労キターーーーーー

まだ生きてたのかwwwww

434 :catastro:2008/04/20(日) 10:33:47 ID:SkjFwB90
>431
>ウランが2個の鉛に分裂する時、どの粒子がE=mCの2乗のエネルギーに
>変換するのか。中間子なら、核融合のではどの粒子がエネルギ−になるのか。

核子がばらばらにあるときと、結合してあるときとは、質量が違っている。
結合するだけで質量が減っている"質量欠損" があることが分かっている。
水素がヘリウムになるとき、質量欠損分が運動エネルギーとなる。これは
高校で教えていると思う。


435 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/04/20(日) 10:40:55 ID:???
恥丘よ メーコスジの膣は舐めているか

436 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/04/20(日) 12:29:36 ID:???
基地外ミーツ基地外

437 :catastro:2008/04/21(月) 10:19:49 ID:DQWxFKCv
Michelson の干渉実験について H.A. Lorentz が短縮の仮説(ローレンツ短縮)
を出した論文の拙訳 http://home.catv.ne.jp/dd/pub/lorentz.html


438 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/04/22(火) 12:32:17 ID:x/3N+kGW
 アインシュタインの嘘を見破る2
 UFOAがO地点から右方向へ光速度Cで発進し、UFOBがO地点から左
方向へ光速度Cで同時に発進した。1時間後にAはO地点から右へCqの地点
に、BはO地点から左へCqの地点に到達した。その間の距離は2Cqである。
 1時間の間に2Cq進んだのだから、UFOAからUFOBを見た速度は2
倍の光速度Cとなる。これは測定器で測るよりも正しい。どんな物体でも、光
(波)でもこの事は成り立つ。光速度不変は嘘である。
 原子と原子を結合させているのが電子で電気力による。中性子と陽子を結合
させているのが中間子で核力による。中性子と中性子がなぜ引っ張り合うのか
判らない。高エネルギ−加速器で加速して衝突させると、中性子が3個のトッ
プクォークに分かれる。素粒子が増えるたびに新たな素粒子の存在を認めざる
を得なくなり、その力の正体が不明となる。素粒子を秩序づける法体系は崩壊
している。加速器で加速して衝突させても素粒子はエネルギ−に変換出来ない。
中性子の玉突きによる核分裂ぐらいでエネルギーに変換出来る訳がない。核分
裂、核融合のエネルギーが説明出来ない。
 原子核付近でガンマ線を当てると電子と陽電子の対が発生すると言う。電磁
波が粒子になり、しかも反物質を伴うと言う。波とはあくまでも伝わる力の本
体であり、力が物質になる訳がない。気の集合体が物質になるのだ。力は気の
圧力が作用する様を言うのである。陽電子は電子の霊体であり、鏡に写ってい
る映像と同じく実体のないものである。陽電子は物質を通り抜けてしまうので、
現界では無いと考えた方がよい。



439 :catastro:2008/04/23(水) 22:53:47 ID:ubc/BO+J
>>438
まず、ある速度 v と書き換えるべきだ、なぜ光の速度を使うのか。どれだけの
難しい問題がこれに伴うか、考えたこともないのか?光速で物体は飛べない。
v に書き換えても速度加算は単なる加算ではない。(v+u)/(1+vu/c^2) になる。
(しかし、一般相対論の場合は違う。光速は場所と時間の関数である。)

>速器で加速して衝突させても素粒子はエネルギ−に変換出来ない。
>中性子の玉突きによる核分裂ぐらいでエネルギーに変換出来る訳がない。
そうだ。素粒子の全ての質量をエネルギーに変えなければ意味がない。
しかし、核融合は確実な方法で、効率 0.7% もある。これは嘘ではない。

>波とはあくまでも伝わる力の本体であり、力が物質になる訳がない。
エネルギーしか物質にはならない。力はまったく別物。

>気の集合体が物質
電磁気の濃縮したものが物質 とアインシュタインはいう。気ではない。




440 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/04/24(木) 07:42:45 ID:???
catastroさん、◆GOVXYB0Zc.にも突っ込んでみて。

441 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/04/24(木) 10:39:59 ID:ui+CZIjf
 神による真科学
 てこの原理から次の法則が導き出される。
 E=ft Eはエネルギー、fは力、tは時間。
 即ち、エネルギー(体積)を時間tで微分すると力(面積)となる。力は円錐の
底面積にかかる気の圧力が頂点に作用する力である。力は気圧の高い所から低
い所に作用する。球の表面積にかかる気の圧力が中心点に気圧としてかかって
いる。これが電磁気力、重力、核力それぞれ電子陽子間、物体間、陽子中性子
間に働く力の正体である。素粒子は中性子、電子、気子以外には存在しないで、
エネルギーの塊である。中性子は電子を経て気子に分裂する。
 この世には陽と陰が存在して全ての物質は五行(木・火・土・金・水)の5元
素から出来ている。これを陰陽五行説と言う。この世には陽陰2極がある。火
があれば水があり、太陽と月、男と女、熱と寒等がある。五行では(春・夏・土用
・秋・冬)(青・赤・黄・白・黒)(視・聴・味・嗅・触)等がある。目に見えない
六気(風・熱・湿・暑・燥・寒)があり、この五運六気が陰陽を持ち、十干十二
支となり、その組み合わせが60個ある。それが六気と合って360日の1年となる。
 しかし、科学はこれを認めず、自ら魔界に落ちている。
 数字が物を数える為の記号なら、0の反対側の負の数は何なのか。物質は有
無以外の状態はない。負の数、虚数、複素数は存在しない。また、0、∞、小
数、分数は存在しない。有が無にならないからである。
 定積分を使うとY=Xの2乗の放物線で仕切られたa地点までの面積は棒グ
ラフで近似できる。aを∞にまで分解すると、面積は3分のaの3乗となる。
実はこれはY=tの2乗のt秒後の速度の関数から、速度を積分して距離を求
める計算が元になっている。これを応用すると面積を求める事が判った。しか
し、∞は存在しないのであくまでも近似値である。
 飛行機が飛ぶ原理はベルヌーイの定理ではない。翼の形状から気の渦が出来
てそれが電磁石として働き、渦が強弱に変化するから空間の気と反応して反重
力となるのだ。


442 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/04/24(木) 11:24:00 ID:ui+CZIjf
 >>439 catastroの答えは全然的を得ていない。
 加速器で加速して衝突させても素粒子はエネルギ−に変換出来ない。
 加速器で加速して様々な素粒子が見つかったのである。エネルギ−に変換す
るのなら素粒子は見つからない。エネルギ−に変換するものは素粒子同士を結
び付けている物である筈だ。トップクォーク等の大きなものはこの対象と見れな
いから。例えばパイ中間子を考える。これより小さい電子が崩壊しないのなら、
なぜ、パイ中間子は核内で崩壊してしまうのだ。核融合の時に重水素の中性子
と陽子を結び付けているパイ中間子は切り離されて崩壊する筈である。ところ
が別の陽子と結合してヘリウム原子核を作る。こんな馬鹿な現象がある筈がな
いではない。




443 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/04/24(木) 12:02:55 ID:ui+CZIjf
 >>439 catastroの答えは全然的を得ていない。
 >>438で速度加算が正しい事を証明した。なぜ、光速だとこれが成り立たない
のか証明しろ。(v+u)/(1+vu/c^2) の公式など光速度不変から導き出した事で、
光速度不変を>>438で証明しているではないか。アインシュタインの洗脳にかか
った者はこれほど知能が低く、物事の道理が判断出来ないとは恐るべし。
 要するに科学の実験では本当の事は判らないのである。だから、身近な物理
現象を見て、極限に小さい世界を想像するしか人間には出来ないのだ。真理は
一つであり、それはどんな疑問も持つことを許さないものである。それを思考
実験で検証しているのである。だから、なぜと言う疑問に答えられる様解説し
ているつもりである。私の仮説がなぜに答えられるならそれが真実に近いもの
だと考えられる。だから、今の科学の矛盾点を追及しているのだ。だから、私
説は今の科学に比べればはるかに真理に近いものだと自負している。

444 :catastro:2008/04/25(金) 21:18:48 ID:gwxOHWZB
>>443
では、あなたは光速に光源速度が加算されると考える”エミッション理論”ですか。
どこから来た光も同じ速度をもたないと測定をでたらめにしてしまいます。


445 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/04/25(金) 21:25:50 ID:???
的は得るものじゃなくて射るものだよな


446 :catastro:2008/04/25(金) 21:59:27 ID:gwxOHWZB
エミッション理論は、Michelson 実験を説明するが、
反射光との干渉が説明できなくなったり、2 重星の見え方が違ったり、
ともかく、光速は地上で正確に測定できるから、光速の分布、広がり
は、ないと考えられるのである。エーテル理論より質が悪い。光の粒子
説は、これになるだろうが、光の波動説は、エーテル論になるだろう。
実際は、両者ともに間違いだった。光は、光源速度が加算されず、
媒体に対して一定速度でもなく、観測者に対して一定速度だった。



447 :catastro:2008/04/25(金) 22:06:33 ID:gwxOHWZB
>>441
これは、単なる間違いと思うが、力は、時間積分して、力積をいう衝撃
になる。これは運動量変化であり、エネルギーではない。エネルギーが
質量と変化できるのであり、運動量は質量に変化しない。物体間で運動
量変化をやりとりして全体としての運動量保存が成立するためには、
どの瞬間も物体間で作用反作用の法則が成立する必要がある。

448 :catastro:2008/04/25(金) 22:12:54 ID:gwxOHWZB
>>441
>中性子は電子を経て気子に分裂する。
=>中性子は、電子を放出して、陽子に分裂する。これをβ崩壊という。
半減期は12分だという。原子核内の中性子は、なぜか崩壊しないし、
陽子は崩壊しないとされた。が、これさえ疑われ、カミオカンデでの
陽子崩壊検出実験が行われた。

449 :catastro:2008/04/25(金) 22:20:59 ID:gwxOHWZB
>>441
>数字が物を数える為の記号なら、0の反対側の負の数は何なのか。
自然数(1,2,3,...)、整数(...-3,-2,-1,0,1,2,3,...) という概念でしょう。
>物質は有無以外の状態はない。負の数、虚数、複素数は存在しない。
負数、虚数、複素数でなければ表せない事実があるのです。
>また、0、∞、小数、分数は存在しない。有が無にならないからである。
存在しないというのは扱えないという自分の力のなさを示すだけです。
これぐらいの数学は、あっというまに乗り越えないと。

450 :catastro:2008/04/25(金) 22:28:24 ID:gwxOHWZB
>>441
>五行(木・火・土・金・水)の5元素から出来ている。これを陰陽五行説と言う。
5行は、地水火風空ではなかったか。木・火・土・金・水 は、10干12支
をつくるためだけのものではないか。これの出どころは?

451 :catastro:2008/04/25(金) 22:33:07 ID:gwxOHWZB
>>441
ああ、これは易学だな。360に分かれる状態把握。2進法的な数の
世界。これで世界が分かるなら科学はいらない。

452 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/04/25(金) 23:55:38 ID:???
441ではないが・・・ 五行も知らんのか・・・
五行から天干は作れるけど、どうやって地支を作るんだ?

453 :catastro:2008/04/26(土) 02:00:43 ID:GasUHy7h
>>452
おお、失礼しました地水火風空は、五大だった。
360は違うんじゃないの。8x8x6= 384 ではないの?

454 :catastro:2008/04/26(土) 02:12:22 ID:GasUHy7h
もっかどごんすいと覚えて、それぞれにえとをつけて10になる。中学
の始めに覚えた。木のえ、木のと....にそれぞに奇妙な漢字があった。
歴史の年代を示すためにしか使わなかった。12支は、
訓読みを、ねうしとらう...と、音読みを、しちゅういんぼうしんしご
びしんゆうじゅつがいと覚えた。
何の意味もなかった。


455 :catastro:2008/04/26(土) 03:46:19 ID:GasUHy7h
それは45年間もそうだったし、これからもないだろう。それらが、
何かの現実の対応物であるという全くの幻想は、人々を幻惑しただけの
ものである。誤った科学理解と同様に。(お前にいわれたくない?)


456 :catastro:2008/04/26(土) 04:12:57 ID:GasUHy7h
エーテルは有害な概念であったし、現在も明らかに有害な概念である。
現在のその有様は、単に科学の常識に反対するためだけにエーテルの存
在を主張する反抗と主張の道具である。そして膨張宇宙論は速度場とい
う計量の古典的エーテル的な扱いをする。LIGOの肯定的成果がないこと
もこの苦境に拍車をかける。LIGOは、Michelson実験とどこが違うのか。
規模が明らかに違うが、それ以外違いは少ない。それが検出したいのが、
絶対空間とエーテルの存在ではなく重力波である。そして、これほどの
年数(1990-2008)をヌル検出の状態に置くのは、Michelson 実験の結果
と同じではないか。いや。まだ18 年しかたっていない。その後継の
Advanced LIGO できっと検出できる。この考え方は正しいのだろうか。

我々は、誤った概念の影響を受けるものだが、現実による検証しか
我々は方法を持たない。エーテルの否定は、歴史上大きなの解決で
あったし、特殊相対論なしに、現代科学は、成立していない。


457 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/04/26(土) 09:32:41 ID:???
水や大気、あるいは大地のようなという文脈で語られるエーテルが有害な概念なのか?
今日小学生でさえ地球の環境問題に対し頭を悩ましているというのに。
21世紀はビジネスを始め、否応なく環境をテーマに動き始めているというのに
エーテルを語れない相対論は何の指針も与えてくれないわけだ。
だとしたら相対論は今日的には実に寂しい理論だな。

458 :carocaro:2008/04/26(土) 11:48:58 ID:???
エーテルとは、重力をも含めた統一的な量子場のことなのだよ。

459 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/04/28(月) 11:19:08 ID:3+biZmmr
 マイケルソン・モーリーの実験ではエーテル(気)を感知出来ない
 気は光速度を遥かに超えて空間を移動している。光・電磁波の媒体が気で、
光・電磁波は力が気に乗って伝わって行く現象である。だから、気と光は干渉
を起さないので感知出来ないのである。
 具体的に説明すると、ひもの両端から波を作って中央で衝突させようとして
も両者はすり抜けてしまうのである。同じ波長なら両者は打ち消しあう。電子
線がスリットを通過して縞模様の干渉模様を作るのは空間の気と電子が干渉し
て、波同士が作る干渉波が出来る為である。現代科学でも量子を認めているで
はないか。気と量子とでは把握の仕方が全然違うが。

460 :catastro:2008/04/29(火) 01:48:02 ID:8A8BwRGr
>>457
>水や大気、あるいは大地のようなという文脈で語られるエーテル
長い議論のあとに、トリチェリの真空実験(当時は水を使った10mの管を使
った)によって真空の存在が明らかにされた。空(から)というものは無いか
ら、真空というものは矛盾し存在しないという信念は、実験で否定された。
光は、宇宙空間を通してきている。その間は、地上で作ることのできる真空
よりもずっと高度な真空だ。光は真空をも通る必要があった。波は媒体を必
要とした。真空にも薄い媒体があって、それが光を通すものだと考えられた。
それが光エーテルである。最初、光はエーテルの力学的波動と考えられたから
エーテルは、地球などの高速な物体にほとんど抵抗を示すことのないほど薄く
しかし、光は横波であるから、固体である必要があった。この性質は矛盾して
いて、電磁気は Maxwell による力学から離れた独自な性質の波となった。しか
し,それはまだ媒体に対して光速をもっていた。ニュートンも空間を絶対静止
空間の存在を前提にした。回転は絶対静止に対する回転として絶対的だった。
そこで重力は即時伝播するものだった。普通有り得ない遠隔作用を使わなくて
は重力は説明できなかった。マイケルソン実験はエーテルの存在を示すはずだ
った。ローレンツは、エーテルから静止以外の全ての特性を取り去った。
アインシュタインは、特殊相対論でエーテルの必要をなくした。その代りに、
時空の概念を大きく変えることを必要とした。一般相対論では、さらに時空
の計量という特性によって宇宙を説明することを可能にした。

461 :carocaro:2008/04/29(火) 02:31:11 ID:???
エーテルが観測にかからなかったのは、
地球自身がエーテルを引きずっているからだ、
という見方ができないわけでもない。

462 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/04/29(火) 09:40:35 ID:???
>>460
>>水や大気、あるいは大地のようなという文脈で語られるエーテル
>長い議論のあとに、…以下略
長い議論のあとにってあんた、アリストテレスにレスしてんの?w
俺の主張は水の波や音波が伝わるには水や大気のような媒体(媒質)が必要だ。
同様に、光が伝わるには何らかの媒質が必要だというホイヘンス以後の話だよ。
それに対し光は媒質無しで伝わる、というのが特殊相対論だよね。

>空(から)というものは無いから、真空というものは矛盾し存在しない
>という信念は、実験で否定された。
ちなみに現代物理による標準理論によると、
真空は粒子・反粒子対の生成消滅の場であり、
何もない空っぽの真空という概念は否定されている。

463 :catastro:2008/04/29(火) 10:13:09 ID:8A8BwRGr
>>461 carocaro さんへ、
最初、Michelson は、結果をそうして正当化したという。
http://home.catv.ne.jp/dd/pub/lorentz.html
このローレンツの短縮のアイデアの論文にその経緯が書かれている。
"Michelson は、地球が動いているためにエーテルが静止のままでない
と結論することによって自身が正当化されると考えた。"


464 :catastro:2008/04/29(火) 10:20:02 ID:8A8BwRGr
ローレンツの短縮のアイデアは、エーテルのなかを物体が進むとき、
進行方向に分子間力は、エーテルの影響を受けて、√1-v^2/c^2 の
比率に短縮するというもので、Michelson 実験がエーテル速度の検出
ができなかった理由を説明しようとした。しかし、それは全くの
辻褄合わせでしかなく、どうして丁度、その比率になるかを全く説明
できなかった。

465 :catastro:2008/04/29(火) 10:33:27 ID:8A8BwRGr
>>462
あなたの望むエーテルは、量子力学の波動関数の場なのか?それとも
一般相対論の計量の場なのか?それとも、ニュートンの遠隔力の働く
場なのか?あなたの落とした斧は、金の斧?銀の斧?それとも鉄の斧?

466 :carocaro:2008/04/29(火) 13:42:27 ID:???
>>463 catastro先生、ありがとうございます。
マイケルソン自身がそう考えていたのは知りませんでした。
エーテルとは、おおざっぱに言って、宇宙に充満している
重力場のことではないでしょうか。マッハ原理が成り立つのは
エーテルのためであり、慣性の起源もそこにあるのでしょう。
マイケルソン・モーリーの実験で観測できなかったのは、
地球による重力の場そのものが装置といっしょに動いていた
からだと思われます。

467 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/01(木) 13:34:01 ID:???
>>465
もし、
>>>水や大気、あるいは大地のようなという文脈で語られるエーテル
という信念を貫くならば、それは離散的なモノだろうね。
流体力学で記述される水や気体は近似的に連続体として扱われるらしいが、
厳密には連続体ではない。一個二個と数えられる粒々の集合体である。
その意味では時空連続体はあくまでも場であり、エーテルではありえない。
少なくとも場を連続体と定義している限り。
つまり、エーテルの存在価値は離散性、非連続性にあるのであって、
空間(時空)認識の転換によってはいつでも復活する可能性を孕んでいる。

468 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/02(金) 11:37:07 ID:Sba6gEFA
 マイケルソン・モーレーの実験ではエーテル(気)は感知できない。
 光速度が媒体によって変化する理由
 水晶の屈折率は1.55、水の屈折率は1.33、空気の屈折率を1とした
場合。固体になるほど光速度が遅くなるのは水晶の原子間の引力が水の表面張
力よりも強いために、伝達のロスが出来てしまう為である。しかし、気子と気
子はなんら引力を持たないから、光が気子に衝突しても光の速度に影響を与え
ない。だから、光波の位相差が生じないのである。
 マイスナー効果
 超伝導物質の内部は外部磁場を打ち消す力が働く。これは電磁誘導の法則で
も説明出来ない。これはエーテル(気)の気流が永久に循環して、この気流が
気の密度を一定に保とうとしているから、磁界が消えるのである。気で説明す
ると全ての物理現象が説明出来てしまう。これが本当の真科学である。偽科学
が定義しているものはみんなでたらめである。


469 : ◆GlWtskHwOM :2008/05/02(金) 11:47:24 ID:Vu103p1B



470 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/02(金) 13:49:15 ID:Sba6gEFA
 光市母子殺人事件
 モーゼの十戒に殺す事なかれ、姦淫する事なかれ等がある。この殺す事なか
れは人だけではなく動物も含める。本村氏は肉食しているから間接的に殺して
いると同じで同罪である。神が悪人の存在を許しているのは、悪人を通して裁
いているのだ。人を騙したり、悪法(税法等)を作って暴利を得ている輩が多い。
生活出来ない弱者が犯罪に走るのは悪社会のせいであり、悪社会を野放しにし
て犯罪者を裁くのは間違いである。狂牛病は肉食の警告、エイズは姦淫の警告
である。人間が悪社会を制御出来ないのが世の終りの現象である。神の裁きは
目前である。
 近未来図
 日月神示、メーソン研究、歴史は繰り返されると言う事から近未来図を描く
と次の様になる。
 1936年、独がベルリン五輪を開催→2008年、中国が北京五輪を開催
 1937年、支那事変勃発→2009年、4月朝鮮戦争、6月中台戦争が勃発
 金正日が朝鮮統一を掲げて動く。中国は中華思想を掲げて、台湾侵攻。中国
経済がバブル崩壊して、各地で大暴動が起きる。共産党が国民から搾取してい
るのを、米国等帝国主義国が搾取していると国民を洗脳して戦争に駆り立てる。
 1938年、中国が日本軍阻止の為、黄河決壊事件を起こす→2010年、
中国の核ミサイルが日本の主要都市に落ちる。
 1939年、ナチス、ポーランド侵攻→2011年、ロシアが日本を侵攻。
2012年、日本は世界中から総攻撃を受けて滅亡寸前に陥る。神一厘の秘策
が発動して富士山が大噴火を起こし、上陸した悪魔が滅びる。世界中が核戦争
で滅びていく。
 神を信じない獣は、悪の共食いで滅びる。改心出来た子羊達は死んでも神に
よって救い上げられ、弥勒の世の住人となれる。獣たちは魂まで滅ぼされる者
は滅び、草木に替えられる。
 こうして、喧嘩も殺し合いもない、お金も要らない平和の中で、人は神の恵
みに幸福に暮らすのである。


471 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/02(金) 13:55:15 ID:Sba6gEFA
 日本人よ立ち上がれ
 日本がバブル経済を謳歌して、アメりカのハリウッド等の土地を買い占めて
いたお金は、メーソンの土地と株のいかさま博打で巻き上げられた。株の暴落
を防ぐ為に年金資金まで株式市場に注ぎ込まれ、ハゲタカどもの餌食となった。
そのバブル崩壊のつけの為に公的資金が銀行に注ぎ込まれた。日本政府はメー
ソンと結託してメーソンに国富を貢いだのである。そのつけを税金として国民
に押し付けた。
 太平洋戦争は自衛戦争であり、なぜ大空襲と原爆によって市民が殺されなけ
ればならなかったのか。メーソンは日本民族絶滅を狙っていたのである。原爆
被害者の手当ての為に国民の血税が使われている。米国が損害賠償すべきもの
である。血液製剤によるエイズ、C型肝炎薬害はメーソン系製薬会社の利益の
為に役人等が便宜を図ったのである。メーソンに補償金を払わせよ。日本の医
療費が膨大になるのは、治療に対し役に立たない抗ガン剤等が使われる為で、
これもメ−ソンの利益となる。金融、保険、軍事、医療、エネルギー資源、米
国のドル紙幣の印刷権等はメーソンが牛耳っている。メーソンは基軸通貨のド
ルを湯水の様に印刷してドル安になっても、日本等が買い支えてくれる。アメ
リカの国債も日本が買わされている。駐留米軍の費用も日本が負担している。
最後は日本を攻撃してくる米軍の為に。日本はメ−ソンの奴隷国家だ。国の債
務残高が表立ったものだけでも1,000兆円はある。隠しているものを加え
ると、3,000兆円を超える。日本はすでに破産している。官僚の馬鹿ども
は国民の預金と土地の価格とインフレで何とかなると言っているが、国民の預
金を自分のものと思っているからそんな事が言えるのである。最近の物価高は
インフレ移行の動きであり、最後は預金も財産を国に奪われてしまう。税金な
ど払っても何の役にも立たない。ユニセフ等はメーソンの偽善団体である。
 国家に天誅を下す為に、国の全ての政策に反対し、税金、負担金の不納運動
を断行する。その為には3年後先までの食糧だけは確保しなくてはならない。


472 :catastro:2008/05/04(日) 01:55:14 ID:RodGDmGd
>>467
波動関数がエーテルと同じ側面をもっていますね。存在の中間段階だったり、
全ての可能性を包含する全体存在だったり、波動関数の実空間の速度は、
光速を超えていないのかどうか。離散的というのは、そういう意味ですか。

473 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/04(日) 10:01:50 ID:vA+hLIs6
 地球は自転も公転もしていない(メーソンの偽科学による洗脳)
 月の模様は2把の兎が餅つきしているように見え、月は決して後姿を見せな
い。月の自転は嘘。
 月は約30日を1周期として満ち欠けが起きる。一昼夜、月の形が変わらな
いのは、太陽と地球と月の位置が動いていない証拠である。月の公転は嘘。
 質量mの物体が速度vで運動している時の運動エネルギーは½mv²となる。地球
が速度は30q/sで公転しているのなら、公転の直角方向へは地球の公転によ
る遠心力が働いて、この運動エネルギーに加算される筈だが、そんな現象は見
られない。
 ロケットは慣性力によって重力が打ち消されるのに、公転方向への遠心力の
影響を受けない。
 気温が太陽の赤外線によってつかさどられるなら、標高の高い軽井沢の方が
都市の住宅地よりも太陽に近いから気温が高くなる筈であるが、実際はその逆
である。地軸の傾斜によって太陽の高度が変化して、夏に暑くなるというのは
嘘である。
 宇宙は北極星を中心に回転している。地球の地軸が北極星を向いているのは
その為である。
 太陽が東から昇って西に傾くのは地球の傾斜運動によるものである。霊覚者
・出口王仁三郎も同じことを言っている。


474 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/04(日) 12:40:49 ID:vA+hLIs6
 数学の本体
 私は1たす1がなぜ2となるのか。暫くの間、悩んでノイローゼになった事
があります。ふと閃いて、物理的事象で証明すれば良い事に気がついた。1個
のりんごの存在する所へもう1個のりんごを足すと2個のりんごとなる。数学
とは物理的事象を記号に代えて研究する学問だと判りました。割算が掛算の逆
の演算であると言う証明は、2列に並んだサイコロの3組の総数は6個であり、
6個を3組に等分すると2個になる事から証明できます。
 しかし、負の数の概念が判りません。1個のりんごにマイナス1個のりんご
を足すと0となる。1個のりんごの存在を消すマイナス1個のりんごとは何な
のか。それは物理的に存在するのか。物質は姿を変える事があっても存在はな
くならない。負の数など存在しない。同じ様に0と∞も存在しない。1引く1
は物が他所へ移動した事を表現している。
 数字が物を数える為の記号なら、0の反対側の負の数は何なのか。物質は有
無以外の状態はない。負の数、虚数、複素数は存在しない。また、0、∞、小
数、分数は存在しない。有が無にならないからである。 人間の卵子細胞は1
個から細胞分裂を繰り返して60兆個の細胞となる。小さくなっても1個の細胞
である。逆に60兆個の細胞が1個の細胞になる可能性がある。地球を構成する
原子が幾つあるか数えても無駄である。数学は物理から生まれたもので物理を
離れては成立しない。だから、物理学に多用される。
 猿の様に自然な生活をしていれば数学など必要が無い。貨幣経済で損得勘定
するから必要となる。土地の価格など本来はない。米価などは政治的配慮から
安く買い叩かれているが、食糧危機となったら幾らお金を出しても買えなくな
る。この様に一番大事な物の価格を落として無用な物の価格をつり上げている
誤魔化しの貨幣経済と、偽科学を成立させる為に、難しい概念で庶民を煙にま
いて騙す数学の学会の為に数学は存在する。


475 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/04(日) 22:52:18 ID:???
(1)電磁場=無限個の調和振動子(光子?)の集団
(2)水・大気=無数(有限個)の調和振動子(原子・分子)の集団
(1)と(2)は似てはいるが、微妙に、いやまるで違う。
すなわち一方は無限分割が可能な連続体であり、一方はそうでない。
(1)は(2)ではないので、現代物理がエーテルを否定しているのは当然だ。

>>472
>波動関数がエーテルと同じ側面をもっていますね。
(1)と(2)が似ている以上、共通した部分はあるだろうね。でもやはり別物でしょう。
現代物理が場という用語で全て記述できるなら、わざわざエーテルという
用語を使う意味がない。
しかし、もし時空に離散的な兆候が表れたならば、それは従来の場の定義に
収まらないのだから、エーテルを復活するしかないでしょう?というのが俺の主張。

476 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/07(水) 10:30:20 ID:UWjs2eu6
 地球は自転も公転もしていない(メーソンの偽科学による洗脳)2
 宇宙磁場は北極星をN極として仮南極星をS極として存在している。だから、
地球の地軸が北極星に向いているのである。月が後姿を見せない理由として、
月の自転軸が絶えず地球に向いていると説明しているが、その作用する力が説
明出来ない。万有引力では地軸まで制御出来ない。それが出来るなら地球の地
軸も太陽に向く筈である。天王星は自転軸が太陽に向かっていると言っている。
なぜ、天王星だけがそうなるのか説明出来ない。
 皆既月食は月が地球の影になって起きると言うが、満月が欠けて元の満月に
戻るまでの時間は5.5時間である。これは地球から見た月の公転速度である。
月の満ち欠けの周期は約30日である。これは月自らが作る影が満ち欠けにな
るのである。これは地球から見た月の公転速度によって現れる現象である。皆
既月食が起きる公転速度で月が地球を回っていてるのなら、同じ公転速度であ
るから月の満ち欠けはもっと早くなる。これは模型を使った実験で検証出来る。

477 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/09(金) 23:19:48 ID:???
エーテール ワーイス
エーテルワイス♪

478 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/13(火) 18:42:07 ID:+uPjxKnD
 地球は自転も公転もしていない(メーソンの偽科学による洗脳)3
 地球が自転していないことの証明
 飛行機で東京から北海道まで時速720q(秒速200m)で飛ぶ時は、地球
が西から東方向へ自転速度の秒速466mで回転している筈だから、飛行機から
見た飛行機の飛行による雲の速度よりも、飛行機から見た自転による雲の速度
の方が早いのだからこちらの方が顕著に見える筈であるが地球が止まっている
としか見えない。飛行機が地球の引力を受けて慣性力が働いていると言う言い
訳は、空気の抵抗で慣性力は無くなる。無くならずに絶えず引力の力が働いて
いるのなら、飛行機は移動しえない。雲は地球の引力で地球とだいたい同じよ
うに動いている筈である。
 皆既月食は月が地球の影になって起きると言うが、満月が欠けて元の満月に
戻るまでの時間は5.5時間である。これは地球から見た月の公転速度である。
月の満ち欠けの周期は約30日である。これは月自らが作る影が満ち欠けにな
るのである。これは地球から見た月の公転速度によって現れる現象である。皆
既月食が起きる公転速度で月が地球を回っていてるのなら、同じ公転速度であ
るから月の満ち欠けは皆既月食の月の満ち欠けと同じ速度になる。ただし、月
が消えている時間は地球の大きさによる影だから該当しない。月の形が変化す
る時間を言っているのである。

479 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/13(火) 18:57:08 ID:???
「読書百遍、意自ずから通ず」は間違いであることを如実に示す文章だな>>478


480 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/13(火) 19:26:05 ID:+uPjxKnD
 飛行機の飛ぶ原理
 ベルヌーイ原理は嘘、翼の上の空気が下より早くなる原理が説明出来ていない。
 翼の上の空間の方がエーテル(気)に対して下よりも抵抗を受けやすい形状と
なっている。それだけに気の抵抗を受ける。すると、後方からの気の圧力とし
ての沈力が働くが、その沈力に逆らってその反作用の揚力がすぐに働くのであ
る。フレミングの左手の法則も磁界の変化に逆らうようにモーターが動く。こ
れと同じ原理で、沈力に逆らうように揚力が生じるのである。
 地球は自転も公転もしていない(メーソンの偽科学による洗脳)3
 地球が自転していないことの証明
 飛行機で東京から北海道まで時速720q(秒速200m)で飛ぶ時は、地球
が西から東方向へ自転速度の秒速466mで回転している筈だから、飛行機から
見た飛行機の飛行による雲の速度よりも、飛行機から見た自転による雲の速度
の方が早いのだからこちらの方が顕著に見える筈であるが地球が止まっている
としか見えない。飛行機が地球の引力を受けて慣性力が働いていると言う言い
訳は、空気の抵抗で慣性力は無くなる。無くならずに絶えず引力の力が働いて
いるのなら、飛行機は移動しえない。雲は地球の引力で地球とだいたい同じよ
うに動いている筈である。
 皆既月食は月が地球の影になって起きると言うが、満月が欠けて元の満月に
戻るまでの時間は5.5時間である。これは地球から見た月の公転速度である。
月の満ち欠けの周期は約30日である。これは月自らが作る影が満ち欠けにな
るのである。これは地球から見た月の公転速度によって現れる現象である。皆
既月食が起きる公転速度で月が地球を回っていてるのなら、同じ公転速度であ
るから月の満ち欠けは皆既月食の月の満ち欠けと同じ速度になる。ただし、月
が消えている時間は地球の大きさによる影だから該当しない。月の形が変化す
る時間を言っているのである。

481 :catastro:2008/05/14(水) 02:25:18 ID:+DefAqsu
>>476
>月が後姿を見せない理由として、月の自転軸が絶えず地球に向いている
>と説明しているが
月の自転周期が月の公転周期と同期しているのです。月の自転軸が地球
に向いていたら、月の模様が常に回転しなければならないがそれはない。
>>478
>地球が自転していないことの証明
これは、全ての星が24時間でほぼ1巡することから考えて分かると思う。
>>480
ベルヌーイの原理?というか、気体の圧力が上面と下面で違うような設計
を人工的にしている翼の断面を利用して、浮力を得ている。

482 :catastro:2008/05/14(水) 02:33:16 ID:+DefAqsu
そんな原始的な方法でしか我々はまだ浮くことができていない。

ベルヌイは兄弟がいて、ジャックベルヌイとジャンベルヌイが
いた。ジャンベルヌイは、最急降下曲線の説明に、驚くべき才能を
示した。http://home.catv.ne.jp/dd/pub/cat/sf.html#35


483 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/14(水) 17:46:57 ID:3eHtnRYI
 >>481
 月の自転周期と月の公転周期が27.32日で同じとは苦しい言い訳だな。
両者はまったく違うものなのにどうして同期するのか。それこそ量子力学の確
率論から考えても両者が同じになる確率は一億分の一もないのである。
 雲の動きの速度から地球の自転の否定を証明しているのにその事には何の反
論も出来ていない。
 翼の断面から浮力を得る原理を研究しようとしているのに何の答えにもなっ
ていない。

484 :catastro:2008/05/14(水) 23:17:09 ID:+DefAqsu
>>483
何か、勘違いしないでくれ、理由をいっているのではない。状況を
正しく説明するだけだ。自転と公転が同期する現象は、太陽系内
に非常に多くある。読んでみてくれ。
http://home.catv.ne.jp/dd/pub/lag.html


485 :catastro:2008/05/14(水) 23:24:27 ID:+DefAqsu
>>483
>それこそ量子力学の確率論から考えても両者が同じになる確率は一億分
>の一もないのである。
そんなことはない。そこら中、同期しているのが太陽系だ。

>雲の動きの速度から地球の自転の否定を証明しているのに
そんなことが雲の動きから否定できるのだったら、太陽が西から登ります。

>翼の断面から浮力を得る原理を研究しようとしているのに
いいことだ。現実的な理論の理解は全てのはじまりだ。



486 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/19(月) 11:55:20 ID:7Szxduqd
 君達は頭が悪いね。じゃ、小学生でも判る様に説明しよう。
 地球は自転も公転もしていない(メーソンの偽科学による洗脳)4
 地上の人間から見た雲の動きは止っているように見える(風力の影響を除く)。
地球が東方向へ自転しているなら、雲も地球と共に移動しなければ止っている
ように見えない。この移動する力を重力による空気の圧力の保持力と考える。
空中に浮かんでいる飛行機は何十トンもある為に、重さによる慣性力が働いて、
空気の圧力の保持力では移動出来ない。しかも、重力は地球の重心に向かう為、
地球の自転と共に移動する力とはならない。飛行機は地球からの重力を受ける
が、地球の自転の運動に引っ張られるものではない。だから、飛行機は水平方
向には地球からの力の束縛を受けない。その飛行機から雲と地球の動きを見れ
ば自転の動きが観察される筈である。しかし、地球の自転は止って見える。
 地球の自転、公転による遠心力は観察されない。したがって、地球は自転も
公転もしていない。


487 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/19(月) 19:48:51 ID:???
ID:7Szxduqdと並べるとcatastroが非常にまともに見えるから驚くよな


488 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/19(月) 22:22:37 ID:???
それはなんというかとても悲しいことではあるね。

489 :catastro:2008/05/20(火) 03:00:10 ID:Ssuc2YBr
>>486
どうして小学生をだますのですか?そうして楽しいのですか?

地上と雲が大きく離れていないから、相対運動がない。それだけであるのに。
どうして、こんなことを主張してなにが楽しいのですか?
>地上の人間から見た雲の動きは止っているように見える(風力の影響を除く)。
そう。動いていても、止まってみえる。
>地球が東方向へ自転しているなら、雲も地球と共に移動しなければ止っている
ように見えない。
そう。雲も地球と共に移動しているので、止まって見える。
>その飛行機から雲と地球の動きを見れば自転の動きが観察される筈である。
自転している飛行機からみると、自転していても全く動いて見えないのです。


490 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/20(火) 03:22:39 ID:???
今時小学生だってこんなアホには騙されないから安心汁

491 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/20(火) 11:59:46 ID:OxAC3EYl
>>489
 >その飛行機から雲と地球の動きを見れば自転の動きが観察される筈である。
 自転している飛行機からみると、自転していても全く動いて見えないのです。
 
 飛行機が自転しているなら、どんな力によって動いているのか説明せよ。
 

492 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/20(火) 13:06:35 ID:OxAC3EYl
 地球は自転も公転もしていない(メーソンの偽科学による洗脳)5
 地上の人間から見た雲の動きは止っているように見える(風力の影響を除く)。
地球が東方向へ自転しているなら、雲も地球と共に移動しなければ止っている
ように見えない。この移動する力を重力による空気の圧力の保持力と考える。
 この保持力も厳密に言うと成り立たない。大地と空気との糊の役割、空気と
空気との糊の役割の存在がないからである。
 地球の地軸は北極星に向いているから、地球が自転しているのなら、北極星
から赤道上に立っている人を見れば東方向へ円運動しているように見える筈で
ある。逆に地上に立っている人から北極星を見れば西方向へ円運動しているよ
うに見える筈である。しかし、大地に固定したカメラで北極星を写しても北極
星は微動だもしない。地球が公転しているなら、同じように地上に立っている
人から北極星を見れば西方向へ円運動しているように見える筈である。北極星
が微動だもしないのは地球が自転も公転もしていないからである。


493 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/20(火) 15:06:41 ID:OxAC3EYl
 太陽が東から西に動いて見えるのは、天が地球の周りを回転しているためで
ある。実際、宇宙なんてものは地球から見ればごみのようにしか見えない。実
体のあるものは地球のみである。実体のある地球がごみのような宇宙の周りを
回っているとは考えられない。地動説は嘘で天動説が正しい。地球の1年があ
るのは地球の傾斜運動によるものである。

 君達が迷信だと馬鹿にしている事が真実の科学である。
 地震がプレートのもぐりこみによって起きるなどとはお笑い草だ。四川大地
震を動物たちは予知出来ている。ひきがえるは事前に非難しようとして移動し
ている。馬鹿な人間だけが地震の被害を被ったのである。お前達の科学など自
然現象から見れば屁のようなものである。地震も予知出来ない、アリ一匹も作
ることが出来ない科学で屁理屈や能書きをたれるでない。


494 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/20(火) 20:17:13 ID:???
飛行機が自転て・・・
いったいどの軸を中心にして回ってるのかね・・・
中の人は目が回って大変だろうなw

495 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/22(木) 12:19:53 ID:lkQm87rx
 君達の知能では私の頭脳に付いてこれないらしい
 地球は自転も公転もしていない(メーソンの偽科学による洗脳)6
 地上の人間から見た雲の動きは止っている様に見える(風力の影響を除く)。
地球が東方向へ自転しているなら、雲も地球と共に移動しなければ止っている
様に見えない。この移動する力を重力による空気の圧力の保持力と考える。
 この保持力も厳密に言うと成り立たない。大地と空気との糊の役割、空気と
空気との糊の役割の存在がないからである。
 
 この事を実験で確かめる。トラックの上に普通乗用車、乗用車の上に軽自動
車を積んでトラックが走行する。乗用車も軽自動車もトラックにワイヤーで縛
られている。トラックを自転する地球とみなし、乗用車と軽自動車を空気の1
層と2層とみなす。ワイヤーを切ると乗用車も軽自動車も後方へ落下する。い
くら慣性の法則が働いても、空気の抵抗を無くしてもこの現象は変わらない。
空気の層の摩擦力でやがては失速するのである。全ての空気の層が自転と一緒
に移動しているのであれば、風が吹いたり、止んだりする現象は説明出来ない。

 地球が自転しているのなら、洗濯機の脱水機によって水が飛び散る様に、地
上の小石も飛び散る筈である。水は服に浸透力で付着し、小石は重力で地面に
くっ付いている。条件は変わらない。
 地球儀に10gの重さに耐えれる糊を底面に塗った鉛筆をくっ付ける。地球儀
と地球の大きさから地球の自転と同じ条件になるよう地球儀の回転の速度を計
算して回転させると鉛筆は遠心力によって地球儀からはがれてしまう。以上の
2項目の事から地球の自転は否定出来る。


496 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/22(木) 16:25:38 ID:lkQm87rx
 阿呆の東大出の大槻義彦はメーソンから魔女狩りを命じられている悪魔
 UFO、ミステリーサークル、超能力、心霊現象、オーパーツ、神の奇跡等
科学では説明出来ない事がこれだけ出て来ているのに、科学で説明出来ない事
をあくまでも否定しようと必死になって、反乱者(福来博士等)を追放して来た
のである。そうしないとメーソンの偽科学が嘘である事が大衆に判ってしまう
からである。本当の霊能者は他人のサイフの中身まで透視出来るのである。テ
レビに出て来る超能力者は5流以下の者しか出て来ない。テレビがこの様な番
組を放送する目的は、これらの超常現象を最後には否定して笑いのネタにする
為である。
 霊視が売り物の江原啓之に人気が集まるのは、他人が知り得ない事をズバリ
言い当てられる為で、だから、大衆は信じるのである。江原が嘘をつけばその
信用はすぐなくなる。しかし、私の目から見れば、彼らの霊能力は狸等の邪霊
の力によるものである。昔の人はこれらの人を稲荷(狐)使い等と言って見抜い
ていたのである。日本人の神性が西洋文明によって穢されて、獣に堕落させら
れているのである。これがメーソンの目的で、彼らの世界制覇の最大の敵とな
る日本人を偽科学と偽宗教で洗脳して奴隷にしているのである。お判りかな。

497 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/22(木) 18:19:50 ID:???
タミの恥能についていける人などいない罠

498 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/22(木) 20:11:58 ID:???
長文をマルチポストするやつはカス

499 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/22(木) 22:49:33 ID:???
IQが80ぐらいだと、未だ自分が人より知能が劣るという事がわかる。
タミのようにIQ60以下の池沼は、それすらもわからず、逆に自分が天才だと信じる。

まあどんな分野でもトンデモというのは自分が天才だと思ってるものらしいがw

500 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/23(金) 01:48:06 ID:1SEtc1nu

みんなこれについてどう思う?

274 cis ◆YLErRQrAOE New! 2007/07/25(水) 12:12:26.02 ID:us07ZQfL0
『空間の力』を発見した。
万有引力ってあるじゃない。物質は引き合う力を持っているってやつ
実際にものの質量に力が比例するんだとブラックホールみたいにめちゃめちゃ重いものがどんどん近くのものを引き寄せて
さらに力が強くなって、さらにどんどん引き寄せて・・・。って宇宙空間の物質がひとまとまりになっちゃうと思うんだけど
実際はそうなってない。それはなぜかというと引力に反作用してる力、空間の力があるから
『空間の力』ってのは、『空間は外へ拡散し続ける。』
何も無い空間はどんどん広がっていくわけ。その力があるから物質が引き合う引力があっても物質は無限大の彼方でもひとまとまりにならない。
太陽と地球は引力と推進力でつりあって回っているわけだけど、そういう小さい次元じゃなくて宇宙全体って次元で見てみると、引力と空間の力がお互い作用してつりあってる。
空間の力の反作用として引力があるという俺の仮説が正しければ、空間の力により宇宙はどんどん加速度的に膨張してるわけだから
引力は徐々に力を強めてくるはず。
仮に反作用として引力があるわけじゃなくても、空間の力があることは確実。
絶対に宇宙も、宇宙のさらに外側も空間の力によって広がっているわけだから・・・。


501 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/23(金) 06:12:55 ID:???
長いと思う

502 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/23(金) 07:44:05 ID:???
フロギストンを髣髴とさせるなw

503 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/24(土) 10:26:21 ID:M0ContCz
>>483 月の形が真球で比重が均等ならばあなたの言うとおり。


504 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/25(日) 06:40:37 ID:3zVBnvej
空間の力ってもしかしたらあるのかもしれないな

505 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/25(日) 07:35:40 ID:???
長文じゃなければOK

506 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/25(日) 08:08:51 ID:???
空間の力ってのは、既に確立された概念で、英語で empty force (カラジカラ)と言います。

507 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/25(日) 11:57:23 ID:L5gctL+N
 ガリレオの相対性理論を鵜呑みにするな。 
 自転車で走行する時に前方からの風圧を受けるじゃないか。空気が地球と共
に東方向へ自転している時には、静止している自転車は何の風圧も受けないが、
自転に逆らって西方向へ走行した場合は、前方の空気の時速が{地球の自転の速
度(1500q)足す自転車の速度(20q)=(1520q)}になって早くなって自転による空
気の抵抗を受ける。しかし、自転の流れに沿うように東方向へ走行した場合は、前
方の空気の時速が{地球の自転の速度(1500q)引く自転車の速度(20q)=(1480q)}
になって遅くなって空気の抵抗となる。確かに計算上は自転車が時速20qで静止し
た壁にぶつかるように思えるが、片や正面衝突とかま堀衝突では衝突エネルギーが
違うから、風の抵抗も違うのである。お判りかな。


508 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/25(日) 12:47:10 ID:???
そりゃースゲェーや

509 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/25(日) 13:19:47 ID:L5gctL+N
 地球は自転も公転もしていない(メーソンの偽科学による洗脳)7
 フーコーの振り子の矛盾点
 人間が振り子の固定点の真下に立った場合を考える。振り子を見上げれば振
り子の振幅は左回りに回転して行く。人間が地球と共に自転しても、人間は絶
えず振り子の振幅の中心の真下にいて、固定点を真上に見ているのだから、自
転によって見かけ上振り子の振幅が左回りすると言うのはおかしい。それに、
時速1700qで自転している影響がこんなフーコーの振り子の振幅の微小な回転
と言うのも不自然である。これを自転によるものだとはお笑い草だ。
 この現象を解明してみる。
 植物のつるは左巻き、台風は左回り、鳴門のうず潮は右回りである。これは
天の気が左回りし、地の気が右回りする為である。フーコーの振り子の振幅が
右回りするのは、重力と言う天の気が左回りで下降し、地の気が右回りで上昇
しているから、おもりは地の気を得て右回りするのである。
 ガリレオの相対性理論により、空気は地球と共に西方向へ自転している。人
間が東方向へ走る時はこの空気の風圧を受ける筈である。受けないのは地球が
自転していないからである。
 最後に、宇宙の真実を知りたい人の為にだけ説明しよう。では気とは何なの
か。それは神の働きである。竜巻は地の龍神の働きで起きる。


510 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/25(日) 16:37:52 ID:???
また俺様用語「気」の登場かよ

511 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/25(日) 18:21:54 ID:???
植物のツルには左巻きも右巻きも在るんだよ。
鳴門の渦もな。
左巻き固定なのはお前のツムジくらいだろ。

512 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/25(日) 21:01:31 ID:3fGy0Py9
http://www004.upp.so-net.ne.jp/nando/physics2/wabunpdf.pdf

分かりやすくってお勧め。というか、その手の本を読み漁ってる香具師に
とってはなんら新しいものはないがね。

ま、重力に関する記述は、いささか無理がありすぎるのは難点だ。

513 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/26(月) 01:07:11 ID:???
おいおい、南堂先生のトンデモ理論じゃないかw

514 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/27(火) 14:38:15 ID:6g/0wCtJ
  地球は自転も公転もしていない(メーソンの偽科学による洗脳)8
 地球は1日に1回転して365日で太陽を1回りする。
 水星は59日に1回転して88日で太陽を1回りする。
 天王星は0.718日に1回転して30688日で太陽を1回りする。
 月は28日に1回転して28日で地球を1回りする。
 これらの惑星等の自転、公転速度はどの様にして決まったのか。
 ビッグバンから惑星等が生まれ、その時の偶然の初速度として決まったと仮
定する。月等にクレーターがあるのは隕石の衝突の跡だと説明している。する
と、月は隕石が衝突して初速度が変わって現在の自転、公転速度となったそう
である。その自転と公転が同期しているとは確率的に1億分の1も有り得ない。
だから、同期していると言うのは嘘である。
 月の満ち欠けが月の公転による月自身の影によるものであり、皆既月食も月
の公転による地球の影によるものなら、影の移動速度が同じにならなければな
らない。
 植物のつるが左巻きなのは、植物が太陽の火の気を受けている為で、若葉が
萌えると言うもえるの語源は火が燃えるから来ている。火の気(天の気)が太陽
に帰ろうと左巻きに伸びるのである。血をちと呼ぶ語源は地から来ている。土
地の土が食べ物に化けてそれを食べて消化すると血となる。日本の先人は宇宙
の真理を把握していたのである。それを毛唐(西洋人)に偽科学で騙されている
のである。日本人より優れた人種はいないし、日本文明より優れた文明はない
のである。日本に西洋文明の真似をした猿が自分は知能が高いと言ってのさば
っている。こいつらはごみ以下の存在価値しかない。
 外国が日本を欲しがって盛んに反日攻撃してくるのは、日本が神の国であり、
宇宙を作られた創造神が守護しているからである。メーソン(悪魔)は創造神に
とって代わろうと悪知恵を働かせているのだ。今の世の中が悪に染まり、人間
の力ではどうする事も出来なくなっている。これが世の終りの様相である。
 神の裁きによって鬼が退治され、天国の世に変わるのである。今の君達のま
までは退治される鬼の運命となる。風前の灯し火である。好きなだけ人を罵倒
しているが良い。


515 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/27(火) 14:41:13 ID:???
馬鹿が疲れを知らないのは、馬鹿だからである

516 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/28(水) 00:45:16 ID:???
エネルギーを大量に消費する器官がないからな。

517 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/28(水) 00:45:49 ID:???
それ以前に疲労を感じる器官もなかったw

518 :catastro:2008/05/28(水) 23:58:56 ID:lSNd9pov
>>491
運動を続けるのには、力は関係しない。地球上にあるものは運動を続けるだけ
である。
>>>492
> 地球の地軸は北極星に向いているから、地球が自転しているのなら、北極星
>から赤道上に立っている人を見れば東方向へ円運動しているように見える筈で
>ある。逆に地上に立っている人から北極星を見れば西方向へ円運動しているよ
>うに見える筈である。
前半は正しい。後半は、地上にいる人にとっては、同じ方向に北極星がみえる
これは、見るひとの上下左右でみても空全体の回転軸に北極星があるように見
えるということ。
>>514
これらの惑星等の自転、公転速度はどの様にして決まったのか。
> ビッグバンから惑星等が生まれ、その時の偶然の初速度として決まったと仮
>定する。月等にクレーターがあるのは隕石の衝突の跡だと説明している。する
>と、月は隕石が衝突して初速度が変わって現在の自転、公転速度となったそう
>である。その自転と公転が同期しているとは確率的に1億分の1も有り得ない。
>だから、同期していると言うのは嘘である。
長い長い時間に、太陽系の惑星と衛星たちは、その運動を調整させられている。
月が自転と公転の周期が一致してしまうのは、月に多少の球形からの偏りが
あるだけでそこが安定点となって、そこに留まることが起きる。これは、水星
の自転と公転が2:3の比率になっていたり、太陽系の中には多数の整数の
共鳴関係(尽数関係)Resonance というものがある。

519 :catastro:2008/05/29(木) 00:05:21 ID:Si9+yE2v
> 月の満ち欠けが月の公転による月自身の影によるものであり、皆既月食も月
>の公転による地球の影によるものなら、影の移動速度が同じにならなければな
>らない
月の満ち欠けは、月の公転周期によるが、皆既月蝕の影は地球の細い影に月が
入って出るだけだから短時間で終わる。地球の直径程度を月の公転速度が
横切るだけである。

520 :catastro:2008/05/29(木) 00:13:53 ID:Si9+yE2v
>>496 ミステリーサークル
は、製作者がいて、2人で棒と紐だけであのような幾何学図形を1夜に製作した
ということが明かされていた。物事には明確な説明というものがある。


521 :catastro:2008/05/29(木) 02:45:05 ID:Si9+yE2v
>>492
518 の説明を続けると、回転している一点は、円運動という直接の運動
だけでなく、局所的にも回転していて、その回転の方が効いている。
そこからみた遠い星ぼしは、同じ大きさの回転をみるのではなく星空
全体の回転をみるということである。

522 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/29(木) 07:42:07 ID:???
タミにマジレスとは、今度はcatastroのほうが徒労を感じるだろうな。
ま、頑張ってくれ

523 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/29(木) 13:19:25 ID:60lssfkm
 カタストロ君は大人になって素直に負けを認めなさい。

 空中に浮かんでいる飛行機から雲と地球の動きを見れば自転の動きが観察さ
れる筈である。これにカタストロは反論して、
 自転している飛行機からみると、自転していても全く動いて見えないのです。
 自転の運動を続けるのには、力は関係しない。地球上にあるものは運動を続
けるだけである。にわしが反論して、
 慣性力は空気の抵抗、摩擦力によって無くなる。だから、飛行機が地球の自
転と共に動く為には力が必要である。離陸直後の飛行機は確かに地球の自転の
慣性力で動くが直ぐにその影響は無くなる。だから、飛行機は東西南北何処へ
でも何の負担も無く航行出来るのだ(自転と共に動く空気の抵抗も無しに)。
 
 地球の地軸は北極星に向いているから、地球が自転しているのなら、北極星
から赤道上に立っている人を見れば東方向へ円運動しているように見える筈で
ある。逆に地上に立っている人から北極星を見れば西方向へ円運動しているよ
うに見える筈である。カタストロは
 地上にいる人にとっては、同じ方向に北極星がみえる

 メリーゴーランドの人を地上の人が見れば回っている様に見え、メリーゴー
ランドの人から地上の人を見れば反対方向に回って見える。

 


524 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/29(木) 13:23:14 ID:???
catastroの話は未だ物理の話だったw
タミ(なのか?)の話は、自分の妄想を自分で真実と信じ込んだ宗教の話。

ここまでヴァカだと説明のしようもない。
catastroは、まだしもみんなが説得しようと努力したからなw

525 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/29(木) 13:33:20 ID:60lssfkm
 これらの惑星等の自転、公転速度はどの様にして決まったのか。
 ビッグバンから惑星等が生まれ、その時の偶然の初速度として決まったと仮
定する。月等にクレーターがあるのは隕石の衝突の跡だと説明している。する
と、月は隕石が衝突して初速度が変わって現在の自転、公転速度となったそう
である。その自転と公転が同期しているとは確率的に1億分の1も有り得ない。
だから、同期していると言うのは嘘である。にカタストロは
 太陽系の惑星と衛星たちは、その運動を調整させられている。
 太陽系の中には多数の整数の共鳴関係(尽数関係)Resonance というものが
ある。にわしが
 太陽系の惑星は主に太陽の重力の影響を受けているが、自転と公転はその惑
星の個性である。人工衛星は打ち上げられた環境に支配される。宇宙には重力
以外のどんな力が働くと言うのか。共鳴は空気等を媒介しているから起きるの
である。宇宙は真空である。

526 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/29(木) 13:56:09 ID:60lssfkm
 月の満ち欠けが月の公転による月自身の影によるものであり、皆既月食も月
の公転による地球の影によるものなら、影の移動速度が同じにならなければな
らない。にカタストロは、
 月の満ち欠けは、月の公転周期によるが、皆既月蝕の影は地球の細い影に月
が入って出るだけだから短時間で終わる。地球の直径程度を月の公転速度が横
切るだけである。にわしが
 太陽とスクリーンの真中に地球があれば、地球が公転していても太陽が動い
ている様に見え、その太陽の動く速度とスクリーンに映る地球の影の動く速度
は同じである。皆既月食は地球の直径程度を月の公転速度が横切るだけである
と反論しているのは答えになっていない。私が問題にしているのは影の動くス
ピ−ドである。地球から太陽までの距離に比べれば月までの距離は0と近似し
てもよい。月の公転速度による月自身の影の速度と月の公転速度による地球の
影の速度は同じなのに、月は一日中その影の形を変えないの道理に合わない。
これは月の傾斜運動によるものである。

527 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/29(木) 14:12:39 ID:60lssfkm
 現代科学の嘘を見破る
 現代科学は本当のことは何も解明していない。なぜ、磁石が反発したり、引
っ付いたりするのか判らないのである。磁石の両端をN、S極として、同極は
反発力が、異極は引力が働くと規定しているだけである。磁気力は目に見えな
い。ただ、磁石の周りに置いた鉄粉によって磁気力線が見えるのである。
 重力の本体も判らない。ニュートンが万有引力説を出し、アインシュタイン
が時空歪み説を出した。時空が何も無い空間であれば何が歪むと言うのか。量
子力学では現象は確率の波によって起きるとしているが、それでは因果律が成
り立たない。原因と結果がどのように結び付くか説明出来ない。見えないもの
をその様に想像しているだけで、幽霊の話をするのと同じである。
 幻肢痛と言う現象がある。手を切断してその無い手の部分が痛むのである。
あるツボに鍼を刺してこの痛みを取り除く事が出来る。身体には経絡があって
そこに気が流れており、それが放電すると痛みとなるのである。だから、過剰
になった気を鍼を通して空中に放電させる事によって痛みが治まる。痛みにつ
いても科学では判らない。麻酔薬は毒によって気の流れを阻害させているだけ
である。
 ボウフラは汚水から湧くのであって、決して卵から孵化するのでない。玄米
から湧く蛾の幼虫も孵化するのでない。胚芽が虫に変化するのである。この事
も科学では説明出来ない。
 猿から人間に進化したと言うが、急激に進化出来ないから、その中間の形態
の動物が存在する筈である。しかし、それは存在しない。何時になったら猿は
突然変異して人間となるのか。猿の頭の毛は体毛であり人間の頭の毛は髪の毛
である。まったく別のものである。
 UFOは空間に存在している気(電波の媒体)の反発力を利用して運行して
いる。この気を制御しているものが神の意志であり、それによって、森羅万象
が動いているのである。
 この精巧な人間の体が偶然にできる訳がない。コンピューターも人間が設計
して電子部品で組み立て、それに作業としてのプログラムを与えて初めて動く
のである。人間は神が創ったものである。


528 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/29(木) 14:24:20 ID:???
ループ量子理論なんかは時空が量子だと考えるみたいだけど、これって結局エーテルってこと?

529 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/29(木) 14:26:00 ID:60lssfkm
 学の鼻高の鼻を折らねば神承知出来ん
 鶏の卵の黄身のとろとろの液体から、まさか鶏の体が出来るとは思うまい。
 遺伝子は身体の設計図であり、細胞分裂によって同じ細胞を作る為のもので
あるが、その器官を組み立てているのは神の働きである。なぜ細胞分裂した同
じ細胞が心臓となり、骨となるのか。その決定因子は遺伝子ではない。この事
は二つに細胞分裂した物を二つに切断しても2羽の鶏になる事から証明出来る。
 自然薯は固い赤土の中で大きくなる。芋は周りの赤土を押し退けて成長する
のではない。周りの赤土を体内に取り込んで変化させて芋の体にしているので
ある。だから水や土から虫が湧くのは何の不思議でもない。言霊が遺伝子とな
り、物に魂が宿ればそうなる。
 人の身体は一つの細胞から細胞分裂して60兆個もの細胞から出来ている。
細胞は細胞分裂しながら老化して行く。しかし、女性の卵子細胞は生まれたて
のように若い。卵子細胞は細胞分裂して出来た物ではなく、新しく生まれた物
である。がん細胞も同様である。誰かが、がんは遺伝子の異常で細胞分裂を繰
り返すと反論していたが、遺伝子は設計図であり、成長した体には用済みで、
只新陳代謝時の細胞分裂に使われるのみである。老化した細胞にはそんな活力
はない。子供の成長が早いのは細胞に活力があるからで、老人のがんの進行が
遅いのは栄養補給が滞るからである。
 砂糖を薬だと信じ込ませて飲ませると、薬と同じ効果が現れる。これを暗示
効果と言う。青い雨蛙が現れると突然変異と言う。薬が効くのは薬理作用だと
言い、雨蛙の緑色は遺伝だと言う。それを否定する現象が起きても、あくまで
も科学で押し通そうとする。なぜ暗示で薬理作用が働き、自然に遺伝子が変わ
るのか。生物が異常発生するのは、土や草木から湧いてくるからである。迷信
と言われるものに真実があり、科学と言われるものに迷信がある。継ぎはぎだ
らけの嘘の科学と歴史に騙されて、まだ気付かんのか。これほど誠を申しても
疑う者には悪霊が憑依している。


530 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/29(木) 14:50:25 ID:???
なんでこういう人は物理板にくるの?生物板とか数学板とか文学板とかゲーム板とかニュー速板ではなく。
自分の理論が正しかったらどこに書いたって認められるはずじゃん。
物理学が世界を説明する最強の体系だと思ってるの?

超重力理論、高階微分理論、非多項ラグランジアン理論、N展開、曲がった時空上の量子論、ラティス量子重力、
誘導重量、ツイスター、時空コード理論、漸近保障、カルツァクライン、ユークリッド量子重力、非摂動正準法、非摂動モンテカルロ、
ワームホール、デコヒーレンス、マトリックス理論、スーパースペース

とか全部まちがってたり途中でグダグダになって認められてない中で、こんなコピペを貼りまくっている人いないよね。
なんであなたはそんなにむきになってるの?ねえなんでなんで?
別にいいじゃん。そんなにムキになってもならなくても認められなきゃ上の理論考えてた人たちとポジション的には同じだけじゃん。
世の中自分の理論が認められてない人ばっかりだよ。

531 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/29(木) 15:20:15 ID:???
論文を書く能力がないからだろ。

532 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/29(木) 15:27:03 ID:???
そうか。じゃあ論文を書く能力を鍛えるんだ。わかったね?みてる?わかった?>529の人

533 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/29(木) 15:33:05 ID:???
そいつはただのマルチだから反応するなよw

534 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/29(木) 15:33:30 ID:???
え!しまった・・・(///)

535 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/29(木) 16:06:31 ID:???
せっかくNGワード指定したのに。迷惑なやつだな。
まあ、相間スレなんか読まなければいいのはわかっているんだけどねw

536 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/29(木) 17:05:55 ID:???
独り言だから。

537 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/30(金) 10:22:21 ID:ZICSiYlu
 地球は自転も公転もしていない(メーソンの偽科学による洗脳)

 私の学説にみんなが白旗を振って降参した。完全勝利宣言を述べる。真理は
全知全能の神だけが知り得る事で、不真理は真理の前にはひざまづいて負ける
しか方法がない。真理には敵対する事が出来ないのである。


538 :catastro:2008/05/30(金) 10:28:04 ID:YOhszOGW
>>523
>メリーゴーランドの人を地上の人が見れば回っている様に見え、メリーゴー
>ランドの人から地上の人を見れば反対方向に回って見える。

メリーゴーランドの側にいる地上の人をそうみるだろうが、空がどう見える
かを考えればわかる。回転板の一点に立つひとは、円運動と回転運動が複合
している。遠方の見え方は、自分の回転運動だけが影響する。メリーゴーラ
ンドでは、空は、真上を中心に回転しているように見えるだろう。

539 :catastro:2008/05/30(金) 10:35:55 ID:YOhszOGW
尽数関係(Resonance)について、我々の太陽系の共鳴
(1) 月の自転と公転 = 1:1
(2) 水星の自転(58.65d) と公転(87.97d) = 2:3 (水星の昼夜は、176d)
(3) 小惑星カーウッドの空隙、小惑星帯に、木星の公転周期と 2:1, 5:2, 3:1 がない。
(4) 小惑星ヒルダ群、木星の公転周期に対して 3:2 の公転周期の小惑星群
(5) 小惑星トロヤ群、木星と1:1 の公転周期(太陽、木星を辺とする正三角形の頂点)
(6) 木星の公転周期(11.86y)と土星の公転周期(29.44y) = 2:5
(7) 木星の衛星イオ、エウロパ、ガニメデの公転周期= 1:2:4
(8) 木星の 4 大衛星ガリレオ衛星(イオ、エウロパ、ガニメデ、カリスト)の自転と公転周期= 1:1
(9) 土星の環のカッシーニの空隙:衛星ミマスの公転周期の1/2、エンケラダスの1/3、テティスの1/4 の公転周期。
(10)土星の環のマクスウェルの空隙:ミマスの公転周期の1/3
(11) 土星の衛星ティティスとミマスの公転周期= 2:1
(12) 土星の衛星ディオネとエンケラダスの公転周期= 2:1
(13) 土星の衛星タイタンとハイペリオンの公転周期= 15.945d:21.277d= 3:4
(14) 海王星(164.774y)と冥王星(247.796y)の公転周期= 2:3
(15) 冥王星の自転公転、衛星カロンの自転公転周期= 1:1:1:1 (互いに同じ面を向ける。)
(16) 太陽の活動周期11年は、木星の公転周期(11.86y)とほぼ等しい。
(17) 金星の自転周期(240.02d)と地球の公転周期(365.24d)= 2:3
(18) 金星地球の会合周期(584.0d)と地球火星の会合周期(779.9d)= 3:4

540 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/30(金) 13:22:35 ID:ZICSiYlu
>>539
 だから、その共鳴させている力は何なのか。力には4種類ある。重力、電磁
気力、核力(強い相互作用と弱い相互作用)がある。この内、核力は原子核内
でしか働かないから、重力と電磁気力しかない。人工衛星は遠心力と重力が釣
り合って地球の周りを回っている筈だから、その組み合わせは限りがない。
(しかし、私は人工衛星が地球を回っているとは認めていない。何らかの推進
力を使って動いていると思っている)重力が公転力をつかさどっている。
 それに反して自転は重力に影響されない。空中へ飛ばしたコマの回転力は重
力に影響を受けない。電子のスピン(回転)は電磁気力に影響されない。つま
り、公転と自転とを結びつける力は存在しない。だから、共鳴させる力は存在
しない事になる。お判りかな。

541 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/30(金) 13:42:40 ID:ZICSiYlu
 宇宙は神の意志で動き人は神の子その証拠が超能力
 超能力者・三田光一が1931年に月の裏側を念写した。1959年、ソ連の人工衛
星ルナ3号が月の裏側の撮影に成功した。両者を比べると酷似していた。
 御船千鶴子の透視実験が福来友吉博士監修の基に行われた。透視が的中した
にも係わらず、現東京大学の山川健次郎の嘘でインチキとされた。長尾郁子の
念写は山川健次郎が卑怯にも乾板を抜き取ったものを用意して妨害しようとし
たが、彼女は乾板が無いのを透視して、彼らの悪巧みを見破った。
 長南年恵は44歳で没するまで一度も月経が無かった。30歳以降の14年間は強
要された以外は絶食していた。予言を行なえば全て的中し、空中から空き瓶に
引き寄せた神水で病人を治した。これを支配層が見逃す訳が無く、鶴岡警察署
が介入して、医師の資格も無いのに、怪しげな水によって病気治しを行い、吉
凶福禍を説いて愚民を惑わすのは詐欺行為に当たるとして、長南は逮捕された。
ところが監獄にあって、数週間絶食しているから便通が無く、平然と朝夕の神
拝を続けた。結局60日後に釈放されたが、44歳で亡くなるまで人助けに行った。
 体内にウイルスが侵入した事をどうして免疫系統が感知し、なぜそこへウイ
ルスを攻撃するリンパ球が集まるのか。ウイルスに接触した肥満細胞がヒスタ
ミンを産生して炎症し、その部位にインパ球が集まると言う説明では納得出来
ない。鯖を食べるとじんま疹が出来て痒くなる。この原因はヒスタミンである。
なぜ肥満細胞が微小な0.01ミクロンのウイルスを感知し、毒素ヒスタミンを産
生するのか。リンパ球が熱と毒に集まるなら、心臓と肝臓に集まる筈である。
 細胞がウイルスに死滅させられる時に救助を求めるテレパシーを送る。する
と、人の宿神が透視して、ウイルス(魔軍)の居場所を発見し、リンパ球(神軍)
を魔軍征伐に派遣するのである。
 ミステリーサークルは1晩で出来る。照明無しで、この様な複雑な図形を作
る事は現代科学では無理である。しかも倒れている小麦の茎はガラス管が熱で
屈折した形状である。人間がプラズマで作ったとしても、その使用した機械の
痕跡が無い。自然現象では完全な直線と円は描けない。これは小型UFOが作
ったのである。


542 :catastro:2008/05/31(土) 11:53:54 ID:2LdbRnFQ
>>540
>人工衛星は遠心力と重力が釣り合って地球の周りを回っている筈だから、
>その組み合わせは限りがない。
そのとおり。天体が質点なら、そして、慣性と加速度の関係を認めるなら、
さらに万有引力の法則を使えば、ニュートン力学が任意の楕円運動を導く。

>しかし、私は人工衛星が地球を回っているとは認めていない。何らかの推進
>力を使って動いていると思っている
推進力がつねに必要なのはアリストテレスの力学で、そんな所に留まるのは、
我々にとってばかげた行為。それは全てを捨てるようなもの。
ガリレオは、斜面を徐々に平坦に持っていくという思考実験を使って、慣性
の法則、力の働かない質量には静止又は、均一な運動があることを見出した。
また、宇宙が真空としてほとんど速度に比例するような抵抗がないことを仮定
することによって、ティコブラーエの観測からケプラーの楕円運動を説明する
ニュートン力学ができた。

> それに反して自転は重力に影響されない。空中へ飛ばしたコマの回転力は重
>力に影響を受けない。電子のスピン(回転)は電磁気力に影響されない。
>つまり、公転と自転とを結びつける力は存在しない。だから、共鳴させる力は存在
>しない事になる。お判りかな。
回転力=>回転
きみが決して説明できないと主張するResonanceを私に説明を求めるのか。
きみは、ニュートン力学をもっと精密に知るべきだ。
球状に分布する質量は、中心の一点に質量が集中して存在していると置き換
えて考えることができる。逆に球状から外れた質量は、それができないのだ。
すこしでも理想的な球から外れた形態の質量分布は自転が公転に影響される。
月の中心から外れた場所にある余分な質量を考えれば、それは地球に近いとき
地球に余計に引かれ、地球に遠いとき余計に外にむかう。これによって、
自転は加速されたり減速されたりする。月の角運動量は保存されない。それ
は地球とか他の天体に移っているからだ。

543 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/31(土) 13:21:34 ID:???
クソポエムにマジレスw

544 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/31(土) 15:39:39 ID:t8OZmtE/
ダークエネルギー=真空のエネルギー=エーテル

545 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/31(土) 19:22:38 ID:???
リアルな既知害が2chで妄想を書き連ねる事をいつから「学説」と言うように
なったんだろうな www 統失が悪化して神の声が聞こえるらしいしwww

誰にも相手にされないほどに頭の悪いヴァカは、幸せそうだなwww

546 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/01(日) 14:31:23 ID:wBqrqiuq
>>542
 確かに慣性の法則は真空の宇宙では成り立つが、地球上では空気等の抵抗、摩
擦力で減衰して成り立たない。人工衛星は重力圏内だから完全な真空ではない。
 
 すこしでも理想的な球から外れた形態の質量分布は自転が公転に影響される
 惑星が球状の形をしているのは、地軸を中心に質量分布がほぼ均等になってい
るからである。不均等なら一定の公転軌道から外れて流れ星になってしまう。
 1999年に起きたグランドクロスによって惑星同士が偏った位置となれば、お互
いの引力が働いて公転速度に遅れが出る筈である。そんな影響は出ていない。
 公転は太陽の重力に司られる。他の惑星からの引力は余り影響を与えない。
 地球は太陽磁場によって地軸が北極星に向いている。しかし、太陽磁場は地球
の自転まで支配出来ない。コマを回すには紐による回転力が必要である。モータ
ーなら電流が流れなければならない。それに、地球の周りにN、S極の磁場が必
要である。マイスナー効果でもそれと重力の関係は否定出来る。
 要するに、地球の自転の速度を公転の速度に共鳴させる要素が皆無である。


547 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/01(日) 14:35:03 ID:wBqrqiuq
 まもなく元神の立替えが断行される
 三千世界一度に開く梅の花、艮の金神の世になりたぞよ。今日はけものの世、
強い者勝ちの悪魔ばかりの世であるぞよ。これでは世は立ちていかれんから、
神が表に表れて、三千世界の立替え、立直しを致すぞよ。三千世界の大洗濯、
大掃除を致して、万古末代続く神国の世に致すぞよ。天理、金光、先走り、
とどめに艮の金神が現れて、世の立替えを致すぞよ。
 外国は獣類の世、強い者勝ちの悪魔ばかりの国であるぞよ。日本も獣の世に
なりておるぞよ。外国人にばかされて、尻の毛まで抜かりておりても、未だ眼
のさめん暗がりの世になりておるぞよ。
 日本は神の神性を失って外国の真似をしていた為に神罰が下り、関東大震災
の災難を被った。その後世界大恐慌に巻き込まれて大不況となり、経済を建て
直す為に、外国の地(満州)を侵略せざるを得なくなり、太平洋戦争の地獄に
落とされたのである。関東大震災はその22年後の東京大空襲の警告でもあった
のである。時は流れて日本は経済バブルに浮かれて金の亡者に成り下がった為
に神罰が下り、阪神大震災の災害を被った。神戸は神の神聖な場所である。そ
こを通じて、外国の穢れたものを輸入していたからである。
 日本は神の国である。元神が守護している国である。日露戦争の黒溝台会戦
で、日本軍の最左翼を8千人で守っていた、秋山好古率いる秋山支隊に、ロシ
ア軍第10軍団の10万もの大軍が襲ってきた。これを死守出来たのは神の守護に
よる。秋山の塹壕の中から機関銃を撃つと言う戦法は神の啓示である。日本軍
の武器として数少ない機関銃を、この秋山支隊が持っていたから、この様な奇
跡が起きたのである。奉天会戦でも神風が吹いて、ロシア軍は粉塵で眼を開け
ている事が出来なくて撤退を余儀なくされた。
 西洋式の草木、虫けらを殺しても、畜生を殺して肉食しても、何ら憐れみの
心や痛みが感じられないのは、精神が獣性を帯びて利己主義になっているから
である。神罰が下ったり、戦争が起きる原因もここにある。いくら戦争反対と
唱えても、自らの行いを改めない限りはその災禍から逃れる事は出来ない。

548 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/01(日) 15:00:12 ID:???
> 確かに慣性の法則は真空の宇宙では成り立つが、地球上では空気等の抵抗、摩
> 擦力で減衰して成り立たない。

空気の抵抗や摩擦があるときは第二法則に従って加速運動をすると言うだけのことだ。
それらが非常に小さいときは加速度も非常に小さい。つまり「ほぼ」等速直線運動する
ので、「慣性の法則」も「ほぼ」成り立つといえる。

「成り立つか」「成り立たないか」の「YES/NO」「0/1」でしか物事を考えないのは、「二分法」
という典型的な「欠陥思考」だ (意図的にその二つしかないと思わせる場合は「詭弁」という)。

科学的に物事を考えるときは、常に「どの程度成り立つか」という定量的な考え方をしなけ
ればならない。

定量的な考え方ができないのは、いわゆる「トンデモ」の多くに共通した特徴の一つだな。

> 人工衛星は重力圏内だから完全な真空ではない。

「完全な真空」ではないので、その空気抵抗によって人工衛星はわずかずつエネルギーを
失い、最後には地表に向け落下することになる (ほとんどの場合、地表にたどり着く前に燃
え尽きるが)。それにかかる時間は衛星によって異なる。


549 :catastro:2008/06/01(日) 16:02:39 ID:19AvVtGZ
>>546
月などの天体には少しの不均一があり、それが自転と公転の同期、共鳴
の尽数関係の原因と考えられる。惑星や衛星が球形に近いのは、その
スケールから来るもので、大地もこのサイズでは柔かいのでほぼ球形
以外の形をもてない。
>1999年に起きたグランドクロスによって惑星同士が偏った位置となれば、お互
>いの引力が働いて公転速度に遅れが出る筈である。そんな影響は出ていない。
大きな影響は、でるはずもないことに気がつくべき。
>地球は太陽磁場によって地軸が北極星に向いている。
太陽磁場にそんなことをできるとは思えない。太陽系の形成が太陽の形
成とほぼ同時期のガス生成によると考るべき。全ての惑星は、ほぼ同
じ面内にあるし、自転の向きも大半(例外は寝転がっている天王星とか
冥王星)はこの面に垂直に近い。
>公転は太陽の重力に司られる。他の惑星からの引力は余り影響を与えない。
惑星間の公転周期の同期関係とか、他の惑星の重力による水星の楕円軸
の前進などがある。
>それに、地球の周りにN、S極の磁場が必要である。
太陽系最初の形成から地球などの回転はあったと考えるべき。地球磁場など
この数万年で頻繁に反転していることを知るべき。
>地球の自転の速度を公転の速度に共鳴させる要素が皆無である。
あのね、地球は同期してないの。

550 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/01(日) 16:48:22 ID:???
げぇ、スクリプトが反応してるしw じゃ、漏れもw

> 1999年に起きたグランドクロスによって惑星同士が偏った位置となれば、お互
> いの引力が働いて公転速度に遅れが出る筈である。そんな影響は出ていない。
へえ、おまいの池沼物理ではあの程度の微弱な力で公転速度すら変わるのかwww
おまいの物理学じゃ、1km先でハンマー投げしたら、重力波で家が潰れそうだなwww
定量的評価、って意味すら解らないだろ?www

551 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/02(月) 16:24:40 ID:IN3Ge/n5
 地球は自転も公転もしていない(メーソンの偽科学による洗脳)9
 流れ星は光を失うだけで、分裂したり、大気圏で燃えて質量を減ずる事は無い。金
属を含む鉱石は不純物がある為に金属の様に溶けて燃える事は無い。隕石の正体は流
れ星である。宇宙に見えている星はどんなに大きくても、大きい隕石に他ならない。
太陽を含めて、宇宙に存在する星が地球と比べてより大きい可能性はない。あっても
同程度である。存在感のある実体の地球が、水素ガスの塊である太陽の重力圏の中を
公転している筈が無い。天帝のおわします紫微宮の現界の実像が地球なのだから、
{たとえると、魂の拠所が肉体であり、神(魂)は地球(肉体)において神力を発揮出来
る。}太陽を含め、宇宙の星が地球の周りを回っているのである。
 米の価格が高いと言うプロバガンダ
 米1俵が16000円なら、40升即ち400合が16000円となり、1合40
円となる。パン1斤6枚切が120円なら、2枚で40円となる。米1合はご飯茶碗
2杯分で、パン2枚と比べて食い応えがあり、栄養も勝る。だから、決して高くない
のである。
 兼業農家の経理を調べてみると、トラクター150万円、コンバイン150万円、
田植機50万円である。これらの減価償却費は耐用年数10年として1年当たり35万
円となる。肥料、農薬雑費等9万円で経費が44万円となる。収入は5反作付けして
、1反当たり7俵の収穫として35俵となり、1俵15000円として、52.5万
円となる。利益は収入から経費を引いて、1年間で8.5万円で日当代にもならない。
幾ら合理化して、大型機械を導入しても借金の利息で、経営が行き詰まる。アメリカ
の農家の経営が成り立つのは国からの補助金のお陰である。タイ等が安い米価で生活
出来るのは、人海戦術と物価水準が低いからである。アメリカは日本を兵糧責めにす
る為に、日本の農業を潰そうとしているのである。


552 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/02(月) 16:50:03 ID:IN3Ge/n5
>>549
 >地球の自転の速度を公転の速度に共鳴させる要素が皆無である。
 あのね、地球は同期してないの。
 
 月が同期して、地球が同期しない理由が判らない。だから、catastro君の説明はち
んぷんかんぷんで誰も納得出来ない。
 

553 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/02(月) 17:11:06 ID:IN3Ge/n5
>>550
 君は鈍感なので四川大地震の振動が感じられなかったのである。感じられなかったからと言って、それが無いとは断言出来ないのである。
> 1999年に起きたグランドクロスによって惑星同士が偏った位置となれば、お互
> いの引力が働いて公転速度に遅れが出る筈である。そんな影響は出ていない。
へえ、おまいの池沼物理ではあの程度の微弱な力で公転速度すら変わるのか

 どんな微弱な力でも影響はある筈である。雨水の水滴が石に穴を空けるように。
そうならないのはその影響を打ち消して復元させる力が働いているからである。

554 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/02(月) 17:49:38 ID:???
>>551-553
お前が何を言いたいか十分解ったからもういいよ
少なくとも他のスレに逝ってくれ

555 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/02(月) 18:50:54 ID:???
>>552
>誰も納得出来ない。
自分が納得できないだけなのを誰も納得できないとすりかえる
これが脳足りんクォリティ

556 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/02(月) 21:43:32 ID:???
> 月が同期して、地球が同期しない理由が判らない。

何言ってるんだ、当たり前だろ。
知恵遅れに分かるほど物理は簡単ではない。
馬鹿に物理は理解はできない、ただそれだけのこと。

当然、我々「馬鹿ではない」人間には、おまいの妄想なんか意味不明。
これも当然だろ、既知害が「うーうー、わーわー」って騒いでるのを聞いて
理解できる香具師なんかいるわけがないwww

557 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/02(月) 22:39:10 ID:???
ttp://www.geocities.jp/not_loose2005/music/ByeBye.wma

558 :catastro:2008/06/03(火) 20:42:59 ID:6sey7ghV
>>551
>流れ星は..
大気に接触して発光し1秒以内に燃えつきる流れ星は、米粒程度の大きさで
しかない。

>宇宙に見えている星はどんなに大きくても、大きい隕石に他ならない。
>太陽を含めて、宇宙に存在する星が地球と比べてより大きい可能性はない。
>あっても同程度である。
月が地球よりかなり小さく、太陽が地球の100倍も大きい半径をもつという
ことを知る長い歴史を我々はもつ。地球の大きさは、ギリシャ時代に太陽の
光が垂直の井戸に差し込む同じときに離れた都市での影の長さを計ることで
1周約4万kmと推定された。それには、地球が丸いという仮説も使う必要が
ある。地面が平坦であるという論者もいた時代である。
月蝕の地球の影が、月の大きさの数倍だから、地球と月の大きさは、推定され
た。月に比べて太陽は、ほぼ同じ大きさ(直径が0.5度)に見えるが、新月、
半月、満月がほぼ同じ日にちを要するから、太陽は月より十分遠いことが分かる。






559 :catastro:2008/06/03(火) 21:10:21 ID:6sey7ghV
>>552
地球は、自転と公転が同期していない。月は、自転と公転が同期してい
る。個別の微妙な理由があるに違いない。水星は自転と公転が 2:3 だ
から、これにも理由がある。少なくとも自転と公転の同期には説明が
可能なものと考えられる。ただ、太陽系の歴史 50 億年でそれが可能
かは別だが。放射性同位元素からの推定は、今まで一番単純で正確だ
ったから、地球の46億年は確かと思う。ジャイアントインパクト説は、
まだ私は、とても信ずる気になれない。これに似た太陽系全体の生成
に他の恒星の接近遭遇を原因とする説を子供のときに読んだ。これは
ジーンズの本だったが、私の読んだ当時すでに否定された説だった。
銀河系内で恒星が接近遭遇することは、1万回銀河同志がぶつかって
も1回起きるかどうか程度である。それほど恒星間距離は恒星の半径
と比べてはるかに大きい。だから、そこに奇跡を求める起源は、信用
できない。月が地球のマントルと組成がほとんど一致していて、月に
鉄の核がない。だから地球に他の惑星か何かに衝突されて月が飛び出
したとするこの説は、ほんの最近、70年代の後半に出てきた。それま
では誰も主張しなかった説である。月の公転軌道が太陽系の公転軌道
とあまり変わらないから、太陽系内の惑星がやってきたとするが、
それの元の惑星はどこにあったのだろう。チティウスの法則という
ものからは、小惑星帯があやしいが、小惑星は一度も熱を受けていな
いようだ。惑星になった経験がないらしい。そしていまどこにいった
のだろう。地球と一体化したとするらしいが、何か確認するものがあ
るのだろうか。地軸の 23.5 度の傾きは大きいとみるのか。それに比
べれば、海王星と冥王星の軌道と地軸はめちゃむちゃ乱されている。
明らかになにか天体サイズの災厄があったと思う。しかし、地球月系
にそれを期待するのは、証拠が少ないのではないか。

560 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/03(火) 21:31:09 ID:???
恒星の接近遭遇の頻度と太陽系初期の惑星の接近遭遇の頻度に何の関係があるんだか。


561 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/03(火) 21:42:32 ID:???
>ほんの最近、70年代の後半に出てきた。それまでは誰も主張しなかった説である。
そりゃアポロ等で月の岩石の組成が判明して初めて出てきた説なんだから

>海王星と冥王星の軌道と地軸はめちゃむちゃ乱されている
地軸の乱れならイの一番に天王星を持ってくるだろふつー

チチウス・ボーデを持ち出しておきながら、海王星や冥王星に天体サイズの
災厄があったと推測しつつ、地球月系にはそれを期待できないというのは
いったいどういう論狸なのか


562 :catastro:2008/06/03(火) 23:32:09 ID:6sey7ghV
>>560
ないない。
>>561
天王星もそう、冥王星と同じく横倒しだった。

冥王星は、海王星と接触しかけた跡にみえる。現在は、2:3 の尽数関係
があって近付かないようになっているが昔は違う。地球月の公転軌道は静穏
で、太陽系一般の面から、冥王星の公転面のように、17度もずれていない。
地軸は 23.5 度しか傾いてない。衝突した惑星がL4,L5のラグランジュ点から
来たという説は、ひとつの軌道にふたつ以上の同程度の惑星が回る例を知ら
ない。そのほか、いろいろ言えそう。


563 :catastro:2008/06/03(火) 23:41:36 ID:6sey7ghV
これについては、
http://home.catv.ne.jp/dd/pub/lag.html#8

564 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/06(金) 13:35:05 ID:LijROU6i
 地球は自転も公転もしていない(メーソンの偽科学による洗脳)10
 飛行機は空中に揚力で浮かんでいる。
 地球は自転している。
 飛行機と地球は重力以外の力が働かない。飛行機は地球の自転に引っ張られ
ない。 
 その飛行機から地球を観測すれば、地球が自転していれば地球が動くのが見
える筈である。
 この論理のどこに矛盾点があるか。説明しろ。どこがデタラメか。
 
 飛行機は電車の中のハエと違って密閉された空気の慣性力を受けない。百歩
譲って、空気が地球の自転と共に動いているなら、気流の乱れで気圧の低い空
間(エアーポケット)が出来たり、消滅したりすれば、空気の層が他の空気層
からかい離して空気の速度が変化して、地球の自転の速度から遅れる筈である。
ガリレオの相対性理論は地球と空気がくっついて等速運動している時に成り立
つが、地球と空気が離反した場合は成り立たない。なのに、まるで、地球が止
まっているように見えるのは、実際、地球が自転していないからである。


565 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/06(金) 18:09:46 ID:???
赤道貿易風とかジェット気流とか。
前にも書いたがキャノピー効果とか。

馬鹿はこれだけ出してやっても間違いを認めないだろうがw

566 :catastro:2008/06/08(日) 14:18:17 ID:JxVBZ54W
>>564
>飛行機と地球は重力以外の力が働かない。飛行機は地球の自転に引っ張られ
>ない。
飛行機には、種々の力が働くが問題は力ではない、重要なのは、飛行機が地球
の表面の接線速度(463m/s)と同程度の速度をもっていることである。
地球の自転に引っ張られているわけではなく、出発間からその速度を持ってい
るから飛行機から地球が動いてみえることはない。気流や、エアーポケットな
どの乱れはこの速度に比べで小さい。飛行機の速度はすべて地球の接線速度の
上にある。
>地球と空気が離反した場合は成り立たない。
接線速度を打ち消すのは、音速の 1.5 倍程度出さないとできないから、
大きくは、離反していない。だから、ガリレオの相対性が成立ち、地球が止
まっているように見える。

567 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/09(月) 04:03:27 ID:???
誰だよ、エーテルの否定なんかした奴はw

568 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/09(月) 09:02:45 ID:???
光速度を変えるようなエーテルは無いことは確かだな

569 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/09(月) 09:37:23 ID:???
<エーテル>の否定は無を意味しない、ということだろう。

570 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/09(月) 10:17:49 ID:???
エーテルがあるとかないとかそういう言葉の問題はどうでもいいよ。
ガリレイ変換に従う光の媒質はなく、その代わりに時間と空間、電場と磁場の変換則がわかったということ。

571 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/09(月) 10:58:54 ID:Lknpz3UK
禿げワロスwww 「密封された空気の慣性力」

572 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/09(月) 12:05:58 ID:fq8Lc2zI
 洗脳されし者達への最後通牒
 地球は自転も公転もしていない(メーソンの偽科学による洗脳)11
 ユダヤ議定書(第2議定書)
 非ユダヤ人は歴史を基礎とする観察を怠り、専ら理論上の旧弊に囚われて、
その結果に対する批判的工作を忘却している。我々は新聞雑誌を利用してこの
科学理論を盲目的に信用させる。非ユダヤ人の知識階級は自己の知識を誇りと
して、科学から得た知識でものを考えようとする。その知識を論理的に吟味も
せず、その知識なるものが、人間を我々の目的の実現に向けて、教育するため
に作られた事に気がつかないのである。悪魔の世界制覇に向けて。我々の主張
を根拠なきものと思ってはいけない。我々の仕組んだところのダーウィン、マ
ルクスの教説の成功に注意なさるがよろしい。これらの教説は非ユダヤ人の心
に破壊的作用を及ぼした。ダーウィンの進化論は常識となっている。猿は急に突
然変異して人間とはならない。その中間の形態のものがいなくてはおかしい。

 地球が銀河の右回りの様に慣性の法則によって等速度運動を行っていたもの
が、太陽の重力圏の中で公転となったと考えられる。(慣性の法則によって運動
する物を停止させるには力が必要だから、慣性の法則による力を慣性力と呼ぶ)
 当初の地球の回転が慣性力によって東方向への自転となったと考えられる。
 西方向へ吹く風はこの東方向へ運動している空気団を押し退けるから、それ
が西方向への風圧となる。東方向へ運動している空気団は慣性力で運動してい
る。この風圧が抵抗力となって慣性力は減衰して最後に無くなる。地球の自転
もこの空気の摩擦力で減衰して止まってしまう。もし、地球が自転しているの
なら、再び地球を東方向へ自転させる力が必要である。その力は科学では説明
出来ないし、存在しない。たとえば、偏西風を考えてみる。偏西風の空気の摩
擦力で地球が自転しても、その自転の速度を1回/1日に調整する事は不可能
である。お判りかな。

573 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/09(月) 13:57:38 ID:???
>>570
いやいや、実はそこが重要なんだよ。

574 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/09(月) 14:32:23 ID:???
>>573
計算なんかまったくする必要のない人にとってはだろ?

575 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/09(月) 15:17:42 ID:???
いやいや、実はエーテルは存在するんだよ。
だからこそ光速は光源の運動によらないのだよ。

576 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/09(月) 15:23:46 ID:???
どうでもいいよ

577 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/09(月) 16:16:07 ID:???
一応言っておくが、振動・波動という分野ではちょうどエーテルに対応するような媒質を考えて計算する。
ところが電磁気学ではそれがうまく行かないのだよ。

578 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/09(月) 18:36:26 ID:???
>>564
質問が山ほどある
オカルト版にて松

579 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/09(月) 18:37:04 ID:???
>>572
質問が山ほどある
オカルト版にて松

580 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/11(水) 07:48:42 ID:Xa+oeh4c
>>572
オカルト版で待つ
「オカルト科学【メーソンの偽科学による洗脳】を待つ」

スレ主さん
勝手な書き込みの連続を許してください

581 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/12(木) 09:54:55 ID:O+lautyp
age

582 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/12(木) 17:22:46 ID:???
エーテルの風でこれ思い出した
http://homepage3.nifty.com/rfish/elona_top.html

583 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/12(木) 19:42:36 ID:O+lautyp
オカルト版はここ
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1213004697/l50

584 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/13(金) 00:34:00 ID:???
アトポス死ね

585 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/13(金) 10:25:07 ID:???
エーテルを否定したところで、
真空偏極やら仮想粒子、ヒッグスやらダーク何とかにゼロ点振動、
ま、いずれエーテルに収斂されるんだろうなw

586 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/13(金) 10:35:32 ID:???
言葉だけは色々知ってるようだな

587 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/13(金) 10:51:10 ID:HwvLsYXM
 今回の四川大地震は、人間が犯した罪を償わせる目的と中国政府の悪事を暴
露させる為のものである。秋葉原通り魔殺人事件は、神の立替時に起きる、人
間の共食いし合う地獄絵図をほうふつとさせるものである。人間の世が弱肉強
食の悪魔の世界になっているから、最後にはこうなるしか方法が無いのである。
 貴方方は証明せよと言うが、目に見えない世界(神界・幽界)をどう証明せよ
というのか。
 現代科学は産業革命頃に基礎が出来て高々三百年の歴史ではないか。何十億
年前から神と人が交流して来た歴史を無視するのですか。今でも沖縄ではシャ
ーマンが神の言葉を継いでいる。神は時折予言をし、それが現実に起きる。神
と人との信頼関係は磐石である。昔の人の方が感性が鋭いから、嘘等すぐ見破
ってしまい、そんな神等誰も祀らない。今まで残って来た事が真実の証である。
この様にして、神理は確立された。しかし、科学の考え方が導入されて、証明
出来ないゆえ、迷信と卑下される様になった。
 私は若い頃から、教科書に書かれている数学、科学等に疑問を持ち、徹底的
に真理を解明しようと思い悩み、このままでは気違いになるのではないかと、
不安になるまで苦しみ抜いた。この体験のお陰で、疑い様もないもの(真理)を
掴み、それを基礎として、疑問を解いて行ったのである。膨大な宗教書、神典
、科学書等を読み漁って、これらを参考としながら、地や肉として来たのであ
る。神の啓示的閃きもあった。私の説が全て真理であると言う大それた自惚れ
は持っていないが、9割以上は真理であると確信している。
 予知が出来る仕組みを説明すると、霊界で起きた出来事がこの現界でも起き
る。現界は霊界の合せ鏡の様な存在である。霊界は神々の心が思い描く映像の
世界である。人が夢を見る原理と同じである。予知出来るのは、瞑想、夢等に
よって霊界の出来事が映像として見せられるからである。日本で起きた事が世
界に波及する事からも予想出来る。
 邪神の神がかりを見分ける方法を説明すると、正神は肉食する様な霊媒には
かからない。巷にいる霊能者は邪神系である。神主は神理の問答で神がかりを
サニワするのである。


588 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/13(金) 11:24:23 ID:???
>>587
おい、既知害、せっかく親切な人が >>579-583 既知害のおまいの相手を
してくれると仰って下さってるんだから、さっさとオカ板に逝けよ。
漢字が読めなくて逝けないのか?w

589 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/13(金) 12:12:45 ID:HwvLsYXM
 神による真科学
 てこの原理から次の法則が導き出される。
 E=ft Eはエネルギー、fは力、tは時間。
 即ち、エネルギー(体積)を時間tで微分すると力(面積)となる。力は円錐の
底面積にかかる気の圧力が頂点に作用する力である。力は気圧の高い所から低
い所に作用する。球の表面積にかかる気の圧力が中心点に気圧としてかかって
いる。これが電磁気力、重力、核力それぞれ電子陽子間、物体間、陽子中性子
間に働く力の正体である。素粒子は中性子、電子、気子以外には存在しないで、
エネルギーの塊である。中性子は電子を経て気子に分裂する。
 この世には陽と陰が存在して全ての物質は五行(木・火・土・金・水)の5元
素から出来ている。これを陰陽五行説と言う。この世には陽陰2極がある。火
があれば水があり、太陽と月、男と女、熱と寒等がある。五行では(春・夏・土用
・秋・冬)(青・赤・黄・白・黒)(視・聴・味・嗅・触)等がある。目に見えない
六気(風・熱・湿・暑・燥・寒)があり、この五運六気が陰陽を持ち、十干十二
支となり、その組み合わせが60個ある。それが六気と合って360日の1年となる。
 数字が物を数える為の記号なら、0の反対側の負の数は何なのか。物質は有
無以外の状態はない。負の数、虚数、複素数は存在しない。また、0、∞、小
数、分数は存在しない。有が無にならないからである。
 定積分を使うとY=X^2の放物線で仕切られたa地点までの面積は棒グラフ
で近似できる。aを∞にまで分解すると、面積は3分のa^3となる。実はこれ
はY=t^2のt秒後の速度の関数から、速度を積分して距離を求める計算が元
になっている。これを応用すると面積を求める事が判った。しかし、∞は存在
しないのであくまでも近似値である。
 飛行機の飛ぶ原理
 ベルヌーイ原理は嘘、翼の上の空気が下より早くなる原理が説明出来ていない。
 翼の上の空間の方がエーテル(気)に対して下よりも抵抗を受けやすい形状と
なっている。すると、後方からの気の圧力としての沈力が働くが、その沈力に逆
らってその反作用の揚力がすぐに働くのである。フレミングの左手の法則も磁界
の変化に逆らうようにモーターが動く。これと同じ原理で、沈力に逆らうように
揚力が生じるのである。

590 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/13(金) 12:23:44 ID:???
やっぱり漢字が読めないんだな。だからコピペしかできないんだなw

591 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/14(土) 13:48:09 ID:841HM745
 現代医学の嘘を見破る
 病気になるのは決してウイルス等に感染するからではなく、体内に取り入れ
た毒や邪霊の憑依によって起きる。風邪は狐の分霊が気の防御の隙間から入る
のである。昔の人はこの事を知っていて、狐の嫌いな葱や梅干を体に貼った。
漢方薬にも生姜と桂枝が入っている。ウイルス等は毒素を分解してくれる。で
はなぜ、抗生物質の毒で病気が治るのか。細胞が毒や邪霊を追い出す為に発熱
する。抗生物質の毒が細胞の炎症を止め、壊死を防ぎ、邪霊を追い出す為であ
る。塩付けのハムが腐らないのは、塩に邪霊を祓い清める力があるからである。
 がんは早期発見して、取り除けば治ると言うのは嘘である。5年ぐらいで再
発する。がんになる原因は肉類を食べるからである。肉類は消化されて血液と
なる。その血液が細胞に化成する時に、殺された動物達の怨霊が細胞に宿って、
宿主をとり殺そうと活動する。それががん細胞である。だから、がん細胞を殺
しても、穢れた血液がある限りはがん細胞を産生する。
 代替医療にマクロビオティック療法がある。食事を菜食にしてがん細胞となる
血液の元を断ち、有機農法で作られた玄米の力で自然治癒力を高めてがん細胞
を退治するものである。(有機玄米は太陽の神気が入っているからで、農薬漬け
の物はその力がない。)いくら万能なマクロビオティック療法でも悪性のがんに
は効果がない。
 現代医学は発達しているのに病気が減らないのは、本当の治療法が確立して
いない事と、人間の悪業が改まらないからである。


592 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/14(土) 20:10:19 ID:???
最近、相間たちをあんまり見かけないけど、どうしてるんだろ。

593 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/15(日) 00:29:38 ID:???
591のようにキモい宗教にハマっているw

594 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/15(日) 13:46:20 ID:vUPqe30w
 今年になってから、私は何か嫌な不気味な気配を感じていた。1月に染井吉
野の若木に花が咲いていた。4月の春の陽気に暖かさが感じられなかった。5
月に我が家に巣をかけるツバメが来なかった。6月に実をつける桑の実が白く
変色していた。桃の実が大不作である。

 6月13日午前10時に次の文章を書き込んだら色々と非難して来た。
 今回の四川大地震は、人間が犯した罪を償わせる目的と中国政府の悪事を暴
露させる為のものである。
 予知が出来る仕組みを説明すると、霊界で起きた出来事がこの現界でも起き
る。現界は霊界の合せ鏡の様な存在である。霊界は神々の心が思い描く映像の
世界である。人が夢を見る原理と同じである。予知出来るのは、瞑想、夢等に
よって霊界の出来事が映像として見せられるからである。
 
 だったら、次に起きる地震を予知しろ。お前はアホ、基地外。

 すると、神が目に物見せてやるぞと言って、6月14日に岩手の地震を起こした。
今回の地震は胆沢ダム、岩淵ダム、荒砥沢ダム等の周辺が自然破壊の罪で天罰
を受けた。
 親戚の人に肉食の危険性を警告した後に、日本で狂牛病騒ぎが起きた。西洋
医学は邪道であると知らした後に、親族に医療ミス死、がん死が起きた。
 神はこの世の現れで我々に真理を知らせてくれるのである。
 北海道、東北、東京、名古屋、大阪で震度6前後の地震が発生する。北海道
と東北はロシア侵攻の警告であり、東京、名古屋、大阪は核攻撃の警告である。
時期については天の枢機は漏らすべからずである。神の経綸を邪魔してはいけ
ないのである。


595 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/15(日) 13:56:50 ID:vUPqe30w
 昔の人は神との対話が出来た程、精神性が高格であったのである。神との対
話の中で神理が確立され、それが書物となって残された。その内容が源氏物語
等の古典の中に散りばめられている。私はそれらと神典を研究して言っている
のである。 

 神道では1霊4魂は常識。

 因果応報は長い歴史から導き出された神のことわり。

 今の人間は全員、神の裁きを受けて、いったん死んでから動物、草木等にな
るしか方法がない。だから、弥勒の世の天国の住人になる為には、魂を覚醒さ
せて改心する必要があり、元神が日月神示を降ろしたのである。今の世は弱肉
強食の悪魔の世になっているから、最後には、食べ物が無くなれば、人を殺し
て共食いする人間ばかりである。今の世相が悪くなって来ているではないか。
神が立替えを断行して、弥勒の世にするのである。そこではお金も要らない、
喧嘩も殺し合いもない、すべての人が共存共栄出来る平和な世が築かれるので
ある。


596 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/15(日) 15:22:11 ID:???
↑こいつは邪神シドーの手下

597 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/01(火) 13:06:09 ID:39av8xgd
 日本を救う道は武士道復活しかない
 今の日本は正義が滅んで悪が跳梁跋扈し、嘘と偽善と矛盾が罷り通っている。
このままでは根腐れして滅びるほかない。滅びる事になった原因は、日本精神
を捨てて西洋文明を入れたからである。霊魂の大禊を行わなければならない。
 人の霊魂は真の神の分霊である直霊(なおひ)と言う一霊と荒魂(あらみたま)・
和魂(にぎ)・幸魂(さち)・奇魂(くし)の四魂で成り立つ。
 直霊は善悪を直感し、人を善導する。荒魂の本体は勇であり、働きは実行力
である。和魂の本体は親であり、働きは親和力である。幸魂の本体は愛であり、
働きは生成化育である。奇魂の本体は智であり、働きは覚である。一霊四魂に
は誰でも五情の戒律が備わっている。直霊は省みる、荒魂は恥じる、和魂は悔
いる、幸魂は畏れる、奇魂は覚の働きである。直霊の省みるの戒律を破れば曲
霊(まがひ)となり、悪霊の容器と堕落する。直霊が曲霊に転ずると、四魂まで
狂い出し、荒魂が争魂、和魂は悪魂、幸魂は逆魂、奇魂は狂魂になる。
 儒教の五常に、仁「あわれむ」、義「正しい道」、礼「守るべき規則」、智「善悪
を判断する力」、信「偽らない」がある。
 曲霊となった直霊を肉食を断つ事によって禊し、荒魂、和魂、幸魂、奇魂の
本領を発揮させて、善悪を判断する力を養い、正しい道を模索、実行しなけれ
ばならない。
 天神地祇の大恩を感謝して、虫けらにも憐れみが持てる神人と成長しなけれ
ばならない。
 武士道とは死ぬ事と見つけたり。即ち、命懸けで行わなければ成功しないの
である。そうする事によって、自分1個の命が永久の輝きを獲得して、全体生
命につながって行くのである。人が生まれ出て来た訳は、神の意志をこの世で
実現させる為である。


598 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/01(火) 14:07:13 ID:???
> 嘘と偽善と矛盾が罷り通っている。
まさに597のことだなw 
自分の妄想が絶対的な真実だと勝手に決めつけ、科学的な真理を遠ざけることで
自分を正当化する。人間のクズが常に陥るところ、よろず独裁者が必ず入る道だ。

599 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/03(木) 08:45:13 ID:???
久々にウィキペディアでエーテルをチェックしたら、全面的に書き換えてあった。
ただし、徹底的にエーテルを否定した経緯を示しながら、最後の最後にエーテルに
未練を残すというパターンは同じ。

>マックス・ボルンがEinstein's Theory of Relativityで述べたところによると、
>真空であっても空間には重力場や電磁場が存在することから、こうした空間を
>「エーテル」と呼ぶことをアインシュタインは提唱したという。
ここは笑うところですか?
>これは、物理哲学の問題であり、結着はついていない。アインシュタインは
>相対性原理を最も根本的な原理として考えたのに対し、
>ローレンツは相対性原理の根本がエーテルであると考えたのである。
何だ、結着ついてないのかよw

600 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/03(木) 09:10:00 ID:???
エーテルの定義がころころ変わってるだけだろ

601 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/03(木) 09:10:02 ID:???
それは書いた奴がおかしいな。

「提唱」とかしてないし (「そう呼んでもいい」と言っただけ)
単に「そう呼ぶか呼ばないか」の問題でしかないのだから決着も何もあったもんじゃない。

602 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/04(金) 12:55:38 ID:8V3J2AWG
 科学の限界
 牛はなぜ草だけを食べて肉で太るのか。すると、馬鹿な学者が、胃の中に動
物性細菌がいて、それが消化されて蛋白質になると言う。しかし、細菌は炭素
と水素の2つの元素から成る草を食べても、窒素を含む化合物のアミノ酸(蛋白
質の元)を作る事は出来ない。それに強酸性の胃酸の中で生存する事は難しい。
では、窒素はどこから来たのか。肺では酸素分子を2個の酸素原子に分解して、
赤血球中のヘモグロビンと化合させて、体中へ運んでいる。空気中の窒素を体
中へ運ぶ機能は存在しない。可能性としては、炭素を核融合で窒素に変えたと
考えられる。これは科学では説明出来ない。
 1番初めに狂牛病になった牛は、プリオンとはまったく関係がない。狂牛病
は牛の共食いが原因で起きるのである。羊のスクレイピー病や人食い人種に同
じ症状の病気がある事から証明出来る。人が人肉を食べて狂人病になり、人肉
以外の肉を食べても狂人病にならないのはなぜか。科学では遺伝子構造の違い
が原因だとしか判断しようがない。人間の体内で牛肉をアミノ酸に分解し、そ
れを原料として遺伝子のプログラムで人の細胞に組み替えている。牛肉も人肉
もアミノ酸に分解される前に遺伝子は破壊されてしまう。だから、遺伝子構造
の違いが原因と言うのは簡単に否定出来てしまう。可能性としては、原料が共
食いで出来たアミノ酸が遺伝子のプログラムによって細胞になる時に、神の意
志が働いて、その遺伝子を突然変異させると考えられる。これも科学では説明
出来ない。遺伝子は2重らせんの鎖に守られており、その中へは同じ形のパズ
ルしか入る事が出来ない。偶然では突然変異は起こり得ないのである。説明出
来ないと言うのは、その科学が間違っている証拠である。


603 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/04(金) 13:19:43 ID:8V3J2AWG
 人体は宇宙の縮図
 人体の首から上が天(宇宙)であり、下が地(地球)である。天は地の御柱(霊線)
の支えによって宙に浮いている。霊線が切れると流れ星となる。しし座流星群
等の現象は霊線の支えが弱小する予兆である。
 顔の中心にある鼻は地球であり、火垂り(左)の目は太陽、水切(右)の目は月
を表している。海水は月の働きによって干、満潮となる。大潮は新、満月の時。
女性の生理は血液の満潮時に起こり、その時に感情が高ぶるのは血の気が多く
なるからである。人は呼吸によって太陽の霊気(酸素)を補給している。人は神
の霊気がなくては一瞬たりとも生存出来ない。血液が赤いのは朝焼けに由来し、
赤い血に恐怖心を抱くのは霊魂(神)に対して畏れの感情があるからである。人
は干潮時に生まれ、満潮時に死ぬのである。
 脳は宇宙であり宇宙の果ては脳膜の様になっている。脳の神経細胞がお互い
に神経枝で繋がっている様に、星同士も霊線で繋がっている。口は神気の通り
道で、感情が言霊となって声が出る。
 人体と地球は同じ構造である。体液が塩辛い様に海水も塩辛い。肉体は土、
骨は金属鉱石、血液はマグマ、細胞は生物、心臓は地球中の火球等、類似物が
特定出来る。すると、がん細胞は、汚水から蚊が発生する様に、穢れた血から
発生すると理解出来るのである。
 気象現象として、雨が降る様に膀胱に尿が溜まる。冷えると尿の量が多くな
るのは、水蒸気が冷やされて雨になるのと同じ原理である。雷と下痢は症状が
似ている。風が吹くと空気が振動する様に、体も痙攣して振動する。高熱でひ
きつけを起こすのは、風が吹くと火勢が盛んとなり、その風の影響で痙攣する
のである。


604 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/04(金) 13:19:53 ID:???
久々に既知害がまたきたw

605 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/04(金) 13:21:24 ID:8V3J2AWG
 人体は宇宙の縮図
 人体の首から上が天(宇宙)であり、下が地(地球)である。天は地の御柱(霊線)
の支えによって宙に浮いている。霊線が切れると流れ星となる。しし座流星群
等の現象は霊線の支えが弱小する予兆である。
 顔の中心にある鼻は地球であり、火垂り(左)の目は太陽、水切(右)の目は月
を表している。海水は月の働きによって干、満潮となる。大潮は新、満月の時。
女性の生理は血液の満潮時に起こり、その時に感情が高ぶるのは血の気が多く
なるからである。人は呼吸によって太陽の霊気(酸素)を補給している。人は神
の霊気がなくては一瞬たりとも生存出来ない。血液が赤いのは朝焼けに由来し、
赤い血に恐怖心を抱くのは霊魂(神)に対して畏れの感情があるからである。人
は干潮時に生まれ、満潮時に死ぬのである。
 脳は宇宙であり宇宙の果ては脳膜の様になっている。脳の神経細胞がお互い
に神経枝で繋がっている様に、星同士も霊線で繋がっている。口は神気の通り
道で、感情が言霊となって声が出る。
 人体と地球は同じ構造である。体液が塩辛い様に海水も塩辛い。肉体は土、
骨は金属鉱石、血液はマグマ、細胞は生物、心臓は地球中の火球等、類似物が
特定出来る。すると、がん細胞は、汚水から蚊が発生する様に、穢れた血から
発生すると理解出来るのである。
 気象現象として、雨が降る様に膀胱に尿が溜まる。冷えると尿の量が多くな
るのは、水蒸気が冷やされて雨になるのと同じ原理である。雷と下痢は症状が
似ている。風が吹くと空気が振動する様に、体も痙攣して振動する。高熱でひ
きつけを起こすのは、風が吹くと火勢が盛んとなり、その風の影響で痙攣する
のである。


606 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/04(金) 13:22:59 ID:???
既知害が連投で同じものを貼ってる
出入り禁止にしろよw

607 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/04(金) 16:06:25 ID:DMFSqoCj
新作キタ!
◆素人がよく分かる相対性理論の大間違い 巨大なマインドコントロールを解く

http://www.shuchousha.co.jp/

608 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/04(金) 22:40:24 ID:???
↑既知害

609 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/05(土) 00:07:56 ID:rX3Ct2ER
エーテル
モーテル
僕イケテル〜

610 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/06(日) 12:19:31 ID:???
この実験ってさ、偶然実験のときに地球と同じ方向に風吹いてたら
理論破綻してるよな。

611 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/06(日) 12:25:48 ID:tdqpRI1m
確か一年に渡って7千回以上測定したんじゃなかったっけ。


612 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/06(日) 12:26:53 ID:???
この実験てどの実験?

613 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/06(日) 12:28:41 ID:???
>>610
何回もやればいいだけの話じゃん。
エーテルの引きずりでもない限り(このスレでガイシュツ)1年中同じ方向ということはあり得ない。

614 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/06(日) 12:30:37 ID:???
恥丘よ メーコスジの膣は舐めているか

615 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/06(日) 12:45:07 ID:???
エーテルの風は吹かない
だが、電磁場の風は吹いているw

616 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/08(火) 11:43:51 ID:NT9CmIkN
 辻占いの方法を説明しよう。
 誰かの家を訪ねようとする時、最初の踏切で電車が左から来る時は訪問先が留守で、
右から来る時は在宅である。
 車で走っている時(歩行中)、直前を野生の動物(狐、狸、鼬、蛇等の魔物)が横切る
と1週間位で親族が亡くなる。西洋では黒猫が横切ると不吉な事が起きると言う話が
ある。猫族は魔物である。私の父が亡くなった時は青大将が、母はいたちが、叔母は
猫が、伯母は蛇が教えてくれた。
 烏が屋根の上でグァーと濁った声で鳴く時は、その家に死人が出る。
 心臓が動悸して胸騒ぎするのは、身近に危険が迫っている事を守護霊が知らせてい
るのである。
 普通には切れたり、折れたり、倒れたりしない物がそうなるのは、不吉な事が起き
る前兆である。例えば鼻緒が切れたり、軍旗が倒れたりする場合である。
 花が季節外れに咲いたり、突然変異の生物(金色の蛙)が発生したり、魔物(くらげ、
やすで等)が大発生するのは天変地異の前兆である。
 町中で女の子の話を聞くと、その中に天災や事件を暗示する内容が含まれている事
がある。
 白人の顔が彫りが深く、瞳が青いのは太陽の光に弱い体質を表しており、魔物の証
拠である。朝鮮人等の目が垂れ目になっているのも、垂れ目によって太陽の光をさえ
ぎっているのである。日本人の目程均等のとれた綺麗な目は他にない。


617 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/08(火) 11:46:03 ID:NT9CmIkN
 貴方はなぜ直ぐ騙されるのか。それは最後まで自分の頭でものを考えないからだ。
 地震兵器などある筈が無い。地震兵器なら予震、余震などない。その仕組みが今の
科学では思いつかない。地中に原爆を仕掛ける。ニコラ・テスラが行った電磁波雪崩
現象を使えばその痕跡が残る。
 エイズが生物兵器である筈が無い。幾ら科学が発達しても、人工的にエイズウイル
ス等の生物を作り出す事は不可能である。物に霊魂を宿らせる力は神の領域である。
免疫システムを破壊する病気はエイズが最初である。O−157なら大腸菌に赤痢菌
の遺伝子を組み込めば可能である。エイズは初め同性愛者から発生している。これは
同性愛の警告である。それが姦淫の警告まで広まった。狂牛病は共食いの警告から、
肉食の警告に広まったのである。
 改心して人の十倍も苦労して神の御用を務めると、この世の神ともなれる。そうす
れば女神にも惚れられ、神や人からあがめられる存在となる。天界の女神の美しさは
言葉で表現出来ない。長谷川京子の百倍の美しさである。
 宇宙人はいない。地球以外に生物が生存する星はない。地球だけが生物が生存する
環境条件を持っている。
 動物が3日前に地震を予知出来るのは霊能力による。神の思いを感知するのである。
犬がご主人の帰宅する前に玄関で待っているのは、主人の思いを霊界を通じて感知す
るからであり、寄り道する事も判るのである。動物の帰巣本能と言われているものも
霊能力である。目に見えなくても行く先を霊視する事によって、迷わず目的の場所ま
で帰る事が出来る。
 日食が起きる時、動物が騒いだり、土人が恐れるのは、神の怒りを感知して恐れる
からである。


618 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/08(火) 13:30:26 ID:???
長谷川京子ってだれ

619 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/10(木) 16:06:23 ID:wDgx4xkQ
 宇宙人はいないが、UFOは存在する。ミステリーサークル現象は中世ヨー
ロッパでも起きており、当時悪魔の仕業だと信じられた。UFOの目撃は江戸
時代にもあり、滝沢馬琴が浮舟を描いて本にしている。
 ここに地球空洞説と言うものがある。
 日月神示は言う。
 天に星がある如く地には塩があるのであるぞ。塩、コオロコオロにかきなら
して大地を生みあげた如く、星をコオロコオロにかきならして天を生みあげた
のであるぞ。空は天のみにあるのでないぞ。地の中にもあるぞ。天にお日様あ
る如く、地中にも火球があるぞと申してあろう。同じ名の神二つあるぞ。大切
事じゃ。
 この中の地中の火球がマグマであり、その周りに空が広がっている。人体の
太陽は心臓であり、月は膀胱である。内臓の周りに物が詰まっていたら、心臓
は鼓動出来ない。空洞があるから出来るのである。地球の表面に我々が居て、
裏面にアルザル人が居る。失われたイスラエル支族とも言われ、日本へ来て、
国記、天皇記等の神書を手に入れ、それを悪用してUFO等を開発した。この
日本人に似たユダヤ人は神罰を恐れて地下へ潜った。ヒットラーと山本五十六
は潜水艦で南極に着き、UFOに乗って、アルザル国へ言ったらしい。死んだ
のは影武者。
 諸葛孔明は星占いで、自分の星が流れ星になったのを見て死期を悟った。王
仁三郎の脇腹にはオリオン座の黒子があり、我々の霊の住処は星にあるらしい。
物質は気(エーテル)の力で固成されているが、その束縛が解かれると霊体にな
るらしい。UFOはこの原理で航行しているらしい。


620 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/10(木) 16:17:35 ID:wDgx4xkQ
 米・露の悪巧み
  60?年 第1次日露(対日侵略)戦争 聖徳太子が攻めて来た露人を鏑矢で懲
らしめて、退散させた。
 1806年 第2次日露戦争 ロシアが国交を断られて松前藩の樺太を襲撃した。
 1904年 第3次日露戦争 日露戦争 朝鮮侵略を企てた露を懲らしめた。
 1939年 第4次日露戦争 ノモンハン事件 ソ連は独ソ戦の前に後からの脅
威を防ぐ為に戦車軍で恫喝の意味の攻撃した。
 1945年 第5次日露戦争 ソ連満州侵攻 北海道を手に入れる為に、満州に
居た日本人を虐殺した。
 2010年 第6次日露戦争 ロシア北海道侵攻 日本を手に入れる為に北海道
、東北を攻撃。

 1853年 第1次日米(対日侵略)戦争 黒船来航 米国は日本を植民地にする
為に来て、不平等条約を結ばせた。その為金を奪われた。
 1829年〜インディアンを虐殺し、領土を盗んだ。
 1898年 米西戦争 米国は将兵260名が乗った軍艦メイン号を爆破し、それを
スペインの仕業に見せて戦争を仕掛けた。
 1901年 フィリピンを植民地にした。
 1941年 第2次日米戦争 大東亜戦争 米国は植民地政策の障害となる日本
を叩き潰す為に挑発して、日本の工作員を使って真珠湾攻撃をやらせた。日中
戦争の援蒋ルートで軍需物資を援助したのも挑発の為。
 1950年 朝鮮戦争 ソ連の同意を得て北朝鮮軍が38度線を南下。米国は国連
軍で対抗し、中国軍が介入した。アチソン国務長官が朝鮮半島への軍事介入は
しないの発言が誘い水。
 1960年 ベトナム戦争 北ベトナムと南ベトナムの戦争 米国は共産化阻止
の為に介入。ケネディ暗殺後、ジョンソンが北爆を開始し、泥沼化。トンキン湾
事件は米軍による味方駆逐艦攻撃。挑発攻撃。
 2001年 アフガン戦争 米国は捕虜にしたイラク兵を洗脳して、9・11テロを
実行させ、テロとの戦いと銘打って戦争を仕掛け、アフガンの麻薬とイラクの
油田を獲得した。


621 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/12(土) 11:59:44 ID:ZVx8jjMJ
 なぜ、人は干潮時に死ぬのか。それは血液の量と関係している。人は血液の3分の
1以上を失うと死ぬのである。干潮によって血液が減る為である。人間の命は蝋燭の
炎に喩えられ、この蝋の役割を血液が務めている。失血量が多いと身体が熱くなって
激しく喉が渇く。それに耐えられずに水を飲むと死ぬ。水の混じったガソリンは燃え
ない。人は死ぬ前に少し元気になるのは、蝋燭が燃え尽きる時に大きな炎となるから
である。冷やす働きの蝋が少ない為である。
 なぜ、人は満潮時に生まれるのか。生まれる時は直霊の霊が身体に宿る。その時、
大きな命の炎となる為に冷やす蝋(血液)が必要である。満潮は血液の量が多くなる時
で大変都合がよい。赤子は熱によって顔が充血し、蒸した卵の様にして生まれる。だ
から、蒸す子、蒸すめと呼ぶ。
 遺骨が肉親のものであるかないかを確かめるには、自分の血液を骨に垂らしてみて
沁み込めば肉親であり、沁み込まなければ他人である。
 溺死した肉親の遺骸は肉親に会うと鼻から出血する。血液には霊が宿っているから、
肉親に挨拶する為に出て来たのである。
 暫くの間飢えている時に、食べ急ぐと死ぬ。生命維持の為の血液が胃に集まって、
生命維持の為の血液が欠乏するからである。
 血液が赤いのは、太陽の霊気が燃えている為で、霊気を失うと黒い血となる。悪想
念を持つと臓器まで黒くなる。
 善人と悪人を見分ける方法を説明しよう。
 目の動きが安静していて瞳が澄んでいる(目が綺麗とは違う)のは善人。目の動きが
落ち着きがなく瞳が濁っていて、時々不気味に光るのは悪人。よく嘘をつくのも悪人。
表情や行動が自然体であるのが善人、作為的であるのが悪人。
 ドッペルベルガーは魄が魂から剥離して、もう一人の自分が見える現象である。魂
は赤い人魂、魄は青い人魂。


622 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/07/15(火) 12:24:38 ID:t9kBplR/
 連合の国の味方と今までは、成て尽くせし唐国の、悪魔邪神が9分9厘、も
う一厘の瀬戸際に、旗を反すと白露(ロシア)の、其振舞の非義非道は、凡ての
計画を狂わせて、勝つべき戦争の負け始め、永びき渡る西の空、黒雲晴るる暇
もなく、独り気儘の仕放題、印度の海を掠め取り、ここにも深き経綸なし、続
いて浦塩日本海、我物顔に跳梁し、トントン拍子に乗り出して、神の御国を脅
迫し、もう一息と鳴門灘、渦巻き猛る荒波に、大船小船残りなく、底の藻屑と
亡ぶるも、綾の高天にいと高く、空にそびえし言霊閣、天火水地と結びたる、
五重の殿に駆け上り、力の限り声限り鳴る、言霊の薫功に、醜の鳥船軍艦水潜
る仇船も、皆それぞれ亡び失せ、影も止めぬ惨状に、曲津軍慄きて、従い仕え
来る世を、松と梅との大本に、世界を救う艮の、神の稜威ぞ尊けれ、
 日本のバブル崩壊は、米国のメーソン系投資会社が株の売り逃げや、デリバ
ティブの株価下落の投機等を行った為に起きて、メーソンは莫大な利益を上げた。
これによって、住宅金融専門会社が経営破綻し、政府は住専の支援に公的資金
約7千億円を投入した。メーソンはこれに味をしめ、サブプライムローンの破
綻を引き起こした。日本の銀行はこの債権を大量に買って、メーソンの利益に
貢献した。即ち、政府も銀行(企業も含めて)もメーソンに貢いでいる。これら
の機関は国民の生き血を搾取してメーソン様の御機嫌を取っているのである。
サミットはメーソン様の生け贄として日本を料理する相談である。メーソンと
北朝鮮はグルで、北朝鮮は第3次世界大戦の導火線となる大切な駒である。
 9.11テロ、イラク自爆テロ、北オセチア学校占拠事件、チベット暴動はメー
ソンの自作自演である。
 資本主義経済は弱者の犠牲の基でしか成り立たないインチキ経済である。だ
から、時々戦争を引き起こして全てを破壊しなければならない。その復興特需
によって景気が上向くのである。歴史はその繰り返しである。いい加減にこの
仕組みに気付いてくれなければ、何時までもメーソンの奴隷である。人類の為
に命を懸けてこの悪魔と戦う士(さむらい)を捜している。どう転んでも我々は
メーソンに殺される運命である。私は一人であってもメーソンと戦う。私は日
本魂である。


623 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/10/07(火) 10:45:03 ID:???
>>346-354
それにしてもアメリカもヨーロッパも実にあっけなかったもんだ。
とびきり頭のいい理系が駆使した金融工学とやらは、
触るものなんでも金に変えるというミダス王にはなれなかったわけだ。
現実の世界に流通するマネーは正と負、始まりと終わりを司る双面のヤヌス
であったってことである。
まぁこれから物理学も、場という疑似エーテルから脱却して
実学であるエーテルの時代へと移行するだろう。

624 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/22(土) 00:09:17 ID:???
電磁場は調和振動子の集団というが、音波を担う空気や水も調和振動子の集団だよね。
その枠組みからするとエーテルを否定する必然性が不明だ。

625 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/22(土) 00:22:58 ID:???
>>624
物理勉強したことないだろ?

626 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/22(土) 00:31:37 ID:???
>>625
おまえはあるのか?

627 :625:2008/11/22(土) 00:35:02 ID:???
>>626
あるよ

628 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/22(土) 00:48:35 ID:???
>>627
じゃあ物理的に否定してみれ。

629 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/22(土) 01:00:14 ID:???
>>624
> 音波を担う空気や水も調和振動子の集団だよね。
そのモデルでは音は伝わらない。第一、「質量」や「バネ定数」をどうやって決める?

630 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/22(土) 11:44:03 ID:???
>>629
俺の述べた主旨は、音波を担う空気や水は原子・分子という調和振動子の集団という意味。
>そのモデルでは音は伝わらない。
いや、実際音波は伝わっているけどw
そのモデルって何よ。フォノンのことか?
ちなみに通常の音波は媒質の粗密、圧力変位による復元力だよね。
つまり、密度と圧力(弾性率)の関係。

631 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/22(土) 12:04:40 ID:???
>>630
原子や分子のどこが調和振動子なんだよ。
音波を扱う連続体レベルと分子レベルではずいぶん隔たりがあるんだが。
とにかく支離滅裂だな。エーテルとは何の関係もない。

それから光を調和振動子の集まりとして扱うのは相対論的量子力学の場合だ。
古典的な電磁気学ではそうしてもあまり有難みはない。

632 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/23(日) 00:22:02 ID:???
>>630
色々と言葉だけは知ってるね。まあ言葉を覚えるだけなら簡単だからな。
レパートリーに気体分子運動論というのも加えるといいよ。
それを口にして余計に馬鹿にされる可能性もあるけど。

633 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/23(日) 12:27:14 ID:???
>>631
>原子や分子のどこが調和振動子なんだよ。
はぁ?原子と原子がバネで繋がったモデルが分子でないのか?

>>632
おまい、言葉だけでなく言葉の意味を深く理解しているようだから、詳しく語ってみれよ。
何か言いたいことがあるんだろ?

634 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/23(日) 13:13:22 ID:???
>>633
ああ、確かに分子結合の理論にはおもりがバネでつながったモデルが使われてるな。
そっち方面は主として化学の領域なんで勉強したことがないが。
その振動は気体中や液体中の音の伝播には関与しないよ。
振動数のオーダーが全くちがう。光で言うと遠赤線の領域のはず。

635 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/23(日) 15:48:55 ID:???
× 遠赤線
○ 遠赤外線

636 :632:2008/11/23(日) 16:30:38 ID:???
>>633
言いたいことは全部書いた。何か質問があれば書いてくれ。
もしオレがたまたまその答を知っていて、2、3行でかける事なら答えてやる。

でも、質問するなら
■ちょっとした疑問や質問はここに書いてね101■
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/sci/1226238046/l50
のほうが参加者が多くていいと思うぞ。

637 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/23(日) 23:03:24 ID:???
>>634
>振動数のオーダーが全くちがう。光で言うと遠赤線の領域のはず。
>>631
>それから光を調和振動子の集まりとして扱うのは相対論的量子力学の場合だ。
>古典的な電磁気学ではそうしてもあまり有難みはない。
だから、おまいは音波と電磁波の共通性を語っているに過ぎないんだが。
つまり、両者とも比較的波長が長い場合は連続的な波として扱える(粒としての性質は埋没する)
かつてエーテルを必要としたのはこちらの方(波だから)
しかし光や分子振動、あるいは超音波のように波長が短い、
すなわち微視的には粒としての性質が現れる。
アインシュタイン以後、光は粒の性質もっているということでエーテルは顧みられないが、
水や大気といった媒質こそがその本質は粒そのものではないか?というのが俺の主張。

638 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/24(月) 01:34:27 ID:???
>>637
何を言ってるのかさっぱりわからん。もう興味ないので勝手に主張しててください。

639 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/24(月) 19:16:14 ID:???
625=632か?

640 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/04(木) 22:37:29 ID:???
よく、時空連続体である相対論は量子化されていないので古典力学である、と言われているが、
じゃあ古典論ではない量子論の記述する時空はというと、やはり連続体なんだよねw
おいおい、オメーこそが古典力学じゃないのか?って話。
その意味では、原子・分子からなる非連続的な媒質はかなり異質。
そもそも生命を育む媒質が古典力学で記述できるわけがない。

641 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/06(土) 09:16:22 ID:nMulNzBm
エーテルを否定した特殊相対論と量子力学が結びついたのが場の量子論ならば、
必然的に連続体としての場に甘んじるしかないわけであるが、
量子論やってる連中は連続体である場に満足してるわけ?

642 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/06(土) 09:20:21 ID:???
そこで場自体の量子化ですよ

643 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/06(土) 09:31:28 ID:???
なにがどう必然なんだか・・・

644 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/06(土) 09:47:41 ID:???
エーテルとグレーテル

645 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/06(土) 10:32:50 ID:???
>>642
それを第三量子化と呼ぶことにしよう。
量子論も発展途上だなw

646 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/06(土) 12:35:10 ID:???
本来あるはずのエーテルを消去したのが特殊相対論w

647 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/06(土) 14:23:17 ID:???
>>646
エーテルって何?

648 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/06(土) 19:16:41 ID:???
秘密

649 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/06(土) 20:44:13 ID:???
本来あるはずの秘密を消去したのが特殊相対論w

650 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/06(土) 21:53:42 ID:???
おまえキーボード変だぞ。文末にイミフなwが付くぞ。

651 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/07(日) 02:45:46 ID:???
>>647
時の流れを旅する女。

652 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/07(日) 20:16:01 ID:???
今にして思えば、
物理学者がおよそ100年前に捨てたエーテル(媒質)は離散性という性質をもっていた。
そのエーテルを捨てたのだから、相対論も量子論も連続体の時空なり場に基づいている。

実に分かりやすい。

653 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/07(日) 20:33:30 ID:???
> 物理学者がおよそ100年前に捨てたエーテル(媒質)は離散性という性質をもっていた。

そんな性質はねぇ。

654 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/07(日) 21:04:19 ID:???
>>653
今にして思えば、と前置きしてるだろ?
ま、当時想定されたエーテルに粒的、あるいは離散的な概念はなかったことは確かだ。
しかし、今は違う。

655 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/07(日) 21:23:15 ID:???
今は違うとか言われてもww

656 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/07(日) 22:42:01 ID:???
エーテルも色々とパワーアップするんだよ、悪いかい?

657 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/07(日) 22:52:59 ID:???
当時のエーテルには「離散的」な要素なんて「今にして思って」も皆無なんでな。

その後離散的なエーテルなんてものが登場したなんて話もない。あったとしてもそれは捨てられた
エーテルとは基本的に無関係な別物だろう。

だから「エーテルを捨てたから『時空は連続』ということになった」なんて事実はない。

時空が離散的である可能性はエーテルとは無関係に研究されてるな。

658 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/08(月) 00:07:21 ID:???
機械生成したようなレスにマジレスするなよ。スルーしとけ。

659 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/08(月) 13:26:23 ID:flxkVgpo
 君達は馬鹿な学者の妄説を鵜呑みにしている馬鹿者だ その典型が東大出の
 阿呆供である
 中を真空にした電車の中にロボットを立たせて、急発進と急停止を行う。ロ
ボットは急発進時に後方へ、急停止時に前方へ転倒する。これは空気の慣性の
影響を無くしているから空間とロボットとの相互作用である。従来、慣性は物
質の持っている性質と考えられたが、私は空間から働く力であると言う仮説を
立てた。
 また、運動エネルギーも同様に空間が物質を後押しするエーテル量の作用と
考える。なぜなら物質の質量は速度によって増加するからである。なぜ、速度
によって質量が増加するのか。質量とエネルギーの等価原理では説明出来ない。
物質に熱エネルギーを与えても質量は増加しない。エーテルの歪が重力を形成
していると考える方が妥当である。
 湯川は原子間の引力を電子を交換する作用だと考えて、陽子間の引力を中間
子を交換する作用と言う妄説を立てた。前者は電気力で説明出来るが後者は何
の根拠もない。陽子は三つのクォークに分かれる。それらを結び付けているのが
グルオンである。新しい素粒子が出る度にそれを結び付ける物が必要となる。
 原子核に光を当てると電子と陽電子が対発生し、電子と陽電子が結合すると
対消滅して光となる。電子は重さがあり光には重さがないこんな事はおかしい。
陽電子は電子の反物質だと言い、物質には反物質があると言う。こうして考え
ていくと無数の素粒子が考えられ、それらを支配する法体系は崩壊する。
 この謎を解いてみる。陽子と中性子は本来同じ物であり、それが自然崩壊し
て電子を放出して小さくなる。これが速度を変える事によって、クォーク、レプ
トン等に化ける。学者は自分の理論に都合の良い物を採用し、悪い物を抹殺し、
データを改竄して自説を正当化する。また電子も崩壊してエーテルに分解する。
 重力、電磁気力と核力をエーテルによる相互作用と考えれば、全ての理論が
説明出来てしまう。エーテルが神の意思(気)によって働いていると仮定すると、
超能力も説明がつく。物質の瞬間移動は気の束縛から解かれた物質がエーテル
となって分解され、光速度を遥かに超えて移動し、霊体の型通りに再構成され
るから可能となる。


660 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/08(月) 13:29:56 ID:flxkVgpo
 君達は馬鹿な学者の妄説を鵜呑みにしている馬鹿者だ 2
 太陽の本当の色は緑色である。それが活動が激しくなるにつれて黄、橙、赤、
白と変化する。植物は太陽の霊気を受けているから緑色の命の炎で発光する。
紅葉はそれが燃え尽きる時の色と現れる。
 人には魂魄の魂が宿っている。赤白い人魂は生霊の魂であり、青白い人魂は
死霊の魄である。人は太陽の霊気をもらって命の炎を維持している。白い米を
食べて赤い血となるのは太陽の赤色の霊気が宿るからである。夕日が赤く大き
くなるのは太陽が休息する為である。
 カエデの5葉の葉の一部を切り取ってキルリアン写真をとると、切り取った
部分が元の形に現れて発光して写る。これは物質としての葉の一部は失っても、
霊体としては残っているからであり、これはオーラである。石にも霊体があり、
霊が抜けると風化して壊れてしまう。石の霊体と生物のオーラとは別物である。
 心霊写真の中に例えば右足の膝から下が透けて消えてしまっている物がある。
これはいかなるトリックを使っても作る事が出来ない。例えば、膝から下の部
分を激しく振り動かして撮ればそれに近い写真が出来るが、膝との境界線部分
が動きによって霞んだ様に写ってしまう。心霊写真のそれは明瞭な映像である。
デジタル処理すればうまく誤魔化せるが昔に撮ったフィルムに残った映像は説
明不可能である。
 光は神の現れであり、虹の7色は7種の神霊の働きである。直接目に見える
物以外の光によって写る映像は霊の働きによって変化させる事が出来る。あた
かも霊体が写る様に。心霊写真の膝から下の部分は亜空間に移動したのではな
くて、その膝から下の部分の霊体が分霊して煙の様に消えて見えなくなったの
である。
 このように、心霊写真は霊もしくは神霊の存在を証明しているのである。い
かに科学が嘘を言っているかお分かりでしょう。


661 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/08(月) 19:35:01 ID:???
内容如何にかかわらず、マルチポストした時点でクズ認定

662 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/08(月) 19:59:52 ID:fyHZl2zx
場の量子論で真空のエネルギーってのがあるだろ?
あれこそがエーテルの正体なんだよ。分かるかな?

663 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/08(月) 20:56:21 ID:???
>>657
何か的外れなレスだな。
エーテルは音波が伝わるためには空気が必要、水が波立つためには水が必要、
同様に波である光が伝わるためには何らかの媒質が必要である、という理由で想定された。
しかし今にして思えば波という性質は媒質の一面にしか過ぎなかった。
今日の知見からすれば水や空気といった媒質は原子・分子という離散的な粒々の集まりである。
つまり、エーテルを捨てたということは、当時の定義がどうであれ結果的に離散的な性質をも
捨てたも同然である。
実際、その後の時空も場も無数の連続体である構造をもたない点の集まりでないか。
世の中上手くできたもので、エーテルを捨てた代償として収まるところに収まったということである。

664 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/08(月) 21:18:16 ID:???
真空のエネルギーは素数パワー!!

665 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/10(水) 11:50:30 ID:EHYhSzim
 君達は馬鹿な学者の妄説を鵜呑みにしている馬鹿者だ 3
 宇宙の空間には重力がない。地球の周りには重力が存在する。それも地球に
近づく程強くなる。重力の根源を地球に求め、地球が引っ張っていると考えた
ニュートンの考えは妥当である。時空の歪みが重力であるとほざいているアイ
ンシュタインの妄説はなぜ地球の周りだけ時空が歪むのかを説明出来ない。そ
こで真打に登場して貰う。宇宙の空間はエーテルが充満しており、エーテルは
絶えず運動している。すると、地球が障害物となって地球の裏側に空白が出来
る。その空白に周りからのエーテルの圧力がかかる。例えると、川の流れに石
があると、石の後ろに窪みができ、そこへ水が流れ込むと考えると分かる。こ
れが重力の正体である。
 フィラデルフィア実験で駆逐艦が瞬間移動し、人の体と甲板が融合した事件は
私の理論で説明出来る。瞬間移動したのは別の次元の時空に移動したのではな
くて、物質がエーテルに分解され、それが超光速度で移動し、霊体の型通りに
再構成される時、電磁波が障害となって、鉄と人体の原子が分離出来なかった
からである。電磁波はエーテルを振動させる事が出来る。正弦波の負(向きが逆)
の部分だけを切り取った電磁波を共振させて増幅し、これをエーテルに衝突さ
せるとエーテル内を移動することが出来る。これがUFOの飛行原理である。
 サイコロの博打で、丁と半の出る確率は数学ではどちらも2分の1である。
Aが適当に丁か半に賭けて当る確率も数学的には2分の1である。Bが賭けて
も同様である。Aはバカづきして大儲けし、Bは大損した。私達はこの現象を
見て運が良い悪いと言う。麻雀をした時、私の当り牌は場に出て残りは後1枚。
私がつもる確率は4分の1。相手の当り牌は残り5枚で早くからリーチをかけ
ており、確率的にはとても勝てないが、今の自分の運なら勝てそうな感が働き
強く押したらつもってしまった。こんな場合は数学など無意味で、運を計算す
る公式など存在しない。


666 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/10(水) 11:54:14 ID:EHYhSzim
 君達は馬鹿な学者の妄説を鵜呑みにしている馬鹿者だ 4
 天理教の中山みき、大本教の出口なおなどの教祖は、神の言葉を取りつぎ、
神の奇跡を具現させた。病気直しを行い、目くらを目明きする事も出来た。予
言した事は全て的中した。これらを目の前にして信じない者はいないのである。
これらの宗教は広まった。キリストが病気直しをし、パンの数を増やし、海水
を割って渡ったのも本当である。しかし、残念ながら死んで甦ったのは誤りで
ある。キリストは日本で教えを受けて修行し、奇跡を行える様になって祖国へ
帰り伝道した。その際帰ったら殺されると忠告され、その時は双子の弟が身代
わりになると言う約束で帰国が許された。弟が身代わりとなって死んでからキ
リストが現れれば、甦ったと言う奇跡によってキリスト教が普及し、神の教え
を広まると言う試みである。後にキリストは日本の地で亡くなった。彼の使徒
と日本人との混血がアイヌ人である。正しく、日本は神の国、世界文明の発祥
地である。
 出口王仁三郎は天候を操り、霊界を探検して過去の出来事、未来に起きる事
まで知り得た。自分の体を1匹の虻にへんげする事も出来た。忍法にもその術
があり、西遊記の孫悟空も類似の術を使った。
 俳句が57調なのは神の旋律がその様になっているからであり、天地創造の
3貴神が5神、7神となってこの世を創った。七五三はこの神の発展を逆行さ
せるものであり、しめ縄や鳥居は神の働きを封じ込める呪術である。神社の周
りを石柱の結界で縛っているのも同じ理由である。
 日本は朝鮮人等に侵略され、外国の神が日本の神を押し込めているのである。
仏像が足で踏みつけている天邪鬼は日本の神である。
 いよいよ日本の神が復活する時が来た。外国の偽の仏教、キリスト教等信じ
て罪を犯している者供よ。火の洗礼、水の洗礼の神罰を受けて見るがよい。


667 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/10(水) 17:09:03 ID:xAT5EWo4
確かにエーテルドライとかエーテルスーパーとかにパワーアップしてるケースはあるわ

668 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/10(水) 22:51:58 ID:???
地球の周りは太陽の回りの比べたらまだ歪んでない方だろうし。

669 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/11(木) 17:09:10 ID:???
スーパードライというのは無いのか?

670 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/11(木) 17:42:29 ID:???
最近は第三のエーテルが流行り。

671 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/11(木) 19:46:01 ID:???
マジレス。

場の量子論      →連続体
媒質(エーテル)の量子論→非連続体

場と媒質の第2ステージは、この宇宙が連続体か非連続体かの決戦で始まる。

672 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/12(金) 12:47:51 ID:QN3ev9+S
 君達は馬鹿な学者の妄説を鵜呑みにしている馬鹿者だ 5
 万有引力の公式F=Gm1m2/r^2は多くのデータを集めて導き出したもので、
数学から導き出されたものではない。数学は物理的事象の存在の裏付けがなく
てはゲームと同じで、実用的には何の役にも立たない。万有引力が距離の2乗
に反比例するのは、光の強さが距離の2乗に反比例するのと同じである。光子
が球状に拡散する様に力の元のエーテルも圧力の高い領域から低い領域へ拡散
していく。圧力の高い所では反発力が、低い所では引力が働く。
 フレミングの右手の法則では、磁界中で力を加えて導体を運動させ様とすれ
ば、誘導電流を生じて反対方向の電磁力が働き、その運動を妨げようとする。
 また、ル・シャトリエの法則では、窒素と水素が化合してアンモニアを生じ
て化学反応が平衡状態の時、窒素と水素を追加したら、その影響を和らげる方
向として両者を少なくする様にアンモニアが増加する。自然は加えられた影響
を少なくする働きを持っている。これらの現象ははすべてエーテルの圧力を均
一にしようとする働きである。
 私はこれとは別に、霊子がお互いに好き合っていれば引力を、嫌い合えば反
発力を生じると言う仮説を持っている。
 フィゾーの光速実験で、光を歯車の溝に通してそれを反射鏡で反射させ、戻っ
て来た光を前の溝に通るよう設定する。歯車を高速回転させて溝を通過する光
を目で見て、その光の点滅が次第に速くなり点滅が消えた時の歯車の円周の長
さと回転数から光速度を求めた。しかし、私は疑問に思わざるを得ない。点滅
が消えた時に再び戻って来た光を見たのだろうか。目の明暗を感知する感度の
限界が来て点滅が消えた可能性が高い。干渉縞の影像にしてもこれはエーテル
の干渉縞であって光子の動きではない。光子は粒子であり、エーテルは光子が
光子に衝突して力が伝わる媒体波だと考えている。私は古人の言い伝えの様に
光は何億光年の彼方からでも瞬時伝わって来ると考える。光速度はCではなく
エーテル(媒体波)の伝達速度がCである。


673 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/12(金) 12:49:42 ID:QN3ev9+S
 君達は馬鹿な学者の妄説を鵜呑みにしている馬鹿者だ 6
 相対性理論の妄説を正す。
 光速度Cで伝わって行く光をUFOで追跡して、UFOも光速度Cで光に並
行して光の速度を測定する。すると測定器はCを示した。光に印を付けてそれ
を見る事が可能であれば、並行して目の前を進行している光が止まって見える
のが真実である。すなわち測定器では光の真実の速度を測る事が不可能である。
 今度は光とUFOが0点から光速度で同時に、光は左へ、UFOは右へ進行
した。1秒後には光とUFOは0点からそれぞれ30万qの地点に到達した。
両者の距離は60万qである。UFOから光を見れば、速度は距離割る時間の
2倍の光速度になると考えるのが正しい。でなければUFOは0点に停止して
いたと同じ事になる。それになぜ光の速度だけが不変となるのか分からない。
 ローレンツ変換によって時間が遅れると言う式を導き出しているが、前にも
言った様に数学で物理的事象を導いてはならないのである。もし時計が本当に
遅れる現象があるならそれはエーテルの歪みの影響と考える。
 地球と供に自転している空気は、東風の台風に吹き飛ばされしまうが、いつ
の間にか地球と供に自転している。こんな事は有り得ない。地球と空気は慣性
力で自転している。鉄砲の弾は慣性力で飛び続けるが空気の抵抗でやがて止ま
ってしまう。再び地球と空気が24時間で1回転するよう誰が調節しているの
か。自転は誤りで、エーテルを否定したマイケルソンの実験は地球が自転して
いないので誤りである。
 神は殺し合いのない、人も動物も虫けら等も楽しく暮らせる弥勒の世を築か
れようとしている。貴方の今のままでは悪さをしないように草木に替えるしか
ない。人は神の御用をするのが使命であり、その為に生まれて来たのである。
神の弥勒の国作りの役に立たなくては、世の為人の為にならない。為にならな
い人生は無意味である。


674 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/12(金) 21:44:24 ID:???
ムーのヨミ杉w

675 :671:2008/12/12(金) 22:12:53 ID:???
その一例

媒質を構造をもった最小単位の調和振動子の集合体(加算個)とすると

 分子(原子―原子)

まさにバネと錘のメカニカルな実像が描ける。

場、例えば電磁場を構造をもたない点である調和振動子の光子の集合体(無限個)とすると

 光子(・)

バネと錘は?本当に調和振動子なの?
すなわち、あくまで数学の世界であり、物理的実体はない。

ちなみに、場を媒質に置き換えると

 光子(電子―陽電子)

となり、光子を実体として扱える。

676 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/13(土) 05:18:29 ID:???
>君達は馬鹿な学者の妄説を鵜呑みにしている馬鹿者だ

君の妄説を鵜呑みにしたら俺たちは基地外ということになりますね、わかります。

677 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/14(日) 21:11:04 ID:xEPARynB
 君達は馬鹿な学者の妄説を鵜呑みにしている馬鹿者だ 7
 光の青、緑、赤の色は波長の違いだと説明している。v=fλより光速度は同
じであるから3者は違った周波数を持っている。その周波数は原子内の電子の
軌道から生ずると言う。電磁波は短波、長波等があり、v=fλより電磁波の速
度は光速度Cであるから違った周波数となる。放射線γ、χ線の速度もCである。
すると、光も電子も磁気も素粒子の一部も全て同じ物質が違った周波数を持つ
事によって、これらの粒子になると結論付けられる。質量はエネルギーである
と言う事もこれを裏付ける根拠となる。しかし、周波数の違いだけでは光、電
子、素粒子の一部の性質を説明出来ないし、粒子には波の干渉など存在しない。
電子が二つの穴を通過して出来る干渉の縞模様は電子が波というのではなくて、
電子と媒体波(エーテルと言われる物で光子同士が衝突して出来る、力を伝え
る光子の帯)が力の作用を及ぼし合って、その影響がエーテルの縞模様になる
のである。当然、電子の存在確率を波と定義している量子力学も間違いである。
エーテルの存在を否定した為に相対性理論、量子力学、ホーキングのお化けを
生み出したのである。
 陽子が電子に、電子が光子に崩壊し、力を伝える媒体としてのエーテル(光子
帯)が存在する。光子は無限に近い速度を持っている為、人間には捕捉されない。
人間が捕捉出来るのはエーテルの速度Cである。エネルギーはエーテル量で、
エーテルの歪みが力として働く。光子の霊体を霊子(心)と言う。この霊子帯が
神であり、神の見えざる手によって力が制御される。神は神界から心によって
現界を動かしている。現界から三尺上は神界と重なり合っている。人間の頭に
神霊が降りて来て、予知夢を見せたり、第六感を働かせたりするのである。
 学者の高慢な鼻を折り、科学妄信者の目を覚まし、神の真理を知らせる為に、
見出しに馬鹿者と侮辱しているのを許してほしい。世の中には私よりも優れた
能力を持っている者もいる事を知っている。


678 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/15(月) 13:07:27 ID:???
> 世の中には私よりも優れた
>能力を持っている者もいる事を知っている。

多分99.9999%の人間はそうだろうね。

679 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/22(月) 13:26:30 ID:Q2fbBWKl
 君達は馬鹿な学者の妄説を鵜呑みにしている馬鹿者だ 8
 自然に放射線を出して核分裂する物質が存在する事から、これを人工的に行
えば原子爆弾が出来る事ぐらい予想が出来た。長時間放射される放射線は核内
エネルギーの存在を示していた。原子爆弾はE=mc^2の式がなくても開発される
運命にあった。原子番号の大きい原子が核分裂し易いなら小さいものは核融合
し易い。陽子同志を結び付ける核力は電子群の圧力で、その元はエーテル圧で
ある。
 太陽は核融合によって輝いていると言うが、核融合の閃光は青白色である。
太陽の光は黄色い白光である。地球は太陽の核融合の放射線の影響を受けてい
ない。(バンアレン帯遮蔽説は嘘)以上の理由から太陽は核融合ではなくて、マ
グマと同様に熱エネルギーによって輝いている。それは宇宙内のエネルギーを
循環させる仕組みによって得ている。人間の原子力利用はエーテルの働きを阻
害し、神の仕組みを破壊するものである。神の警告が放射能被害で現れている。
 ヨハネの黙示録
 第4の天使がラッパを吹いた。太陽の3分の1が壊れその分明かりを失った。
 第5の天使がラッパを吹いた。いなごは額に神の刻印を受けていない人間だ
けを刺した。彼らはサソリに刺された苦しみを受け、それを逃れる為に死のう
とするが許されなかった。(狂牛病)
 第6の天使がラッパを吹いた。4人の天使は人間の3分の1を殺す為に解き
放たれた。戦争によって3分の1が滅ぼされた。それでも、人々は偶像を拝み、
殺生、姦淫、盗みを悔い改めなかった。
 刻印即ち獣の名の数字を押されている者以外は物を売買出来ない様にした。
その数字は666(メーソン)である。
 贅沢を欲しいままにした王達は大淫婦と姦淫を行い、人々はこの女のぶどう
酒に酔い痴れた。
 獣と地上の王達にメシアが戦いを挑んだ。獣と獣の刻印を受けた人々は捕ら
えられ、硫黄の燃えている火の池に生きながら投げ込まれた。この者達は永遠
にそこで苦しめられる。聖なる人々の血の復讐を大淫婦になされた。獣の刻印
を受けなかった人々が生き返り、その他の死者は生き返る事が出来なかった。
 贅沢を欲しいにままにして動物達を犠牲にしている君達は大淫婦と姦淫して
いると同じである。


680 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/22(月) 22:11:35 ID:???
>>679
おまい以前、負の数は無い、マイナスのリンゴは考えられない、
などと主張してたよね。>>474
しかしエーテル(媒質)は負の数、マイナスの量がめちゃめちゃでてくるぞ。
おまいはエーテルがお気に入りのようだが、マイナスの量を知らないおまいが
エーテルを弄んでるといずれ自己矛盾に陥るぞw

681 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/23(火) 07:55:50 ID:???
道端で壊れた物を色々と拾ってきてそれを組み合わせて「芸術作品」を作る人がよくいるよね。
それに良く似てる。

682 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/23(火) 22:35:40 ID:???
めっきりエーテルが冷えてきたね。

683 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/24(水) 12:32:39 ID:???
どこが?
アメリカ発の金融破綻により、世界経済は100年に一度の危機なんだってよ!
相対論と量子論が誕生して100年ちょい経過したわけであるが、何かかぶるなw
いよいよ、これからエーテルの時代が始まるんだよ!

684 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/24(水) 12:41:24 ID:???
ふつう量子力学の誕生は1926年と考えられてるけどな。

685 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/24(水) 23:59:54 ID:???
>>684
そこに突っ込むのかよw

686 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/27(土) 00:55:51 ID:???
いよいよエーテルが降ってきた

687 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/27(土) 10:33:04 ID:???
エーテルの季節になったね。毎朝散歩してるが外の空気がほんと爽やか。

688 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/27(土) 10:49:42 ID:???
積もったよエーテル

689 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/27(土) 11:06:00 ID:???
>>684
ハイゼンベルクの行列力学は1925年じゃなかったっけ?
シュレーディンガー方程式は1926年だけど。
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Matrix_mechanics

690 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/27(土) 11:14:45 ID:???
>>689
何年をもって誕生の年とするかは好きに解釈すればいいんじゃね。

691 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/28(日) 17:58:52 ID:FiqvfwMl
 君達は馬鹿な学者の妄説を鵜呑みにしている馬鹿者だ 9
 本能寺の変の謎が解明出来たのはなぜ信長が無防備の本能寺に泊まったのか。
その嘘が見抜けたからです。そんな無用心ではそれまでに暗殺されない筈がな
く、家臣が納得しない。信長が死ねば家臣も死ぬしかない。京に泊まるなら義
昭の為に建てた2条城に泊まればよい。その2条城跡が2条通から外れた所で
発見された。条里を変更したのは秀吉である。茶会で使った九十九茄子が本能
寺焼失にかかわらず無事であったのは本能寺の茶会の否定となる。中国出陣を
急いでいた信長が茶会など開く筈がない。京へ寄ったのは天皇のキリスタン追
放の綸旨を受けたのである。これと中国出陣を画策して罠にはめたのは秀吉と
家康である。洛中洛外図に架空の2条殿を描かせて2条城の存在を隠蔽したの
である。
 伊邪那岐大神が神勅を降ろした。天照大神は高天原を治すべし。月読大神は
夜の食す国を治すべし。素盞鳴大神は青海原・天下を治すべし。初代天皇は素
盞鳴命である。素盞鳴命から大国主命に継承され、その流れが聖徳太子(押坂彦
人大兄皇子)となり、その孫が長屋親王である。南北朝を争った後醍醐天皇はこ
の直系である。即ち日本天皇と朝鮮天皇の争いが南北朝の争いである。聖徳太
子を暗殺した蘇我氏・朝鮮人が後に藤原氏となって日本を牛耳った。聖徳太子
の肖像画は太子の子を山背皇子とする為の捏造であり、暗殺された者の肖像は
怨霊を恐れて抹殺されるのである。坂本竜馬、西郷隆盛もしかり。
 昭和天皇はイスラエル12支族の血筋を受けた者で日本侵略者である。満州事
変は軍部の暴走ではなく、天皇の命令である。日本を侵略者に仕立てて滅ぼす
と言うメーソンの作戦の為に、天皇がメーソンの命令通りに働いた。日本民族
を抹殺する為に大空襲や原爆投下がなされた。
 世界を支配しているのはメーソンである。日本は食い物にされ、政府はメ−
ソンの手先。北朝鮮の日本人拉致等もメーソンの命令。今度は日本を悪者に仕
立てて滅ぼす作戦の為に、世界大恐慌を招いて世界中を戦争に巻き込んで、日
本民族を抹殺する計画である。メーソンの神ヤーヴェは日本人を餌食にして日
本の神・創造神にとって替ろうと総活動を開始した。


692 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/28(日) 18:32:20 ID:???
>本能寺の変の謎が解明出来たのはなぜ信長が無防備の本能寺に泊まったのか。
日本語でおk

693 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/28(日) 19:06:57 ID:???
エーテルという季語が入ってないがいいのか?

694 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/29(月) 08:40:24 ID:???
> 2条城

695 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/29(月) 16:12:54 ID:PD702lh2
>>680
 私は負やマイナスの存在を認めない。だから、正弦波の負の部分を向きが逆
と言い替えているのだ。マイナスのりんごは存在しない。逆立ちした向きが逆
のりんごは存在する。りんごと逆立ちのりんごを足しても0とはならない。だ
から、何の矛盾も生まれない。

696 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/29(月) 16:16:03 ID:PD702lh2
 君達は馬鹿な学者の妄説を鵜呑みにしている馬鹿者だ 10
 人間の馬鹿供はあれ程奇跡を見せても神の存在が分からないのである。人間
の学では見えない神の働きを捉える事は出来ない。幾ら研究しても骨折り損の
草臥れ儲け。
 天御中主大神が言霊によって高皇産神と神皇産神を生み、甘葦可比彦地神・
天常立神が生まれ、次に国常立神・豊雲野神が生まれた。タカアマハラの言霊
によって霊界に高天原が形成された。聖書のヨハネ伝に、初めに言葉があった。
言葉は神であった。全てのものはこれによって出来た。出来たものの内一つと
してこれによらないものはなかった。言霊が凝縮されると物質となる。次に天
津神10柱の内の伊邪那岐神と伊邪那美神が地球を作り固めて日本列島を生んだ。
次に自然を司る神々を生んだ。その末裔が人間である。女神が火神を生んだが
基で亡くなり、黄泉の国へ去った。男神が迎えに行ったが話がこじれて喧嘩別
れとなり、岩戸が閉じられた。男神は仕方がなく一人で太陽、月、地球を主宰
する神を生んだ。土が火と水を生む。土で出来た地球が太陽と月を生んだので
ある。太陽と月が運行するのも、天気を操るのも、人間が生まれ育つのも全て
神の働きである。それが力と現れ、光等に見えるのである。科学で説明出来な
い超常現象は神等によるもので、科学が嘘である証拠である。
 日本が神の国である証明
 日本列島は国常立神(金龍)の龍の形をしており、世界の雛形である。世界の
五色人(青、赤、黄、白、黒人)は土から火と水が生まれ、土と水で金が出来る。
即ち中心は土・黄人が上位で金・白人は下位となる。白人は彫が深く瞳が青い、
太陽光に弱い特徴で吸血鬼の類である。縄文人は神に近い。
 日本文明は自然との和の文明であり、西洋文明は自然との乱の文明である。
自然を神に読み替えると、神を征服するとなり西洋文明では宗教は発達しない
し、滅びるしかない。仏教と漢字は侵略者に強要されたのである。


697 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/29(月) 19:33:28 ID:???
>>695
ならお前は 0 や 0.5、π の存在も認めないんだな。「自然数以外認めない」とはっきり言ったらどうだ?
20世紀初めごろならそれも一つの見方として通用したかもな。

698 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/01(木) 20:14:21 ID:znpqtswX
 天下の大泥棒、詐欺師が日本政府
 憲法に武力の行使は、国際紛争を解決する手段としてはこれを放棄する。そ
の為陸海空軍の戦力はこれを保持しないとある。国際紛争には自衛の為の戦争
も含むから自衛隊は憲法違反である。公明党は政教分離に違反している。
 我々が納めている税金は無駄な官僚の給料となったり、無駄な公共事業に注
ぎ込まれて悪徳企業の食い物にされている。政治家の悪業がなくならないのは、
税金の使途に利権が生じる為で、政治家が企業の利便を図るのは企業献金があ
るからである。企業献金は収賄である。
 税金は社会の経費や資本整備の負担金ではなくて、悪徳企業等へ貢ぐ為に強
奪される合法的な搾取である。健康保険料、年金保険料も同様である。年金資
金も事業に運用される。その資金の目減りを防ぐ為に納付記録が抹消されたの
である。正に日本政府は天下の大泥棒であり、詐欺師である。
 昨今大企業が不景気で派遣社員の首切りを行っている。これから世界大恐慌
となって失業者が激増する。失業者は乞食の生活を余儀なくされる。人々が自
給自足の生活を行えば全ての企業が倒産する。即ち企業等は無くてもよい物で
贅沢な生活を望むから必要と思えるのであって贅沢は世を潰す元である。年金
など無くせばよい。子が親を扶養するのは当たり前で、育てて貰った恩を返す
のが人の道である。病気になったり、障害を持つのは己の悪業の為で自業自得
である。女の社会進出は男の職を奪い、百害あって一利なし。その為に余分な
費用が要る。女を甘やかしてはいけない。力仕事が出来ない女は男を補佐する
役割である。学歴社会は悪人を生み出す制度で悪知恵の働く小人が社会の上に
立って害をなすものである。選挙制度は世の中の多数派の悪人がその代表を決
めるもので益々悪社会を構築するだけである。本来神に近い天皇が治めるのが
本当である。
 職業で一番尊いのは昔ながらの農業である。農家は米価を消費者の都合によ
って安く買い叩かれて食い物にされている。それでも人の為に生きる糧の米を
作っている。全ての国民が農業に従事すれば食べていける。農家に寄生してい
る悪人供を退治しなければならないが。

699 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/01(木) 20:19:40 ID:???
元旦から長いポエム、元気いいな


700 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/02(金) 00:08:41 ID:???
700

701 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/02(金) 19:18:46 ID:???
MMは地球の楕円も考慮したのか?
除夜の鐘の振動でいくらでも狂う

702 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/02(金) 19:25:20 ID:???
正月から支離滅裂だな。

703 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/04(日) 05:11:19 ID:???
http://jp.youtube.com/watch?v=ur4BkAkR71w&feature=related

704 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/05(月) 17:53:49 ID:???
>>695
> 私は負やマイナスの存在を認めない。
その点は物理学者と一緒だな。

705 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/18(日) 11:02:00 ID:+E6r7UsF
 なぜ私が様々な謎を解明出来たのか。それは真理と言うものは1点の矛盾を
も許さない厳格なものである事を知っているからである。そこには何の疑問点
をも持ち得ない。私がなぜ何々なのかと問題提起をしているのはその理由から
である。
 我々の身体が窒素酸化物から猿を経て進化したと言う様な荒唐無稽な妄説を
信じられないのは当り前である。精巧な仕組みを持っている我々の身体が、偶
然に、サイコロを振って出た目の結果として形成される訳がない。何らかの意
思を持った存在が創り上げたと考えるより他はない。白い清楚な花が可憐な姿
で咲いている。偶然ならもっと見苦しくてもよい。そこには神の美しい物を造
ろうとする意思が感じられる。だから、私にとって神は絶対的な存在で否定す
る事は不可能なのである。難関の障壁に阻まれて思い迷っている時に第6感の
閃きを与えてくれるのも神である。私はこの伝家の宝刀(心眼)によって難問を
解いて来たのである。その中で見えて来たのは神の意思に逆らっている人間文
明の滅亡である。人間は神の広大なる厚恩を感謝するどころか逆に、それに仇
をなす様に神の創られた自然を破壊して、利己主義の亡者に成り果てている。
贅沢な生活が他の生物を犠牲にした代償だと自覚していない。神は人間をこの
世の主宰者として造られたのに今では地球の癌細胞になっている。人間の世が
弱肉強食となって、人の生き血を吸う鬼の世となっている。この世は戦争で滅
びるしか他に方法がない。日本人が人類の罪をあがなう為に原爆の災禍を受け
たのである。今度はそれ以上の災禍を受けなければならない。
 桃太郎(国常立神)が鬼ヶ島の鬼を退治するのは目前に迫っている。
 人間はきびだんごを食べて(質素な自給自足の生活をして)神の意思に従って
生活するより他幸せな生活はないのである。そこにこそ殺し合いのない極楽浄
土が築かれるのである。


706 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/20(火) 15:09:16 ID:BFFtixnu
 真説本能寺の変
 織田信長は秀吉から毛利の大軍が出て来たとの急報を受け、これを叩く為に
中国出陣を急いだ。その勢いで九州征服をも考えた。明智光秀に出陣を要請し、
6月2日はその出陣の当日である。光秀は未明に配下の軍勢を率いて信長のい
る2条城の周りに待機していた。ところが、細川藤孝が書いた偽の信長の朱印
状によって、信長が中国出陣を中止して安土城に帰ったとの旨を知らされ不審
に思い、詳細を知ろうと安土城へ向かった。これに入れ替わる様にして周山城
に隠れていた秀吉の暗殺軍勢が待ち構え、堀秀政の裏切りによって大手門から
攻め込み信長を自害させた。時同じくして徳川家康率いる軍勢が京極高次の裏
切りによって安土城の大手門から攻め込み信忠と濃を自害させた。信長父子の
遺骸を隠したのは光秀に天下を取らせない為である。本能寺で暗殺者の一部を
口封じの為に殺して焼き払い、犯行現場に見せかけた。
 その後光秀が千利休、天海となったと言うと秀吉が光秀を生かして置く訳が
ないと反論するが、光秀は後醍醐天皇の血筋を受けた者だから秀吉も家康も殺
す事が出来ない。天皇家の崇りを恐れたのである。が利休が光秀とばれたので
切腹の芝居をさせなくてはならなくなったのである。
 秀吉と家康は同盟を結び、事前に人質を交換していた。秀吉側は朝日と母、
家康側は結城秀康と石川数正である。秀吉は毛利と共謀して八百長の戦争を行
い、高松にいたのは宇喜多秀家軍と秀吉の影武者である。中国大返しは大嘘。
家康は前田利家、信雄の軍勢を指揮し、明智軍に備えて瀬田橋を落とした。家
康は信長が自分を子分扱いして姉川、長篠の戦いで酷使するのに不満を抱き、
密かに天下取りの野望を持っていた。しかし、信長には恩があり、家康が今川
の人質にされ、隷属させられていたのを救ったのは、信長が義元を討ってくれ
たお陰である。信長が家康に駿河を恩賞として与えたり、接待する事は有り得
ない。伊賀越えは大嘘。丹羽長秀は暗殺軍勢に加わり実行後信孝を秀吉軍の仇
討ちの旗頭にする為に秀吉に引き合わせた。
 秀吉がお市の三女子の茶々を妾に、家康が江与を秀忠の妻に、京極高次が初
を妻にしたのは信長の怨霊封じの為である。怨霊は己の血筋の者には祟れない。


707 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/20(火) 15:11:18 ID:BFFtixnu
 徳川家康の正体は山本勘助
 日光東照宮の家康墓前の門に眠り猫がある理由
 家康の前身松平元康の生まれ年は寅年である。寅が猫に化けてしかも眠って
いるのは死んだと言う暗示である。影武者が三方ヶ原の戦い時に家康を暗殺し
て家康になり代わったのである。それと信長殺しの弱点を、信長殺しの濡れ衣
を着せられた光秀が巧みについて、自分と福の子を家光にした。眠り猫の裏側
に2羽の雀(光秀と福は酉年)があるのは影武者の裏で操っていたのは光秀であ
ると言う暗示。
 世良田庄に東照宮がある理由
 影武者の出が世良田で世良田元信の故郷である。世良田の鬼門(北東)に日光、
裏鬼門(南西)に久能山があり、二つの東照宮は鬼門封じの呪法で世良田を護っ
ている。世良田東照宮の拝殿に武田家家紋の花菱があるのは影武者が武田家の
血筋であると言う暗示。
 家康が晩年駿府城に住んだのはその場所が長年の愛着の所であるからである。
久能山東照宮を建て番人に取締りを行わせたのは自分の出自を隠す為である。
そこに勘助が掘ったと言う井戸がある。家康が勘助の子息を改名させて家臣に
したのは家康が勘助である証拠である。家康が信玄の子と言う説があるが親子
で戦う筈がない。
 勘助が片目のびっこと言うのは偽装であり、家康が大阪夏の陣で死んで墓ま
であると言うのは世を迷わせる工作である。
 秀吉と家康が光秀を殺せなかったのは光秀(斉藤義龍)が聖徳太子の血筋を受
けた者だからである。聖徳天皇を殺した祟りは落雷、疫病等で非常に恐れられ
た。大抵の寺の聖徳太子の彫像が童子であるのは、聖徳太子は天皇に成ってい
ないと否定する為に強調して洗脳する為である。日本の歴史は大抵はこの様に
大嘘の洗脳となっている。


708 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/20(火) 15:23:56 ID:???
信長はエーテルと縁が深いのかな。

709 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/21(水) 00:15:21 ID:???
ようやくエーテルもひと段落かな。

710 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/21(水) 23:21:32 ID:zmw3DyEv
エーテルがなかったら宇宙は存在しえないだろ?

711 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/22(木) 08:09:22 ID:JFRRTqn7
谷口雅春著生命の実相第7巻を読もう。

712 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/22(木) 15:41:53 ID:???
今なら白い小皿がもらえます。

713 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/23(金) 00:03:44 ID:???
谷口雅春って「皇恩を全身で感じるとき、銃弾が体を貫いても痛みなど感じない」って書いた人でしょ。


714 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/24(土) 11:20:15 ID:H5t+7kuU
 中臣の太祓祝詞に国津神の罪として、生膚断死膚断、白人故久美、己が母を
犯せる罪、己が子を犯せる罪、畜を犯せる罪、昆虫の災高津神の災高津鳥の災、
畜仆せる罪がある。
 手術したり、解剖したり、外人と結婚したり、近親相姦、獣姦したり、獣を
殺したり(肉食)するのは罪であり、虫や鳥の大量発生、台風等の災害も罪の為
に起きる。
 人は畜生に生まれ変る事がある。子供の先天異常、三つ口(兎唇)、立耳(犬耳
)、合指病(牛蹄)が神の警告として現れている事から分る。
 ハンセン病は屍姦や獣姦の罪、淋病、梅毒は姦淫の罪、血友病は近親相姦の
罪、天然痘は畜生の殺生の罪、エイズは肛門交接の罪、狂牛病は共食いの罪で、
血統が犯した罪でもある。
 鳥インフルエンザは戦死者が赤屍鬼の怨霊となって起こす病気で、鳥食の罪
が原因である。戦争は火気によって起こり、鳥は火気によって生じる事からで
も説明出来る。
 癌は肉食をする事によって動物の怨霊がその仇を討とうとするからであり、
戦争はその怨霊が人間に取り憑いて行わせるものである。


715 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/14(土) 12:43:06 ID:???
そろそろエーテルの季節も終わりだね

716 : ◆GOVXYB0Zc. :2009/02/14(土) 14:24:33 ID:???
ここで余談だが、エーテルは時代遅れの棄てられた、過去の遺物と思われている。
すなわちかつて産業革命を推進した蒸気機関のように、いまでは博物館に陳列されているか、
どこかの観光地にひっそりと息づいているかのどちらかだ。
ところが驚くなかれ、地球の重力を振り切り宇宙空間に飛び出すロケットの動力は、
まさにその時代遅れの、しかも究極の蒸気エンジンなのである。
なぜならロケットの内部では液体水素と液体酸素が反応して最終的に水になり、
その高温、高圧の水蒸気をノズルから噴出して飛ぶのがロケットだからだ。
水蒸気の反動を利用するアイデアは古代ギリシャのはるか昔からあるものだが、
まさにその原理は時代の最先端に生きている。
そしてその様子はエーテルに対しても同様なことが言える。
すなわち当時の科学者達が考えた、波としての商品価値しかなかったエーテルは
歴史の一頁に過ぎないかもしれないが、本来のエーテル、すなわち媒質は否定されてはいない。
物理学者が突き刺した剣はエーテルの心臓ではなく、エーテルの幻影なのだ。

717 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/14(土) 14:35:58 ID:???
単に「蒸気を使う動力」ってだけなら蒸気タービンが発電所でずっと大活躍しとるわ。
手前の認識不足で勝手に「時代遅れ」だということにしておいて、「実は最先端」もなにもない。

一方、「外燃レシプロ機関」としての蒸気機関に限定するなら
どこでも (実用的には) 使われてないという事実は何も変わらん。

718 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/14(土) 16:31:52 ID:???
>単に「蒸気を使う動力」ってだけなら蒸気タービンが発電所でずっと大活躍しとるわ。
それは認識しているよ。俺が言ったのは蒸気機関車。蒸気自体は今も昔も大活躍。
SLとロケットを対比させたのは、水蒸気を利用した移動手段としての共通性から。
>一方、「外燃レシプロ機関」としての蒸気機関に限定するなら
>どこでも (実用的には) 使われてないという事実は何も変わらん。
だから、当時の科学者が考えたエーテルは否定されても仕方ないと言ってるだろ?
バージョンアップしたエーテルというものがあるんだよ。

719 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/14(土) 16:54:08 ID:???
「産業革命を推進した蒸気機関」といったら、SLよりもむしろ、ワットの蒸気機関
のような「移動に限定しない汎用の動力としての蒸気機関」だろ。

いずれにしても蒸気は蒸気、エーテルはエーテルでしかない。エーテルが復活してるという
主張をするなら、それ自体の実例を示すこと以外根拠とはなりえない。

仮に、現代でも否定されないエーテルなるものがあるとしたら、それは現代の科
学とは矛盾しないエーテルということだから、あってもなくてもあんまり影響ない
ということになるな。

720 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/14(土) 18:54:16 ID:???
>仮に、現代でも否定されないエーテルなるものがあるとしたら、・・・以下略
おまい、現代科学至上主義者か?
それは究極理論が完成した暁に言ってくれ。
そもそもエーテルが存在したら、科学に革命が起きるよw

721 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/14(土) 19:09:25 ID:???
別に現代科学至上でもなんでもないよ。

  単に、具体的な中身が出てこないのに「革命的な新理論」とか称するものは、
  ふたを開けてみればそもそも中身がないものだ

という一般論を述べてるだけ。

蒸気機関とか無関係な話を持ち出してくるのも、関係のある話をしようにも中身が
ないものは出しようが無い、ということの表れでしかない。

722 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/14(土) 20:28:06 ID:???
>蒸気機関とか無関係な話を持ち出してくるのも、関係のある話をしようにも中身が
>ないものは出しようが無い、ということの表れでしかない。
わざわざ余談だがと前置きしてるのは、たとえ話であると自覚している表れなんだが。

具体例を出せと言うなら、水や大気のようなという意味でのエーテルは、
波であると同時に構造をもった粒々の最小単位の集まりだよ。
それゆえ連続体の時間・空間を採用している現代科学とは一線を画する。
つまり、エーテルはエーテルなりに存在価値があるのであって
あってもなくてもいい、などという代物でない。

723 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/14(土) 21:33:45 ID:???
相対論以前のエーテルがマクスウェル方程式に基づいて応力や分極といった
物理的性質が熱心に研究されたのに対し、おまえのエーテルは単なるポエムと言う点で
確かに一線を画しているな。

724 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/14(土) 21:58:11 ID:???
応力や分極ってまさに媒質の特性だろ?
媒質がなくて何が分極するんだ?

725 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/14(土) 22:55:13 ID:???
>>724
一行目はその通り。
現在の電磁気学では真空は分極しないと考えてる。真空の誘電率というエーテル説の名残はあるが。
応力という考え方のほうは残ってる。

726 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/15(日) 09:30:01 ID:???
> 具体例を出せと言うなら、水や大気のようなという意味でのエーテルは、
> 波であると同時に構造をもった粒々の最小単位の集まりだよ。

そんなの全然具体的じゃないんだよ。
単に時空の離散化ってだけならこれまでにもなんども試みられてきたことだよ。
最近だとループ重力理論がそうかな。

これまで何度も試みられてきたけど主流になってないのはどれもうまくいかなかったからだ。
(ループ重力理論はまだこれからだからどうなるかわからん)

うまくいかなかったというのは、その考えをきちんと体系立てて、定量的な計算が出来るように
しようとするとどうしてもつじつまが合わなくなる (あるいは現実と合う結果が出せない)、という
ことで、その段階に至る前からうまくいかないわけじゃない (だったら最初から研究しない)

727 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/15(日) 09:38:21 ID:???
そう、数値や方程式、実験との関わりなんかを示してくれれば具体的と思うけどな。

728 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/15(日) 09:40:34 ID:???
>>724
だから媒質を想定してそれをエーテルと名付けたんだろ。

729 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/15(日) 14:01:25 ID:???
>>728
そうだよ。だから俺はエーテルは科学の王道だと思っている。
しかし当時の科学者はエーテル=波にこだわった。
それゆえ粒であり波であるとする量子論の台頭や、光量子仮説といった波と対立する
概念に足下をすくわれた。
しかしもしエーテルのプロフィールに、粒々の集合体である、という項目
(別に捏造でも何でもない)を付け加えていたならば、エーテルは科学の表舞台から
消える必然性はなかった、ということである。

730 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/15(日) 14:57:50 ID:???
けっきょくは下手なポエムしか書けないということだな

731 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/15(日) 15:40:50 ID:???
>>730
まあポエムでも何でもいいが、
ところで、現代科学がエーテルなしでやっているというなら、
光速不変以外に媒質なしでしか説明がつかない事例の具体例を挙げてくれないか?

732 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/15(日) 16:38:41 ID:???
>>731
何を言ってるのかさっぱりわからん

733 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/15(日) 18:07:21 ID:???
>>732
俺もおまいが何がわからないのかさっぱりわからんw
要するに、相対論を覆すことは大それたことだが、
エーテルを否定するということは、ある意味それ以上に大それたことである。
ということだよ。

734 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/15(日) 18:57:37 ID:???
>>733
否定するも何も今の物理学の中にエーテルなんてどこにも無いだろ。
あるというならその物理的特性を上げて、どの方程式にどういう項として現れるか書いてみろよ。

735 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/15(日) 19:54:22 ID:???
ヒント:バネと錘
すなわち電磁場は調和振動子である光子の集団

つまり、光子にバネと錘のメカニズムをもたせることが可能であるならば、
それをエーテルと呼ばずに何と呼ぶ?
逆に既存の光子は構造をもたない点なのだから、名前だけの調和振動子なんだよな。
エーテルがあるかないかの違いはその一点だよ。

736 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/15(日) 20:47:12 ID:???
> それをエーテルと呼ばずに何と呼ぶ?

量子場だろ

> 電磁場は調和振動子である光子の集団

それと「粒々の集合体」にどんな関連があると?

737 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/15(日) 22:31:17 ID:???
>> それをエーテルと呼ばずに何と呼ぶ?
>量子場だろ
それが構造をもたない無限個の光子の集まりならな。
既存の光子に構造、すなわちバネと錘のメカニズムがあるのか?

>> 電磁場は調和振動子である光子の集団
>それと「粒々の集合体」にどんな関連があると?
だから光子に分子のような構造を与えると、電磁場は粒々の集合体になるということだ。
要するにおまいは既存の物理学はあくまでも場で記述できるのであって
エーテルは必要ない、と言いたいのであろうが、
光子などの点粒子が実は構造体であったということになると、
一夜にしてエーテルは復活するよ。

738 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/15(日) 22:58:26 ID:???
> だから光子に分子のような構造を与えると、電磁場は粒々の集合体になるということだ。

えーと、もしかして「光子は調和振動子」というのを、なにか粒状のものが振動運動している、と思ってるわけ?

739 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/15(日) 23:09:39 ID:???
>>737
>だから光子に分子のような構造を与えると、

>光子などの点粒子が実は構造体であったということになると、
>一夜にしてエーテルは復活するよ。

・・・( ^ω^)

740 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/15(日) 23:23:05 ID:???
結局のところポエムでしかないんだよね。
ポエムで物理学が革命できるわきゃ無い。

741 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/15(日) 23:30:00 ID:???
>>738
>えーと、もしかして「光子は調和振動子」というのを、なにか粒状のものが振動運動している、と思ってるわけ?
当たり前だろ、光子一個を時空の1単位とすると、すなわち水が水素と酸素の複合粒子
であるように、光子を電子・陽電子対とすると、光子は粒であり波(正反の間を往復)
でもあるということになる。
じゃあ、おまいの光子は調和振動子である、という意味を説明してみろよ。

742 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/15(日) 23:36:18 ID:???
光子は電磁場のフーリエ成分だから局在してるもんじゃない。

743 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/15(日) 23:36:31 ID:???
>当たり前だろ、光子一個を時空の1単位とすると、すなわち水が水素と酸素の複合粒子
>であるように、光子を電子・陽電子対とすると、光子は粒であり波(正反の間を往復)

・・・( ^ω^)

744 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/16(月) 14:29:42 ID:???
>>742
光子が局在していようとその場で揺らいでいようと、伝わるのは位相の変位だろ。
おまいは特定の光子にマーカーして追跡したことがあるのか?

745 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/16(月) 20:20:22 ID:???
>>738
光子は調和振動子である、と言う意味の説明はまだか?>>740でもいいぞ。

746 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/16(月) 21:00:06 ID:???
>>745
>>738でも>>740でもないけど
自由電磁場を量子化すると、電磁場の従う方程式が調和振動子型の方程式になるという意味だよ。

747 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/16(月) 21:55:59 ID:???
> 光子が局在していようとその場で揺らいでいようと、

え… 局在の対語が「その場で揺らいでる」なのか…

局在してないのだから「その場」も何も無い。そもそも粒ではありえないと言ってるのだが。
フーリエ成分と言うのは全空間に広がってるものだぞ。

> おまいは特定の光子にマーカーして追跡したことがあるのか?

それは光子が「往復運動してる粒状のものだ」と言い切る人が答えるべき質問じゃないのか?

748 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/17(火) 19:41:45 ID:???
>フーリエ成分と言うのは全空間に広がってるものだぞ。
当たり前過ぎて意味不明だな。例えば音のフーリエ変換に置き換えると、
空気は局在する粒々の振動する空気分子の集まりである。と言ってるのに対しおまいは、
「空気分子は音の場のフーリエ成分だから局在してるもんじゃない。」と反応してるわけだ。
要するに、空気分子はどこ行った?という話だw

大体おまいは、光子は粒々という表現に驚いた様子だが、
おまいにとっては素(粒)子という物理用語は不適切みたいだな。
つまり、単に離散的(加算個)か連続的(無限個)の違いなんだよ。

749 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/17(火) 19:44:47 ID:???
それと何か噛み合わないと思ったら、おまいは波長域の区別がついていないようだ。
例えば、普通水面上に生じる波はどっから見ても波であり、連続体として扱え、
水分子は波長の一部として埋没している。
しかし波長の短い超音波や、電子レンジにおける水は粒的な性質が現れる。
まあ本性を出したということである。
その様子は電磁場も同じで、ラジオの放送局の電波が波長何百bの粒の塊で飛んで
くるわけではない。あくまで波のイメージだ。
しかし波長の短い光は粒的な性質が現れる。さらにガンマ線は電子・陽電子対を生む。
で、おまいの言うフーリエ成分はどの周波数を言ってるんだ。

俺は光子は調和振動子というのを、媒質をモデルに光子に構造を与えると説明
できると主張した。すなわち一個の光子を論じそれをおまいに場で説明しろと求めた。
ところが「光子は電磁場のフーリエ成分だから局在してるもんじゃない。」
と逃げたんだな。

750 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/17(火) 20:25:36 ID:???
>>748
つまり、単に離散的(可算個)か連続的(無限個)の違いなんだよ。に訂正

751 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/17(火) 21:09:46 ID:???
>>749
横レスだが
場の量子論でいう光子は>>747のいうように全空間に広がってるぞ。

>しかし波長の短い光は粒的な性質が現れる。さらにガンマ線は電子・陽電子対を生む。
粒的な性質とは具体的にどういったもの?
γ線は単にエネルギーが大きいからe-e+を生成できるわけで粒的とは何も関係ないよね。

752 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/17(火) 21:59:00 ID:???
> 空気は局在する粒々の振動する空気分子の集まりである。と言ってるのに対しおまいは、
> 「空気分子は音の場のフーリエ成分だから局在してるもんじゃない。」と反応してるわけだ。

もちろん現実の空気についてはそれは当てはまらないが、喩えとしてはそれで正しい。
(そのように喩える意味はあまり無い、というか、ある性質の喩えとしてそのような性質を全く
持たないものを持ってくるのはよい喩えではない)

> 要するに、空気分子はどこ行った?という話だw

どこに行ったもなにも (この喩えの上では) 空気分子とははじめから「全空間に広がったもの」
なんだよ。

空気分子「局在する粒々」だという勝手な思い込みが先にあるから「どこに行った」と思うだけ。

> 例えば、普通水面上に生じる波はどっから見ても波であり、連続体として扱え、
> 水分子は波長の一部として埋没している。


もしかしてお前は

  電磁波    ⇔ 光子
  水中の音波 ⇔ 水分子

という対応だと思ってるのか?

753 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/19(木) 20:40:20 ID:???
>>752
何だかポエム以上のポエムを語っているなw
局在しないが空間全体に広がっているという概念が普遍的なら文句はない。
しかし音のように例外があるのだから、その意味を説明しろよ。
もしかして電子は観測する前は空間全体に広がっている(波的)が、観測すると
ある一点に見いだされる(局在化-粒的)と同じ描像か?
一般的な波を多くの正弦波の重なりとすると、ある周波数の正弦波に分解できる。
その場合、空間全体に広がった(もちろん宇宙空間全体だよな?)光子が超光速で、
Δtの時間間隔でサインカーブに収束するということか?w
もはやポエムですらないな。

754 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/19(木) 20:42:59 ID:???
>もしかしてお前は
>  電磁波    ⇔ 光子
>  水中の音波 ⇔ 水分子
>という対応だと思ってるのか?

電磁場=調和振動子である光子の集団。
電磁波は電磁場の変位の復元力が近接作用により、振幅や位相として伝わるもの。
で、点粒子の光子を無限個とすると場であり、構造をもった光子が可算個とすると
媒質(エーテル)となる。
さらにお前の主張によると非局在と局在の違いがあるようだ。
いずれにしても俺の解釈は、局在(正反の間を揺らいでいる)する構造をもった
無数(加算個)の光子が
エーテルとして宇宙を満たしているということだ。

755 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/19(木) 20:44:55 ID:???
>  水中の音波 ⇔ 水分子

水・空気=無数(加算個)の(調和)振動子である分子の集団。
波長域により粒的か波的かの性質が表れる。
もちろん分子一個は(調和)振動子。
さらに多数の分子の集団もやはり調和振動子とフラクタルな関係にある。
すなわち圧力(ポテンシャル)が最大→粒子の速度ゼロ→圧力ゼロ→粒子の速度最大。
つまり、振り子やバネと錘と同じ図式。

だから、お前の光子は調和振動子であるという意味を説明しろよ。

756 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/19(木) 22:53:08 ID:???
> しかし音のように例外があるのだから、その意味を説明しろよ。

例外なんてないよ。光に対する光子に相当するものは、音に対してはフォノン (音響量子)
であって空気や水の分子ではない。そしてフォノンは局在しない。

> もしかして電子は観測する前は空間全体に広がっている(波的)が、観測すると
> ある一点に見いだされる(局在化-粒的)と同じ描像か?

電子は電子場の量子だから対応としては間違っちゃいないな。

> その場合、空間全体に広がった(もちろん宇宙空間全体だよな?)光子が超光速で、
> Δtの時間間隔でサインカーブに収束するということか?w

「Δtの時間間隔でサインカーブに収束する」の意味が不明だが、波束の収縮は (解釈しだいだが)
実際そういうことだが。

757 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/19(木) 23:05:41 ID:???
> だから、お前の光子は調和振動子であるという意味を説明しろよ。

電磁場をフーリエ成分に分解すると、各成分についての電磁方程式は調和振動子の方程式と同じになる、という
ことだよ。

そもそもお前、「光子は調和振動子だ」の意味がわかってないだろ。

量子化された調和振動子がとり得るエネルギーは

  E = hν・(n + 1/2)   (n = 0, 1, 2 …)

に限られる。これが「振動数νの光子が n 個ある状態」に対応する。
つまり、

  光子は調和振動子だ

と言っても一つの光子と一つの調和振動子が一対一対応してるわけじゃないんだよ。

お前は

  「光子とは何か粒上のものが往復運動しているもの」

だと明言したよな。そしてそれが「バネと錘」という構造を持ってる調和振動子だと。

お前の「光子とはバネのついた粒」じゃ同じ振動数の光子が複数あったらその数だけ調和振動子が
あることになるし、同じ振動数の一つの光子が異なるエネルギーをとり得ることになってしまう。

758 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/22(日) 22:45:29 ID:???
>実際そういうことだが。
何がそういうことだよ、波束の収束はむしろ局在化だろw
ようするに、フーリエ変換とは局在していた光子が超光速で空間全体に広がることであり、
その逆変換は空間全体に広がっていた光子が超光速で局在することか?
コペンハーゲン解釈かよw
お前の言う局在しないフーリエ成分の意味と噛み合わない理由がやっと分かったよ。
つまり、単調な正弦波や平面波は空間に一様に広がっていて局在してしない。
当たり前ではないか。
じゃあそれに対立するものとして、波長の近い正弦波を重ねるといわゆる群速度となり、
うなりが生じ、エネルギーの塊として局在している。
あるいはいろんな波が重なり合った波束はやはり局在している。
つまり、空間に広がったフーリエ成分は局在しないというのはそういう意味であり、
空気分子が局在しているいないという哲学談義とは何の関係もない。
単にお前が墓穴を掘っただけ。

759 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/22(日) 22:47:27 ID:???
>> しかし音のように例外があるのだから、その意味を説明しろよ。
>例外なんてないよ。光に対する光子に相当するものは、音に対してはフォノン (音響量子)
>であって空気や水の分子ではない。そしてフォノンは局在しない。

フォノンは局在しないにせよフォノンを引き起こす結晶、さらに結晶を構成する原子が
局在(実在)してるだろ?フォノンとフォトンが対応してるなら、フォトンにおける
フォノンの最小単位である原子に相当するものをを提示してみろよ。
お前の考えによると、フォノンであれ音のフーリエ成分であろうと空間全体に
広がっているのだから、月の世界でも音波で会話できそうだなw
地球限定である必然性はないよね?
エーテルを否定するということがどういうことかの意味をかいま見たようだ。

760 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/02/24(火) 14:04:01 ID:zyF61/Ii
 西郷隆盛は暗殺されていた
 隆盛の肖像はフルベッキの集合写真に写っているものが真実である。青森県
高館の青柳家で発見された、大礼服を着た謎の人物(中津文彦著闇の日本史p18
参照)は隆盛で、頬の骨格等がそっくりである。なぜ嘘の肖像を世に広めて国
民を騙す必要があったのか。それは隆盛の怨霊を恐れたからである。
 明治6年に隆盛が征韓論に敗れて下野したと言うのも嘘である。隆盛は言う。
文明とは道義のあまねく行われるのを賞賛した言葉である。西洋は野蛮だから
未開の国に対して武力による殖民政策を行って己の利益を獲得する。日本は文
明国だから未開の国に対して慈愛を本としてよく説き諭して開明に導くのが本
筋である。だから、隆盛は己が遣韓使となって韓国を開明させ、西洋の侵略を
防ぐ為にアジア決起同盟を結ぼうとしたのである。メーソン支配の明治政府は
富国強兵政策の為に、国民搾取とアジア侵略を押し進めていた為に隆盛を抹殺
する必要があった。その意図は征台戦争、江華島事件で明らかである。征韓論
は政府の主張であった。西郷らを団結させない為に陰謀を働かせて、各個撃破
して行った。それが佐賀の乱、萩の乱、西南戦争となったのである。萩の乱の
前原一誠は偽の西郷の密使によって決起してしまったのである。私学校党の火
薬庫襲撃は政府の深夜の武器弾薬移送が発端となった。
 西南戦争は隆盛が政府の密偵によって暗殺された為に、反乱側が偽の隆盛(永
山弥一郎)を旗印として、困窮の農民らを救済する為に決起した戦争である。
 隆盛は戦争中、姿を現していない。代わりに影武者の永山弥一郎が表に立っ
て行動していた為に、他県の応援部隊も彼が隆盛だと信じ込んでいた。戦争の
前に隆盛の写真が売られていた。それはフルベッキの写真に似た人物で永山弥
一郎だと思われる。政府は本当の隆盛の写真を永山弥一郎だと表明していた。
隆盛の自死を目撃した生存者はいない。これらの事から隆盛不死伝説が生まれ
たのである。メーソンである政府が虎(隆盛)が野に放たれるのをみすみす見過
ごす筈がない。政府が密偵を使って監視し、暗殺したと思われる。そうでなか
ったらそれ程まで、隆盛の肖像を恐れてそれを抹殺する筈がない。


761 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/03/11(水) 08:34:20 ID:QNX0I6aL
 日本テレビ真相報道バンキシャ「岐阜県庁で新たな裏金作り」の報道は真実で
あり、役人は前の裏金事件を反省するどころか新たな新手を考案して、悪行を
繰り返している。役人に天誅を下し、税の不払いを断行して兵糧攻めにすべし。
 県土木事務所の職員が工事代金を水増しして業者に発注し、その余剰金約200
万円を職員の指定する銀行口座に裏金として振り込ませた。その事実を建設会
社役員・蒲保広氏が証言した。蒲氏はメーソンから脅迫を受けて虚偽の証言を
したと言う嘘の証言を強要された。日本テレビはメーソンの圧力に屈して誤報
であったと謝罪した。
 蒲氏は県が追加工事で裏金を捻出していると言う不正を告発しようとインタ
ーネットに書き込み、テレビ局から情報提供料として1万円受け取り、今回は
出演料等を受けていない。こんな端金の為に裏金作りの証言をする筈がない。
建設会社の不正を自ら暴露し、県の発注工事が無くなる危険性を侵して証言す
る馬鹿はいない。県の工事を請けれなくなった腹癒せも手伝って証言したので
ある。補助金の不正経理を指弾された県の会計処理に不正があると見るのが妥
当である。マスコミは蒲氏を公金詐欺容疑で起訴された人物(後に捏造の詐欺罪)
で数百万の借金があるとして、いかにも悪人の様に仕立てている。
 今回メーソンがこの様に圧力をかけて来たのは、県が未だに裏金作りをして
いると住民に知られる事が大問題となり、国民の行政・政治不信に歯止めがか
からなくなるからである。民主党の永田議員偽メール事件も本当のメールを闇
に葬った。その為政治家生命を絶たれ自殺したのである。プライバシー保護法
は政治家等の不正を隠す為に作られた。正義が抹殺され、悪がはびこって世も
末である。
 愈々神が悪の極まったこの世の鬼を、退治する時となった。今年、ハルマゲ
ドンは北朝鮮によって口火が切られ、来年、駐留米軍の移転後、ロシアが進攻
し、日本総攻撃が始まる。日本は核の洗礼を受け、飢餓地獄に落とされ、人の
顔をした鬼が人を食うなどの地獄絵図が展開される。


762 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/03/11(水) 10:44:41 ID:???
↑何故おまえはエーテルスレに出没する?
この質問に答えてくれ!

763 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/03/23(月) 12:21:04 ID:/rfzsp70
 君達は馬鹿な学者の妄説を鵜呑みにしている馬鹿だその典型が東大出の阿呆
 ボウフラは空缶の溜まり水から湧き、蛾は玄米から湧く。これは人間の言葉
の邪気が虫を発生させているのである。クールー病、狂牛病は共食いから発生
する。メーソンはこれらの神の摂理を否定する為に科学と言う虚構を考案した。
だから、科学は嘘の塊であり、大衆を騙す道具である。超常現象は真実であり、
科学の嘘を暴き立てている。
 経済のカラクリ
 江戸時代、人口の7分の武士が8割の農民の生き血を吸って生きていた。当
時の百姓は平均して3反の米作りをしていて、その収量は約600sで、その5割
を年貢として収めていたから手取りは300sである。成人男性の年間消費量は
150sだから、米を食うだけでなくなってしまう。だから、生活費を捻出する為に
稗と粟を食っていた。小作料を払っている小作農の生活はもっと悲惨であった。
凶作の時、百姓一揆が起きても当然である。百姓は武士の奴隷であり、無礼を
働いたと言って犬猫のようにして殺された。
 江戸時代、犠牲になる農民が大勢いたから、1割に満たない武士が食べてい
けたが、今のように生活が贅沢になり、犠牲となる者(農民等)が少なくなり、
生き血を吸う者ばかりでは経済が成り立つ筈がない。今の経済は農業経済の上
に天然資源を食い潰すだけの経済が乗っかっているだけである。政府は紙幣を
印刷するだけで元手なしに何でも買える。預金証書、株等有価証券、国債等有
価債権は紙切れに価値があるように見せかけているまやかしである。この様に
して、一定量の金が何倍にも膨らんで、それによって経済を維持している。嘘
と思うなら、突然に銀行へ行って1億円の預金を引き出しに行くと判る。銀行
は誰かに貸し付けていて、そんなお金を持っていない。他の金融機関から借り
集めなくてはならない。いつまでもこんなインチキな経済が続く訳がない。政
府首脳部は早く戦争になれば良いと思っている。戦争になれば国民の非難を受
けずに誰も責任を問われる事はない。


764 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/03/29(日) 12:34:24 ID:7qzYTekW
 君達は馬鹿な学者の妄説を鵜呑みにしている馬鹿だその典型が東大出の阿呆
 病弱な鶏は殻がない膜だけの卵を産むが、しばらく放置しておいた後に膜を
破ると、その中で蛆虫が湧いている。膜の守りを破って蝿がその中へ卵を産み
つける事は不可能である。本来鶏になる筈の黄身に、邪な言霊によって分霊化
した魂が宿って生命が誕生したのである。
 仙人は遺骸を残さずに身罷った。これを屍解と言う。裳抜けの殻と言うのは、
人が死んで遺骸が煙の様に消え、後に衣装だけが残ったと言う故事に基づいて
いる。野生の動物(烏等)も自然死(病死は除く)では遺骸を残さない。これは神
が醜い死体を晒す事を防ぐ為の愛情行為なのである。屍解がなかったらそこら
中は白骨の山となる筈である。
 物質は霊体の凝り固まった物で、霊体の意志に従う。その意志が様々な言霊
として表現される。霊と言う実体を持った波動である。
 現代医学の嘘を見破る
 病気になるのは決してウイルス等に感染するからではなく、体内に取り入れ
た毒や邪霊の憑依によって起きる。風邪は狐の分霊が気の防御の隙間から入る
のである。
ではなぜ、抗生物質の毒で病気が治るのか。その毒が細胞の炎症を止め、壊死
を防ぎ、邪霊を追い出す為である。
 がんは早期発見して、取り除けば治ると言うのは嘘である。5年ぐらいで再
発する。がんになる原因は肉類を食べるからである。肉類は消化されて血液と
なる。その血液が細胞に化成する時に、殺された動物達の怨霊が細胞に宿って、
宿主をとり殺そうと活動する。それががん細胞である。だから、がん細胞を殺
しても、穢れた血液がある限りはがん細胞を産生する。
 代替医療にマクロビオティック療法がある。食事を菜食にしてがん細胞となる
血液の元を断ち、有機農法で作られた玄米の力で自然治癒力を高めてがん細胞
を退治するものである。 現代医学は発達しているのに病気が減らないのは、
人間の悪業が改まらないからである。

765 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/04/06(月) 11:13:41 ID:DMxZHFm5
 君達は馬鹿な学者の妄説を鵜呑みにしている馬鹿だその典型が東大出の阿呆
 太陽の精の火気と月の水気が結合して、地球の土気が生まれる。人間の体の
みならず生物が土で出来ている。それに魂魄が宿ると生物となる。魂(陽火)に
は酸素(霊気)、魄(陰火)には水の補給が必要である。女性の生理が満月時に起
きるのは月の水気に依存しているから。人間が満潮時に生まれ、干潮時に死ぬ
のは、それを主宰しているのが月神だから。
 地球は一つの生命体である。その生命活動としてマグマが流動している。熱
き血潮がたぎるのと同じ。赤血球は太陽の気で赤く、白血球は月の気で白くな
る。月は自ら陰火で輝く。
 数学の本体
 私は1たす1がなぜ2となるのか。暫くの間、悩んでノイローゼになった事
があります。ふと閃いて、物理的事象で証明すれば良い事に気がついた。1個
のりんごの存在する所へもう1個のりんごを足すと2個のりんごとなる。数学
とは物理的事象を記号に代えて研究する学問だと判りました。割算が掛算の逆
の演算であると言う証明は、2列に並んだサイコロの3組の総数は6個であり、
6個を3組に等分すると2個になる事から証明できます。
 しかし、負の数の概念が判りません。1個のりんごにマイナス1個のりんご
を足すと0となる。1個のりんごの存在を消すマイナス1個のりんごとは何な
のか。それは物理的に存在するのか。物質は姿を変える事があっても存在はな
くならない。負の数など存在しない。同じ様に0と∞も存在しない。1引く1
は物が他所へ移動した事を表現している。
 数字が物を数える為の記号なら、0の反対側の負の数は何なのか。物質は有
無以外の状態はない。負の数、虚数、複素数は存在しない。また、0、∞、小
数、分数は存在しない。有が無にならないからである。偽科学を成立させる為
に、難しい概念で庶民を煙にまいて騙す数学の学会の為に数学は存在する。


766 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/04/06(月) 11:43:07 ID:DMxZHFm5
 今回の北朝鮮のテポドン発射は、来る日本核攻撃の試験で、実は今回のロケ
ットは中国製で、アメリカが日本の地形、気流や観測データを収集して、中国
へ渡す為のものである。誤報はアメリカがわざと流して情報かく乱を図ったも
ので、これも予行演習の一つである。
 日本が大不況になった原因は、金融自由化によって、詐欺商法的な金融債権
を買わされたからであり、仕組まれた円高為替によって輸出が振るわず、石油
高騰が経費を押し上げ、企業利益を縮小させたからである。つまり、メーソン
の画策に何ら有効な対策もなく、無能ぶりを発揮した政治家、官僚が日本の国
益をメーソンに貢いだのである。まさに、国賊、売国奴である。日本は未だに
アメリカに占領されているのである。これを防ごうとして、靖国神社に鎮まり
賜う英霊は命を捧げて戦ったのである。
 今の政治家供は莫大な借金作り出し、新たな赤字国債を発行して悪人(富者)
に分与し、善人(貧者)から酷税をむしり取っている。
 今こそ、税や社会保障費の不払いを断行して、悪の政府を兵糧攻めで潰すべ
し。平成維新はもう目の前にある。その前に外国の武力に屈する事もやむを得
ない事となる。

767 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/04/07(火) 09:05:23 ID:???
>>765
>>680でも指摘したが、エーテルはおまえの信仰するものと対立するものだよ。
それゆえ喜々としてエーテルスレに出没する理由がわからない。
まぁ、エーテルのイメージダウンを狙っているとすれば納得するが。

768 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/04/07(火) 09:18:43 ID:???
たぶんあちこちで書いては叩かれというのを繰り返して、最終的にここに流れ着いたんだろ。
そっとしておけ。

769 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/04/15(水) 21:51:24 ID:???
通りすがりのド素人だけど、
突き詰めて考えると
時空間は「何かで満たされている」のか「からっぽ」なのか‥
っていう論議になるのでは?

ド素人にもわかる物理の入門書なんかを読むと、
「何かで満たされている」と考えると説明のつかない部分もありそうだし、
逆に「何かで満たされている」と考えないと説明のつかない部分もありそう。

エーテルの存在を仮定することで
全ての説明がつけれるなら、
それもアリだと思うけど、
そんな簡単なモンでもなさそうな気が‥

770 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/04/26(日) 10:14:37 ID:dRM/4LVg
 君達は馬鹿な学者の妄説を鵜呑みにしている馬鹿だその典型が東大出の阿呆
 今回の豚インフルエンザは、鶏から豚に感染し、それが人間に感染して発病
し、多数の死者を出した。感染した鶏、豚は感染するが発病して死に至る事は
少ない。なぜ、人間だけが発病して死ぬのか。それは人間が鶏や豚を殺して食
っているからである。(卵食も含む)
 つまり、鶏と豚の怨霊が人間を取り殺そうと働くのである。中国の様に犬を
食っている所では犬インフルエンザも発生するだろう。科学ではなぜ、鶏、豚、
人間との間の異種感染が起きるのか。説明出来ない。
 相対性理論は間違っている。放射性物質が光速度に限りなく近づいて運動す
ると、半減期が遅れるらしい。これは絶対時空においてエーテル圧が高まって
原子崩壊が抑制させるからである。これを以って時間が遅れると言うのは笑止
千万である。時計が遅れてもエーテル圧による振動数抑制なのである。
 なぜ、地球の周りだけ時空が曲がって重力が働くのか。量子力学の言う様に
現象が確率の波によって起きるのなら、因果律は成り立たない。結果は原因が
なくては生じない。シュレーディンガーの猫の様に、死んだ猫と生きている猫が
同時に存在する筈がない。科学はこうしたペテンによって成り立っている。
 毒カレー事件の林真須美は無罪である。死者は青酸性毒物の症状で死んだ。
何の為に危険性を冒してまで2種類の毒を使ったのか。毒は致死量に近い量に
なる様計算されている。量が多すぎると、臭い、味ですぐ分かってしまう。こ
れは専門家の犯行である。夏祭り現場のごみ袋に砒素を入れた容器が捨ててあ
った。犯人が証拠となるものをそんな所へ捨てる筈がない。毒カレー事件、帝
銀事件、名張毒ぶどう酒事件、朝日新聞襲撃事件等はCIA等メーソン系組織
の犯行である。


771 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/04/26(日) 17:46:19 ID:atJg6XS/
シルバートゥースという人がマイケルソン・モーリーの干渉計よりさら
に精密な測定装置を使って事件した結果、エーテルの存在を間違いなく
確認した途方報告したそうだ。レーザーを利用したものらしい。
Speculation in Science and Technology,Vol1.10,No,1,3〜7

772 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/04/26(日) 17:52:20 ID:???
何年前の話をしてるんだ? いや、何十年か。

773 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/04/26(日) 18:01:16 ID:atJg6XS/
10数年前の話でした。

774 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/04/26(日) 23:41:40 ID:atJg6XS/
>>771より光はなぜ遅すぎるのか。132に解答が出ました。

775 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/04/27(月) 03:24:34 ID:???
そっちのスレに詳細を書いたけど、要するに一人のトンデモさん20年ほど前に何らかの
実験をやって、既に知られていた観測結果に合う、という結果を得たと。

ただ彼は馬鹿だったのでその「観測結果」を逆方向に誤解して、その誤解に合った(合わ
せた?)実験結果を発表してしまったわけだ。

当然、まともな人には誰にも相手にされず20年間ほぼ放置状態。ただ彼と同程度以上に
馬鹿なトンデモさんたちの間では「自分たちの主張を支持する実験結果」として言及され
続けてきたわけだな。

でもって、その「観測結果」については実験以前に行われていたものより、実験以後に行
われたものの方が有名なので、それを利用して「観測結果と同じ結果を事前に出していた」
と宣伝してるわけだ (Silvertooth 本人が、かどうかは知らんが)。根本的な誤解には未だ
気付かないままな。


776 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/01(金) 11:37:49 ID:YzppNpqc
 君達は馬鹿な学者の妄説を鵜呑みにしている馬鹿だその典型が東大出の阿呆
 豚インフルエンザはメーソンによる、人類削減計画の試験であり、遺伝子組
み換え操作によって作られた。強毒性鳥インフルエンザの危険性を喚起させ、
治療薬タミフルを独占して、世界を意のままに操ろうとしているのである。タ
ミフルを服用すると、飛び降り等の異常行動を起こす騒動があった。タミフル
は精神に異常を起こさせる毒物である。メーソンはメキシコ人の子供に豚イン
フルエンザウイルスを接種して、メキシコで発病させた。メキシコで多数の死
者が出たのは、治療と偽って悪化させる処置を行ったからである。アメリカで
は想定に基いて、早期にタミフル等の薬を使った為に重症とならなかった。
 これは神の立場に立つと都合のよい事である。日本に原爆を落とした罪深い
アメリカ人を、苦しみの少ない疫病で死なす事は罪を償う事にならない。原爆
の業火で苦しまなければ罪を償えない。自然の動物の犠牲の代りとして、近代
文明の贅沢を享受している人間も同罪である。神の裁きはもう目の前である。
神の裁きの苦しみに、のた打ち回ってガン死した人を羨む事になる。
 1個の林檎にマイナス1個の林檎を足すと0となる。このマイナス1個の林
檎を反物質だと理解している者があるが、誰も林檎の反物質を見た者はいない。
電子の反物質である陽電子は、実は電子が一杯詰まった空間の電子のない穴で
ある。つまり、エーテルが一杯詰まった空間のエーテルのない穴なのである。
穴の中にエーテル(電子等)が埋まれば、存在がなくなった様に見えて0と勘違
いするが、エーテルが一杯充満しているのである。


777 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/01(金) 17:55:11 ID:???
>つまり、エーテルが一杯詰まった空間のエーテルのない穴なのである。
おまい、エーテル(媒質)はおまいの信仰するものと対立する概念であると何度言ったら分かるんだ?
例えば+の電荷をもつ水素と−の電荷をもつ酸素はそれぞれ水という媒質の片割れであって穴ではない。
つまり無い状態でなく性質が反対のモノが実在している。
つまりプラスのモノとマイナスのモノが対になったモノがエーテル(媒質)。
それゆえ負の数を知らないおまいにエーテルはそぐわない。

778 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/09(土) 11:13:11 ID:RGyN73rn
 君達は馬鹿な学者の妄説を鵜呑みにしている馬鹿だその典型が東大出の阿呆
 電子は自転している。すると電気の円運動によって磁界が出来る。電子は無
限の磁気を出している事になる。これはエネルギー保存則に反している。
 電子はマイナスの電荷を持ち、陽子はプラスの電荷を持つ。両者の間には電
気的な引力が働く。なぜ正負の電荷が引力を、同種の電荷が反発力を生むのか。
電気的には対等なのに電子と陽子は質量が桁違いに違うのか。中性子と陽子は
同質量なのか。陽子同士は反発し合う筈なのに原子核内に結合しているのか。
 物質が運動すると運動エネルギーが生じ、質量が重くなるのか。慣性力が働
くのはどうしてか。光は粒子なのか、波なのか。電波の媒質は何なのか。重力
の本体は何なのか。相対性理論の時空歪み説では、なぜ、地球の周りだけ時空
が歪むのか説明出来ない。超能力の本体は何なのか。
 これらの疑問を解くものがエーテル理論である。
 陽子は電子に、電子は光子に分解する。光子の波(光帯)がエーテルであり、
その強さが力となり、その総量がエネルギーとなる。エーテルは宇宙に充満し
ている。重力は地球の裏側へ回り込むエーテル圧である。電気のマイナスはエ
ーテル圧の高い領域であり、プラスは低い領域である。電気力はその領域間に
働くエーテル圧均等力である。核力は電子雲がエーテル圧によって原子を凝縮
する力である。慣性力は運動する物質の後ろから働くエーテル圧である。
 神の見えざる手によって光子が電子に、電子が陽子に合成され、神の力によ
って循環している。
 超能力は光子の霊体である霊子が光子を制御する力であり、森羅万象は神(絶
対的存在)の心によって動いている。
 君達はお経の意味が分かりますか。死んでからお経で成仏出来る筈がない。
つまりお経は怨霊封じの呪文である。キリスト教の悪魔祓いも同様。宗教は教
祖を侮蔑して成り立っている。怨霊は地獄界で暴発寸前である。


779 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/09(土) 14:59:14 ID:4fQkGWc/
弟がいってたけど光は粒子だから楳質なんて関係ないのさっ だって。 どゆいみ?因みに弟は8歳です。

780 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/09(土) 15:10:40 ID:???
うん。漏れにも意味不明だ>楳質


781 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/09(土) 18:25:29 ID:???
俺んちの88歳のじいさん、【光】って波でも粒子でもない、タバコなんだって固く信じてる。

782 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/09(土) 22:15:30 ID:???
なるほどw

783 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/18(月) 09:52:25 ID:xz5Uayxn
 君達は馬鹿な学者の妄説を鵜呑みにしている馬鹿だその典型が東大出の阿呆
 豚インフルエンザは疫病で、鶏・豚の怨念によって生まれたものである。馬
鹿な高校生が発病するのは、フライドチキンや焼肉をよく食うからである。神
戸市は神の神聖な場所で穢れた西洋文化が入り込み、大阪は食い倒れの卑しい
土地だから、神の戒めを受けたのである。怨念は光速度を遥かに超えて瞬間移
動する。人間の智恵で防ぎ切れるものではない。科学等糞の蓋にもならないも
のに何時まで頼っているのか。まもなくインフルエンザ禍も終息する。これは
あくまでも神の警告である。 
 神が怒れば、雷鳴となって轟き渡り、稲妻が巨木を裂く。
 息吹けば、嵐となって穢れを祓い清める。
 地団駄を踏めば、地震となって大地を裂く。
 怨めば疫病となって、その毒が人畜を損なう。
 大神の涙が彗星となって地球に現れ、流星ときらめく。
 神は弱いものの味方。その悲鳴の声を聞けば、顕正破邪の神剣を振るわない
訳にはゆかない。神は声をからして血を吐いて、人間の罪を諭しても、邪霊に
犯された曲人(まがびと)のつんぼ・めくらには感知出来ない。聖母マリアが人
間の悲惨な末路を嘆いて、血涙を流して悲しみにうち倒れている。
 曲人は顕正破邪の神剣によって魂まで焼き滅ぼされ、その苦しみにのたうち
回って消滅する。神の情けで助かった者も草木にかえられる。こうして顕正破
邪の律法が確立されたみろくの世に悪の棲家はなくなる。


784 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/18(月) 22:54:29 ID:???
test

785 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/19(火) 18:17:37 ID:S3gMYbh8
エーテルって概念(理論?)の話だろ?

当初はガチで信じていて、でも計算が合わなくて

だから無理矢理合わせた
方程式やら風やら相対性理論やらで

そのお陰で物理は今日まで発達してるんだけどね

矛盾が生じても無理矢理合わせて進歩する

何だかアイロニー

786 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/19(火) 18:22:20 ID:S3gMYbh8
>>783
神と言う概念は人間の後に出来ました

というか宗教ありきの学問なのに馬鹿にするとかどういうメンヘラ?

787 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/19(火) 18:46:02 ID:???
恥丘よ メーコスジの膣は舐めているか

788 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/19(火) 20:39:58 ID:gOIs+oHh
メーテルよ、メコスジの潮は吹いてるか

789 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/21(木) 12:39:43 ID:???
>>629
>そのモデルでは音は伝わらない。第一、「質量」や「バネ定数」をどうやって決める?
その疑問は音を光に置き換えて、相対論の信奉者に聞いてくれ。

790 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/21(木) 14:45:59 ID:mfq0L3/m
光子は質量0の錘がぶら下がったバネですw

791 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/21(木) 16:13:56 ID:???
距離を媒介する媒体がエーテルではないの?

792 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/05(金) 23:05:07 ID:EE0zWc8u
キミたちにはエーテルが見えてないようだねw

793 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/06(土) 12:10:11 ID:???
見エーテル

794 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/09(火) 10:23:53 ID:???
エーテルって、宇宙素粒子だよ。アメリカの重力観測隊で、発見済。

795 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/09(火) 10:34:44 ID:5ByDbgsF
東大のブラックホール実験でも少しできてるだろうが。バカが。

796 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/09(火) 11:57:50 ID:???
−虚数 実数 というのがあって、数学科で3年生で学ぶんだけれども。

797 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/09(火) 11:58:42 ID:???
−虚数=実数というのもあるけどね。

798 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/09(火) 12:48:32 ID:???
宇宙素粒子群に圧をかけると、ホワイトホールができるって知ってた?

799 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/09(火) 19:38:57 ID:JB8cWthE
常識だろそんなのw

800 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/09(火) 20:19:40 ID:???
ひっでえ常識もあるもんだw

801 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/11(木) 23:59:14 ID:O9O+NYyo
見エーテルかね?

802 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/12(金) 02:31:25 ID:???
エーテルを導入したほうが、光や電波の周波数を簡単に説明できる。

803 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/12(金) 09:46:57 ID:n7YaL8xS
宇宙は、真空ではない。いろいろあるんだよ

804 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/12(金) 09:47:45 ID:???
勝手に思うだけならそれこそ簡単だなw
エーテルを導入して矛盾無くマクスウェル方程式が説明できるか?w

805 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/12(金) 10:25:26 ID:n7YaL8xS
宇宙の物質密度は、近くで、どの位でしょうか?

806 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/12(金) 10:29:42 ID:???
エーテルがダメなら場を使えばいいでしょ by マリー・アントワネット

807 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/12(金) 13:36:38 ID:???
恥丘よ メーコスジの膣は舐めているか


808 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/12(金) 13:50:29 ID:???
場とエーテルの違いって何?

809 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/12(金) 17:23:02 ID:???
なんで電磁場にエーテルの風みたいなものが定義されないの?

810 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/12(金) 21:13:13 ID:???
場を名のれば何でも許されるんだよ

811 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/13(土) 13:57:52 ID:xCaJmhHh
>なんで電磁場にエーテルの風みたいなものが定義されないの?

定義してもエーテルの風を測定する観測機器が、ないからじゃ!

812 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/13(土) 17:52:40 ID:???
真空そのものがエーテルだと書き込んだ人がいるけど、そのとうりかもしれない。

813 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/14(日) 00:09:47 ID:???
>>809
電磁波があるやん

814 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/17(水) 01:41:54 ID:d5Zvl73t
宇宙背景放射がエーテルそのものではないのか?

815 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/17(水) 02:20:42 ID:???
つまらんこと書いていちいち上げるな!

816 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/17(水) 10:56:42 ID:???
なんで宇宙背景放射がエーテルなんだよ!

817 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/17(水) 15:25:05 ID:???
もうなんでもあり

818 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/24(水) 08:36:50 ID:???
77 名前:ご冗談でしょう?名無しさん[larkguy@ktj.biglobe.ne.jp] 投稿日:2009/06/24(水) 03:30:06 ID:???
 333hPa60℃の宇宙船に999hPa20℃の外気を注入すれば。およそ33℃になる。
 思考実験でもわかるだろう

78 名前:ご冗談でしょう?名無しさん[larkguy@ktj.biglobe.ne.jp] 投稿日:2009/06/24(水) 07:48:35 ID:???
 そして1hPa100℃の宇宙船に0.01hPa200℃の外気を注入すれば。およそ−9800℃になる。
 これで絶対零度など存在しないことがお分かりになっただろう

819 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/28(日) 21:25:03 ID:v8I2z2Ni
エーテルってMP回復するやつでしょ。
大して使えないよね、アレって。

820 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/28(日) 21:58:31 ID:???
それはゲームクリエーターに文句言えよw

821 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/29(月) 03:16:22 ID:???
宇宙空間は物質の観測の観点で見れば密度が非常に薄い
めっちゃ密度は薄くても物質がまばらにあるわけで音や振動
は微小な観測領域では減衰しながらも伝播してないのかな?

一方電磁波は物質を媒体とせず宇宙空間を伝わっちゃうらし
い、物質としては観測出来ないその何かがエーテルなんです
かね?
物質を媒体としない割には、電子レンジでカップ麺の完成を
加速させて減衰してしまうので、観測可能な「物」が電磁波に
干渉してしまうのも間違いないしね


んで、カップの「麺」見て思ったんだが、これを超ヒモ・・・(ry

822 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/30(火) 12:58:12 ID:ykvyFtgh
 君達は馬鹿な学者の妄説を鵜呑みにしている馬鹿だその典型が東大出の阿呆
 月は地球を約29日で公転している。それによって、月が満ち欠けして三日月
になると言う。同じく月が地球の陰に隠れて月食が起きると言う。しかし、同
じ公転速度によって月が回って、三日月は一日中形が変わらないのに、月食は
1時間もかからない。日食もだいたい似た様な時間である。すると、月の公転
速度は29日どころか1日にもならない。月と地球は公転も自転もしていない。
 フルベッキの幕末英雄写真は本物である。其写真で西郷隆盛とされている人
物と秋田県角館町青柳家所蔵写真の謎の人物が同一写真である事が証明された。
頬骨の尖った骨格の線、エラの張った顎の形、鼻梁の長さと目・鼻・口の配置、
耳の形等が一致した。この謎の人物は政府の高官が着る大礼服(七五桐模様)を
着ている。即ち謎の人物は西郷隆盛その人である。謎の人物は闇の日本史・中
津文彦著に載っている。明治政府が隆盛の肖像を偽装してまで闇に葬ったのは、
彼の怨霊を恐れたからである。隆盛は西南の役の前に暗殺されている。
 英雄写真の中央で刀を抱いた人物は大室寅之祐であるが、明治天皇の肖像に
瓜二つである。即ちこの人物が明治天皇に摩り替ったのである。
 坂本竜馬の立像写真は不審点が多い。竜馬は幕府のお尋ね者で、家紋入りの
着物を着る筈がない。両手を袖口から抜いて懐に入れている。謎の腰刀を差し
ている。その刀の柄の長さが手の握りよりも短い。この事を隠す為に懐手にし
ている。右の腰に笛をぶら下げている。
 フルベッキの幕末英雄写真の竜馬とされている人物の肖像と違う。この立像
写真の人物をフルベッキの写真で捜すと、勝海舟である。謎の腰刀は、忍者が
使った秘密兵器で刀に見せた鉄砲に非常に似ている。親指で撃針を押すと点火
されて弾が発射される。この写真は竜馬暗殺直後に撮られた物である。竜馬の
影武者となっていた勝海舟が竜馬を鉄砲で撃ち、その後土佐藩士が切り込みを
かけて斬殺したのである。腰の笛は襲撃失敗時の応援要請の為の物である。襲
撃現場に掛けてあった掛け軸の血痕に流動性がないのは斬殺を偽装する為に、
後に血を垂らした為である。

823 :馬鹿な学者の妄説信者:2009/07/06(月) 12:35:01 ID:Lmb1rcrm
 人間の目で遠くを見ると、遠い物程小さくなって遠近法の様に見える。小さ
く見えるが実際は大きいのである。魚眼レンズで見ると直線が丸く見える。丸
い眼のレンズで見ると遠い物は直線でも丸く見えるのである。見えるから存在
するとは限らない。ホログラムの映像は幻である。狐に化かされるのも事実で
ある。見えないから存在しないとは限らない。心霊写真は霊現象である。人間
の幼稚な知恵で作り出した科学で神を捉えたり、真理を解く事は出来ない。天
の枢機は悪用されない様に隠されている。神の御心を知る者に暗示的な閃きで
示される。
 星座の動きから、地球の地軸が北極星に向かって伸びた軸を中心として、宇
宙が回転していると考えられる。その地軸が地球の公転によって、北極星に輪
を描くなら、星座がぶれて見える筈だが、そんな事はない。
 空中で羽ばたいて浮かんでいる雀が、東向きに自転する地球と供に動く空気
の保持力によって、地球と並行している。急に西方向に飛び立とうとすれば、
空気の保持力の抵抗を受ける筈だが、何の支障も感じない様に飛び去った。果
たして、地球は自転しているのであろうか。
 神書に、もえ上がる物が天となり、重く濁れる物が地となったとある。太陽
等天にある物は軽い物と思われる。人工衛星は軌道を外れて地球へ落ちる。物
とはそう言う物である。140億光年もの間、地球の公転による遠心力と太陽の重
力が釣り合うと言う事は有り得ない。宇宙の高層は神界であり、心の世界であ
る。太陽は愛の熱エネルギー体である。物の周りを精神が漂っていると考える
のが正しい。神界は限りがない程広大だが、想念は瞬時に移動する。神界の時
間の進みは現界に比べて遥かに遅い。
 虹の9色は神を表しており、次の通りである。
 白 伊邪那岐神  天  紫 国常立神   空  藍 高皇産霊神  風
 青 天常立神   木  緑 天之御中主神 水  黄 宇麻志葦牙神 土
 橙 神皇産霊神  金  赤 豊雲野神   火  黒 伊邪那美神  地
 人間の体からオーラが出ており、虹の9色と関連性がある。体を地球に見立
てると7層の神界となる。虹は神界を暗示していたのである。

824 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/07(火) 00:58:19 ID:3tco4rzQ
エーテル=魔法のせいすい

825 :亜印種他院:2009/07/07(火) 10:02:00 ID:M4eDc/DL
アインシュタインは重力による影響を相殺するような宇宙項Λを
場の方程式に導入することで、静的な宇宙が得られるようにした。
しかし、エドウィン・ハッブルによって、宇宙の膨張が発見された
ため、アインシュタインは宇宙項を撤回した。 ...


826 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/07(火) 10:52:25 ID:???
恥丘よ メーコスジの膣は舐めているか


827 :HiHIha:2009/07/07(火) 17:45:17 ID:???
>>818 77より大嘘です。

828 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/07(火) 19:02:54 ID:???
1+1=3 だから 1+1=2 は大嘘です。

と言ってるのと変わらん。

829 :HiHIha:2009/07/07(火) 19:08:05 ID:???
>>81878は私が書いたものではありません。

830 :HiHIha:2009/07/07(火) 21:19:26 ID:???
>>822明治天皇の御真影とされているものは絵画だということ知ってた?

831 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/07(火) 21:30:49 ID:???
数物連携宇宙研究機構475をよく読んでください。

832 :亜印種他院:2009/07/07(火) 22:16:48 ID:M4eDc/DL
そもそもエーテル宇宙論とは光の正体が波だと考えられていた時代に、
光を伝える物質として考えられていた物だったが、アインシュタインの
光量子論により光の正体がフォトンという粒子だと証明されて以来忘れ
去られた理論となっていた。新エーテル論とは空間を満たす物質として、
アインシュタインの光量子論で否定されたエーテルを再び宇宙を満たす
物質として理論化したものだ。

833 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/08(水) 03:55:05 ID:???
エーテルは空間そのものだ。

834 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/08(水) 23:45:39 ID:KM2Dl6l+
どこかのスレで、光量子=エーテル説が唱えられていた。

835 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/08(水) 23:51:33 ID:???
だからさ、どこかに書いてあったとか、誰かが言ったとか
どうでもいいから、まずは自分の頭でよーく考えてみろよ。

836 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/09(木) 00:08:42 ID:++ZqMLEm
素粒子の波

837 :亜印種他院:2009/07/09(木) 21:56:13 ID:wvdDhQFU
このマイケルソン=モーレーの実験、または似たような実験を信頼している
人は、エーテルとはガスのような3次元物質であるというふうに考えているが、
これは誤っていると思う。エーテルが物質であるとすれば、その中を地球が
進むにつれて、測定可能なエーテルの渦巻ができるはずである。マイケルソン=
モーレーの実験の結果、エーテルは存在しないし、存在したとしても地球はその
中を動いてはいない、ということがわかった。だがこの結論はどちらも疑わしい
もののように思われる。観測されるあらゆる天体が動いているのに、地球が空間
に静止しているわけはない。また、エーテルが存在しないというのは考えられない。
というのは、空間を光が通過する現象を他に説明しようがないからだ。



838 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/09(木) 22:20:51 ID:???
現在、場というエーテルのぱちもんで間に合ってるらしいよ

839 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/10(金) 21:40:38 ID:h4FA+EJH
838>現在、場というエーテルのぱちもんで間に合ってるらしいよ
  全然意味不明 大阪弁?

840 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/11(土) 07:26:12 ID:dpp547Tq
>>838はエーテル肯定派にたいする皮肉だろ

841 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/11(土) 14:06:01 ID:jZO+rTkM
地球とエーテルが一緒に動いてんじゃね。

842 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/11(土) 14:24:19 ID:???
光行差が説明できんわな

843 :馬鹿な学者の妄説信者へ:2009/07/12(日) 13:14:16 ID:yBfQBM35
 聖徳太子の未来記
 その時、魔王波旬は仏法によって釈迦の仏法を破り、日本を乗っ取って鬼の
国にしようと願う。故に3人の眷属を使う。邪法を授けて日本の衆生を惑わし、
三悪道に落さんと欲する。
 親鸞法師、阿弥陀仏の念仏を唱えさせ、戒律を守らず、女犯を許し、斎食を
行わずして肉味を喰らう。法を破って肉食する事が戦争が起きる因縁(怨霊が恨
みを晴らす)であり、亡国の基である。日本の末世には六天の魔王が猛威を振る
い。日本人の悲劇を見て外国人が喜ぶ。畜生顔の人が物を言う。夜半に太陽が
出る。地獄の苦しみに耐えて誠を尽さねば罪を償えない。早く改心する者程楽
になるぞよ。
 人の先祖は神であり、生物は神魂の宿った同類である。この様な教の神道が
あるのになぜ仏教が普及したのか。外国に侵略され、仏教の邪法と煩悩に迷わ
されのである。
 乙巳の変は三韓の献貢の日に、倉山田麻呂、犬養連勝麻呂と佐伯連子麻呂が
天皇の御前へ進み、子麻呂は将書を読もうとしたが、汗が出て体が震えて出来
なかった。入鹿がなぜ震えているかと問い。天皇の近くで恐縮し、入鹿の威厳
に恐れたと言った。その時中大兄皇子が飛び出て、入鹿を斬殺した。子麻呂ら
3人は三韓の使者であり、将書は天皇に渡す物である。入鹿大臣が同席する必
要なし。子麻呂は天皇殺しが恐ろしかったのだ。子麻呂と中大兄(百済豊璋)は
仲間で、鎌足(新羅武列)も然り。
 年号は天皇名と一致する筈だが、変後に九州年号が使われたのは天皇暗殺の
証拠。
 2・26事件は百姓一揆である。景気悪化のしわ寄せを米価引き下げによる農民
苛めによって消費者を助けて凌ごうとしたのである。昭和天皇は弱者を見殺し
にする冷血漢である。
 天皇はアメリカとの密約で原爆投下まで降伏するなと命令されていた。朝鮮
人の天皇は日本人が幾ら死のうが平気なのである。本当なら自決する筈である。

844 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/12(日) 13:33:39 ID:???
>>842
本当にそうかい?

845 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/12(日) 14:08:35 ID:???
光がエーテルの波動であるという大前提を破棄するなら説明可能かもね。
その場合じゃあ何のためのエーテルなんだとか、波動説で説明できてた数々の事柄は
どうすんだとかいろいろ大変だと思うけど。

846 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/19(日) 23:24:43 ID:GYiondhW
波は波を伝えるもの(媒質)がなければ伝わることができない。例えば、
音は波であるから媒質のない真空中を伝わることができない。それならば
波である光が真空中を伝わるのは真空中に光の媒質が満ちていなければな
らないはずである。この媒質はエーテルと呼ばれ、物理学が正道を歩んで
いた時代には、真空中には当然エーテルが存在すると考えられていた。


847 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/19(日) 23:38:19 ID:???
結局それは、それまでに知られていた波が媒質のあるものだけだったことによる
思い込みに過ぎなかった、と言うだけのことだけどね。

回転寿司しか行ったことがない人間は、普通の寿司屋に行っても

  「寿司屋にコンベアがないはずがない!」

と言い張るかもね。

848 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/19(日) 23:49:20 ID:???
道路がなければ車は走れんのだよ

849 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/19(日) 23:50:56 ID:???
オフロード車というものもある。

850 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/19(日) 23:55:50 ID:???
それを詭弁という

851 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/19(日) 23:58:50 ID:???
光の媒質は真空

852 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/20(月) 00:14:15 ID:???
>>850
レッテル貼り乙
そもそも車は波ではなく、道路は媒質ではない。喩え話はしょせん喩え話でしかなく、それで
何かを論証することなど出来ない。

853 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/20(月) 06:00:39 ID:???
オフロード車だって地面がなければ走れないだろ。
つまりオフロード車の場合は地面が道路なわけだ。

854 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/20(月) 07:58:42 ID:???
>>846
観測者がどんなスピードで移動していても、光の速さは常に30万km/秒。

光は音と同じような伝播の仕方をすると考えると、これを説明できない。

855 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/20(月) 08:15:21 ID:???
>観測者がどんなスピードで移動していても、光の速さは常に30万km/秒

これがそもそも間違いだから。

856 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/20(月) 14:20:19 ID:???
>>855
現実を無視してもな‥

30万km/秒(299,792,458 m/s)以外の速度で飛ぶ光は、
いまだかつて一度も観測されていない。

「間違い」と主張したいなら、その光を発見しないと。
もし30万km/秒以外の速度で飛ぶ光を観測できれば、
物理界に激震が走るし、間違いなくノーベル賞候補になれる。
がんばってみれ。

光速度が可変でないと、成り立たないエーテルの話はその後な。

857 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/20(月) 15:08:29 ID:???
分かってねぇーなw
そんな反論聞き飽きた

858 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/20(月) 16:17:25 ID:???
「聞き飽きた」とか「分かってない」とかいう言葉には全く内容がないって
ことは分かってるのかな?

859 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/20(月) 19:34:30 ID:???
>もし30万km/秒以外の速度で飛ぶ光を観測できれば、

そういえば最近ニュースになってたな

860 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/21(火) 15:29:20 ID:???
群速度や位相速度は変わるよ。
それを示した論文ならだいぶ前にNatureに出ていたことがある。
それだけのこと。

861 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/21(火) 15:31:36 ID:???
>>858 相間にそんな難しい論理がわかるものかw

862 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/21(火) 22:19:29 ID:???
>>860
光速不変は真空中の話で、真空中では群速度だろうが位相速度だろうが変わらないぞ

あと>>859が言ってる「最近ニュースになってた」はたぶん

 http://science6.2ch.net/test/read.cgi/sci/1246468921/

これの話。単に馬鹿なニュースサイトが飛ばし記事書いただけ

863 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/22(水) 13:15:35 ID:???
なんだ、記事ってそんなののことかw アフォくさい。

864 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/22(水) 13:55:59 ID:???
折れは、これの話かと思っていた
ttp://www.nec.co.jp/press/ja/0007/1901.html
ただこの記事も言い方がおかしい。情報が光速度を超える云々という記述は、
工学的な意味では限られた帯域での群速度でしか情報は送れないのだから
それでも良いかもだけど、物理学的には誤りだわな

865 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/24(金) 21:48:11 ID:wf9eI0EI
光の「群速度」が光速を超えることが可能であるということは、理論的に
古くから知られていた。ある最近の実験では、セシウム原子中の非常に短
い距離を、光速の300倍の群速度でレーザー光線を伝えることに成功した。
2002年にはモンクトン大学の物理学者Alain Hachéは、超光速の群速度をも
つパルスを、長い距離にわたって伝えることに初めて成功した。この実験で
は、同軸フォトニック結晶の120メートルケーブルの中を、光速の3倍の群速
度のパルスが伝播した。しかし、この技術を超光速の情報伝達のために使う
ことは不可能である。情報伝達の速度というのは前面速度(パルスの最初の
立ち上がりが伝播する速さ)によっており、群速度と前面速度の積は物質中
の光速の二乗に等しいからである。

866 :馬鹿な学者の妄説信者へ:2009/07/29(水) 11:17:42 ID:diB1iVn8
 地球が自転しているモデルとして飛行機で思考実験してみる。地球の自転に
合わせる為に飛行機を時速1400qで東方向へ飛行させ、その中でラジコンヘリ
をホバーリングさせておく。そこから、急にヘリコプターを時速50qで西方向
へ飛ばす。すると、ヘリコプターは慣性の法則によって大きな横Gを受ける。
しかし、地上でヘリコプターを飛ばしても横Gはかからない。つまり、地球は
自転していない。地球の公転による、地球から見た恒星の年周視差はない。だ
から、地球は公転していない。それを誤魔化す為に、年周視差が微小であると
言うのは、地球から恒星までの距離がかけ離れていると嘘を言っているのだ。
 ヘリコプターが時速50qで西方向へ飛ぶ時に、その機体はローレンツ収縮に
よって西方向へ縮む。すると、機体の後方から飛行機までの空間は伸びるのだ
ろうか。飛行機内が真空であるなら、何も存在しない真空の空間が伸び縮みす
る筈がない。ヘリコプターを構成している原子が飛ぶ事によって振動数が減っ
て時計が遅れても、その移動距離は時間と共に増えるのだから時間が遅れた事
にならない。
 我々が体感出来るのは物質の静止質量であり、物質の運動速度の増加によっ
て増える慣性質量は、エーテルの歪みによって生ずる見かけ上のものである。
相対性理論は大嘘である。
 核分裂は1個の原子が2個に分裂し、核融合は2個の原子が1個に融合する。ま
るで逆の反応なのに両者とも核エネルギーがとり出せるのはなぜか。放射性物
質は自然に核分裂する。素粒子が自然にエネルギーに変換される筈がない。核
力は急激なエーテル圧の変動によって起きるエーテル圧平均力である。
 電子銃を二つのスリットに向けて撃つと縞模様の回析像が出来るのは、空間
に充満しているエーテルと電子が干渉し合うからであり、電子は粒子であって
波ではない。量子力学の確率の波と言う概念は大嘘である。
 光の速度は無限である。霊体が光となって具現し、霊体はエーテルの束縛を
受けないからである。絶対時空に充満しているエーテルが慣性力等の力を生み
出している。光速度Cはエーテル波の速度である。
 科学はなぜと言う疑問に答えられないのは嘘だからである。なぜと言う疑問
に答えられるのが真理である。


867 :馬鹿な学者の妄説信者へ:2009/07/29(水) 12:35:10 ID:diB1iVn8
 お互いに等速度運動しているすべての慣性系において物理法則は同じである
と言われても、地上では空気等の抵抗によって等速度運動は出来ない。地球を
回っている月等があるのみである。等加速度運動にしたって力が一定の重力に
よる物質の落下現象等があるのみである。台風等の風力がランダムの波状攻撃
に物理法則はまったく役に立たない。つまり、自然現象に対しては数理計算な
ど糞の蓋にもならない。それよりも、今年のように長雨の天候がいつまで続く
のか神に聞いた方がよっぽど賢いやり方である。 


868 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/07/29(水) 14:03:05 ID:???
God knows
ttp://www.youtube.com/watch?v=xiEDIrFj3Cs

869 :馬鹿な学者の妄説信者へ:2009/08/03(月) 11:25:36 ID:F3vrdBBQ
 絶対空間はエーテルが充満していて、伸びも縮みもしない。時間はそのエー
テルが作り出す波動によって刻まれる。空間と時間はお互いに影響を与えるが
異質なものである。空間は無くならないがエーテルの波動が無ければ時間は止
まる。そうなると、全宇宙が死ぬのである。支配者の神も滅ぶ。
 メーソンの日本人皆殺しがいよいよ始まる。今年の様な冷夏が3年は続くか
ら、日本は米の備蓄が無くなって、悪魔の思惑通りの兵糧攻めとなって、餓死
者が激増する。後は世界が一つになって、日本を取りに来る。北朝鮮、中国、
ロシアが攻め込み、最後は総大将のアメリカの餌食となる。それまでに改心し
て置かないと、魂まで救い様がないぞよ。悪魔の宗教や偽科学の洗脳から抜け
出す事が大事であるぞよ。
 科学は実現象を説明出来ていない。
 地震の発生機構(火龍、マグマと顕現する)、自然治癒力(神霊力)、生命の発
生(天神と地祇の働きによって物に魂が宿り、人となる)、動物の帰巣本能、地
震予知(霊能力)、根源の素粒子(エーテル、素粒子論では素粒子同志を結合させ
ている物が素粒子と言うのでは限りが無くなって、すでに破綻している)、空か
ら降る魚(龍が竜巻を起こす時にくっ付いた物)、悪水からボウフラが、雑草か
らバッタが湧く(悪の言霊力)が説明不可能。
 UFOの反重力、反慣性力飛行の原理が説明出来ないから、UFOの存在を
否定するしかない。
 超能力(透視、テレパシー、念力、予知、化身等)の原理が分からないから、
これも否定。
 ミステリーサークルは小型UFOが作っているのに人が作っていると誤魔化
している。
 神の奇跡(聖母マリアの血涙、モーゼの海割り)、神隠し、神がかり、人魂、
幽霊、心霊現象、幽体離脱、虫の知らせ、こっくりさん、金縛り、狐憑き、狐
狸の化かし、妖怪、キルリアン写真、ポルダーガイスト、ドッペルゲンガー等
も説明出来ない。


870 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/09(日) 09:53:41 ID:???
光行差が検出できない理由は望遠鏡が短く細いから
太くて長ければ差が出るよ!

以上

871 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/09(日) 10:06:40 ID:???
>>870の訂正
光行差がわずかしか検出、、、、

したがって、エーテルは存在する。

872 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/09(日) 12:24:27 ID:???
意味不明すぎる

光行差は理論どおりに観測されている。検出できないとかわずかしか検出できないとかいう事実はない。

873 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/09(日) 13:04:26 ID:???
意味不明に読めるなw
mmでエーテル風が観測できない
  ↓
光行差がわずかだが検出された
  ↓
結果エーテルはない。


わずかな光行差だとmmでは誤差は検出できない。(年周光行差など検出できないぐらい)
もし長くて太い望遠鏡で今より大きい光行差が観測された場合
エーテルが地球にへばり付いていると説明できる。
したがって相対論は狸論

874 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/09(日) 13:09:59 ID:???
> 光行差がわずかだが検出された

「わずか」などという事実はないので以降全部でたらめ。いい加減にしろクソカス

875 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/09(日) 13:45:30 ID:???
重力場で光は曲がる。
エーテルが弧をえがいているので光も曲がるだけ。
これを否定すると質量があることになってしまう。

876 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/09(日) 13:48:46 ID:???
これも意味不明。光行差は光が曲がることによって生じるのではなく、
まっすぐ進むことによって生じる。

877 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/09(日) 14:08:28 ID:???
ただのクソポエムだから意味なんかどうでもいいんだよ

878 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/09(日) 14:14:59 ID:???
恥丘よ メーコスジの膣は舐めているか


879 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/09(日) 14:43:30 ID:???
なんだ理解力0か
100も承知な事を繰り返し説明する。

880 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/09(日) 15:37:44 ID:???
>>879
何も言い返せなくなると負け犬の遠吠え。本当にワンパターンだな

881 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/09(日) 16:26:45 ID:???
>>879>>875のことを言ってるんでしょ
何を指摘されてるかまったく理解できないみたいだものね。
というかそもそも光行差が何なのか理解していないのだろうけど。

882 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/09(日) 16:32:26 ID:???
>>881
aegなんて言う奴が2人もいると思うか?

883 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/09(日) 16:39:49 ID:???
いわゆる自己紹介乙というか

884 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/09(日) 19:02:27 ID:???
しかし、物理板も最近面白みがないな
やっぱり、神杉岡に来てもらわないとだめか。
ついでにウホ!先生と後藤教授にも

885 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/09(日) 19:20:48 ID:???
×物理板
○相間スレ


886 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/09(日) 20:00:20 ID:???
地震が伝わるのは媒体がある。

887 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/09(日) 20:12:28 ID:???
光行差はむしろエーテルの存在を裏付けるものだろ

888 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/09(日) 20:26:12 ID:???
>>887
ガツンと石頭のやつらにいってやってくれ

889 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/09(日) 20:43:08 ID:???
キャー、こわーい。

890 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/09(日) 21:12:50 ID:???
石頭はむしろ>>887-888

891 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/10(月) 11:08:32 ID:NMA9tjXX
 高周波、高圧電圧をかけたテスラコイル回路によるハチソン効果(反重力)は
エーテル波の歪みを利用したものである。
 フィアデルフィアの実験では、駆逐艦をプラズマで幽閉すると瞬間移動し、甲
板と船員の体とが融合すると言う奇怪現象が起きた。駆逐艦が瞬間移動する事
が出来たのはエーテルの束縛を離れたからである。甲板の鉄と人間の体が融合
したのは、原子結合力もエーテル力に依存しており、エーテル力がかからない
場合は素粒子がばらばらとなっており、エーテル力がかかると霊体の型通りに
原子が再結合される。何らかの支障があって、鉄の原子と体の原子が混合して
しまったのである。
 この二つの事例から、重力はエーテル(神の気)によって生じ、原子内の素粒
子を結合させている力もエーテル力である事が証明された。
 本物の宗教は釈迦、キリスト等の教祖が開いたもので、今の宗教はどれも悪
魔が改悪したものである。
 今の科学は神の道から外れた魔道を行くもので滅びる運命である。
 学問、経済、政治、道徳も何もかもが魔道に落ちて、正しい物は一つもない。
経済は正業である昔ながらの米作り農業を食い物にしている弱肉強食経済であ
る。弱者が滅べば強者も滅びるのが理の当然である。
 まさしく、末法の世である。だから、正神が世を立て替えるのである。早く
改心して、鬼退治される鬼から神人とならねば日本人として生まれて来た甲斐
がない。畜生以下では人として恥かしいのである。


892 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/10(月) 18:20:16 ID:???
>>891
お前はムーの読み杉w
エーテルの威を借りてもダメだよ

893 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/11(火) 11:26:11 ID:???
自分で説明できないことを丸暗記という。


894 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/13(木) 18:31:05 ID:???
0.01干渉網はでたんだよ

895 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/13(木) 18:35:42 ID:gDdK7yNk
>>891
禿しく脱線しててワロタw

896 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/16(日) 09:20:15 ID:???
>>866
たしかに、正解かもしれんな。
エーテルがあった方が説明しやすいな。

897 :馬鹿な学者の妄説信者へ:2009/08/16(日) 13:56:20 ID:JvMENrWS
 日本の米が高いと言う洗脳
 岐阜県の銘柄米初霜の店頭価格は1俵が18000円で、1合当り45円(1俵は400合)
となる。1合は御飯茶碗2杯分。それに比べて、パン1斤(6枚切)は180円で2枚で
60円である。米が腹持ちがよいのは、米は夏の太陽エネルギーを得ており、裏
作の小麦に比べて、栄養とパワーの上で格段に勝っているからである。なぜ、
外国産の米が安いのか。中国は人海戦術で作っており、アメリカは国が農家に
補助金を出しているからである。
 日本の農家の現状を説明すると、兼業農家の1戸当りの米の作付け面積は約5
反である。米作りに必要な機械がトラクター=200万円、コンバイン=200万円、
田植機=60万円、軽トラ=60万円で、耐用年数10年として1年当りの経費は52万円
となる。米の収入は、初霜(16000)が1反当り7俵の収量として56万円となる。農
薬、肥料等の雑費も足して差し引くと大赤字である。百姓は他者に食い物にさ
れ、苦労損しているだけである。大型の機械を導入して合理化しても、その借
金の返済の穴埋めで米作りでは生計が成り立たない。
 百姓を殺しているのがアメリカ主導の農業政策である。減反政策によって農
家の収入を減らし、ウルグアイラウンドで、国産に匹敵する量の米の輸入を義
務付けられて米価を引き下げられている。日本人の米離れを画策したのはGHQで
ある。「米を食うと馬鹿になる。中気となる。小麦を食べると利口になる。」と
洗脳した。日本人を身体的、精神的に弱体化させる施策が行われた。中でも効
果があったのは、女権の強化である。男の言う事を聞かない自立出来る女が米
食を放棄し、日本の道徳を破っていった。それによって、男権の弱化と日本人
の堕落が始まった。こうして、日本人は人情をわきまえないエゴイズムの金の
亡者となり、正義や誠実が疎外され、悪や不実が歓迎される世の劣等民族に落
ちた。そこには、悪魔の洗脳(科学等)を見破る知性の欠けた1億総白痴がうご
めき、悪の世を改める勇気を持たない士の亡霊がたたずんでいる。
 今は不況なのではなくて、人の生き血を吸っていた、世の中の不必要なもの
が淘汰されて行くのである。動物達の悲鳴を無視し、神を無き者にして贅沢を
享受している鬼に天罰が下る。


898 :馬鹿な学者の妄説信者へ:2009/08/16(日) 14:00:01 ID:JvMENrWS
 日本が侵略国家と言う洗脳
 満州事変は天皇が命令したのである。作戦は石原莞爾が担当した。関東軍の
独走として、天皇が関知していないと言う統帥権侵害で河本大作大佐が軍法会
議にかけられそうになった。河本はそれなら本当の事を公にして話すと開き直
った。西園寺公望は事をうやむやにする様指示した。河本は軽い処分となった。
田中義一総理はその為に責任を取らされて、辞職した。ここに、田中上奏文と
言う物がある。世界を制する為には中国を制する。満州進出は中原の鹿を追う
足掛かりと言うのである。日本の様な弱小国が世界制覇など出来る筈がない。
メーソンによる、日本を侵略者に仕立てて葬ると言う陰謀である。大正天皇は
英国からガーター勲章を貰っている。天皇家とメーソンは結び付いていた。
 日本は前門の虎・欧米列強と後門の狼・ロシアに包囲されていた。その中で
同じアジアの中国と支那事変を起こす事は自殺行為である。アメリカはパイロ
ットが戦争に参加していた。日本は真珠湾攻撃で手を出す前に、ビンタを張ら
れ、石油禁輸の制裁を受けて追い詰められていた。ここでアメリカに屈すれば、
間違いなく殖民地にされ奴隷になっていたのである。論より証拠、戦争に負け
た為にアメリカの言いなりになって、バブル崩壊、今回の金融危機と詐欺に遭
って、国益をアメリカに掠め取られたのである。
 日本の天皇が世界を統治する様に天の規則が定まったにもかかわらず、朝鮮
人が聖徳天皇を暗殺して、天皇にすり替わり、日本人を騙して日本人の滅亡に
暗躍している。メーソンよる日本を悪者に仕立てて葬る陰謀は完成している。
 日航機御巣鷹山墜落事故は、バブル崩壊の原因のプラザ合意に、日本を従わ
せる為のアメリカの恫喝であった。福知山線脱線事故は、金融危機を作った証
券投資信託が普及する切っ掛けとなった、郵政民営化を日本に認めさせる見せ
しめだったのである。正しく日本人はアメリカの生け贄にされているのである。


899 :馬鹿な学者の妄説信者へ:2009/08/20(木) 14:29:14 ID:0tLXj73M
 欧米人は人道的な淑女紳士であると言う洗脳
 欧米人の祖先は狩猟で食糧を得ていた肉食獣であり、今でも人間に近い牛や
豚を屠殺して食っている。日本人の祖先は穀物の栽培で食糧を得ていた。飢餓
の時に魚食を許された。魚食を許されたのは、神が悪魔を魚貝類に変えたのだ
から、悪魔を殺す事は罪が軽いからである。今の人間はこれを拡大解釈してい
るが、殺生は罪深いのである。殺生する事が出来るのは神だけの特権である。
 世の中にはへそ曲がりがいて、植物も生物だから、これを食べる事も殺生で
あると言う。しかし、食べる時には植物は寿命になっており、痛みもない。動
物の命の糧になって世の中の役に立っている。
 キリストは乞食の様な生活を送って、他者からの搾取を戒められた。税金徴
収人を憎んだのもその理由からである。欧米人はその教えに背いて、黒人等を
征服し、奴隷として使い、動物達の棲家であるジャングルを開発して、金儲け
を企み、金、銀、財宝を手に入れた。そこには動物達の屍が残った。
 人間の文明の利器を生み出す為には、どのくらい害毒を撒き散らしているか
分からない。その実例が原子力発電所の放射能廃棄物である。
 欧米人は金儲けの為には、戦争を起こして、人を大量虐殺し、人をペテンに
かけて金品を強奪している。まさに鬼畜米英とは本質を捉えた言葉である。鬼
畜米英は日本を侵略者に仕立てて、罠にはめて、戦争に引きずり込んだ。日本
兵の捕虜を虐殺し、女、子供まで狙って、機銃掃射した。日本の家は木で出来
ているから、爆弾よりも焼夷弾の方が効果が上がると言って、焼夷弾を使った。
広島、長崎の原爆は朝の外出時間を狙った。日本人皆殺しを企んだのである。
歴史は繰り返される。
 アメリカは日本軍の玉砕、神風攻撃を恐れた。だから、日本人を懐柔する為
に、女、子供を親切にし、食糧等支援した。ユニセフ等人道支援は、悪魔が天
使の仮面を被って行う、偽善行為である。同じく、社会保障も偽善である。生
活保護は人の生血を吸っているのである。母子手当、健康保険も然り。


900 :馬鹿な学者の妄説信者へ:2009/08/20(木) 14:32:47 ID:0tLXj73M
 雷は高い物に落ちるのではなくて、電気抵抗の低い方向へ落ちる。真空より
も高い物体の方が電気抵抗が低い。なぜ、雷は真空中を、電気抵抗が低い所が
探知出来るのだろうか。これをアインシュタイン式に、時空が曲がっていると
仮定すると、電気によって時空が曲がり、物体の周辺の時空が曲がる事になる。
電気があってもなくても時空が曲がる事になり、この仮説は誤りである。静電
気でホースの水の流れが曲がるのを見れば、電気が関係している様である。
 考え方を変えて、物体の周辺にエーテルがうごめき、それが重力と働く。静
電気がエーテル圧の高低の空間を作り出しているのであれば、物質はエーテル
圧の低い方向へ動く。すると、最初の疑問の答えは、雷はエーテル圧の低い、
電気抵抗の低い方向へ落ちて行くと解明出来る。
 なぜ、磁石人間は鉄のフォークでも岩石でも体にくっ付けてしまうのか。気に
よってエーテルを体中へ循環させているのである。
 話に聞いた事だが、母親を背負って歩いていて、急に重たくなったと思った
ら、息が絶えていたと言うのである。生きている時には、気によってオーラが
放射されて、重力が軽減されているが、死ぬと気が絶えて重くなる。
 フランスのケンブラン博士は石灰岩のない花崗岩地帯のブールターニュで、
ニワトリがよく雲母を食べているのを観察し、カルシウム分がないのにニワト
リが石灰質の殻の卵を産むのはなぜだろうかと疑問に思って研究した。ニワト
リが雲母の中のカリウムを体内でカルシウムに変換しているのでないかと気が
つき、実験を行ったらその通りであった。
 原子変換を身近な例で証明しよう。私達の髪の毛は1日に1o伸びています。
重さが約0.1rです。蛋白質を構成している元素に窒素があります。仮に全て窒
素で出来ているとして計算すると、窒素の原子量(6×10^23個)は14gだから、髪
の毛に含まれている窒素原子の数を計算するには次の計算式のxを求めればよい。
  1:140000=x:6×10^23
 Xを求めると、1個の毛髪細胞は、1日に4.3×10^18個の窒素原子の化学合成を
行っている事になります。1秒間では5×10^15個の化学合成を行っている事にな
り、これは普通の化学合成の速度ではありません。原子の核分裂の速度です。


901 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/20(木) 14:50:22 ID:???
おもしろそうだなと思って1から読もうとしたら

902 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/08/20(木) 16:56:45 ID:???
「馬鹿な学者の妄説信者へ」←のソースは雑誌ムーだと思われる
なら「ムー的世界観」なるスレ立ててそこで心置きなくやればいいのに

903 :馬鹿な学者の妄説信者へ:2009/08/23(日) 15:08:14 ID:nhiR9qCy
 正直者の頭に神が宿る、知能障害者のサヴァン症候群は神の霊能。神の存在
が分からずにそれを鈍くさい理論で紛らす、阿呆のノーベル賞科学者
 天海(明智光秀)の予言
 かごめ かごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀が
統べった 後の正面誰れ
 閉じ込められて罪を着せられた太陽神は、いつ出て来るのか。岩戸開きの前
に日本とユダヤが手を結ぶ。心の鬼を退治しなさい。
 通りゃんせ通りゃんせ ここはどこの細道じゃ 天神様の細道じゃ 一寸通し
て下しゃんせ 御用の無い者通しゃせぬ この子の七つの御祝いに 御札を納め
に参ります 行きはよいよい 帰りは恐い 恐いながらも通りゃんせ通りゃんせ
 通りなさい。ここは極楽浄土への細道です。改心出来ていない者は通しません。
極楽へ行けます様、神に命を捧げます。恐い目に遭っても耐える事が出来るな
ら通りなさい。
 今より250年経つと、世の様子が変わり、悪魔の法が盛んになって、空を飛ぶ
人、地を潜る人が現れる。風雨を呼び、雷、稲妻を起こす者も出る。死人を生
き返らせる術を使う。人の心悪くなって恐ろしき世相を見る。
 妻は夫の言う事を聞かず、男は長髪、軟弱で戦争の役には立たない。女は短
髪で化粧して卑猥な服を着て、不倫に走り、家庭を守らない。
 西洋思想を真似て、忠、孝、礼、仁、義も廃れる。
 天変地異の災難が起こって、人民の半数が滅び、外国の軍隊が攻めて来る。
 この時、弥勒菩薩が現れ、人民を悔い改めさせて世を救う。それまでの百年
間苦難が続く。(をのこ草紙)
 草津(2002~5) 貧乏人が生活苦で重税に喘ぎ、金持が特権で潤う(小泉の構造
改革の弊害)。
 大津(2006~9) 井戸から水が溢れ(洪水)。それに取り付く、日章旗(戦争)の
衣の子供(北朝鮮のミサイル)。牛が米俵の荷台を引く、家の松が地を這う(冷夏
による米の不作)。2頭目からの牛が黒い米俵を引く('9年からの大飢饉)。
 京都(2010~13) 三条大橋の中央に重い荷を担いだ人足が居て、そこへ大名行
列が来る(国家破産)。それを見物する京女(世の終に浮れる輩)。橋の下を見詰
る人(自殺者)。有りもしない赤い山(戦争勃発、富士山噴火)。(安藤広重の東海道53次)


904 :馬鹿な学者の妄説信者へ:2009/08/28(金) 15:49:15 ID:ISZePlLw
 民主党政権による地獄への道
 自民党は自由を、民主党は平等を標榜するもので、どちらもメーソンで、双
頭戦略である。自由であれば平等にならず、平等にすれば自由は束縛を受ける。
自由と平等はお互いに矛盾するもので、これが為に国は壊血病で滅びる。
 民主党は左翼である。平等を旗印に、外国人に参政権を与えると、外国人が
多数派になって政治が乗っ取られてしまう。愛国精神のない外国人は利権だけ
吸って、嫌になったら勝ち逃げする。
 選択性夫婦別姓を認めると、家族のつながりが希薄になって、親権問題等争
いの種となり、家庭崩壊を助長する。
 元慰安婦の補償を行い。日本は留まりのない戦争賠償をさせられ国貨を失う。
鳩山由紀夫の友愛外交は相手の良い様にたかられるだけである。
 米国との自由貿易協定締結は相手の利益ばかりで、農家を潰す。新テロ特措
法の給油活動の停止、集団的自衛権行使の抑制は日米安保に亀裂を生じさせ、
駐留米軍の削減を招いて、外国の軍隊の侵攻を許す事になる。
 靖国神社に替わる国立追悼施設の建設は日本人の魂の喪失となる。
 日教組の自虐歴史の洗脳、男女同権推進は、日本男子を精神的自殺に追い込
む悪の企みである。
 国民へのばらまきのつけは取り返しのつかないものとなる。
 安倍、福田首相はメーソンの恫喝によって辞めらせられ、松岡農相を暗殺し
たのもメーソンである。米国との自由貿易協定締結を催促し、日本農業の壊滅
の支障を消したのである。
 年金納付の改竄、公務員の裏金の表面化、金融危機等で、自民党政権の失政
を印象付けさせて、民主党の政権交代に、国民の期待を持たせる様に世論誘導
したのである。メーソンが国民の衆愚を世論によって操っているのである。裁
判員制度も同じ手段である。
 メーソンは携帯電話の盗聴、防犯カメラによる監視、ETCのGPSによる
所在の把握、ICチップによって、個人情報を収集し、コンピューターによっ
て住其コードに集約して、国民監視制度を完成させた。悪魔の刻印「666」を
受けていない者を抹殺しようとしているのである。



905 :馬鹿な学者の妄説信者へ:2009/08/28(金) 15:51:04 ID:ISZePlLw
 日本は神国なり
 大国常立大神はこの世の滅亡を座視するに忍びず、日本人を覚醒させる為に、
天理、金光、黒住、大本教を開いたが、人は奇跡では改心出来ず、止めに日月
神示を降ろした。これは元神の真心によって人民を説得しようとするもので、
予言めいた内容は実際に起きており、真実を捉えている。国常立大神は厳格な
神政を敷いて統治いていたが、悪神らの訴えによって、引退を余儀なくされ、
刑罰を甘んじて受けた。責任を取る様にして、天教山の火口に身を投じた。悪
神らは炒り豆に花が咲くまで現れるなと、この神を鬼に見立てて追い払った。
この節分の行事と鬼門封じは元神を調伏する呪法である。元神は幽冥界に落ち
て閻魔大王となった。西洋で言う堕天使ルシファーである。
 元神の霊界での金龍の姿が、龍の形をした日本列島に顕現している。敵の侵
入を防ぐ為に海水を張り巡らせて、護っていたのである。
 新興宗教が弾圧されたのは、日本を支配する悪魔が正神の復活を防いで自衛
する為である。天理教では高山の神は韓神だと言っている。天皇家を憚って高
山の神と言う隠語を使ったのである。京都御所の天皇の座の前に麒麟と獅子の
図柄が飾ってある。南北ユダヤ統一の図で、天皇家はユダヤのユダ族である。
日本の神が竜神から獅子にすり替わったのはその為である。
 オウム真理教は新興宗教をカルトとして葬り去り、反ユダヤ思想を叩き潰す
為に、メーソンが立ち上げたものである。
 大本教では、大本は日本の本、世界の本である。大本で起きた事が日本、世
界に波及する。これを雛形経綸と言う。政府が第1次弾圧を行った為に、日本
が太平洋戦争を起こす事になった。第2次弾圧は1935年12月8日で、真珠湾攻撃
は41年12月8日で日付けが一致する。出口王仁三郎が捕まった場所がしんじ湖で、
真珠湾と似通っている。弾圧した岡田首相は2・26事件で襲撃された。王仁三郎
の満蒙進出が満州事件に波及する。2度目の弾圧がハルマゲドンに波及する。ハ
ルマゲドンは日本における、神と悪魔との戦いである。悪の3大将、八岐大蛇ら
が敗れて、ミロク神政に改まる。


906 :馬鹿な学者の妄説信者へ:2009/09/02(水) 15:02:06 ID:GbV2M4R5
 メーソンは神の悪の御用の選民
 英国王室の紋章は左に獅子が、右に1角獣(馬)が立ち上がろうとする姿に描
かれている。馬は胴体に鎖が巻きつけられて繋がれている。王冠の上に獅子が
立っている。ここで疑問に思われるのは、獅子が王のシンボルであるなら、な
ぜ1角獣を鎖で縛る必要があるのか。その答えは1角獣の方が王のシンボルで
あり、獅子は女系である。英国王がエリザベス女王になっているのもその為で
ある。ミケランジェロ作のモーゼ像には頭に雄牛の様な角が生えている。
 天皇家の紋章は左に1角獣(麒麟)が、右に獅子がいて、王冠には麒麟が描か
れている。中央に枠の中の8匹の獅子とそのうえの左に2匹の麒麟、右に2匹
の獅子がいて、これはユダヤ12支族を表している。最高位は麒麟で天皇家はダ
ビテ王を引き継ぐユダ族である。
 霊界物語に、ロシアで発生した悪霊が八岐大蛇で、各国の国王に憑依し、イ
ンドで発生したのが金毛九尾の悪狐で、王妃に憑依して活動している。ユダヤ
で発生したのが6面8臂の邪鬼で、自分が盟主になって全世界を妖魅界にしよ
うと企んでいる。これがメーソンの本体である。ヨハネ黙示録に、龍の口と獣
の口と偽預言者の口とから、がま蛙の様な汚れた霊が三つ出て来るのを見たと
あり、メーソンが偽預言で偽救世主になって現れるのである。エホバの証人等
がその例である。しかし、別頁に、王座の周囲に4つの生物があり、第1の生
物は獅子、第2は雄牛、第3は人間、第4は鷲とあり、メーソンは神の召使と
なっている。即ち、メーソンは悪魔に魂を売った人間供を退治する使命を受け
ているのである。ユダヤ人(メーソン)は虐殺されて怨霊になったのである。龍
神は怨霊になって大蛇に化身した。神風特攻隊の怨霊は、暴走族となって爆音
を響かせ、無差別殺人を行って憂さを晴らしている。メーソンの侵略を防ごう
と、国や国民の命を護る為に命を捧げたのに、日本国民はそれを感謝するどこ
ろか、侵略者にして唾を吐き、日本を亡国に陥らせる元凶となっている。


907 :馬鹿な学者の妄説信者へ:2009/09/05(土) 10:36:20 ID:o3y77cBl
 江戸時代、百姓は馬車馬の様にして働き、重い年貢に苦しめられ、ご公儀に
無礼を働いたとして、犬猫の様に殺された。
黒船が来て、幕府が外国の要求を受け入れた為に、庶民の生活が益々苦しくな
った。坂本竜馬ら草莽の士が窮民を救う為に倒幕に立ち上がった。明治維新を
実現させる為に何万人もの草莽の士が斃れた。
 帝政ロシアは日本を含むアジアの侵略を企み、コンクリで固めた旅順要塞を
建設して、その基地にしようとした。貧しい日本は乏しい武器弾薬を使って、
肉弾攻撃を行うしか方法がなかった。死屍累々の山を築いても、28センチ榴弾
砲をもってしても、堡塁を破壊する事は出来なかった。砲撃の援護射撃を受け
た決死の肉弾攻撃が功を奏した。乃木将軍の真心に将兵が奮い立ったのである。
ロシアの侵略を防ぐ為に何十万人もの兵士が斃れた。
 メーソンはアジア侵略を防ごうとする日本を、侵略者に仕立てて葬る為に、
日本のメーソンを使って真珠湾攻撃を工作させた。日本の最後通牒遅延を工作
したのは、騙し討ちにして米国民の戦意を高める為である。
暗号解読によって空母等新鋭艦を避難させた。ミッドウェー海戦で艦爆の兵装を
転換させて敗因を作った。日本軍は玉砕、神風特攻で最後の抵抗を試みた。自
分の命を捧げる事で護国の鬼となって、国民の命を護ろうとした。日本を護る
為に何百万人もの人命が失われた。最後に特攻隊員・大塚要の遺書を紹介します。
 母上様
 要は特攻破邪隊第3隊の一員として往きます。
 母上様もこの一事あるは覚悟されていた事と思います。
父亡き後、母上がいかに御苦労なされたか一番知っている自分です。しかし、
国あっての家です。国のお役に立つ、君の御楯となる、男子としてこれ以上の
光栄がありますでしょうか。母上には申訳ありません。家はお願いします。要
が先に逝ったからとて、母上は決して悲しまないで下さい。また身体を悪くさ
れたりすると死んでも死に切れません。健康に充分注意して決して無理をせず、
強く生きて下さい。


908 :馬鹿な学者の妄説信者へ:2009/09/09(水) 11:18:53 ID:TlqOX5UN
 ナチスのユダヤ人ホロコーストのまやかし
 ナチスのユダヤ人ホロコーストが嘘である事の最大の根拠は、アドルフ・ヒ
トラーがユダヤ人だからである。彼の父アロイス・ヒトラーは母マリア・アン
ナ・シックルグルーバーの私生児であり、彼女がウィンの男爵サロモン・マイヤ
ー・ロスチャイルドの家政婦を勤めていた時の子供である。即ちヒトラーの祖
父はユダヤ人である。ヒトラーが入っていた黒魔術の秘密結社・トゥーレ協会は
ユダヤの影が濃い。
 ドイツがポーランドへ侵攻し、オランダ、ベルギー、フランスと征服したが、
ドイツ軍装甲部隊が突然ダンケルク前面で停止した。その為に英仏軍33万人が
脱出出来た。こんな愚行は有得ない。1941年6月にロシアへ侵攻したが、なぜそ
の前にユダヤの本家・イギリスを征服しないのか。日本が真珠湾攻撃を行った
直後、ドイツがアメリカに宣戦した。三国同盟は日本が苦戦になってから行え
ば良い。この宣戦は早すぎる。イギリスはアメリカの参戦で生き返った。タイ
ミングが良すぎる。
 ドイツは前の大戦の賠償金の支払義務を負わせられ、軍備資金の調達はどう
様に捻出したのか。ナチスの反ユダヤ主義は表向きの事で、裏ではユダヤ(メー
ソン)と結託していた。そう考えれば様々な疑問が氷解する。
 アンネ・フランクはなぜ日記を書き始めたのかと言う理由を述べている。私
には信頼出来る友達がいない。誰にも見せたくない、心の内をぶちまけたもの
を書いて、心を慰めたいからです。そこには母親への辛辣な批判、大人への反
抗、恋心、セックスの好奇心等が書かれている。戦争が終わったら国民の苦難
話を募集するとのラジオ放送を聞いて、自分も本を出したいと考え、日記を小
説風に書き直したとある。しかし、少女が心に秘めた告白を公開するだろうか。
放送が流れた時期は連合軍上陸の3ヶ月前で戦局は不明で、現実味に乏しい。
父オットーが生還したのはガス室がなかった事の証明。
 アンネは収容所でチフスにて死亡した。メーソンはこの少女を悲劇のヒロイ
ンにしてプロパガンダに仕立てたのである。ナチスのユダヤ人差別、虐待、大
虐殺を宣伝して自らを正当化し、世界の人民の同情を得て、念願のイスラエル
建国を果たした。


909 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/09(水) 13:05:19 ID:3Pn9WGiS


910 :馬鹿な学者の妄説信者へ:2009/09/09(水) 21:25:12 ID:TlqOX5UN
 狂牛病は牛の共食いによって起き、豚インフルは豚の共食いによって起きる。
牛も豚も人間に近い動物で、彼らを食う事は共食いと同じである。
 神の最後の審判
 日本人は神の戒律(不殺生(肉食も)、不姦淫、不愉盗、不虚言、不破壊(神が
創り賜うた自然の破壊))を破った罪で死刑に処する。ただし、反省して改心し
た者は、それまでの罪に応じた死の苦しみの試練に耐える事が出来れば、弥勒
の住人となれる。改心出来ない者は当然その試練に耐えれないから、段階的に
動物以下にされる。最下位は草木に替えられる。その中でも極悪なものは魂ま
で焼き滅ぼされる。
 人間供の罪状
 科学者 神の存在を否定し、神の働きを愚かな理論にすり替えて誤魔化し、
人民を騙している自然破壊の極悪人。
 宗教家 神の戒律を人民に正しく伝えず、悪魔の宗教を広めた極悪人。
 政治家 神の天産自給の政治を行わず、金権政治をはびこらせた極悪人。
 教育者 間違った道徳、学問を世に広めて、非人を産み出す学歴社会を築い
た極悪人。
 医 者 人民の悪業を悟らせず、邪道の西洋医学で誤魔化して、自然治癒力
を毒によって弱体化させている極悪人。
 農 家 土地を農薬と肥料で汚染し、毒漬け作物を売っている悪人。
 主 婦 女の役割(家事等)をまともに勤めず、男に逆らって、不道徳を行い、
社会制度を壊している悪人。
 企業家 金儲けに走り、公害を撒き散らし、国民から搾取している悪人。
 公務員 公僕を忘れ、世の為に働いていない、税金泥棒の悪人。
 商 人 商品を右から左に動かすだけで暴利を稼ぐ悪人。
  その他世の為に不必要な職業 人の生血を吸っている悪人。
 世の為に役立っているのはただ一つ、昔ながらの百姓のみである。


911 :馬鹿な学者の妄説信者へ:2009/09/12(土) 14:30:18 ID:hcRs9WMU
 明智光秀の正体は斎藤義龍
斎藤義龍→明智光秀→千利休→表:南光坊智楽院(南朝内落胤)、裏:柳生石舟斎
斎藤竜興→古田重勝→古田織部→表:柳生宗矩、裏:服部半蔵
 美濃8代守護・土岐成頼は丹後から逃れた一色兵部少輔義遠の子である。義遠
は八社神社に鐘を奉納したが、元は垂井町清水寺の鐘である。これは天皇家血
筋の成頼を貰った美濃側の返礼で、彼は後醍醐天皇の子孫、長屋親王の血筋で
ある。秀吉、家康が光秀を殺す事が出来ないのは天皇家の崇りを恐れたからだ。
 成頼の孫が頼芸で、道三は彼の愛妾・三芳野を貰った。そのお腹にいたのが
義龍である。だから、一色左京大夫義龍と名乗った。義龍は親殺しと言われて
浄土宗と争って、その混乱の責任をとって、跡を竜興に譲って隠居した。名を
明智光秀と変え、放浪に出た。彼が義昭の幕臣になれたのは一色家の血筋の為。
信長が光秀を家来にしたのは、彼の才能に惚れたからであり、彼に従属する美
濃衆を利用する為である。
 谷汲の頼芸の墓の家紋は二引き両で一色家の家紋である。天海の喜多院の家
紋も同じ。光秀が義龍である証拠は隣の三芳野神社で、母を偲んで名付けた。
 秀吉が利休を切腹させた・嘘のは正体が光秀だとばれたから。家康が織部を
切腹させたのは正体が竜興だとばれたから。
 重勝と織部は本巣市山口で生まれ、同時期に同じ官位を得ている。両者は同
一人物。生れも辰年。
 柳生家の家紋は二階笠で、謂れが坂崎政道から譲られたと言う。しかし、家
紋は血筋を表す大切な物で貰う訳がない。秀吉は重勝に朝鮮役の軍功で唐人笠
三の家紋を与えた。二階笠はその変形である。忍術は天皇の神仙術から派生し、
裏柳生の御庭番はそれである。
 一色軍記では一色義定は本能寺の変以前の2月に殺されたとあり、丹州三家物
語では9月に殺害とある。即ち細川藤孝は信長殺しの犯人側で、義定が光秀に味
方しない様事前に殺害し、事後にすり替えた。信長は本能寺ではなく二条城で
秀吉に殺され、信忠は安土城で家康に殺された。父子の遺骸を光秀天下防止の
為隠した。明智軍記はその秘密隠蔽の為に書かれた。明智城跡の六親眷属幽魂
塔の下から江戸時代の煙管が出た。偽装である。


912 :sage:2009/09/13(日) 10:27:04 ID:zz+WS/Df
「恒星の光行差は、エーテルが地球の公転にひきずられていないと仮定することに
よってのみ説明される。しかし、この仮説を検証しようとするすべての実験は
否定的な結果を生んだ。したがっていまのところ理論は依然として満足できぬ
情況にあるといえよう」これはスミルガの「やさしい相対性理論」から。
(いやあ、まともまとも。漏れも満足できない!!)。

913 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/13(日) 11:09:21 ID:???
> エーテルが地球の公転にひきずられていないと仮定すること

「エーテルというものがある」という前提での話だな。だからその前提に立つ限り満足できる
理論を打ち立てることは不可能だ。

その前提を捨ててしまえば話はまったく別だ。

この程度のことさえ相間には理解できないのだろう。
(というか、相間の多くは「この話は何を前提にしているのか」といったことを把握する能力がない)

914 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/13(日) 12:07:40 ID:???
>>作用反作用の法則の理屈は説明できない。

>説明できるよ。例えば、木に釘を打つ。金槌で釘を叩けば
>釘は木にめり込んで行く。これは釘を叩くという作用の
>お陰で反作用として、釘が木にめり込んでいくわけだが、
>何故めり込むかと言えば、木の原子の方が釘の原子よりも
>まばらで隙間がいっぱいあるからめり込むんだね。

>まさに作用反作用の法則の理屈だね。

 ↑ これが相信の物理学の前提だからねえ・・・
こんなことゆってんのが、「把握する能力」だってさー (嗤嗤嗤)

915 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/13(日) 12:11:46 ID:???
なんだよまた出てきたのか。

916 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/13(日) 12:15:58 ID:???
そーゆや「群速度とは電光掲示板のスクロール速度」だってのが、
相信の波動論だよなあ・・・
よーまーこーゆーことで、光を云々してられるよなー (嗤嗤嗤)

917 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/13(日) 12:37:44 ID:???
ではみなさんのお勉強のために、ちょっと光行差とエーテルと公転速度を。
地球がエーテルの中を運動していれば、その中をやってくる光の向きは公転速度によって変わる。
この比喩は水の上を走っている船は遠くからやってくる水の波をどう観測するか?ね。
この場合、観測者の速度に相対的な媒質の速さが問題なのだから、その波の速度は(絶対的な意味で)変化しない。

さて、エーテルを否定すると、単純に公転速度と光の速度とのベクトルの足し算だから傾く向きは簡単にわかる。
しかし、観測される光の速度は真空中の光速を超えてしまう。
実際には、だけど、光の速度は変わらない。なので、相対論では、ヘンテコな数式を作って誤魔化している。
っつーことだけど、
相信の物理学の前提と把握する能力と波動論じゃあ、これは理解不能だろうなー (嗤嗤嗤)

918 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/13(日) 12:39:05 ID:???
出所不明なただのデタラメな文章を持ち出してきてそれを叩いても誰に対する反論にもならないぞ。

919 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/13(日) 12:40:27 ID:???
> この場合、観測者の速度に相対的な媒質の速さが問題なのだから、その波の速度は(絶対的な意味で)変化しない。

意味不明なのでちゃんと日本語で書いて。

920 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/13(日) 12:48:32 ID:???
>>914の引用元は

世の中あほばっかり
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/sci/1247420743/310

> 310 名前:ご冗談でしょう?名無しさん[age] 投稿日:2009/09/06(日) 04:36:45 ID:???
> >作用反作用の法則の理屈は説明できない。
(以下略)

のようだが、どう見てもこれは相間側の発言だな。

921 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/13(日) 12:48:59 ID:???
>>919
やっぱり相信の物理学の前提と把握する能力と波動論では意味不明になるんだな。(嗤嗤嗤)

922 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/13(日) 12:57:33 ID:???
>>920の補足

相間の発言(該当スレ297)
 世の中にはいろいろな「原理」があるが、「光速不変の原理」だけはその理屈がまったく説明されていない
それに対する答え(300)
 昔原理とされていたものが後になってより根本的原理が見つかって「原理」とはいえなくなる場合がある
 (つまり、「原理」とはそもそもその理屈は説明されないものだと言ってる)
 「アルキメデスの原理」は今では作用反作用で説明される (だから厳密には既に原理とはいえない)
 だが「作用・反作用」の理屈は今でも説明されていない (「光速不変」だけが説明されていないわけではない)

で310(>>914の引用元)は300に対する反論だからな。どう見ても相間(297)の書き込みだろう。

923 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/13(日) 13:00:35 ID:???
>>921
御託はいいから、例えば

 (絶対的な意味で)変化しない

がどういう意味なのか具体的に説明してみて。その変化しないという「波の速度」は何をどう測るものなの?

要するに、ガリレイ変換の元で、波動の速度が変化しないということをちゃんと示してみてくれ。

924 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/13(日) 13:04:19 ID:???
お尋ねの件に関する回答はAAの連投にて代えさせていただきます

925 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/13(日) 13:07:06 ID:???
まあそうなるよねww

926 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/13(日) 13:09:28 ID:???
>ガリレイ変換
オレはガリレイがどうのこーのと言ったことは一度もないよ。(笑)
>AAの連投
卯雑っ多意からやりたいんだけどね。ま、やめとこ。(笑)

さてと昼飯。バイ。

927 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/13(日) 13:29:17 ID:???
> オレはガリレイがどうのこーのと言ったことは一度もないよ。(笑)

つまり自分がガリレイ変換を前提とした話をしているという自覚がまったくないわけだね。
>>913で書いたとおりだなww

> 卯雑っ多意からやりたいんだけどね。ま、やめとこ。(笑)

いずれにしても「問われたことにちゃんと答える」選択だけはないよね。ない袖は触れないものなw

928 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/13(日) 19:23:40 ID:???
光行差に関して相信がメチャクチャなことを言ってるから、
そうじゃないんですよ、を

エーテルを仮定した場合と仮定しない場合で説明しただけ。

座標変換がどーだこーだの話なんかしてないよ。
解かんないんだねえ。(笑)

929 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/13(日) 20:26:18 ID:???
君が自覚していないって事は繰り返し言わなくてもいいよ。

君の言う「(絶対的な意味で)変化しない速度」とやらが何をどのように計測して得られるものなのか、
具体的な説明をしないのならAA連投となんら変わらないな。

むしろAA連投のほうが「説明できません」と素直に認めてる分潔いと言えよう。

930 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/13(日) 20:33:31 ID:???
ねちっこいねえ。(笑)
卯雑っ多意としか言いようがない。(笑)
バイ。(笑)

931 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/13(日) 20:57:38 ID:???
> ねちっこいねえ。(笑)

そりゃまあ、君が答えられないことをわかっててあえてしつこく何度も聞いてるのだからそう
言われるのは無理もない。


932 :馬鹿な学者の妄説信者へ:2009/09/15(火) 13:16:26 ID:ijqizb2m
 宮本武蔵の正体は柳生十兵衛
 宮本武蔵と佐々木小次郎との巌流島の決闘は1612年に起きた。細川家の剣術
指南の小次郎は武蔵に敗れて18歳で亡くなる。小次郎は富田勢源の弟子である。
しかし、勢源は美濃国主・斉藤義龍の御前で梅津某と試合を行い、勝っている。
それは1560年の事で勢源は40歳を過ぎていた。仮に彼の生年を1520年として、
1612年には92歳である。そんな年寄が弟子をとるのか。小次郎は18歳で指南役
が勤まるのか。勢源は小太刀の使い手、小次郎は長剣で矛盾している。
 豊前29万石の藩主・細川忠興は慶長15年小倉城を改築して移った。翌年津山
藩船が小倉領海を侵犯する事件が起きた。翌々年に巌流島の決闘となる。徳川
家光(光秀の子)は、父を謀反人に仕立てた忠興を、改築を口実にして反逆罪で
失脚させる為、武蔵(公儀隠密・柳生十兵衛)を津山藩船に乗り込ませて侵入さ
せた。忠興は剣豪・小次郎を雇って、御前試合の形で殺そうとした。だから、
武蔵は逃亡の為に、遅れて船で来たのである。
 武蔵は徳川家の為に働いている。関ヶ原の戦いでは宇喜多軍に紛れて内部撹
乱。大坂の陣では豊臣軍に紛れて内部撹乱。島原の乱では小倉藩家老・伊織と
共に参戦。武蔵が師とした沢庵和尚は柳生宗矩との関係が深い。紫衣事件で出
羽上山(藩主土岐頼行は光秀と血縁)へ流罪になった沢庵を、宗矩が家光に進言
して赦免させた。その使者の十兵衛は出羽国正法ヶ原で伊織を得た。家光は彼
の為に東海寺を建立した。沢庵は光秀の血縁者である。武蔵の五輪書には禅の
思想が入っており、枯木鳴鵙図は名画である。頼芸の鷹図と印象が似ている。
十兵衛は頼芸の曾孫。
 忠興の跡を継いだのは三男忠利で、長男廃嫡、次男自刃と二人が失脚したの
は不自然である。忠利は幼時、家康に人質にとられ、友矩とすり替わったので
ある。
 武蔵の父・新免無二斎は入道名で本名でない、暗号。新しく免ぜられた→剣
術指南役の宗矩。十兵衛は氏井孫四郎光秀と署名した文書を残して暗号にして
いる。柳生家は光秀の血筋で、十兵衛は明智十兵衛光秀からの由来。
 美濃から名僧、剣豪を輩出している。心頭滅却の快川禅師、宝蔵院槍術・可
児才蔵、鏡新明智流・桃井春蔵等。


933 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/15(火) 13:40:18 ID:???
恥丘よ メーコスジの膣は舐めているか


934 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/15(火) 18:10:02 ID:???
クレーム

935 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/20(日) 00:01:24 ID:???
>>930 性懲りも無くメコ自慰が未だ居るよwww 生き恥メコ自慰www

936 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/27(日) 18:12:32 ID:rrSqbv3w
エーテル・・・全てが懐かしい。

この物語を終わらせてはいけないと思ったよ。がんばるよ!
一日に30分でもいいから、がんばることにしたよ!!
けど、くじけそうだ・・・なんか、明日からがんばる、とか思ってしまった。
これじゃだめだよな。だれか応援してくれー。

937 :馬鹿な学者の妄説信者へ:2009/09/28(月) 13:09:16 ID:OqqxjUZ+
 豊臣秀吉の出自はサンカである
 ずいずいずっころばし ごまみそずい
お〇んこちん宝はめまくり、ごまのはいの秀吉淀はめっこ
 茶壷に追われて トッピンシャン
茶壷=千利休(光秀)が自分の正体をばらして、秀吉を追及する 
 抜けたらドンドコショ 俵のねずみが
利休切腹で危機を脱して、腹鼓を打って笑う 俵藤太の子孫のはげねずみ(秀吉)が
 米くってチュー チューチューチュー
天下を盗んで(万石取りとなって)チューと鳴いて喜ぶ 
 おっとさんが呼んでもおっかさんが呼んでも
殺された信長の怨霊(おっ父さん)と濃姫が幽界から秀吉を呼んでいるが 
 行きっこなしよ  井戸の周りでお茶碗欠いたのだーれ
なかなか死なない 茶室で茶碗=利休を切腹(芝居)させたのはだれだ
 本能寺の真犯人(鬼)は誰だ               天海(光秀)作
 秀吉の先祖は俵藤太(藤原秀郷)で、木下藤吉郎と名乗ったのも藤の生命力(蔓
を巻きつけて締めて木を枯らしてしまう)を崇拝するサンカの末裔だからである。
蜂須賀小六ら川並衆はサンカの忍者で、日本の神代文字の一つであるサンカ文
字をあぶり文字として使用する朝鮮人(百済難民)である。百済王家の人達は顔
立ちが整っていたから、天皇や公家に化ける事が出来たが、それ以外の者は顔
立ちが卑賤の相をしていたから、サンカのままか、武家になるしかなかった。
このサンカが後に穢多と呼ばれる賤民となるのである。江戸時代には死刑執行
人となり、今では家畜屠殺人となっている。同和と言っても人種が違うのだか
ら同じにはなれない。赤犬を平気で殺して食う朝鮮人と融和は図れない。人食
い人種の中国人とも無理である。
 秀吉は晩年、信長の怨霊に苦しめられた。方広寺の大仏は信長の慰霊の為に
作られた。自分の嫡子・ひろに出した手紙に、御ひろ様と敬称を使っている。
これは信長の怨霊を恐れていたからである。ひろは信長の血筋である。信長を
殺した犯人は秀吉である。光秀は濡れ衣を着せられたのである。
 何時まで嘘の歴史を引き摺って行くつもりか。死ぬまで騙され続けているが
良い。それが因果応報の宿命であり、改心出来ない鬼の末路である。


938 :馬鹿な学者の妄説信者へ:2009/09/28(月) 13:12:08 ID:OqqxjUZ+
 怨霊を封じ込めていた結界が破れて、天変地異、戦争、疫病が起きる
 平成20年6月の秋葉原連続殺傷事件は、平将門の怨霊の仕業である。事件は神
田明神の氏子町で起きた。
 平将門は桓武天皇の曾孫・高望王の孫で、父の死後、高望王の子孫間で領土
を巡って後継者争いを行い、伯父・国香と源護一派の連合軍と戦って勝利した
が、源護が朝廷に訴えたので、上京して陳謝した。武蔵国司が京から赴任して
来て悪政を行った。朝廷及び国司の政治汚職に不満を抱いて、国司側と戦って
反乱を起こし、下総、下野、上野国を襲って国司を追い出した。将門は巫女の
託宣を聞いて新皇を名乗った。下野国の押領使・藤原秀郷らが将門追討の挙兵
を行って、将門軍を破った。将門は京都で斬首されて、晒されていた首が関東
まで飛んで来て落ちた場所が、大手町にある首塚である。
 関東大震災後、大蔵省がここに仮庁舎を建て様として、首塚を潰そうとした
所、関係者が死亡する事故が起こったり、怪我人が続出し、大蔵大臣まで死亡
した。都民は将門の崇りに恐怖した。終戦後、GHQがここを駐車場にしよう
とした。ブルトーザーが首塚を整地しようとした所、ブルトーザーが横転して
運転手が死亡した。普通なら横転する筈がない事故に、さすがのGHQも恐れ
てしまい、工事は中止となった。その将門の怨霊の崇りが、結界が破れる事に
よって、表面化したのである。
 国常立大神、素盞鳴神、大国主命、聖徳太子、菅原道真、平将門、2.26事件
刑没者、神風特攻隊の崇りが神の怒りとなって、天変地異を引き起こし、戦争、
疫病を蔓延させる。神の怒りを被るのは人間に罪があるからである。


939 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/28(月) 16:38:17 ID:cUnLlGUj
ヒッグス場というのは、エーテル場という意味に聞こえる。
なきにしもあらずとか、ゆっくり急げとか、そういう感じ。

940 :馬鹿な学者の妄説信者へ:2009/10/01(木) 12:14:34 ID:i08AaAeD
 織田信長の出自は物部守屋の子孫
 織田家は津島神社を氏神としている。津島神社の祭神は素盞鳴神で、牛頭天
王とも呼ばれる。物部氏の祖神は饒速日命であり、素盞鳴神の神裔である。
 信長は今川義元との田楽狭間の戦いの必勝祈願に熱田神宮に詣でている。熱
田神宮には素盞鳴神の八岐大蛇退治の時に、大蛇の体内から出て来たと言う草
薙剣が奉納されている。神武天皇の皇后・伊須気余理姫は大物主命(大国主命で
素盞鳴神の神裔)の娘であり、神八井耳命はその次男で尾張の丹波臣の祖である。
丹羽長秀はその子孫である。
 物部氏は蘇我氏と神仏戦争を行った日本土着の民族である。だから、蘇我氏
(朝鮮人)の秀吉と家康によって暗殺された。その時代の天皇家も蘇我氏を改姓
した藤原氏で同類である。
 美濃市の大矢田神社のひんここ祭りは、素盞鳴神の八岐大蛇退治を題材にし
ているが、本当は信長の仏魔退治を称えているのである。(素盞鳴神を演じる代
官の陣笠に木瓜の家紋が入っている。織田木瓜である。今から五百年前から始
まったと言われている。)百姓が一向宗の邪教に洗脳されて魔道に落とされて行
くのを、信長が素盞鳴神の様に大蛇の仏魔を切り倒して救う場面を人形劇で演
じている。信長は比叡山延暦寺を焼き払って僧侶を皆殺しにし、長島の一向一
揆を殲滅させた。正に英雄である。浄土真宗や日蓮宗等を信仰すれば畜生道に
落ちて、犬猫等に生まれ変わる外ない。家で飼っている犬猫は、因縁によって
その家へ辿り付いた、ご先祖の姿なのである。主人が大病して犬が身代わりに
なって死んだという話は、主人と犬が霊的につながっていたと言う証拠である。


941 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/10/02(金) 10:57:43 ID:PbwiwfDY
もしかして重力って斥力と2つ合わせて1つの力なんじゃない?
だから重力は他の力より弱いと思う

942 :馬鹿な学者の妄説信者へ:2009/10/06(火) 14:12:47 ID:CYJaHbyw
 神書「ホツマツタエ」
 私の予言通り天変地異(地震、台風)が起きた。今度の御前崎台風は日本列島
を縦断するようにかすめて、駿河湾辺りで上陸するだろう。洪水被害で稲が泥
にまみれて米が不作になる。来年から冷夏が襲って大凶作が続き、日本は餓死
者が激増する。兎年は戦争が蔓延する年であるぞ。
 伊邪那岐神がアワの歌の前半(アカハナマイキヒニミウク、フヌムエケヘネメ
オコホノ)を歌い、それに合わせて、伊邪那美神が後半(モトロソヨヲテレセヱ
ツル、スユンチリシヰタラサヤワ)を歌う。天の御柱を男神は左廻りに、女神は
右廻りに回って、言霊(48神)をつなぎあわせて行くと、遺伝子の2重らせん構
造が完成する。人間は48神の言霊神によって生まれたのである。
 男女2神が島産み、神産みを行った時、天の御柱を男神は天と感応する為に
左廻りに、女神は地と感応する為に右廻りに回って、女神が「わなにやし、うま
し男に、会いき」と声をかけ、男神が「あなにゑや、うましおとめに、会いぬ」と
声をかけた。すると、淡島とヒル子が産まれたので海へ流した。両神は太占で
神託を伺うと、女が先に声をかけたのが悪いと出た。今度は男神が先に声をか
け、女神が後に続けた。すると、日本列島と八百万の神が産まれた。伊邪那岐
神は最初の失敗をあ(吾)はじと述べた。これが淡路(あわじ)、尼崎(あまがさ
き)の地名の起こりである。
 田のゾ苗は日の「ウル」、畑のロ苗は月の「ナミ」の栄養が備わっている。人は
もともと心の中心は日と感応し、心から派生する心葉は月と感応する。きちん
とした食事をして、素直に生き長寿を保てば、死んでから魂魄は日月の家に帰
っていく。鳥も獣もこの日の「ウル」と月の「ナミ」の栄養素がまったくない。だ
から、中心と心葉が育たないのだ。中心と心葉に日月の霊気がないと天界の日
月の宮と感応出来ないで、もとに帰れず、動物へ生まれ変わってしまう。
 もし、間違って肉を食べれば、命はそれほど惜しくはないが、魂の緒が乱れ
て魂魄がもとの天界の宮へ帰れず、地をさ迷い苦しむ。さらに獣の種を求め合
って、獣に生まれ変わるのである。


485 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)